海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: Jリーグ

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/11/07(月) 21:30:05.70 ID:CAP_USER9.net
    サッカー日本代表は7日、鹿嶋市内で合宿2日目の練習を行った。11日に親善試合・オマーン戦(カシマサッカースタジアム)、15日にロシアW杯アジア最終予選・サウジアラビア戦(埼玉スタジアム2002)に臨む。MF小林祐希(24)=ヘーレンフェイン=がニューヘアスタイルを披露した。帰国し、代表チームに合流した6日は“板前”をほうふつさせる髪型だったが、合宿2日目は両サイドを強烈に刈り上げた“ハードモヒカン”にチェンジ。

    合宿初日には、親善試合・オマーン戦と、W杯アジア最終予選・サウジアラビア戦に向け「(オランダで)個の部分の成長を(ハリルホジッチ監督に)認められたので、そこを出していければ」と意気込んでいた24歳の若武者。決意を込めたニューヘアで、代表定着への下克上を狙う。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161107-00000099-dal-socc
    10:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 21:33:03.71 ID:cTaRbQjI0.net
    画像貼れよ
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/11/07(月) 14:26:29.32 ID:CAP_USER9.net
    川崎のFW大久保嘉人(34)は7日、自らの口で来季からF東京入りすることを認めた。今季限りで川崎との契約が満了する大久保に対し、F東京は10月下旬に正式オファーを出していた。

    オフ明けの練習後、報道陣に囲まれたFW大久保は「2年前にも(F東京は)オファーを出してくれたし、誠意を感じた。あともう1回チャレンジをしたい。そういう性格だし、そうじゃないと人生面白くないでしょ」と移籍を決断した理由を語った。

    川崎に在籍した4年間では、12年から史上初となる3年連続得点王にも輝くなど計82得点を積み重ね、J1歴代最多得点記録を更新。14年にはブラジルW杯メンバーにも選出された。「最高の思い出。忘れられない4年間になった」。

    川崎でのラストミッションは、クラブ史上初のタイトル獲得。チャンピオンシップと天皇杯を残し、「何が何でも優勝して、恩返しをしたい」。4年間支えてくれたファンやクラブのため―。川崎での最後の雄姿を見せつける。

    スポーツ報知 11/7(月) 13:53配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161107-00000135-sph-socc

    写真

    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/11/06(日) 18:51:02.12 ID:CAP_USER9.net
    11月を迎え、レギュラーシーズンを終えたJ1、佳境を迎えているJ2共々、徐々に来シーズンへ関心が移りつつある時期となった。

    この時期に気になるのはやはり来シーズンの新戦力だろう。そこで今回も前回同様「Jに来るかもしれない外国人選手」と題し、10名の外国人選手を紹介する。

    これまでJクラブが獲得してきた選手の傾向などを踏まえ厳選に厳選を重ねた選手達。ぜひご覧いただきたい。
    オスマール・バルバ

    国籍:スペイン
    ポジション:DF/MF
    年齢:28歳
    所属:FCソウル (KOR)

    韓国サッカー界で「現在のKリーグで最も優れた選手」との評価を持つ左利きの守備的MF。左足から繰り出される長短のパスは正確で、直接FKも強烈。また本職はCBで空中戦も強く、セットプレーでの得点源としても魅力的な選手だ。

    FCソウルは本日(11/6)、ライバルの全北現代を下しKリーグ1部優勝を達成。オスマール自身もフル出場し優勝に貢献。韓国メディアからは「彼こそリーグ年間MVPにふさわしい」と称賛されている。

    オスマールとソウルとの契約は今シーズン限りであるとのこと。これまでの活躍からソウル側は延長オファーを提示することが予想されるものの、ディフェンス面で課題を抱える多くのアジアクラブから熱視線を注がれるのは間違いない。

    J入りの可能性は決して高くないが、「FCソウルで3バックシステムを経験済み」「長身で左利き」「ビルドアップ能力が高い」などの点から需要がマッチする浦和が全力で獲得に動くことも十分考えられる。

    【Jに来るかも知れない度】★★
    【Jで活躍するかもしれない度】★★★★★

    レアンドロ・ダミアォン

    国籍:ブラジル
    ポジション:FW
    年齢:27歳
    所属:サントスFC (BRA) ※フラメンゴからローン移籍中

    187cmの長身を生かしたポストプレーに加え、水準以上のテクニックも兼ね備えるセンターフォワード。

    2012年のロンドン五輪で得点王を獲得して以降のキャリアは苦難が続いており、再起を図ったベティスでも結果を残せず。現在は母国の名門フラメンゴに在籍しているが、後半途中から投入されるシーンが多い。かつて浦和などで活躍したFWエメルソン・シェイキ(38)らの後塵を拝しているのが現状だ。

