海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: プレミアリーグ

    1:Egg ★:2018/01/18(木) 13:17:33.74 ID:CAP_USER9.net
    アーセナルに所属する29歳のチリ代表FWアレクシス・サンチェスに対して、マンチェスター・ユナイテッドが破格の年俸を提示し個人合意に至ったようだ。17日に英紙『テレグラフ』が報じている。

    同紙によると、ユナイテッドが年俸1400万ポンド(約21億5000万円)という巨額のオファーを提示、4年半契約で個人合意に達したという。移籍金やボーナス、代理人に支払う金額などを合わせると総額1億8000万ポンド(約277億円)の大型移籍となるようだ。

    ただ、アーセナルはユナイテッド所属のヘンリク・ムヒタリアン獲得を望んでおり、サンチェス移籍の条件にムヒタリアンのトレードを含めているとの情報もある。

    つまりムヒタリアンが移籍を承諾しない限り、サンチェスの取引がまとまらないかもしれない。とは言え、サンチェスの契約期間は今季終了までとなっているだけに、移籍金を獲得するには今しかない。
    san_getty-2-560x373
    1/18(木) 11:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180118-00251775-footballc-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/18(木) 08:33:07.09 ID:CAP_USER9.net
    エヴァートンは、アーセナルからFWセオ・ウォルコットを獲得したと発表した。

    2006年にサウサンプトンからアーセナルに加入したウォルコットは、今季プレミアリーグでの先発出場はなく、出場機会は限定的。現状を受け、ロシア・ワールドカップ出場を目指す同選手は1月の退団を決意したとされてきた。

    そして、古巣のサウサンプトンやウェスト・ハムが興味を示す中、最も好条件のオファーを提示したと報じられるエヴァートンが2000万ポンド(約31億円)でウォルコットの獲得に成功。なお、同選手はエヴァートンと3年契約を締結し、今冬オリンピアコスに移籍したケヴィン・ミララスの背番号11を着用するようだ。

    移籍が決まった17日、ウォルコットはさっそくクラブの公式ウェブサイトに登場し、「このクラブを次のレベルに押し上げるためにエヴァートンにやって来た」と語り、以下のように続けた。

    「キャリアの新しいチャプターが始まることにワクワクしているし、ここは僕にとって適切な場所だと感じている。エヴァートンは偉大な歴史を持ったクラブで、熱狂的なサポーターもいる。彼らの存在はとても大きく、ここでプレーした時はいつも苦労していた。すでにいくつかトロフィを獲得しているが、僕はさらにトロフィを勝ち取りたいと願っている」

    「監督もとても貪欲で、ここには僕に必要なものがそろっている。彼とは何度か少し話したが、彼が僕を欲しがってくれる熱意を強く感じていた。それにアーセナルを離れる時期が来たとも考えていた。寂しいことだけれど、僕のキャリアを再点火する良い機会だ」

    また、サム・アラダイス監督も「経験とクオリティを兼ね備えたセオのような選手を獲得できてうれしい限りだ」とウォルコットの加入を喜んでいる。

    2006年、若干16歳でアーセナルに加入したウォルコット。クラブ在籍12年で397試合に出場し、108ゴールを記録したクラブ最古参の選手が、ついにクラブを離れることになった
    2018-01-18_09h35_28
    1/18(木) 6:07配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180118-00000023-goal-socc
    続きを読む

    2018-01-18_00h21_12

    1:風吹けば名無し:2018/01/16(火) 07:05:14.45 ID:Fk0YJnBl0.net
    今季CLどころかEL出場圏内にすら入れなさそう
    2:風吹けば名無し:2018/01/16(火) 07:05:57.36 ID:C3C+bcBF0.net
    アンチェロッティ来るんやろ?
    よかったやん
    3:風吹けば名無し:2018/01/16(火) 07:06:17.22 ID:faVDW+3v0.net
    なんかちょっと見ないうちに二流感溢れるメンツになってるんだけど金ないの?
    7:風吹けば名無し:2018/01/16(火) 07:06:55.03 ID:Fk0YJnBl0.net
    >>3
    オーナーがケチ
    続きを読む

    1:数の子 ★:2018/01/17(水) 08:39:28.67 ID:CAP_USER9.net
    1/17(水) 7:27配信 フットボールチャンネル
    セリエAのカリアリからセリエB(イタリア2部)のペルージャに期限付き移籍している19歳のU-19北朝鮮代表FWハン・グァンソン獲得に向けて、ユベントスに続きトッテナムも動き出した。16日にイタリアの『トゥットメルカートウェブ』など複数のメディアが報じている。

