海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: Jリーグ

    1: Egg ★ 2019/12/16(月) 06:42:39.44
    Jリーグの村井チェアマンが15日、前日14日に閉幕したJ1参入プレーオフ(PO)の開催方式について「いろんな角度から公平性を考え、丁寧に議論していきたい」と改めて議論する意向を明かした。

    今季の同PO決定戦ではJ1の湘南がホームにJ2徳島を迎え1―1のドロー。勝敗が決しない場合、J1を勝者とする規則から残留を決めたが、徳島のロドリゲス監督は「J2クラブにとって不公平だ」と不満を口にしていた。これまでも中立地やホーム&アウェー方式での開催を求める声などが挙がっていた

    12/16(月) 5:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191216-00000067-spnannex-socc

    no title

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/15(日) 16:11:03.72
    「相手に捕まえられないようなポジションを取ろうとはした」
    [E-1選手権]日本5-0香港/12月14日(土)/韓国・釜山

    5ゴールを奪っての大勝にも反省の言葉が口を突いた。

    今季JリーグのMVPと得点王を獲得し、代表初選出で10番を与えられた仲川輝人が香港戦でA代表デビューを果たした。しかし、持ち前の突破力やゴール前での決定力は鳴りを潜めた。

    試合後、デビューの感想を問われても「(チームとしての)いい結果は出たと思うし、自分がもっと結果を出すようにしないといけないかなと」と歯切れは良くない。

    もっとも、躍動した横浜で採用する4-3-3と森保ジャパンの3-4-2-1では、景色の見え方もまるで違ったはずだ。

    横浜ではアウトサイドから内へ切れ込んでいくイメージが強い仲川だが、代表ではインサイドがスタートポジションになる。その違いへの適応段階にあることを本人も認めている。

    「自分のチームとは全然違うし、ずっとディフェンスとボランチの間でいいポジションを見つけながら、相手に捕まえられないようなポジションを取ろうとはした。初めてやって、もうちょっとやりがいというか、自分の良さを出すには、コミュニケーションだったり、自分がどこで欲しいかとかも、味方に伝えていけばいいと思う」

    さらに、自らの長所のひとつである裏へ抜ける動きに関しても「出し手と受け手のタイミング。自分が走るタイミングが合えば裏に抜ける動きも狙っていたので、そこは話し合っていければいい」と、試行錯誤を重ねている。

    香港戦では本領発揮とはいかなかった仲川だが、果たして18日の日韓戦ではいかなる姿を見せてくれるのか。今季JリーグMVPの修正力が問われるところだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191215-00067789-sdigestw-socc
    12/15(日) 14:06配信

    no title

    no title

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/14(土) 17:43:42.69
    <J1参入プレーオフ:湘南1-1徳島>◇決定戦◇14日◇BMWス

    J2で4位だった徳島ヴォルティスの6年ぶりのJ1復帰はならなかった。試合後、スペイン人のリカルド・ロドリゲス監督(45)は「湘南が(1-1のスコアでも残留できる)アドバンテージを生かした。我々は1点及ばなかった」と現実を受け止めた。

    その上で、プレーオフの現状のルール変更を冷静に訴えた。

    「このシステムはJ2には不公平だ。我々は(プレーオフを含めて45試合を戦い)22勝した。湘南ベルマーレは(34試合で)10勝しかしていない。もう1度再考した方がいい」。徳島はプレーオフで3試合を戦い1勝2分け。最後はJ1のホームで戦い、引き分けではJ1クラブが残留というルールに泣いた。

    試合は前半にMF鈴木徳真(22)のゴールで先制し、J1復帰が確実に見えてきた。3-4-3システムで自陣でしっかり守り、高い位置で球を奪うと速攻でゴールに迫る。個人技に頼ることなく、組織で戦い抜く徳島らしいサッカーだった。

