海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー選手 > イニエスタ

    1: 豆次郎 ★ 2019/04/06(土) 20:50:52.38
    「バルサに戻りたい」イニエスタが現地メディアに語った古巣への想い
    2019年4月6日 16時54分

    遠く離れた日本にいても、アンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸)の古巣バルセロナへの想いは変わらない。だが、時差という現実から、試合を見るのはなかなか難しいようだ。

    スペイン紙『Marca』によると、イニエスタは『Club del Deportista』のインタビューで、「今までのようには(バルサの)サッカーを見ていない」と述べている。

    「時差のために試合を追うのは不可能なんだ。ニュースやメッセージを通じて結果は知っている。(ラ・リーガについて)試合はまだたくさん残っている」

    深い絆で結ばれるバルサを離れる決断を下したのはなぜか。元スペイン代表MFは、「バルサ去ることを決めたのは、クラブにすべてを尽くした、魂を置き留めたと感じられる時が来たからだ」と説明した。

    「空気を、国を、喜びを、そして目標を変えることを決めたんだ。心と身体がそう命じたんだよ」

    ただ、イニエスタ自身も「自分次第で決められるなら、僕はバルサに戻りたい」と、後輩たちに経験を伝えていきたいと述べた。

    「将来がどうなるかは分からない。現時点で長期的な計画を立てるのは難しい。自分にできる何らかの形で、戻る機会を得られたらいいね。そうすれば、長い間学んできた経験を伝えられると思う」

    バルサも、ともに黄金時代を築いたシャビと同様に、イニエスタが将来的にクラブに戻ってくることを望んでいる。本人の想いが叶う可能性は極めて高い。

    そしてその日が来るまで、まずは日本でその経験を伝えていってくれるはずだ。

    構成●サッカーダイジェストWeb編集部
    3f7b4_1429_2e03969a_f6a0358b
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16276770/

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/03/28(木) 22:09:17.37
    19/3/28 22:02

    ヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタの理学療法士であるエミリ・リカルト氏が同選手のコンディションについて語った。スペイン『バルセロナ・ノティシアス』が伝えている。

    イニエスタは先日、スペイン『TV3』のインタビューを受け、その一部が『テレノティシエス』で放送された。

    昨年夏に神戸へ移籍したイニエスタ環境の大きな変化に「当初はストレスを感じた」というが、現在は「家族と一緒にとても快適に過ごしている」ようだ。Jリーグについては「今まで経験したことがなく、学ぶことも多い。常に最高の目標を設定している」と語っている。

    また、同番組ではイニエスタの理学療法士を務めるリカルト氏のコメントも紹介。イニエスタのコンディションに関して同氏は「正直に言うと、肉体的には限界近くまで来ている。水曜日と日曜日(の週2回)に試合をするのは難しい」と明かした。

    ただ、イニエスタ自身はまだまだトップレベルでプレーできるとアピールし、「バルセロナとの試合ではきっと活躍できるだろう」と、今夏に予定されている古巣バルセロナとの親善試合に向けて意欲を示している。

    https://web.gekisaka.jp/news/amp/?269912-269912-fl&269912-269912-fl=&__twitter_impression=true
    神戸に所属するMFアンドレス・イニエスタ
    news_269912_1
    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/03/09(土) 14:13:58.19
    3/9(土) 12:49配信
    イニエスタがサインを求める日本人ファンに言及「いつも言っているのに…」

    ヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが日本での生活や自身の将来について語っている。スペイン『パネンカ』でのインタビューを同国『エル・エスパニョール』が伝えた。

    昨年夏に神戸へ加入し、2シーズン目を迎えるイニエスタ。日本での生活は快適に感じているようだ。

    「神戸は非常に心地いい街だよ。散歩に出かけたり、いろいろなレストランに行ったり、自由な時間がある時はできるだけ外出するようにして、大阪など他の街も訪れるようにしている。東京はまだプライベートで行ったことはないが、とても大きな街でたくさんの人がいることを知っているよ」

