海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー日本人選手 > 大迫勇也

    1:久太郎 ★:2018/03/19(月) 18:39:26.41 ID:CAP_USER9.net
    ケルンのFW大迫勇也はレヴァークーゼン戦で1ゴールをマークし、貴重な白星の獲得に貢献。ドイツメディアでそのプレーは高く評価された。

    18日に行われたブンデスリーガ第27節レヴァークーゼン戦にも先発出場を果たした大迫は9分に左サイドのクロスをエリア内で受けると、落ち着いたトラップからすぐさまシュート。それが決まり、試合早々に流れを引き寄せた。ケルンは前半のうちに相手FWの退場処分により数的優位を得ると、68分にはFWシモン・ツォラーが追加点を挙げ、2-0の勝利を収めている。

    先制点の他にも幾度も攻撃の起点となった大迫だが、リーグ公式ウェブサイトではマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選出。「ケルンのシュート8本のうちに6本に関与し、シュート本数、シュートアシスト本数(いずれも3本)はチームトップを記録した上で、リーグ戦2試合連続ゴールを達成する格好で報われた。なお日本人選手はこの試合最多となる30回競り合いに入った」と記された。

    また地元紙『エクスプレス』での大迫のプレーに対する評価はMFレオナルド・ビッテンコートと並びチーム最高タイの「2」。寸評では「先制点となったターンからのシュートは美しかった。攻撃の軸」と称賛されている。一方、『ケルナー・シュタットアンツァイガー』や『キッカー』での評価はビッテンコート、DFホルゲ・メレ、MFヴァンサン・コジエッロらに次ぐ「2.5」だった。

    なおケルンはこの勝利により、第3節以来つけていた最下位から脱出。入れ替えプレーオフに回れる16位マインツとの差が5ポイントに縮まり、残留に望みを繋げた。

    (※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)
    2018-03-19_21h01_13
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180319-00000015-goal-socc
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/03/19(月) 01:27:22.44 ID:CAP_USER9.net
    大迫勇也の2戦連続弾でケルンが最下位脱出。上位レバークーゼンを下して残留に望みつなぐ

    【ケルン 2-0 レバークーゼン ブンデスリーガ第27節】

    現地時間18日に行われたブンデスリーガ第27節でケルンはレバークーゼンと対戦し、2-0の勝利を収めた。大迫勇也はフル出場を果たし、2試合連続ゴールを記録している。

    最下位に低迷するケルンは、アグレッシブな立ち上がりで主導権を握ると、最高のスタートとなる。9分、左サイドを突破したビッテンコートがグラウンダーのクロスを入れると、ゴール前で大迫がコントロール。素早く左足でシュートを放ち、先制点を奪った。

    大迫は2試合連続ゴールで、今季リーグ戦4点目。うち3得点がここ5試合で決まっており、調子を上げている。

    立ち上がりからフルスロットルで飛ばすケルンは、良い時間帯が続く。大迫のポストプレーを起点にチャンスが生まれるなど、追加点が欲しい展開になる。

    33分には追い風が吹く。レバークーゼンのFWアライオがボールと関係ないところでケルンのDFマローにひじ打ち。ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)でこのシーンが確認されて、アライオが退場となった。

    だが、最下位ケルンは簡単には勝てない。追加点を奪うどころか、10人のレバークーゼンに押し込まれる良くない流れになった。

    それでも、レバークーゼンも本来の姿ではなかった。69分、ケルンはGKからのロングフィードを大迫が競ってボールが浮き上がる。これをレバークーゼンのアランギスがヘディングで後ろに戻すと、味方の選手がいなかった。相手から絶好のパスを受け取ったツォラーは飛び出したGKをかわして無人のゴールにゴール。大きな2点目を挙げる。

    これで精神的にも楽になったケルンは、数的優位らしいプレーを見せて無事勝利。アウェイで10試合負けなしだったレバークーゼンを下したケルンは、ハンブルガーSVをかわして最下位を脱出した。

