海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: Jリーグ

    1: Egg ★ 2019/04/22(月) 17:39:56.25
    マンチェスター・シティーやバルセロナで活躍した元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレ(35)が、Jリーグに参戦するかもしれない。英BBC放送のインタビューで現役続行を示唆。アジアでのプレーにも興味を示した。

    アフリカ年間最優秀選手賞を4度受賞した名選手が、日本で現役を続ける可能性が出てきた。5月13日に36歳になるMFは18年9月にギリシャ1部オリンピアコスに移籍したが、11月に退団。現在は移籍金が発生しないフリー選手となっている。同選手はインタビューで「あと、2、3年はプレーすることができると思う。引退はしない。誰も私からサッカーを奪うことはできない」と現役続行を明言した。

    どこでプレーするかを聞かれると「アメリカ、中東、アジアもあるかもね」と欧州以外でプレーする可能性を示唆した。「考える時間もあるし、来季に向けてしっかり考えて決断するよ」と話した。

    4/22(月) 15:23配信 日刊スポーツ
    2019-04-22_18h05_59
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190422-04220394-nksports-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/04/22(月) 13:04:39.30
    バイエルンの元オランダ代表MFアリエン・ロッベン(35)に対し、FC東京がオファーを送ったとイタリア『カルチョメルカート』が報じている。

    今年6月に契約満了でバイエルンを退団すると見られるロッベン。同メディアは記事内で「6月に切れるバイエルンとの契約を更新しないアリエン・ロッベンが、現在Jリーグで首位を走る日本のチーム、FC東京からオファーを受けた」と伝えている。

    バイエルンの選手としてブンデスリーガ7度の優勝経験を誇るロッベンだが、加入10年目の今季は負傷により昨年11月から欠場が続いており、リーグ戦の出場はわずか9試合。ドイツ『スカイ・スポーツ』によるとFC東京のほか、インテルやMLSのトロントFC、古巣PSVなどもロッベン獲得に興味を持っているという。

    4/22(月) 12:46配信 ゲキサカ
    2019-04-22_13h53_55
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190422-43466211-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/04/21(日) 15:30:17.45
    ◆明治安田生命J1第8節 松本1-0鳥栖(20日・サンプロアルフィン)

    サガンのゴールはいつになったら見られるのか…。最下位のサガン鳥栖はアウェーで松本に0-1で敗れ、4試合連続無得点で今季2度目の3連敗を喫した。8試合を消化しても、リーグワーストのチーム総得点1という深刻な得点力不足は変わらない。大分トリニータはアウェーでG大阪に1-1で引き分け、連勝は2でストップ。勝ち点16で前節の3位から4位に後退した。

    【データ】鳥栖の今季成績

    深刻な決定力不足はいつになれば解消されるのか。鳥栖は松本の堅守を崩せず、リーグ戦4試合連続無得点。3連敗で最下位を抜け出せず、カレーラス監督は「相手のチャンスは多くなかったが、彼らは生かし、こちらは多くのチャンスを生かせなかった」と嘆いた。

    前半10分、高いバウンドのボール処理を誤ったのをきっかけに先制点を許した。その後、金崎、クエンカが攻撃を組み立て、何度か好機を生み出した。結局無得点でも、フェルナンドトーレスは「攻撃は間違いなく良くなっている。あとは決めるだけというところに来ている」と懸命に前を向いた。

    前節の川崎戦で敗れた後、竹原社長は不振について「クラブの責任もあるし、厳しい言い方をしたらファンの責任もある」と発言。18日のメディア非公開サポーターミーティングで釈明した。クラブが揺れる中、この日も長野県の松本まで足を運んだサポーターは懸命に声援を送った。だがチームが応えられない。

    松本にある松商学園高出身で、思い出の地でJ1通算250試合出場を果たした高橋義は「応援してくれている皆さんの思いは伝わっている。いい試合より勝つ試合を見せたい」と誓う。カレーラス監督が目指す攻撃的サッカーとは程遠い結果が続くが、不穏で重い空気を打破するには、どんな形でも白星をつかむしかない。

    4/21(日) 11:50配信
    2019-04-21_17h58_07
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190421-00010014-nishispo-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/04/21(日) 07:37:27.04
    土曜日に行なわれたJ1リーグ第8節、浦和レッズ対ヴィッセル神戸の一戦は、前者が興梠慎三のPKによるゴールを守り切って1-0の勝利を挙げた。浦和が連勝で順位を6位に上げた一方で、3連敗の神戸は11位に低迷。暗いトンネルから抜け出せずにいる。

    この試合で、神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキがボールボーイに対し、両手を広げて苦言を呈するシーンがあった。59分だ。1点を追う神戸が攻勢を仕掛ける時間帯で、浦和の敵陣でボールがタッチラインを割る。スローインで再開を急ぎたいポドルスキは手元にすぐボールが欲しかったが、ボールボーイはゴロでボールを転がした。

    ドイツ・メディア『Sport1』やオーストリア・メディア『Heute』などによると、この際にポドルスキがボールボーイにドイツ語で暴言を吐いたという。いまや欧州でもJ1リーグはDAZNを通じて放映されており、ピッチマイクがその声を拾っていたのだ。

    マイルドな表現をすれば、「ちゃんと渡すんだ、この野郎!」。実際にはスラングを使っており、もっと強い響きだったようだ。『Heute』は「プリンス・ポルディが大声で少年を叱責した。彼がしっかりとボールを渡さなかったのが理由だ」」と説明し、「この日はポドルスキの日ではなかった。ヴィッセルは試合に敗れ、彼自身も71分に交代を命じられている」と伝えた。

