海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:海外サッカー > モウリーニョ

    1:ほニーテール ★:2018/09/04(火) 22:44:01.40 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・ユナイテッドの指揮官ジョゼ・モウリーニョは、プレミアリーグ第4節バーンリー戦(マンチェスター・Uが2-0で勝利)の終了後、イタリア人記者のインタビューに対し、冗談を交えつつ答えた。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』および『レプブリカ』が3日、報じている。

    今シーズン、開幕戦こそ勝利したものの、2連敗を喫し、解任危機が囁かれていたモウリーニョだが、2日のバーンリー戦で3試合ぶりの勝利を手にした。だがキックオフ前には、CEOのエド・ウッドワード氏を批判する横断幕を掲げた飛行機が上空に姿を現したが、モウリーニョは気にも留めなかった様子だ。

    「飛行機は見なかった。空を見上げて助けを求めることはよくあるが、ピッチを見ていたのでね。今日は2-0で勝った。ウッドワードを含め全員の勝利だ」

    インテル時代から指揮官を知る記者から、飛行機を手配した本人ではないかと冗談ながらも疑われると思わず吹き出して、「いや。私にそんなことができればね…」と続けた。また心配されている解任危機については、1500万ポンド(約21億円)の年俸を盾に可能性を一蹴した。

    「私が(解任)危機だというが、まさかね。もし私を追い出したら、どれほどの金額を支払わなければならないか分かっているのかね?(笑)」

    ■CL優勝を狙うユーヴェに警告

    “スペシャル・ワン”が率いるマンチェスター・Uは、チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージでFWクリスティアーノ・ロナウドを擁するユヴェントスと対戦することが決定している。モウリーニョはユーヴェが偉大なクラブであることを認める一方、自身の手腕に自信を見せた。

    「彼らは隠すことをしない。2度にわたり決勝で敗れており、今夏はクリスティアーノ、エムレ・ジャン、(レオナルド)ボヌッチのようなトップ選手を獲得し、CL優勝への貪欲さを見せた。偉大なクラブだが、私のチームとの対戦は難しいだろうね。昨夏、クリスティアーノ獲得を私が拒否した? 事実ではない」

    またモウリーニョはアレックス・ファーガソンやアーセン・ヴェンゲルのように通算1000試合を達成するつもりはないと明かしている。また来年1月に56歳を迎えるポルトガル人指揮官は、最後にジョークを付け加えた。

    「私が1000試合に到達することはない。遅かれ早かれすべてを放りだして、(母国ポルトガルの)アルガルヴェで隠居するつもりだ。55歳頃かな」
    2018-09-04_23h43_56
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180904-00010004-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/03/20(火) 21:51:59.86 ID:CAP_USER9.net
    CL敗退で選手起用に疑問の声 デ・ブライネら退団後に成長した選手も多数
     
    マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、現地時間17日のFAカップ準々決勝ブライトン戦で苦しみながらも2-0と勝利。13日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦でセビージャに敗れ、ベスト16で姿を消したショックを払拭する白星を手にした。

    しかし、この試合では先発したイングランド代表DFルーク・ショーがハーフタイムで交代。その理由についてモウリーニョ監督が試合後のインタビューで批判を展開しており、両者の関係は冷えきったものとなっている。

    こうした状況を受けて、スペイン紙「マルカ」はモウリーニョ監督の下を離れて「他の場所で素晴らしいキャリアを築いた」選手を紹介。現在、リバプールで圧倒的なパフォーマンスを披露しているエジプト代表FWモハメド・サラーら5選手が厳選されている。

    まず紹介されているのが、マンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネだ。2012年にベルギーのヘンクからチェルシーへ移籍し、ブレーメンへの期限付き移籍を経てチームに復帰。13年は輝かしい1年になるはずだった。

    しかし、同年にモウリーニョ監督が就任すると、両者の関係は思わしくなく出場は3試合止まり。翌年に加入したヴォルフスブルクで結果を残してシティへと引き抜かれ、今では7500万ユーロ(約98億円)の移籍金がつけられるほどに成長を遂げている。

    その他には、アトレチコ・マドリードで輝きを取り戻したブラジル代表DFフィリペ・ルイス、レアル・マドリードで欠かせない選手に成長したスペイン代表DFダニエル・カルバハル、そして一度は放出したものの再びユナイテッドで師弟関係となったベルギー代表FWロメル・ルカクの名前が挙げられている。

    目下プレミア得点王のサラーを逃したのは痛手!?
     
