海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー選手 > イニエスタ

    1:Egg ★:2018/08/26(日) 06:25:38.37 ID:CAP_USER9.net
    ◇明治安田生命J1第24節 神戸―横浜(2018年8月26日 ノエスタ)

    神戸のスペイン代表MFイニエスタが“先輩”の貫禄を見せつける。26日の横浜戦(ノエスタ)に向け、非公開調整。前節湘南戦で左膝を痛めたものの、4試合連続で先発起用される見通しとなった。

    自身がプレーしたバルセロナの下部組織に所属していた横浜の17歳MF久保について「もちろん知っているよ」と語った背番号8。先発予定の17歳年下の存在を認識しつつも、勝ち点3のために容赦はしない。

    8/26(日) 6:18配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180826-00000053-spnannex-socc

    写真
    続きを読む

    1:3倍理論 ★:2018/08/25(土) 13:29:01.75 ID:CAP_USER9.net
    イニエスタも「ACL圏まで勝点4差にできたことが一番の収穫だ」と手応えを語る

    [J1リーグ24節] 神戸×横浜/8月26日/18:00/ノエスタ
     
    ヴィッセル神戸のDF那須大亮が8月19日のJ1リーグ23節の湘南ベルマーレ戦で2試合ぶりの出場を果たし、無失点勝利に貢献した。

    2-0とリードして迎えた80分、新加入のカタール代表アフメド・ヤセルが足を痛めたため、右サイドバックとして出場。「常に出場できるコンディションを保っている」という闘士は、浦和レッズ時代の盟友だった梅崎司とのマッチアップも繰り広げ、5試合ぶりのクリーンシートに貢献した。
     
    「アンドレス(イニエスタ)をはじめ、夏に加入した選手がチームを活性化してくれて、チームが本当に苦しいなかでも勝ち切れるようになってきている。ここからシーズン終盤に入ってくると、勝点の一つひとつがとても大きな意味を持ってくる。それを取り切れるチームになっていかないといけない。こうした苦しい試合を勝ち切る力を、付けていきたい。今日の勝利は本当に大きいです」
     
    チームは来季のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場権獲得を現実的な目標に捉える。イニエスタもこの勝利で「ACL圏まで勝点4差にできたことが一番の収穫だ」と手応えを得ていた。少しずつ、本気でタイトルを狙える陣容が整ってきたのではないか。そんな話を向けると、那須は厳しい表情をして言った。
     
    「とはいえ、本当にまずは一歩ずつ、一つずつです。それぞれがそれぞれの立場でできることを最大限にやらないと勝てない。目の前のできることを一人ひとりが追求することが、自然とチーム内の競争にもつながる。僕なんか、特にそうです。そういうなかで、どんどん切磋琢磨していきたい。上に行けるように、僕も一歩ずつです」
     
    そして那須はイニエスタの加入効果について次のように熱く語っていた。
     
    「凄すぎます。それに人間性も素晴らしい。たわいない話も時々しています。今気にいっている日本食の話とか。そこから発展してバルサの選手のことを聞いたり。ずっと世界最高峰の舞台で活躍してきた選手なので、いろいろと話題の引き出しも豊富で楽しいです」
     
    試合後はイニエスタと握手をかわし、サポーターの前ではともに歓喜のダンスを踊った。那須にとっても、新たなる頼れる男の加入は、大きな刺激になっている。
     
    「勝つことは最低限の仕事。なぜその仕事が与えられているかを考えながら、出たら結果を残すだけです」
     
    週末の8月26日には古巣の横浜F・マリノスをホームに迎える。天皇杯はサガン鳥栖に敗れたため(×0-3)、ACL出場権の権利はリーグ3位(4位も?)以内に入ること。堅い守備を取り戻すため那須の起用はあるのか。36歳のベテランは不退転の決意で、神戸のために戦う。
    2018-08-25_20h14_07
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180824-00046187-sdigestw-socc
    続きを読む

    131:U-名無しさん :2018/08/23(木) 00:00:28.53 ID:7P412YOZ0.net


    sagantosu_official
    試合終了後、#フェルナンドトーレス ( @fernandotorres )選手と #イニエスタ 選手( @andresiniesta8 )がツーショット????
    ?? #ベストアメニティスタジアム のピッチで再会した二人????? #おめでトーレス #ありがトーレス #FT9
    #トススタグラム #sagantosu #サガン鳥栖 #ITADAKI
    #天皇杯

    https://www.instagram.com/p/BmyGa24BSfr/?hl=ja&taken-by=sagantosu_official
    続きを読む

