海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: Jリーグ

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/24(火) 12:59:36.25 ID:CAP_USER9.net
    日本代表FW浅野拓磨も所属するシュツットガルトは、ブンデスリーガ2部でここまで17試合を戦って3位につけている。首位ブラウンシュバイクとの勝ち点差は2となっており、今のところは良い位置にいると言えるだろう。

    そのシュツットガルトで評価されているのが攻撃力だ。シュツットガルトはここまでハノーファーに次いで多い30得点を記録しており、攻撃力は高い。

    独『Kicker』も最前線のシモン・テロッデ、両翼のカルロス・マネ、そして浅野のトリオを評価しており、攻撃面についてはほとんど文句がないようだ。

    それはデータにも表れている。テロッデはここまでチームトップの11得点を記録しており、彼の得点力が大きなカギを握っている。さらにウイングのマネも4得点4アシスト、浅野も負けじと2得点4アシストを記録している。

    さらに、浅野の持ち味でもあるスピードも効いている。データサイト『Whoscored』によると、浅野はここまで1試合平均のドリブル成功回数が1・5回で、これはマネの2・3回に次ぐチーム2番目の成績だ。その下には1・2回で攻撃的サイドバックのエミリアーノ・インスアがつけており、サイドの攻撃力は凄まじい。

    しかも前線には浅野らトリオに加えてダニエル・ギンチェク、かつてバイエルンにも所属していたアメリカ人FWジュリアン・グリーンも昨年12月に加入しており、『Kicker』はこうした面々にも期待をかけている。

    今後はポジション争いも激しくなっていくはずで、浅野も結果を出していく必要があるだろう。

    同メディアは21失点の守備面は改善すべきポイントがあると伝えているものの、浅野ら攻撃陣が爆発を続ければ1部昇格も見えてくる。今後アーセナルに戻る可能性を残すためにも浅野には結果が求められるが、後半戦もスピードを活かしたプレイでゴールに絡んでほしいところだ。

    2017年01月24日(火) 03時15分配信
    http://www.theworldmagazine.jp/20170124/01world/germany/105985

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/24(火) 13:18:42.25 ID:CAP_USER9.net
    トルコ地元紙は「ガラタサライ経営陣は1秒も検討せずに提案を拒否」と報道

    J1ヴィッセル神戸はガラタサライの元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキの獲得で秒読み段階に突入したと報じられる一方、交渉は移籍金を巡り土壇場で暗礁危機を迎えているようだ。

    トルコ地元紙「ハリイェット」によると、ガラタサライは神戸の移籍金の安さに激怒。一蹴した挙句、値上げに踏み切ったと報じている。

    「ポルディ王子」の異名を持つスターのJリーグ上陸はすんなりといかないのだろうか記事では「ヴィッセル神戸のルーカス・ポドルスキへのオファーは、ガラタサライを激怒させた」と報じられている。

    ガラタサライは少なくとも500万から600万ユーロ(約6億~7億2000万円)の移籍金を求めているが、神戸からのオファーは300万ユーロ(約3億6000万円)だったという。設定額の約半額というオファーの低さに、トルコの強豪は不満を示しており、これが交渉難航を招いたという。

    「ガラタサライの経営陣は1秒も検討せずにこの提案を拒否した」とレポートされており、ポドルスキの代理人のナシム・トウイリ氏は神戸側に「我々はこの金額ではポドルスキを明け渡さない。絶対だ」というガラタサライの怒りの言葉を伝えたという。

    「日本人がオファーで怒らせた」で移籍金上昇

    ガラタサライ側は500万ユーロでの放出を認めていたが、記事では「500万ユーロで放出は承認されると思われていた。だが、日本人がオファーで怒らせたことで、それは破棄された」と移籍金が上昇したと指摘。700万ユーロ(約8億4000万円)を改めて要求していると報じられている。

    神戸からの半額オファーに憤怒のクラブ幹部はポドルスキに今季終了時までの残留を説得に乗り出すという。今季のJリーグの目玉選手と期待されている2014年ブラジル・ワールドカップ優勝メンバーのポルディ王子はJリーグの舞台でその勇姿を披露することができるのだろうか。

    Football ZONE web 1/24(火) 12:50配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170124-00010007-soccermzw-socc

    写真

    続きを読む

    2017-01-24_10h17_01
    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/24(火) 08:00:09.99 ID:CAP_USER9.net
    各チームが始動して、各選手の張り切った顔が見られるようになってきました。その中でなかなか契約が発表されない主力選手たちがいます。