    そして忘れてはならないのが、リバプールで得点を量産しているサラーだ。現地時間17日のプレミアリーグ第31節ワトフォード戦(5-0)では、4得点の大爆発でチームの勝利に貢献。今季得点数を28ゴールに伸ばし、得点王争いでトップに立っている。

    そんなサラーはチェルシー時代にモウリーニョ監督の下でプレーしていたが、2年間で公式戦出場は19試合止まり。最終的にはコロンビア代表MFフアン・グアドラード(現ユベントス)を獲得する代役として、フィオレンティーナへレンタル移籍となった。その後、セリエAで結果を残してリバプールに加入。現在の活躍ぶりを考えれば、逃した魚は大きかったと言えるだろう。

    奇しくも、モウリーニョ監督の下を離れてから結果を残し、さらなる飛躍を遂げた選手は多い。移籍が噂されるフランス代表MFポール・ポグバやショーらは、どんな決断を下すのか。前述の5人と同様、新天地を求めることでさらなるビッグプレーヤーへと進化を果たすのかもしれない。

    3/20(火) 21:15配信 ZONE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180320-00010018-soccermzw-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/10(水) 23:01:11.13 ID:CAP_USER9.net
    チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督が、マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督の発言にイライラしている。

    両指揮官の“舌戦”は激化の一途を辿っている。先日、モウリーニョ監督がプレミアリーグの監督のうち何人かは試合中に「狂った男のよう」とコメントし、コンテ監督の振る舞いに苦言を呈すと、コンテ監督が反論。「彼は自分自身を振り返る必要がある」と語り、イタリア語で認知症なのではないかと、強烈批判していた。

    そして、またもモウリーニョ監督が口撃。「私は過去にタッチラインで何度か間違ったことはある。だが、資格停止処分なんて受けてことはないし、今後も決してないだろうね」とコンテ監督の過去について皮肉った。

    コンテ監督はシエナ時代、八百長を知りながら申告しなかった罪に問われ、2012年に10か月の活動停止処分を科された。その後、減刑され、2016年に無罪となっていた。

    この発言にコンテ監督が激怒した。「小さい男だ。彼の言葉は大げさすぎる。私はこの侮辱をこれからも忘れない。これはクラブ間の問題ではない。私と彼の個人的な問題だ」と反論し、それぞれのクラブには関係がないことも強調している。

    1/10(水) 20:04配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180110-01649275-gekisaka-socc

    写真
    続きを読む

    230:U-名無しさん@実況・\(^o^)/です:2017/07/31(月) 11:32:12.04 ID:xvYvQ4Dmd.net
    モウリーニョ、コンテの批判発言に反論。「私は髪の毛を失いたくはない」
    20170731_mourinho_getty
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170731-00224236-footballc-socc

    マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、チェルシーのアントニオ・コンテ監督からの批判的な発言に返答した。30日付の英紙『ザ・サン』などが伝えている。 

    昨季のプレミアリーグでチェルシーを優勝に導いたコンテ監督だが、同じくチェルシーで2014/15シーズンのプレミアリーグを制したモウリーニョ監督が翌シーズン途中に解任されたことに言及し、「モウリーニョの最後のシーズンのようになるのを避けたい」と話していた。  

    モウリーニョ監督は、現地時間30日に行われたバレレンガ(ノルウェー)との親善試合後の会見でこの発言に対するコメントを求められた。「分からない。色々な形で答えることはできるが、アントニオ・コンテについて話をして髪の毛を失うつもりはない」とユナイテッド指揮官は答えている。 