    また、日本人とスペイン人の違いを表すエピソードの1つとして、ファンのサインの頼み方を挙げた。

    「日本人がシャイなのはおそらく本当だ。写真やサインを自分に求める時のアプローチの仕方が(スペインと)大きく異なる。ここでは多くの場合、彼らが(サインを頼もうと)思い切って一歩を踏み出した時、すでに僕はその場を去っているんだ。彼らは少し躊躇しているが、僕にとっては嬉しいことだよ。写真やサインが迷惑なことではないといつも言っている。でも、ここに来た最初の日から愛とリスペクトを感じているよ」

    イニエスタは最後に自身の将来についても言及。「コメンテーターとしての将来を想像するのは難しい。だけどバルセロナの会長よりはコメンテーターになる方が可能性は高いと思う。ただ、そのことについては考えたこともないし、考えたいとも思っていないよ」。しばらくは神戸でのプレーに集中するつもりのようだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190309-36421589-gekisaka-socc
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/03/09(土) 12:30:07.65
    J1ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは今季でJリーグ2年目を迎えているなか、スペイン誌「パネンカ」のインタビューで日本生活について触れている。そのなかで日本文化の異次元な側面を体感し、「アメージングだ」と衝撃ぶりを語った。

    【写真】「アメージングだ」と日本文化に衝撃 世界的スターのイニエスタが神戸市内で“仲良し夫婦ショット”

    2002年にスペインの名門バルセロナでトップチームデビューを果たしたイニエスタは、バルセロナ一筋で16シーズンにわたってプレー。昨夏のロシア・ワールドカップ後に神戸へ加入し、7月のリーグ第17節湘南ベルマーレ戦の後半途中からピッチに立ってJリーグデビューを飾った。8月の第21節ジュビロ磐田戦でJリーグ初ゴールをマークし、最終的にJリーグ1年目は14試合3ゴールの結果を残している。

    今季はここまでリーグ戦2試合連続フル出場のイニエスタは、スペイン誌「パネンカ」のインタビューに応じると「変化を望んだ時、すべてを知ろうという熱意がある。すべてが新しく、異なる経験だ」と日本で直面している新生活について触れた。

    そのなかで驚いた出来事の一例として挙げたのは、日本の電車についてだ。「例えば、電車の時間厳守ぶりはアメージングだ」と絶賛。時間通りに到着する電車の正確さは海外から見ると異次元のレベルであり、度々話題となっている。イニエスタも同様に感銘を受けたようだ。

    「すべてはまだ発見できていないけど、それは良いことでもあって、感覚的な驚きはポジティブなことだよ」

    新しい文化に触れながら、新鮮な驚きを楽しんでいる様子のイニエスタ。日々発見とともに、日本への理解を深めているようだ。

    3/9(土) 6:40配信 フットボールゾーン
    2019-03-09_13h54_51
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190309-00174829-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/03/05(火) 23:59:01.37
    2日の鳥栖戦にフル出場し勝利に貢献、4日に東京のイベント出席で寿司に舌鼓

    写真
    no title
    J1ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは4日、四ツ木駅で開催された「京成電鉄四ツ木駅キャプテン翼特別装飾キックオフイベント」に出席したが、東京のお店で寿司に舌鼓を打ったようだ。自身の公式インスタグラムで「SUSHI TIME」と記して、箸を器用に使った食事ショットを公開した。

    2日のJ1第2節サガン鳥栖戦でフル出場を果たしたイニエスタは、要所で圧巻のテクニックを披露。今季加入の元スペイン代表FWダビド・ビジャが移籍後初ゴールを流し込んで1-0と勝利し、イニエスタも開幕2試合連続出場で今季初白星に貢献した。

    そんななか、試合の合間を縫って神戸から東京に移動したイニエスタは、京成電鉄四ツ木駅キャプテン翼プロジェクトのオフィシャルサポーターに就任したことを受けてイベントに出席。「『キャプテン翼』が作られた日本でサッカーができることを本当に喜んでいます」と語っていた。

    そしてイニエスタは、自身の公式インスタグラムのストーリー(24時間で自動的に削除される写真・動画)を更新。「SUSHI TIME」と記すと、とある寿司屋で食事している様子を公開した。その中の1枚では、右手で器用に箸を使って寿司を挟み込み、「どう?」と言わんばかりの得意気ポーズで笑顔を浮かべるショットを公開している。

