海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: Jリーグ

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/03/27(月) 06:18:31.51 ID:CAP_USER9.net
    J3藤枝のシジマールGKコーチ(54)が、現役復帰する可能性が26日、浮上した。藤枝は3人のGKのうち一人が負傷で離脱。緊急事態を受け、クラブが今週中にも選手登録する方針を固めた。

    シジマールは93年に清水に加入。長い手足と俊敏な反応で731分間連続無失点のJリーグ記録を樹立したほか、「クモ男」と呼ばれ絶大な人気も誇った。母国ブラジルのクラブで96年度限りで引退後は指導者となり柏、神戸でのGKコーチなどを経て、今季、藤枝入りした。

    選手としては主力のケガや出場停止などに備えるバックアップ的存在となる。だが、仮に95年7月1日の名古屋戦(日本平)以来となる出場を果たせば、25日にJリーグ最年長出場記録を50歳27日に更新したばかりのJ2横浜FCのFW三浦知良の記録を抜くことになる。

    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2017/03/27/kiji/20170326s00002000343000c.html
    2017年3月27日 06:10



    続きを読む

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/03/25(土) 22:57:10.36 ID:CAP_USER9.net
    ブンデスリーガのブレーメンが獲得に興味を示していると報じられた日本代表DF昌子源(鹿島)は「自分から今、言うことはない。(ブレーメン関係者が鹿島の試合を)見に来たのは知っていたけど、そこから何かあったわけじゃない」と、現段階で正式なオファーは受け取っていないことを明らかにした。

    「よくあるじゃないですか、『興味がある』と言って終わるパターン。そういうノリになるんじゃないかな」と冗談を交えながら、「自分のプレー次第だと思う。名前が挙がるのはうれしいこと」と胸中を明かした。4月中にもクラブ関係者が再び視察予定という報道にも自ら触れ、「みなさん、どの試合に来るか分かっても俺には絶対言わんといてくださいね」と笑いながら取材陣に呼びかけた。

    意識しないわけがない。UAE戦ではDF吉田麻也のプレーを食い入るように見つめ、「存在感を含めて麻也くんは抜群だった」と舌を巻いた。日本代表不動のセンターバックに君臨する先輩とのポジション争い。吉田は10年1月に当時21歳で名古屋から海を渡ってオランダのVVVへ。12年夏からはサウサンプトンでプレーし、プレミアリーグの猛者たちとしのぎを削っている。

    「今年、25(歳)の年。センターバックは24、25歳でも遅くないという話も聞いたことはあるけど……。 それも(話が)正式になればだけど。(オファーが)来ない限りはよくある“興味”で終わるかもしれないし」

    気になる報道であることは間違いないが、「そういう話も個人的なことなので、まずタイ戦に備えて、(タイ戦が)終わってからその話が来るかもしれないし、自分でもまだ信じていないので」。自身に言い聞かせるように移籍話をシャットアウトし、まずは28日のW杯アジア最終予選・タイ戦(埼玉)に集中する。
    2017-03-25_23h54_20
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170325-01638148-gekisaka-socc
    続きを読む

    GettyImages-466698882

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/03/25(土) 20:36:04.34 ID:CAP_USER9.net
    スポーツ報知 3/25(土) 20:24配信

    J2湘南は25日、ホームで千葉を2―0で破り首位をキープしたが、チョウ貴裁監督(48)が試合中に左ふくらはぎを肉離れするアクシデントに見舞われた。指揮官は後半31分、MF奈良輪雄太が強烈なミドルシュートを決めると大喜びでジャンプ。着地の際に左足を痛めてしまった。柏、浦和などでDFとして活躍していた現役時代も肉離れ経験はなし。「人生で初めて。う~痛い」。それでも攻守にアグレッシブな姿勢を貫き、昇格候補の千葉に完勝しただけに「ナイスゲーム。90分間やるべきことができた」と振り返った。

    ドイツでは当時2部のライプチヒが16年5月に1部昇格を決めた時、ラングニック監督がビールかけで転倒して肉離れになったことが。ケルン体育大への留学経験があり、ドイツ・サッカーに精通している●監督は「ちょっとはライプチヒに近づけたかな。肉離れだけですけど」と苦笑いだった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170325-00000183-sph-socc
    続きを読む

    1:大翔 ★@\(^o^)/:2017/03/25(土) 13:49:12.94 ID:CAP_USER9.net
    2017-03-25_20h15_40
    Football ZONE web 3/25(土) 13:02配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170325-00010007-soccermzw-socc

    今季公式戦5ゴールと好調 昨年12月のクラブW杯では“クリロナポーズ”でその名を轟かす

    鹿島アントラーズFW鈴木優磨が、ブンデスリーガに移籍する可能性が浮上している。ドイツのサッカー移籍専門メディア「transfermarkt.de」が報じている。

    鹿島ジュニアユースからの生え抜きストライカーは、昨季リーグ戦で8ゴールを決めてブレーク。Jリーグ年間優勝に貢献し、昨年12月のFIFAクラブワールドカップ準決勝アトレティコ・ナシオナル戦(3-0)ではゴールを決めた後、尊敬するクリスティアーノ・ロナウドのゴールパフォーマンスを完全コピー。一躍欧州に「Suzuki」の名前を轟かせた。