    【得点者】
    9分 1-0 大迫勇也(ケルン)
    69分 2-0 ツォラー(ケルン)

    【了】
    20180319_koln_getty-560x373
    https://www.footballchannel.jp/2018/03/19/post261304/
    続きを読む

    DYlAPHxXkAASCjg

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/03/13(火) 07:16:48.82 ID:CAP_USER9.net
    [3.12 ブンデスリーガ第26節 ブレーメン3-1ケルン]


    ピサーロとの好連係によるゴールだったが…

    写真


    この試合でも、ポジショニングの良さ、ボールを持った時の巧さ、強さを見せて、ゴールという結果も出した大迫だったが……。監督交代から上昇傾向のケルンだが、再び悪い流れに苦しんでいる。 (C) Getty Images

    3月12日(現地時間)、ブンデスリーガ第26節が行なわれ、ケルンは1-3でブレーメンに敗れた。
     
    前節のシュツットガルト戦でダメージの残る逆転負けを喫した最下位ケルンは、14位ブレーメンのホームに乗り込み、大迫勇也は前線の左サイドで試合開始を迎えた。
     
    開始17秒でピサーロの遠めから思い切ったボレーでファーストシュートを放ったケルンは、その後はしばらくホームチームにボールを握られて守勢となったが、徐々に押し返してポゼッションを高めていく。
     
    敵陣にはしばしば侵入し、チャンスメイクに勤しむ大迫も良いかたちでボールを得られるものの、ペナルティーエリア前でブレーメンが堅固な守備ブロックを形成しており、ケルンはゴールに近付くことができない。

    対するブレーメンもなかなかシュートは撃てないが、サイドを攻略してのクロスや、縦パスでゴール前にボールを幾度も入れていく。ファーストシュートは29分と遅かったが、クルゼの右足での一撃は強烈で、GKホルンが辛うじて横っ飛びでセーブした。
     
    そしてその4分後、CKでユヌゾビッチが蹴ったボールを、フリーのヴェリコビッチがボレーで合わせてゴールに叩き込み、ホームチームが先制点を奪った。
     
    リードされたケルンは、再三DFラインの裏を狙ってボールを入れていくが、ブレーメンはしっかりカバーし、テロッデ、ピサーロの抜け出しを許さない。39分に大迫がピサーロに好パスを通し、自らリターンを受けようとするも、これもカットされた。
     
    大迫は縦横に政局的に動き回り、巧みな位置取りで味方からのパスを引き出し、ボールもキープできるものの、そこから効果的なプレーをあまり見せられずに前半を終えた。
     
    後半はケルンが立ち上がりから積極的な姿勢を見せ、攻勢に立って47分にエズジャン、51分にメレが惜しいミドルを放っていく。
     
    そして52分、ビッテンコートのパスを敵陣で受けたピサーロが、絶妙のタイミングでエリア内に走り込んだ大迫へラストパス。マーカーのチャージを受けた大迫だが、体勢を崩すことなく左足を振り切り、ゴール上段に決めて同点とした。
     
    今シーズンのリーグ通算3点目となるゴールを決めた大迫はチームを勢い付けるとともに、57分にはエリア前でのドリブルで相手DFをかわし、ピサーロにスルーパスを通したが、これは相手DFに寄せられてシュートを撃たせてもらえない。
     
    引き続きCKのチャンスを得たケルンだが、これをクリアされるとカウンターを浴び、DF陣の対応の拙さからカインツにスルーパスを通され、ラシカに勝ち越しのゴールを決められてしまった。
     
    ポゼッションで大きく上回りながらも、ブレーメンに効率良くゴールを奪われたケルンは、積極性を失うことなく攻め続けて再三チャンスを作りかけるが、逆に空いたスペースを使われ、クルゼやベルフォディルにDFラインの裏やサイドに抜け出されて、危ない場面を迎える。
     
