海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー日本人選手 > 大迫勇也

    2017-09-21_07h09_43

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/09/21(木) 03:26:36.30 ID:CAP_USER9.net
    ブンデスリーガ第5節

    ケルン 0-1 フランクフルト

    22分 ハラー(PK)

    http://www.livescore.com/soccer/germany/bundesliga/fc-cologne-vs-eintracht-frankfurt/1-2543949/

    鎌田はベンチ入りも出番なし

    順位表
    http://www.livescore.com/soccer/germany/bundesliga/
    続きを読む

    1:豆次郎 ★@\(^o^)/:2017/09/18(月) 19:17:29.40 ID:CAP_USER9.net
    2017年9月18日 17時52分

    17日放送、TBS「情熱大陸」では、サッカー日本代表の大迫勇也を特集。シャイで無口な男の内に秘めたる闘志を伝えた。

    大迫は囲み取材も大の苦手という記者泣かせの九州男児。かつての恩師は、若いころは「結構やんちゃ」で「陰のボス」のようだったと明かすが、同じドイツを舞台に戦う内田篤人も、「しゃべれない。シャイだし口下手」「テレビつくるにあたってほしい言葉とかを感じない」と証言した。

    日本代表の上の選手たちとも、最近になってようやくまともに話せるようになったという大迫は、自身が「田舎者だった。今もだけど」と語る。それほどのシャイぶりに、チームメートから「去年と一昨年はクソみたいなヤツだったけど、今年はいいヤツになったな」と言われたこともあると明かす。

    そんな大迫だが、妻・麻未さんやもうすぐ3歳になる娘と暮らすデュッセルドルフの自宅を公開。モデルの麻未さんに負けないポーズで撮った結婚式の写真なども披露した。だが、どちらが恋に落ちたのかを聞かれると、「そういうのはなしで」。シャイな男らしく、回答を拒んだ。

    麻未さんは「あんまり怒らない。基本優しい」「サッカーしているときは九州男児みたいなイメージかもしれないですが、家ではそんなに」と、ピッチの中と外では大迫がまったく異なるタイプだと明かしている。

    7月終わりに右足首のじん帯損傷というケガを負い、全治5週間と報じられた大迫。だが、早々に復帰を果たし、8月末に行なわれたワールドカップ最終予選のオーストラリア戦で本大会出場決定に貢献した。

    ドイツ帰国後、大迫はメディアにも明かしていなかったが、試合中に右足首の痛みをこらえていたと告白。「痛みがなかったといえばウソですけど、それだけの試合だったと思うので、(プレーできて)よかった」と、サムライ魂を見せつけた。

    前回のワールドカップでは「何もできなかった」と悔しさを隠さない大迫。「今だったらもっとやれる自信があるし、できると思う。このままじゃ終われない」と、決意を口にしたシャイな男の今後が期待される。
    30967f9d8ef75c1ee808102d832381a8

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13629146/

    続きを読む

    2017-09-18_03h44_11

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/09/18(月) 02:57:24.54 ID:CAP_USER9.net
    ドルトムント 5-0 1FCケルン

    得点
    フィリップ 2分
    パパスタソプロス 45分
    オバメヤン(PK) 59分
    オバメヤン 60分
    フィリップ 69分

    (大迫は64分まで出場)

    http://www.livescore.com/soccer/germany/bundesliga/borussia-dortmund-vs-fc-cologne/1-2543941/

    順位表
    http://www.livescore.com/soccer/germany/bundesliga/
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/17(日) 20:04:49.08 ID:CAP_USER9.net
    先日、サッカーW杯アジア最終予選突破を決めたハリルジャパン。最前線で味方からのボールを受けてサイドに展開したり、ラストパスを出したり、攻撃の起点となる「ポストプレー」を武器に欠かせない存在となっているのが大迫勇也だ。

    ポストプレーだけでなくシュート、ドリブル、パス、すべてに秀でた万能ストライカーとしてドイツでも認められている大迫が、毎日放送『情熱大陸』に登場する。鹿児島での高校時代から、そのハンパない技術とセンスで全国にその名を轟かせ、黄金時代を迎えていた「鹿島アントラーズ」に入団。ピッチでの強気なプレースタイルの一方で、素顔の大迫は「シャイ」で「口べた」としても知られる27歳だ。

