海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: プレミアリーグ

    51cWukeB8fL._SY355_

    1: 風吹けば名無し 2019/07/14(日) 03:49:59.85
    普通に強いのに

    2: 風吹けば名無し 2019/07/14(日) 03:50:36.73
    マルシャル、リンガード、ラッシュフォードとかいう二流がメインだから

    3: 風吹けば名無し 2019/07/14(日) 03:50:51.55
    >>2
    全員一流やん

    4: 風吹けば名無し 2019/07/14(日) 03:52:15.67
    >>3
    そらそんな勘違いしてたら疑問に思うよな

    続きを読む

    51zf66zn9wL._SY355_

    1: 風吹けば名無し 2019/07/11(木) 22:27:50.63
    キャプテンのコシェルニーが「契約残ってるけどフリーで移籍させろ」と言い出した模様

    2: 風吹けば名無し 2019/07/11(木) 22:28:41.96
    エジル「残るぞ」

    3: 風吹けば名無し 2019/07/11(木) 22:28:48.31
    キャプテンなのに

    4: 風吹けば名無し 2019/07/11(木) 22:28:52.14

    続きを読む

    51cWukeB8fL._SY355_

    1: 風吹けば名無し 2019/07/08(月) 00:20:19.80
    どうしたらええんや…

    7: 風吹けば名無し 2019/07/08(月) 00:22:18.23
    フロントにやる気がないからな

    10: 風吹けば名無し 2019/07/08(月) 00:22:28.57
    フロント一掃

    13: 風吹けば名無し 2019/07/08(月) 00:22:55.23
    サンチェスを追い出す

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/07/04(木) 20:00:02.49
    イングランド・プレミアリーグのチェルシーは4日、クラブOBで元イングランド代表MFのフランク・ランパード氏(41)が新監督に就任すると発表した。3年契約。ユベントス(イタリア)の監督に就任したマウリツィオ・サリ氏(60)の後任となる。

    ランパード新監督はクラブ公式サイトで「チェルシーに監督として戻れることを非常に誇りに思う。私のクラブに対する愛情と歴史をみんなが知っている。全力を尽くしてクラブにさらなる成功をもたらしたい。仕事を始めることが待ち切れない」と喜びと意気込みを語った。

    ランパード氏は現役時代、プレミアリーグのウェストハム、チェルシー、マンチェスター・シティー、米MLSのニューヨーク・シティーなどでプレー。2001~14年のチェルシー時代には3度のプレミアリーグ優勝、欧州チャンピオンズリーグ制覇などに大きく貢献し、一時代を築いた。

    2017年2月に現役を引退した後は、解説者を務めながら指導者ライセンスを取得。昨年5月にイングランド2部ダービーの監督に就任し、2018~19年はリーグ6位で昇格プレーオフの決勝進出に導いたが、アストンビラに1―2で敗れてプレミアリーグ昇格を逃した。
    2019-07-04_20h26_04
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190704-00000203-spnannex-socc

    続きを読む

    51zf66zn9wL._SY355_

    1: 風吹けば名無し 2019/07/03(水) 01:34:18.89
    エンドンベレすら買える補強費がない模様

    2: 風吹けば名無し 2019/07/03(水) 01:35:01.17
    色々名前挙がってるけど誰か獲得できた?

    3: 風吹けば名無し 2019/07/03(水) 01:35:09.74
    クラブ自体に魅力がないからしゃーない

    4: 風吹けば名無し 2019/07/03(水) 01:35:16.48
    エンドンベレはワイスパーズが貰っていくで

    続きを読む

    footballfan_st083

    1: 風吹けば名無し 2019/06/26(水) 22:07:42.67
    DF陣の整備ガチでしない可能性が出てきた模様

    2: 風吹けば名無し 2019/06/26(水) 22:08:20.07
    ポグバどうなるんや?

    4: 風吹けば名無し 2019/06/26(水) 22:08:35.59
    >>2
    残留やろ
    買い手ないと思う

    続きを読む

    1: 幻の右 ★ 2019/06/27(木) 04:37:39.08
    イングランド・プレミアリーグ公式サイトでは、「リーグ史上最高のアジア人選手は誰だ?」と題し、公式ウェブサイトで25日から投票を行っている。

    元韓国代表のパク・チソン氏は、2005年6月24日にマンチェスター・ユナイテッドに加入することが決定した。リーグ公式サイトではそれからちょうど14年が経過した日をきっかけとする形で、同リーグで実績を残したアジア出身の選手たちを振り返っている。