    だが後半19分に同点を許した。迎えた後半ロスタイム、ドリブルからMF鈴木徳が右足で放ったシュートは、右ポストのわずか数十センチ横に外れた。入っていれば事実上、昇格となる勝ち越しゴールだった。

    「2点目が必要なのに決めきれないのは実力なのかなと思う。練習で決めても意味がない。勝てたじゃなく、勝ったかどうかが大切。湘南は最後はいい守備をしていた」。鈴木徳は「引き分け=敗退」の事実を冷静に受け止めた。

    就任3年目のロドリゲス監督が率いる徳島の快進撃は見事だった。J2リーグ戦は残り15試合で11勝3分け1敗。プレーオフを合わせると残り18試合でわずか1敗だけだ。

    J2優勝で自動昇格した柏レイソルは、昨年の人件費が約28億円だったが、スター選手のいない徳島は約9億5000万円。「身の丈経営」をうたい、個人に頼ることなく組織で勝負してきたクラブの意地だった。

    クラブの強化本部岡田明彦本部長は来季へ、ロドリゲス監督の続投を含めて選手を極力残したいという。だが監督や選手の評価も他で上がっていることで「J1に出たい選手やそれだけの価値がある選手、野心を持った選手が多い。できるだけ選手を残しながら、個に依存するのではなく、組織として今までやってきたことを継続していきたい」と来季への編成方針を説明した。

    主将のMF岩尾憲(31)は「ここまで来られて仲間には感謝したい。サポーターには申し訳ない気持ちでいっぱい」と話した。徳島といえば熱烈サポーターだった俳優大杉漣さんが、18年2月に急性心不全で66歳の若さで急逝。クラブとして「18年シーズンを戦い、よい結果が報告できるように全力を尽くす」とコメントしていたが、大杉さんへの喜びの報告も来年以降にお預けとなった。

    2019年12月14日17時30分
    2019-12-14_18h09_40
    https://www.nikkansports.com/m/soccer/photonews/photonews_nsInc_201912140000397-1.html

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/12/14(土) 01:46:26.46
    スペインの名門バルセロナのように、ボールを持って攻め続けるポゼッションサッカーの確立。神戸の「バルサ化」2年目は、8位に終わった。大型補強も敢行したが、2度の監督交代で理想的な成長曲線を描けず、安定感を欠いた。(有島弘記)

    「目標を言います。ACL(アジア・チャンピオンズリーグ)出場」

    神戸のチーム総責任者、三浦スポーツダイレクター(SD)は2019年シーズンの新体制発表で、そう豪語した。バルサ化を象徴するイニエスタが顔となる陣容に、元スペイン代表ビジャ、日本代表経験者の山口、西らが加入。親会社楽天の資金力を生かした補強は、期待を抱かせるのに十分だった。

    ところが、結果はACL出場圏の3位と勝ち点16差の8位。2度の監督交代に伴うリーグ7連敗でつまずいた。

    3勝1分け3敗と成績が五分の4月、昨秋就任のリージョ氏が電撃辞任。後を受けた吉田氏を経て、6月にフィンク氏が指揮官となった。チームは混迷を極め、イニエスタも「監督の交代で難しい状況があった。高いレベルを維持できなかった」と嘆くしかなかった。

    今季のJ1を制した横浜Mも神戸と同じく昨季からポゼッションサッカーに移行したが、両クラブには明確な違いがあった。継続性。つまり、戦術の熟成度だ。

    神戸は2年間で延べ5人が監督を務め、横浜Mはオーストラリア人のポステコグルー監督に指揮を託し続けた。得失点差の推移を見ると、その差は歴然。神戸は昨季の「マイナス7」から「2」に改善させた一方、横浜Mは「0」から一気に「30」まで伸ばした。

    とはいえ、神戸は夏の移籍市場でベルギー代表フェルマーレンや元日本代表酒井らを獲得し、不可欠な戦力として機能。イニエスタがポゼッションについて「自分の感覚としては良くなっている」と話した通り、神戸はリーグ戦の最後を3連勝で締めた。