    1:動物園φ ★:2018/08/22(水) 11:33:45.39 ID:CAP_USER9.net
    8/22(水) 10:40配信
    Football ZONE web

    ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが公式インスタグラムを更新した。背番号8を譲ってくれたMF三田啓貴、副キャプテンのDF渡部博文との就寝間際の3ショットを公開。「Oyasumi(おやすみ)」と日本語を操り、異国の地での生活に馴染んでいる充実ぶりを示している。

    【写真】日本語も操る馴染みっぷり! 神戸MFイニエスタ、MF三田啓貴&DF渡部博文との“Oyasumi前”の3ショット



    第17節の湘南ベルマーレ戦(0-3)で後半途中から出場し、Jリーグデビューを飾ったイニエスタは、続く第18節の柏レイソル戦(1-0)で移籍後初先発。家庭の事情により第19節と第20節は欠場したものの、第21節ジュビロ磐田戦(2-1)で復帰するとJリーグ初ゴールをマークし、第22節サンフレッチェ広島戦(1-1)で2戦連続弾を叩き込んだ。

    第23節の湘南ベルマーレ戦(2-0)でも、正確なフィードで三田のゴールの起点となるなど5試合2得点のハイパフォーマンスを見せるなか、チームは22日に敵地で行われる天皇杯ラウンド16のサガン鳥栖戦に向けて移動。かつてスペイン代表でチームメイトだった元同代表FWフェルナンド・トーレスとの初対決実現も期待される。

    そんななか、21日夜に公式インスタグラムのストーリー(24時間で削除される写真・動画)を更新。宿舎の一室と思われる部屋で、背番号8を譲ってくれた三田、副キャプテンの渡部と肩を寄せ合う3ショットに「Oyasumi(おやすみ)」と日本語のフレーズを添えた。

    卓越したプレーもさることながら、新たなチームメイトと積極的に触れ合うフランクさ、日本の環境に馴染もうとする姿勢と見せるイニエスタ。期待の司令塔のピッチ外での一流ぶりに、虜になる日本のファンは日に日に増えている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180822-00130022-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:れいおφ ★:2018/08/20(月) 18:48:40.03 ID:CAP_USER9.net
    スーパースター効果はてきめんだ。J1神戸は19日、スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)の活躍で湘南に2―0と快勝した。一時帰国から再来日後、3試合で2勝1分けと神戸をけん引する一方、舞台裏ではチームに溶け込もうと涙ぐましい努力で“日本化”しているという。

    その姿にイレブンも感銘を受けており、大逆転Vに向けてチームのムードも高まっている。

    イニエスタは前半37分、前線に絶妙の浮き球パスを配給。これを新加入のFW長沢駿(29)がペナルティーエリア中央へ落とし、最後はMF三田啓貴(27)が左足で叩き込んだ。3戦連続弾こそ逃したものの、厳しいマークをかわす“魔法のパス”でチームの勝利に貢献した。

    試合後は観戦に訪れた神戸オーナーでインターネット販売大手「楽天」の三木谷浩史会長(53)とロッカー前で喜びを分かち合った。スター選手は「大切なのはチームが勝つことだ。ACL(アジアチャンピオンズリーグ)の(出場圏の3位まで)ポイント差を4に縮めることができた」と強調。ACL出場はもちろん、首位広島との差も残り11試合で13点差と奇跡の逆転Vもかすかに見えてきた。

    再来日後、チームは3試合で2勝1分けと上昇ムード。最高の雰囲気をつくり出しているのは最強助っ人自身だった。DF渡部博文(31)によると、イニエスタは「普段から『気を使わなくていい、自分の思うようなプレーをどんどんしてくれ』と言ってくれる」という。

    世界的ビッグネームにもかかわらず“自分に合わせろ”と要求するのではなく、同僚に対しては自由にプレーをすることを求めるのだ。さらにピッチ外では驚きの行動にも出ていた。

    渡部は「日本語を積極的に覚えようとしていて、昨日も(宿舎で)夜食を食べに来て帰り際に『おやすみー』と日本人みたいなノリで言ってきたり。軽食でも、パスタじゃなくて、うどんを食べるようにしている」と明かした。

    外国人選手は食べ慣れているパスタを口にするのが一般的だが、イニエスタはあえて日本のソウルフードで栄養補給。

    勝負メシまで日本仕様なのだ。「日本になじもう、日本人の特性を知ろうという姿勢。日本人をすごくリスペクトしている。それが僕たちにも伝わってくる」と渡部。そんな真摯な姿勢を目の当たりにし、チーム内のムードは高まっている。