    今季も主にスーパーサブの役割ながら、リーグ戦でチームトップの2ゴール、公式戦で5ゴールを決める活躍を見せている鈴木について、「複数のブンデスリーガのクラブが、今夏の移籍市場で鈴木優磨に興味を示している」と報じている。

    鈴木は粗削りながら、身体を張ったプレーと抜群の決定力を誇る。鹿島出身の選手としてはシャルケのDF内田篤人、ケルンの日本代表FW大迫勇也、ドルトムントの韓国代表DFパク・チュホがブンデスリーガで現在プレーしている。

    伸びしろ抜群でハリルジャパンへの招集の期待も高まる鈴木だが、ドイツへ新天地を求めることになるのだろうか。
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/03/24(金) 05:05:07.65 ID:CAP_USER9.net
    鹿島アントラーズの日本代表DF昌子源(24)が、ブンデスリーガのブレーメンの今夏補強候補にリストアップされたことが23日、分かった。

    昨年12月のクラブW杯決勝で、レアル・マドリード(スペイン)FWロナルドと真っ向勝負を演じるなど、1対1の強さを高く評価。今月上旬に試合を視察した強化担当者が4月にも再来日してプレーを確認し、獲得オファーの最終決断をする意向だ。
    2017-03-24_10h56_53
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170324-01796696-nksports-socc
    日刊スポーツ 3/24(金) 5:00配信
    続きを読む

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/03/23(木) 18:00:22.95 ID:CAP_USER9.net
    ベガルタ仙台は23日、FW平山相太の負傷離脱を発表した。

    クラブ公式サイトの発表によると、平山は左足くるぶし付近の腱を脱臼したという。11日に手術を行い、完治に約3カ月かかる見込みだ。

    平山は1985年生まれの31歳。国見高校から筑波大学へ進学し、オランダのヘラクレス・アルメロでプロキャリアを開始した。その後FC東京に加入し、今シーズンから仙台でプレーしている。
    2017-03-23_21h28_03
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170323-00566383-soccerk-socc
    続きを読む

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/03/23(木) 18:37:02.83 ID:CAP_USER9.net
    FW浅野拓磨が来季もシュツットガルトに残留する可能性が高いことが分かった。ドイツ『ビルト』が報じている。

    浅野は昨年7月、広島からアーセナルに完全移籍。しかし、労働許可が下りず、8月にドイツ2部のシュツットガルトに今季終了までの1年契約で期限付き移籍した。加入後は主力の一人としてリーグ戦21試合に出場。2得点にとどまっているものの、FWシモン・テロッデやFWカルロス・マネら前線の選手と息の合った連携を見せている。

    クラブのヤン・シュインデルマイザーSD(スポーツディレクター)は「拓磨は来季もシュツットガルトでプレーする可能性が高い」と、期限付き移籍期間を延長することを示唆。「浅野やマネがレンタルの選手だとは誰も考えていない。彼らは5年プレーしていたかのように溶け込んでいる」と信頼を寄せ、「今月中にアーセナルと連絡を取る予定だ」と話している。

    1年での1部復帰を目指すシュツットガルトは18日に行われた第25節 G・フュルト戦(0-1)で8試合ぶりに敗れると同時に首位から陥落。ウニオン・ベルリンを勝ち点「1」差で追走している。
    2017-03-23_19h31_35
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170323-01638062-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/03/23(木) 00:26:24.60 ID:CAP_USER9.net
    現在はヴォルフスブルクのチーフスカウトを務める元ドイツ代表MFピエール・リトバルスキー氏が、FWルーカス・ポドルスキのJリーグ挑戦を歓迎した。ドイツ『スカイ・スポーツ』が伝えた。

    リトバルスキー氏は、かつてジェフユナイテッド市原、ブランメル仙台でプレー。監督としても横浜FC、アビスパ福岡で指揮を執った経験がある。

    選手としてだけでなく、監督としてもJリーグ、日本サッカーをよく知るリトバルスキー氏は、ポドルスキのヴィッセル神戸移籍を歓迎した。

    「間違いなく正しい移籍だと思う。彼は近年フットボールを楽しんでいない。ここ数年、彼の笑顔を見ていないからね。日本に行くことで、フットボールの楽しみを再び見つけることができるだろう」

    「彼は日本で別の世界を観るはずだ。試合後、アウェイチームのファンに声援を送られれば、彼はきっと驚くだろう。それはリスペクトであり、日本人が彼の到着を楽しみにしている。居心地は良いはずだ」

    また、日本語という言葉の壁についてリトバルスキー氏は、ポドルスキが自身のやり方で乗り越えるだろうと見解を示した。

    「最初はコミュニケーションをとるのが難しいだろう。彼らに良い通訳がいればいいが、そうでなくても彼はオープンな性格で上手く乗り越えるだろう。1つか2つの日本語を学ぶことで、観客は無条件で愛してくれるだろう」