    リーグ最終節の前日、フィンク監督自ら来季のチーム像を語り始めた。強調したのが「ベース」や「継続」。監督人事や補強の決定も、揺るがぬ理念があってこそ。フロントの的確なチーム設計、何より「我慢」の大切さを、今季の年間王者が教えてくれている。

    12/12(木) 18:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191212-00000007-kobenext-socc  
    no title

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/14(土) 14:57:48.24
    J1リーグ参入決定戦、0-1から湘南FW松田が値千金の同点ゴール

    来季のJ1リーグ残り1枠を懸けたJリーグ参入プレーオフ決定戦が14日、Shonan BMW スタジアム平塚で行われ、J1リーグ16位の湘南ベルマーレが今季J2リーグ4位からプレーオフを勝ち上がってきた徳島ヴォルティスと1-1で引き分け、大会規定によりJ1残留を果たした。一方の徳島は先制点を奪いながら勝ち切れず、6年ぶりのJ1復帰を目前で逃した。

    J2を4位で終えた徳島は、参入プレーオフ1回戦で同5位ヴァンフォーレ甲府と1-1で引き分け、大会規定により勝ち抜けると、2回戦では同6位のモンテディオ山形に1-0で勝利して、この決定戦に進出した。

    大会規定により勝つしかない徳島は、“下剋上”を狙って序盤から積極的なプレーを見せていく。そして前半20分、左CKのチャンスを得ると、折り返したボールをMF鈴木徳真が右足で叩き込み、欲しかった先制点を奪った。

    その後は湘南ペースで試合が進むも、徳島が1点をリードしたまま後半へ。徐々にホームチームに焦りも生まれ始めた後半19分、崖っぷちの湘南が追いつく。左サイドからのクロスを走り込んだFWクリスランがスルーすると、密集地帯でFW松田天馬が巧みに抜け出し、左足でねじ込んだ。

    1-1に追いついたことで、再び徳島が1点を狙う展開に。後半28分にはCKからゴール前でチャンスを迎えるも押し込めず。その後も何度か攻め込むが、湘南の牙城を崩せなかった。

    試合はこのまま1-1で終了し、大会規定により湘南の残留が決定。J1最終節の終了間際に勝利を逃し、プレーオフに回ることになったが、崖っぷちからの生還を果たした。一方の徳島はJ2リーグ4位からの“下剋上”を狙い、前半に先制点も奪ったが、あと一歩のところで2014年以来6年ぶりのJ1復帰を逃した。

    https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/game/score/2019121401
    試合スコア

    2019-12-14_15h24_40
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191214-00234427-soccermzw-socc
    12/14(土) 14:55配信

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/12/14(土) 08:00:36.03
    【六川亨のフットボール縦横無尽】
    no title

    2019年シーズンのJ1リーグは横浜F・マリノスの15年ぶり、4回目の優勝で幕を閉じた。前年シーズン12位からの見事な巻き返しだった。2位のFC東京、鹿島、川崎F、C大阪、広島など優勝争い常連クラブは、今シーズンも安定した成績を残した。そんな中、順位を大きく下げてしまったのが、2018年シーズンは5位に入り、天皇杯を制した浦和だった。

    ACL(アジア・チャンピオンズリーグ)こそ決勝に進出したものの、シードで出場したルヴァン杯はベスト8で姿を消した。天皇杯にいたってはメンバーを大きく入れ替えたとはいえ、4回戦でJFL所属のホンダFCに敗れてしまった。

    そして今シーズンのJは(数字上での可能性として)最終節までJ1参入プレーオフの16位となる可能性があった。最終的に順位は、昨季から大きく後退して14位に終わった。