    モウリーニョ監督の発言は、コンテ監督の頭髪事情を揶揄したものだと受け取られている。現役時代から薄毛を指摘されていたコンテ監督は、植毛を行ったのではないかとの噂もあ
    続きを読む

    1:pathos ★@\(^o^)/:2017/07/13(木) 09:44:20.48 ID:CAP_USER9.net
    85124473-803f-4d91-833d-4006e210e5c5
    『Express』は11日、「マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、フランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットを評価していなかった」と報じた。

    先日、アーセナルへの加入が決定したアレクサンドル・ラカゼット。その移籍金は4400万ポンド(およそ63.9億円)で、クラブ史上最高額の契約となった。

    記事によれば、彼はマンチェスター・ユナイテッドのスカウトからも目をつけられており、ジョゼ・モウリーニョ監督からの審査を受けていたとのこと。

    だが、それに対してのモウリーニョの評価は以下の通りだったという。

    関係者

    「ラカゼットはフランスのリーグで最多のゴールを決めていたため、スカウティングを行っていたが、昨季の28得点のうち10回がペナルティキックだった。

    彼はスタミナもなく、フィジカル的なインパクトもない。大舞台で強くもない選手だったため、候補から外れた」最終的にマンチェスター・ユナイテッドは7500万ポンド(およそ109億円)+ボーナス1500万ポンド(およそ21.8億円)という額でロメル・ルカクを獲得することになった。

    アレクサンドル・ラカゼットを取らず2倍近い額を支払ったことは、果たしていい結果をもたらすのだろうか?
    https://qoly.jp/2017/07/12/jose-mourinho-slamed-alexandre-lacazette-who-joined-arsenal-kgn-1
    続きを読む

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/04/01(土) 11:55:45.98 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、メジャーリーグ・サッカー(MLS)へ活躍の場を移したバスティアン・シュバインシュタイガーに対する待遇を後悔しており、移籍前に同選手に謝罪したことを明かしている。

    今シーズンよりユナイテッドで指揮を執るモウリーニョ監督の下、シュバインシュタイガーは全公式戦で4試合のみしか出場機会を得られず、今週初めにシカゴ・ファイアーへの移籍が完了していた。しかしポルトガル人指揮官は、現在負傷や出場停止により多くの欠場者を抱えており、シーズン終了まで同選手を起用する考えがあったようだ。さらに、元ドイツ代表MFへの不当な扱いを後悔していると明かした。

    「彼はプロフェッショナルで素晴らしい男だが、私が申し訳ないと思う選手の一人だ。彼が去る前に私は『適切なやり方ではなかった』と謝った。彼が移籍の意思を示したとき、彼に対してこれ以上悪いことはできないから彼の意思を尊重せざるを得なかった。序盤に彼に対して行ったことは非常に申し訳なく思う。私は自分の間違いを認め、彼に謝罪できたから、今は晴れやかな気持ちだ」

    「彼は素晴らしい人間であり、素晴らしい選手だ。今シーズン終了まで多くの試合が残されており、
    まだまだ彼が必要な試合はあったはずだ。だが、彼の退団を止めることはできない。彼と彼の妻にはシカゴで幸せな生活を送ってほしい」
    2017-04-01_13h16_54
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170401-00000003-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/07(火) 16:05:34.45 ID:CAP_USER9.net
    ■ドイツとイングランドの違いを指摘

    イングランドのマンチェスター・ユナイテッドを指揮するジョゼ・モウリーニョが、バイエルン・ミュンヘンの補強方針について言及している。

    最近ではロベルト・レヴァンドフスキやマッツ・フンメルス、古くはルシオやミロスラフ・クローゼなど、ドルトムントやレヴァークーゼンといった国内のライバルクラブから多くのエースを引き抜き、弱体化させることに成功してきたバイエルン。