    チームは2試合を終えて1勝1敗の9位。4日にバルセロナとの契約解除合意が発表された24歳MFセルジ・サンペールの神戸移籍が秒読みと見られ、バルサ化が進みつつある。10日に敵地で第3節ベガルタ仙台戦を控えるなか、司令塔イニエスタに今季初ゴールが生まれるだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190305-00174224-soccermzw-socc

    【写真】イニエスタが公式インスタグラムで公開、東京での「寿司タイム」ショット…器用な箸使いで得意気ポーズ
    no title

    続きを読む

    1: むちむち太郎 ★ 2019/03/04(月) 21:44:13.98
    京成電鉄は3月4日、アニメ『キャプテン翼』ゆかりの地である東京・葛飾区の四ツ木駅にて、同駅の「キャプテン翼」特別装飾完成記念オープニングセレモニーを開催した。

    セレモニーでは、四ツ木で生まれ育った原作者の高橋陽一氏とともに、同作品の熱烈なファンとして知られるヴィッセル神戸のアンドレス・イニエスタも登場。「きっぷアート」の除幕や、今企画のオフィシャルサポーター就任式などが執り行なわれた。

    その後行なわれたトークイベントでは、イニエスタと『キャプテン翼』との出会いやキャラクターへの思い入れなどが本人の口から明かされた。

    まず、イニエスタが『キャプテン翼』と出会ったのは「6、7歳の頃だった」という。
    「当時、朝8時くらいから放送していて、学校に行く前に母がテレビをつけてくれていつも見ていました。子どもの頃からお気に入りのアニメでした」

    イベントのMCを務めた松木安太郎さんから「アニメからいろんな技を覚えていったりすることもあったんじゃないですか?」と振られると、イニエスタは笑顔を向けながら「なかにはすごい難しい技もあってなかなかできないのもあるんですけど…」としつつも、「やっぱりサッカーのいいところはクリエイティブにプレーできるところだと思うので、それはピッチのなかでも実現しようと思っています」と語り、創造性溢れる技が見られるアニメと現実のサッカーの共通点を挙げた。

    さらにアニメのなかで印象に残っている技を問われると、「長年続いている漫画なので、いろいろなシーンがあるのですが、翼くんのドライブシュートや若林くんのセービング、立花兄弟のコンビプレーなど、個々の個性のあるプレーが印象に残っています」と、3組のキャラクターたちの名前を挙げ、主人公・大空翼の必殺技など様々な名シーンが思い浮かんだようだ。

    ともに登壇した高橋氏は、「漫画を描き始めたころには、翼くんが成長してFCバルセロナに入って、そのバルセロナのスーパースターのイニエスタ選手がこの駅に来てくれるなんて、本当に夢にも思っていなかったこと。大変うれしく思っています」と感慨深い様子だった。

    セレモニー後、ふたりは『キャプテン翼』を題材とする特別装飾が施された駅構内の様子を観覧。両者にとって、特別な一日となったようだ。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16108142/
    no title

    続きを読む

    1: pathos ★ 2019/03/01(金) 19:31:28.86
    昨夏にバルセロナを退団し、Jリーグの神戸に電撃加入。イニエスタはクラシコで“プレーする側”から、“観る側”へと立場が変わった。「試合を観ることに関しては慣れていない」と笑いつつ、「バルサに勝ってほしい」と古巣への愛を覗かせる。

    「自分は外から試合を観るのが好きなんだ。素晴らしい試合を期待しているけど、バルサに勝ってほしい。バルサのファンだからね。最後はバルサに勝ってほしい」

    またクラシコでプレーしたいか――。そう問われたイニエスタは「80歳になるまで一生プレーしていたいよ」と現役生活について語る一方で、今は日本でのプレーにフォーカスしていることを強調した。

    「人生の中には決断しなければいけない時があるし、今の僕の夢は別の試合で別のリーグなんだ。唯一言えるのは、多くのクラシコでプレーできたことはラッキーだったし、楽しむことができた」

    果たして、イニエスタも熱視線を送る3月2日のクラシコは、どのような結末を迎えるだろうか。
    2019-03-01_19h58_33
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190301-00173339-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/02/20(水) 06:49:43.01
    チームのオフ日にインスタグラム更新、大阪の有名商店街で妻との記念ショットを投稿
     