    ■34得点はJ2降格チームと大差なし

    年間34試合で9勝10分け15敗という今シーズンの成績は、93年のJ元年に36試合で8勝28敗(当時のJに引き分けはなかった)で最下位に沈んだシーズンに次いで少ない勝利数。ビッグクラブの浦和がなぜ勝てなくなったのか? まずは得点力不足が挙げられる。

    34試合で34得点という数字はJ2に降格した磐田(29点)、松本(21点)、そして最終節までJ1残留争いを繰り広げていた鳥栖(32点)と大差はない。MF柏木陽介やFW武藤雄樹など主力にケガ人が続出したことも低迷した一因だろう。

    そもそも浦和は、歴史的に堅守速攻型のチームだった。それが2012年にミハイロ・ペトロヴィッチを監督に迎えたことでボール・ポゼッション重視の攻撃的なサッカーに舵を切った。

    広島時代の愛弟子たちを補強し、2017年までの6年間でリーグ2位が2回、3位が1回、カップ戦のルヴァン杯のタイトルを獲得した。しかし……リーグ戦は、あと一歩で勝ちきれないシーズンを繰り返した。そこでフロント陣は、ハードワークによる手堅いサッカーで鹿島をリーグ3連覇に導いたオリヴェイラ監督に再建を託した。

    その期待に応え、オリヴェイラ監督は2018年、浦和に7度目の天皇杯をもたらしてACLの出場権を獲得した。しかし、5勝2分け6敗の11位と低迷した5月28日、契約を解除された。

    フロント陣の決断は正しかったのか? それとも拙速に過ぎたのか? 

    いずれにしても、衝撃的な試合を思い出さないではいられない。

    5月26日の第13節の広島戦。ほぼベストメンバーだったが、開始6分にMF森島司に先制点を許し、終わってみれば0-4の屈辱的な敗戦劇となった。攻撃の手詰まり感が守備にも悪影響を及ぼし、何度も何度も決定的なピンチを迎えた。オリヴェイラ監督の契約解除が発表されたのは、広島戦の2日後のことだった。

    後を任された大槻毅監督だったが、一度狂った歯車はなかなか修正ができない。もっとも、摩訶不思議なことも起こった。ACLでは東アジアの強豪クラブ相手に粘り強い戦いを見せ難関をクリアしていった浦和が、なんと決勝に進んだからだ。

    Jと違いアジアでの戦いということで、チームとして守備の意識が高まったのが奏功したのか? あるいは大槻監督のスカウティングが効果てきめんだったのか?

    ともあれ決勝の相手アル・ヒラル(サウジアラビア)は、次元の違う強さを誇っていた。アウェーは0-1、ホームでは0-2というスコアだったが、内容的には点差がもっと開いていてもおかしくなかった。それほどアル・ヒラル攻撃陣は強烈だった。優勝を逃した浦和を責めるのは酷というものだ。 

    むしろJでの低迷を考えれば、中国勢の実力派3チームを撃破しての決勝戦進出は見事だった。

    つづく

    日刊ゲンダイ12/12(木) 9:26配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191212-00000010-nkgendai-socc

    続きを読む

    1: ぜかきゆ ★ 2019/12/13(金) 18:48:37.63
    J1のFC東京は13日、元日本代表FW永井謙佑(30)がチームドクターの診察を受けて右肩関節反復性脱臼と診断され、12日に手術を受けたと発表した。全治までは約4カ月を要する見込みで、来季開幕は絶望となった。

    永井は11月30日に行われた明治安田生命J1リーグ第33節・浦和戦(味スタ)で負傷交代。逆転での初優勝を懸け直接対決となった今月7日の第34節・横浜戦(日産ス)に強行出場してフル出場したが、チームは0―3で敗れて優勝を逃した。

    スポニチアネックス 12/13(金) 18:14配信
    2019-12-13_19h34_53
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191213-00000174-spnannex-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/13(金) 07:27:28.95
    Jリーグを代表するビッグクラブ・浦和レッズのFW・杉本健勇選手にインタビューしました。
    恋愛観からご両親のこと、仲がいい選手についてや将来の夢まで、知られざる素顔をたっぷりと語ってくれました。とろけそうなショットとともにご堪能ください!

