海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: Jリーグ

    1:Egg ★ :2017/10/22(日) 16:13:12.69 ID:CAP_USER9.net
    野球評論家の張本勲氏(77)が、2017年10月22日放送の「サンデーモーニング」(TBS系列)で、浦和レッズについて言及したことにツイッター上では「ふざけんな」などと批判の声があがっている。

    浦和レッズが18日のアジア・チャンピオンズリーグ(以下、ACL)準決勝第2戦で、上海上港に1-0で勝利し、日本勢としては10年振りの決勝進出を決めたことに対し、張本氏は「優勝したら莫大な金額が手に入る」と発言した。

    ■「優勝したら莫大な金額が出るからね」

    同試合のVTRが放送され、コメントをする場面で張本氏は

    「浦和はこれを目標にしていたんじゃないの。Jリーグは勝てないから。これ(ACL)が優勝したら莫大な金額が出るからね」

    とコメント、「勝ってもらいたいな」と締めた。

    21日の日刊スポーツによると、ACLの優勝賞金は約3億3000万円、大会規定のボーナスに加え、日本サッカー協会から8000万円のボーナスがあるとされ、合計で約4億8000万円もの賞金が出るという。

    浦和レッズはJ1で22日現在、勝ち点45で7位。2017年は残り5試合だが、1位の鹿島アントラーズとは19点差があり、優勝は不可能とされる。

    ツイッター上では、張本氏の今回の発言に対し、

    「張本にカツ!だ」
    「張本はサッカーについて一切コメントするな!」
    「張本がいかに知ったかぶりかがわかるなw」

    などと批判の声があがっている。
    2017-10-22_16h54_30
    10/22(日) 15:19配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171022-00000007-jct-ent
    続きを読む

    2017-10-22_08h01_26

    1:Egg ★ :2017/10/22(日) 07:41:58.61 ID:CAP_USER9.net
    ドイツ2部デュッセルドルフのFW宇佐美貴史(25)の妻で、女優でキャスターの宇佐美蘭(26)が22日、自身のインスタグラムを更新。第2子妊娠を発表した。

    「こんにちは。この度、第2子を授かることができました!無事安定期に入り、体調も落ち着きましたので、ご報告させてください。家族が増えることを楽しみに、出産までの間をゆっくりと過ごしたいと思います」

    2011年6月に結婚。15年12月、第1子長女を出産した。

    スポニチアネックス2017年10月22日07時38分
    https://news.infoseek.co.jp/article/sponichin_20171022_0083/
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/21(土) 20:59:40.99 ID:CAP_USER9.net
    ■横浜Fマリノス 3-2 鹿島アントラーズ [日産スタジアム]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/102117/live/#live

    [横]伊藤翔(3分)
    [横]天野純(13分)
    [鹿]山本脩斗(45分+2)
    [鹿]植田直通(66分)
    [横]オウンゴール(74分)

    2017明治安田生命J1リーグ第30節が21日に行われ、横浜F・マリノスと鹿島アントラーズが対戦した。

    横浜FMは10得点を挙げているウーゴ・ヴィエイラが負傷のため一時帰国。伊藤翔が17試合ぶりの先発出場となった。鹿島は金崎夢生が出場停止明け。ペドロ・ジュニオールとの2トップで臨む。

    立ち上がり3分、天野純のCKに伊藤が頭で合わせ、横浜FMが先制する。伊藤は今季初得点となった。続く14分、天野が植田直通からボールを奪うと、冷静にゴールへと流し込み追加点。対する鹿島は前半アディショナルタイム、レオ・シルバのCKから山本脩斗が蹴り込んで1点を返す。
     
    後半に入り66分、再びレオ・シルバのCKから植田が頭で合わせ、鹿島が同点に追いつく。同点を許した横浜FMは74分、山中亮輔の裏へのパスに途中出場の遠藤渓太が反応。遠藤が反転からシュートを放つと、GK曽ヶ端準の弾いたボールが昌子源に当たってゴールネットに吸い込まれた。

    試合は3-2で終了。横浜FMは首位の鹿島を下し、2試合ぶりの勝利。鹿島は2試合ぶりの黒星で、2位川崎フロンターレとの勝ち点差が「2」に縮まった。

    次節、横浜FMはジュビロ磐田、鹿島は北海道コンサドーレ札幌とそれぞれアウェイで対戦する。

    サッカーキング 10/21(土) 20:56配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171021-00658659-soccerk-socc

