海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: Jリーグ

    1:あちゃこ ★@\(^o^)/:2017/08/20(日) 23:07:04.12 ID:CAP_USER9.net
    ◇明治安田生命J1第23節 神戸0―0横浜(2017年8月20日 ノエスタ)

    ポドルスキが消えた!?神戸が吉田新監督のもとで挑んだ横浜戦後、近年にない事態が起きた。

    0―0のドロー決着となった後の取材エリア。元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキは待ち受けていた報道陣はおろか、通訳や広報も気づかないまま、別口から家族とともにタクシーで先に帰っていたことが判明。Jリーグのルールで通ることが決められている取材エリアに姿を見せなかった。

    ただ、その約1時間後に真相が判明。クラブ関係者によると、ポドルスキは取材エリアを通ることが決められているというルールを知っていたかは定かではなく、分からないままに神戸の試合を初観戦した家族とともに帰宅したようだった。ポドルスキは広報を通じて「悪気はなかった」と報道陣に釈明した。

    この試合は2トップの一角で先発出場するも、シュートは0本で4試合連続不発。審判やチームメートにイライラを募らせる場面が目立ち、後半36分に途中交代を告げられていた。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170820-00000140-spnannex-socc
    続きを読む

    1:豆次郎 ★@\(^o^)/:2017/08/20(日) 20:50:16.53 ID:CAP_USER9.net
    8/20(日) 20:26配信
    SOCCER KING

    吉田監督の神戸、連敗を3でストップ…横浜FMは無敗記録を13に伸ばす

    明治安田生命J1リーグ第23節が20日に行われ、ヴィッセル神戸と横浜F・マリノスが対戦した。

    ネルシーニョ監督解任に踏み切った3連敗中の神戸は、吉田孝行暫定監督の初陣となる。左サイドバックの位置には、松下佳貴を5試合ぶりのスタメンに抜擢した。対する12試合負けなしと好調の横浜FMは中澤佑二や齋藤学ら、前節と同じ11名で臨む。

    神戸は17分、藤田直之のクロスに渡部博文がヘディングで合わせるが、GK飯倉大樹が好セーブ。前半は両チームともにスコアレスで折り返す。

    後半に入り79分、横浜FMはエリア内に侵入したマルティノスの折り返しに、途中出場の富樫敬真が合わせるも枠を捉えられず。

    試合は0-0で終了。神戸は連敗を3でストップ。対する横浜FMは無敗記録を13に伸ばした。

    次節、神戸はアウェイでジュビロ磐田と、横浜FMはホームでFC東京と対戦する。

    【スコア】
    ヴィッセル神戸 0-0 横浜F・マリノス

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170820-00630255-soccerk-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/08/19(土) 23:10:43.16 ID:CAP_USER9.net
    大雨の等々力に娯楽を運んだファンタジスタ。

    [J1リーグ23節]川崎2-1札幌/8月19日/等々力
     
    突然の激しい雷雨で、目と鼻の先で開催予定だったビッグイベント、多摩川花火大会が中止となった。本来ならバックスタンド越しに風情のある花火を拝めたはずだが、こればかりは仕方がない。
     
    だが、等々力陸上競技場の一戦は、そんな恒例の花火にも負けないくらいの娯楽を運んでくれた。降りしきる雨のなか、攻守が目まぐるしく替わる白熱の一戦。なかでもホームサポーターをも惹きつけたのが、コンサドーレ札幌のタイ人アタッカー、チャナティップだ。
     
    「コンディションはだいぶ良くなってきた。日本のサッカー、Jリーグの速さにも慣れてきて、自分らしいドリブルやパスも出せるようになってきました。楽しいです」
     
    そう話してニッコリ笑う背番号18は、並ぶと本当に華奢で、158センチ・56センチの公称サイズよりもさらに小さく見える。だがピッチの上では威風堂々と立ち振る舞う。
     
     開始2分にジェイの落としから鋭い仕掛けを披露すると、同5分にはレーザービームのようなサイドチェンジのパスを右サイドへ通す。さらに9分にはエウシーニョと激しく身体をぶつけ合うも怯まず、ブラジル人SBがたまらずファウルを冒してイエローカード。30分にも奈良竜樹のレイトタックルを誘い、川崎CBは警告を頂戴した。前を向かせたら、阻止するのはなかなか厄介だ。
     
    「日本に来る前から不安はなかったし、楽しんでやろうとだけ思っていた。まず必要だったのは仲間からの信頼。それがないとボールをもらえないし、サッカー選手になれないから。今日みたいにたくさんボールに触れると楽しいし、嬉しいです」

