海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: Jリーグ

    1: Egg ★ 2018/12/06(木) 23:16:59.89 _USER9
    FIFA(国際サッカー連盟)は6日、公式HP『FIFA.com』にて、FIFAクラブワールドカップ2018 UAEに出場するクラブの大会登録メンバーを発表した。

    AFCチャンピオンズリーグ(ACL)を制した鹿島アントラーズは、15日の準々決勝で北中米カリブ海王者(CONCACAFチャンピオンズリーグ2017-18王者)のグアダラハラ(メキシコ)と対戦する。

    鹿島のメンバーは以下の通り。6日に負傷が発表された日本代表MF三竿健斗やDF小田逸稀が選外となり、DF昌子源、FW鈴木優磨、MF小笠原満男らがメンバーリストに名を連ねている。

    ▼GK
    1 クォン・スンテ
    21 曽ヶ端準
    29 川俣慎一郎

    ▼DF
    2 内田篤人
    3 昌子源
    5 チョン・スンヒョン
    16 山本脩斗
    22 西大伍
    28 町田浩樹
    32 安西幸輝
    39 犬飼智也

    ▼MF
    4 レオ・シルバ
    6 永木亮太
    8 土居聖真
    11 レアンドロ
    18 セルジーニョ
    25 遠藤康
    26 久保田和音
    40 小笠原満男

    ▼FW
    9 鈴木優磨
    14 金森健志
    19 山口一真
    30 安部裕葵

    12/6(木) 23:03配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181206-00873722-soccerk-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 朝一から閉店までφ ★ 2018/12/06(木) 21:41:19.35 _USER9
    e9883dfb-fce7-c5fe-fdff-269f3f2ec27f

    2018/12/06 21:30
    Text by
    編集部H


    日本上陸を囁かれるブラジルのピカチュウだが、急転直下、アメリカへ向かうことになるかもしれない。

    ブラジルの『UOL』や『Lance』などは5日、ヴァスコ・ダ・ガマに所属するDFイアゴ・ピカチュウの移籍先として、アメリカ・MLSのオーランド・シティが最有力候補になっていることを伝えた。

    26歳のピカチュウとヴァスコの契約は2021年末までになっているものの、クラブの財政事情などから退団を囁かれている。今週、Jリーグ行きが急浮上し、早ければ週末にも契約を結ぶのではないかとの報道も。

    しかし今度は、アメリカ行きが最有力となっているという。

    もともとアメリカ、中国のクラブなどから関心を寄せられていたことは報じられていた。さらに最近、ピカチュウが英語を学び始めたこと、現在、アメリカに滞在していることなどからMLSが彼の新しいステージになるのではないかという。


    "
    View this post on Instagram
    Yago Lisboaさん(@yagopikachu02)がシェアした投稿 - 2018年11月月23日午後1時45分PST

    View this post on Instagram
    Yago Lisboaさん(@yagopikachu02)がシェアした投稿 - 2018年12月月4日午後7時59分PST
    上は英語を学ぶピカチュウ、下はアメリカ旅行を楽しむピカチュウ
    "


    候補となっているオーランド・シティは2015年にMLSへ参入し、元ブラジル代表MFカカが所属したことで知られる。クラブには現在、ヨッシー(>>>0�という選手もおり、MLS公式サイトは「ピカチュウとヨッシーが現実になるかもしれない」と伝えている。

    >>>0�ペルー代表MFジョシマール・ジョトゥンのこと。愛称は“Yoshi”で任天堂の看板キャラクター、ヨッシーの海外版と同じ綴りである。

    https://qoly.jp/2018/12/06/yago-pikachu-rumor-mls-hys-1

    続きを読む

    1: 胸のときめき ★ 2018/12/06(木) 19:31:31.92 _USER9
    北海道コンサドーレ札幌の中心選手、チャナティップ選手。タイ出身のミッドフィルダーです。

    1メートル58センチと小柄ですが、卓抜したテクニックを持ち、世界的なスーパースターになぞらえて「タイのメッシ」と呼ばれています。

    今シーズン、過去最高の4位と躍進したチームの原動力になりました。チャナティップ選手の活躍でふるさと、タイでは、いまJリーグに熱い視線が注がれています。
    20181205-chana-main
    全文はリンク先で↓
    https://www.nhk.or.jp/sports-story/detail/20181206_3401.html

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/12/06(木) 08:24:45.39 _USER9
    名古屋グランパスのFW玉田圭司(38)がインスタグラム(@keijitamada_official)を更新し、今季限りで退団することを明かした。