    写真



    ◆順位表
    http://www.jleague.jp/sp/standings/j1

    ◆エルゴラ
    http://sp.soccer.findfriends.jp

    ◆DAZN
    https://www.dazn.com/ja-JP

    ◆DAZN for DOCOMO
    https://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/index.html?icid=CRP_TOP_mainPR_CRP_SER_d4d
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/21(土) 17:58:23.72 ID:CAP_USER9.net
    ■FC東京 1-2 北海道コンサドーレ札幌 [味の素スタジアム]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/102116/live/#live

    [札]ジェイ(47分)
    [札]ジェイ(59分)
    [F]チャン・ヒョンス(65分)

    2017明治安田生命J1リーグ第30節が21日に行われ、FC東京と北海道コンサドーレ札幌が対戦した。

    FC東京は大久保嘉人が2試合ぶりに先発復帰。札幌も前節途中出場のチャナティップがスタメンに名を連ねている。

    開始1分、都倉賢がポスト直撃のシュートを放つと、27分には荒野拓馬の強烈なミドルシュート。GK大久保択生が好セーブで防いたが、アウェイの札幌が決定機を作り出す。

    後半に入り47分、福森晃斗のFKを都倉が折り返すと、最後はジェイが右足で決めて札幌が先制する。続く59分には都倉のクロスにジェイが頭で合わせて追加点。対するFC東京は65分、太田宏介のCKをチャン・ヒョンスが頭で押し込み1点差に迫る。

    試合は1-2で終了。FC東京は4試合勝利なし。一方の札幌は今季0勝4分け11敗と苦手としていたアウェイで勝ち点3を掴んだ。

    次節、FC東京は清水エスパルスと、札幌は鹿島アントラーズとそれぞれホームで対戦する。
    2017-10-21_18h44_52
    ゲキサカ 10/21(土) 17:55配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171021-00658651-soccerk-socc


    ◆順位表
    http://www.jleague.jp/sp/standings/j1

    ◆エルゴラ
    http://sp.soccer.findfriends.jp

    ◆DAZN
    https://www.dazn.com/ja-JP

    ◆DAZN for DOCOMO
    https://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/index.html?icid=CRP_TOP_mainPR_CRP_SER_d4d
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/21(土) 17:02:33.47 ID:CAP_USER9.net
    ■ジュビロ磐田 2-2 アルビレックス新潟 [ヤマハスタジアム]

    [磐]大井健太郎(39分)
    [新]ホニ(25分)
    [新]河田篤秀(45分+2)
    [磐]アダイウトン(90分+4)


    2017明治安田生命J1リーグ第30節が21日に行われ、ジュビロ磐田とアルビレックス新潟が対戦した。

    最下位の新潟は負ければ無条件で来季のJ2降格が決まる状況。引き分け以上でも他会場の結果次第では今節でJ2降格が決定するおそれがある。

    先に試合を動かしたのは崖っぷちのアウェイチームだった。25分、新潟はゴール前で磐田DFのクリアミスがホニの前に転がり、これをホニがきっちり沈めて先制に成功する。しかし39分、磐田は中盤でFKを獲得すると、中村俊輔のボールを大井健太郎が足で合わせて同点に追いついた。前半アディショナルタイム2分、新潟はホニが相手陣内右サイドのコーナーフラッグ付近でボールを奪うと、クロスを河田篤秀が押し込んでゴール。勝ち越しに成功する。前半はアウェイの新潟が1点リードで折り返した。

    ハーフタイムに突入すると同時に、他会場では残留を争うヴァンフォーレ甲府、サンフレッチェ広島、大宮アルディージャの試合が終了。甲府と広島が敗れ、大宮が引き分けたため、新潟はこの試合に引き分け以上で今節の降格を回避することとなる。

    後半、1点を追いかける磐田が反撃を見せるが、新潟も必死の守備で応戦し、カウンターからホニらが追加点をうかがう。84分、磐田はPA手前で川又堅碁のポストプレーから山田大記がシュートを放ったが、GK大谷幸輝の正面。このまま新潟が今季初の連勝を飾るかと思われた、後半アディショナルタイム4分だった。磐田は左サイドでFKを獲得すると、クロスをアダイウトンがヘディングで決めて同点に追いつく。試合はこのまま2-2で終了。新潟は勝利を挙げることができなかったものの、今節でのJ2降格を回避した。