    突然の政権交代となり、みずからキャプテンマークを返上したポドルスキ。リードを許している状況下で、フラストレーションが溜まっていたのかもしれないが……。

    4/21(日) 5:32 サッカーダイジェスト
    2019-04-21_09h39_45
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190421-00010000-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/04/20(土) 20:59:38.77
    2019-04-20_21h36_36
    <浦和・神戸>後半、神戸・ポドルスキ(左)とマッチアップする浦和・槙野(撮影・西尾 大助)
     ◇明治安田生命J1第8節 浦和1―0神戸(2019年4月20日 埼玉)

    神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(33)が、0―1で敗れて今季初の3連敗を喫したアウェー浦和戦後に、主将を辞任した真意を明かした。17日に自らのツイッターで主将辞任を表明。監督交代と同日のツイートだったことから、さまざまな憶測を呼んでいた。

    昨季から主将を務めてきた背番号10は3~4週間前から、主将マークを外すことを考えていたようで、最終的に吉田新監督と話し合った中で「自分に対する信頼が見えなかった」ことから辞任を決めたという。

    「監督交代というタイミングだけじゃなく、3~4週間前からチームの状態が落ち着かない状態だった。その時から少し(主将辞任を)考えていて。今回、監督が代わったタイミングで監督と話をして、その中で自分に対する信頼もハッキリしたものが見えなかったので、主将マークを返した」

    「自分が主将としてやっていくには、十分な信頼が得られないんじゃないかと考えた中で。それだとチームのためにも良くないし、チームが良くなると思って、こうしたので。僕らにはみんなに公言している目標があるので、それに向かってまたゼロから進んでいくという意味でも、こういう行動を取った」

    「主将マークはただのマークで、それ以上のことはない。自分自身も子どもじゃないし、主将を代わったからって、ピッチで何かが起きるわけでもない。今まで通り、全てをクラブのためにささげて、ピッチの中で戦っていく」

    4/20(土) 19:32配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190420-00000210-spnannex-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/04/20(土) 16:07:13.22
    ヴィッセル神戸は20日、明治安田生命J1リーグ第8節で浦和レッズと対戦し、0-1で敗れた。試合後、吉田孝行監督が会見でコメントを残した。

    17日にファン・マヌエル・リージョ監督との契約を解除し、吉田監督が再任した神戸。MFアンドレス・イニエスタとFWダビド・ビジャ不在の中、新体制での初陣で勝利を目指したものの、10分に興梠慎三にPKを決められて失点する。その後、反撃に転じるもゴールを破ることができず、開幕以来の無得点で3連敗を喫した。

    吉田監督は試合を振り返り、「全体的に自分たちがボールを持てていました。負けたので結果はしっかり受け止めますし、修正していきたいです。数的優位をいかに作れるかというところをハーフタイムに話して、後半はチャンスができていました。ですが、そういうところで仕留めなければいけない。全体的に決して悪いサッカーをしたわけではない」と、内容に関しては一定の評価を下した。

    また、準備期間が短い中での初陣となったが、「ファンマ(リージョ前監督)体制でやってきた攻撃のベースは変えていません。奪われたところで全体をコンパクトにするということはうるさく言ってきました」と、まずは前体制を踏襲しつつ、切り替えの部分に気を付けていたことを明かした。

    また、ベンチ外となったイニエスタについては「選手のケガについて喋りたくないですが、全然大きな問題ではないです」とコメント。大事には至っていないことを強調した。

    神戸は、24日に行われるルヴァンカップでセレッソ大阪と対戦したのち、28日の次節で王者の川崎フロンターレをホームに迎える。

    4/20(土) 15:27配信 goal
    2019-04-20_21h06_45
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190420-00010013-goal-socc

    続きを読む

    86e5dab3-b600-4441-82dd-f28adb0cd6ad

    1: 久太郎 ★ 2019/04/20(土) 18:01:37.56
    G大阪 1-1 大分
    [得点者]
    25'オナイウ 阿道(大分)
    71'遠藤 保仁  (G大阪)

    スタジアム:パナソニック スタジアム 吹田
    入場者数:17,727人

    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/

    続きを読む

    86e5dab3-b600-4441-82dd-f28adb0cd6ad

    1: 久太郎 ★ 2019/04/20(土) 16:58:56.00
    清水 1-0 C大阪
    [得点者]
    82'北川 航也(清水)

    スタジアム:IAIスタジアム日本平
    入場者数:11,028人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2019/042004/live/#live


    鹿島 1-0 仙台
    [得点者]
    66'犬飼 智也(鹿島)

    スタジアム:県立カシマサッカースタジアム
    入場者数:16,844人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2019/042006/live/#live

    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/

    続きを読む

    86e5dab3-b600-4441-82dd-f28adb0cd6ad

    1: 久太郎 ★ 2019/04/20(土) 15:58:09.82
    松本 1-0 鳥栖
    [得点者]
    10'前田 大然(松本)

    スタジアム:サンプロ アルウィン
    入場者数:16,367人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2019/042003/live/#live


    名古屋 1-0 磐田
    [得点者]
    70'ジョー(名古屋)

    スタジアム:豊田スタジアム
    入場者数:28,585人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2019/042005/live/#live

    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/

    続きを読む

    86e5dab3-b600-4441-82dd-f28adb0cd6ad

    1: 久太郎 ★ 2019/04/20(土) 14:57:30.14
    札幌 3-0 横浜FM
    [得点者]
    04'チャナティップ   (札幌)
    09'福森 晃斗     (札幌)
    29'アンデルソン ロペス(札幌)

    スタジアム:札幌ドーム
    入場者数:15,674人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2019/042001/live/#live


    浦和 1-0 神戸
    [得点者]
    10'興梠 慎三(浦和)PK

    スタジアム:埼玉スタジアム2002
    入場者数:54,599人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2019/042002/live/#live

    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