    玉田は2006年から14年まで名古屋でプレー。C大阪に移籍し一旦は名古屋を離れたが、16年にJ2に降格した古巣に復帰。1年でJ1に復帰させると、今季も24試合に出場。残留を決めた最終節の湘南戦でも先発出場していた。

    インスタグラムでは「あまりにも突然だったので正直、頭を整理するのに少し時間がかかりました…。2014年に1度退団し、その2年後に帰ってきて名古屋グランパスに誠心誠意を持ってやってきましたが、契約しないと伝えられた時には労いの言葉の1つもなかったことにはがっかりしました」と苦しい胸の内を明かす。

    それでも「とても刺激的な2年間でしたし、僕にとってすごくいい経験をさせて頂いたと思っています。シーズン終了後に皆さんから来年度の僕のユニフォームを予約してくださったとの声を頂いて、来年にむけて頑張ろうと思っていたので、それを無駄にしないためにも前を向いていきたいです!ありがとうございます!」と気丈に振る舞った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181206-07984483-gekisaka-socc
    12/6(木) 8:14配信

    no title

    no title

    no title


    https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/players/detail/2682/127
    成績

    https://data.j-league.or.jp/SFTD08/search?selectFlag=0&competition_frames=1&competition_year_from=&competition_year_to=&goals_from=20&goals_to=
    J通算得点ランキング

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/06(木) 06:10:56.16 _USER9
    J2大宮の来季新監督に高木琢也氏(51)が就任することが決定的となった。複数の関係者が明かした。

    1年でのJ1返り咲きを逃した大宮は、11月28日に石井正忠監督の退任を発表。原崎ヘッドコーチの内部昇格を軸に検討したが、よりJクラブで実績のある指揮官へと方針転換した。高木氏は13年から長崎を指導。今季は初めてJ1昇格へと導いた。1年で降格して退任が決まったが、堅守とハードワークができるチームづくりには定評がある。
    2018-12-06_08h39_56
    12/6(木) 5:31配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181206-00000012-spnannex-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/12/06(木) 04:17:09.86 _USER9
    ◆天皇杯▽準決勝 鹿島0―1浦和(5日・カシマスタジアム)

    鹿島のFW鈴木優磨(22)とMF三竿健斗(22)が、ともに負傷のためクラブW杯(15日~・UAE)を欠場する見通しとなった。クラブ幹部が「(UAEには)連れていかない」と明言した。

    鈴木は浦和戦の後半ロスタイムに右太もも裏を負傷。試合後は足を引きずりながら報道エリアに姿を見せ、「まだ診断結果が出ていないので」と前置きした上で「(クラブW杯開催地の)ドバイは無理だと思う。初めての箇所です」と肉離れを示唆した。三竿健も股関節の痛みを訴えており、先発出場した日本代表のキルギス戦(11月20日・豊田ス)を最後に実戦から遠ざかっている。

    クラブW杯では初戦の準々決勝で北中米カリブ海王者のグアダラハラ(メキシコ)と対戦。勝ち進めば準決勝で欧州王者Rマドリード(スペイン)と戦うが、ここまで過密日程の中で奮闘してきた主力2人の離脱は大きな痛手となる。

    試合は前半27分にCKから失点し、最後まで浦和の守備包囲網を崩せず準決勝敗退が決まった。DF内田篤人(30)は「ここまで試合を多くこなしながら頑張ってきた。最後までみんなで戦いたい」と前を向いた。
    2018-12-06_08h31_18
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181206-00000039-sph-socc
    12/6(木) 4:03配信

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/12/05(水) 21:25:43.28 _USER9
    J1残留を果たした名古屋グランパスは5日、風間八宏監督(57)の続投を発表した。すでに最終節の湘南ベルマーレ戦後に小西社長が「来季も風間監督のもと、わくわくしたサッカーをお見せしたい」と続投を明言していたが、この日に正式に発表となった。

    風間監督は17年にJ2に降格したチームの監督に就任。リーグ戦で3位となりJ1昇格プレーオフを制して1年でJ1復帰。今季は最後まで残留を争い、最終節の湘南戦終了時点ではJ1参入プレーオフ圏内の16位。だが、終了から約2分後に他会場のジュビロ磐田が勝ち越しを許し、得失点差で15位に浮上して残留を決めた。

    来季は就任3季目となるが「今シーズンもたくさんのご声援ありがとうございました。本当に皆さんのおかげで、圧倒的なスタジアムを創っていただきました。また来シーズンも、共に、一体となり楽しみましょう」とクラブを通じてコメントした。
    2018-12-05_23h09_53
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181205-00411286-nksports-socc
    12/5(水) 12:53配信

    https://www.nikkansports.com/soccer/jleague/j1/data/standings/
    順位表

    続きを読む

    1: 朝一から閉店までφ ★ 2018/12/05(水) 18:26:46.57 _USER9
    2018/12/05 14:10
    Text by
    編集部H

    ピカチュウの日本上陸が現実味を帯びてきた!

