海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: Jリーグ

    1:Egg ★:2018/10/05(金) 08:06:10.22 ID:CAP_USER9.net
    Jリーグ公式
    https://www.jleague.jp/sp/

    前節は、川崎フロンターレが最下位V・ファーレン長崎に勝ち、ガンバ大阪に敗れたサンフレッチェ広島を勝ち点で並び、得失点差で3上回って3月以来の首位に立った。

    一方、FC東京は清水エスパルスに敗れ、未勝利が8に延び5位に転落し、代わって3連勝の鹿島アントラーズが3位、連敗を2で止めた北海道コンサドーレ札幌が4位に浮上した。川崎Fと広島と、鹿島との勝ち点差は11と差がついた一方、鹿島と札幌、札幌と東京の勝ち点差はそれぞれ1と、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場権争いは接戦だ。

    残留争いでは、G大阪が4連勝で降格圏を脱出し13位に浮上した一方、名古屋グランパスは2連敗でG大阪と勝ち点2差の15位、鳥栖は札幌に負けて無敗が4で止まり、名古屋と勝ち点1差でプレーオフ圏の16位に後退。柏レイソルも浦和レッズに逆転負けして、サガン鳥栖と勝ち点30で並び得失点差で3下回って降格圏の17位に転落。長崎との勝ち点差も3と接近している。今節は順位が直近同士の対戦やダービーなど“絶対に負けられない戦い”が目立つ。

    <1>鹿島-川崎F

    鹿島は川崎Fと相性が悪く、16年10月29日のホーム戦以降4連敗中、5試合連続未勝利の上、ホーム3連敗中。ただ、最も直近に戦ったルヴァン杯準々決勝では1勝1分け、2戦合計4-2で川崎Fを撃破しており、好感触を持っているはずだ。一方の川崎Fは、中盤の軸の1人、MF家長昭博が出場停止の上、MF中村憲剛もイエローカードを2枚受けているのが気掛かりなところだ。

    <2>ベガルタ仙台-浦和

    3連勝で6位に浮上した浦和と、2連敗で8位に後退した仙台は勝ち点で並んでいるが、得失点差では浦和が16差と大きく上回る。ACL出場圏内3位の鹿島との勝ち点差は4で、両チームともに勝ち点を積み上げたいところだが、リーグ戦は浦和が6連勝、7戦無敗と大きくリードしており、アウェーでも2連勝中だ。

    <3>セレッソ大阪-G大阪

    C大阪がACL圏内の鹿島と勝ち点4差の7位、G大阪が自動降格圏の17位柏、プレーオフ圏内の16位鳥栖と勝ち点3差で迎える“大阪ダービー”は、先を見据えると、どちらも決して負けられない状況だ。リーグ戦ではG大阪が2連勝を含む6戦無敗で、4月21日のホーム戦も1-0で勝つなど優位だ。その中、3戦連発の4ゴールと絶好調で、4月のホーム戦でも決勝弾を決めたFWファン・ウィジョが、累積警告で出場停止なのはG大阪にとってあまりに痛い。

    <4>鳥栖-湘南

    勝ち点30の鳥栖と2差の14位湘南ベルマーレとの、文字どおりの生き残りマッチとなる。湘南がJ1に復帰し、2年ぶりに対戦した7月の試合は1-1のドローで、16年も1勝1分け。負けた方が残留争いで後退するだけに、一歩も引けないところだ。

    <5>広島-柏

    広島は1分け2敗、柏は1分け3敗と不調が続くが、広島は得失点差で首位を奪われた川崎Fからの首位奪還、柏も勝ち点で並ぶ鳥栖をかわしての自動降格圏脱出のためにも、勝ち点3をつかみたいところだ。広島は3戦で1ゴールと決定力不足に陥っているだけに、9月22日のFC東京戦でゴールを決めた、エースのパトリックの2戦ぶりのゴールに期待したい。一方、柏は4戦連発と絶好調のFW瀬川祐輔に期待だ。

    10/4(木) 22:06配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181004-00352084-nksports-socc

    写真

    続きを読む

    1:shake it off ★:2018/10/04(木) 20:38:20.76 ID:CAP_USER9.net
    FC東京は4日、DF小川諒也の運転する普通乗用車が9月28日に交通事故を起こしていたことを発表した。小川は2016年5月と同年8月にも交通事故を起こしており、クラブは過去2回と同じく厳重注意を行ったという。

    今回の事故が発生したのは、9月28日の14時15分頃だった。小川の運転する普通乗用車が片側2車線の新青梅街道を新宿方面へ進行中、「花小金井四丁目」交差点付近で信号待ちのため停車。その後、青色に変わったため、追い越し車線(右車線)へと動き出そうとしたところ、前方で停車中の車両(中型オートバイ)と接触事故を起こしたという。

