海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ:コパ・アメリカ > コパ・アメリカ2015

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/07/05(日) 07:57:57.05 ID:???*.net
    [7.4 コパ・アメリカ決勝 チリ0-0(PK4-2)アルゼンチン]

    コパ・アメリカは4日(日本時間5日)、決勝を行い、開催国のチリがアルゼンチンを下し、初優勝を飾った。0-0のまま延長戦でも決着付かず、PK戦にもつれ込んだ死闘。アルゼンチンは2人が失敗し、地元のチリがPK4-2で競り勝った。チリは3度目の決勝進出で悲願の初優勝となった。

    アルゼンチンは前半20分、左サイド角度のない位置からFWリオネル・メッシの右FKにFWセルヒオ・アグエロが頭で合わせるが、GKクラウディオ・ブラーボがセーブ。チリも同23分、自陣からDFフランシスコ・シルバの1本のロングパスにFWエドゥアルド・バルガスが抜け出し、フィニッシュまで持ち込んだが、シュートはクロスバーを越えた。

    アルゼンチンは前半29分にFWアンヘル・ディ・マリアが負傷交代するアクシデント。長い距離をドリブルで駆け上がった際、右太腿裏を痛めた模様で、FWエゼキエル・ラベッシとの交代を余儀なくされた。

    予期せぬハプニングで攻撃の中心を一人失ったアルゼンチン。攻撃になかなかリズムが生まれず、地元大観衆の後押しを受けるチリの攻勢に耐えながらカウンターをうかがう展開となった。しかし、0-0の拮抗した時間が続く中、互いに最後の決め手を欠く。

    アルゼンチンは後半アディショナルタイム、カウンターからメッシが中央でドリブルで持ち上がり、左サイドのスペースへスルーパス。ラベッシがゴール前に折り返し、逆サイドから途中出場のFWゴンサロ・イグアインが飛び込む決定機をつくったが、シュートは枠を捉え切れず、0-0のまま90分間を終えた。

    試合は延長戦に突入するが、両チームともになかなかゴールネットを揺らすことができない。アルゼンチンは延長前半13分、ラベッシが左足をつってピッチに倒れ込むが、すぐにピッチに戻った。MFハビエル・マスチェラーノも左ふくらはぎを痛めるが、足を引きずりながらプレーを続けるなど、まさに死闘となったファイナル。延長後半でもゴールは生まれず、試合は0-0のままPK戦にもつれ込んだ。

    後攻のアルゼンチンは2人目のイグアインがゴール上に外すと、3人目のMFエベル・バネガもGKブラーボに止められた。チリは4人目のFWアレクシス・サンチェスが決め、PK4-2。激闘の末、チリが地元で初の南米チャンピオンに輝いた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150705-00769964-gekisaka-socc
    ゲキサカ 7月5日(日)7時54分配信
    2015-07-05_08h51_16
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150705-00769964-gekisaka-socc.view-000
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1436050677/

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/06/30(火) 10:44:26.20 ID:???*.net
    【チリ 2-1 ペルー コパ・アメリカ準決勝】

    南米No.1を決めるコパ・アメリカの準決勝が現地29日に行われ、開催国チリとペルーが激突した。

    圧倒的ホームで有利な状況のチリは、準々決勝ウルグアイ戦で相手のカバーニの尻を触って挑発したとして退場処分を受けたハラが2試合出場停止のため不在に。代役としてロハスが今大会初スタメンを飾った。

    対するペルーは絶好調ゲレーロの相方にファルファンが起用され、ベテランのピサーロはベンチスタート。右サイドにはスポルティング・リスボンで田中順也とともにプレーするカリージョが初先発を果たした。

    試合は立ち上がりから荒れ模様となる。両チームとも揉めごとを起こしながら準々決勝を勝ち上がってきたが、今回はペルーのCBサンブラーノが危険なタックルを繰り返し、開始6分でイエローカードを受けた。

    ボールを持つたびにブーイングを浴びながらプレーするペルーは、前線を幅広く動き回るゲレーロを起点に、シンプルな攻撃でチリのゴールを脅かす。ファルファンのヘディングがポストを叩くなど、惜しいチャンスを何度も作った。