    現地メディア『UOL』は4日、ブラジルの名門ヴァスコ・ダ・ガマに所属するDFイアゴ・ピカチュウとJリーグのあるクラブが、2か月前から交渉中であることを伝えた。

    ピカチュウは26歳。ユース時代、体が小さく素早いことからコーチに「ピカチュウ」との愛称を授かり、プロでもそれを登録名としている。

    彼が脚光を浴びたのはパイサンドゥ時代のこと。DF(右サイドバック)ながらゴールを量産し、その登録名もあってブラジル全土で知名度を獲得した。

    それから2016年にリオの名門ヴァスコへ。地方クラブとは勝手の違うヴァスコではすぐに馴染めなかったものの、今季、右サイドのアタッカーとして覚醒。チームトップの公式戦19ゴールを記録し、チームに欠かせない存在となった。

    一部ではセレソンに推す声も出ているほどだが、そんなピカチュウはかねてより海外でプレーすることを希望しており、今回、日本行きに近づいている他、米国のクラブから関心が寄せられていることも伝えられている。

    ピカチュウとヴァスコとの契約は2021年6月まで。ただ現地では財政事情の厳しいヴァスコを退団する可能性が高いのではないかと見られている。
    bb3cba56-d4e0-a4fc-2f07-850b1de8661d
    https://qoly.jp/2018/12/05/yago-pikachu-rumor-j-league-hys-1

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/12/05(水) 06:51:36.46 _USER9
    天皇杯準決勝は5日、鹿島―浦和(カシマ)、仙台―山形(ユアスタ)で行われ、9日の決勝戦(埼玉)進出チームが決まる。鹿島は負傷が相次ぐ非常事態の中、左太もも裏肉離れから復帰したDF内田篤人(30)が2か月ぶりに先発のピッチに立ち21冠目の王手を狙う。

    茨城・鹿嶋市内で行われた鹿島の最終調整。日本代表MF三竿健斗(22)はピッチに現れず、MFレオシルバ(32)はランニングのみ。膝に痛みを抱えるMF小笠原満男(39)も紅白戦に参加しなかった。すでに今季56試合を消化。過密日程の代償は大きい。だが、大岩剛監督は「けが人が多いことは確か。それでもしっかり勝ちきらないといけない」と語気を強めた。

    そんな“野戦病院”状態の中、DF内田が満を持してスタメン復帰する。2か月ぶりの先発出場を前に、経験豊富な30歳は「カップ戦は準決勝が一番大事」と説いた。その心は「決勝はもう、やるだけだから。勝手に(気持ちが)上がる。特に今回は(準決勝の)相手も相手だし」。カップ戦の準決勝で、相手が浦和。復帰戦の舞台としては、この上ないシチュエーションだ。「タイトルを取るために鹿島に帰ってきた」と語る男が、21冠目に向けた大一番でけが人続出の鹿島を救う。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181204-00000290-sph-socc
    12/5(水) 6:08配信

    no title


    https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/players/detail/600027/120
    成績

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/05(水) 08:56:26.39 _USER9
    J1のヴィッセル神戸に所属する元ドイツ代表のFWルーカス・ポドルスキは古巣のケルンでキャリアを終えるという願望を持っているようだ。独紙『レヴィアシュポルト』が報じている。

    日本での日程を終え現在は母国ドイツに戻っているポドルスキは「12月はヨーロッパを旅行するなどして休養するつもりだ」と同紙のインタビューに応えた。

    33歳のポドルスキはヴィッセル神戸と2020年夏まで契約を結んでいる。「今季チームは10位だったが個人的にはとても満足している。体調も良いし怪我もないからね。足と頭の調子が良い限り全てをサッカーに捧げるよ」と今後も現役を続ける意欲を示した。

    将来について問われると「日本でプレーするかもしれないし、他の国に行くかもしれない」と話したうえで「ブンデスリーガ?興味を持ってくれるクラブがあるなら何が起こるかわからないね」と答えた。

    ケルンの下部組織で育ち2003年にプロとしてのキャリアを始めた古巣には未だ特別な思いを持っているポドルスキ。「コンタクトはない」と話す一方で「私がケルンでキャリアを終わらせたいという希望を持っている事はみんな知っている」と復帰する可能性について語った。

    12/5(水) 7:40 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181205-00299904-footballc-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