海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: Jリーグ

    0000014742_2

    1:久太郎 ★:2018/10/10(水) 21:02:16.09 ID:CAP_USER9.net
    柏 1-1 湘南
    [得点者]
    1'瀬川 祐輔(柏)
    9'菊地 俊介(湘南)
    スタジアム:三協フロンテア柏スタジアム
    入場者数:5,665人
    https://www.jleague.jp/match/leaguecup/2018/101001/live/#live

    鹿島 1-2 横浜FM
    [得点者]
    77'天野 純      (横浜FM)
    90+3'犬飼 智也    (鹿島)
    90+5'ウーゴ ヴィエイラ(横浜FM)
    スタジアム:県立カシマサッカースタジアム
    入場者数:8,421人
    https://www.jleague.jp/match/leaguecup/2018/101002/livetxt/#live
    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/
    続きを読む

    1:ほニーテール ★:2018/10/10(水) 17:49:00.77 ID:CAP_USER9.net
    サッカーJ1・浦和レッズのサポーターが、中学校の吹奏楽部員らによる「復興ライブ」の演奏中に、応援歌を歌い始める騒ぎがあった。2018年10月7日の対ベガルタ仙台戦(ユアスタ仙台)の試合前イベントでの出来事だ。

    仙台側は正式な抗議文を出す予定はないというが、関係者は「(イベントの内容を踏まえると)サポーターとして、人としてどうなのか」とポツリ。一方の浦和広報は、演奏を意図的に妨害することは「ありえない」との見方を示す。

    ■復興ライブにチャントかぶせる

    騒動が起きたイベントは、東日本大震災の復興支援プロジェクト「ソフトバンク東北絆CUP」の一環で行われたもの。試合前のピッチ上で、地元の中学生らが吹奏楽の演奏を披露したのだ。

    だが、この「復興ライブ」の真っ最中に、浦和サポーターが「チャント」と呼ばれる応援歌を歌い始めた。現地にいた観客が撮影した動画を見ると、中学生らの演奏をかき消すような勢いで、大音量のチャントがスタジアムに響く様子が分かる。

    J-CASTニュースの取材に応じた観客の1人は、浦和側からの応援は演奏開始から約3分後に始まったと説明。ライブが中断するほどの混乱は生じなかったが、別の観客によると、なかには「涙を見せている中学生もいた」という。

    浦和側の応援行為を受けて、仙台サポからはブーイングが起きた。だが、しばらくすると浦和サポへのブーイングは止み、中学生たちの演奏を後押しするような手拍子が始まったという。

    なお、中学生らは仙台側のゴール裏付近で、スタンドに向かって演奏を行っていた。そのため、ピッチの反対に位置する浦和サポーターからは背を向ける形で、距離的にも遠かったことは確かだ。

    そのため浦和サポ側からは、今回の一件についてツイッターやネット掲示板に、
    「アウェイ側を蚊帳の外にしてるんだから、そりゃ勝手に歌い出すわ」
    「復興ライブなのになぜあの仙台側の端っこほうでやるのが疑問です」といった意見も出ている。

    ■「抗議報道」も飛び出す事態に

    なかには、浦和サポは中学生による「復興ライブ」が行われていること自体に気付いていなかったのではないか、という指摘もある。ただ、こうした意見について、取材に応じた上述の観客は、
       「『復興ライブ』の始まる前にはスタジアムDJによるアナウンスとともに、今回の催しが『東北絆CUP』というイベント参加校のお披露目であることを紹介する映像がスクリーンに流れていたので、イベント内容についてはスタンドに居れば知ることが出来たはずです」と反論している。

    こうした問題については、河北新報(ウェブ版)が試合翌8日に「<ベガルタ>中学生の演奏中も大声で応援続ける 浦和に抗議」と報道。ベガルタ仙台が、浦和のクラブに抗議したと伝えていた。

    仙台側は正式な抗議文を出す予定はなく、浦和に謝罪を求めるつもりもないという。ただ、関係者は、上述の「抗議報道」については誤りではないとして、
    「スタジアムで応援をする時間帯に制限はないので、ルール違反ではありません。ですが、今回のような出来事が起きてしまったこと自体が、(イベントの性質も踏まえると)サポーターとして、人としてどうなのかという話です」と話す。

    現場では仙台側のスタッフが、浦和の関係者に「こちらの思いを汲んで欲しかった」という旨を伝える一幕もあったという。

    ■浦和広報の見解は...