    なかなかキャリアアップ出来ていない彼だが、パトリック(ガンバ大阪)、ジェイ(元磐田)らを見ての通りサイズを生かしたプレーはJでは有効。現時点で移籍の噂はないが、市場価値が下がっていることも考慮するとJへやって来る可能性は低くないだろう。

    実績は十分。上手くハマればゴールラッシュも期待出来るはずだ。

    【Jに来るかも知れない度】★★
    【Jで活躍するかもしれない度】★★★★★

    フレデリック・メンディ

    国籍:ギニアビサウ
    ポジション:FW
    年齢:27歳
    所属:蔚山現代 (KOR)

    おそらく今冬の東アジア移籍市場No.1の注目銘柄と言っていい身体能力抜群の長身ストライカー。

    Sリーグ、ポルトガルリーグのクラブを経て、今シーズン途中からKリーグ1部の蔚山現代に所属。ここまで18試合6ゴールと活躍し、前年度不振に苦しんだチームを躍進に導いている。高い・速い・上手いの三拍子が揃ったストライカーである彼をJクラブが見逃してはいないだろう。

    2012年にはSリーグのホーム・ユナイテッドで井畑翔太郎(元アルビレックス新潟・Sなど)と2トップを組んでおり、現在もMF増田誓志と共にプレー中。日本人とのコンビネーションも早い段階で構築出来る可能性が高い。

    彼に関しては既に中国クラブが獲得に乗り出しているとの噂があるが、果たして名乗りを挙げるJクラブは現れるだろうか。

    【Jに来るかも知れない度】★★
    【Jで活躍するかもしれない度】★★★
    5e856db9-efa9-4b85-a6af-c2ae07eae422
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/11/06(日) 15:30:16.03 ID:CAP_USER9.net
    クラブ史上初のJ2降格が決定した名古屋の元日本代表DF田中マルクス闘莉王(35)の退団が6日、決定した。

    この日午前、愛知県豊田市の豊田スタジアムで闘莉王と佐々木副会長が面談。その場で来季契約を結ばないことを通達された。

    当初は豊田市内のクラブハウスで行う予定だったが、メディアへの露出を懸念して急遽会場を変更。

    だが、その後、荷物整理のためにクラブハウスを訪れた闘莉王は12分間に渡り、思いを激白した。以下、一問一答。

    ――荷物が少ないー

    少ないね…。

    ――納得できない?

    悲しいです。またか、という感じ。2回も苦しませてくれるのか、と。納得どころか…ねぇ。

    昨年オフに年俸を大幅に下げられ、さらにFWのサブ候補という構想を突きつけられた。半ば追い出されるようにして一度は名古屋を退団したが、今夏、身重の新婦をブラジルに置いて電撃復帰。

    残留は成し遂げられなかったものの、一時は残留圏15位と勝ち点差7あった中、最終戦まで可能性を残した。それでも来年の契約は結ばないという非情宣告に闘将は寂しい顔を見せた。

    ――ジュロブスキー監督や久米社長も退任する

    今まで例(J2降格)がある中、成功例をマネればよいのに。広島(07年J2降格)もG大阪(12年J2降格)も継続して成功した。そういったところを勉強していないと改めて思う。

    悲しい。サポーターには申し訳ない、自分は何もできない状況になるわけなんで。悲しい。

    ――言いたいことは伝えたか

    去年の間違いとかの反省をして次に進むべきじゃないか、と。新しい体制になるとは言われたけど…僕もよく分からない。

    方向性は見えてこないのは事実。このままではJ1には戻れない。選手たちが出て行くのは引き留めれない。心が痛い。J2の降格と、きょうの話で…心がスタズタです。

    闘将は何度も「悲しい」という言葉を繰り返した。

    ――今後は

    まだ何も考えてない。何も把握できていない。僕の中ではボスコさん(ジェロブスキー監督)がいて、と考えていたし。ボスコさんがかわいそう。サポーターが残ってくれとたくさんの声もらったが“残れませんね”と。自分の選択すら与えてくれなかった。

    ――フロントのゴタゴタに選手が巻き込まれた

    それは感じます。本当に大丈夫か、と。心配は大いにある。

    ――半ば強引に復帰させた。普通は契約延長オファーが提示されるが

    どうですかね…よく分からない。こんな仕打ちでは選手が来ない?去年もいろんな選手とりにいったが、来なかった。そういう情報は選手間でも流れている。僕が来たときは名古屋に魅力を感じていた。そういう魅力を取り戻してほしい。

