海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: Jリーグ

    1 :れいおφ ★ 2013/10/02(水) 16:47:47.72 ID:???0
    message03_photo


    「サッカーマガジン」が10月末で週刊発行を終了、11月に新たな形で月刊発行される。
    その編集長に元日本代表主将・宮本恒靖氏(36)が就任することが9月30日、分かった。

    版元はベースボールマガジン社のままで毎月24日発売予定。創刊号は11月22日に発売される。
    A4変形判の定価840円で「すでに取り次ぎ会社からの報告書が流れています。
    近いうちに宮本編集長も発表されるでしょう」(サッカー関係者)という。

    同誌は日本最古のサッカー雑誌として1966年に創刊。93年のJリーグスタート時から週刊化され、
    2002年W杯日韓大会の際には週2回発行していたが、再び月刊に戻る形となる。

    日本協会やJリーグ幹部からは来年W杯ブラジル大会を控えながらの月刊化に
    「初めて聞いた時には驚いた」という声があがった。
    さらには、その編集長に宮本氏が内定していることに「それも驚いた」(協会幹部)と目を丸くさせている。

    編集長就任に関しては、多くの日本協会幹部も報告を受けているが、
    実は宮本氏は9月に日本協会の国際委員に就任することが決まったばかり。
    国際委員は基本的には無給だが、代表チームが海外遠征する際のアテンド役も務め、
    チームの“機密事項”と密接に関わることが多い。
    「編集長になることはルール違反ではない。でも複雑な思いをするサッカーマンは多いはず」(同幹部)
    と首をひねる。

    宮本氏は06年W杯ドイツ大会で日本代表主将を務めた後、11年に引退。
    12年に国際サッカー連盟(FIFA)が運営している大学院に入学。
    今年7月にJリーガー初の卒業生になった。
    今回の“宮本編集長”誕生はトップシークレットで扱われており、話題を呼びそうだ。

    http://www.zakzak.co.jp/sports/soccer/news/20131002/soc1310020732000-n1.htm

    続きを読む

    1 :ぴぃとφ ★ 2013/10/01(火) 21:20:49.73 ID:???0

    kakitani-500x332


     日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督(60)が、今後もC大阪のFW柿谷曜一朗(23)を
    招集し続ける方針を固めていることが30日、分かった。イタリアの関係者によると、指揮官は
    若手有望株No・1として柿谷を絶賛。「今後も代表に帯同させる」と断言しているという。

     ザッケローニ監督は国内組の若手中心で臨んだ7月の東アジア杯で柿谷を初招集。そこでA代表
    デビューを飾った柿谷も、3得点でチームを優勝に導く活躍で指揮官の期待に応えた。欧州組が
    加わった8月のウルグアイ戦、9月のグアテマラ戦、ガーナ戦にも連続招集された。うち2試合で
    先発で起用され、ゴールは奪えなかったものの、本田から「ようやく、こういう1トップが出てきた」と
    絶賛されるなど、指揮官だけでなく常連組からの信頼も勝ち取った。

     ザッケローニ監督は、10月の欧州遠征(11日=セルビア戦、15日=ベラルーシ戦)では
    FWハーフナーやMF細貝ら、海外組の当落線上にいるメンバーをテストする方針。その一方で、
    世界屈指の強豪と対戦する11月の欧州遠征(16日=オランダ戦、19日=ベルギーと交渉中)では
    W杯最終登録メンバー23人に近いベスト布陣で臨む意向だが、柿谷に関しては「国際経験を
    積ませたい」といずれの遠征にも招集する予定という。

     1メートル77と上背はないものの、抜群のテクニックとスピードで一気にスター街道を駆け上がっている
    柿谷。欧州遠征でどのような活躍を見せるのか、注目度はこれまで以上に増している。

    引用元:http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2013/10/01/kiji/K20131001006721550.html
    スポニチ Sponichi Annex:http://www.sponichi.co.jp/

    続きを読む

    1 :ジェリー大尉φ ★ 2013/09/26(木) 23:39:40.33 ID:???0
    ドルトムントOB「すでに香川は伝説的な選手」…新たな日本人獲得についても言及

    26日、ドルトムントは都内で記者会見を開き、
    サッカースクール東京校と日本語版オンラインショップを立ち上げることを発表した。
    会見には現役時代にドルトムントの一員としてチャンピオンズリーグ優勝を果たし、
    現在は育成部門責任者を務めるラース・リッケンが登壇。
    ドルトムント出身で現役時代をドルトムント一筋で過ごしたリッケンは、
    昨夏、マンチェスター・Uに移籍した香川真司について、
    また新たな日本人選手の獲得について言及した。
    「クラブだけでなく、サポーターも次の香川を求めている。すでにシンジはクラブの伝説的な選手。
     戻ってきてほしいとの声もある」とコメント。
    「日本に旅立つ前、スカウティング部門から具体的な日本人選手の名前を挙げられて『見てきてほしい』と言われた。
     追いかけている選手はいる」と語り、具体的なチーム名や選手名の明言は避けたものの、
    新たな日本人選手の獲得に向けて動いていることを明かした。

    130926_dvd_01-500x333top


    SOCCER KING
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130926-00137471-soccerk-socc
    ドルトムント日本語公式
    http://www.bvb.jp/

    続きを読む

    1 :落花流水ρ ★ 2013/09/26(木) 18:27:41.60 ID:???0
    有力海外クラブの本気度は?柿谷争奪戦の現状
    東スポWeb 9月26日(木)16時26分配信

     “天才”は果たして海を渡るのか――。日本代表FW柿谷曜一朗(23=C大阪)は東アジアカップでブレーク
    して海外組とのプレーでも存在感を発揮、その注目度は高まるばかりだ。C大阪は当面の海外移籍を凍結す
    る方針だが、欧州各国からの興味が集まる一方。移籍の現実味は、そしてどのクラブが“本気”なのか、柿谷
    争奪戦の現状に迫った。

     柿谷はA代表デビューの東アジアカップで3得点を挙げ、得点王になった。欧州組を含むフルメンバーで臨
    んだ強豪ウルグアイ、ガーナとの親善試合で先発に抜てきされ、ザックジャパンでレギュラーの座をつかみつ
    つある。普段は辛口のエースMF本田圭佑(27=CSKAモスクワ)も「曜一朗は全てを兼ね備えている。彼の
    ポテンシャルは計り知れない」と大絶賛するほど実力は折り紙付きだ。

     日本人選手が欧州各国で活躍する現状から当然海外のクラブでも注目度が上がっているが、所属するC
    大阪の岡野雅夫社長(60)は「柿谷は基本的には海外には出さない」との方針を明言している。それでも
    「少なくとも優勝してから」「ビッグクラブなら」などの条件付きで将来的に海を渡る可能性までは否定していない。

     では、移籍にゴーサインが出た場合、柿谷の進路はどうなるのか。

     最有力候補といわれるのがドイツ・ブンデスリーガだ。C大阪からは近年、FW香川真司(24=マンチェスタ
    ー・ユナイテッド)、FW清武弘嗣(23=ニュルンベルク)、FW乾貴士(25=フランクフルト)と相次いでドイツ
    に渡り、成功を収めている。実際に名門ドルトムントは昨夏から調査を進めており、今冬の移籍市場で正式
    オファーを出す可能性も噂されている。

    >>2につづきます。


    □東スポWeb
    http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/soccer/186635/
    ▽株価急上昇中の柿谷
    2AE_sxbnIQ_1_Koki%2520NAGAHAMA

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