    イニエスタも「チームメートも僕のことを分かってきているし、僕もチームメートのことを分かってきている」と手ごたえを語る。ピッチ外でも超優良の助っ人が、J1終盤戦を熱くしそうだ。
    2018-08-20_19h15_55
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180820-00000039-tospoweb-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/08/18(土) 21:01:59.75 ID:CAP_USER9.net
    明日の湘南戦はチケット完売の満員札止めに



    目下2戦連続ゴール中と絶好調のヴィッセル神戸MF、アンドレス・イニエスタが土曜日、自身のインスタグラム・ストーリーを更新した。
     
    明日日曜日はJ1リーグ第23節の湘南ベルマーレ戦が行なわれる。神戸から会場となる平塚のBMWスタジアムへの移動は、もちろん新幹線だ。元スペイン代表の魔法使いは車窓から見える景色を動画で撮影して掲載し、ローマ字で「SHINKANSEN」と添えた。メッセージがないため判然としないが、ひょっとしたら人生初の新幹線乗車だったのかもしれない。

    続けざまに画像も公開し、グリーン車で隣席になった僚友と笑顔でパシャリ。入団前にイニエスタに背番号8を譲ったMF三田啓貴だ(現在は背番号7)。イニエスタみずから三田に電話を掛けて、「大切な番号を譲ってくれてありがとう」と感謝の言葉を伝えたのは記憶に新しいところ。ピッチ上のみならずピッチ外でも、連携と信頼関係を深めているようだ。
     
    すでに湘南vs神戸戦のチケットは前売りの段階で完売しており、明日は満員札止め1万6000の観衆で埋め尽くされるだろう。イニエスタ初の関東上陸。どんなハイパフォーマンスを披露してくれるのか、実に興味深い。

    8/18(土) 20:14 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180818-00045883-sdigestw-socc

    写真
    2018-08-18_22h42_29

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/08/18(土) 07:00:10.11 ID:CAP_USER9.net
    神戸のスペイン代表MFイニエスタがACL出場権獲得をチームメートに呼びかけた。19日の湘南戦(BMWス)に向け、17日に神戸市西区で非公開調整。

    オフだった前日には選手全員参加の新加入選手歓迎会が開かれ、バルセロナからやってきた34歳は全員の前で「(神戸を)自分の家のよう、我が家のように感じている。こういうアットホームなチームで、もっと上を目指していこう」と熱く語った。

    主催したDF渡部が「いい雰囲気だった」と語ったように、スペイン料理屋で開かれた会合は盛り上がり、イニエスタは隣席のFW長沢らともコミュニケーションを図った。

    現在4位で、ACL出場圏内の3位FC東京とは勝ち点7差。3戦連発の期待もかかる湘南戦で連勝を飾り、上位との差を詰める。

    8/18(土) 6:00配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180818-00000049-spnannex-socc

    写真


    続きを読む

    1:Egg ★:2018/08/16(木) 12:13:14.87 ID:CAP_USER9.net
    芸能界のサッカー通として知られる歌手の小柳ルミ子(66)が16日、自身のブログを更新。神戸に新加入したスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)が、15日の広島戦で2戦連続となるゴールを決めたことに「有難う!!」と歓喜した。

    熱狂的なバルセロニスタ(バルセロナ・ファン)で「行ける限りイニエスタを追っかけるぞー」と宣言し、7月22日のJリーグデビュー戦から生観戦を続けているルミ子。この日は神戸でイニエスタのゴールを見届け、「イニエスタのこんな喜ぶ顔久し振りに見た しかも2試合連続ゴールはバルサ時代 4年位前じゃないかな 私も幸せな気持ちになった イニエスタ、有難う やっぱり違う ワールドクラスだ」と興奮。

    さらに「試合後エレベーターでイニエスタファミリーと一緒になった テレビ特番で拝見していた綺麗な奥様 可愛いお子様 嬉しかった」とイニエスタの家族にも遭遇したことを告白。そして「夕食はイニエスタが行ったと言うスペイン料理のお店に行きました」と明かし、「イニエスタが召し上がった物を私も頂いた イニエスタはパエリアは召し上らなかったそうだ。お酒も飲まず自分を律してらっしゃるそうだ。プロだなぁ~美味しかった~何を食べても美味しかった」と振り返った。