    写真・黒川ひろみ 文・伊藤順子

    no title

    女性も嬉しいけど、男性に応援されたいです

    澄んだ青空に陽光が穏やかに差し込む昼下がり。普段よりやや長引いた練習を終えて、汗を滲ませた浦和レッズの選手のみなさんが続々とクラブハウスへ戻っていきます。
    そのなかで、練習見学のファン、サポーターの方々からひと際視線を注がれていたのが、今季セレッソ大阪からレッズに移籍したフォワード(FW)の杉本健勇選手。
    187cmの長身に爽やかなルックス、多くの女性がメロメロになるのも頷けます。

    ーーどこからどう見てもカッコいいですね。モデルさんのようです。

    いえいえ、「モデルをやれるでしょ」と言われることもありますが、もっとカッコいい人は世の中にたくさんいます。女性に応援していただけるのも嬉しいですけど、正直言えば、男の人から言われるほうが嬉しいです。

    僕、子どもの頃は太っていたんですよ。小3の時に交通事故で大怪我をしてしまい、長い入院生活ですっかり運動不足になってしまったんです。
    それで、ダイエット目的でサッカーを始めました。いざやってみたら楽しくて、そこから今に至ります。だから、僕がぽっちゃりした体型じゃなかったら、サッカーに出合えていなかったですね。

    ーーいまのスラリとしたスタイルからは想像もできません。これまで東京ヴェルディや川崎フロンターレでプレーされた時期もありましたが、セレッソ大阪の下部組織からそのままトップチームに行かれ、長年セレッソ大阪で活躍されていました。
    今季、クラブも環境も激変しましたが、いかがですか。

    関西から関東ということで、最初は慣れるのに大変でしたけれど、今はもう大丈夫です。
    浦和レッズのサポーターのみなさんはとても情熱的で、いつも支えてもらっていると感謝しています。
    大阪ももちろんいいですが、こちらにはこちらの良さがありますね。

    クリスマスは南野と扇原の3人で食事をしていました

    ーー練習後はどう過ごされていますか?


    基本的に体のケアに努めています。ジムでトレーニングして、ほぼ毎日、めっちゃ大好きなお風呂やサウナに行きますね。こっちに来てからいろいろ巡って、お気に入りを見つけたんですよ。
    一般の方が僕を見て驚かれることもありますが、なんせ毎日行っているので、多くは顔見知りのおじさんです。あとは、SNSでファンの方々とやり取りもさせてもらっています。


    ーー個人でおやりになっている会員制のSNSですよね。


    はい、改めて応援してくれているかたの存在に助けられています。その部分は、SNSをやる前よりもすごく感じられますね。サッカー選手としての僕も、その冠を取っ払った「杉本健勇」も応援していただけるのが嬉しいです。
    まだ始めたばかりで、いろいろなご意見をいただくのは仕方ないと思っています。
    ただ僕は、入会してくださっている方々のありがたみをすごく感じていますね。

    」と呼び捨てにしているくらい仲がいいです。小5、6のときに出会って、セレッソでも一緒にプレーをしていました。先輩ですけれど親友ですね。
    去年のクリスマスは、中学の頃から遊んでいた南野拓実選手(ザルツブルク所属)と会う約束をしていたのですが、そこに扇原も呼んで3人で食事をしました。

    https://beauty.biglobe.ne.jp/news/entame/anan_191201_4919175601/
    2019年12月01日 18時50分

    https://www.soccer-money.net/players/in_players.php
    2019年 J1リーグプロサッカー選手 年俸データ

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/12(木) 15:41:02.37
    ジュビロ磐田は12日、元日本代表FW大久保嘉人(37)との契約満了を発表した。