    しかし、いい流れに水を差すアクシデントが起こる。20分、チリのMFアランギスの背中にスパイクの裏で蹴りを入れたサンブラーノがレッドカードを提示され、ペルーは70分を残して10人になってしまった。

    数的優位に立ったチリは主導権を奪い返し、28分にはバルディビアがA・サンチェスとの絶妙なコンビネーションからゴールをかすめるシュートを放つなど攻勢を強める。

    すると前半終了間際に最初のゴールが生まれる。42分、左サイドから切れ込んだA・サンチェスが中へクロスを送り、飛び込んだアランギスを通り越してポストを直撃する。そのこぼれ球をE・バルガスが押し込んでチリが待望の先制点を手にした。

    前半を1点リードで終えたチリは、早めにとどめを刺すべく後半開始から2人を入れ替える。ディアスに代えて大ベテランのD・ピサーロ、アルボルノスに代えてメナを投入して勝負に出た。

    しかし、次の1点はまさかの展開で生まれる。ボールを奪っても攻めに人数をかけられないペルーがシンプルな展開で右サイドをアドビンクラに走らせる。そしてクロスを上げると、クリアを試みたメデルがまさかのオウンゴール。残り30分で1人少ないペルーが追いついた。

    ホームで絶対に負けられないチリは、先制ゴールのE・バルガスが悪い流れを一気に清算する。64分、チリが中盤でボールを奪ってショートカウンターを仕掛けると、エリア手前でE・バルガスが右足を一閃。無回転で鋭く落ちる見事なシュートがペルーゴールに突き刺さった。

    このゴールでE・バルガスは大会4得点目となり、得点王争いで単独トップに立った。

    追いつくための1点が欲しいペルーは大黒柱C・ピサーロとヨトゥンと投入して4-3-2のフォーメーションに移行し、リスクを冒してゴールへの意識を強める。その隙を突きたいチリは78分、バルディビアのスルーパスにA・サンチェスが飛び込むも、ボールは枠のわずか外へ。直後にはビダルも強烈なシュートでゴールを狙うが、惜しくも枠の上へと外れた。

    数的不利でも攻めの意識を持ち続けるペルーに対し、チリは巧みな時間の使い方で相手の勢いを削ぎ、アディショナルタイムも失点することなく抑えきった。

    これにより開催国チリの決勝進出が決定。コパ・アメリカ初優勝まであと1勝となっている。決勝は来月4日にアルゼンチン対パラグアイの勝者と行われる。

    【得点者】
    42分 1-0 E・バルガス(チリ)
    60分 1-1 オウンゴール(メデル、チリ)
    64分 2-1 E・バルガス(チリ)

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150630-00010006-footballc-socc
    フットボールチャンネル 6月30日(火)10時22分配信
    2015-06-30_11h55_08
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150630-00010006-footballc-socc.view-000
    エドゥアルド・バルガスが勝負を決めた
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1435628666/

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 11:04:59.52 ID:???*.net
    コパ・アメリカ2015準々決勝が27日に行われ、ブラジル代表とパラグアイ代表が対戦した。試合はPK戦までもつれこむ熱戦となる。

    エースのネイマールを出場停止で欠きながらも、グループリーグ首位でベスト8進出を決めたブラジルが先制点を奪う。15分、ダニエウ・アウヴェスの右クロスをニアサイドのロベルト・フィルミーノがスルー。背後に飛び込んだロビーニョが右足で押し込んだ。

    一方、リードを許したパラグアイは後半から反撃を開始。セットプレーを中心にチャアンスを演出する。56分にはCKからネルソン・バルデス、61分にもパウロ・ダ・シルバがヘディングシュートで狙う。

    すると70分、右サイドからのクロスに反応したロケ・サンタクルスがD・アウヴェスと競り合うと、これがチアゴ・シウヴァのハンドを誘いPKを獲得。デルリス・ゴンザレスがしっかりと決め、試合を振り出しに戻した。