    番組では、ドイツでのシーズンを終えて帰国した5月から、W杯アジア最終予選突破までの5カ月間に密着。

    久しぶりに過ごす地元・鹿児島での時間や、さらなる進化を目指した独自のトレーニング、そんななか、最終予選の大一番・オーストラリア戦を前に大迫を怪我が襲う。この模様は9月17日・23時から放送される。
    2017-09-17_20h59_24
    9/15(金) 7:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170915-00028955-lmaga-ent
    続きを読む

    1:豆次郎 ★@\(^o^)/:2017/08/26(土) 06:15:18.62 ID:CAP_USER9.net
    8/26(土) 5:36配信

    大迫が復帰しフル出場、酒井は2戦連続出番なし…HSVがロスタイム13分の攻防制し連勝

    ブンデスリーガ第2節が25日に行われ、日本代表FW大迫勇也の所属するケルンと、同代表DF酒井高徳の所属するハンブルガーSV(HSV)が対戦した。右足首じん帯損傷で離脱していた大迫がスタメンに復帰。酒井は前節に続きベンチスタートとなった。

    試合は28分、アウェイのHSVが先制する。左CKのこぼれ球に反応したアンドレ・ハーンが、ペナルティエリア内右で右足ダイレクトシュートを放ち、ゴール左隅に決めた。さらに34分には、FKの流れから、ボビー・ウッドがゴール左隅に沈めて追加点。HSVが2点リードを奪って前半を折り返す。

    後半に入って49分、主審が右足を負傷し、試合は一時中断。主審変更となり、約9分後に試合が再開された。その直後の59分、メルギム・マヴライがジョン・コルドバの突破を阻止し、2枚目のイエローカードで退場。HSVは後半を10人で戦うこととなった。

    数的有利となったケルンだが、なかなか反撃できない。64分、大迫が少し距離のある位置から狙うが、ミドルシュートは枠の右に外れた。84分には左サイドからのクロスを、ゴール前のコルドバがトラップして右足シュートを放つが、相手GKの好セーブに阻まれた。

    主審の負傷により13分間とられた後半アディショナルタイムに突入すると、97分にケルンが一矢報いる。左サイドからのクロスを中央のコルドバが頭で落とすと、ゴール前左のフレデリク・ソーレンセンが押し込んで1点差。しかしHSVは100分、アルビン・エクダルが大迫を振り切って右サイドを突破し、エリア内右から折り返すと、ゴール前に走り込んだルイス・ホルトビーが合わせて、再びリードを2点差に戻した。

    直後の103分には、大迫にもチャンスがあったが、ゴールにはつながらず、試合はこのままタイムアップ。HSVが3-1で勝利を収め、2連勝を飾った。一方、敗れたケルンは2連敗となった。大迫は日本代表戦前の最後の試合でスタメンに復帰しフル出場したが、ノーゴール。酒井は2試合連続で出番がなかった。

    ケルンは次節、9月9日にアウェイでFW宇佐美貴史の所属するアウクスブルクと対戦。HSVは同8日にライプツィヒをホームに迎える。

    【スコア】
    ケルン 1-3 ハンブルガーSV

    【得点者】
    0-1 28分 アンドレ・ハーン(HSV)
    0-2 34分 ボビー・ウッド(HSV)
    1-2 90+7分 フレデリク・ソーレンセン(ケルン)
    1-3 90+10分 ルイス・ホルトビー(HSV)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170826-00633613-soccerk-socc
    続きを読む

    1:ranran roo ★@\(^o^)/:2017/08/23(水) 15:27:01.52 ID:CAP_USER9.net
    2017年08月23日(Wed)7時00分配信
    20170807_osako_getty-1-560x373
    大迫勇也【写真:Getty Images】

    ケルンに所属するFW大迫勇也が次節に出場する可能性が高まってきているようだ。22日付けの地元紙『エキスプレス』が報じている。

    大迫は先月31日に行われた親善試合で足首を負傷、右足首の靭帯損傷と診断された。その後は順調に回復し現地時間22日には全体練習に合流した。

    練習を終えた大迫は同紙の取材に対し「もうフィットしているし、早く試合に出場したい。でも監督が決断をしなければならない」とコメントしている。

    ペーター・シュテーガー監督は大迫の状態について「練習では問題ないように見えた。メディカルスタッフの判断と彼の明日の様子を見てみる」と明言は避けたものの「もし痛みがないのであれば彼はチームの一員だ」とメンバー入りの可能性も示唆した。

