海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: Jリーグ

    1:Egg ★:2018/01/16(火) 23:44:13.73 ID:CAP_USER9.net
    松本GKコーチが野球のノック練習さながらにサッカーボールを打ち、選手が反応



    昨季J1リーグで4位に入り、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)プレーオフ出場権も獲得した柏レイソルは、1月30日に行われるプレーオフに向けて鹿児島県指宿市でキャンプを行っている。そうしたなか、クラブマスコット公式ツイッターが16日に配信したユニークなGKトレーニングの動画が話題となっている。

    指宿キャンプでの様子を同クラブのマスコット「レイくん」の公式アカウントが紹介しているが、少々趣が異なったのはGKのセービング練習のこと。「#ノック #サッカーチームなのに #松本GKコーチの練習がユニークすぎる」とハッシュタグがつけられた動画では、不思議な光景が広がっていた。

    それはゴール右45度に選手に見立てた壁を置き、その前方から放たれるシュートに対して日本代表GK中村航輔や滝本晴彦、猿田遥己が素早く反応するというもの。ユニークなのはシュートを打つ役割である松本拓也GKコーチだ。足で蹴るのではなく、野球で使用するバットを手にして、ノック練習さながらに打っているのだ。

    バットから放たれたサッカーボールは強烈なスピードで打ち抜かれつつ、壁にぶつかることでシュートコースが変わる。これに対して中村らGKは、素早くセーブするという練習を繰り返している。

    投稿では「#スイングが鋭い #中学までは野球の有力選手」と松本コーチの経歴も紹介。正守護神を務める中村は俊敏な反応を武器に昨季Jリーグベストイレブンに輝き、2017年12月のE-1サッカー選手権で日本代表デビューも果たしたが、この“特別トレーニング”によってさらなる成長を果たすかもしれない。

    1/16(火) 20:34
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180116-00010017-soccermzw-socc

    動画
    続きを読む

    1:れいおφ ★:2018/01/16(火) 13:20:35.96 ID:CAP_USER9.net
    俳優の竹内涼真が15日、都内で行われたソフトバンクの新サービス発表会見に参加。サッカータレントの宿命である“リフティングうまいはず”の風潮をなくそうと訴えた。

    竹内は同社の人気CM「白戸家」シリーズに昨年から参加している。今回は“学割先生”として出演する。データ容量が50GBの「ウルトラギガモンスター」を1年間月額3980円から利用できるようになるキャンペーン「学割先生」のPRのため、リフティングを50回、披露することになった。

    5歳からサッカーを始め、中学・高校時代には東京ヴェルディユースに所属。

    サッカー推薦で大学に進学するほどの腕前を持つ竹内ならば、お手の物かと思いきや、本人は苦笑いで「サッカーやってた人はリフティングうまい、という制度を変えていきたいんです」とぽつり。

    自身の主なポジションは華麗なテクニックを見せるアタッカーではなく、フィジカルや読みで勝負するセンターバック。「これまでサッカーをやっていた役者さんやタレントさんが、みんな直面する問題。リフティングはできますけど、ぐるぐる回すなんでホントにすごい人しかできない。驚くようなことはできない」と提言した。

    それでも、実際にチャレンジするとスーツに革靴ながら38回まで記録を伸ばし、会場は大きな拍手に包まれた。絶賛する周囲に「すみません、いろいろフォローしていただいて」と照れくさそうにしていた。

    また、会見には生徒役の志尊淳も参加。竹内と志尊は映画『帝一の國』で主演の菅田将暉を支える役で共演し、大きな話題となっていた。+今回は先生と学生役となり、竹内は「志尊くんと、そんなに年が変わらない。ちょっと変な感じする」と明かし、志尊も「こないだまで同じ学生役だったのに」と苦笑いだった。

    竹内といえば昨年末にインフルエンザに罹患。体調について問われると「体調完璧です。やせました」とにっこり。「今年はかからないようにします」と誓っていた。らないようにします」と誓っていた。
    2018-01-16_14h08_02
    https://www.oricon.co.jp/news/2104046/full/
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/01/16(火) 09:00:28.52 ID:CAP_USER9.net
    2018年1月16日 6時50分
    アンジュ・ポステコグルーを新監督に迎えた横浜F・マリノス。

    先日新体制発表会が行われ、17日(水)からは新シーズンに向けた練習がスタートする。

    そんな横浜FMはすでに新シーズンの選手リストを発表している。その一覧ページを見ていると、あることに気が付いた。


    こちらが現時点でトップチームに登録されている選手なのだが、「AB型」の選手が実に多い。

    登録30名のうち血液型が判明しているのは25名であり、そのうちAB型なのは5名(伊藤翔、中澤佑二、松原健、鈴木彩貴、吉尾海夏)。つまり、5人に1人がAB型ということになる。

