海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: Jリーグ

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/01(木) 02:00:27.03 ID:CAP_USER9.net
    J1横浜F・マリノスが、大功労者で元日本代表MFの中村俊輔(38)斬りを加速させている。クラブ側が今オフ、“マリノスブランド”の解体を推し進めているのがその理由だ。

    横浜はDF中沢ら元日本代表勢に50%近い年俸ダウンを提示。その後、3季連続フル出場の中沢には再提示をしたが「もう、あのチームはマリノスではない」と横浜OBらもブーイングを送っている。

    そもそも横浜は日産自動車サッカー部時代から名門チームとして君臨。しかし2012年からスタートしたJリーグ・クラブライセンス制度では、“財政面の劣等生”だった。

    3季連続赤字ならアマチュアリーグであるJFLに降格が決まるペナルティーがある中で、12年の単年赤字は6億円を超え、累積赤字も一時16億円を突破。「いつ倒産してもおかしくない」(Jリーグ幹部)状況だった。

    そこで13年度に親会社の日産から「特別利益」の名目で10億円がドーンと振り込まれ、なんとか降格危機を脱したが、それでも経営は好転せず。14年5月にイングランド・プレミアリーグの強豪マンチェスターシティなどを運営するシティ・フットボール・グループに業務提携の名目で援助を願い出た。

    横浜の“俊輔斬り”は、10年に中村をスペインから呼び戻し来季からJ2名古屋に移籍する下條GMの契約を今年3月に突然解除したのがはじまり。中村らベテラン勢ゆかりの裏方スタッフの今季限りの解雇も決まっているという。

    「中には契約期間の給料の未払いがある人もいると聞いた」(横浜関係者)と泥沼化の様相も一連の騒動は、シティ・グループから来たフロント陣が主導している。

    本来ならシティのルートで大型補強や大物監督招請などが期待されたが、フランスリーグでほとんど実績のないモンバエルツ監督が15年に就任。今季の年間順位は10位で2季連続の無冠に終わり、

    「モンバエルツ監督との契約延長はない」(横浜関係者)と聞かされていた選手たちは、同監督の続投が正式に決まり「監督だけ年俸が上がるなんて」と空いた口がふさがらない状況だ。

    中村は「オレはフランス人監督との相性はよくない」と親しい関係者にはこぼしているとか。そんな中村に、日本代表で同じ10番をつけていた名波監督が率いる磐田からオファーが寄せられている。 (夕刊フジ編集委員・久保武司)
    2016-12-01_07h51_29
    2016.11.29(夕刊フジ編集委員・久保武司)
    http://www.zakzak.co.jp/sports/soccer/news/20161129/soc1611291700002-n1.htm
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/11/30(水) 19:50:18.55 ID:CAP_USER9.net
    2016-11-30_21h01_12

    シャルレス選手、移籍加入のお知らせ
    http://nagoya-grampus.jp/news/pressrelease/2016/1130post-691.php

    ワシントン選手、移籍加入のお知らせ
    http://nagoya-grampus.jp/news/pressrelease/2016/1130post-692.php

    フェリペ・ガルシア選手、移籍加入のお知らせ
    http://nagoya-grampus.jp/news/pressrelease/2016/1130post-693.php

    来季J2へ降格する名古屋は30日、DFシャルレス(28)が完全移籍で加入すると発表した。

    ブラジル出身のシャルレスは身長1メートル88、体重83キロ。クラブを通じ、「名古屋グランパスの様な素晴らしいクラブの一員になれることをとても光栄に思います。ユニホームを着る度、チーム全員が一丸となりクラブの目標を全て達成出来る様、全力を尽くそうと思います」とコメントしている。

    スポニチアネックス 11/30(水) 19:22配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161130-00000158-spnannex-socc