    次節、29日に磐田は横浜F・マリノスと、新潟はサガン鳥栖と、ともにホームで対戦する。

    10/21(土) 17:00配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171021-00658635-soccerk-socc

    写真


    ◆順位表
    http://www.jleague.jp/sp/standings/j1

    ◆エルゴラ
    http://sp.soccer.findfriends.jp

    ◆DAZN
    https://www.dazn.com/ja-JP

    ◆DAZN for DOCOMO
    https://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/index.html?icid=CRP_TOP_mainPR_CRP_SER_d4d
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/21(土) 16:03:45.51 ID:CAP_USER9.net
    ■ベガルタ仙台 0-0 清水エスパルス [ユアテックスタジアム]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/102111/live/#live


    ■大宮アルディージャ 1-1 柏レイソル[NACK5スタジアム]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/102112/live/#live

    [柏]ハモン・ロペス(43分)
    [大]マテウス(90分+3)


    ■セレッソ大阪 2-0 ヴァンフォーレ甲府 [金鳥スタジアム]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/102113/live/#live

    [C]杉本健勇(5分)
    [C]杉本健勇(52分)


    ■ヴィッセル神戸 1-2 サガン鳥栖 [ノエビアスタジアム]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/102114/live/#live

    [神]ルーカス・ポドルスキ(13分)
    [鳥]ビクトル・イバルボ(17分)
    [鳥]キム・ミンヒョク(38分)


    ■サンフレッチェ広島 0-3 川崎フロンターレ[エディオンスタジアム]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/102114/live/#live

    [川]谷口彰悟(40分)
    [川]三好康児(45分+1)
    [川]小林悠(85分)


    2017明治安田生命J1リーグ第30節が21日に行われ、サンフレッチェ広島と川崎フロンターレが対戦した。

    ホームの16位・広島は降格争い、アウェイの2位・川崎は優勝争いの真っただ中とあり、両者ともに是が非でも勝ち点3が欲しい一戦。広島は最前線に皆川佑介が入り、パトリックはベンチスタートとなった。一方の川崎はエドゥアルド・ネットと家長昭博が出場停止。ボランチには谷口彰悟が入り、センターバックにはエドゥアルドが起用された。左サイドハーフは長谷川竜也が務める。

    まずは5分、川崎はゴール前でボールを受けた森谷賢太郎が強烈なミドルシュートを放ったが、ここは広島GK中林洋次に防がれた。さらに13分、左サイドを突破した長谷川のクロスを小林悠が頭で合わせたが、ここも中林のファインセーブに遭う。

    15分、広島は左CKの流れから皆川がシュート。至近距離から放たれた決定的な一撃だったが、ここは川崎GKチョン・ソンリョンが足でスーパーセーブを見せた。21分には左サイドから浮き球パスを供給し、アンデルソン・ロペスが折り返したところを稲垣祥が押し込んだがオフサイドの判定。先制点とはならない。

    33分、川崎にアクシデント発生。チョン・ソンリョンが足を痛め、新井章太との交代を余儀なくされる。負傷者続出の川崎にとって、大きな不安要素となってしまった。

    試合が動いたのは40分だった。川崎は左サイドでFKを獲得すると、クロスを相手GKがファンブルし、最後は谷口が押し込む。アウェイの川崎が1点を先制した。さらに前半アディショナルタイム1分、三好康児がPA外から左足で強烈なミドルシュートを突き刺して追加点。川崎が2点リードで前半を終えた。

    後半、広島は立て続けに皆川にシュートチャンスが訪れたが決め切れず、点差を縮められない。66分には左CKから稲垣が頭で合わせたが、フリーで放ったシュートは枠を捉えられなかった。

    すると85分、川崎は新井のパントキックを受けた小林が右足を振り抜いて3点目。試合を決定づけた。小林は今季18得点目。試合はこのまま終了し、川崎が広島に3-0で勝利した。

    次節、29日に広島はホームで浦和レッズと、川崎はアウェイで柏レイソルと対戦する。
    2017-10-21_16h20_26
    10/21(土) 15:56配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171021-00658633-soccerk-socc

    【神戸】ポドルスキが来日初の右足ゴール…6戦ぶり今季5点目はチームトップタイ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171021-00000082-sph-socc