    結局90分では決着がつかず、延長戦なしのPK戦へと突入する。先行のブラジルは、1人目のフェルナンジーニョが成功するも、2人目のエベルトン・リベイロ、4人目のダグラス・コスタが枠を捉えられずに失敗。パラグアイも4人目のサンタクルスがクロスバーの上に外したが、他の4人がきっちりと決めて勝負あり。パラグアイがPK戦を4-3で制し、2大会連続でベスト4へと駒を進めた。ブラジルは前回大会でも準々決勝でPK戦の末にパラグアイに敗れ、準決勝を前に姿を消している。

    パラグアイは30日、準決勝でアルゼンチン代表と対戦する。

    【スコア】
    ブラジル代表 1-1(PK:3-4) パラグアイ代表

    【得点者】
    15分 1-0 ロビーニョ(ブラジル代表)
    72分 1-1 デルリス・ゴンザレス(パラグアイ代表)(PK)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150628-00326163-soccerk-socc
    SOCCER KING 6月28日(日)9時38分配信
    2015-06-28_11h28_10
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150628-00326163-soccerk-socc.view-000
    PK戦を見守るブラジル代表の選手たち

    日程
    http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/1484750.html
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1435457099/

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/06/27(土) 15:46:44.62 ID:???*.net
    <南米選手権:アルゼンチン0(5PK4)0コロンビア>◇準々決勝◇26日◇チリ・ビーニャ・デル・マール

    アルゼンチンがPK戦の末、コロンビアを下して準決勝に進出した。

    アルゼンチンが圧倒的に攻める展開が続いたが、前半26分のFWアグエロ(マンチェスターC)とFWメッシ(バルセロナ)の連続シュートはともに相手GKオスピナ(アーセナル)の好守に阻まれ、後半35分に左CKに左足を合わせたDFオタメンディ(バレンシア)のシュートはポストに嫌われた。終了間際にも相手DFムリリョ(インテルミラノ)にゴール寸前でクリアされるなど、スコアレスのまま90分を終了。規定により延長戦はなくすぐにPK戦に突入。4-4から最後はFWテベス(ユベントス)が決めて4強入りを決めた。

    コロンビアはシュートを1本しか放てなかったが、アルゼンチンの攻撃を無失点にしのぎきって何とかPK戦に持ち込んだが力尽きた。

    アルゼンチンは30日に行われる準決勝で、ブラジル-パラグアイ戦の勝者と対戦する。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150627-00000014-nksports-socc
    日刊スポーツ 6月27日(土)11時37分配信
    2015-06-27_16h23_56
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150627-00000014-nksports-socc.view-000
    4強進出を決めて駆け出すアルゼンチンの選手たち

    日程
    http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/1484750.html
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1435387604/

     
    続きを読む

    CITxgJHW8AA2g6Z
    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/06/27(土) 06:49:23.83 ID:???*.net
    強化部長激怒「我々は許容できない!」チリ代表DFゴンサロ・ハラは、ウルグアイに1-0で勝利した南米選手権準々決勝で相手FWエディンソン・カバーニを性的挑発で退場に追い込むことに成功した。だが、所属するマインツは一連の行為に激怒。この夏の移籍市場で放出する可能性が高まったと、地元紙「ビルト」が報じた。

    24日に行われた準々決勝で、カバーニは後半18分、ハラの顔を押したことで2枚目の警告を受けて退場となった。だが、主審は見逃していたが、ハラが直前に耳元で囁きながらカバーニのお尻に指を押し込んでいるシーンがテレビカメラに克明に映されていた。そして、ハラが大げさに倒れこんだ際も、大きな接触はなかった。

    エースの退場で数的不利に陥ったウルグアイは粘り強く戦い続けたが、後半36分にチリDFマウリシオ・イスラに決勝点を奪われて敗退。また、終了間際にさらなる退場者を出し、オスカル・タバレス監督まで退席処分となるなど、後味の悪さを残した。