    ケルンは現地時間20日行われたブンデスリーガ開幕戦でボルシア・メンヒェングラッドバッハに0-1で敗れた。試合後チームキャプテンのマティアス・レーマンは「我々は(新加入のFW)ジョンを支えなければならない。そのためにはオオサコが一番必要だ」と27歳の万能ストライカーの復帰を心待ちにしているようだ。

    現地時間25日、ケルンはホームで日本代表DF酒井高徳が所属するハンブルガーSVと対戦する。

    https://www.footballchannel.jp/2017/08/23/post227385/
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/08/22(火) 17:44:53.33 ID:CAP_USER9.net
    ケルンに所属する日本代表FW大迫勇也の練習合流が迫っているようだ。クラブの日本語版公式ツイッターが21日に伝えている。

    大迫は7月31日に行われたボローニャとのテストマッチに先発出場。しかし開始12分、相手シュートを右足でブロックした際に足首を捻り、右足首じん帯損傷との診断を受けた。8月1日付の地元紙『Koelner Stadt-Anzeiger』は「数週間の離脱を強いられる」との見通しを報じ、同選手は復帰に向けてトレーニングに励んでいる。

    そして今回、ケルンの日本語版公式ツイッターが伝えたところによると、大迫は21日の練習でランニングのメニューを消化。ペーター・シュテーガー監督が「明日(22日)チーム練習に参加してくれればありがたい」とコメントしたという。「復帰が近づいてきました」と同ツイートには記されており、待望の練習合流が目前に迫っていることが明らかになった。

    なお、21日付のドイツ紙『Express』は、大迫が25日に行われるブンデスリーガ第2節のハンブルガーSV戦に出場できるかどうかはまだ定かではないと報道。そして、今月31日に2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選のオーストラリア代表戦を控えている日本代表については、仮に万全の状態ではなくとも、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が同選手の招集を計画していると伝えている。

    日本代表メンバーの発表は24日に予定されているが、果たして大迫の名前は呼ばれるだろうか。そして25日のハンブルガーSV戦で、待望の実戦復帰は実現するだろうか。
    2017-08-22_19h18_06
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170822-00631460-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/17(木) 01:07:25.60 ID:CAP_USER9.net
    ケルンに所属する日本代表FW大迫勇也に早期復帰の可能性があるようだ。ドイツ誌『kicker』が16日に報じた。

    大迫は7月31日に行われたボローニャとのテストマッチで右足首のじん帯を損傷。回復までの期間は明らかになっていなかったが、地元紙『Koelner Stadt-Anzeiger』は「数週間の離脱を強いられる」と報じていた。

    だが、『kicker』誌によると、大迫の早期復帰が見込まれているようだ。同選手は16日に練習グラウンドでのリハビリを開始し、ドイツ人GKトーマス・ケスラーとともに調整を行ったという。

    ペーター・シュテーガー監督は「ユーヤにとってはとてもいいこと」と喜びつつ、「だが、当然ながら今週末は無理だ」と20日に行われるボルシアMGとのブンデスリーガ開幕戦欠場を断言した。

    それでも、25日の翌節ハンブルガーSV戦で復帰する可能性はゼロではないようだ。同監督は「回復とリハビリは順調だ」と明かし、「HSV戦に間に合うかはまだ分からない」と出場する可能性が残っていることを示唆した。

    大迫が8月31日に行われる2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選のオーストラリア代表戦の前に試合復帰できる可能性が出てきた。だが、同試合に臨む代表メンバーの発表は24日のため、大一番への出場が危ぶまれる状況は変わらないようだ。

    8/17(木) 0:38配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170817-00628217-soccerk-socc

    写真
    続きを読む

    1:豆次郎 ★@\(^o^)/:2017/08/07(月) 12:02:37.87 ID:CAP_USER9.net
    ケルンに所属する日本代表FW大迫勇也は復帰に向けて順調に進んでいるようだ。

    大迫は現地時間1日に行われたボローニャとの親善試合で負傷退場した。その後の検査で右足首の靭帯損傷と診断され、クラブは「ケルンは今後数週間、大迫勇也を欠くとことになる」とのコメントを出していた。