    同メディアによると、トッテナムがハン・グァンソンの代理人と連絡を取り合っているとのこと。先日は伊紙『トゥットスポルト』が、ハン・グァンソンのユベントス移籍に関して一面で報道。「カリアリとの合意に近い」と報じ話題を呼んだ。

    ハン・グァンソンは北朝鮮人として初のセリエA出場&得点を記録している。今季は公式戦19試合に出場し7得点3アシストを決めていた。ユベントスはセリエA6連覇中のビッグクラブで、トッテナムはプレミアリーグ上位を争う強豪クラブだ。トッテナムにハン・グァンソンが加入した場合、韓国代表FWソン・フンミンとの朝鮮半島コンビが誕生するかもしれない。
    han_getty-560x373
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180117-00251596-footballc-socc
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/01/15(月) 18:33:06.58 ID:CAP_USER9.net
    1/15(月) 18:11配信
    アーセナルがドルトムントのガボン代表FWピエールエメリック・オバメヤン(28)の獲得に乗り出していると、15日付の独紙ビルトが報じた。

    アーセナルはチリ代表FWサンチェスの放出が濃厚となっており、後釜としてドルトムントのエースの獲得を目指しているという。また、オバメヤンは14日のウォルフスブルク戦メンバーから外されたが、理由は13日の前日練習後のチームミーティングをサボったからだと報じた。

    マネジャーのツォルクは「いつの日か寛容になれなくなるポイントが来るし、それが今日、来た。彼が何を考えていたかはわからない」と、ウォルフスブルク戦後のテレビインタビューでオバメヤンを批判した。さらに「こうした振る舞いを見たことは、これまでなかった。はっきりしているのはこのままでは、だめだということだ。今回のことはクラブとして受け入れることができない。チーム内に不穏をもたらし、それはいいことではない」と話した。

    シュテーガー監督は「私は整理も理解もできない。彼はほとんどの時間とても上機嫌だったんだ。彼の内部を詳細にのぞき込むことはできない。なぜそんなことをしたのかわからない」とコメント。試合前のテレビインタビューでは「非常に重要なチームミーティングだった。けが人を含む全選手が顔をそろえていたんだ。アウバ(オバメヤン)は離れたところにいた。彼にとってさして重要ではないんだなという気持ちを受けた」と話していた
    2018-01-16_08h20_09
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180115-00101009-nksports-socc
    続きを読む

    1:動物園φ ★ :2018/01/15(月) 03:05:11.89 ID:CAP_USER9.net
    20180115_livmci_getty-1-560x373

    マンC初黒星。攻撃力爆発のリバプールが4ゴールで粉砕
    2018年01月15日(Mon)2時55分配信

    【リバプール 4-3 マンチェスター・シティ プレミアリーグ第23節】

    現地時間14日に行われたプレミアリーグ第23節のリバプール対マンチェスター・シティは、ホームのリバプールが4-3で勝利した。シティは今シーズンリーグ戦初黒星となっている。

    今季リーグ戦無敗で首位を独走するシティと、ホームで14試合負けなしのリバプールの対決。好スタートを切ったのはホームのリバプールだった。

    9分、高い位置でボールを奪ったリバプールは、チェンバレンがミドルシュート。コースはそれほど厳しくなかったものの、体重の乗った強烈なシュートをGKは弾き切れず、リバプールが先制した。

    その後もリバプールは、守備がうまく機能してシティの攻撃を封じていった。しかし、リードを維持して折り返せない。

    https://www.footballchannel.jp/2018/01/15/post251228/
    続きを読む

    1:shake it off ★:2018/01/14(日) 09:05:42.50 ID:CAP_USER9.net
    現地時間13日にプレミアリーグ第23節の試合が行われ、トッテナムはホームにエバートンを迎えて対戦。この試合で、トッテナムに所属する25歳の韓国代表FWソン・フンミンが14年前に元イングランド代表FWジャーメイン・デフォー(当時:トッテナム所属)が生み出した大記録に並ぶホーム5戦連続ゴールを成し遂げた。

    試合開始して26分、セルジュ・オーリエが放ったシュートの軌道を変えてソン・フンミンが先制点を決める。47分にはソン・フンミンがドリブル突破で中央を駆け上がり、シュート気味のパスをゴール前に送る。このパスに反応したハリー・ケインが触ってチーム2点目。59分にもケイン、81分にはクリスティアン・エリクセンが追加点を決めている。