    大久保は国見高校から2001年にセレッソ大阪へ入団。途中マジョルカへのレンタル移籍がありながらも、5シーズンを過ごすと、2007年にヴィッセル神戸へと完全移籍。神戸でも6シーズンを過ごし、途中ヴォルフスブルクでプレー。2013年に川崎フロンターレへと完全移籍した。

    川崎Fでは、2013年、2014年、2015年と3シーズン連続でJ1得点王に輝くも、2017年にはFC東京へと完全移籍。しかし、1年で川崎Fへと復帰していたが、半年後の2018年夏に磐田へ加入していた。

    磐田では2シーズンで明治安田生命J1リーグで37試合に出場し4得点を記録。今シーズンは20試合に出場したが、1得点に終わっていた。大久保はクラブを通じてコメントしている。

    「1年半という短い期間でしたが、お世話になりました。厳しい残留争いが続いたシーズン、力になれなかったことを悔しく思うと同時に、シーズン途中で監督が代わり、目指すサッカーを変えることの難しさを痛感しました。
    それでも最後まで一緒に戦ったチームメイト、スタッフ、サポーターには感謝しています」

    「私はサッカーが大好きです。サッカーに対する情熱は全く衰えていません。これからも頑張っていきたいと思っています。本当にありがとうございました」
    2019-12-12_16h59_28
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191212-00365982-usoccer-socc
    12/12(木) 11:10配信

    https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/players/detail/3857/131
    成績

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/12(木) 07:39:11.73
    Jリーグの松本山雅FCに入団するも、リーグ戦出場ゼロで引退したDF武藤友樹を巡って、サッカーファンの怒りが爆発している。

    武藤は12月2日、記事投稿サイトのnoteに〈“本当の意味でのモテ”とは〉と題した記事を投稿。この中で〈俺はモデルや女優を抱くためだけにJリーガーになった〉と断言し、サッカーファンを「サッカーを冒涜している」と、怒らせている。だが、そんなファンたちの怒りを、非サッカーファンは冷めた目で見ているという。

    「確かに、サッカー選手に対しては他競技の関係者からも『どうせ遊んでばっかでしょ』と言われがち。何しろプロになれば茶髪やピアスは普通ですし、若いうちからロン毛も当たり前という競技です。それに今は多少落ち着きましたが、Jリーグが発足した90年代はまさにイケイケで、Jリーガーだというだけでほとんど誰でも入れ食いレベルでモテたとも言われています。当時の週刊誌に《Jリーガーにやられました…》という見出しが載り、すわ告発スクープかと思いきや、女性たちがJリーガーを食った人数を競うバラエティ記事だったこともあります。でも、本当に武藤のような動機だけでプロになった人がいるとはアキレてしまいますね」(スポーツ系ライター)

    そんな冷めた声の一方で、このnoteには妙に的を得ている部分もあるというのである。

    「武藤は正直に、Jリーガーになってもモデルや女優は抱けなかったと告白。女性にお金を使ったところで、歩くATMとしか思われなくなると綴っているのです。結局はどの分野であれ、肩書だけで自動的にモテることはなく、モテない男はJリーガーであろうとモテないという現実を突きつけた形です。もちろん多少の誇張はあるでしょうし、彼の性格やパーソナリティが原因という可能性もあります。一連の文章はかなり長文ですが、別の男性が扱っている情報商材に誘導するような文面も見られ、情報ビジネス商法の一環のようにも見えるのも気になります。ただし、《サッカー選手になればモテる》という幻想を否定したという一点においては真実を語っている気がしますね」(前出・スポーツ系ライター)

    ともかくなぜ、こんな発言をJリーガーという経歴を強調して声高に公開しているのかは謎めいているが、JリーガーやJリーガーを目指す若者たちにとっても気分のいい言説ではないことは間違いないだろう。
    2019-12-12_11h12_18
    http://dailynewsonline.jp/article/2112365/
    2019.12.11 09:58 アサ芸プラス

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