    一般的に“変わり者“と呼ばれることの多いAB型だが、日本での割合は10%程度と言われている。

    今季の横浜FMはその倍にあたる20%がAB型であり、なんとO型よりも多いという(O型は中町公祐、西山大雅の2人)。
    2018-01-16_10h49_30
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14163268/
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/15(月) 22:46:23.76 ID:CAP_USER9.net
    Jリーグの各チームが新シーズンに向けて慌ただしい動きを見せる一方で、ガンバの井手口がイングランド2部のリーズへ移籍したね。ただ、加入後すぐにスペイン2部のクルトゥラル・レオネサへレンタルに出て、今シーズンは武者修行を積むことになった。

    元々、イングランドでは労働許可証の取得が困難で、井手口もまずはスペインで実績を踏む必要性を理解していたようだ。

    欧州での肩慣らしという意味では良いのかもしれない。ただし6月のロシア・ワールドカップまで半年を切ったなかで、ベストな選択だったのかと言われれば疑問が残るよ。確かに不慣れな土地で奮闘すれば、逞しさを身に付けられるかもしれない。でもスペイン2部のレベルは正直高いとは言えないよね。

    本大会に向けて大事な時期だからこそ、国内で力を磨いたほうがベターだったのかもしれない。

    クラブのレベルが違うから一概に比較はできないけど、2016年の夏にアーセナルへ移籍した浅野は加入直後にドイツのシュツットガルトへレンタルに出され、いまだにアーセナルのユニホームを着れずにいる。最近のパフォーマンスを見ていると、アーセナル復帰は難しくなっているようだし、良い移籍だったとは思えないよ。

    海外クラブの門を叩くのは別に悪いことではない。国内でのプレーに満足している選手よりも成長できるチャンスは必ずあるからね。

    とはいえ、時期と移籍先は熟考するべきだよ。単にオファーが来たから「じゃあ行きます」では、安易すぎる。今後の選手キャリアを思い描いて、いつ、どんな場所に移籍するのが最適か考える必要がある。ひいてはそれが個々のレベルアップにつながり、日本サッカーのためになるはずだからね。選手が海外移籍に憧れ持つ一方、Jリーグと各クラブはもっと危機感を持つべきだ。

    今のサッカー少年は将来の目標を「海外でプレーすること」と答えるよ。それはJリーグに魅力がなく、海外へ活躍の場を移す通過点としか考えていないからだと思うんだ。FC東京の久保はバルセロナの事情により帰国を余儀なくされたけど、このままだと彼のように若い年齢で海外クラブの下部組織に入るケースが増えるんじゃないかな。そうすると国内リーグはさらに衰退するね。

    ガンバの遠藤、フロンターレの中村のようにひとつのクラブで長い間プレーする選手が減っているのも気になるよ。それは各クラブに引き留められる要素が少なくなっているからだろう。

    今オフには大久保が1年限りでFC東京を退団し、古巣のフロンターレに復帰した。それも減俸を飲んでの出戻りだったという。周囲では様々な意見があるようだが、要は大久保がFC東京というクラブに失望したということだよね。現に昨季は大型補強をしたFC東京は明確な指針を示せないまま、13位でシーズンを終えた。

    最近では確固たるアイデンティティを示せないクラブが増えているし、選手も愛着を持てなくなっていると思う。だからこそ移籍も頻繁になったし、クラブのレジェンドという存在が育ちにくくなったんだ。海外移籍するのは仕方ないと割り切るよりも、どうすれば選手が国内に残ってくれるか、リーグやクラブは真剣に考えるべきだね。
    2018-01-16_08h10_11
    2018年1月15日 6時30分 サッカーダイジェストWeb
    http://news.livedoor.com/article/detail/14158247/
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/16(火) 06:39:07.47 ID:CAP_USER9.net
    「一昨年の悔しい思いを共有して、悔しい気持ちを喜びに変えていけるようにしたい」。14日に行われた名古屋グランパスの新体制発表会で、GK楢崎正剛が強調した言葉だ。

    名古屋にとって、2016年は過去最悪のシーズンだった。夏場にクラブワーストを更新する18戦未勝利を記録。終盤にジュロブスキー氏(現京都コーチ)を監督に招へい。さらに前年限りで退団していたDF田中マルクス闘莉王(現京都)を呼び寄せるなど、てこ入れを図ったが、クラブ史上初のJ2降格という屈辱を味わった。