    接触した車両を運転していた男性および小川に怪我はなく、事故発生後、速やかに警察や関係各所に連絡し、対応を行ったようだ。

    小川はクラブ公式サイトを通じ、「この度、私の不注意で接触事故を起こしてしまいました。運転をされていた方には心よりお詫び申し上げます。またご報告が遅くなってしまったことに関しても、大変申し訳なく思っています。

    再びこのような事故を起こしてしまい、ファン・サポーターの皆様をはじめ、応援していただいている方にご心配、ご迷惑をお掛けし、本当に申し訳ございませんでした」と謝罪。「今後は二度と事故を起こさないように最大限の注意を払います」と誓った。

    また、クラブも「今回の件につきまして、関係の皆様には多大なるご迷惑をお掛けし、心よりお詫び申し上げます。クラブは、小川選手に対して厳重注意を行うと共に、再発防止に向けて全選手、関係者に交通安全への取り組みを徹底してまいります」とコメントしている。
    2018-10-04_21h33_43
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181004-02373065-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★:2018/10/03(水) 06:38:12.19 ID:CAP_USER9.net
    グロイター・フュルトのMF井手口陽介が膝十字靭帯を損傷して長期離脱を余儀なくされることが分かった。ドイツ『キッカー』などが伝えた。

    9月30日のドレスデン戦に先発で出場した井手口だが、相手選手と接触して29分に右膝を負傷。その後プレー不可能となり、交代してピッチから去った。そして2日午後、クラブは同選手の診断結果を公表し、右膝の後十字靭帯断裂を負ったことを明らかにした。

    「我々みんながヨウスケのことを思っている。
    彼が重度のケガにより離脱することは残念で、彼がベストの状態に戻れるようにサポートしていく。彼の幸運を祈っている」

    2018年1月にガンバ大阪からリーズ・ユナイテッドに加入した井手口は、直後に当時スペイン2部のクルトゥラル・レオネサにローンで加入。今夏にリーズに復帰するも、8月からドイツ2部のグロイター・フュルトに1年間の期限付きで活躍の場を移した。

    デビュー戦でいきなりゴールを挙げるなどドイツでの活躍を期待された中での長期離脱は、グロイター・フュルトのみならず、リーズや日本代表にとっても大きな痛手になりそうだ。
    2018-10-03_07h29_25
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181003-00000034-goal-socc
    10/3(水) 6:21配信
    続きを読む

    1:ほニーテール ★:2018/10/02(火) 21:00:18.73 ID:CAP_USER9.net
    J1の北海道コンサドーレ札幌に所属するFWジェイ(ジェイ・ボスロイド)は、英メディア『スカイ・スポーツ』のインタビューに答え、自身のキャリアや日英の文化の違いについてコメントしている。

    現在36歳のジェイは、キャリア初期にはイタリアのペルージャでプレーしたほか、イングランドの複数クラブを転々。2010年にはチャンピオンシップ(2部)のカーディフ・シティでの活躍が認められ、イングランドA代表デビューを飾った。

    ジェイは「犯罪と暴力の中で育った」と幼少時の環境を振り返りつつ、「最高レベルでプレーすることがずっと目標だった。プレミアリーグでプレーし、国の代表としてプレーし、できる限り活躍すること。その目標を達成できたと思う」と述べている。

    しかしイングランド代表での出場は1試合のみに終わり、その後プレミアリーグで大きな活躍を見せることもできなかった。「正直に言って、自分のポテンシャルに見合う実績を残せなかったと思う」とジェイは語る。

    その理由については「若かった頃の自分の姿勢のせいだ」と分析。「姿勢が良くなかった。20歳の頃なら何でも他人の失敗のせいにしてしまうが、年齢を重ねればもう少し自分を客観的に見て、そこから学ぶことができる」と続けた。

    一方でジェイは、日本と英国の違いにも言及。「飲酒運転をすればこの国では二度とプレーできない。イングランドでは罰金を受けても週末にはまたプレーしている」「欧米にはタトゥーを入れている人が多いが、ごく小さなものだったとしても、日本ではサウナや温泉やプールには入れない。伝統的に“ヤクザ”の一員だとみなされてしまうからだ」と語っている。
    20180409_bothroyd_getty
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181002-00291528-footballc-socc
    続きを読む

    1:れいおφ ★:2018/10/02(火) 05:06:53.09 ID:CAP_USER9.net
    欧州で最も活躍した21歳以下の選手に贈られる「ゴールデンボーイ賞」の候補40人が1日に発表され、オランダ1部フローニンゲンの日本代表MF堂安律(20)が日本人で唯一選出された。

