海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: Jリーグ

    1:Egg ★:2017/12/08(金) 22:32:07.98 ID:CAP_USER9.net
    メイン会場スタッフがUAEのサッカー事情を告白「JリーグやKリーグを見る人が多い」

    アジア王者浦和、UAEで開催国以上の人気 大会スタッフが証言「浦和と鹿島は有名」

    アジア王者浦和レッズは、9日にFIFAクラブワールドカップ(W杯)準々決勝で開催国代表アルジャジーラ(UAE)と対戦する。

    大会スタッフのアリ氏は「UAEでは浦和と鹿島は有名だよ」と話し、日本のJクラブが中東の地でも高い知名度を誇っていることを証言した。

    浦和の初戦や決勝、3位決定戦は、今大会のメインスタジアムとなるザイード・スポーツ・シティで開催される。その会場でスタッフを務めるアリ氏は、「UAEでは自分たちのリーグよりJリーグやKリーグの方が人気がある」と説明。欧州に続いては日本や韓国も人気があり、逆に自国UAEを含めた中東リーグへの関心度は低いという。

    「自分たちの国や中東のリーグは、あまり見る人がいないんだ。ヨーロッパはもちろんだけど、アジアだったらJリーグやKリーグを見る人が多い。日本だと浦和と鹿島は有名だよ。鹿島は去年活躍したし、浦和はこの大会の最初に3位になったチームだからだと思う」

    浦和は10年前の2007年にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)を制してアジア王者に輝き、クラブW杯でも3位入賞。当時に与えたインパクトは今でも残っているようだ。

    「国内だったらアル・アインの方が上」

    そして、アルジャジーラについて訊くと「そんなに知名度もないし、人気があるクラブではない。国内だったらアル・アインの方が上だと思う」と回答。「レアル・マドリード(スペイン)が出る準決勝と決勝の日のチケットは結構売れているみたいだけど、他の試合はあまり売れていないんだ」と“実情”を明かした。

    浦和は開催国代表との対戦で“完全アウェー”になることも想定されたが、現地での注目度はいま一つのようだ。初戦を突破してレアルと準決勝で対戦することになれば、その時の方が中東のサッカーファンによる“アウェー感”を体験することになるのかもしれない。
    2017-12-09_07h42_31
    12/8(金) 22:01配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171208-00010019-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:ぶーちゃんφ ★:2017/12/07(木) 23:10:47.18 ID:CAP_USER9.net
    DAZNと10年間の放映権で2100億円という大型契約を結んだJリーグ。各クラブへの固定配分金の他に“理念強化配分金”としてJ1の上位(1位~4位)までに配分金が支給されることになった。1位(優勝)には15億5000万円が3年間に分けて支給され、2位は7億円、3位が3億5000万円、4位には1億8000万円となっている。

    つまり悲願のJ1初優勝を果たした川崎が3億円の優勝賞金、3億5000万円の固定配分金に加えて理念強化配分金の15億5000万円を支給される権利を得るので、合計で22億円となる。ちなみにリーグ2位の鹿島は賞金1億2000万円に固定配分金3億5000万円と理念強化配分金の7億円が加算されて11億7000万円。優勝と2位で、約2倍の差がつくわけだ。

    3位のセレッソ大阪が賞金6000万円、固定配分金3億5000万円、理念強化配分金3億5000万円、ルヴァン杯の優勝賞金1億5000万円で合わせて9億1000万円、4位の柏レイソルは理念強化配分金1億8000万円と固定配分金で5億3000万円となる。優勝と4位では4倍の差となる。無論5位以下との差は例示する必要も無いだろう。

    “理念強化配分金”と銘打っている以上、支給されたお金は審査のもとに、クラブの成長のために使われることが義務付けられる。使い道は必ずしも補強費である必要はない。優勝クラブに22億円が入ったら、そのまま大物外国人選手などの獲得に使われるとは限らないのだ。