    たとえば横浜FMの齋藤学や、鹿島の柴崎岳ははたして、今年どこでプレーするのかまだわかりません。

    多分、彼らに焦りはないと思います。僕の時代と違って、今は代理人がさまざまな段取りを取ってくれます。自分で何もかもやらなければいけなかった時代からは大きく変わりました。

    様々な不安や葛藤はあるでしょうが、選手の負担は少なくなったと言えるでしょう。だからぜひ、新しい環境に積極的にチャレンジして欲しいと思います。

    そしてもし望んだ挑戦が出来なかったとしても、多分横浜FMや鹿島はちゃんと席を用意してくれることでしょう。そういうフォロー体制もしっかりしていると思います。

    ただ、今回なぜ移籍話が長引いたのかという点については考えなければいけないでしょう。僕はそれが冬の移籍市場だからではないかと思っています。

    ヨーロッパでは秋にシーズンがスタートし、春に終わりを迎えます。となると、春から夏にかけての移籍市場は新しい戦力を積極的に取って、新しいチームの組み立てを試すことが出来ます。

    ところが冬の市場だと、そこまでに出来ているチームの、欠けたピースを補強することになります。となると、よほどうまく選手のタイプが合致しないと、なかなかすんなりは決まりません。

    ですから、海外に行こうと思っている選手は冬の市場の移籍がダメでも、夏にチャンスが広がると思います。ただ、そうなるとJクラブはシーズン途中で主力選手を失うことになり、大きな影響が出ます。

    そういう点を考えると、僕はシーズンを秋春制に移行したほうがいいと思います。もちろん寒い地域では、冬の間のホームゲームが大変だという問題は出てくるでしょう。

    ですが、寒い地域でサッカーをしている例はヨーロッパにもたくさんあります。そのノウハウを輸入してはどうでしょうか。

    もちろんコストはかかるでしょう。ただし、大きな放映権料が入ることになったのですから、財源は考えられるのです。確かに資金を成績に応じた賞金に振り分けるのもいいでしょう。

    ですが、少し遠回りをするように見えても、インフラの整備をすることが未来につながるように、僕には思えます。

    2017年1月23日 8時36分 ZONO'S EYE
    http://news.livedoor.com/article/detail/12575980/
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/24(火) 09:26:50.17 ID:CAP_USER9.net
    ヴィッセル神戸が元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ獲得が間近と報じられる中、ガンバ大阪もビッグネームの獲得に乗り出していることがわかった。ブラジル『Sportv4』が報じている。

    報道によれば、G大阪が獲得に動いているのは、ペルー代表のFWパオロ・ゲレーロ(33)だという。

    ゲレーロは、過去にバイエルンやハンブルガーSVでプレーし、コリンチャンスに在籍していた2012年には、日本で開催されたクラブW杯でブロンズボールを受賞するなど優勝に大きく貢献していた。

    2015年5月からはフラメンゴに在籍している。また、ペルー代表としても中心選手として活躍し、コパ・アメリカでは2度の得点王に輝いている。

    ゲレーロの代理人はG大阪からオファーを受けたことを認めたようで、数日でゲレーロがフラメンゴを去る事が出来ることも確認されている。

    G大阪は2500万レアル(約8億9000万円)を準備しており、すでに交渉段階に入っているようだが、Jリーグにビッグネーム加入となるのだろうか。

    ゲキサカ 1/24(火) 9:18配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170124-01636144-gekisaka-socc

    写真



    フラメンゴ公式
    http://www.flamengo.com.br/site/perfil/detalhe/558/guerrero

    成績 AS紙(スペイン)
    http://resultados.as.com/resultados/ficha/deportista/guerrero/15429/
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/24(火) 06:28:16.38 ID:CAP_USER9.net
    FC東京が、FCソウルの元日本代表MF高萩洋次郎(30)を獲得することが24日、確実となった。

    複数の関係者によると、すでに高萩は帰国し、近日中にもクラブから正式発表される。沖縄・国頭キャンプにも合流するという。

    広島では2012年からJ1を連覇。昨季はソウルでKリーグ王者に輝いた。日韓王者のタイトルを持つ司令塔が、東京に天性のパスセンスと、勝者のメンタリティーを持ち込む。
    2017-01-24_08h02_09
    デイリースポーツ 1/24(火) 6:02配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170124-00000016-dal-socc
    続きを読む

    613edd67

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/23(月) 20:59:17.42 ID:CAP_USER9.net
    横浜Mがセルビア1部・レッドスターのマケドニア代表MFダビド・バブンスキー(22)を獲得する見込みであることが22日、分かった。

    関係者によると既にタイ1次キャンプ(20~27日)に練習生として参加している。モンバエルツ監督(61)ら首脳陣がキャンプで適性を見極めた上で、最終的な判断を下すもようだ。

