海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: Jリーグ

    1:Egg ★ :2017/11/02(木) 12:57:48.54 ID:CAP_USER9.net
    J1横浜Mが2日、エリク・モンバエルツ監督(62)=フランス=の今季限りでの退任を発表した。来季の監督は「決まり次第お知らせ致します」としている。

    同氏はフランスの年代別代表監督などを経て、15年から横浜Mの監督に就任した。15年は第1ステージ6位、第2ステージ5位。16年は第1ステージ11位、第2ステージ7位だったほか、カップ戦でもタイトルには届かなかった。1ステージ制となった今季も5位と、鹿島、川崎といった上位からは差をつけられた。ACL出場権を得る3位以内の可能性は残っており、天皇杯は準決勝に進出しており、タイトル奪取の可能性もある。監督は「チームが来季のACLに出場することができるよう良い結果をシーズンが終わるまで求めていくことが、私の最大の願いです」としている。

    以下、モンバエルツ監督のコメント。

    「今シーズンをもって横浜F・マリノスを離れることとなりました。この数年間、日本で働くことができたこと、また日本文化に触れることができたことは、素晴らしい経験でした。結果が出なく苦しんだときもありましたが、選手やファン・サポーターのみなさまと素晴らしい思い出を共にすることもできました」

    「しかし、いまはそんな思い出に浸ることなく、チームが来季のACLに出場することができるよう良い結果をシーズンが終わるまで求めていくことが、私の最大の願いです。個人そしてチームレベルでたくさんの改善がみられていますので、我々がその目標を達成できると信じています」

    「我々の選手たちをサポートしてくれるファン・サポーターのみなさまに深く感謝いたします。みなさまの応援は我々に最後まで戦い抜くためのエネルギーを与えてくれます。ぜひスタジアムでシーズン最後の瞬間まで共に戦いましょう。みなさまからの全ての応援に心より感謝申し上げます」
    2017-11-02_13h52_02
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171102-00000050-dal-socc
    続きを読む

    503:U-名無しさん :2017/11/01(水) 10:49:12.34 ID:UQ8oDOSY0.net
    Amazonプライムで韓国映画の「息もできない」見たら主役が井手口そっくりだった
    530:U-名無しさん :2017/11/01(水) 11:08:16.81 ID:uMUeJsqF0.net
    >>503
    NHKBSで放送している「オクニョ」の中でヒロインの為に活躍するスリのチョンドンが
    いつも井手口に似ているなあ、と思ってみている
    ショリという名前みたいだけど
    528:U-名無しさん :2017/11/01(水) 11:08:02.07 ID:5KRg0ySXa.net
    >>503



    確かに、ワロタ
    続きを読む

    2017teamplayerstaffmember

    1:赤黒梟 ★:2017/11/01(水) 10:20:48.28 ID:CAP_USER9.net
    サッカーJリーグ1部(J1)の北海道コンサドーレ札幌の運営会社コンサドーレ(札幌市、野々村芳和社長)が第三者割当増資で最大8億4千万円を資金調達する方針を固めたことが31日、関係者への取材で分かった。今季、チームは16年ぶりのJ1残留を有力にしており、資金をインターネット上でのグッズ販売の充実などデジタル分野の強化に充て、J1定着に必要なチームづくりのための新たな収益源確保を目指す。

    5年ぶりにJ1で戦う札幌は現在、3試合を残してJ1残留圏内の13位。運営会社の売上高も26億~27億円と、J2だった昨年度より7億~8億円増える見込みだが、それでもJ1平均の36億4千万円(2016年度)を約10億円下回り、チーム強化に回せる金額も他クラブより少ない。

    運営会社はJ1定着や将来的な上位進出には、売上高をさらに伸ばす必要があると判断、増資の方針を固めた。

    https://www.hokkaido-np.co.jp/article/142338?rct=sports
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/30(月) 22:15:00.16 ID:CAP_USER9.net
    タイメディア『Siamsport』は30日、タイ・プレミアリーグ(1部)のパタヤ・ユナイテッドに所属する3選手が来季開幕に向けたプレシーズン中に川崎フロンターレの練習に参加すると報じた。

    名前を挙げられたのはタイA代表歴を持つ25歳のMFピーラドン・チャムラタミーと、同U-23代表で21歳のMFピチャー・ウートラ、そして24歳のDFスパナン・ブリーラットである。

    強豪ムアントン・ユナイテッドからの期限付き移籍でパタヤ・ユナイテッドに在籍するピーラドンのコメントが掲載されており、「Jリーグのビッグクラブが僕たちに注意を払ってくれて光栄。自分たちの能力を見せるために頑張りたい。チャナティップと話をして、攻撃面での規律が非常にしっかりしていると聞いている」と日本からの関心を認めているようだ。