    76分、ケルンはリッセのクロスを、ゴール前でフリーのピサーロが頭で合わせるが、この決定機でゴールマウスを捉えられない。その後も、ブレーメンを圧倒し、クロスや縦パスでゴールを陥れようとするが、要所を抑えた相手DF陣にはね返され続ける。
     
    大迫は87分、CKをニアでコースを変えてゴール前に入れるが、ボールはファーサイドに流れていった。
     
    そして90分、ブレーメンはゆっくりとした展開から、スルーパスでエッゲシュタインが完全に抜け出し、メレの追走を受けながらも冷静なシュートでホルンの牙城を崩し、トドメの1点を加えた。
     
    アディショナルタイム、ケルンは交代出場のコルドバが惜しいシュートを放つも、わずかに枠外。間もなく試合は終了となり、連敗を喫した。
     
    ケルンは同点にして勢いに乗ったところでの失点が痛く、前節に続いて試合運びの拙さを露呈。最下位を抜け出すチャンス、そしてライバルとの勝点差を縮めるチャンスを逃してしまった。残り試合は8つである。

    3/13(火) 6:53配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180313-00036911-sdigestw-socc
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/03/05(月) 02:05:08.65 ID:CAP_USER9.net
    3/5(月) 1:40配信
    大迫が先制点アシスト、“幻”ゴールと好調もケルンは逆転負け…浅野はベンチ外

    [3.4 ブンデスリーガ第25節 ケルン2-3シュツットガルト]

    ブンデスリーガは4日、第25節3日目を行い、FW大迫勇也が所属するケルンはホームでシュツットガルトと対戦し、2-3で逆転負けを喫した。3試合連続で先発した大迫はシャドーの一角でフル出場し、先制点をアシストした。浅野はベンチ外だった。

    ケルンが幸先良く先制に成功した。前半7分、相手ボールを奪ったMFマルコ・ヘーガーがつなぐと、大迫は斜めにスルーパスを入れ、PA内に抜け出した新加入のFWクラウディオ・ピサーロがトラップから左足シュートを突き刺した。39歳のベテランFWはこれが移籍後初ゴール。大迫が先制点をアシストした。

    3-4-2-1の右シャドーでプレーする大迫はシンプルにつないで攻撃のリズムを生み出す。前半37分にはFWシモン・テロッデとの連携で前に出ると、GKが止めたボールをMFヴァンサン・コジエロがつなぎ、抜け出した大迫が無人のゴールに流し込んだ。しかし、VAR判定によりコジエロがファウルとされ、主審はゴールを取り消した。

    ここから流れが変わり、シュツットガルトが徐々に流れを引き寄せる。前半終了間際の45分、右クロスに反応したFWマリオ・ゴメスが右足ダイレクトで合わせ、1-1。前半アディショナルタイムにもマリオ・ゴメスのシュートをGKティモ・ホルンが防ぎきれず、シュツットガルトが逆転に成功。後半12分にはDFアンドレアス・ベックがダメ押しの3点目をマークした。

    1-3に突き放されたケルンは後半40分、PA左手前の位置でFKのチャンスを獲得する。キッカーのMFミロシュ・ヨイッチが右足を振り抜くと、壁を越えたキックは急速に落下し、ゴール左隅に突き刺さった。1点差に詰め寄ったが、反撃もここまで。ケルンは2-3の逆転負けで3試合ぶりに黒星を喫し、最下位脱出とはならなかった。シュツットガルトは監督交代後5試合負けなし(4勝1分)と波に乗り、12位から9位に順位を上げた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180305-01651160-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/02/26(月) 04:47:57.09 ID:CAP_USER9.net
    2/26(月) 4:06配信
    ケルンが上位を争うライプツィヒ相手に大きな逆転勝利…大迫は82分に負傷交代

    ブンデスリーガ第24節が25日に行われ、FW大迫勇也が所属するケルンはアウェイでライプツィヒと対戦した。大迫勇也は前節に続き、2試合連続でスタメンに名を連ねている。