    クラブの施設拡充に使われることもあれば、育成年代の強化や普及に投じられるケースもあり、クラブ周りの振興に役立てられても問題ない。ただ、それら全てはクラブが成長するための糧となり、使い方を誤りさえしなければ、雪だるま式にクラブが大きくなっていくわけだ。
    2017-12-08_00h36_08
    AERA:
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171207-00000058-sasahi-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/06(水) 07:01:04.40 ID:CAP_USER9.net
    今季J1で悲願の初優勝を飾った川崎フロンターレに、“人類最速の男”ウサイン・ボルトからも祝福のメッセージが届いた。クラブが公式ツイッターで明らかにし、ボルト氏から届いた動画を公開している。

    陸上の男子100メートル・200メートルの世界記録保持者であり、オリンピックで通算8個の金メダルを獲得したボルトは、今年8月の世界陸上を最後に現役を引退。その後、9月6日にスポンサー関連の繋がりがある川崎Fの練習場を突然訪問したことがあった。

    その川崎Fがリーグ優勝を成し遂げたことで、ボルトからもビデオレターで祝福のメッセージが届けられた。「川崎フロンターレのみなさん、リーグ優勝おめでとうございます! ついにやり遂げましたね。先日皆さんと一緒に過ごしたから僕の喜びも大きいよ。繰り返すけど、タイトル獲得おめでとう! 絶対やり遂げると僕は信じてたよ。祝福するよ。本当におめでとう!」とボルトはコメントしている。

    これまでリーグで2位が3回、カップ戦準優勝が5回など“シルバーコレクター”と呼ばれ続けてきた川崎F。今季J1では鹿島アントラーズに2ポイントリードされた状況で最終節を迎えたが、大宮アルディージャに5-0の大勝を飾り、鹿島がジュビロ磐田と引き分けに終わったことで逆転優勝に成功した。
    20171205_bolt_getty-560x373
    12/5(火) 22:48配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171205-00244985-footballc-socc

    動画
    続きを読む

    1:首しめ坂 ★:2017/12/05(火) 23:30:41.24 ID:CAP_USER9.net
    「ガリガリ君」タイで売り込め コンサ・チャナティップ選手がアシスト
    12/05 18:26 更新

    サッカーJリーグ1部(J1)北海道コンサドーレ札幌を運営するコンサドーレ(野々村芳和社長)と、アイスの人気商品「ガリガリ君」を製造・販売する赤城乳業(埼玉、井上創太社長)は4日、アジアプロモーションパートナー契約を結ぶと発表した。同社はタイでの販売促進に向け、札幌のタイ代表MFチャナティップ選手を起用した広告展開などを進めるという。

    野々村社長と井上社長、チャナティップ選手が同日、札幌市内で会見した。井上社長は「絶大な人気を誇るチャナティップ選手を通じ、タイの多くの人にガリガリ君を味わってほしい」と語った。写真撮影では3人で「ガリガリ君」を口にし、チャナティップ選手は「なまらうまい」と笑顔を見せた。

    ガリガリ君を手に笑顔の(左から)井上社長とチャナティップ選手、野々村社長


    https://www.hokkaido-np.co.jp/article/149125


    北海道コンサドーレ札幌「アジアプロモーションパートナー(赤城乳業株式会社様)」契約について
    http://www.consadole-sapporo.jp/news/20171235987/
    続きを読む

    1:れいおφ ★:2017/12/05(火) 23:47:08.21 ID:CAP_USER9.net
    <Jリーグアウォーズ>◇5日◇横浜市

    川崎フロンターレを逆転でのJ1初優勝に導き、23得点で得点王に輝いた小林悠(30)がMVPも獲得したが、サプライズで登壇した長男結翔くん(3歳)の“超絶プレー”に全てを持っていかれた。

    小林はスピーチの冒頭で「個人的なことで申し訳ないですけど、1番感謝を言いたい人がいます。プロ入り後、ケガが多い僕と一緒に泣いて、乗り越えてくれた奥さんに感謝したいです。ありがとう」とあいさつ。

    すると妻直子さん(30)と結翔くん、次男真翔くん(1歳)が現れた。突然の家族の登場に、口をあんぐり開ける小林を尻目に、結翔くんはステージ上に設けられた花道を猛ダッシュし、係員に抱きかかえられ、小林のもとに連れて行かれた。

    小林に抱っこされた結翔くんは、直子さんが「おめでとうございます。1番近くで頑張っているのを見てきたので、報われてうれしいです」と声を震わせて祝福の言葉を贈る間も、小林にキスするなど“大暴れ”そのかわいさいっぱいの姿に、観客からも拍手が巻き起こった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171205-00070156-nksports-socc

