海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー日本人選手 > 大迫勇也

    1:Egg ★:2018/09/30(日) 09:22:08.61 ID:CAP_USER9.net
    現地時間29日にブンデスリーガ第6節の試合が行われ、ブレーメンはシュトゥットガルトのホームに乗り込んで対戦し1-2の敗戦を喫した。この試合で、先発出場を果たした大迫勇也は何度もチャンスを演出。独紙はチーム最高評価を与えている。

    試合開始して3分、フリーキックに大迫がヘディングで合わせるも、シュートは惜しくもゴール左に外れる。続く5分にも大迫がクロスに合わせたがゴールは決まらず。

    0-1で迎えた58分には、大迫が絶妙なトラップからマキシミリアン・エッゲシュタインにラストパス。決定的な場面を迎えたが、シュートはポストに弾かれ同点ゴールとはならなかった。その後、相手のオウンゴールによって一時同点に追いつくも、再び勝ち越されブレーメンは1-2の敗戦を喫している。

    試合後、ブレーメンの地元紙『クライスツァイトゥング』は選手の寸評及び評価点を掲載し、先発出場を果たした大迫に対し「初めの9分間で3回シュート。その後、何度もチャンスを演出した。スマートな動きで驚くべき活躍。大迫は良い試合をした」と、得点は挙げる事は出来なかったもののチーム最高評価となる「2.5」の高評価を付けた。(ドイツメディアの採点は「6」が最低、「1」が最高)

    9/30(日) 1:20配信 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180930-00291174-footballc-socc

    写真
    osako_getty-1-560x373
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/09/30(日) 01:15:57.46 ID:CAP_USER9.net
    ◆ドイツ1部・第6節 シュトゥットガルト2―1ブレーメン(29日)

    日本代表FW大迫勇也のブレーメンは29日、敵地でシュトゥットガルトと対戦し、1―2で敗れた。大迫は2トップの右で先発出場。開始直後から積極的なプレーを見せ、前半9分には左クロスに合わせるも相手GKの好セーブに阻まれた。その後もゴールに迫るプレーを見せたが得点はなく、後半35分で途中交代した。

    3連勝を目指すブレーメンは0―1の前半36分、DFベリコビッチがこの日2枚目のイエローカードで退場。数的不利に立たされた。だが、1点を追う後半23分、シュトゥットガルトの選手が味方陣内からのスローインでGKに向けて投げ入れたところ、少し前目に位置していたGKの反応が一瞬遅れた。

    GKは自分の横をすり抜けてゴールに向かっていくボールに、あわてて足を伸ばして触れたが、止められずそのままゴールへ。衝撃のオウンゴールに、スタンドは騒然。シュトゥットガルトの選手は天を仰ぎ、主審も思わず首をかしげて複雑な表情をしていた。

    このゴールで一時同点となったブレーメンだが、7分後に勝ち越し点を奪われ、1―2で今季初黒星を喫した。

    9/30(日) 1:07配信 スポーツ報知
    2018-09-30_08h42_26
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180930-00000041-sph-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/09/01(土) 23:27:57.24 ID:CAP_USER9.net
    正確なクロスで最初の決定機も演出!

    9月1日、ブンデスリーガ第2節が行なわれ、ブレーメンはフランクフルトとアウェーで対戦。21分に大迫勇也が今シーズン初ゴールで、チームに先制点をもたらしている。
     
    M・エッゲシュタインの縦パスでDFラインの裏に抜け出した大迫は、落ち着いてシュート。前日の移籍市場最終日にパリ・サンジェルマンから加入したばかりのGKトラップの股間を抜いて、ゴールネットを揺らした。
     
    ところが、副審はフラッグを上げてオフサイドをアピール。大迫もこの判定に落胆するが、主審がVARで確認した結果、ゴールが認められ、改めて大迫は喜びを爆発させた。
     
    リーグ2戦目で初ゴールを記録した大迫は、この試合では前線の左サイドに張り、立ち上がりから精力的に攻守で走り回っている。またチャンスにも絡み、16分、クルゼの決定的なヘディングシュートを引き出したのは、大迫の正確なクロスだった。
     
    大迫はその後、30分にもハルニクのラストパスを受けて惜しい場面を迎えている。
     
    試合は32分、フランクフルトのヴィレムスがゲブレ・セラシェに手を出して一発退場。ホームチームが数的不利を負うこととなった。なお、体調不良により前節でメンバーから外れた長谷部誠は、練習には復帰していたものの、今節もベンチ外となっている。

    9/1(土) 23:17配信  サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180901-00046637-sdigestw-socc