    ホスト国は勝ち上がることに成功したが、ハラの所属先であるブンデスリーガのマインツは激怒していた。強化部長のクリスティアン・ハイデル氏はこう激怒していたという。

    「オファーが来たら、彼は移籍できることを知っているはずだ。我々はあれを許容できない。あれは私を怒らせる結果になった。私は演技が何よりも嫌いなんだ!」

    マインツはプレミア移籍間際という日本代表FW岡崎慎司に加え、FC東京の武藤嘉紀が移籍予定と日本人にとってなじみのあるクラブ。ライバルをピッチから追い出すことで、ホスト国の4強進出に貢献したハラだが、マインツからは追放危機に直面している。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150626-00010011-soccermzw-socc
    Soccer Magazine ZONE web 6月26日(金)23時5分配信

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150626-00010011-soccermzw-socc.view-000
    ウルグアイ戦での行為が問題視されているハラ(左)
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1435355363/

     
    続きを読む

    1: THE FURYφ ★@\(^o^)/ 2015/06/25(木) 15:39:15.54 ID:???*.net
    24日に行われたコパ・アメリカ準々決勝の試合で、チリがウルグアイを1-0で下して準決勝進出を果たした。ウルグアイはFWエディンソン・カバーニが後半途中にレッドカードを受けたが、その直前のチリDFゴンサロ・ハラの行為が問題視されている。

    前半に1枚イエローカードを受けていたカバーニは、63分にハラの顔に手を当てたとして2枚目のカードを受けて退場。その後チリがマウリシオ・イスラのゴールで先制し、終了間際にDFホルヘ・フシレも退場となったウルグアイは9人で敗戦を迎えることになった。

    だがカバーニが退場に至った原因には、直前のハラの行為があったようだ。ハラがカバーニの尻に手を当て、指を曲げて肛門付近を触るような仕草を見せた写真や動画を各国メディアが伝えている。カバーニがこれを軽く手で払いのけようとしたところ、ハラが顔を抑えて倒れたように見える。

    ウルグアイDFディエゴ・ゴディンは試合後に、ハラに対して処分が下されるべきだと主張した。各国メディアがウルグアイ代表キャプテンのコメントを伝えている。

    「彼は言葉での挑発もしていたが、残念なのは彼がどこに指を置いていたかだ。世界中が目にしたことで、僕が言うまでもないよ」

    「エディは彼を殴ったわけではなく、ただ相手を遠ざけようとして押しただけだが、主審は退場にした。CONMEBOLが、ルイス・スアレスに対するFIFAと同じように動くことを願っているよ。彼が処分されるのかどうかは知らないが、僕らはそう望んでいる」

    ウルグアイ代表L・スアレスは昨年のブラジル・ワールドカップで相手選手にかみついたとして重い処分を下された。ハラに対してCONMEBOLはどのような決断を下すのだろうか。

    なお、ハラは2013年にW杯予選でウルグアイと対戦した際にL・スアレスに顔面を殴られたが、その際にもL・スアレスの股間を触って挑発していたと見られている。
    2015-06-25_16h48_47
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150625-00000014-goal-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1435214355/

     
    続きを読む

    CITxgJHW8AA2g6Z
    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/06/25(木) 10:59:16.88 ID:???*.net
    [6.24 コパ・アメリカ準々決勝 チリ1-0ウルグアイ]

    コパ・アメリカは24日(日本時間25日)、準々決勝の1日目を行った。グループAを首位通過した開催国のチリ代表は、グループBで3位だった前回王者ウルグアイ代表と対戦し、1-0で勝利。ベスト4一番乗りを決めた。勝利したチリは、明日26日に行われるボリビア対ペルーの勝者と30日に準決勝を行う。

    圧倒的なアウェーの中、父親が交通事故により逮捕されたFWエジソン・カバーニが先発出場したウルグアイが積極的な入りを見せたが、開催国チリが前半8分にDFマウリシオ・イスラの浮き球パスをFWエドゥアルド・バルガスが右足ボレーでファーストシュートを放つと流れは一気にチリに傾く。

    前半26分、右サイドからイスラが中央に送ったグラウンダーのパスをMFホルヘ・バルディビアがスルー。ゴール正面で受けたMFチャルレス・アランギスが反転から左足シュートを放つ。同33分には、右サイドのFKの流れから波状攻撃もFWアレクシス・サンチェスのダイビングヘッドは枠を外れ、ウルグアイの堅い守備を崩すことはできず、前半をスコアレスで折り返した。