    名古屋グランパスは30日、新外国人DFシャルレス(28)の完全移籍での獲得を発表した。広島からの加入となるFW佐藤寿人に続く、補強第2弾となった。

    同選手は1988年4月26日生まれ、ブラジル出身の28歳。身長188cmの大柄なDFで、今季はブラジル2部のセアラーSCでプレーし、25試合に出場していた。

    クラブを通じ「名古屋グランパスの様な素晴らしいクラブの一員になれることをとても光栄に思います。ユニフォームを着る度、チーム全員が一丸となりクラブの目標を全て達成出来る様、全力を尽くそうと思います」とコメントした。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161130-01633875-gekisaka-socc

    J2に降格した名古屋グランパスが、来季の新加入選手としてブラジル人MFワシントン(30)を獲得することが29日、濃厚になった。ワシントンはブラジル2部リーグのブラジル・デ・ペロタスに所属する経験豊富なボランチで、退団した韓国人MFイ・スンヒの穴を埋める助っ人として白羽の矢を立てた。チームは愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで全体練習した。

    新たな中盤の引き締め役が、ブラジルから海を渡ってやってくる。ブラジル人DFシャルリス(28)の獲得が決定的となっており、ワシントンは待望の助っ人第2弾。関係者によると、既にグランパスとは大筋で合意しているという。

    ワシントンは国内リーグのブラジル・デ・ペロタスで長くプレーし、チームのリーグ3部、2部昇格に貢献してきた。183センチ、82キロの屈強な肉体を持ち、堅実なプレーが持ち味のボランチ。今季は自己最多のリーグ戦34試合に出場するなど好調で、多くのベテランが退団したグランパスにとって、その経験も貴重だ。

    チームの心臓部となるボランチは、今季限りでMFイ・スンヒとMF明神の退団が決定した。鳥栖から正式オファーを受けているMF田口も去就を明らかにしておらず、クラブは重要な補強ポイントに設定。大森強化・補強担当がブラジルでプレーをチェックし、高く評価して獲得を決めた。

    http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/grampus/news/201611/CK2016113002000093.html

    続きを読む

    1:鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/:2016/11/30(水) 05:39:30.64 ID:CAP_USER9.net
    ■CS決勝第1戦の決勝点を導くPK奪取

    張り詰めた空気に包まれた試合のなかで、一瞬の駆け引きが勝負を分けた。浦和レッズのFW興梠慎三は、鹿島アントラーズと対戦した29日のJリーグチャンピオンシップ(CS)決勝第1戦で、後半11分にPKを獲得。これをキャプテンのMF阿部勇樹が決め、1-0の勝利を収めた。

    「本当に最高な結果。欲を言えば2-0で勝てればもっと楽だったけど、アウェーで勝てたのは良かった」

    そう振り返ったストライカーが、一瞬の鋭さを見せたのがPK奪取のシーンだった。後半11分、右サイドでMF柏木陽介がボールを持って中央を向き、クロスを上げようとした。その瞬間、興梠は目の前のDF西大伍の前に一気に入り込んだ。ここで両者が交錯し、浦和にPKが与えられた。

    「センタリングを受けようとしてファーからニアに飛び込んだところで体をぶつけられた。ああいうのが一番PKになりやすい。そこはうまく駆け引きができたと思う。大事な試合はガチガチになってシュートチャンスがない試合になる。そこでは、ああいう駆け引きがすごく大事になる」

    興梠はそう振り返った。両者とも決定機はほとんどなく、「お互いに守備にハードワークして、攻撃にあまり力が出ないような状況」を感じていた。だからこそ、数少ないチャンスを生かすかどうかが勝負を分ける。相手の背後、視野の外から一気にコースを変えて先にボールへの進路を取った興梠の勝利だった。

    ■「これを忘れて勝ちにいかないと…」

    この結果、浦和はホームで迎える第2戦で1失点以内に抑えれば、リーグチャンピオンが決まる。それでも第2戦に向けた質問が向けられた瞬間に、興梠の表情はピリッと引き締まった。