    Jの水に慣れ、本格ブレイクの気配がぷんぷんと。

    大先輩のチームメイト、小野伸二からはこんなアドバイスをもらったという。
     
    「ボールを受けたら、なにをおいてもまずは自分を発揮するんだ、と言ってもらった。すごくありがたかったし、ずっと大切にして心がけています」
     
    試合は川崎に2点のリードを許し、80分に敵のミスを突いて1点を返したものの及ばず、1-2の敗北を喫した。しかしながら夏に加入したジェイ、チャナティップのコンビは試合を重ねるごとにフィットしており、前線は都倉賢、ヘイスとの先発争いが激化。攻撃には幅と厚みが生まれ、今後に向けてかなりのポテンシャルを秘めている。ジェイはチャナティップについて「10番に相応しいプレーをしていて信頼性がある。巧いよ、彼は。これからもっといい引き出し合いができそうだ」と手応えを口にした。
     
    圧巻の加速力と切れ味鋭いパス、そして最終局面で発動されるクリエイティビティー。観ていてワクワクさせるアタッカーだ。
     
    「もっと良くなると思うので、応援してください。コンサドーレは残留しますよ!」
     
    微笑みの国からやってきた英雄、チャナティップ。いよいよJの水に慣れ、本格ブレイクの気配がぷんぷんと漂う。
    2017-08-20_11h35_43 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170819-00028997-sdigestw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/19(土) 21:56:46.74 ID:CAP_USER9.net
    ■浦和レッズ 2-1FC東京 [埼玉スタジアム2002]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/081908/live/live/#live

    ※雷雨のため、20時開始に変更

    [浦]興梠慎三(17分)
    [F]橋本拳人(22分)
    [浦]興梠慎三(30分)

    2017明治安田生命J1リーグ第23節が19日に行われ、浦和レッズとFC東京が対戦した。

    雷雨の影響で予定より約1時間遅れてのキックオフとなったこの一戦。先制したのはホームの浦和だった。17分、右サイドから駒井善成が入れたクロスを中央の武藤雄樹が落とし、最後は興梠慎三が右足ボレーでゴール右に決めた。

    だがFC東京もすぐさま反撃に出る。22分、大久保嘉人の浮き球のパスでペナルティエリア右に抜け出した室屋成が右足ダイレクトで折り返すと、フリーでファーサイドに走り込んだ橋本拳人が難なく押し込んだ。

    追い付かれた浦和は30分、右に流れた李忠成が中央へパスを供給。武藤がヒールで流すと、興梠が右足で合わせる。シュートはジャストミートしなかったが、ボールはゴール右隅に転がり込み、浦和が勝ち越しに成功した。

    後半は1点を追いかけるFC東京がやや押し気味に試合を進めたが、高萩洋次郎のミドルがクロスバー、中島翔哉のシュートがポストに嫌われるなど、追い付くことはできず、このまま2-1でタイムアップを迎えた。競り勝った浦和は2連勝を達成し、FC東京は6試合ぶりの黒星となった。

    次節、浦和は27日にアウェイで清水エスパルスと、FC東京は26日にアウェイで横浜F・マリノスと対戦する。
    2017-08-19_22h29_39
    8/19(土) 21:53配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170819-00629784-soccerk-socc

    ◆順位表
    http://www.jleague.jp/sp/standings/j2

    ◆エルゴラ
    http://sp.soccer.findfriends.jp

    ◆DAZN
    https://www.dazn.com/ja-JP

    ◆DAZN for DOCOMO
    https://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/index.html?icid=CRP_TOP_mainPR_CRP_SER_d4d
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/19(土) 21:01:44.67 ID:CAP_USER9.net
    2017-08-19_21h12_51

    ■川崎フロンターレ 2-1 北海道コンサドーレ札幌 [等々力陸上競技場]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/081909/live/live/#live

    [川]中村憲剛(12分)
    [川]小林悠(74分)
    [札]ヘイス(80分)


    ■アルビレックス新潟 1-2 ベガルタ仙台 [デンカビッグスワンスタジアム]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/081910/live/live/#live

    [新]ドウグラス・タンキ(23分)
    [仙]石原直樹(82分)
    [仙]三田啓貴(86分)


    ■ガンバ大阪 0-1 柏レイソル [市立吹田サッカースタジアム]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/081911/live/#live

    [柏]伊東純也(68分)


    ■サンフレッチェ広島 1-0 ヴァンフォーレ甲府 [エディオンスタジアム広島]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/081912/live/#live

    [広]柴崎晃誠(71分)