    バブンスキーは、かつてバルセロナの下部組織に所属し、スペイン代表MFイニエスタの後継者として期待された右利きの技巧派。本職はトップ下で、磐田に移籍したMF中村俊輔(38)の穴を埋める選手として期待している。マケドニア代表では通算8試合に出場している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170122-00000373-sph-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/23(月) 10:11:38.51 ID:CAP_USER9.net
    鹿島MF柴崎岳(24)のスペイン1部ラスパルマス移籍が22日、決定的となった。

    今冬の欧州移籍を希望し、鹿島側も容認。近日中にラスパルマスから正式オファーが届き、今週中にも合意する見通しとなった。チームはこの日午前にタイ遠征へ出発したが、渡欧に備えるため柴崎は同行せず、茨城・鹿嶋市内で1人だけで練習を行った。
    2017-01-23_10h43_23
    日刊スポーツ 1/23(月) 5:09配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170123-01768884-nksports-socc

    鹿島石井監督、柴崎の移籍大詰めに「うれしい」

    鹿島MF柴崎岳(24)のスペイン1部ラスパルマス移籍が22日、決定的となった。今冬の欧州移籍を希望し、鹿島側も容認。近日中にラスパルマスから正式オファーが届き、今週中にも合意する見通しとなった。チームはこの日午前にタイ遠征へ出発したが、渡欧に備えるため柴崎は同行せず、茨城・鹿嶋市内で1人だけで練習を行った。

    鹿島石井監督は、タイ遠征に出発する成田空港で柴崎への思いを明かした。「(移籍が)大詰めになっているようなので、日本に残ることになった。海外でプレーすることは本人の夢でしたし、再出発になると思うのでうれしい」。

    入団時にはコーチ、15年途中からは監督として、チームや日本代表での喜びや苦労も間近で見てきた。「上手になる選手は、こういう風なんだなと。感情を表にあまり出さなくても、努力をし続ける選手で、強いものを持っていた。

    世界に行くんだなと、あらためて思う」。タイでは24日にスパンブリ、26日にバンコク・ユナイテッドと対戦し、柴崎が抜けても戦える準備を進める。

    日刊スポーツ 1/23(月) 7:55配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170123-01768921-nksports-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/22(日) 20:38:04.97 ID:CAP_USER9.net
    風間八宏体制5年目。川崎フロンターレは大きな決意を持ってクラブ20周年となる2016シーズンに臨んだが、結果はまたも無冠に終わった。

    リーグ最高の攻撃力を武器に年間成績は浦和レッズに次ぐ2位。しかし、ステージ優勝がかかった1stステージ最終節、年間1位がかかった2ndステージ最終節、チャンピオンシップ準決勝、さらには天皇杯決勝と、大事な一戦をことごとく落とし、悲願の初タイトルに今回も手が届かなかった。

    風間監督は昨季をもって退任(その後、名古屋グランパスの監督に就任)。風間監督のもとでコーチを務めていたクラブOBの鬼木達氏が新監督に就任している。

    戦力面では、同僚のFW小林悠とともに昨季も日本人最多得点を記録したFW大久保嘉人がFC東京へ移籍。一方で、ACLとの掛け持ちとなるシーズンに向けてMF家長昭博(大宮)、MF阿部浩之(G大阪)、DF舞行龍ジェームズ(新潟)などを補強している。

    その川崎が22日、2017シーズンの新ユニフォームを発表した。

    Kawasaki Frontale 2017 Puma Home
    no title


    新ユニフォームのコンセプトは、今季のキャッチフレーズと同じ『Paint it Blue』。

    ホーム(1st)は、フロンターレブルーを基調にしたピンストライプ柄を採用。また、節目となる20周年を経て、クラブがまた新たな一歩を踏み出すにあたり、もう一度初心に戻り、一体感のある雰囲気を作り上げるための象徴となるよう、クラブ初の全身フロンターレブルーのデザインを採用している。

    no title
    ca3b82e2-c019-4d10-b557-b184901e4de8


    Kawasaki Frontale 2017 Puma Away
    no title


    アウェイは白を基調にしたデザイン。正面に『Paint it Blue』のコンセプトを大胆に表現したグラフィックを配している。

    d4d6dd46-155b-4ff6-8631-b9cf3deab259
    b6ae8335-a509-4954-9d55-0d3e0dca7cb7
     

    GKユニフォームはお馴染みの緑。なお、肩から袖にかけてPuma伝統のアパレルフォームストライプは他のPuma勢同様、ドットプリントで表現することで、軽量化と袖内側部分のフィット性を高め、プレーヤーのパフォーマンス向上を実現した。
    d7c827ca-a166-47b9-96ef-fcb680ab390c