    独『Bild』のインタビューに応じたモウリーニョは、かつて“FCハリウッド”と揶揄されたバイエルンの強化スタイルがプレミアリーグでは絶対に通用しないものだと強調している。

    「バイエルンは毎年、夏の時点ですでに優勝を決める。ライバルから主力を引き抜いているからね。我々がトッテナムから2人のエースを奪い、彼らの戦力を落とすことなどできるだろうか? 不可能だよ。アーセナルやチェルシーにもそんなことはできない」

    しかしながら、“一部の選手”は例外だと付け加えた。

    「もしも、我々がライバルクラブから選手を引き抜くことができたとすれば、それはそのチームで必要とされなくなった選手だけだろう」
    2017-02-07_17h31_34
    theWORLD(ザ・ワールド) 2/7(火) 16:00配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170207-00010015-theworld-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/23(月) 19:26:43.05 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督がオールド・トラフォードのボールボーイを全員クビにしていたことが明らかになった。

    ホームの試合で、ボールボーイの子供たちが選手にボールを渡すタイミングが遅いことで、攻撃の際に不利になっているとモウリーニョは感じていたようだ。そのため、担当していたボールボーイを15日のリヴァプール戦(1-1)から全員交代させた。それまでは、伝統的にマンチェスター・ユナイテッド・ファウンデーションに所属する子供たちから選ばれていたが、現在は下部組織であるU-16マンチェスター・Uのメンバーが務めている。

    ボールボーイの入れ替えが行われたことについては非公表となっていたが、モウリーニョ自身が明らかにしている。
    2017-01-23_20h15_34
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170123-00000020-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/21(土) 01:12:39.18 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスターUのジョゼ・モウリーニョ監督(53)が、ストーカー被害に遭っている。20日付の英紙サンが報じた。イタリア人女性からつきまとわれているという。

    同クラブのセキュリティーチームは、この女性をスタジアム及びトレーニング場に入れないよう通達したという。関係者は「この問題は、今に始まったことではなく、チェルシー時代から続いており、もしかするともっと長いかもしれない」と話した。

    同関係者は「彼女はとてもしつこく、監督に恋愛感情を持ち始めている。マンチェスターUのスタッフらは、女性の存在に数カ月前に気がつき、クラブ内のセキュリティーチームに情報が行き渡った。彼女はメディア関係者で、以前は試合にも出入りしていた」と人物像についても言及した。

    マンチェスターUのOBリオ・ファーディナンド氏も、似たような被害に悩まされていたことがあつきまとっていた元モデルのスザンナ・イブル(43)は12年に18週間の禁錮刑に科された。

    日刊スポーツ 1/20(金) 19:04配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170120-01767918-nksports-socc

    写真


    動画あり 記者会見中ストーカーから電話
    https://www.thesun.co.uk/sport/2658175/jose-mourinho-stalked-by-crazed-female-fan-posing-as-photographer-at-manchester-united-matches/
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/12/23(金) 23:15:16.23 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、今季のプレミアリーグ制覇が現実的に難しくなったことを認めている。

    17試合を終え、勝ち点30で6位に位置しているユナイテッド。首位を独走するチェルシーとは、勝ち点13差という状況だ。

    モウリーニョ監督は「数字の上では可能だ。だが難しい。かなりの勝ち点差がある」とイギリス『スカイ・スポーツ』に語り、事実上優勝争いに白旗を挙げた。一方で、首位を行くアントニオ・コンテ監督のチェルシーに賛辞を送っている。

    「勝ち点の問題ではない。プレーに関する哲学の問題だ。チェルシーは1ゴールを奪い、勝利をもぎ取る。非常に良いディフェンスをする。勝っていて残り20分になれば、DFの選手を投入する」

    「周囲の人々に何を言われようと関係ない。彼らは勝利に集中している。だから彼らが勝ち点を落とすことは考えにくい」
    2016-12-24_07h29_25
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161223-00000016-goal-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