    ■サガン鳥栖 3-0 大宮アルディージャ [ベストアメニティスタジアム]https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/081913/live/#live

    [鳥]ビクトル・イバルボ(44分)
    [鳥]ビクトル・イバルボ(60分)
    鳥]原川力(74分)


    ◆順位表
    http://www.jleague.jp/sp/standings/j2

    ◆エルゴラ
    http://sp.soccer.findfriends.jp

    ◆DAZN
    https://www.dazn.com/ja-JP

    ◆DAZN for DOCOMO
    https://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/index.html?icid=CRP_TOP_mainPR_CRP_SER_d4d
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/19(土) 20:37:05.29 ID:CAP_USER9.net
    ■鹿島アントラーズ 2-0 清水エスパルス [県立カシマサッカースタジアム]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/081906/live/#live

    [鹿]レアンドロ(17分)
    [鹿]金崎夢生(87分)

    ■ジュビロ磐田 1-1セレッソ大阪 [ヤマハスタジアム]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/081907/live/live/#live

    [C]杉本健勇(37分)
    [磐]川又堅碁(86分)


    J1リーグ23節の鹿島対清水が8月19日、県立カシマサッカースタジアムで行なわれ、2-0で鹿島が勝利した。
     
    最初にゲームを動かしたのは、ホームの鹿島。17分、小笠原の縦パスを起点に、金崎→レアンドロとダイレクトでつないで中央からこじ開け、最後はレアンドロが正確なシュートでネットを揺らした。
     
    その後も鹿島がペースを掴み、「アグレッシブに自分たちがボールを握る」(大岩監督)展開のなか、効果的な3人目の動き出しで清水を攻め立てた。
     
    鹿島の1点リードで迎えた後半、ビハインドの清水は懸命に反撃を試みるも、フィニッシュワークに迫力を欠いて、鹿島ゴールをこじ開けられない。新加入の清水がさっそく新天地デビューを飾り、流れを引き寄せようと奮闘したが奏功しなかった。
     
    追加点が欲しい鹿島は前半と同様、シンプルな仕掛けを繰り出す。思うように2点目を奪えなかったが、終了間際、金崎が右足でねじ込んで2-0。試合はそのままタイムアップとなり、連敗を阻止した鹿島が首位の座を堅持した。

    8/19(土) サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170819-00028979-sdigestw-socc

    C大阪のプラン狂わせた魔法の左足…“10人”磐田が俊輔&川又のホットラインでドローに持ち込む
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170819-01643138-gekisaka-socc

    写真





    ◆順位表
    http://www.jleague.jp/sp/standings/j2

    ◆エルゴラ
    http://sp.soccer.findfriends.jp

    ◆DAZN
    https://www.dazn.com/ja-JP

    ◆DAZN for DOCOMO
    https://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/index.html?icid=CRP_TOP_mainPR_CRP_SER_d4d
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/08/18(金) 21:56:00.33 ID:CAP_USER9.net
    最近発表されたあるデータが発端となり、一部で大きな話題を呼んでいるニュースがある。それは「Jリーグに枠内決定率100%男が存在していた」という話だ。

    話題の渦中にいるのは、大宮アルディージャに所属する江坂任。MF登録ながら、今季は序盤からFWで起用され、ここまで8ゴールを記録。日本代表入りも噂されるアタッカーである。

    特に5月以降は「数少ないチャンスをモノにする決定力」が際立ち、上述の「枠内決定率100%」を達成。「6本の枠内シュートを全てゴールに結び付ける」という離れ業をやってのけた。

    元々はチャンスメイカー色が強い選手であったが、チーム事情からのコンバートで思わぬ開花を見せる25歳。

    ディフェンスラインの裏への抜け出し、ドリブルからの持ち込み、クロスに合わせてのヘディングなど、ストライカー顔負けの豊富な得点パターンも持っており、今後もその知名度を上げていきそうな選手だ。
    fbbf4e6d-fcfa-473c-af59-bcc5ea277711
    http://qoly.jp/2017/08/18/omiya-ardija-ataru-esaka
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/18(金) 18:16:03.96 ID:CAP_USER9.net
    東京ヴェルディから届いた元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティへのオファーは天文学的な額であったと、イタリア芸能界の大御所マウリツィオ・コスタンツォ氏がイタリア誌『オッジ』のインタビューで明らかにしている。

    トッティは昨シーズンの最終節ジェノア戦に途中出場し、試合終了後には退団セレモニーが行われ、チームメートやサポーター、そしてオリンピコのピッチに最後の別れを告げた。その後はクラブとの約束により、ローマのフロント入りすることが決められていた。しかしトッティ自身は現役を引退することに名残惜しさを感じており、イタリア国外のクラブへの移籍も選択肢として報じられていた。