    名古屋でプレーしたいなと思えるチームにしてほしい。1年で戻ってこないと、さらに難しくなる。でも、このままでは戻ってこれないという話もした。

    ただただ悲しい。なんとかしたい気持ちがあった中で、ちょっと何て言ったら良いか分からない状況まで追い込まれた。

    つづく
    2016-11-06_15h38_29
    スポニチアネックス 11/6(日) 14:27配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161106-00000134-spnannex-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/11/06(日) 06:55:42.57 ID:CAP_USER9.net
    クラブ史上初のJ2降格が決定した名古屋が新体制について岡田武史日本協会副会長(60)に“救いの手”を求めたことが5日、分かった。

    岡田副会長は横浜で監督やチーム統括本部長などを歴任した下條佳明氏(62)を推薦。

    名古屋の親会社であるトヨタ自動車側は岡田副会長の提案を受け入れ、強化に携わる人材として下條氏を抜てきする方針となった。

    複数の関係者によると、トヨタ自動車の豊田章男会長(60)と岡田副会長は10年南アW杯後から深い親交があるという。

    シーズン終盤には水面下で接触し、来季の組閣などを相談。岡田副会長から日本代表監督時代の盟友・小野剛氏(54)の名前も挙がったものの、小野氏はJ2熊本の監督を務めていた昨季の暴力事件の影響もあり、下條氏に一本化した。

    指導者としての実績だけではなく、岡田副会長はFC今治(社会人リーグ)のオーナーも務めており、チーム運営や強化に精通。

    人脈も豊富だ。新指揮官は外国人を据えることが濃厚ながら、日本サッカー界屈指の“ブレーン”の力を借り、再生への第一歩を踏み出した。
    2016-11-06_10h59_48
    スポニチアネックス 11/6(日) 5:54配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161106-00000008-spnannex-socc
    続きを読む



    img_fad037b0f337d040ee875c58af267934136552
    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/11/05(土) 20:32:14.62 ID:CAP_USER9.net
    サッカーJリーグ1部(J1)名古屋グランパスの代表権を持つ取締役のうち会長を務める豊田章男トヨタ自動車社長を除く3人が、J2降格の責任を取り退陣する意向を固めたことが分かった。豊田氏は会長職にとどまるが、代表権を返上する。

    4日に辞任した久米一正社長に加え、トヨタ自動車から出向中の中林尚夫専務も辞任。同社の元副社長でクラブ副会長を務める佐々木真一氏が暫定的に社長に就任するが、来季体制のめどが付いた段階でクラブを去る見込み。

    J2降格後、サポーターらからフロントの責任を問う声が上がっていた。フロントを一新させた上で、新たな監督とゼネラルマネジャー(GM)を迎え、J1復帰を目指す。

    名古屋は今季、指導者経験のないクラブOBの小倉隆史氏をGM兼監督に起用した。しかしチームは極度の不振に陥り、連続未勝利が17試合になった時点で小倉氏を事実上解任。

    コーチを務めていたボスコ・ジュロブスキー氏を監督に昇格させて巻き返しを図ったが、J1に残留できなかった。クラブはジュロブスキー監督と来季の契約を結ばない方針。

    8月に復帰した元日本代表DF田中マルクス闘莉王選手の退団も確実視されている。

    (中日新聞)

    2016年11月5日 16時00分
    http://www.chunichi.co.jp/s/article/2016110590140617.html
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/11/05(土) 00:29:11.17 ID:CAP_USER9.net
    Jリーグでは昨年からトラッキングデータを公開している。

    今季はアルビレックス新潟MF加藤大が走行距離で次々と高い数値を記録し、ランキングの上位を独占したことが話題に。

    なかでもファーストステージ第9節のヴァンフォーレ甲府戦でマークした14.44kmは長く首位をキープしていたのだが、レギュラーシーズンの閉幕直前に新しい記録が誕生した。

    記録を破ったのは、サガン鳥栖MF高橋義希だ。

    高橋は1985年5月14日生まれの31歳。

    2004年、地元である長野県にある地球環境高校を指導していた松本育夫監督に見出される形でサガン鳥栖に加入し、2005年にはU-21日本代表としてトゥーロン国際にも参加したMFだ。