    今季はJ1の北海道コンサドーレ札幌でタイ代表の英雄的存在であるチャナティップ・ソングラシンがセンセーショナルな活躍を披露し、J3の鹿児島ユナイテッドFCではシティチョーク・パソがプレーしている。夏にバンコク・ユナイテッドから半年間の期限付き移籍でFC東京に加入したジャキット・ワクピロムはJ3のFC東京U-23で徐々に出場時間を伸ばし始めているところだ。

    記事によればパタヤ・ユナイテッドは3選手が川崎Fのプレシーズンキャンプに練習参加することを許可しており、Jリーグ移籍の可能性もあるとしている。タイ人選手はJリーグにおいて「提携国枠」での登録になるため外国籍選手として扱われない。

    川崎Fには韓国人のGKチョン・ソンリョン、ブラジル人のDFエドゥアルド、MFハイネル、MFエドゥアルド・ネット、DFエウシーニョ、フィリピンとガーナのハーフDFタビナス・ジェファーソンが在籍しており外国人枠は埋まっているが、タイ人選手ならばその枠に縛られることなく獲得できる。

    セントラルMFのピーラドン、攻撃的MFのピチャー、右サイドバックのスパナンと、それぞれ異なった特徴を持つ3人はJリーグのピッチに立つ権利を得られるだろうか。実際に川崎Fの練習に参加するのかにも注目が集まる。

    10/30(月) 20:25配信 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171030-00238171-footballc-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/30(月) 18:32:33.86 ID:CAP_USER9.net
    ヴィッセル神戸に所属する元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキは、もう一度古巣ケルンでプレーするという願望を抱いているようだ。だがその一方で、ドイツ紙『ヴェルト』のインタビューでは神戸で現行契約を延長する可能性も示唆している。

    今夏にガラタサライから神戸に向かったポドルスキは、かつてブレイクを果たしたケルンのブンデスリーガ最下位に沈む姿に心を痛めている。「もちろん何も感じないわけではない。僕は良いときも悪いときもファンなので」と切り出す同選手だが、古巣が蘇ることを信じているようだ。

    「ケルンには冬までできるだけの勝ち点を獲得して、移籍市場で有意義な行動を取るように臨んでほしい。だが、これに関して忘れていけないことがある。このクラブが象徴する感情のことだよ。ヨーロッパリーグ、アーセナル戦の映像を見たとき、ケルンの人間としてとても誇り高かった。2万人のファンがロンドンで最高な雰囲気を作っていたことはファンタスティック。これこそ僕が愛するフットボールだよ」

    ケルンのほか、バイエルン・ミュンヘンやアーセナル、インテルでプレーしてきたポドルスキ。過去にも何度か最終的には自身の原点に戻る希望を口にしていたが、今回のインタビューでもそれについて触れている。

    「ケルンのためにもう一度プレーしたいことは否定したことはない。それについての話を避けることはないよ。でも自分を売り込むようなことはしないけどね。ただケルンは僕のクラブであり、僕にとって大きな意味を持っているんだ。もう一度、雄山羊(ケルンのシンボル)が付いたユニフォームを着ることができれば、とても誇りに思うだろう」

    だが、ケルンへの帰還については具体的には考えていないという。「家族と一緒にいることは僕にとって大切なこと」と語るポドルスキは、日本での生活について「日本人はとてもフレンドリーだし、受け入れてくれている。本当に居心地が良いし、安全であることも大きい」と話し、次のように続けた。

    「もちろん僕たち家族は故郷を恋しく思うこともある。故郷はやはり故郷なのでね。だけど、明日にも荷物をまとめてここを離れたく思うことなんてない。むしろその逆だよ。僕たちはここでの生活をとても楽しんでおり、高く評価しているんだ」

    「契約はまだ2年間ほど残している。クラブは数年以内に1つのトロフィーを獲得する目標を掲げた。今はまだ(チームとして)それに十分な力を備えていないが、これからその方向に進めるかもしれない。その後(2年後)は何が起きるのか分からない。契約を延長することも考えられるし、新たな冒険を求める可能性もある」

    10/30(月) 17:48配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171030-00010005-goal-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/30(月) 18:04:36.79 ID:CAP_USER9.net
    サッカーJ1第31節は29日、神戸が甲府戦(山梨中銀)に3-2で逆転勝ち。猛威を振るった台風22号の影響で大雨が降り、ピッチに水たまりができる中、元日本代表FWハーフナー・マイクが、頭なら関係ないとばかりに豪快ヘッドで2得点。