    後半は一進一退の攻防を繰り広げた。チリは同3分、右から切れ込んだMFアルトゥーロ・ビダルが左足ミドルもGKムスレラがキャッチ。ウルグアイも同8分にFKのこぼれ球をFWディエゴ・ロランが右足で狙うもGKクラウディオ・ブラーボにキャッチされ、お互いにゴールネットを揺らすことができない。

    すると、後半18分に試合が動いた。前半29分にも副審への抗議で警告を受けていたカバーニが、苛立ちからかマークに付いていたDFゴンサロ・ハラに手を出してしまい、この日2枚目の警告を受けて退場。ウルグアイは残りの時間をエース抜きで戦うこととなってしまう。

    レギュレーションにより、今大会は延長戦がなく前後半の90分で勝敗が決まらない場合は即PKとなる。そのため、なんとしても残り時間で得点を挙げたいチリは、後半26分にFWマウリシオ・ピニージャとMFマティアス・フェルナンデスを投入し、攻勢を強めると同36分に待望の先制点を挙げた。

    左サイドでボールを受けたサンチェスがゴール前に放り込む。これはGKムスレラが飛び出してパンチングで弾くもセカンドボールをバルディビアが拾って横パス。イスラがトラップから右足を振り抜き、DFホルヘ・フシレの股下を抜けてゴールに吸い込まれていった。

    終了間際にはウルグアイのフシレが2枚目の警告で退場。9人となった上に判定に納得いかず、主審に猛抗議していたオスカル・タバレス監督までも退席となった。結局、イエローカード8枚、レッドカード2枚が出た荒れた試合はチリが1-0で制し、準決勝進出を決めた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150625-00726931-gekisaka-socc
    ゲキサカ 6月25日(木)10時30分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150625-00726931-gekisaka-socc.view-000

    http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/1484750.html
    トーナメント 日程
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1435197556/

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 13:06:49.22 ID:???*.net
    17日のコパ・アメリカグループリーグ第2節で試合後にブラジル代表FWネイマールとともに退場処分を受けたコロンビア代表MFカルロス・バッカ。試合終了直後、コロンビアDFパブロ・アルメロに向かってボールを蹴ったネイマールに食って掛かり、背後から突き飛ばすと、両チームの選手が入り混じっての乱闘に発展した。

    主審はピッチを引き上げるネイマールにレッドカードを示すと、その後、バッカにもレッドカードを提示。ピッチをあとにするバッカのユニフォームは胸元がビリビリに破れていた。

    この様子をテレビで見ていたバッカの母親のコメントをコロンビア紙『エル・ヘラルド』が伝えている。

    バッカの母は「腹が立ったし、自分の無力さを感じたわ。もし自分があの場にいたら彼(バッカ)を押して、あの場から離していたはずだから」と話すと、「でも、もし私がスタジアムにいたら、ハイヒールを脱いでネイマールを殴っていたかもしれないわね」と、冗談交じりに語っている。

    バッカには2試合の出場停止と罰金5000ドル(約61万円)が科された。22日に行われたグループリーグ最終節のペルー戦(0-0)に続き、26日の準々決勝アルゼンチン戦も出場できない。

    「あんなことをするような子ではなかったのに……。今までカルロス(バッカ)のあんな行為を見たことがなかったので本当にビックリした。彼には試合後、メッセージを送ったわ。あんなリアクションをする必要はなかったのだから」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150623-00718691-gekisaka-socc
    ゲキサカ 6月23日(火)13時1分配信
    2015-06-23_14h17_07
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150623-00718691-gekisaka-socc.view-000
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1435032409/

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/06/21(日) 10:15:01.02 ID:???*.net
    ブラジル代表FWネイマールが4試合の出場停止処分を受けたのは、試合後に主審に暴言を吐いていたからのようだ。複数メディアが報じている。

    コパ・アメリカのグループC第2節コロンビア戦で、試合中にイエローカードをもらって累積警告が確定していたネイマールは、試合後にボールを蹴ってDFパブロ・アルメロに当て、両チームの小競り合いを引き起こした。この中でDFジェイソン・ムリージョに頭突きのような素振りを見せ、ネイマールは一発レッドカードを出されている。