    J1ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、今季Jリーグ2シーズン目を迎えるなかで昨季以上の活躍が期待されている。
    日本での生活にも慣れ始めたなか、19日に自身の公式インスタグラムを更新。大阪を代表する商店街のひとつ「心斎橋筋商店街」で妻との私服2ショットを公開している。

    【写真】神戸の元スペイン代表MFイニエスタ、大阪・心斎橋筋商店街に出没! カラフルな私服で妻と2ショット公開

    2002年にスペインの名門バルセロナでトップチームデビューを果たしたイニエスタは、ラ・マシア(バルセロナの下部組織)の最高傑作と称されるなど台頭。
    以降はコンスタントに出場を重ね、バルセロナ一筋で16シーズンにわたってプレーした。

    昨夏のロシア・ワールドカップ後に神戸への移籍が決まり、7月のリーグ第17節湘南ベルマーレ戦の後半途中からピッチに立ってJリーグデビュー。8月の第21節ジュビロ磐田戦でJリーグ初ゴールをマークし、最終的に14試合3ゴールの結果を残した。

    今季はスペイン代表とバルセロナで共闘した経験を持つFWダビド・ビジャが加わり、在籍3年目の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキを含めた海外助っ人トリオに大きな注目が集まっている。そんななか、イニエスタはチームのオフを利用し、妻のアンナ・オルティスさんとともに大阪に足を運んだようだ。

    公式インスタグラムのストーリー(24時間で自動的に削除される動画・写真)に妻との2ショットをアップ。橙色のアウターと同じ色が入ったシューズを着用したイニエスタが、有名な商店街のひとつである心斎橋筋商店街のアーケード街をバックに妻と記念撮影をしている。これまでも一家揃って様々な場所に赴いているが、大阪の街を堪能したようだ。

    22日にJリーグ開幕戦を控え、敵地でセレッソ大阪と対戦する。新戦力ビジャを組み込んだ新生神戸のお披露目となるなか、司令塔のイニエスタはどのようなプレーを見せるのか注目が集まる。

    2/20(水) 6:40配信 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190220-00171375-soccermzw-socc


    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/02/16(土) 06:29:42.24
    Jリーグ名鑑用の質問ラッシュにも懇切丁寧な回答

    毎年サッカーダイジェストがこの時期に作成・発行している「Jリーグ選手名鑑」。今年もJ1・J2・J3の全55クラブの情報を網羅し、1500名近いJリーガーたちのプロフィール&データを一挙掲載している。

    そんななか、読者に楽しんでいただこうと毎回変化を加えているのが、選手たちの趣味・趣向に迫るアンケート欄だ。チーム始動後の慌ただしいタイミングながら、今年もクラブと選手のみなさんに最大限の協力をいただき、18の質問に答えてもらっている。

    この選手名鑑に初めて登場してくれたのが、昨年夏にヴィッセル神戸に入団した元スペイン代表MF、アンドレス・イニエスタである。加入後のホームゲームはすべて満員札止めという超人気ぶりで、プライベートでもディズニーランドやUSJ、京都観光などを家族で訪れては全世界に2800万強のフォロワーを持つインスタグラム上で紹介。いまやピッチ内外で、日本の観光大使とでも言うべき役割も演じてくれている。

    普段からファンへの対応が懇切丁寧かつ紳士的で知られるスーパーレジェンドは、アンケートの対応もまさに神懸かり。意外な回答も飛び出しているので、質問内容とともに全公開させてもらおう。

    名手イニエスタの回答は以下の通りだ。

    【ニックネーム】 アンドリュー
    【既婚or未婚】 既婚
    【兄弟構成】 2人(自分・妹)
    【サッカーを始めた年齢】 7歳
    【好きな女性タレント・女優・歌手】 キャサリン・ゼタ=ジョーンズ
    【好きな漫画or本】 風の影
    【好きな食べ物】 寿司
    【趣味・マイブーム】 ドラマを観る
    【スパイクのメーカー】 アシックス
    【愛車】 ──(回答なし)
    【モチベーションの上げ方】 ──(回答なし)
    【背番号へのこだわり】 好きなふたつの数字(6、8)
    【仲の良い選手】 ビジャ
    【チームメイトのこれだけは言っておきたいこと】 苗字は覚えておいて
    【対戦してもっとも衝撃を受けた選手】 ダビド・シルバ/とにかくうまい
    【自分が女性なら付き合いたい選手】 前川薫也
    【今季の目標】 すべてのタイトルを獲る
    【ファン・サポーターへの一言】 今シーズンも応援よろしくお願いします