    ◆順位表
    http://www.jleague.jp/sp/standings/j1

    ◆エルゴラ
    http://sp.soccer.findfriends.jp

    ◆DAZN
    https://www.dazn.com/ja-JP

    ◆DAZN for DOCOMO
    https://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/index.html?icid=CRP_TOP_mainPR_CRP_SER_d4d
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/21(土) 12:51:21.85 ID:CAP_USER9.net
    タイ代表MFチャナティップ・ソングラシンは、今夏からJ1北海道コンサドーレ札幌に加入。持ち前の高い技術を発揮し、観る者を魅了している。“タイのメッシ”がチームに合流してから4カ月、Jリーグ入りを目指すタイ人選手に向けて、その“心構え”を指南している。タイメディア「SMMスポーツ」が報じた。

    タイが誇るスーパースターのチャナティップは、デビューから第28節のサンフレッチェ広島戦まで10試合連続で先発出場。前評判に違わぬプレーでチームに不可欠な存在となっている。そんな“タイのメッシ”が母国大手の「SMMスポーツ」の取材に応じ、タイリーグとJリーグの違いや日本でプレーする際に必要な心構えについて説いている。

    「チャナティップがJリーグとタイリーグの違いを比較:あなたが日本でプレーするにはどうするべきか?」との見出しが付けられた記事では、タイ人選手にとって未知となるJ1の舞台でポジションをつかんだチャナティップが、「Jリーグはタイよりもより難しい」と話している。その意図は、リーグとクラブの環境の違いにあるようだ。

    「札幌に住んで以降、タイよりもチャレンジは多い。タイではビッグチームでチャンピオンシップを勝ち獲った。でも、ここ(日本)ではスモールチームだ。金銭面で我慢しなければいけないことはあるかもしれないが、その足で価値を上げることはできる」

    「勇気を持って挑むことが重要」

    チャナティップはJリーグに参戦する前に、タイの強豪ムアントン・ユナイテッドでリーグ優勝を果たしているが、札幌は地方都市に籍を置く「プロビンチャ」。タイ時代との“境遇の違い”を少なからず感じているようだ。

    そして「もしタイの選手がここに来るならば…」と、チャナティップはJリーグに挑む際にはメンタル面が重要だと説いた。

    「勇気を持って挑むことだ。心の準備、何よりポジティブに考えること。ここでは誰も助けてくれないから、それぞれで戦わなければならない。友人を見つけること、そして一人でリラックスする方法を見つけることも大切だね」

    記事では、「僕はアジャストになんの問題もない。チームメイトとも話しているし、食事にも行っている」と、Jリーガーとして順調な歩みを見せていることにも触れている。今後チャナティップ、FWシティチョーク・パソ(鹿児島ユナイテッドFC)、MFジャキット(FC東京)に続くタイ人Jリーガーは生まれるだろうか。
    2017-10-21_13h57_44
    10/21(土) 7:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171021-00010000-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/21(土) 00:12:27.35 ID:CAP_USER9.net
    DAZN(ダ・ゾーン)は、1年間の視聴料金を一括払いにするとともにJリーグ各チームのグッズ購入などに充てられるクーポンも付属する料金プラン「DAZN年間視聴パス」を展開する

    現在DAZNの料金支払プランは月払いのみだが、Jリーグチームのサポーター向けに年間払いプランも用意された。購入方法などはJリーグ各チームごとに異なり、「各クラブのホームページまたはお問い合わせ窓口にて、ご確認下さい」とDAZNは案内している。

    まだ情報を公開しているチームはあまりないが、ジェフユナイテッド市原・千葉の公式サイトによれば、同クラブの場合は「2018シーズンシートもしくはファンクラブを申し込む」場合にDAZN年間視聴パスも同時に購入できるという。

    この場合、年間視聴パス自体の価格は20,790円(税込)。1ヶ月あたりに換算すると約1,732円となり、通常価格1,890円(税込)より若干お得になることに加え、オフィシャルショップ「12JEF」で利用できる2,000円クーポン券も付属する。また、料金の一部がチームに還元され強化費用などに充てられる。なお、これとは別にシーズンシートまたはファンクラブ代金が必要。また、契約途中でDAZNを解約しても返金等はされない。