    「今日見ても分かった通り、そこまで力の差はない。何が起こるか分からないので、油断はできない。アウェーの1-0はいいアドバンテージになったと思うけど、それを考えながらゲーム運びをしていたら絶対にやられる。これを忘れて勝ちにいかなくてはならない」

    勝負の厳しさを知る男に緩みは微塵もない。鹿島で数々のタイトルを勝ち取ってきた男は、浦和に移籍加入して4シーズン目。かつての本拠地カシマスタジアムで培われた勝負勘を、古巣相手に見せつけた。

    轡田哲朗●文 text by Tetsuro Kutsuwada


    Football ZONE web 11/30(水) 1:26配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161130-00010001-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/11/29(火) 16:50:32.79 ID:CAP_USER9.net
    28日深夜放送、テレビ東京「あの天才のその後・・・今を追跡してみました」では、元プロサッカー選手で現役時代はガンバ大阪の主力選手だった磯貝洋光氏の現在を伝えた。

    元日本代表の本田泰人氏は「ボール持ったら誰にも取られなかったですし。あまりにもスケールが大きくてうまくて化け物でした」といい、福田正博氏は「相手が予想できないような独創性、発想力、クリエイティブさ。全てを兼ね備えていた選手。天才です」と絶賛するほどの選手だった磯貝氏は、29歳で現役を引退し、その僅か3年後にプロゴルファーとなった。

    だが、現在47歳となった磯貝氏は、激太りし体重は110キロ程度。友人宅の一部屋を間借りした生活で部屋の中は散らかし放題。冷蔵庫には賞味期限が切れた弁当が入ったままになっていた。

    8000万とも言われた年俸を捨てプロゴルファーとなった磯貝氏だが、その理由を訊かれると「打ちっ放しにいって、俺みたいなカラダの人とか、(髪が)薄めの人が楽しそうに女の子と打ちっ放しをしてた。俺もあんなお姉ちゃんにモテるんじゃないか。それからやりたいってずっと思ってた」とおどけてみせつつも、「給料を貰ってやるプロとして、それに応えれなくなったのが一番大きい」と天才が故の本音も――。

    また、「どっちみち辞めて何かやらないといけないんだったら向かうほうの体力とか情熱があるうちにやったほうがいい。思ったら動く」などと持論を展開した同氏だが、プロゴルファーとしての賞金や収入は「ほとんどない。記憶にない」という状態で、サッカー時代の貯金を切り崩して生活費に充てていたという。

    そんな磯貝氏は、スポーツ医学のアドバイザーをしながらも、高校時代の同級生が棟梁を務める建築現場で「大工の手伝い」をしている。日給6000円という生活だが、「今はいくら儲かるとかっていうのでは動いてない。何かしたいと思うなら迷うんじゃなくて新しいほうにいく」とキッパリ。

    自身の変化についても「ガラッと変わっていると思ってるのはそちらさんだけであって、俺なんか着てる服にしても何にしても俺は変わってない。浮き沈みしているのは周り。俺は全くそうは感じてない。毎朝太陽が昇って沈むだけ。そこで何しようが関係ない。ただ好きなことだけやって笑って生きていたい」と語った。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12346876/
    2016年11月29日 12時30分 Sports Watch

    https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20120526%2F14%2F1029894%2F15%2F185x256x356dcb4608d4f5214471692b.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg




    (磯貝 洋光)Jクロニクルベスト:1994ベストゴール



    礒貝洋光さん(元ガンバ)のクールなFK
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/11/29(火) 12:43:23.63 ID:CAP_USER9.net
    アウクスブルクに所属するFW宇佐美貴史のブレイクに期待が集まっている。ドイツ『ビルト』が報じた。

    宇佐美は26日に行われたブンデスリーガ第12節ケルン戦に途中出場し、8月以来となる出場機会をつかんだ。久々の実戦にも関わらず、宇佐美は安定したプレーを披露。『ビルト』は「アウクスブルク、宇佐美のブレイクに期待」と題し、今後の出場機会増加を示唆している。