    動画




    MVPに輝き家族から祝福される川崎F・FW小林(右端)。左から次男の真翔くん、妻の直子さん、長男の結翔くん

    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2017/12/05(火) 19:53:19.07 ID:CAP_USER9.net
    news_slider_232591_1
    12/5(火) 19:52配信
    小林悠がMVP初受賞!!Jリーグアウォーズでベスト11など各賞を表彰

    Jリーグは5日、横浜アリーナで「2017 Jリーグアウォーズ」を開催し、最優秀選手賞(MVP)、ベストイレブンなど各賞を表彰した。川崎フロンターレのFW小林悠が初の最優秀選手賞(MVP)を受賞。得点王、ベストイレブンとの“個人3冠”を達成した。

    クラブ悲願の初優勝を成し遂げた川崎Fからは小林のほか、MF中村憲剛、DFエウシーニョ、DF車屋紳太郎の最多4人がベストイレブン入り。最終節で逆転優勝を許した鹿島アントラーズからはDF昌子源とDF西大伍が選ばれた。

    各賞の受賞者は以下の通り(数字は受賞回数)

    < 最優秀選手賞 >
    FW小林悠(川崎F)初

    < ベストイレブン >
    GK中村航輔(柏)初
    DF昌子源(鹿島)2
    DF西大伍(鹿島)初
    DFエウシーニョ(川崎F)初
    DF車屋紳太郎(川崎F)初
    MF中村憲剛(川崎F)7
    MF井手口陽介(G大阪)初
    MF山口蛍(C大阪)2
    FW興梠慎三(浦和)初
    FW小林悠(川崎F)2
    FW杉本健勇(C大阪)初

    < 得点王 >
    FW小林悠(川崎F)初

    < ベストヤングプレイヤー賞 >
    DF中山雄太(柏)

    < フェアプレー賞 高円宮杯 >
    サンフレッチェ広島7

    < フェアプレー賞(J1) >
    ★ベガルタ仙台3(J2での受賞は2回)
    ★セレッソ大阪初
    ★FC東京初(J2での受賞は1回)
    サガン鳥栖3
    川崎フロンターレ4
    ガンバ大阪3(過去にフェアプレー賞高円宮杯を2回受賞。J2での受賞は1回)
    ジュビロ磐田初(過去にフェアプレー賞高円宮杯を1回受賞。J2での受賞は1回)
    ※反則ポイントが少ない順。★は賞金授与対象

    < フェアプレー賞(J2) >
    ★大分トリニータ初(J3での受賞は1回)
    松本山雅FC3(J1での受賞は1回)
    愛媛FC2
    東京ヴェルディ初
    ファジアーノ岡山5
    モンテディオ山形2(J1での受賞は4回)
    ツエーゲン金沢2
    ※反則ポイントが少ない順。★は賞金授与対象

    < フェアプレー賞(J3) >
    ★ブラウブリッツ秋田2
    アスルクラロ沼津初
    Y.S.C.C.横浜2
    セレッソ大阪U-23初
    グルージャ盛岡3
    AC長野パルセイロ3
    福島ユナイテッドFC2
    ※反則ポイントが少ない順。★は賞金授与対象