    ブログには感動のあまりスタンドで涙を流す自身の動画もアップ。「イニエスタ有難う…!!チームの為に日本サッカーの為にこれからも怪我なく私達が感動する仕事を魅せて下さい」と呼びかけていた。

    8/16(木) 11:28配信
    2018-08-16_20h55_12
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180816-00000094-sph-ent
    続きを読む

    1:3倍理論 ★:2018/08/16(木) 13:37:41.11 ID:CAP_USER9.net
    スペイン、ドイツ以外のメディアも動画と共に報道

    J1リーグ第22節が15日に開催され、ヴィッセル神戸は首位のサンフレッチェ広島と対戦。先制を許すも、アンドレス・イニエスタが”値千金”の2試合連続ゴールを決め、試合は1-1で引き分けた。

    【動画】イニエスタがまたもゴラッソ!鮮烈ミドルで2試合連続弾

    イニエスタにとっては前節に続く連続ゴール、しかも細かいステップとフェイントでDFを置き去りにして放ったミドルシュートの質の高さが、世界中で称賛されている。

    まずこの一報は、いち早く彼の母国であるスペインにも伝わり、複数のメディアが、元代表MFの活躍を大々的に報じた。

    スペイン紙『Mundo Deportivo』は、「神戸のイニエスタは、この1週間で2つの優秀なゴールを決め、契約を十分に果たしているようだ。まず、土曜日に最初のゴールを決め、水曜日は広島との試合で1-1の引き分けに持ち込むゴールを決めた」と、神戸の公式アカウントが投稿したゴール動画を引用して報道した。

    スペインの全国紙『Marca』は「イニエスタが日本でスタンフォードブリッジのゴールを再現」と銘打ち、「このゴールは、2009年にスタンフォードブリッジでのチェルシー戦でみせた、有名なゴールを連想させた」と、2008-09シーズンのチャンピオンズ・リーグでバルセロナが決勝進出を決定付けた試合を引き合いに、絶賛している。

    同じく全国紙の『AS』も、 「イニエスタッソが日本に上陸!」と報じた。“イニエスタッソ”とは、彼が決めるスーパーゴールに対する愛称で、「先週末に相手を粉砕し、この水曜日も相手を粉々にしてしまった」と綴った。

    また、連続ゴールの立役者であるルーカス・ポドルスキの母国、ドイツのタブロイド紙『Bild』は、「ポルディが、イニエスタの夢のゴールをサポートした!」と神戸の“ホットライン”を称賛している。

    加えて、イングランド紙『Daily Mail』は「バルセロナの伝説、イニエスタのゴールが神戸を救い、リーグ首位の広島に引き分けた」と大々的に報じた。

    欧州を中心に、世界のメディアもイニエスタ、ポドルスキの活躍に注目している。そして特筆すべきは、彼らの活躍とともに、神戸や広島というチームも世界に広く知れ渡ったことだ。ふたりのW杯優勝経験者の存在は、Jリーグが世界に認識されることにも大きく役立っているのだ。
    2018-08-16_14h41_18
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180816-00045739-sdigestw-socc
    続きを読む

    1:豆がーる ★:2018/08/16(木) 10:03:23.67 ID:CAP_USER9.net
    J1のヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、現役引退後には古巣バルセロナに戻ることになるようだ。バルサのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が明らかにした。

    イニエスタは12歳の時にバルサの下部組織に加入し、その後トップチームへ昇格。バルサ一筋のキャリアを歩み、クラブの象徴的存在の一人となったが、昨季終了後に22年間在籍したクラブを離れて日本へ移籍することになった。

    現在34歳のイニエスタは、神戸と3年契約を結んだと言われている。その契約期間以降まで現役を続行するかどうかは現時点では未定だが、引退後にはバルサで何らかの役職に就くことが予定されているという。

    バルトメウ会長がクラブ会員との会合で述べたコメントを、スペイン『カデナ・セール』などが伝えている。「(バルサでの)選手としての時期は終えたが、戻ってきて別の仕事をすることになる。すでに彼とそういう話はしている」と会長は語った。

    先週末のジュビロ磐田戦でJリーグ初ゴールを決めたイニエスタは、15日に行われたサンフレッチェ広島戦でも2試合連続ゴールを記録。スパイクを脱いでバルサへ戻る前に、まだまだ日本と世界のサッカーファンを楽しませてくれそうだ。



    https://www.footballchannel.jp/2018/08/15/post285551/
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