    翌年、主力だったMF小川佳純やDF矢野貴章(いずれも現新潟)、FW永井謙佑(現FC東京)らが退団。救世主と期待された闘莉王との契約延長も行わない大改革を行った。残ったのは15人。18人の新戦力を加えて、初のJ2を戦うシーズンを迎えた。

    また風間八宏新監督のもとでシーズン中も血の入れ替えは着々と行われた。そして昇格プレーオフを制してJ1復帰を勝ち取ったメンバーのうち、前年の屈辱を経験した選手は8人しか残っていなかった。そして迎えたJ1復帰初年。MF田口泰士(磐田)やFW杉森考起(町田)の移籍によりその人数はさらに減り、楢崎、GK武田洋平、MF青木亮太、DF和泉竜司のたったの4人しか残っていない。

    ひとつのボタンのかけ違いが、取り返しの付かないことになるということを、“降格経験メンバー”は知っている。昨季ブラジル全国選手権で個人タイトル3冠を獲得した元ブラジル代表FWジョーや、現役オーストラリア代表GKランゲラックなど派手な補強で注目を集める名古屋だが、過ちを繰り返さないためにも、楢崎が強調する「悔しい思いの共有」を絶対に忘れてはいけない。

    1 GK ☆楢崎正剛(20年目)
    2 DF 畑尾大翔(1年目)
    3 DF 櫛引一紀(2年目)
    4 MF 小林裕紀(2年目)
    5 DF 新井一耀(2年目)
    6 DF 宮原和也(2年目)
    7 FW ジョー(1年目)
    8 MF ワシントン(2年目)
    9 MF 長谷川アーリアジャスール(1年目)
    10 MF ガブリエル・シャビエル(2年目)
    11 FW 佐藤寿人(2年目)
    13 FW 大垣勇樹(1年目)
    14 MF 秋山陽介(1年目)
    16 GK ☆武田洋平(3年目)
    18 GK 渋谷飛翔(2年目)
    19 FW 押谷祐樹(2年目)
    21 MF 八反田康平(2年目)
    22 GK ランゲラック(1年目)
    23 MF ☆青木亮太(5年目)
    25 FW 杉本竜士(2年目)
    28 FW 玉田圭司(※2年目)
    29 DF ☆和泉竜司(3年目)
    30 FW 松本孝平(2年目)
    32 MF 深堀隼平(2年目)
    33 MF 梶山幹太(2年目)
    39 DF 内田健太(2年目)

    ☆が16年のJ2降格を経験したメンバー
    ※玉田は2006年から14年まで在籍。15年、16年をC大阪で過ごし、17年に名古屋に復帰した。

    1/15(月) 18:39配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180115-01649519-gekisaka-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/15(月) 22:16:19.16 ID:CAP_USER9.net
    初のJ1を戦うV・ファーレン長崎はこのほど、シーズンチケット「V・パスポート」の販売を開始した。レプリカユニフォームが割引価格で購入できるなど、様々な特典が付いてくる。

    注目すべきは、分割払いが可能になっていること。「金利・手数料はグループ会社のジャパネットたかたが負担いたします」と記されている。

    8回までの分割が可能で、一番高いS指定席(7万7000円)は月々9600円(初回9800円)。安い席であれば、V・ファーレンシート自由席(4万2000円)が月々5200円(初回5600円)で購入出来る 。(障がい者チケットの価格は別)。さらに大人1枚と小中高1枚といった自由席のセット購入も可能だという。

    1/15(月) 19:24配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180115-01649523-gekisaka-socc

    写真



    V長崎公式HP
    http://shop.v-varen.com/vpass.html
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/15(月) 18:30:01.58 ID:CAP_USER9.net
    スペインのレバンテから名古屋グランパスに完全移籍で加入したオーストラリア代表GKミッチェル・ランゲラックの妻である、リアノン・ランゲラックさんが美人すぎると話題になっている。

    名古屋は14日にランゲラックを完全移籍で獲得したことを発表。同日に名古屋市内で行われた新体制発表会にサプライズ登場し、日本の印象を「街はクリーンで清潔なイメージがあり、日本人の方は優しくて、気持ちのいい方がたくさんいる」と語り、