    ローマのレジェンドを歓迎する声は世界各地から届いた。元イタリア代表のアレッサンドロ・ネスタ氏が率いるNASLのマイアミや、J2リーグの東京Vが獲得に名乗りを上げたほか、ドバイからもオファーが提示された。トッティの友人であり、ローマファンのコスタンツォ氏は、トッティが生涯ローマ一筋を貫くため、東京Vやドバイの巨額オファーを断り、現役続行を諦めていたことを明かしている。またトッティのローマ愛を依存症に例えて表現し、このように語った。

    「フランチェスコはドバイや日本のクラブから届いた天文学的な数字のオファーを断った。彼は本当にローマ依存症だ。他のあらゆる依存症よりも重度といえる」

    『ガゼッタ・デロ・スポルト』によれば、トッティは17日、ベルガモで行われるセリエA開幕節アタランタ対ローマ戦に向けてチームに帯同する見込みとなっている。そして24日にはモンテカルロを訪れ、UEFA会長賞の受賞式典に臨むほか、チャンピオンズリーグのグループ分け抽選にも参加する予定だ。

    8/18(金) 18:02配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170818-00010005-goal-socc

    写真
    続きを読む

    2017-08-18_21h00_58

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/18(金) 18:50:36.11 ID:CAP_USER9.net
    Jリーグは18日、規律委員会の結果、16日に行われた明治安田生命J2リーグ第28節・町田―名古屋戦(町田)で退場処分を受けたMF平戸太貴(20=町田)の退場は「人違い」であったと判断し、平戸に対して退場処分と出場停止は科さずに本来であれば退場処分を受けるはずだったDF深津康太(33=町田)に退場処分を付け替え、深津を1試合の出場停止処分とすると発表した。

    サッカー競技規則第5条〔主審〕主審の決定「プレーに関する事実についての主審の決定は最終である」により、公式記録は変更しない。

    平戸は3―3で迎えた名古屋戦の後半44分に相手の得点機会を阻止したとして、家本政明主審(44)から退場処分を受けていたが、実際にはゴール前へ飛び出した名古屋MF青木亮太(21)を深津とDF奥村政幸(24)が挟み込んで倒していた。試合はロスタイム突入後の後半48分に名古屋が決勝点を入れて4―3で勝利している。

    退場処分「付け替え」となった深津は20日の第29節・愛媛戦(ニンスタ)が出場停止となる。
    [ 2017年8月18日 17:58 ]
    http://m.sponichi.co.jp/soccer/news/2017/08/18/kiji/20170818s00002180233000c.html
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/18(金) 11:54:40.64 ID:CAP_USER9.net
    16日に指揮官ネルシーニョを解任したヴィッセル神戸が、その後任に元マンチェスター・ユナイテッド指揮官ルイ・ファン・ハール氏をリストアップしているとの話題を海外メディアも取り上げている。

    ファン・ハール氏といえばオランダの名門アヤックス、オランダ代表、他にもバルセロナやバイエルンなど世界の強豪クラブを指揮してきた名将だ。マンチェスター・ユナイテッドでは期待通りとはいかなかったものの、それでも若手の育成力など手腕は見事なものがある。

    そのファン・ハール氏を神戸が狙っているという話題について、オランダの『Voetvalzone』は「ファン・ハールはアヤックス、バルセロナなど欧州以外には行かなかった。

    もし彼がJリーグでのチャレンジを受け入れるならば、日本でのプレイのためガラタサライから移籍したルーカス・ポドルスキと同じ仕事ができる。また、ADOデンハーグを離れたハーフナー・マイクもいる」と取り上げており、ファン・ハール氏がどのような判断を下すのか注目している。

    ただし、オランダのサッカーファンは実現する可能性は高くないと思っているようだ。同メディアは「ファン・ハールは日本でのチャレンジに興味があると思うか?」とアンケートを取っているが、74%の人が「いいえ」と答えている。監督業からの引退まで表明したファン・ハール氏が欧州を離れてまで現場復帰すると予想している者は少なくなっている。

    米『ESPN』は「実現すれば日本のフットボール史上最も有名な指揮官の1人になるだろう」と伝えており、欧州で結果を出してきた名将の動きに注目している。元ドイツ代表のポドルスキ、さらにはファン・ハール氏まで招聘したとなれば凄いことだが、神戸は後任に誰を選ぶのか。
    2017-08-18_14h31_08
    8/18(金) 11:50配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170818-00010005-theworld-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