    DAZNへ新規に申し込む場合だけでなく、現在すでにDAZNを利用中のユーザーも申し込み可能。なお、「DAZN for docomo」契約中のユーザー、Apple App Storeで支払い中のユーザー、DAZNの利用を一時的に停止中(ポーズ機能利用中)のユーザーは申し込むことができない。ポーズ機能利用中の場合は同機能を解除することで申し込みできる。
    2017-10-21_07h54_52
    2017年10月20日
    https://www.phileweb.com/sp/news/d-av/201710/20/42394.html
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/21(土) 06:25:00.07 ID:CAP_USER9.net
    ACLで決勝に進んだ浦和に、日本サッカー協会から8000万円のビッグボーナスが支給される。20日に田嶋会長が「(前会長の)大仁さんの時から決まっているが、勝ち進んだチームに渡していく」と話した。

    規定では16強=1000万円、8強=3000万円、準決勝進出で4000万円の支給を定めており、4強を決めた時点で浦和は合計8000万円。

    準々決勝で敗退した川崎Fも総額4000万円を得る。決勝進出ボーナスは設定されていないが、これはアジア・サッカー連盟(AFC)が優勝に300万ドル(約3億4000万円)、準優勝でも150万ドル(約1億7000万円)の高額賞金を支払うため。

    さらに優勝チームはクラブW杯にも出場でき、昨年実績では最下位でも50万ドル(約5700万円)の賞金がFIFAから支給される。田嶋会長は「決勝に行ってくれというニンジン」と狙いを明かした。

    ボーナスの使い道については「原則として選手に行くように」とクラブに要求済み。うれしいボーナスを得た浦和イレブンは10年ぶりのアジア王者を目指し準備を続けていく。

    10/21(土) 6:00配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171021-00000012-spnannex-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/21(土) 05:32:33.08 ID:CAP_USER9.net
    ポストをヒットする惜しいシュートも

    10月20日(現地時間)、ブンデスリーガ2部の第11節が行なわれ、デュッセルドルフの宇佐美貴史は、8節ザンクト・パウリ戦以来のスタメン出場を果たした

    2列目の左サイドで試合開始を迎えた宇佐美は、2分で大きな仕事を果たす。CKのキッカーを務め、クヨビッチの先制ゴール(フィンクのニアでのフリックを受けて逆サイドでヘディングシュート)の起点となったのである。
     
    この試合では、CK、そしてFKでもキッカーを務めた宇佐美。その精度の高いキックで、幾度か味方のフィニッシュも引き出した。
     
    また14分には、自ら得点機に絡む。ツィマーが右サイドを突破して上げたクロスに、逆サイドでジャンプしながら左足でダイレクトボレーを放ち、ポストを叩く。さらに、そのはね返りに反応してクロスを上げたが、ラマンのヘッドはわずかにクロスバーを越えた。
     
    瞬間的なスピードでグロスクロイツのファウル(イエローカード)を誘えば、アルティントップの横パスをカットしてドリブルで侵攻して中央突破を試みるなど、宇佐美は積極的な姿勢を示し続けた。
     
    後半も同じ位置に就いた宇佐美は、しかし前半に比べてプレーに絡む頻度は低くなり、ボールを受けても無難な捌きに終始。チームも前半に比べて効果的なプレーが減り、ダルムシュタットの攻勢の方が目立つようになると、宇佐美も守備に多くの時間を割かれるようになる。
     
    しかし68分、左サイドでボールを受けるとマイナスに折り返して、走り込んできたノイハウスのシュートチャンスを演出。フリーのノイハウスは切り返しから強烈なシュートを放ったが、コースが甘く、GKに弾き返された。
     
    さらに76分、宇佐美はペナルティーエリアの左手前の好位置で、フリーでボールを得てドリブル勝負を仕掛けようとしたが、タッチが乱れてしまい、好機を活かすことはできなかった。
     
    80分、ギーシェルマンとの交代でピッチを退いた宇佐美。前半はチームの攻撃の中心として効果的なプレーを見せ、相手にとっては間違いなく脅威となっていたはずだ。
     
    デュッセルドルフは、ダルムシュタットに3分、30分、52分と好機を与えたものの、GKヴォルフやDFの好守、そしてシュートの拙さで失点を免れ、1点のリードを守り切って今シーズン9勝目。今節も首位を守った。

    10/21(土) 3:36配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171021-00031422-sdigestw-socc

    写真



    CKから先制点演出の宇佐美はポスト直撃のボレーも、デュッセルドルフが破竹の5連勝
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171021-01645336-gekisaka-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