    「私の妻にも来る前にいろいろ情報を伝えていて、ぜひ一緒に行こうと話をしています」と妻を日本へ呼び寄せる準備があることを明かしていた。

    妻であるリアノンさんは、15日にインスタグラムを更新し、ランゲラックと寿司を食べるショットを公開。

    キャプションには「今までこんなお寿司を食べたことある?私たちにとって新しい人生の冒険の始まり!日本の第一印象は世界でもっともフレンドリーな人たちね」と綴り、ハッシュタグには「#japan、#nagoya、#nagoyagrampus、#sushi」を添えている。

    そのほか、リアノンさんのインスタグラムには、ランゲラックとの“アツ~い”2ショットや、セルフィーがアップされており、その美貌を惜しむことなく披露している。

    天は二物を与える??この美男・美女夫妻により一層の注目が集まりそうだ。

    1/15(月) 18:13配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180115-00000020-goal-socc

    写真


    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/15(月) 18:16:50.38 ID:CAP_USER9.net
    Jリーグでは、2018シーズンの開幕を前に横浜F・マリノスから川崎フロンターレにFW齋藤学が移籍するというニュースが「禁断の移籍」として衝撃を与えた。

    移籍というのは選手が環境を選ぶ自由を保障するものであり、移籍を経験せずに引退を迎える選手の方がまれだ。

    しかし、齋藤の移籍に関しては、クラブのエースとされる存在であること、下部組織出身であること、隣町のクラブへの移籍、大きな負傷からのリハビリ途上、昨季に背番号10番と主将を継承したこと、契約満了に伴う「ゼロ円移籍」であることなど「裏切り者」のレッテルが張られるのに十分な背景があった。

    齋藤自身が「恩を仇で返すような」というコメントを残しているように、あまりにもサポーターからの反感を買う条件が揃いすぎていた。

    そもそも齋藤が10番を背負うことになったのは、横浜にとってクラブの顔とも言える存在だったMF中村俊輔がちょうど1年前にジュビロ磐田への移籍でチームを去ったからだった。

    クラブの象徴的な選手が2年連続で移籍するのは異例のこと。中村の移籍も物議を醸したが、今回は10番と主将の責務をたった1年で放り出して移籍しただけに、サポーターの心には一層大きな怒りの炎が宿った。

    とはいえ、日本よりも早くから移籍が活発な欧州では、こうしたネガティブな感情を巻き起こすような移籍劇は何度も存在した。今回の齋藤と似たような移籍だったのは、トットナムからアーセナル(ともにイングランド)に移籍したソル・キャンベルだろう。

    1992年にトットナムでデビューしたキャンベルは、クラブのキャプテンを務めるまでに成長していた。しかし2001年、キャンベルは契約満了に伴う「ゼロ円移籍」で同じロンドンのアーセナルへと移籍してしまう。

    彼は古巣トットナムのサポーターからは「Judas(ユダ)」という、裏切り者への表現として最上級の不名誉な称号を与えられ、引退するその時までトットナム戦での強烈なブーイングが止まることはなかった。

    いわゆる「禁断の移籍」と呼ばれるような、移籍元クラブと移籍先クラブの関係性に端を発したものの中で、サポーターによる過激な行為が目についた移籍劇は、元ポルトガル代表FWルイス・フィーゴがバルセロナからレアル・マドリード(ともにスペイン)へ移籍した出来事だろう。

    2002年11月23日(現地時間)、バルサのホームスタジアム、カンプ・ノウにレアルの一員として乗り込んだクラシコでは、フィーゴが試合中にボールに触るたびにブーイングが飛んだ。そして、コーナーキックを蹴るためにボールに近づいたところで投げ入れられたのは、焼かれた豚の頭だった。

    スペインなどラテン系の国では、豚と犬は相手を侮辱するスラングになる。他にも、フィーゴの顔を印刷した100億ペセタ(当時の通貨)のニセ札が投げ入れられるなど騒然とした空気だった。

    こうしたことは、近年でも起こっている。今や世界最高ともされるドイツ代表GKマヌエル・ノイアーは、2011-12シーズンにシャルケからバイエルン・ミュンヘン(ともにドイツ)に移籍した。古巣との初戦では、シャルケのサポーターから「マヌエル・ノイアーの死をここに偲ぶ。2005-2011」と、痛烈なバナーが掲げられ、ウオーミングアップでも「裏切り者」という罵声を浴びせられた。

    2015年1月には、ベルギーでも物議を醸す事件があった。スタンダール・リエージュ対アンデルレヒトの一戦では、元スタンダールの主将でポルト(ポルトガル)へ移籍した後にアンデルレヒトに加入したMFスティーブン・デフールが出場。