    堂安は昨年6月にJ1G大阪からフローニンゲンに移籍。欧州挑戦1年目でリーグ9得点(29試合)、公式戦10得点(31試合)を挙げた活躍が認められた。

    同賞はイタリア紙トゥットスポルトが主催し、2003年にスタート。欧州各国の主要紙の記者投票で若手最優秀選手が選出されるもので、過去には2004年にFWルーニー(当時マンチェスターU)、2005年にFWメッシ(バルセロナ)、2007年にFWアグエロ(当時Aマドリード)らが受賞。昨年の受賞者はフランス代表FWエムバペ(パリSG)で、今回もノミネートされている。

    第16回となる今年の受賞者は12月に発表される。

    https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/10/01/kiji/20181001s00002000390000c.html

    候補

    続きを読む

    1:MacaronCino ★:2018/10/01(月) 18:45:52.13 ID:CAP_USER9.net
    10月1日、FC東京公式サイトの『20回目の「創設の日」を迎えて』というエントリーで「サッカー専用スタジアム」に触れた件に関し、同社の大金直樹代表取締役社長がJFAハウスで囲み取材に応じた。

    「首都東京にふさわしいスタジアムでサッカーをさせたいですし、観てもらいたい。ハード(スタジアム、環境)とソフト(チーム、サッカー)との両輪で動かすクラブになっていきたい」と、専用スタジアムを使用する意向自体はあらためて表明したものの、「いま代々木の名前が出ていますが、具体的に決まったわけではない。候補も含めて検討を進めていきたい。多摩地区の可能性もゼロではない」と、明言は避けた。
    2018-10-01_19h41_14
    ・以下全文はソースで: タグマ トーキョーワッショイ!オフィシャルマガジン
    https://www.targma.jp/wasshoi/2018/10/01/post13932/

    ・関連ソース
    FC東京公式サイト 20回目の「創設の日」を迎えて
    https://www.fctokyo.co.jp/news/9398

    FC東京は首都のクラブとして、世界に誇れるサッカー専用スタジアムで魅力的なサッカーを展開し、日本国内、そしてアジアのタイトルを獲得し続ける、日本サッカーを牽引する存在でありたいと思っています。

    こうした想いを現実にするために、覚悟をもって具体的な検討を進めてまいります。実現には、東京都民のみなさまのご協力が不可欠であり、ファン・サポーターのみなさまはもちろん、FC東京の株主、スポンサー各社などすべてのFC東京ファミリーのみなさまからの後押し、ご支援、ご協力をお願いしたいと思っております。
    続きを読む

    1:MacaronCino ★:2018/10/01(月) 13:36:34.16 ID:CAP_USER9.net
    サイバーエージェントが1日、都内で会見を開き、J2のFC町田ゼルビアの運営会社・株式会社ゼルビアが第三者割当増資で発行する株式を引き受け、8割の株を取得し、子会社化すると発表した。町田は今後、サイバーエージェントグループの傘下に入る。

    藤田社長は、町田の下川浩之会長と知人を通じて接触したといい「町田で育ち、町田から世界をという理念に共感しました。私も東京に出てきた時、町田周辺にいました」と今回の決定に至る経緯を説明した。

    町田は、ホームの町田陸上競技場の収容人数が1万328人で、1万5000席以上に設定されている施設基準に満たず、練習施設の基準に達せず、J1ライセンスが交付されなかった。ただ、ホームタウンの町田市は、観戦席を5000席増設する工事を19年に着工する予定で動いている。

    藤田社長は「たとえ優勝しても昇格できない。サポートして天然芝の練習場、クラブハウスの整備に19年度に着手し、J1ライセンスの早期取得を目指し環境を整える」と断言。下川会長と大友社長をはじめとした経営陣は維持するという。藤田社長は「サイバーエージェントのコンテンツを使い、町田を起点に広く愛されるクラブとしてビッグクラブの成長をサポートします」と話した。

    ・以下全文はソースで: 日刊スポ 10/1(月) 12:22
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181001-00348118-nksports-socc

    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★:2018/10/01(月) 12:55:06.16 ID:CAP_USER9.net
    バルサ化を目指し、パスがつながらなかったチームはほとんどないが…
    イニエスタの獲得で話題を集める神戸が、9月17日に吉田監督を解任し、「グアルディオラの師匠」とも言われるリージョを新監督に迎えた。コーチングスタッフも一新し、「バルサ化」を目指した改革が進んでいるが、果たして彼らは本家よろしく真のビッグクラブとなれるのだろうか。(『サッカーダイジェスト』10月11日号(9月27日発売)「ザ・ジャッジ」より転載)

    ――◆――◆――

    “監督メリーゴーランド”をやるチームは上手くいかない。フロントにビジョンと堪え性のないクラブは大抵ダメだと相場が決まっている。ただ、ヴィッセル神戸の場合はそれに当てはまらない。ビジョンははっきりしすぎているくらい、はっきりしている。