    呼びかけるなら「アンドレス!」より「アンドリュー!」

    キャサリン・ゼタ=ジョーンズは英国出身ながら、どこかラテンの匂いが漂う女優。現在34のイニエスタがお気に入りなのだとすれば、映画『マスク・オブ・ゾロ』(1998年)や『シカゴ』(2002年)あたりの印象が強いか。好きな小説に選んだ『風の影』はスペインを代表する作家カルロス・ルイス・サフォンによる長編だ。バルセロナを舞台に主人公の少年が織り成す冒険活劇で、イニエスタも若き日に手に取って、目まぐるしく変わるストーリー展開に引き込まれたのかもしれない。

    仲の良い選手は、やはり同胞のビジャ。キャンプでも私生活でも常に“つる”んでおり、今回の移籍を誰よりも喜んだに違いない。それでも「彼氏にしたい選手」には僚友GKの前川薫也を選んだ。元日本代表の父を持つサラブレッドで、イニエスタのSNSにもたびたび登場する25歳。この回答はノリかボケか?? 弟分のように可愛がってもらっているようだ。

    ファンにとってやはり気になるには、『ダビド・シルバ』の回答だろう。イニエスタよりひとつ年下で、現在マンチェスター・シティに所属する名MFとはラ・リーガで幾度となく対戦し、スペイン代表では長くともにプレーした。シャビ、セスク・ファブレガス、イニエスタ、シルバが並び立った時代は中盤のクワトロ・フゴーネス(4人の創造主)とも称されたほど。フットボール史にその名を刻む技巧派のイニエスタが、「とにかくうまい」と言うのだから、これ以上の褒め言葉はない。

    さて、いよいよ2019年シーズンのJ1リーグも開幕間近。神戸は2月22日のセレッソ大阪戦がオープニングゲームとなる。もしスタジアムや練習場でイニエスタに呼び掛けるなら、「アンドレス!」ではなく「アンドリュー!」と叫ぶのがツウなのかもしれない──。

    2/16(土) 5:18配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190216-00054210-sdigestw-socc&p=1

    写真
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/02/12(火) 18:58:07.58
    アンドレス・イニエスタは、雑誌『Esquire』のインタビューに答え、アジアでの新たなステージにおけるフットボールとプライベートの両方に加え、日本に9ヶ月前に降り立ってからと5月26日にヴィッセル神戸の選手として発表されてからサプライズに感じていることについて語っている。

    「スポーツレベルとプライベートレベルでの日本への順応は、簡単にはいっていない。なぜなら、日本の文化は、大きく我々のものとは異なるから。しかし今は、妻も子供もうまく順応できたと感じ、楽しんでいる」と日本に来てから半年間の経験についてイニエスタは告白している。

    ■勝負

    イニエスタは、神戸という街や特にヴィッセル神戸への順応に多くの時間がかかった理由を分析しており、「日本人は、我々よりもより落ち着いていて、論理的にそれがスタジアムでもピッチ上でも反映されている。そして、ファンは、応援し、不平は言うが、彼らがスペインの人々のように取り乱したり、怒りを示すことはない。日本人の敗北に耐えるという姿勢は、ヨーロッパでのそれとは大きく異なっている」と口にしている。

    また、「我々が負けた。それで?この考え方を理解し、消化するのに時間がかかった。なぜなら、彼らには競争心があるが、負けに対して我々とは違った結論を持っているんだ」とイニエスタは説明している。そして、「ヴィッセル神戸での自分のキャリアは、バルサでの自分のキャリアに比べるととても落ち着いたものになっている」とも付け加えている。

    さらに、言語の問題については、「自分の日本語はまだまだだけど、少しずつ話している。なぜなら、週に数回日本語クラスを受講しているからね。ただ、深い内容の会話のときは、いつも通訳を介している」と明かしている。また、好物の食べ物については、「ラーメンと寿司をたくさん食べているよ」と口にしているのに加え、畳では寝ていないということも公にしている。そして最後に、「これらの変化に素早く順応しているのは、子供達だよ」と語っている。

    2/12(火) 12:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190212-00010005-sportes-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