    < フェアプレー個人賞 >
    DF中澤佑二(横浜FM)2
    FW柿谷曜一朗(C大阪)2
    DF水本裕貴(広島)2

    < 優勝監督賞 >[新設]
    鬼木達(川崎F)初

    < 優秀監督賞(J1) >[新設]
    尹晶煥(C大阪)初

    < 優秀監督賞(J2) >[新設]
    チョウ・キジェ(湘南)初

    < 優秀監督賞(J3) >[新設]
    杉山弘一(秋田)初

    < 最優秀主審賞 >
    西村雄一9

    < 最優秀副審賞 >
    相樂亨 9

    < 最優秀育成クラブ賞 >
    FC東京2

    < 最優秀ゴール賞 >
    MF関根貴大(浦和/現インゴルシュタット)初
    ※J1第17節・広島戦(埼玉)90分

    < 功労選手賞 >
    市川大祐(藤枝)
    大島秀夫(北九州)
    ※( )は最終所属クラブ

    ※J1の18クラブの監督及び選手(17試合以上出場)による投票結果

    【GK】
    1.☆中村航輔(柏)50票
    2.曽ヶ端準(鹿島)35票
    3.カミンスキー(磐田)32票

    【DF】
    1.☆昌子源(鹿島)171票
    2.☆エウシーニョ(川崎F)83票
    3.☆西大伍(鹿島)81票
    3.☆車屋紳太郎(川崎F)81票
    5.中澤佑二(横浜FM)48票
    5.マテイ・ヨニッチ(C大阪)48票
    7.槙野智章(浦和)46票
    8.山本脩斗(鹿島)29票
    9.大井健太郎(磐田)24票
    10.植田直通(鹿島)23票

    【MF】
    1.☆中村憲剛(川崎F)101票
    2.☆井手口陽介(G大阪)76票
    3.☆山口蛍(C大阪)75票
    4.レオ・シルバ(鹿島)65票
    5.谷口彰悟(川崎F)59票
    6.レアンドロ(鹿島)57票
    7.金崎夢生(鹿島)54票
    7.中村俊輔(磐田)54票
    9.大島僚太(川崎F)52票
    10.ソウザ(C大阪)40票
    11.柏木陽介(浦和)35票
    12.阿部浩之(川崎F)30票

    【FW】
    1.☆興梠慎三(浦和)141票
    2.☆杉本健勇(C大阪)140票
    3.☆小林悠(川崎F)117票
    4.クリスティアーノ(柏)63票
    5.ラファエル・シルバ(浦和)38票
    6.伊東純也(柏)34票
    7.ビクトル・イバルボ(鳥栖)18票
    8.川又堅碁(磐田)15票

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171205-01647209-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:れいおφ ★:2017/12/05(火) 12:49:53.44 ID:CAP_USER9.net
    ヴィッセル神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが、地元の古巣ケルンの現状に胸を痛めている。ドイツ紙『ビルト』が伝えた。

    ケルンは今シーズンのブンデスリーガ開幕から14戦未勝利と低迷が続き、勝ち点はわずか3で最下位に沈んでいる。3日には、2013年から1部復帰や25年ぶりの欧州大会に導いてきたペーター・シュテーガー監督の退任がついに発表された。

    そんな古巣の状況に、ポドルスキは「遠く日本にも伝わってくるケルンの状況に、涙が出てくるよ。それは順位だけの問題じゃなくて、昨日の監督交代までの動きもそうだ」と、『ビルト』紙内の自身のコラムに素直な心境をつづっている。

    「シュテーガー監督は約4年間も素晴らしい働きをしてきたんだ。本来なら、他にも解決方法があったはずだ。あんなに混乱を呼び込むような時間稼ぎは、シュテーガー監督への扱いとしてふさわしくない。結局は“敗者”が残っただけじゃないか。シュテーガー監督はあんなカオスのような状況でも、人としての一線を超えることはなかった」

    監督退任の前には、同じくケルンの成長を支えてきたマネージャーのヨルク・シュマトケ氏も辞任。これにポドルスキは、「マネージャーがテーマになるのは普通のことだけれど、この最近のケルンの話は度が過ぎている。昔のケルンを強く思い起こさせるよ。それでも、前を向かないといけない」とカオスに陥った古巣の現状を嘆いた。

    また、ワールドカップの組み合わせについても見解を示している。

    日本については、「“僕の”日本代表は、アジア予選では比較的ラクに突破できた。選手たちは個々人のレベルではとても良く訓練されているし、技術的にも高い。欧州でプレーしている選手もいる。それでも、ポーランド、コロンビア、そしてセネガルが集うグループなら2位突破が出来れば成功と言えるだろうね」と語った。

    優勝候補とも目される前回王者ドイツ代表に関しては、「僕らのドイツ代表にとっては、3戦全勝が求められる」と強気の姿勢を崩さなかった。
    2017-12-05_14h04_26
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171205-00679185-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/05(火) 06:43:30.90 ID:CAP_USER9.net
    EAFF E-1サッカー選手権2017 決勝大会に参加する日本代表は4日、都内に集合して初練習を行った。

