海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: Jリーグ

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/17(土) 18:41:01.57 ID:CAP_USER9.net
    ■アウクスブルクは12月14日に監督交代を発表 元監督の退任に独紙は「驚き」
     
    アウクスブルクはディルク・シュスター監督を解任し、マヌエル・バウム新監督の就任を発表した。監督人事の裏では、MF宇佐美貴史の補強を巡って強化部とシュスター元監督の対立が火種となっていたとドイツ地元紙「ビルト」が報じている。

    現在ブンデスリーガ13位のアウクスブルクは12月14日に監督交代を発表したが、記事ではシュスター元監督の退任を「驚き」と振り返り、「ディルク・シュスター監督がアウクスブルクを去らねばならなかったのは、本当にスポーツ面の理由のみか」と特集している。

    そして、更迭劇にはスカウト部長のステファン・シュバルツ氏の動きがあったと指摘している。クラブではシュスター監督とステファン・ロイター強化部長が補強を巡り繰り返し衝突していたという。

    「今夏にシュバルツが獲得に携わった宇佐美貴史のような選手をシュスター監督は求めていなかった」と報じられており、宇佐美獲得がフロントと現場の不和を生んでいたという。

    宇佐美はシュスター政権で一度も先発出場がなく、故障者が続出した時期から途中出場で出番を手にするようになった。

    ■スカウト部長の息のかかったバウム政権
     
    在任166日でチームを去ることになったシュスター前監督の解任に関する様々な噂は浮上しているが、37歳の若さで監督に就任したバウム氏の初練習で、シュバルツ氏がピッチに登場したことも内紛のシナリオに拍車をかけているという。

    宇佐美獲得に貢献したスカウト部長の息のかかったバウム政権で、日本人アタッカーは出場機会を増やすことができるだろうか。

    Football ZONE web 12/17(土) 18:28配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161217-00010015-soccermzw-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/17(土) 13:16:57.33 ID:CAP_USER9.net
    川崎フロンターレのFW大久保嘉人が、FIFAクラブ・ワールドカップ(クラブW杯)でFIFA主催大会として初導入されたVAR(ビデオ・アシスタントレフェリー)について独自の見解を述べた。

    15日に行われたクラブW杯準決勝では、レアルがクラブ・アメリカに2-0と快勝を収めたが、後半アディショナルタイムに生まれた2点目のシーンでVARによる判定が行われ、物議を醸している。エースFWクリスティアーノ・ロナウドがゴールを決めた後に、相手選手が主審にオフサイド確認を要求。最終的に得点が認められたものの、主審とVARがやり取りをする時間が生まれたことで、微妙な“空白時間”が生まれてしまった。

    試合後にはMFルカ・モドリッチらがVARについて「好きではない。混乱を巻き起こす」と痛烈な苦言を呈した。VARはより正確な判定を下せる一方で、試合を中断させることでプレーする選手のリズムを狂わせるマイナス面も浮き彫りとなっている。

    この一戦をテレビのゲスト解説として現地観戦した大久保は、翌日の麻生グラウンドでの練習後、物議を醸すVARによる判定について次のように持論を述べた。

    「審判の人間的なミスもサッカーのうち」

    「あれは、難しいよ。あの判定方法を導入するなら、全てのシーンに反映させないとさ。難しいよ、本当。個人的には、オフサイドの有無でいちいちビデオ判定されるのは嫌だね。審判の人間的なミスもサッカーのうちだと思っているし、そういう際どい戦いをしているわけだから。極端な話、あれを完全に導入するのであれば、審判を置かずに、全部のシーンでビデオ判定にしてくれよ、という話になってしまう」

    常にゴール前で相手DFと紙一重の駆け引きを演じ、得点を奪うことに全身全霊を傾けている大久保。VARが導入されることでプレーが頻繁に中断し、集中力が削がれることに対して、ストライカーの目線で疑問を投げかけていた。
    2016-12-17_15h59_26
    Football ZONE web 12/17(土) 12:10配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161217-00010008-soccermzw-socc
    続きを読む