    “台風のお手本”ともいうべきシーンをJリーグ公式Youtubeチャンネルが紹介し、ファンに日本代表復帰の声も上がっている。

    雨がピッチを叩き続けていた。所々に水たまり。でも、頭を使ってしまえば関係ない。ハーフナーが195センチの長身で、豪雨の中を舞った。

    0-1で迎えた前半33分。右サイドを突破したFW渡辺からクロスが上がった。ゴール前に構えていた頭一つ大きい男がハーフナーだった。相手DFのチェックを受けながら、ゴール前中央で頭で合わせた。反対の左サイド目がけて放ったシュートに相手GKは反応せきず。ゴールネットを揺らしてみせた。

    一瞬にして熱狂に包まれるゴール裏の神戸サポーター。激しく雨が打ち付ける中、びしょ濡れになりながら、実に6年ぶりのJリーグで得点となる同点弾を決めたハーフナーは、イレブンに次々と祝福された。さらに、2-2で迎えた後半41分にはMF小川の右クロスから再び高い打点でヘディング。この日2発で逆転勝ちに大きく貢献してみせた。

    Jリーグ公式Youtubeチャンネルも豪快弾を紹介。台風22号の接近で前半は豪雨が降り注いでおり、映像を見るとハーフナーが1点目を決めたシーンでもエリア内は明らかに水が浮いていた。試合中はボールが転がらず、苦しむ場面も。しかし、グラウンダーではなく浮き球のクロスなら全く関係ない。195センチの長身はお手本とも言うべきヘディングで躍動した。

    圧巻の2得点にファンから代表復帰の声も上がっていた。7月にオランダ・デンハーグから復帰後はなかなか出場機会を得られず、苦しんできたハーフナー。豪雨の中で輝きを示し、復活への第一歩を記した。

    【動画】雨なら頭を使え!? すぐ後ろには水たまりも…Jリーグ公式Youtubeチャンネルが紹介したハーフナーの“台風のお手本”弾の瞬間



    10/30(月) 13:26配信 theanswer
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171030-00010003-theanswer-socc

    写真

    続きを読む

    426:U-名無しさん :2017/10/30(月) 16:42:48.17 ID:dK63qxpW0.net
    やべっち今頃見たけど
    なんだよ都倉や稲本の充実生活は。ぽこ所属のくせに
    447:U-名無しさん :2017/10/30(月) 16:55:28.62 ID:IB3WFMmdM.net
    >>426
    ぽこ所属は囚人みたいな生活しないとあかんのか?
    430:U-名無しさん :2017/10/30(月) 16:45:58.70 ID:hma50ZiCM.net
    >>426
    札幌は家賃安いからね
    飯もうまいし繁華街もしっかりある
    少しドライブすればすぐ観光地
    そりゃ充実しますわ
    433:U-名無しさん :2017/10/30(月) 16:47:23.83 ID:k6D/A2zf0.net
    >>426
    これね

    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/29(日) 22:42:27.03 ID:CAP_USER9.net
    明治安田生命J1リーグ第31節が29日に行われ、札幌ドームでは北海道コンサドーレ札幌と鹿島アントラーズが対戦。試合は2-1で鹿島が勝利を収めたが、試合後のロッカーで、ちょっとした事件が起きたとDF昌子源が明かす。

    昌子は試合後のTVのインタビューで、川崎フロンターレとの勝ち点差が4になったことについて「チーム全員もその結果を知っています」と話し、残り3試合を勝つだけだと話していた。しかし、この話には、ちょっとした裏がある。

    2位の川崎Fは、日立柏サッカー場で柏レイソルと対戦。本来ならば、鹿島と同時刻にキックオフだったが、台風第22号の影響により、キックオフが30分延期となった。そのため、試合終了後に鹿島の選手たちがロッカールームに戻った時も、川崎Fは試合中で、その模様がTVで放送されていた。

    川崎Fが1-2とリードされている状況で迎えた90分、FW小林悠がゴールを決め、川崎Fが同点となった。その瞬間、ロッカールームでは「うわぁ!」という声が上がったが、次の瞬間にTVが消えたという。鹿島の選手たちは「え?」「なんでや!」という雰囲気になったが、TVを消したのはチームドクターだった。

    昌子は、その時のドクターの様子を「普通に喜んで操作して消しとって」と説明し、「普通はできないよ、普通は」と振り返る。その時、MF遠藤康らベテランも「よそのチームは関係ないから」と発言し、チームドクターの判断を尊重。昌子も「本当にその通り」だと語る。ただ、「知らない間に、また、(TVが)ついてたけどね」と笑顔を見せる。

    そして、あらためて「本当によそは関係ない。残り3つ勝つだけだ。(川崎Fとの勝ち点差)4という数字を大きく捉えてはいけない。むしろ関係ないと思う」と、気を引き締めた。

    10/29(日) 22:28配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171029-00010010-goal-socc

    写真


    続きを読む

    ↑このページのトップヘ