    約2年半ぶりに代表復帰を果たした権田修一は、「サガン鳥栖で1年間やって評価されたと思うので、それを普通にいつも通りやれれば」と自然体で臨む意思を示した。

    また権田は、Jリーグに外国人GKが増えていることについて、日本人守護神として危機感を持っている。

    「韓国に負けているじゃないですけど、単純にJリーグのこれまでの結果だと思うので、それは謙虚に受け止めて。今回、代表に僕と東口(順昭)選手と中村(航輔)選手が入って、他にも西川(周作)選手がクラブW杯に行って、川島(永嗣)選手が向こうで頑張っている。こうやって代表に選ばれる選手、僕だったら九州、東口選手だったら関西と、そういうところでGK全体の質を上げていかないといけないと思うし、代表に入る以上はそういう責任もあると思う」

    リーグ優勝した川崎フロンターレはチョン・ソンリョン、ヴィッセル神戸ではキム・スンギュという韓国代表クラスが正GKを務める。また、ポーランド人のカミンスキーはジュビロ磐田で絶対的な存在だ。そうした現状に対し、権田は日本人GKのレベルアップの必要性を説く。

    「10年後、20年後に『日本はやっぱGKが常にいいな』って言われるようにできるかどうかっていうのを見据えないと。今、正直、劣っているのはもうしょうがないし、それはもうJリーグ見ていても、結果として韓国人のGKが多いっていうのが出ちゃっているので」

    外国人GKが重宝される現状を今すぐには変えられないとしても、諦めてはいけない。権田はそう考えている。

    「代表に来ていない2年半でいろんなことがあって、いろんなことを考えて、いろんな経験をしましたけど、監督が求めるのは試合を決めるというところだと思う。そこは僕個人もそうですけど日本人のGK全体として、それは選手だけじゃなくて、指導者、メディアの人、評価する人含め、レベルを上げないといけないなと。監督が今、日本人のGKはダメだダメだっていうたびに痛感しますよね。だからこそ、そこは急がなきゃいけないかもしれないけど、急に上手くなるんだったら楽だし、苦労しない。それが逆にもうムリだよ、できないからって諦めちゃったら終わりだから。こうやって代表に呼んでもらえて、書いてもらえるんだったら、日本のGKに関わる人みんながモチベーションとして、『なんでそんなこと言われなきゃいけないんだよ』じゃなくて、世界を知っている監督がそうやって言うってことは、それだけ理由があるわけだから。そこは僕も含めてみんなが謙虚になって受け止めて、もっとチャレンジだったりをしていかなきゃいけないかなと思います」

    権田自身、海外挑戦などこれまでのキャリアで様々な経験を肉付けしてきた。そうした選手からの問いかけに耳を傾けるべきだろう。

    (取材:元川悦子、文・構成:編集部)

    12/4(月) 23:36配信 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171204-00244771-footballc-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/05(火) 06:09:58.83 ID:CAP_USER9.net
    J1広島の来季監督にF東京、甲府などを指揮した城福浩氏(56)の就任が濃厚になっていることが4日、分かった。

    この日、ヤン・ヨンソン監督(57)の契約満了での退任を発表。複数の関係者の話を総合すると、城福氏が後任最有力という。

    ヨンソン監督は今年7月、5年半指揮した森保一前監督(49)の後任に就き、降格危機から15位でJ1残留した。ただ、関係者によると、クラブは試合と練習の内容、選手との信頼関係などを精査し、新監督招聘(しょうへい)を決断したようだ。

    城福氏は2007年のU―17W杯で日本代表監督を務め、人とボールが動くサッカーで選手を育成した。09年にF東京でナビスコ杯(現ルヴァン杯)を制覇。若手の登用だけでなく、12年から3年間の甲府時代はベテランを復活させるなどしJ2優勝と2度のJ1残留を果たした。広島は世代交代を含め過渡期にあり、経験豊かな城福氏が指名されたという。現在、日本協会のユースダイレクターを務めているが、単年契約。現場復帰の意欲もあるそうで監督就任への障害はない

    12/5(火) 5:22配信 スポーツ報知



    【広島】ヨンソン監督が退任、残留達成し「うれしく思っています」
    http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20171204-OHT1T50120.html
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