海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー選手 > イニエスタ

    1:Egg ★:2018/11/14(水) 19:32:00.26 ID:CAP_USER9.net
    写真



    今夏にスペインの名門バルセロナからJ1ヴィッセル神戸に移籍した元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタのプレーは、日本だけでなく、海外からも大きな注目を集めている。そんななか、イニエスタが母国スペインの放送局「クアトロ」の番組「Calleja」に出演。インタビューに応じたが、その突飛な方法が海外から脚光を浴びている。

    「イニエスタが浴槽で革新的な裸インタビュー」と報じたのは、ブラジルメディア「Torcedores」だ。「とりわけバルセロナにおいて強い印象を残したスペイン人MFが意外な形でメディアに登場した」と続けている。スペイン放送局「クアトロ」の番組「Calleja」のインタビューに応じたイニエスタは、ジャーナリストとともに温泉風呂に入ってリラックスした様子で受け答えする姿を披露。記事では「最も珍しい場所。互いに裸でインタビューが行われた」と驚いた様子で伝えている。

    インタビューでは、2010年南アフリカ・ワールドカップに参加する前にイニエスタがうつ病に陥り、周囲のサポートを受けて回復したことを明かしている。

    またブラジルメディア「UOLエスポルチ」は「アンドレス・イニエスタが日本の温泉風呂でスペインのジャーナリストと会話」と伝え、お風呂に浸かっている風景に触れている。「異例のインタビューで、二人は裸で温浴中だった」と記した。

    イニエスタは以前にもうつ病について語っており、その内容はすでに知られているものだったが、海外メディアは“日本らしさ”が垣間見えるインタビュー場所に興味を惹かれたようだ

    11/14(水) 19:03配信 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181114-00147776-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/11/13(火) 22:35:23.05 ID:CAP_USER9.net
    ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが妻のアンナ・オルティスさんとの馴れ初めについて語っている。スペイン『マルカ』が伝えた。

    下部組織を含めてバルセロナに22年間在籍し、今夏から神戸に加入したイニエスタ。妻アンナさんとの出会いは11年前に遡るという。その時の様子をスペインのテレビ局『クアトロ』の番組『プラネタ・カジェハ』で明かしている。

    「たまたま友達といる時に、レストランでウェイトレスとして働いている彼女に出会ったんだ」

    「すぐ恋に落ちたよ。一目惚れだった。だけど彼女はそっけなくて、最初は全然うまくいかなかったんだ」

    「口説き落とすのには本当に大変だった。いくつかのトリックも使わざるを得なかったくらいだよ」

    サッカーでは思い通りにボールを扱い、ピッチに魔法をかけるイニエスタだが、妻との恋の始まりはそう簡単ではなかったようだ。

    11/13(火) 21:28配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181113-05185317-gekisaka-socc

    写真





    つづく
    続きを読む

    1:真実は一つ ★:2018/11/13(火) 21:31:05.31 ID:CAP_USER9.net
    元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、今夏に名門バルセロナからJ1ヴィッセル神戸へ移籍し、オフを利用して日本の名所を巡っている。

    12日に自身の公式インスタグラムやツイッターを更新し、京都の有名な観光スポットとして知られる清水寺に出没。妻とともに撮影した一枚を投稿し、「なんて美しいんだ」と海外ファンからも反響を呼んでいる。

    昨季限りでスペインの名門バルセロナを退団し、新天地としてJリーグの神戸を選択。華麗なプレーで観る者を魅了している名手だが、東京ディズニーランドやユニバーサルスタジオジャパンなどのテーマパークをはじめ、鹿苑寺(通称:金閣寺)などにも足を運び、撮影した写真をたびたびSNSにアップしている。

    そして今回投稿したのは、京都の名所である清水寺でのショットだ。「日本を知る」とのコメントを綴ったイニエスタは、仁王門をバックに妻のアンナ・オルティスさんらと撮影している。

    返信欄では日本人ファンから「京都!」「紅葉楽しめましたか?」「満喫してください」「京都に来てたなら言って」「楽しそう」とのコメントが届けば、海外ファンからも「なんて美しいんだ」「素晴らしい場所」「美しき家族愛」「クール」などの声が上がっている。

    神戸は第24節からリーグ戦7試合未勝利(1分6敗)と苦戦を強いられ、一時はJ2降格の危機に晒された。だが第31節名古屋グランパス戦でフル出場したイニエスタが、華麗なループパスから元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキの先制ゴールを演出し、2-1勝利に貢献。8試合ぶりの白星を手にすると、続くサガン鳥栖戦は0-0と引き分けて勝ち点1を積み重ねた。

    リーグ戦は残り2試合と最終局面に差しかかっているなか、神戸は勝ち点41のリーグ12位で、プレーオフに回る16位名古屋と勝ち点4差。第33節で清水エスパルス、最終節でベガルタ仙台と対戦するなか、イニエスタの活躍で次節に残留を決められるだろうか。