    一方、浦和の広報担当者はJ-CASTニュースの取材に対し、「仙台側ともコミュニケーションを取りながら、事実関係について確認と調査をしている段階です」としつつも、

    「東日本大震災の復興支援活動については、今もクラブで継続して行っていますし、サポーターの皆さんも被災地に物資を送ったり、募金をしたりして下さっています。そうした状況を鑑みると、復興を目的としたイベントだと知って、わざと応援を被せるようなことは、個人的にはまずありえないと思っています」と話していた。
    news_20181010151643-thumb-645xauto-145846
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181010-00000005-jct-soci&p=2
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/10(水) 05:52:29.07 ID:CAP_USER9.net
    トットナムとの契約が満了を迎えるジョレンテ、古巣ビルバオ復帰を望むも…



    トットナムの元スペイン代表FWフェルナンド・ジョレンテは、古巣アスレチック・ビルバオ復帰の意向を示唆したものの、クラブ会長に否定的な姿勢を示されており、今季限りで契約満了を迎えることから行き場を失う危機に直面する可能性を指摘されている。スペイン紙「マルカ」が報じた。


    2005年にビルバオで頭角を現したジョレンテは、9シーズン在籍。エースとして活躍した後、イタリアの名門ユベントスへ移籍し、その後セビージャやスウォンジーを経て、昨季からトットナムへ加入した。

    今季はリーグ戦で9分間のみの出場に止まっており、現地時間3日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節バルセロナ戦(2-4)の試合後に「ビルバオは僕の家だ。もしオファーが来れば前向きに検討したい」と発言。下部組織時代を過ごしたビルバオへの帰還を望んでいることを表明していた。

    しかし、これを受けてビルバオのホス・ウルティア会長は「私が分かっているのは、彼は(ビルバオから)断れば修復不可能なオファーを受けながら、別のオファー(ユベントス)を選んだということだ」と、当時の移籍にいまだ納得のいっていない様子で、再獲得に否定的な姿勢を示しているという。

    ジョレンテにとっては、ビルバオFWアリツ・アドゥリスが負傷離脱を重ねていることもあり、センターフォワード獲得の必要性が浮上していることから、自身の復帰を古巣に促すコメントを発した形のようだ。しかし、会長の発言から分かるように、現時点で復帰の可能性は低いのが実情と見られている。

    熱狂的な親日家としても知られるジョレンテ

    記事でも「ジョレンテにとっては不可能な復帰」と指摘されており、ジョレンテは今季限りでトットナムとの契約が満了を迎えるため、今冬か来夏には次なる新天地を定めなければならない。

    ジョレンテはオフシーズンに来日し、京都など有名どころの観光スポットだけでなく、石川県や岐阜県などにある神社も巡るなど、熱狂的な親日家としても知られている。

    33歳の元スペイン代表FWは行き場を失う危機に直面している。元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸)や同FWフェルナンド・トーレス(サガン鳥栖)をJリーグクラブが獲得しており、ジョレンテが新たにリストアップされる可能性もあるかもしれない。

    10/9(火) 22:01配信 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181009-00140133-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★:2018/10/08(月) 02:59:16.48 ID:CAP_USER9.net


    鹿島アントラーズは住友金属工業(現在は新日鐵住金、2019年4月からは日本製鉄)、浦和レッドダイヤモンズは三菱自動車(現在は三菱重工業)といった具合に、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)では、多くのチームの親会社は重厚長大型企業だったが、最近は新興企業の進出が目立つ。

     
    IT大手のサイバーエージェントは10月1日、Jリーグ2部(J2)に所属するFC町田ゼルビアの経営権を取得したと発表した。ゼルビアのクラブ運営会社の第三者割当増資を引き受ける。出資額は11億4800万円で、全株式(議決権ベース)の80%を取得する。