    また、クラブのシュテファン・ロイターSDも宇佐美のケルン戦のプレーを称賛し、能力に疑いがないことを語っている。

    「彼はサッカーが本当に上手く、タックルで対応できることも見せてくれた。時折、少し時間が必要なプレーヤーもいる。だが、彼のクオリティーに関して疑問はまったくない」

    今シーズンは2試合の途中出場で、合わせてまだ20分ほどしかプレーしていない宇佐美だが、今後アウクスブルクのキープレイヤーとなるかもしれない。
    2016-11-29_13h42_37
    GOAL 11/29(火) 12:02配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161129-00000004-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/11/29(火) 07:23:56.09 ID:CAP_USER9.net
    【スコア】

    シュトゥットガルト 3 - 1 ニュルンベルグ

    【得点者】

    【シ】テロッデ 3分
    【シ】テロッデ 33分
    【ニ】メーヴァルト80分
    【シ】浅野拓磨 93分

    シュトゥットガルト
    ランゲラク;E・インスーア■、バウムガルトゥル、パヴァール■、ツィマーマン(86分細貝萌)、カミンスキ、マグジム(64分クライン)、マネ、ゲントナー(76分ベルカイ)、テロッデ、浅野拓磨

    ニュルンベルク
    キルシュバウム;ホヴラン■、ブルトハイス、セプシ、ペトラーク、カメルバウアー、ケンペ、メーヴァルト(87分マルグライター)、ベーレンス(69分ギースラソン)、サリ(69分トイヒャート)、ブルクシュタラー

    観客:42053人

    http://www.bundesliga.de/de/bundesliga2/spieltag/14-spielbegegnung-vfb_stuttgart-1__fc_nuernberg.jsp?statistics

    シュトゥットガルトに所属する日本代表FW浅野拓磨が1ゴール1アシストの活躍で勝利に大きく貢献している。

    シュトゥットガルトは28日、ブンデスリーガ2部第14節でニュルンベルクと対戦。試合は前半2分に動く。スルーパスに抜け出した浅野がキーパーと1対1のシーンで落ち着いて味方へのパスを選択。これをシモン・テロッデが無人のゴールに落ち着いて流し込み、先制。

    さらに33分には追加点を奪い、80分に1点を返されるが、後半アディショナルタイムに追加点。カルロス・マネのパスに抜け出した浅野が、右足でキーパーの股間を抜き、試合を決定づける3点目を挙げた。3-1で勝利したシュトゥットガルトは勝ち点3を積み上げ、2位をキープしている。

    浅野はニュルンベルク戦のゴールで今シーズン2点目をマーク。アシストは加入後2つ目となった。
    2016-11-29_07h53_38
    GOAL 11/29(火) 7:03配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161129-00000022-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/11/28(月) 05:04:01.40 ID:CAP_USER9.net
    京都が、元日本代表DF田中マルクス闘莉王(35)を来季の補強候補にリストアップしたことが27日、分かった。すでに関係者が闘莉王と接触しており、今季途中に名古屋に復帰、J2降格とともに退団となった“闘将”が、古都を舞台に戦う可能性が出てきた。

    J2の5位でプレーオフに進出し、7年ぶりのJ1を目指したが、この日は前半に一瞬の隙を突かれて失点するなど、あと一歩届かなかった。石丸清隆監督(43)は「自分の力のなさが、昇格を逃した一番の要因」と責任を受け止めた。

    来季に向けた編成がスタートするが、センターバックに今季限りで契約が切れる選手が多く、その補強の目玉として闘莉王が挙がった。J1鳥栖も獲得リストに挙げているが、闘莉王は名古屋と遺恨を残して退団した経緯もあり、J2で名古屋と戦えるということがプラスに働く可能性はある。