    ユニフォームスポンサーは、胸の「富士通」、背中上部の「SMBC日興証券」、背中下部の「ニフティ」、袖の「富士通マーケティング」、パンツの「PFU」がいずれも継続。胸スポンサーは引き続き、ホームが「FUJITSU」、アウェイが「arrows」のロゴだ。

    さらに、AFCチャンピオンズリーグ用の新ユニフォームも登場。

    Kawasaki Frontale 2017 Puma ACL
    af52e759-7705-4ddc-a983-b2044974fb1f


    通常のホームと同じくフロンターレブルーを基調に、カモ柄風の模様が身頃に取り入れられている。
     34278374-5a8f-463b-b97b-9d5ab90bd935



    b70708de-e07a-4b15-95d6-01e732839492

    こちらは黒パンツとの組み合わせ。ACL以外の新ユニフォームはこの後、22日の21時から販売が開始される。

    ちなみに、ACLはJリーグに先駆けて2月21日に開幕。川崎は、韓国の水原三星ブルーウィングス、香港のイースタンSC、中国の広州恒大と同じグループを戦う。

    http://qoly.jp/2017/01/22/kawasaki-frontale-2017-puma-kit-oks-1?part=3
    続きを読む

    2016-12-19-kashima-shibasaki-02_yzxl35uq4cad1xl3ug0pcfmys
    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/22(日) 18:18:26.12 ID:CAP_USER9.net
    スペイン1部ラスパルマスが、鹿島のMF柴崎岳(24)と早ければ来週にも契約に合意する可能性が出てきたと21日、スペイン紙マルカ(電子版)が報じた。

    20日時点でリーグ10位につけるラスパルマスは、1月の移籍期間で本命として狙っていたパリSGの元U-21スペイン代表FWヘセ・ロドリゲス(23)の獲得が難しくなったため、「プランB」として一時中断していた柴崎側との交渉を再開。スペインの複数クラブもオファーを出しており競合となっているが、交渉でリードするラスパルマスは週明けの合意を目指しているという。
    http://mainichi.jp/articles/20170122/spn/00m/050/008000c
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/22(日) 14:59:19.33 ID:CAP_USER9.net
    【スコア】
    ジェフユナイテッド千葉 1-3 FC琉球

    【得点者】
    0-1 28分 富樫佑太(琉球)
    0-2 45分 才藤龍治(PK)(琉球)
    0-3 50分 OG(熊谷アンドリュー)(琉球)
    1-3 65分 菅嶋弘希(千葉)

    http://www.jleague.jp/match/nyc/2017/012201/livetxt/

    2017 JリーグDAZNニューイヤーカップ沖縄ラウンドの第1戦が22日に行われ、ジェフユナイテッド千葉(J2)とFC琉球(J3)が対戦した。

    千葉、琉球、北海道コンサドーレ札幌(J1)の3チームで争われる沖縄ラウンド。フアン・エスナイデル新監督体制でJ1昇格を狙う千葉は、10年ぶりに復帰したMF羽生直剛や、新加入のMF清武功暉らが先発に名を連ねた。一方、J2昇格を目指す琉球はMF富樫佑太やFW才藤龍治がスタメン起用された。

    序盤から細かいパス回しで試合の主導権を握った琉球は28分、ペナルティエリア手前中央で知念雄太朗からのパスを受けた富樫が右足ダイレクトのシュートをゴール左隅に突き刺し、先制に成功した。さらに前半終了間際の45分、エリア内でファウルを受けた才藤がPKを自ら成功させ、琉球が2点をリードして前半を折り返す。

    2点ビハインドの千葉はハーフタイムに8名を入れ替え、FW船山貴之や、青森山田高校から加入した高橋壱晟らを投入した。後半立ち上がりの50分、千葉は自陣でルーズボールを拾った熊谷アンドリューが浮き球でGK岡本昌弘にバックパスを送ると、風に乗ったボールはワンバウンドして岡本の頭上を超え、オウンゴールとなってしまった。

    千葉は65分にゴール前の混戦から菅嶋弘希が左足のシュートを決めて1点を返したが、その後は得点を奪うことができず、試合はこのまま3-1で終了。琉球が千葉を下して白星スタートを切った。千葉は25日に、琉球は28日にそれぞれ札幌と対戦する。
    2017-01-22_16h31_03
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170122-00544462-soccerk-socc


    DAZNニューイヤー杯 公式
    http://www.jleague.jp/nyc/2017/

    動画
    https://grabyo.com/g/v/7DlqCgVz4vs
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