    写真

    続きを読む

    1:3倍理論 ★:2018/08/24(金) 15:00:05.14 ID:CAP_USER9.net
    サッカーのドイツ1部リーグで18日、ブレーメンの大迫勇也が移籍後初の公式戦となったドイツ・カップ1回戦でいきなりヘディングシュートを決めた。地元紙は、先のワールドカップ(W杯)ロシア大会の活躍で流行した「大迫半端ないって」のフレーズとともに、28歳の日本代表FWのデビューを好意的に伝えた。
     
    ブレーメンの地元紙「クライスツァイトゥング」は、低迷したケルンから移籍した大迫を「小さな怪物」と見出しで紹介し、ヘディングの強さを称賛。182センチの身長はドイツでは選手の平均を下回るものの、新天地加入後はプレシーズンマッチを含めて頭で得点する場面が続いており、コーフェルト監督らを驚かせている。
     
    大迫が高校時代に全国選手権で大活躍し、対戦した選手が「大迫半端ないって」と嘆いたエピソードも紹介。この言葉と、相手選手の悔し泣きする顔がTシャツにプリントされ、いまだに売れていることも詳報した。ドイツでグッズ販売するアイデアも冗談交じりに提案している。
     
    24日に開幕する新シーズンで持ち味を発揮し続ければ、ドイツでも「半端ない」に当たる声が聞こえてくるかもしれない。(ベルリン時事)(2018/08/23-09:12)
    2018-08-24_18h17_36
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2018082300271&g=scr
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/08/18(土) 23:07:57.03 ID:CAP_USER9.net
    8/18(土) 23:05配信
    大迫勇也、ブレーメン加入後初ゴール!今季最初の公式戦で大きな結果
    2018-08-18_23h39_15
    先制点を挙げた大迫 (C)Getty Images

    DFPポカール1回戦が8月18日に行われ、ヴェルダー・ブレーメンに所属する日本代表FWの大迫勇也がヴォルマティア・ヴォルムス戦でゴールを決めた。

    先発した大迫は前半9分にゴールを挙げる。FKから最後は頭で押し込み、貴重な先制点を挙げる。

    なお、大迫にとって、今季最初の得点に。ブレーメンにとって最初の公式戦で大きな結果を残してみせた。

    ブレーメンはその後もフロリアン・カインツ、フィリップ・バルグフレーデが追加点を挙げ、前半30分終了時点で3点をリードしている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180818-00000026-goal-socc
    続きを読む

    1:サイカイへのショートカット ★:2018/08/12(日) 00:02:20.10 ID:CAP_USER9.net
    ブレーメン大迫が途中出場で得点
    プレシーズンマッチ
    2018/8/11 23:50
    ©一般社団法人共同通信社
    https://this.kiji.is/401025348776871009

    【ブレーメン(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグ、ブレーメンに加入した日本代表FW大迫勇也は11日、ホームでビリャレアル(スペイン)とのプレシーズンマッチに後半16分から出場し、1―2の試合終了間際に頭で同点ゴールを決めた。チームは直後に勝ち越されて2―3で敗れた。

    浅野拓磨と原口元気が新加入したハノーバーはホームでビルバオ(スペイン)と対戦し、前半だけ出場した浅野は1得点した。原口は太もも痛でベンチ外。


    ブレーメンの大迫勇也

    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/08/06(月) 12:51:27.82 ID:CAP_USER9.net
    8/6(月) 12:40配信
    大迫勇也がブレーメンを選んだ理由「他のクラブは選択肢に入らなかった」

    ヴェルダー・ブレーメンに加入した日本代表FW大迫勇也が、移籍先の候補の中からブレーメンを選んだ理由を語っている。『マイン・ヴェルダー』が報じた。

    2014年に1860ミュンヘンへ移籍して以来、およそ4年間に渡ってブンデスリーガでプレーする大迫。昨季はケルンで公式戦32試合に出場6ゴールを記録したが、クラブの降格に伴い新天地を求め、来季はブレーメンでプレーすることとなった。

    大迫は「他に選択肢として考慮するクラブはありませんでした」と話し、ブレーメンを選んだ理由を語っている。

    「フロリアン・コーフェルト監督の下で、ヴェルダーは攻撃的で、魅力的なフットボールをしていました。それでいて成功も収めていました。監督と話し、新シーズンもこういうスタイルでやると教えてくれたので」

    また、お気に入りのポジションについて「10番か9番。その辺りでプレーしたいですね。ウィングとしてもプレーできますけど」と語っている。

    新天地では8番を背負う大迫。攻撃的なスタイルを掲げるチームで輝きを放つことはできるのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180806-00000008-goal-socc

    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★:2018/08/05(日) 11:26:23.49 ID:CAP_USER9.net
    フィニッシュの引き出しの多さはそこが原点?