    試合は開始5分に早くも動く。ブルーマが左サイドからグラウンダーのクロスを上げると、アデモラ・ルックマンがゴール前に滑り込みながら触ってコースを変える。このボールはゴールポストに嫌われたが、その跳ね返りをジャン・ケヴィン・オギュスタンがゴールに押し込んでライプツィヒに先制点をもたらした。

    45分にはケルンも反撃を見せ、CKから大迫が放ったヘディングをホルヘ・メレがすらして枠に収める。同点ゴールが生まれたかに思われたが、オフサイドの判定が下されて惜しくも得点とはならなかった。

    同点を目指して攻勢を強めていったケルンは、70分についに試合を動かす。大迫が落としたボールをヨナス・ヘクターが展開し、マルセル・リッセが右サイドからクロスを上げる。これは相手選手に跳ね返されるが、そのボールを拾ったヴァンサン・コジエロがカットインからミドルシュートを放つ。鮮やかな一撃がゴールへと突き刺さり、ケルンが試合を振り出しに戻した。

    勢いに乗るケルンは、77分に再びチャンスを作り出す。前線でボールをキープした大迫のショートパスを右サイドで受けたリッセがそのまま突破を見せ、グラウンダーのクロスを上げる。そのボールにペナルティエリア内で待っていた途中出場のレオナルド・ビッテンコートが合わせてゴールネットを揺らし、ケルンが一気に試合をひっくり返した。

    ケルンが挙げた2得点の起点となるプレーを見せていた大迫だったが、直後に思わぬアクシデントに見舞われてしまう。ダヨ・ウパメカノと接触した際に右脚を負傷し、82分に交替でピッチを後にすることを余儀なくされてしまった。

    試合はそのままケルンが1点のリードを守り抜き、前節終了時点で5位につけていたライプツィヒを相手に大きな勝ち点3を獲得。5試合ぶりの白星を手にした。なお、先発出場を果たした大迫は82分までプレーしている。

    ケルンは次節、3月4日にホームでFW浅野拓磨が所属するシュトゥットガルトと対戦する。

    【スコア】
    ライプツィヒ 1-2 ケルン

    【得点者】
    1-0 5分 ジャン・ケヴィン・オギュスタン(ライプツィヒ)
    1-1 70分 ヴァンサン・コジエロ(ケルン)
    1-2 77分 レオナルド・ビッテンコート(ケルン)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180226-00721060-soccerk-socc

    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/02/18(日) 01:38:48.85 ID:CAP_USER9.net
    2/18(日) 1:25配信
    大迫勇也、復帰初戦で鮮烈ゴール…ケルンはまたもVARに泣きドロー/ブンデスリーガ第23節

    ブンデスリーガ第23節 ケルン 1-1 ハノーファー
    ケルン:大迫(29分)
    ハノーファー:フュルクルク(37分)

    ブンデスリーガ第23節が17日に行われ、ケルンとハノーファーが対戦した。

    過去最悪とも呼べる前半戦を過ごし、年明けは病気にも苦しまされていた大迫勇也がついに先発復帰。求められるは、最下位に沈むチームの攻撃陣をけん引する働きだ。

    なかなか試合は動かない様相を見せるが、セットプレーから動く。29分、セットプレーのこぼれ球を拾った大迫がワントラップから、ニアを抜いて先制点を奪う。大迫の今季2ゴール目でケルンが先手を取る。

    しかしリードは長く続かない。37分、ハノーファーで好調をキープするニクラス・フュルクルクがワントラップからペナルティエリア内に侵入。冷静にキーパーとの一対一を制し、ハノーファーが同点弾を手にした。

    ホームでケルンは幸先よく先制したものの、前半を1-1で終えている。

    後半もトップ下の大迫を起点に攻め立てるケルン。リンクプレーヤーとしてラストパスやミドルシュートで、攻撃陣をけん引していく。

    それでも、なかなかスコアは動かず。しかし、試合終了間際にドラマがあった。右サイドのクロスから途中出場のクラウディオ・ピサーロがダイビングヘッドで飛び込み、値千金の勝ち越し弾を奪う。と思いきやビデオ・アシスタントレフェリーによって判定は覆り、オフサイドでゴールは無効に。そしてそのまま試合は終了し、1-1のドローに終わった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180218-00000045-goal-socc