    2016-12-17_12h55_55
    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/17(土) 12:06:47.12 ID:CAP_USER9.net
    鹿島は準決勝まで続けてきた戦い方を、決勝でも全く同じようにやらないといけないな。とにかく守る、それがチャレンジだ。何か変えようとしたら崩れる。ボコボコにされる。相手は勝って当たり前だから、同点でいる間は気持ち的に鹿島の方が有利なんだ。

    決勝に行けて満足しているようじゃ駄目だ。歴史をつくる最初で最後のチャンスといえる。レアルとの対戦が経験になるとか勉強になるとか言うのはアマチュア。プロとしてプライドを持って、優勝を狙う気持ちは忘れないでほしい。

    今年はプレミアリーグでレスターが優勝したり、米大統領選挙でトランプ氏が勝ったり、何が起こるかわからない波乱の年だ。

    レアルもゴールを決めるのはFWロナルドだろうけど、MFクロースのパスやDFマルセロのサイド攻撃、セットプレーでのDFセルヒオラモスの高さなど、人それぞれに楽しめる見どころがいっぱいある。(日刊スポーツ評論家)

    日刊スポーツ 12/17(土) 7:50配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161217-01752910-nksports-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/17(土) 07:28:27.77 ID:CAP_USER9.net
    来季はJ2に降格する名古屋グランパスの下條佳明GM(62)が16日、愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで取材に応じ、相次ぐ選手の流失で不安視される来季の編成について「始動日までにそろえる」と強調。さらに、J1チームからのレンタル移籍を推奨する考えも明かした。

    選手の流失が続くグランパスだが、下條GMは落ち着き払っている。「まだ時間はあるから焦ったりはしていないよ。ちゃんと始動日には選手を集めるさ。それが俺の仕事なんだから」と言い切ってみせた。

    11月19日にGMに就任し、各選手の2度目の契約更改交渉から席についた。流出食い止めの追い風になると期待されたものの、契約延長をオファーした松田や小屋松らは他クラブへの移籍が確実視されている。現有戦力を失う結果になったが、「最終的には選手本人が決めることだから仕方ない」と話した。

    最終戦直後に退団となった闘莉王、小川らをはじめ、すでに20人近い選手がチームを去る。さらに田口、矢野らの去就も不透明。複数のクラブ関係者からは「ちゃんと選手はそろうのか」と不安の声が出ている。

    そこで、GMが打ち出しているのが他クラブからのレンタル移籍の受け入れだ。「うちはJ2に降格して、ディビジョンが違うチームから選手を受け入れやすくなった」と積極的にJ1クラブから選手を受け入れる考えを示す。
    2016-12-17_11h28_20
    2016年12月17日 紙面から
    http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/grampus/news/201612/CK2016121702000104.html
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/17(土) 06:12:53.76 ID:CAP_USER9.net
    J1仙台が、FC東京の元日本代表FW平山相太(31)に期限付き移籍のオファーを出したことが16日、分かった。複数の関係者によると、ここ数年、けがに苦しんできたストライカーは移籍に前向きだという。

    実現すれば、FC東京や世代別代表でもともにプレーしてきた親友で、仙台への来季加入が決定しているDF増嶋竜也(31)と06年以来の共闘となる。

    平山は今季、リーグ15試合に出場し、5得点した。

    デイリースポーツ 12/17(土) 6:04配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161217-00000013-dal-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/16(金) 22:42:57.35 ID:CAP_USER9.net
    ◆ガンバ大阪・遠藤保仁インタビュー

    ガンバ大阪の遠藤保仁は、今季の前半途中から本来のボランチではなく、トップ下のポジションでプレーする機会が増えた。以前も一時期、FWや右MFの位置でプレーしたことがあったが、これほど長くボランチから離れることはなかった。

    遠藤の”指定席”には20歳の井手口陽介が入って、不動のものにしつつある。そうした現在の状況について、遠藤本人はどんな心境でいるのだろうか。

    「正直、ボランチじゃなきゃダメとか、そういうこだわりはないね。それは、気持ちが変わってきたというより、自由にやらせてもらっているから。トップ下のプレーで(長谷川健太)監督に言われているのは、攻守の切り替えや、球際で激しくいくとか、ボールを取られたら全力で取り返すとか、当然やらなければいけないことだけ。特にやってはいけないこともないし、ほんと自由。自分たちがどう攻めるかってよりも、どうしたら相手のバランスが崩れるのかな、ということを意識して攻撃している。(トップ下も)楽しいから、そこでもいいかな、という感じ」