     
    ゼルビアはJリーグのなかでも珍しい、地域・市民がつくり上げたサッカークラブだ。現在J2で3位につける町田は初優勝を狙う。だが、本拠地の町田市立陸上競技場の収容人数や練習施設などがJリーグ1部(J1)の基準を満たしておらず、J1への参加資格「JIライセンス」を取得できていない。仮に今季優勝しても、来季はJ1に昇格できない。

     
    サイバーエージェントの資金で天然芝の練習グランドやクラブハウスの整備に着手し、本拠地の改修計画もある。これによって早期のJ1ライセンス取得を目指す。

     
    サイバーエージェントは2016年4月に開局した、無料で視聴できるインターネットテレビ局「Abema(アベマ)TV」で、大相撲やプロ野球、サッカーなどのスポーツ番組を配信している。
    Jリーグへの参入でコンテンツの充実を図る狙いがある。

     
    サイバーエージェントは06年、東京ヴェルディに出資した。日本テレビ放送網に次ぐ大株主となり、サッカー好きの藤田晋社長がヴェルディの副社長を兼務していたが、わずか2年で撤退した。

     
    この点について藤田氏は、「当時は筆頭株主ではなく、なかなか思うような経営ができなくて撤退した。10年以上前は企業規模的にも支え切れなかった」と振り返る。

     
    一方で「僕がいたころのヴェルディは、選手補強費は断トツだったのに、それでも勝てず、サッカーって不思議だなと思った。決して日本テレビが悪いわけじゃない。誤解のないよう。ただ、限界を感じて撤退した」と、サッカー経営の難しさを感じたという。

     
    その上で「サッカーをやってよくわかったのが、サポータ-、スポンサー、選手、監督の顔色を窺い続けてもダメ。強いリーダーシップがないとサッカークラブは経営できないと学んだ。ですから今回、大多数の株式取得にこだわった」と、8割の株式を取得した意図を説明した。

     
    再挑戦については、「今回改めて、Jリーグの成長性、将来性に非常にポテンシャルが大きいと感じた。(ヴィッセル神戸を運営する楽天の)三木谷(浩史)さんが海外のスター選手(アンドレス・イニエスタ選手)を日本に呼ぶ流れもあるし、町田は東京発、世界に通じるビッグクラブへと成長させたいと考えている。ネットメディアの時代にクラブ経営は価値が大きい」と抱負を語った。



    https://biz-journal.jp/2018/10/post_25018.html
    2018.10.07
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/08(月) 09:22:46.89 ID:CAP_USER9.net


    再び残留を争う順位に戻ってしまった名古屋グランパスの風間八宏監督

    Jリーグ第29節、7連勝のあと2連敗の名古屋グランパスが、8試合勝利なしのFC東京をホームに迎えた。

    試合が動いたのは後半。65分、名古屋の左サイドでFC東京のディエゴ・オリヴェイラが突破を狙い、こぼれたボールをゴールラインを割ったと判断した名古屋のディフェンダーの足が、一瞬、止まった。オリヴェイラはあきらめず、ラインぎりぎりでクロスを上げると、そのプレーに唯一反応した大森晃太郎がゴール前に走り込んでシュートを決めた。さらにその3分後には、永井謙佑が追加点を決め、試合は決まった。アディショナルタイムに名古屋が1点を返したものの、1-2で終了。FC東京は長いトンネルからやっと抜け出した。

    問題は名古屋のほうだ。ロシアW杯の中断前までは勝ち点わずか9だったが、中断期間に大型補強に成功し、リーグ戦再開後は破竹の7連勝で一気に中位まで順位を上げた。その原動力となったのはジョー、ガブリエル・シャビエル。そして、風間八宏監督のサッカーを熟知しているエドゥアルド・ネットが川崎フロンターレから加入したことにある。

    この3人が先発した試合は、サンフレッチェ広島には引き分けたものの、鹿島アントラーズ、浦和レッズ、ジュビロ磐田戦は大量得点で勝利している。とくにジョーは、リーグ戦後半だけで14得点と爆発。リーグ戦前半は、サイドに流れたり、中盤に落ちてきたりしていたが、前線で最後の仕事をするようになった。