    さらに前線の補強として2012年度の全国高校選手権得点王に輝いた名古屋FW小屋松知哉(21)もリストに挙げており、攻守両面で補強を進めていく。

    スポーツ報知 11/28(月) 4:53配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161128-00000037-sph-socc

    写真
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/11/28(月) 07:00:02.09 ID:CAP_USER9.net
    GKの補強が急務となっている鳥栖が、ユベントスのイタリア代表GKジャンルイージ・ブッフォン(38)獲得に動いていたことが28日までに複数の関係者の話で分かった。

    鳥栖は、14年シーズンからゴールマウスを守ってきたGK林彰洋(29)の流出が濃厚。後釜の獲得が不可欠となった中、来季も続投が決まっているマッシモ・フィッカデンティ監督(49)が同じイタリア人という縁もあり、かつて世界最強GKと言われたブッフォン獲得に水面下で動いていたという。

    ブッフォンはパルマのユース時代に、楢崎正剛(40=名古屋)、川島永嗣(33=メス)、権田修一(27=ホルン)ら数々の日本代表守護神を指導した経験も持つエルメス・フルゴーニ氏(68=現パルマGKコーチ)に見いだされ、95~96年シーズンに17歳の若さでセリエAデビュー。

    その後も順調に階段を上り、06年W杯ドイツ大会では母国の4度目のW杯優勝に貢献するなど、世界最強GKの呼び声をほしいままにした。今季もユベントスの不動の守護神として活躍しており、セリエA通算出場は実に640試合。イタリア代表のキャップも161を数える、言わずと知れた世界屈指の守護神だ。

    ただ、そんなブッフォンも38歳になり、イタリア地元紙では最近、ユベントスが後継者探しを始めたと報じられるようにもなった。事実、9月1日のフランス戦で史上3人目の若さでイタリア代表にデビューしたACミランのイタリア代表GKジャンルイージ・ドンナルンマ(17)の獲得に動いているとも言われている。そんな経緯も知ってか、鳥栖は日本でも絶大なる人気を誇るブッフォンの獲得にトライしたと見られる。

    関係者によれば、ユベントスからは既に不可欠な戦力として丁重に断られたという。実現すれば大きな話題を呼んだほか、日本サッカーの長年の課題とされるGK育成に関してもこの上ないお手本となっただけに、残念な結果になったと言える。
    2016-11-28_07h42_47
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161128-00000006-spnannex-socc
    スポニチアネックス 11/28(月) 6:14配信

    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/11/27(日) 21:03:51.64 ID:CAP_USER9.net
    ◆J1昇格プレーオフ準決勝(27日、松本平広域公園総合球技場)松本1―2岡山

    まさかの敗戦の後、松本の反町康治監督(52)は沈痛な面持ちで記者会見場へ現れた。第一声は「なかなか気持ちの整理がつかないところ。ゲームに負けたということは、それだけの実力がなかったという風に受け止めたいなと思っている」。

    前半に失点し、最低でも同点に追いつかないといけない展開。後半20分にMF宮阪を入れ、交代策は同29分に宮阪のCKをMFパウリーニョが決め実った。だが、ロスタイムに失点という、悲劇が待っていた。「こういう形で終えるのは、現場を預かる人間としてつらい。みなさんに陳謝したい。私の責任であって、選手には何ら責任はない。力不足を感じています」とうつむいて話した。

    試合後、選手には「勝ち点84をとったというのは、胸を張っていいよ」と話した。チームとの契約は今季で切れる。フロントは現在、来季の続投をオファーしているが、6年目の指揮となるかは不透明だ。「今はこういう状況なので、気持ちの整理がつかない。コメントするのが難しい」と話した上で、来季以降について「クラブと話し合いながら方向性を決めていかなければ。いろんなことを犠牲にしてやってきたつもりでいる。ただ、ここでは申し上げることはできません。申し訳ございません」と話した。
    2016-11-27_22h06_27
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161127-00000178-sph-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