    遠藤のポジションは、配置的にはトップ下だが、チームでは自由に動く”フリーマン”的な役割を果たしていた。

    「ボランチよりも(ポジションが)5m前に出ているだけだけど、景色が違うし、相手のプレッシャーはかなり厳しい。ただ、前に行けば行くほど、ミスをおかしても許される部分があるので、今は楽しんでやれている。それが、大事でしょ。俺は楽しんでサッカー人生を終わりたいんで、最後は別にボランチじゃなくてもいいと思っている」

    遠藤は現在、36歳。年が明ければ、37歳になる(1980年1月28日生まれ)。年齢的に、体力的な衰えなど、若い頃とは違った面で苦労を感じてもおかしくない。さらに今後、監督のサッカーの志向や若手の台頭によって、ベンチに置かれる機会が増えていくかもしれない。ベテランの生き方を、遠藤はどう捉えているのだろうか。

    「(これまでと同様)この年齢になっても、体のケアは特別なことは何もしていない。練習前、ストレッチする時間がちょっと長くなっただけ。基本、ひと晩寝れば、気持ちも、疲れもすっきりするからね。

    まあ、俺らの年齢で大事なことは、変なプライドを持たないこと。『昔はこのプレーができていたのに』って(過去の自分と)比べられたりするけど、それを気にしてもマイナスになるだけ。『あいつ、キレがなくなったな』って言われることもあるけど、そりゃこの年齢になれば、20歳のときとは違うし、キレがなくなるのは仕方がないこと。

    逆に、その当時はできなかったプレーが、今はできることもある。自分の武器を大切にしつつ、まだまだできないことにもトライする。全力でがんばってダメなら、そこは他の選手にカバーしてもらえばいいし、逆に周囲の選手ができないことを自分がやればいい」

    『黄金世代』の同期、小笠原満男(鹿島アントラーズ)や、小野伸二(コンサドーレ札幌)、稲本潤一(札幌)らも、まだ現役で奮闘している。それでも”引退”の足音はヒタヒタと近づいているに違いない。その点の見極めについて、遠藤はどう考えているのか。

    >>2以降につづく
    no title
    webスポルティーバ 12/16(金) 14:30配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161216-00010003-sportiva-socc&p=1
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/12/16(金) 19:41:35.40 ID:CAP_USER9.net
    宇佐美貴史と結婚した田井中蘭さんといえば、料理が得意なことで知られている。

    日本にいた頃からInstagramやブログで栄養バランス満点の手料理を紹介していたが、その姿勢はドイツでも変わらないようだ。




    こちらは、バイエルン・レディースに所属する岩渕真奈が紹介してくれた写真。

    岩渕はこの日、宇佐美家で手料理をご馳走になったそうだのだが…まるでプロの料理人が作ったのかと思ってしまうほどの出来栄えだ。

    蘭さんによれば「ちょっとだけクリスマス感を出してみたよ」とのことで、ロールキャベツやグリルチキンを作ったそう。

    この日はガンバ大阪ユース出身で、今年3月に明治大学を卒業した小谷光毅も来ていたそうなのだが、蘭さんの手料理にさぞかし驚いていたはず。
    2016-12-16_19h57_58
    https://www.instagram.com/p/BNxSkoFB_mc/

    2016-12-16_19h58_16
    https://www.instagram.com/p/BNB4fZRB4Tx/

    蘭さんによれば、やはり今でも宇佐美のためにグルテンフリーの食材を使って調理しているようだ。

    それにしても、愛情たっぷりの料理を毎日食べられる宇佐美は羨ましい!

    http://qoly.jp/2016/12/16/mana-iwabchi-twitter-20161216-kwm-1
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/16(金) 11:10:13.98 ID:CAP_USER9.net
    オランダメディアの取材に応じた小林 「今はまだ始まりにすぎない」と言い放つ
     
    へーレンフェーンで出場機会を着々と増やしている日本代表MF小林祐希が、現地メディアで“本田圭佑超え”を宣言したようだ。オランダのサッカー専門サイト「voetbal INTERNATIONAL」の取材に応じている。