    しかし、2連敗したV・ファーレン長崎戦、川崎フロンターレ戦は、シャビエルがケガで欠場。そしてこのFC東京戦は、ネットが出場停止で、シャビエルがベンチスタートだった。

    彼ら外国人選手がいない名古屋は、パスの数こそ多いものの、相手の守備を崩す場面は少なく、決定機も多くはない。頼みのジョーもシュート1本に抑えられた。前田直輝や金井貢史といった風間サッカーにフィットする選手は増えたものの、まだまだ外国人に依存する部分は大きい。フィールドに3人の外国人選手が揃わないと、破壊力が半減するのだ。

    試合数が2試合少ないとはいえ、これで3連敗。再び残留争いに巻き込まれつつある。GKのランゲラックを含めて、外国人選手を先発で使えないと、今後も厳しい戦いになりそうだ。

    渡辺達也●文 text by Watanabe Tatsuya

    10/8(月) 6:02配信 スポルティーバ
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181008-00010000-sportiva-socc
    続きを読む

    1:れいおφ ★:2018/10/08(月) 13:09:55.76 ID:CAP_USER9.net
    サッカー・J1サガン鳥栖のマッシモ・フィッカデンティ監督(50)が解任されることが8日、関係者への取材で分かった。後任にはサガン鳥栖U-18監督でトップチームのコーチを兼任する金明輝(キン・ミョンヒ)氏(37)が昇格する。

    チームは6日の第29節・湘南ベルマーレ戦を終え、J2自動降格圏の17位と低迷。関係者によると、海外や国内の監督候補を模索する中、チームをいま一つにするためには内部昇格が最善と判断したという。

    フィッカデンティ監督は守備をベースとした戦術を徹底し、就任1年目の2016年は11位。2年目は若手や新戦力を積極起用して8位だった。ただ、今季はJ1昇格後クラブワーストとなる7連敗を喫するなど前半戦から苦しい戦いが続いた。

    夏場にフェルナンド・トーレス、金崎夢生の両FWを補強したが、得点力不足を解消できず、降格圏を抜け出せずにいる。

    金氏は兵庫県出身。
    ジェフユナイテッド市原などでプレーし、2011年にJ2サガン鳥栖で引退。その後、サガン鳥栖U-15でコーチを務め、現在はU-18の指揮を執っている。9日の練習から指導し、20日のベガルタ仙台戦で初采配する。

    佐賀新聞
    img_29df1bd05d435797bab1fb5ca8f3c1f7572615
    https://www.saga-s.co.jp/articles/-/286285
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/07(日) 19:36:45.53 ID:CAP_USER9.net
    ジュビロ磐田の名波浩監督が、静岡ダービーで大敗を喫して失望をあらわにした。

    磐田は7日、明治安田生命J1リーグ第29節で清水エスパルスと対戦。開始1分で先制点を許すと、大量5ゴールを献上し、1-5と敗れた。名波監督はサポーターに対して申し訳ないと率直な思いを口にする。

    「ゲームの位置づけとしては我々にとっても、清水にとっても、ビッグマッチだと思うんですけど、まずはサポーターに謝罪しなければいけない。大敗という結果、それから前半の不甲斐ない内容と、この2つは間違いなく僕に責任があるので、そこは申し訳ないなと思っています」

    また、宿敵に5ゴールを許すまさかの大敗を喫した磐田。名波監督は選手たちに対して「この悔しい思いを忘れるな」と伝えたことを明かす。

    「選手には清水のサポーターが喜んでいる姿、それから村田(和哉)が5点目を取った時の、あの歓声というのを脳裏に焼き付けておけと。いつかここでその悔しさを晴らせるように、ちゃんと目に焼き付けておけと、選手に言いました」

    「実際そのミーティングが終わった時に、外にすぐ出て、何人かの選手がちゃんとそれを見ていました。ロッカーで泣いている選手もいましたけど、この悔しさはチームとして次につながると信じたいです。成長著しい北川(航也)とか金子(翔太)とか、ああいった若い選手たちがあれだけ前向きにプレーしているので、我々も若い選手たちがそういうことを見習わなければいけないなと思っています」