    続きを読む

    1:サイカイへのショートカット ★:2018/02/18(日) 00:20:07.66 ID:CAP_USER9.net
    先発復帰の大迫勇也、豪快左足弾で今季2ゴール目!価値ある先制点
    2/18(日) 0:05配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180218-00000043-goal-socc

    ゴールを決めた大迫勇也 (C)Getty Images



    ブンデスリーガ第23節が2月17日に行われ、1.FCケルンに所属する日本代表FWの大迫勇也がハノーファー96戦でゴールを決めた。

    過去最悪とも呼べる前半戦を過ごし、年明けは病気にも苦しまされていた大迫勇也がついに先発復帰。求められるは、最下位に沈むチームの攻撃陣をけん引する働きだ。

    すると復帰初戦で大きな結果を残す。29分、セットプレーのこぼれ球をワントラップから、左足で豪快にニアを抜き、大きな先制点を手にした。

    なお、大迫にとって、今シーズン2点目のゴールとなった。
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/01/28(日) 01:34:12.17 ID:CAP_USER9.net
    1/28(日) 1:32配信
    [1.27 ブンデスリーガ第20節 ケルン1-1アウクスブルク]

    ブンデスリーガは27日、第20節2日目を行い、日本代表FW大迫勇也が所属するケルンはホームでアウクスブルクと対戦し、1-1で引き分けた。2試合連続で先発した大迫は2トップの一角で後半26分までプレー。交代後にチームは失点し、連勝は3でストップした。

    開幕から16試合未勝利(3分13敗)が続いたケルンは初勝利から3連勝中。4連勝を目指した一戦は前半21分、ケルンのMFマルコ・ヘーガーとアウクスブルクの韓国代表MFク・ジャチョルが空中戦で互いに頭を打ち合い、ピッチに倒れこんだ。ク・ジャチョルは止血のためにピッチ外へ。試合は一時中断となり、前半24分、ヘーガーは負傷交代となり、ク・ジャチョルは止血を終えてピッチに戻った。

    その直後の前半26分、ケルンがビッグチャンスを迎える。左サイドでボールを奪ったDFミロシュ・ヨイッチがスルーパスを入れ、抜け出したFWシモン・テロッデが左の大迫に横パス。大迫のリターンは相手DFにカットされたが、こぼれ球に反応したテロッデがPA内で左足に持ち替えてシュート。決定的な形だったが、至近距離でGKがセーブし、わずかにゴール右に外れた。

    絶好の先制機を逸したケルンだったが、前半40分にスーパーFK弾で均衡を破る。キッカーのヨイッチがPA左手前から右足で狙うと、回転のかかったブレ球シュートが壁の上を越えて落下し、GKの手をかすめてゴールイン。先制に成功すると、前半アディショナルタイムにはヨイッチが左CKを蹴り込み、ニアサイドの大迫がヘッドで合わせたが、惜しくも追加点とはならなかった。

    1-0で折り返した後半26分、最後の交代枠で大迫はベンチに下がった。このまま逃げ切りたいケルンだったが、後半31分、アウクスブルクは右CKからファーサイドのMFカイウビが高い打点からヘッドで合わせ、試合を振り出しに戻した。

    終盤、ケルンは怒涛の猛攻をかけ、後半アディショナルタイムには後方からのフィードをテロッデが落とし、FWセルー・ギラシーが決定的な左足シュート。これは惜しくも枠を捉えらえず、1-1のままタイムアップ。ケルンの連勝は3で止まったが、今季初勝利から4試合負けなし(3勝1分)とした。
    2018-01-28_08h17_55
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180128-01649975-gekisaka-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