    2018-11-13_21h55_00
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181113-00147607-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/11/07(水) 16:49:04.83 ID:CAP_USER9.net
    J1神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)が母国スペインで運営するサッカースクール「イニエスタ メソドロジー」が25日に神戸市西区のいぶきの森球技場で開催される。1日限定で日本では初となる試み。先月23日から行っていた参加者募集が6日午後5時に締め切られ、神戸は北は北海道、南は九州から定員80人を超える申し込みがあったと発表した。参加者は抽選で決められる。

    「イニエスタ メソドロジー」は世界を代表する名門バルセロナで活躍し、スペイン代表ではW杯南アフリカ大会優勝を成し遂げたイニエスタの独自のサッカースタイルやテクニック、ビジョンを次世代へと伝え、若手選手を育成ために開校された。

    J1神戸のスポーツパフォーマンスアドバイザーを務めるエミリ・リカルト氏(57)監修のもと、イニエスタ育成に携わったアルベルト・ベナイジェス氏(63)らから直接指導を受けられる特別な機会となる。

    また、トレーニング終了後の交流会にはイニエスタも参加予定で、世界的名手と触れ合える可能性もある。

    J1神戸は「イニエスタの加入がチームの強化だけでなく、日本サッカー界のさらなる活性化にもつながることを期待しており、若手選手を育成することも重要」とし、19年からの継続的な展開を計画しているという。

    11/7(水) 13:42配信 デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181107-00000057-dal-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/11/06(火) 12:49:26.50 ID:CAP_USER9.net
    ヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタがスペインのラジオ局『オンダ・セロ』の番組エル・トランシストールのインタビューに応じた。

    イニエスタは今夏、下部組織からプレーを続けたバルセロナを去り、日本で新たな挑戦を続けることを決心。このチャレンジをすることを決めた背景と、ここまでの戦いについて振り返る。

    「あそこ(スペイン)から去るとき、欧州のレベルではなくても、競争に臨み続けたいと思っていた。ここで、そうした競争を見つけることができている。僕が到着したのはシーズンの半ばで、この数カ月は適応のために費やした。とにかく、できる限り最高の形でシーズンを終えたいと思っているよ」

    さらに、初めて戦う異国のリーグ、Jリーグについては「正直に言うけど、良い意味で驚いた」と率直な感想を漏らしている。

    「技術的、フィジカル的な厳しさに驚いた。試合は攻守の切り替えが激しく、どちらかが支配するということがない。その点に関して言えば、ヴィッセルは今回のプロジェクトで試合を支配しようと試みているけれどね」

    さらに、シーズン途中に就任したフアン・マヌエル・リージョ監督についても言及。「素晴らしさは聞いていたし、とても価値のある監督。来季にはもっとうまくいけばいい」と話しつつ、練習についても語った。

    「今はフアンマ(・リージョ)が指導しているから、欧州、スペインと同じレベルの練習をしているよ。ボールを使ったり、色々しながらね。今は彼が足りていないと考える様々なコンセプトの練習をしている。惜しむらくは、シーズンの初めからであったら、もっと順応できたんだけど、今は結果が物を言う時期に入ってしまった」

    最後に、日本での快適な生活についても明かす。多くの点で欧州とは異なる日々を送れていることを満足げに述べた。

    「外に出ても、ここの人たちは少し遠慮がちというか、僕たちのことを尊重してくれる。それは欧州とは違うね。あと、とても安全な国であることに衝撃を受けたよ。絶対に何も起こらないとさえ思えてしまう。とても閑静で、清潔で、外に出る度に感動を覚えるよ」

    11/6(火) 11:43配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181106-00000004-goal-socc

    写真

    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★:2018/11/01(木) 07:13:47.87 ID:CAP_USER9.net
    ヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、自身のチームに加えたい選手を明かしている。
    『RMCスポーツ』が伝えた。

    ユース出身の選手としてバルセロナ一筋でプレーしてきたイニエスタは、今夏よりJリーグのヴィッセル神戸に加入。
    ルーカス・ポドルスキとともにチームを押し上げる働きが期待されたが、ここまではリーグ戦で12位に沈むなど振るっていない。

    そんな中、イニエスタはチームに加えたい選手を明かす。その選手とはチェルシーに所属するフランス代表MFヌゴロ・カンテだという。

    「彼は、もう僕が何年も同じチームでプレーしたいと思っている選手だよ。日本に来るつもりはないだろうけどね(笑)。
    ただ、大好きな選手だね。彼がピッチでやっていることは素晴らしいし、自信にも溢れている。チェルシーでもフランス代表でも中心選手だよね」