    そんな高橋は10月29日に行われたセカンドステージの第16節横浜F・マリノス戦に先発フル出場。

    このゲームで14.58kmの走行距離をマークし、これが今季のレギュラーシーズンにおける最長記録となった。

    走行距離が長いから良いというわけではないが、それでも90分で14.5kmというのはUEFAチャンピオンズリーグといったレベルでもトップクラスに相当する数値だ。

    なお、今季の走行距離TOP20は以下の通り。

    20位:加藤 大(新潟)
    走行距離:13.37km
    該当試合:1stステージ 第5節(福岡 vs 新潟)

    19位:高橋 義希(鳥栖)
    走行距離:13.37km
    該当試合:1stステージ 第5節(鳥栖 vs 柏)

    18位:富樫 敬真(横浜FM)
    走行距離:13.42km
    該当試合:2ndステージ 第16節(鳥栖 vs 横浜FM)

    17位:小林 裕紀(新潟)
    走行距離:13.45km
    該当試合:1stステージ 第4節(新潟 vs 柏)

    16位:加藤 大(新潟)
    走行距離:13.49km
    該当試合:1stステージ 第12節(浦和 vs 新潟)

    15位:山本 康裕(磐田)
    走行距離:13.51km
    該当試合:1stステージ 第7節(磐田 vs 横浜FM)

    14位:岩上 祐三(大宮)
    走行距離:13.53km
    該当試合:1stステージ 第17節(川崎F vs 大宮)

    13位:富樫 敬真(横浜FM)
    走行距離:13.62km
    該当試合:2ndステージ 第15節(横浜FM vs G大阪)

    12位:加藤 大(新潟)
    走行距離:13.67km
    該当試合:1stステージ 第17節(新潟 vs 鳥栖)

    11位:加藤 大(新潟)
    走行距離:13.7km
    該当試合:1stステージ 第4節(新潟 vs 柏)



    10位:中川 寛斗(柏)
    走行距離:13.77km
    該当試合:1stステージ 第8節(鹿島 vs 柏)

    9位:加藤 大(新潟)
    走行距離:13.77km
    該当試合:1stステージ 第7節(広島 vs 新潟)

    8位:加藤 大(新潟)
    走行距離:13.98km
    該当試合:1stステージ 第3節(新潟 vs 横浜FM)

    7位:加藤 大(新潟)
    走行距離:13.99km
    該当試合:1stステージ 第11節(新潟 vs G大阪)

    6位:加藤 大(新潟)
    走行距離:14km
    該当試合:2ndステージ 第15節(新潟 vs 浦和)

    5位:加藤 大(新潟)
    走行距離:14.07km
    該当試合:1stステージ 第2節(神戸 vs 新潟)

    4位:高橋 義希(鳥栖)
    走行距離:14.12km
    該当試合:2ndステージ 第15節(柏 vs 鳥栖)

    3位:野津田 岳人(新潟)
    走行距離:14.14km
    該当試合:2ndステージ 第5節(大宮 vs 新潟)

    2位:加藤 大(新潟)
    走行距離:14.44km
    該当試合:1stステージ 第9節(新潟 vs 甲府)

    1位:高橋 義希(鳥栖)
    走行距離:14.58km
    該当試合:2ndステージ 第16節(鳥栖 vs 横浜FM)

    TOP20のうち、加藤大はなんと10個の数値がランクイン!

    トータルでの走行距離ランキングは掲載されていないが、おそらく加藤の独壇場となっているはず…。
    073e1f17-637b-4184-a5ea-063d57805f44
    http://qoly.jp/2016/11/04/yoshiki-takahashi-dintance-covered-vs-yokohama-fm-kwm-1?part=2
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/11/05(土) 07:47:01.33 ID:CAP_USER9.net
    クラブ史上初のJ2降格した名古屋が、96年途中まで監督を務めたアーセン・ベンゲル氏(67=現アーセナル監督)を“アドバイザー”として再建を目指す方針であることが4日、分かった。

    久米一正社長(61)が降格決定から一夜明けたこの日、親会社のトヨタ自動車に辞任を伝えて了承された。

    関係者によれば今後、ベンゲル氏に接触し、来季クラブ編成の助言を求める方針。監督選定や外国選手の補強面でも同氏の意向を強く反映させる。

    久米社長の辞任により、ジュロブスキー監督とDF闘莉王らの退団が決定的。東京が獲得に乗り出しているFW永井の流出も濃厚になった。

    今後はベンゲル氏に新監督の推薦を求め、来季編成に着手する考えだ。1年でのJ1復帰は絶対条件。

    名門再建への道は、プレミアリーグのアーセナルで約20年にわたって指揮を執る、世界的名将に委ねることになった。

    この日、愛知・豊田市内のクラブハウスを訪れた久米社長は「1年で必ずJ1に戻って欲しい。長期的ビジョンの中で、こつこつとやってもらいたい」と語った。

    今季は7勝9分け18敗の年間16位。93年のJ発足時から参戦してきた名門が、OBのベンゲル氏の助言を受けて生まれ変わることになる。
    2016-11-05_08h25_48
    http://www.nikkansports.com/m/soccer/news/1733858_m.html?mode=all
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/11/04(金) 21:21:15.29 ID:CAP_USER9.net
    FC東京は2014年にも大久保獲得に動いていた。
     