    バルセロナになる──。海賊王になるくらい荒唐無稽に思えるが、神戸が本気なのはよく分かった。
    アンドレス・イニエスタの獲得に続いて、なんとファン・マヌエル・リージョ監督まで呼んできたからだ。
     
    リージョは「ジョゼップ・グアルディオラの師匠」としてメディアで紹介されている。事実、現役時代の晩年には、当時メキシコのクラブ(ドラードス)を率いていたリージョ監督の下でプレーしている。引退後、指導者となるうえでの教えを乞うためであった。ヨハン・クライフ、マルセロ・ビエルサとともに、グアルディオラに多大な影響を与えた人物のひとりと言っていい。
     
    バルサで監督を務めたことはないリージョだが、そのサッカー哲学がバルサのそれと通じるところは多い。むしろ、バルサよりバルサらしいかもしれない。その点で、リージョ監督の招聘は「バルサ化」へと突き進む神戸の選択として正しい。
     
    一方、10代で指導者の道を志し、長い監督キャリアを持つリージョだが、これまで率いた多くのクラブで途中解任の憂き目を見ている。

    これだけ名を知られ、多くの人の尊敬を集めながら、これほど実績のない監督も珍しい。ビエルサ、パコ・ヘメス、ズデネク・ゼーマンと並ぶ超攻撃サッカーの旗手であると同時に、“奇人”でもある。
    癖の強い人物だということは、神戸のフロントも当然知っているだろう。それでも招聘したのだから、バルサ化以外は眼中になし、潔いくらいまっしぐらだ。
     
    ちなみに一時期、世界各地でトライされたバルサ化は、ことごとく失敗に終わっている。上手くいったのはグアルディオラ監督が率いたチーム(バイエルン・ミュンヘン、マンチェスター・シティ)とマウリツィオ・サッリ監督のナポリぐらいか。Jリーグでも、かつて横浜フリューゲルス(1999年に当時の横浜マリノスと合併・消滅)が、元バルサのカルレス・レシャックを監督に招いて試みたが、成績は伴わなかった。
     
    バルサ化を目指し、パスがつながらなかったチームはほとんどない。ボールポゼッションは目に見えて上がる。失敗の原因となるのは主に守備面だ。ボールを保持してもなかなかゴールが奪えず、逆に前がかりになったところをカウンターで突かれる。グアルディオラがバルサを率いていた当時、大きく改善されたのがディフェンスだった。もちろん、彼が就任する以前からバルサはバルサだったのだが、グアルディオラは守備面に手を加えることで、いわばバルサをバルサ化したのだ。
    2018-10-01_13h45_56
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181001-00048013-sdigestw-socc
    10/1(月) 11:31配信
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/01(月) 11:20:42.21 ID:CAP_USER9.net
    J1ヴィッセル神戸は29日の第28節鹿島アントラーズ戦で0-5と敗れた。今季最多の5失点で公式戦6連敗(リーグ5連敗)を喫するなど大失速しているなか、キャプテンの元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが自身の公式インスタグラムで謝罪文を掲載した。

    元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが負傷により2試合連続欠場したなか、チームは27節の浦和レッズ戦で0-4と大敗し、続く鹿島戦でも5失点。2戦合計0ゴール9失点と攻守の歯車がかみ合わない状態に陥っている。

    シーズン終盤に最も調子を落としているのが神戸で、現在リーグ10位ながら振り返れば降格圏の16位サガン鳥栖と勝ち点差6。残り6試合の結果次第ではJ2降格もあり得る立場だ。今季からキャプテンを務めるポドルスキは30日にインスタグラムを更新すると、「いま、神戸サポーターを始めチームに関わる全ての人にとって難しい局面を迎えています!」と切り出し、鹿島戦を振り返りながら次のように謝罪した。

    「昨日の試合は本当に申し訳ないとサポーターをはじめ、チームを支えてくれているみんなに、キャプテンとして謝りたい!!」

    チームの苦境に責任を感じているポドルスキは「残りあと6試合、共に立つこと以外になにもない!」とファンに共闘を呼びかけつつ、「最高の応援に感謝」と日頃のサポートに対して思いを綴った。

    返信欄には厳しい言葉も並んだ一方、「共に戦いましょう!」「応援してます」「しっかり声だして勝たせるので力の限り戦って下さい」「頼むで」「どんな状況でも応援してます」とエールも届いている。

    イニエスタの復帰時期は依然として不透明だが、チームが一丸となって苦境から脱することができるだろうか。

    9/30(日) 20:30配信 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180930-00138448-soccermzw-socc

    写真


    続きを読む

    ↑このページのトップヘ