    パク・チソン氏はユナイテッドに在籍した7年間でプレミアリーグ4回優勝。チャンピオンズリーグでの優勝や決勝戦出場を初めて経験したアジア人選手にもなった。

    他に候補として挙げられているのは日本人選手2人と韓国人選手2人。ユナイテッドで2年間プレーしたMF香川真司、昨季までレスター・シティに在籍していたFW岡崎慎司、現ニューカッスルのMFキ・ソンヨン、現トッテナムのFWソン・フンミンの4人だ。

    香川はアジア人として初となるプレミアリーグでのハットトリックを達成。岡崎は歴史的快挙となったレスターのプレミアリーグ初優勝に貢献した。キ・ソンヨンはパク・チソン氏を上回る韓国人選手最多のプレミアリーグ出場数を記録。ソン・フンミンはアジア人初のリーグ月間MVPを受賞し、通算得点数もアジア人選手最多となっている。

    現時点の投票結果では、パク・チソン氏とソン・フンミンの2人が票を二分している形。その他の3人はわずかな得票率にとどまっている。

    フットボールチャンネル編集部
    6/26(水) 23:54
    20190626_kagawa_getty
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190626-00328289-footballc-socc

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/06/10(月) 18:58:46.01
    6/10(月) 18:35配信
    日本代表DF酒井宏樹にトットナム移籍の可能性浮上 「強い興味を抱いている」と英報道

    サイドバック強化に向けて「ポチェッティーノ監督の求める選手像に一致する」と指摘

    フランス1部の名門マルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹は今季、リーグ戦27試合出場1得点を記録し、チームの中心選手として継続的な活躍を見せた。そんな酒井にプレミアリーグのトットナム移籍の噂が浮上している。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。

    酒井は2012年に柏レイソルからハノーファーに移籍。ブンデスリーガで評価を高めると、2016年にマルセイユに加入し、同クラブでこれまで122試合に出場してきた。本職の右サイドバック以外でも起用され、チームに欠かせない存在として活躍している。

    欧州9年目を迎える来季に向けて、プレミアリーグ挑戦の可能性が浮上した。「スカイ・スポーツ」は「トットナムがマルセイユの右サイドバック酒井宏樹の獲得を考えている」と見出しを打って報道。「トットナムは強い興味を抱いている」と伝えつつ、同時に「29歳という年齢が不安材料になっているようだ」としている。

    また、「日本代表の右サイドバックは、マウリシオ・ポチェッティーノ監督の求める選手像に一致する」として、酒井が指揮官の求めるタイプに合致することを強調する一方、クラブ方針として23歳以下の選手を好んでいることも指摘。さらにクラブの現状を踏まえ、次のように続けている。

    「ポチェッティーノ監督は両サイドバックを強化したいと考えており、DFキーラン・トリッピアーとDFセルジュ・オーリエへのオファーがあれば、聞き入れる構えだ。スパーズの補強が思い通りにいかなければ、マーケット終盤になった時、酒井はより真剣なターゲットとなるだろう」

    今季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)で決勝に進出し、新スタジアムも完成するなど、近年の進境著しいトットナム。酒井は今夏、その一員となるのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190610-00195203-soccermzw-socc
    no title

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/06/08(土) 16:34:52.86
    6/8(土) 16:13配信
    マンチェスター・Uがマタと契約延長へ…主将バレンシアはエレーラとともに今夏退団

    マンチェスター・ユナイテッドは、フアン・マタに新契約のオファーを提示したようだ。英『スカイスポーツ』が伝えている。


    2014年にチェルシーからマンチェスター・Uに加入したマタは、今夏に契約満了を迎え、フリーで退団する可能性があると連日報じられている。バルセロナなどが同選手との契約に興味を持つと考えられる中、スペイン代表MFに対してクラブは残留を求めているようだ。

    マンチェスター・U在籍5シーズンで210試合以上に出場したマタ。今シーズンは全公式戦32試合に出場して6ゴールをマーク。現在31歳とキャリア終盤に差し掛かかっているものの、チームが低調な中でも一貫性のあるパフォーマンスを見せている。『スカイスポーツ』によると、ピッチに立てば違いを作ることのできる同選手へクラブは新たなオファーを送ったと伝えており、来シーズン以降もオールド・トラッフォードでプレーを続ける可能性が高いようだ。

    一方で、すでに今夏に退団を発表してパリ・サンジェルマンとの契約に近づくアンデル・エレーラに加え、主将のアントニオ・バレンシアは、複数の若手選手たちとともに契約満了に伴い、6月末日を持ってクラブから去ることになる。

    また、マンチェスター・Uは7日、今夏の補強第1号としてスウォンジー・シティに所属するウェールズ代表MFのダニエル・ジェームズの獲得で大筋合意に至ったことを発表。その他にも複数のポジションを補強ターゲットに挙げる同クラブは、忙しい夏の移籍市場を送ることになるようだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190608-00010012-goal-socc
    no title

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