    スタンダールのサポーター席では、仮面の男が剣でデフールの首を切って手に持っている巨大なビッグフラッグが出現した。あまりにも強烈な絵柄に大きな騒動になった。

    つづく
    2018-01-15_18h51_25
    1/15(月) 16:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180115-00000040-sasahi-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/14(日) 20:11:47.67 ID:CAP_USER9.net
    契約更新が発表されたセレッソ大阪のFW柿谷曜一朗(28)が、自身のインスタグラム(@yoichiro.no.8)を通じて決意を新たにした。

    昨季J1リーグ34試合に出場し、6ゴールを記録した柿谷は、キャプテンとしてチームを引っ張り、クラブ史初のタイトルとなるルヴァン杯と天皇杯の2冠達成に大きく貢献した。

    今年に入って、かつて指導を受けたレヴィー・クルピ氏が新監督に就任するガンバ大阪への移籍説が浮上するなど、去就に注目が集まっていた柿谷。14日にクラブから契約更新が正式に発表されたことを受けて、インスタグラムを更新し、新シーズンに向けてさらなる活躍を誓った。

    「今年に入ってから本当にたくさん悩みました。ただ、柿谷曜一朗を応援してくれている方々の沢山の温かい言葉、想いを受け止めて決めることができました。

    まだまだ本当に未熟者だと改めて感じました。2年間キャプテンとしてみんなを引っ張るつもりが逆に足を引っ張ってしまってたこともたくさんありました。もう一度見つめ直してがんばります」

    1/14(日) 19:29配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180114-01649475-gekisaka-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/14(日) 22:07:43.74 ID:CAP_USER9.net
    J2東京ヴェルディに新加入したDF比嘉祐介(28)が14日、ジェフユナイテッド千葉との契約が17年で満了した後、J1横浜F・マリノス時代の先輩のジュビロ磐田MF中村俊輔(39)に「雇ってよ」と相談し、ゲキを飛ばされ、プロサッカー選手としてのキャリア続行につながったと明かした。

    比嘉はこの日、都内で行われた新体制発表会に出席した。取材陣から背番号について聞かれると「背番号は25でいきたかった。俊さんが着けていたので。東京Vでは埋まっていたので、何でもいい」と13番に決めた経緯を語った。

    比嘉にとって、中村俊は「マネしようとしたって出来ない。俊さんや中田英寿さんを見てサッカーを始めた」憧れの存在。12年に横浜でプロデビューした当時、中村俊はキャプテンだった。その後、比嘉が京都サンガFC、千葉と移籍しても試合を見てくれ、話もしばしばする関係だという。

    東京Vへの移籍が決まり、中村俊と連絡を取ったかと聞かれると、比嘉は千葉との契約が満了になった際、電話したと明かした。「『俊さん、もうサッカー出来ねぇから雇ってよ』と、初めてガチに」相談すると「『もう、ちょっと頑張れよ。もっと出来るんだろ』と半分、説教じゃないけど」(比嘉)とゲキを飛ばされたという。

    その後、東京Vからオファーを受け、完全移籍が決まった。電話で報告すると「良かったじゃん。チーム、あったんだ。頑張れよ」と喜んでくれたという。「オファーをもらったのが、うれしかった。自分で先発を勝ち取れば、俊さんも(横浜DF栗原)勇蔵君も、自分の頑張っている姿を見てもらえる」と闘志を燃やした。

    2月25日の開幕戦の相手は、契約満了となった因縁の千葉とホーム味の素スタジアムで対戦することが決まった。比嘉は「スタメンで出られたら最高。楽しみしかない。思いっきり削ります。何もやらせたい。どうせ、あっちもガーっとくる。ファウルをもらわないように、うまくやりたい」とジョークを飛ばした。

    千葉では17年、リーグ戦の出場は8試合にとどまり無得点だったが、11月11日の名古屋戦(3-0勝利)と同19日の最終節・横浜FC戦(2-1勝利)と終盤の大事な試合に2戦連続で先発し、J1昇格プレーオフ進出に貢献。

    昇格を決めた名古屋グランパスとの準決勝(2-4敗戦)ではフル出場した。ファン・エスナイデル監督の厳しい練習、食事制限で体を鍛え「フタを空けてみれば、最後は良かった」と収穫も感じている。

    「開幕戦に勝って、頑張っている姿を見てもらいたい。アイツのクビ、切らなきゃ良かったって言わせたい」と笑みを浮かべた。【村上幸将】
    2018-01-15_08h19_52
    1/14(日) 20:57配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180114-00100356-nksports-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