    南米サッカー連盟(CONMEBOL)は19日、ネイマールに合計で4試合の出場停止を科すと決定。処分が確定すれば、ネイマールはコパ・アメリカ中の復帰が不可能となる。

    主審の報告書の内容として報じられたところによると、ネイマールはレッドカードを出された後、ロッカールームに続くトンネルで主審を待ち、「オレを使って有名になりたいんだろう。娼婦の息子め」などと暴言を吐いたという。

    スペイン『マルカ』は、CONMEBOL規律委員会のメンバーであるアベルト・ロサダ氏が、「報告書に基づくと、トンネルで主審を待って罵倒するという計画されたものだった。ネイマールはより厳しい処分を科される可能性もあった」と話したと伝えている。

    ブラジル代表のドゥンガ監督は20日、ブラジルサッカー連盟がネイマールへの処分に対し、異議を申し立てる意向であることを明かした。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150621-00000036-goal-socc
    GOAL 6月21日(日)8時0分配信
    2015-06-21_10h52_40
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150621-00000036-goal-socc.view-000
    'ネイマール、主審への暴言で処分か'
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1434849301/

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/06/21(日) 06:09:12.62 ID:???*.net
    ブラジル代表のドゥンガ監督は20日、FWネイマールに対する処分への落胆を表し、ブラジルサッカー連盟(CBF)が異議を申し立てるとの見通しを明かした。

    ネイマールはコパ・アメリカのグループC第2節コロンビア戦で、試合後に相手選手たちといさかいを起こして退場。4試合の出場停止を命じられた。

    21日の最終節でベネズエラと対戦するドゥンガ監督は、前日会見で次のように述べている。コパの公式ウェブサイトが伝えた。

    「ネイマールはサッカー界のビッグスターだ。彼に対する注目も大きい。サッカーが好きな人なら誰でも、彼がピッチにいるのを見たいはずだ。リオネル・メッシやアンヘル・ディ・マリア、アレクシス・サンチェスがそうであるようにね。ネイマールがいればよりクオリティーが高くなり、ショーもより良いものとなる」

    「我々はCBFに委ねるよ。彼らが議論するだろう。我々は自分たちを有利にしてほしいとは思っていない。ただ全員に対して平等なジャッジにしようというだけだ」

    処分が確定すれば大会の最後まで出られないネイマールだが、チームに残すかどうかについては次のように述べている。

    「選手が決める。我々は選手たちを男として扱っているんだ。彼らが決めなければいけない。彼が残るのが良いことかどうかを我々は考えなければいけない。助けになるのかどうかは分からないよ。我々がここにいてほしいのは、少年ではなく男だけだ。彼らは世界重要でブラジルを代表しているんだよ。決めるのは彼らだ」

    代役のキャプテンについては、まだ決めていないと述べた。

    「チームにとって何が機能するのかを見るために、いくつかの選択肢にトライする。明日決めるよ。キャプテンは試合前に分かる」

    コロンビア戦で敗れたことで、グループCは全4チームが横並びの状態。そのなかでネイマールを失ったブラジルだが、ドゥンガ監督は次のように強調している。

    「我々が心配しているのは明日の試合のことであり、できるだけ良い仕事をし、解決策を見つけたいと思っている。誰だって勝ち進みたいものだが、サッカーは理論じゃなく、実践なんだ。私はポジティブな方向へ向かっている。我々にはチームがあり、進むだけの条件もそろっているんだよ」

    「この試合だけでなく、今後も我々は苦しむだろう。成熟ぶりを見せなければいけない。うまくいかないときでも変えられるということを知っているとね。1試合敗れたからといって、すべてが終わったわけじゃない。バランスを見出す必要があるだけだ」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150621-00000032-goal-socc
    GOAL 6月21日(日)6時0分配信
    2015-06-21_10h40_00
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150621-00000032-goal-socc.view-000
    'ドゥンガ、ネイマールへの処分に…'
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1434834552/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