    超ワールドサッカー / 2017年3月22日 20時10分
    https://news.infoseek.co.jp/article/webultrasoccer_271381/

    写真

    続きを読む

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/03/21(火) 19:15:09.51 ID:CAP_USER9.net
    2017-03-21_20h57_21
    【総合】1位の座はポドルスキ次第で変動も。

    新シーズンが幕を明けたJリーグは、J1とJ2が4節、J3が2節を終えた段階だ。今回はその計57クラブの選手の市場価値を調べ、総合ランキングとポジション別のランキングを作成した。
     
    参考にしたのは世界中の移籍情報を扱うウェブサイト『transfermarkt』の推定市場価格。近年の成績とパフォーマンスをはじめ、年齢、ポテンシャル、マーケットでの人気度、そして実際の移籍金などを総合して、“選手の価値”を算出するものだ。
     
    いちウェブサイトの独自算定にもかかわらず、『transfermarkt』の推定市場価格には世界中のサッカー関係者が高い信頼を寄せている。Jクラブ所属選手の価値を図るうえでも、指標のひとつとなるはずだ。
     
    ちなみに、30歳を過ぎると移籍金と同じくこの推定市場価格も大きく下落する。
     
    まずは、総合ランキングを見ていこう(1ユーロ=120円で換算)。
     
    【総合ランキング】
    1位:清武弘嗣(C大阪/MF)500万ユーロ(約6億円)
     
    2位:ラリベイ(千葉/FW)400万ユーロ(約4億8000万円)
     
    3位:ヴィクトール・イバルボ(鳥栖/FW)、ニウトン(神戸/MF)350万ユーロ(約4億2000万円)
     
    5位:チアゴ・アウベス(清水/FW)240万ユーロ(約2億8800万円)
     
    6位:ウーゴ・ヴィエイラ(横浜/FW)200万ユーロ(約3億円)
     
    7位:森重真人(FC東京/DF)180万ユーロ(約2億1600万円)
     
    8位:青山敏弘(広島/MF)、塩谷司(広島/DF)160万ユーロ(約1億9200万円)
     
    9位:西川周作(浦和/GK)、柏木陽介(浦和/MF)、槙野智章(浦和/DF)、山口蛍(C大阪/MF)、
    ディエゴ・オリベイラ(柏/FW)150万ユーロ(約1億8000万円)
     
    1位はスペインの強豪セビージャから古巣に帰還した清武弘嗣だ。市場価格はC大阪がセビージャに支払ったという500万ユーロ(約6億円)そのまま。Jクラブに所属する日本人選手では群を抜いて高く、その額は5位に入った森重真人の約2.8倍である。
     
    ただし、清武の1位は今夏までの限定かもしれない。すでに神戸がガラタサライからルーカス・ポドルスキを獲得することを発表しており、夏に合流する可能性が高いからだ。
     
    この元ドイツ代表FWの現時点での評価額は600万ユーロ(約7億2000万円)。所属元のガラタサライは移籍金を260万(約3億1200万円)ユーロと発表したものの、ポドルスキの実績を考えれば、市場価値が大きく下がるとは思えない。『transfermarkt』も、500万ユーロ前後の値をつけてくる可能性が高い。
     
    話を現在のランキングに戻すと、2位に入ったのは以外にもJ2所属の選手だった。今季、UAEのバニーヤースから千葉に新加入したアルゼンチン人のラリベイだ。
     
    このストライカーは、13-14シーズンにラージョ・バジェカーノで12ゴール、翌14-15シーズンにセルタで11ゴールと結果を残した。スペイン1部での2年連続の二桁ゴールが、400万ユーロ(約4億8000万円)という高い評価に繋がっているのだろう。
     
    3位は3月に入って鳥栖に電撃加入したコロンビア代表FWのイバルボと、かつてインテルが獲得に動いたと言われているニウトン、5位が同じく3月に清水に入団した名門サントス出身のチアゴ・アウベス、6位には15-16シーズンにセルビアの名門レッドスターで20得点を挙げ、年間最優秀選手を受賞したウーゴ・ヴィエイラが入った。
     
    Jリーグ叩き上げの選手は7位からの登場で、7位には日本代表レギュラーの森重真人。8位には15年からJ1リーグ2連覇を成し遂げた広島のふたりがラインクインしている。
    続きを読む

    1:プーアル ★@\(^o^)/:2017/03/20(月) 22:18:11.05 ID:CAP_USER9.net
    経営が悪化しているサッカーJ2のV・ファーレン長崎は20日、株主への説明会を長崎市で開き、筆頭株主で通信販売大手のジャパネットホールディングス(長崎県佐世保市)が、全株式取得の意向を示した。今週中に書面で回答を受け、取得を始める。4月にも選手らの給料未払いが生じる可能性があったが、回避できる見通し。

    ジャパネットによると全63組のうち、70%以上を保有する31組の株主が参加、おおむね好意的な反応だったという。創業者の高田明氏は「県民のために一肌脱いで頑張る」と語り、J2長崎の荒木健治会長は「県内事業者で経営してもらえる流れを作れて良かった」と述べた。


    https://this.kiji.is/216512160674824196?c=39546741839462401
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