    2016年のレギュラーシーズンが幕を閉じ、いよいよストーブリーグが過熱してきた。現時点で最大のニュースは、大久保嘉人の去就だろう。2013年から3年連続でJ1得点王に輝いた稀代のストライカーには複数のクラブが興味を示していたが、どうやらFC東京への移籍が濃厚なようだ。

    FC東京は2014年にも大久保獲得に動いており、今年も1番手で正式オファーしていたという。その熱意に大久保が答えたということだろう。また、FC東京は前線のさらなる充実を狙い、J2に降格した名古屋の永井謙佑にも声をかけているようだ。

    横浜の中村俊輔にも、動きがあるかもしれない。この横浜のレジェンドに興味を示しているのは、J1残留を果たした磐田だ

    磐田の名波浩監督は、最終節の仙台戦後に「違いを与える選手たちというのも(J1は質が高い)。ゴールシーンもそうですが、その前の作りのシーンに顔を出したりして良い仕事をしている。そこのケアや、そういう選手の獲得も今後の大きなポイント」とコメント。中村はまさに補強ポイントに合致した人材だ。

    また、磐田は名古屋の川又堅碁の獲得にも興味を示している。「『王国磐田』と周りの方々から言われるように、近い将来チャンピオンを狙えるチームになるように努力していきたい」(名波監督)という目標に向けて、精力的に動いているようだ。
     
    11月4日時点での移籍の噂や加入内定選手の一覧は以下のとおり。
     
    ●仙台
    【獲得興味】
    FW 川又堅碁(27歳/名古屋)
    【加入内定】
    DF 永戸勝也(21歳/法政大)
    【契約満了】
    FW ウイルソン(31歳)→未定
     
    ●鹿島
    【獲得濃厚】
    FW ペドロ・ジュニオール(29歳/神戸)
    【加入内定】
    MF 安部裕葵(17歳/瀬戸内高)
    DF 小田逸稀(18歳/東福岡高)
     
    ●浦和
    【獲得濃厚】
    FW ラファエル・シルバ(24歳/新潟)
    【獲得興味】
    DF 岩波拓也(22歳/神戸)
    【レンタル復帰濃厚】
    MF 長澤和輝(24歳/千葉)
    MF 矢島慎也(22歳/岡山)
    DF 岡本拓也(24歳/湘南)

    ●大宮
    【獲得興味】
    MF 茨田陽生(25歳/柏)
    【加入内定】
    DF 河面旺成(22歳/明治大)
    【トップ昇格】
    MF 山田 陸(18歳/大宮ユース)

    >>2以降につづく
    20292_ext_04_0
    SOCCER DIGEST Web 11/4(金) 17:35配信
    http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=20292
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/11/04(金) 22:03:41.60 ID:CAP_USER9.net
    J1横浜Mは4日、所属選手に来季の契約内容を通知し、38歳の元日本代表DF中沢らベテランに減俸を提示した。

    中沢は3季連続全試合フル出場を果たしながら今季の半額に近い厳しい条件で「必要ないと言われたようなもの。マリノスで引退したいが、外へ行ってくれという意味なのか」とショックを隠さなかった。

    横浜Mの編成は、2014年から資本提携を結び、強豪マンチェスター・シティー(イングランド)を傘下に置く
    シティー・フットボール・グループの影響力が強く、世代交代を進めたい方針。

    33歳の元日本代表DF栗原は50%以上の大幅減で、38歳の元日本代表MF中村も減額を提示されたとみられる。

    利重チーム統括本部長は「中堅、ベテランは大事だがクラブの成長のために難しい判断を迫られることもある。中沢選手とも話し合う時間はある。一緒に進んでいけると思っている」とし、今後の交渉の場で説明する。

    2016.11.4 20:27
    http://www.sanspo.com/soccer/news/20161104/jle16110420270015-n1.html

    写真


    続きを読む

    ↑このページのトップヘ