    新天地ヴェルダー・ブレーメンで着実に足場を固めているのが、日本代表FWの大迫勇也だ。合流まもないなかでもテストマッチで存在を示し、一線級が揃う攻撃陣にあってレギュラーの有力候補に名乗りを上げている。
     
    そんな大迫をフィーチャーしたのがブレーメンの地元紙『Weser Kurier』で、ドイツでも人気の漫画&アニメ『キャプテン翼』に関連付けた記事を掲載している。同紙は同作品のストーリーや主人公である大空翼の生い立ちなどをこと細かに紹介。さらに作者である高橋陽一さんが1980年代前半、日本ではマイナースポーツだったサッカーになぜスポットライトを当て、作品にどんな想いを込めたのかにまで踏み込んでいる。

    大迫にとっても“キャプツバ”は大きな存在であり続けたようだ。
     
    「小さかった頃、大空翼は僕にとってのロールモデル(理想のモデル)でした。それがあったからサッカーを始めたのです。すごく興奮してアニメを観てましたね。いつかはあんなスター選手になりたいと思っていました。周りのサッカー少年はみんな熱中していましたよ」
     
    フィニッシュの引き出しが図抜けて多い大迫の原点は、まさにそこあったのかもしれない。
     
    最後に同紙が日本国内で新シリーズが放送開始になったことを伝えると、「そうですよ。いまでも人気は健在ですから」と答えた大迫。記事にはこれといったオチがなかったが、地元メディアもファンも、本拠地ヴェーザーで“翼”ばりのスーパーショットを期待しているのは間違いない。
    2018-08-05_18h06_50
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180805-00045099-sdigestw-socc
    8/5(日) 7:02配信



    燃えてヒーロー

    続きを読む

    1:プーアル ★ :2018/07/25(水) 21:53:34.58 ID:CAP_USER9.net
    日本を訪問したドイツのマース外相は、日本とドイツの関係などについて25日都内で講演し、先のサッカーワールドカップでの日本の健闘をたたえながら快進撃に貢献した大迫選手に触れ、「ハンパナイ!」と日本語で発言し、会場の笑いを誘いました。

    この中で、マース外相はドイツのサッカーリーグ「ブンデスリーガ」で、7人の日本代表選手が活躍しているとして、サッカーを通じた両国の友好や交流が進んでいることを指摘しました。

    そのうえで、先のサッカーワールドカップロシア大会について「ドイツは早々と敗退したが、そのショックのあと、日本を応援するドイツ人も多かった」と振り返りました。

    そして、「ワールドカップ以来、私たちの日本に対する称賛は、スポーツ分野での活躍ぶりにも向けられている。日本チームが最後まで力を振り絞る姿勢は世界中に感動を与えた」と述べ、健闘をたたえました。

    さらに、日本の快進撃に大きく貢献した大迫勇也選手について触れ、「大迫勇也選手のおかげで、私たちは新しいことばも覚えた。ハンパナイ!」と日本語で発言し、会場の笑いを誘いました。
    2018-07-26_01h46_44
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180725/k10011549041000.html
    続きを読む

    1:ばーど ★:2018/06/20(水) 12:49:01.36 ID:CAP_USER9.net
    「大迫半端ないって」はこうして生まれた

    スタンドで掲げられた「大迫半端ないって」のフラッグ(ロイター)



    サッカーW杯でコロンビアを相手に大金星をあげた日本。後半28分にヘディングで決勝点を入れたのが大迫勇也選手だった。スタンドの横断幕には「大迫半端ないって」の文字。この意味は…。

    この言葉を世間に定着させたのは、2009年に横浜の三ツ沢競技場で行われた第87回全国高校サッカー選手権の準々決勝で、FW大迫を擁する鹿児島城西が滝川第二に6-2で圧勝。負けた滝川第二のキャプテンでDFの中西隆裕選手は試合後のロッカールームでこう絶叫した。

    「大迫半端ないって! あいつ半端ないって! 後ろ向きのボール、めっちゃトラップするもん。そんなんできひんやん普通」と。

    大迫は大会得点王になった。この模様がテレビで流されると話題になってユーチューブなどを通じて広まり、「半端ない」が大迫の代名詞になった。

    この言葉が記されたTシャツなども作られ、サッカーファンにはおなじみだった。(WEB編集チーム)

    2018.6.20 12:09
    産経ニュース
    http://www.sankei.com/sports/news/180620/spo1806200049-n1.html

    【動画】大迫 、ハンパないって!!フルバージョン

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