    そんな大迫の様子が現地時間6日、ケルンの公式ツイッターで紹介された。私服姿で写真に写っている大迫は松葉杖をついておらず復帰に向けて順調に回復しているようだ。

    ケルンは今週12日に今季初の公式戦となるDFBポカール(ドイツ杯)の試合を戦い、20日にはブンデスリーガ開幕戦でボルシア・メンヒェングラッドバッハとホームで戦う。また、8月31日と9月5日には日本代表のワールドカップ・アジア最終予選の試合も予定されており、一日も早い復帰が望まれている。

    https://www.footballchannel.jp/2017/08/07/post225241/

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/03(木) 10:09:03.88 ID:CAP_USER9.net
    日本テレビは3日、第96回全国高校サッカー選手権大会の応援リーダーに、ケルンに所属する日本代表FW大迫勇也が就任したことを発表した。

    大迫は2008年度の第87回大会で、1大会最多得点記録を更新する10ゴールをマーク。鹿児島城西高校を準優勝に導いている。

    応援リーダー就任に際し、同選手は以下のコメントを残している。

    「機会があれば、やらせて頂きたいと思っていた全国高校サッカー選手権大会の応援リーダーに選んで頂き大変嬉しく思っています。僕らが出場した第87回大会の応援リーダーが、鹿島アントラーズ時代にお世話になった小笠原満男さんだったこともあり、とても思い入れは強いです」

    「今回、『超えろ』というメッセージには、高校生の皆さんに向けて、自分の限界、そして今を超えてほしいという率直な思いを込めました。高校時代は、あっという間に過ぎるくらいサッカーに熱中し、僕にとってかけがえのない3年間です。辛くきついことも多かったですけど、チームメイトがいたから乗り越えることができました。その経験があったから、プロになって苦しい時も乗り越えることができています。勝つことだけが成長につながるとは思わないですし、負けてもそのあとの自分の行動次第で成長できると思います」

    「僕が出場した第87回大会では決勝で負けてしまい、悔しさしか残りませんでした。ただ、この悔しさの借りはプロになって返すと心の中で決めていました。僕はその悔しい思いから這い上がってきました。悔しい思いをしたからこそ、僕は成長できているのかなと思います。これからの日本サッカーのためにも、僕が持っている1大会の得点記録を、ぜひ破ってほしいと思います。高校生の皆さんは、これからまだまだ先が長く、いくらでも成長できるチャンスがあると思うので、ぜひ自分の限界を超えるまで頑張って欲しいと思います」

    また、大会ポスターには直筆のメッセージも寄せており、その中では大会中に相手選手から言われた「半端ない」のフレーズを引用。「半端ない選手になれるのか、頂点に立てるのか」と綴り、選手たちに激励を送っている。

    第96回全国高校サッカー選手権は12月29日に開幕し、2018年1月8日に決勝戦が開催される。

    応援リーダーは第81回大会から、高校サッカー経験を持つ現役選手が起用されている。歴代の応援リーダーは以下のとおり。

    第81回(2002年度):小野伸二(清水商業高校)
    第82回(2003年度):小野伸二(清水商業高校)
    第83回(2004年度):平山相太(国見高校)
    第84回(2005年度):大久保嘉人(国見高校)
    第85回(2006年度):中山雅史(藤枝東高校)
    第86回(2007年度):中澤佑二(三郷工業技術高校)
    第87回(2008年度):小笠原満男(大船渡高校)
    第88回(2009年度):長谷部誠(藤枝東高校)
    第89回(2010年度):田中マルクス闘莉王(渋谷教育学園幕張高校)
    第90回(2011年度):内田篤人(清水東高校)
    第91回(2012年度):遠藤保仁(鹿児島実業高校)
    第92回(2013年度):三浦知良(静岡学園高校)
    第93回(2014年度):川島永嗣(浦和東高校)
    第94回(2015年度):柴崎岳(青森山田高校)
    第95回(2016年度):岡崎慎司(滝川第二高校)
    第96回(2017年度):大迫勇也(鹿児島城西高校)
    2017-08-03_11h09_38
    SOCCER KING 8/3(木) 9:39配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170803-00620153-soccerk-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