    カンテはプレミアリーグ制覇やワールドカップ優勝などすでに多くのタイトルに恵まれるスター選手。
    ポジションが近いイニエスタとしては、いつか隣でプレーしたいと願わずにはいられないようだ。
    2018-11-01_08h15_18
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181101-00000024-goal-socc
    11/1(木) 7:10配信
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/31(水) 22:00:19.69 ID:CAP_USER9.net
    元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、今夏にスペインの名門バルセロナからJ1ヴィッセル神戸に移籍以降、日本の様々な名所を訪れて楽しんでいる様子をSNSで伝えてきた。30日には自身の公式インスタグラムを更新し、京都の世界文化遺産である金閣寺をバックに友人との2ショットを投稿している。

    【関連画像】京都・金閣寺に神戸の元スペイン代表MFイニエスタが出没! 世界文化遺産をバックに友人と私服2ショット



    これまで東京ディズニーランドやユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)などのアミューズメントパークをはじめ、姫路城などのスポットにも足を運んだイニエスタだが、今度は京都市北区にあるお寺・鹿苑寺(通称:金閣寺)で日本文化に触れたようだ。

    自身の公式インスタグラムのストーリー(24時間で自動的に削除される写真・動画)に1枚の写真を投稿。「私の友人」の文字を添えると、存在感を放つ金閣寺を背景に友人との肩組み2ショットを公開した。

    イニエスタは白セーターとともに、ファンにはお馴染みとなっているアメリカの野球チームであるニューヨーク・ヤンキース(NY)の帽子をかぶって笑顔を覗かせている。この野球帽子は、家族でUSJを訪れた際に着用しており、ファンから「ヤンキースの帽子が良い!」などの声も上がっていた。

    チームは5連敗から、引き分けと黒星でリーグ戦7試合未勝利と不振に陥っているなか、3日に第31節名古屋グランパス戦を迎える。世界文化遺産でリフレッシュした司令塔イニエスタがチームを勝利へと導くだろうか。

    10/31(水) 20:01配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181031-00144986-soccermzw-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/30(火) 21:14:20.15 ID:CAP_USER9.net
    ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、自身のインスタグラムを更新。休日に京都の嵐山を訪れた際のファミリー写真を投稿した。

    【画像】イニエスタ一家が今度は京都・嵐山へ! 総勢7名のファミリーショットはこちら!



     
    妻のアンナ・オルティスさん、長女バレリアさん、長男のパオロ・アンドレア君、次女のシエナちゃんに加えて、今回はスペインから旅行で来日しているアンナさんのご両親も写真に収まった。嵐山の世界的な観光スポットである「竹林の小径」を仲良く散策している光景だ。そのほかにも京都の仏閣をはじめ、姫路城や奈良にも足を運んだようで、この2週間ほどで関西エリアの有名な観光地を軒並み制圧している。イニエスタ本人は「あなたたちの訪問を受け、ともに素晴らしい時間を過ごせた。最高にハッピーでした!」と感謝を述べた。
     
    投稿欄には世界中からコメントが寄せられており、「本当に素晴らしいファミリー!」「竹林まで行くとはツウですね!」「なんて素敵な場所だろう。京都?」「私も行ってみたい!」などなど。インスタグラムでさまざまな日本の観光地やプレイスポットを紹介してくれているイニエスタ。日本政府はこのワールドクラスの「観光大使」に感謝しなければ!

    10/30(火) 20:28 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181030-00049602-sdigestw-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/24(水) 12:59:22.27 ID:CAP_USER9.net
    J1ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、Jリーグでのプレーぶりが逐一スペインをはじめとした世界各国で報じられるなど、世界的スーパースターとしていまだに注目を集める。そんななかで現地時間22日に生まれ故郷のアルバセテ市がイニエスタの銅像建築計画を発表。スペイン紙「マルカ」では市長がその理由を明かしている。

    卓越したゲームメーク能力が認められ、10代前半でバルサの下部組織に入団したイニエスタ。その後のバルサでの活躍ぶりはもちろん、2010年の南アフリカ・ワールドカップ(W杯)決勝戦でスペインをW杯初王者に導く決勝ゴールを決めたイニエスタに対して故郷の人々は大きなリスペクトを抱いている。

    それもあって発案されたイニエスタ銅像。同市の市長であるマヌエル・ソラーノ氏はこのように理由を説明している。

    「イニエスタは謙虚さ、慎み深さ、努力する姿勢など、アルバセテの社会を象徴するような価値を表現してくれたからだ」

    バルサ時代、そして日本での来日以降も試合やイベントなどで見せているイニエスタの内面性を称えている。これに感謝しているのは父親のホセ・アントニオ・イニエスタさんだ。

    「(建築を計画した)ソリス財団とアルバセテ市議会からの素晴らしい詳細に感謝しています。彼はこの地域のアンバサダー的存在で、素晴らしい人間の所作です。これに興奮を覚え、ただただありがとうと言いたいです」

    生まれ故郷の人から敬拝されるイニエスタ。活躍の場を遠く離れた日本に移していても、その愛情はいまだ大きなもののようだ。

    10/24(水) 12:41配信
    2018-10-24_14h39_03
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181024-00143410-soccermzw-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