    磐田はリーグ戦5試合勝利なしで、15位のまま。降格圏内の名古屋グランパスとは2ポイント差であることに加え、名古屋は消化試合が2つ少ないため、今後の結果次第では降格圏転落の可能性も残す。今回のダービー大敗は今後にどのような影響をもたらすことになるのだろうか。

    10/7(日) 19:21配信GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181007-00000023-goal-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/07(日) 18:50:15.93 ID:CAP_USER9.net
    [10.7 J1第29節 鹿島0-0川崎F カシマ]

    最大のチャンスを自らつかんだ。しかし、川崎フロンターレFW小林悠が右足から蹴り出したボールが、ゴールネットを揺らすことはなかった――。

    序盤から攻勢をかけたチームは前半8分に好機を創出する。MF中村憲剛のパスから右サイドを駆け上がったDFエウシーニョのグラウンダーのクロスに小林が反応。ニアサイドに走り込んで、わずかに触れたボールはGKクォン・スンテの脇を抜いたものの、左ゴールポストを叩いて先制点を奪うには至らなかった。

    そして、前半35分にはエウシーニョの縦パスをPA内で受けるとDFチャン・スンヒョンのファウルを誘ってPKを獲得。自らペナルティースポットに向かうと、ゴール右を狙ったシュートを放つが、クォン・スンテに左手1本で阻まれて先制の絶好機を逃してしまった。

    鬼木達監督が記者会見で「足をひねった」と説明したように、0-0のまま迎えた後半37分には左足首を気にしながら、MF長谷川竜也との交代を余儀なくされた。スコアレスドローでの勝ち点1獲得に「ポジティブに考えたい」と前を向きつつも、自身のPK失敗もあり「決めていれば楽になったと思う。勝ち点も積み重ねられたと思うので、チームに申し訳ない」と声を落とした。

    10/7(日) 16:28配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181007-02506933-gekisaka-socc

    写真



    明治安田生命J1リーグ第29節の試合が7日に行われ、鹿島アントラーズと川崎フロンターレが対戦。0-0のドローに終わったこの試合で、川崎Fの日本代表FW小林悠が負傷交代を余儀なくされた。

    日本代表に推薦したい10人。未来を照らす新戦力候補たち

    前半には自ら獲得したPKをGKにセーブされてしまう場面もあった小林。その後もゴールを狙って奮闘していたが、後半残り10分あまりとなったところで左足首を痛めた様子を見せ、担架で運び出されて途中交代となった。

    サンフレッチェ広島を抑えて首位を守った川崎Fだが、残り5試合の優勝争いに向けてエースの状態が気にかかるところ。また小林は日本代表にも招集されているが、この試合のあとに予定されていた代表合流に影響がないかどうかも懸念される。

    10/7(日) 15:09配信 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181007-00292107-footballc-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/07(日) 07:09:21.02 ID:CAP_USER9.net

    ◆明治安田生命J1リーグ第29節 C大阪0―1G大阪(6日・ヤンマー)  

    C大阪はエースFW杉本をけがで欠く中、5日の練習中に左手甲を骨折した疑いのあるMF山村が、患部を固定し痛み止めを飲んで1トップで強行出場した。しかし、シュート0本で完封負け。「先制点を許したのが試合を難しくしてしまった」と嘆いた。  

    これでリーグ戦の大阪ダービーは2012年3月に勝利して以降7戦未勝利。試合の2日前には練習を異例の非公開とするなど、厳戒態勢で集中力を高めたが実らなかった。尹晶煥監督(45)も「この結果はすごく衝撃的。頭の整理がうまくつかない」と、絞り出すしかない。今季最多の3万4303人のサポーターからは、容赦ないブーイングが浴びせられた。  

    元韓国代表の指揮官の下、昨季はルヴァン杯と天皇杯の2冠を達成した。しかし、今季はACL、ルヴァン杯、天皇杯で既に敗退。リーグ戦も首位と勝ち点15差の暫定7位で、タイトルは絶望的だ。クラブは来週、強化担当を中心に、来季に向けた話し合いの場を持つ。今季で2年契約が切れる指揮官の進退も、議論の対象になるとみられる。(筒井 琴美)

    10/7(日) 6:04配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181007-00000032-sph-socc

    写真
    2018-10-07_08h10_45
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