    ソン・フンミンは今節のゴールにより、公式戦117試合目の出場にしてトッテナムで通算40得点を達成。ソン・フンミンとケインのホットラインがまたも炸裂し、トッテナムは4-0の勝利をおさめている。
    son2_getty-2-560x373
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180114-00251131-footballc-socc
    続きを読む

    b1859546-s

    1:風吹けば名無し:2018/01/14(日) 06:38:44.97 ID:kX0Fx3I+d.net
    またゴールを決めてしまった模様
    2:風吹けば名無し:2018/01/14(日) 06:39:08.07 ID:kX0Fx3I+d.net
    やばいやろ
    14:風吹けば名無し:2018/01/14(日) 06:42:10.66 ID:qzDpvRup0.net
    いいときにあれだから
    韓国人はかわいそうだな
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/13(土) 17:06:12.87 ID:CAP_USER9.net
    リヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督が、バルセロナへ移籍したブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョに関するコメントを残している。地元紙『リヴァプール・エコー』が、12日付で報じた。

    シーズン途中にコウチーニョを手放すという判断については、様々な意見が飛び交っているしかし、クロップ監督はクラブが同選手の残留に向けて最大限の努力をしてくれたと話し、移籍は不可避だったという考えを示した。

    「最終決定を行う際、もし私が『移籍は認めない』と言っていたとしたら、クラブは『わかりました、残留に向けて交渉してみます』と言ってくれていただろう」「オープンな質問会が行われた際には売却に賛成する意見と反対する意見が50%ずつで、私が決断を下す必要があった。最終的にはかなり簡単だったがね。フィル(コウチーニョ)は自分の頭が既に別の場所にあると話していた。それを聞いた後だったから、チャンスがないのは明らかだった」

    「先週、人々が何を言い、何を書いたのかは想像できる。なんの情報もなかったとしたら、私も似たような考えを持っていただろう。だが、我々はクラブが可能な限り全てのことをやってくれたのを知っている」

    「バルセロナからの最初の連絡の後に、クラブが『良いアイデアですね。我々はまさにあなた方に連絡しようとしていたところなんですよ、この選手をチームに留めたくはありませんから』とでも言っていれば話は別だろう。だが、実際は最大限の努力をしてくれていたんだ」

    また、指揮官はシーズン前半戦でのコウチーニョの貢献を称えながらも、モチベーションが落ちた状態でチームに留めても同様の活躍を望みづらかったことが、放出に応じた理由のひとつであることを明かしている。

    「最後の半年は、私が知る限りでは彼のリヴァプールにおけるキャリアで最高の時期のひとつだっただろう。しかし、それをもう一度繰り返すことは不可能だった。それはリアクションから読み取れるんだ。監督は選手の反応を感じ、知り、聞くことができる。

    彼が100%の状態でないなら、彼を起用することはできない。コウチーニョは世界クラスの選手だが、もし彼が100%でなければそのレベルではなくなる。プレミアリーグクラスの舞台では、コントロールを失うことになるんだ」

    最後にクロップ監督は、過ぎたことに囚われずに前を向くことの重要性を、含蓄のあるコメントと共に説いている。

    「コウチーニョをチームに留めるチャンスがないとわかった瞬間から、それについて考える必要はなくなった。サッカーだけではなく、人生においてもまったく同じことが言えるよ」

    1/13(土) 15:48配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180113-00701239-soccerk-socc

    写真
    続きを読む

    32600_ext_04_0

    1:Egg ★:2018/01/11(木) 17:49:41.87 ID:CAP_USER9.net
    イングランド・プレミアリーグのアーセナルが、来季新監督としてカルロ・アンチェロッティ氏と年俸1000万ユーロ(約13億円)の4年契約でほぼ合意に至っているという。11日のイタリア紙コリエレ・デロ・スポルトが報じた。

    21年間にわたってアーセナルを率いているベンゲル監督は、2004年を最後にリーグ制覇から遠ざかっている。同監督の契約は2019年6月までだが、同紙によるとクラブは来季からアンチェロッティ氏にチームをゆだねるつもりでいるという。

    アンチェロッティ氏は、イタリア、スペインなど5ケ国での監督経験があり、20のタイトルを獲得。昨年9月末にバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)を解雇となった後、先日はイタリア代表監督の就任オファーを断ったとされる

    1/11(木) 17:38配信 ディリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180111-00000107-dal-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