    小林はエールディビジ第5節に公式戦初出場を果たして以降、リーグ戦12試合連続で先発出場、現在8試合連続フル出場を果たしている。そして3日のイーグルス戦では待望の公式戦初ゴール。現在4位につけるチームのなかで、日に日に存在感を高めている。

    同サイトはその小林について「日本のジュビロ磐田から夏にやって来た小林は、好調のヘーレンフェーンで名を挙げた一人だ。日本代表にも6月にデビューした」と紹介しつつ、本人のコメントを掲載している。

    「自分は子供の頃、夢見ていた日本代表で得点を挙げたが、驚きはなかった。Jリーグでしっかりプレーしたし、今はヘーレンフェーンで精度を高めている。今はまだ始まりにしかすぎない」と、オランダでも“ビッグマウス”ぶりを発揮している。

    そして「自分は本田圭佑さん以上の良い選手になりたいと思っている」と、代表の現エースで何かと比較対象にされる本田を上回りたいと強気に言い放っている。

    「自分は遅咲き。今は自分の時間が来た」

    オランダのエールディビジには20代前半の選手が多いなか、小林が24歳である点について問われると「自分は遅咲きのタイプだと思う。それは代表だけでなく、クラブでもそう。だけど今は、自分のための時間が来たと感じている。自分はヨーロッパのトップレベルの選手になりたい」と、今後への野望を余すことなく語ったという。

    日本代表は11月15日のサウジアラビア戦で、本田や香川真司(ドルトムント)、岡崎慎司(レスター)がスタメンから外れ、大迫勇也(ケルン)や清武弘嗣(セビージャ)、原口元気(ヘルタ・ベルリン)らが躍動した。世代交代の波が押し寄せるなか、自らも台頭してみせる――

    小林の野心はオランダの地でしっかりと育まれているようだ。

    Football ZONE web 12/16(金) 8:00配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161216-00010003-soccermzw-socc

    写真
    続きを読む


    sc-f-20120714-nagai-ns300
    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/16(金) 08:26:37.73 ID:CAP_USER9.net
    来季、J2に降格する名古屋のFW永井謙佑(27)が、J1のF東京へ移籍することが15日、分かった。

    永井はスピードが武器で、2012年のロンドン五輪では2得点を挙げて日本の4強入りに貢献、フル代表でも6試合に出場している。

    J1では通算164試合出場で42得点だが、今季は31試合出場で7得点だった。

    読売新聞 12/16(金) 7:31配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161216-00050016-yom-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/16(金) 06:34:41.39 ID:CAP_USER9.net
    広島が来季の新戦力として横浜MのFW伊藤翔(28)獲りに動いていることが15日、分かった。

    関係者によると、広島が横浜M側へ獲得を打診しているという。来季J2に降格する名古屋入りが決まっている元日本代表FW佐藤寿人(34)に代わるストライカーとして白羽の矢を立てた形だ。

    伊藤は愛知・中京大中京高に在籍した06年にイングランド・プレミアリーグの名門アーセナルに練習参加し、ベンゲル監督から熱烈なラブコールを受けた。

    フル代表未経験のため英国での労働ビザ取得の条件を満たせずアーセナル入りはかなわなかったが、07年に当時フランス2部のグルノーブルに入団。Jリーグを経ず海外クラブに挑戦したことで大きな話題を呼んだ。

    高い身体能力を生かした決定力が武器。清水から横浜Mに移籍した14年には32試合で8ゴールをマークした。攻撃だけでなく前線からの守備も献身的で、チーム内外で高く評価されている。

    今季年間6位に終わった広島はJ1通算161得点のFW佐藤が退団。その穴を埋める存在として期待している。一方の横浜Mも助っ人のFWカイケを構想外としており、攻守で計算できる伊藤の慰留に力を注ぐ構えだ。

    ◆伊藤 翔(いとう・しょう)1988年7月24日、愛知・春日井市生まれ。28歳。4歳でサッカーを始め、中京大中京高から07年に当時フランス2部のグルノーブルに入団。10年に清水入りし、14年に横浜Mへ移籍。J1通算142試合出場27得点。184センチ、76キロ。利き足は右。
    2016-12-16_08h28_09
    スポーツ報知 12/16(金) 6:08配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161216-00000068-sph-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