海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: Jリーグ

    86e5dab3-b600-4441-82dd-f28adb0cd6ad

    1: 久太郎 ★ 2019/04/14(日) 15:56:48.63
    FC東京 3-1 鹿島
    [得点者]
    05'永井 謙佑      (FC東京)
    16'ディエゴ オリヴェイラ(FC東京)
    29'ディエゴ オリヴェイラ(FC東京)
    55'レオ シルバ     (鹿島)

    スタジアム:味の素スタジアム
    入場者数:38,414人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2019/041401/live/#live


    鳥栖 0-1 川崎
    [得点者]
    51'知念 慶(川崎)

    スタジアム:駅前不動産スタジアム
    入場者数:14,463人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2019/041402/live/#live

    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/

    続きを読む


    3_thumbnail

    1: 豆次郎 ★ 2019/04/14(日) 11:08:37.83
    2019/4/10 13:38

    「やることをやってからキレろよ」

    「守備しているし」

    「してねぇよ!」

    「してるよ!」

    「自分だけそう思ってるだけなんだよ」

    激しく口論をしているのは、サッカ―J1湘南ベルマーレの選手たちだ。不甲斐ない試合をした自分たちに憤り、本気の意見をぶつけ合っているのだ。監督の強い言葉もある。 こうした試合後のロッカールームの映像が収められているDVDがいま大変な人気で、けさ10日(2019年4月)現在、Amazon DVDランキング1位だ。ちなみに2位は2016年版、3位は2017年版とトップ3を独占している。

    曺貴裁監督「本気で言い合うことで信頼が生まれる」

    ファンは「魂のぶつけ合いみたいな感じ」(20代女性)、「男の世界なのかと感じました」(50代女性)と話す。ファンだけでなく、ロシアワールドカップ日本代表の槙野智明選手も「チョウ監督の言葉の選び方や、選手同士のロッカールームの雰囲気、俺は好きだな。是非観る価値あるDVD」とツイッターで書き込んでいる。

    ベルマーレの親会社「RIZAP」も、「DVDの内容を全社員の研修に生かしていきたい」と社員教育の一環に使う考えという。ベルマーレの広報は「サッカーに関係ない教育者の方や経営者の方からも反響がありました」と話す。

    曺貴裁(チョウ・キジェ)監督は「人が本気で思っていることを言ったとき、その人の生き方が見えるし、それをお互いに受け入れて進んでいれば必ずそこに信頼が生まれる」と語っている。

    選手たちのモチベーションはアップ

    司会の国分太一「去年(2018年)、べルマ―レの練習を取材に行きましたが、(曺監督が)厳しく見える人もいるかもしれないけど、選手との関係性があるからこそ、あれだけ強いメッセージを伝えることできるんでしょうね」

    原晋(青山学院大学陸上部監督)「アメリカのある教育学者が言っていますが、普通の教師は言わなければいけないことを言いますが、最も偉大な教師は相手の心に火をつけることだといっています。選手たちのモチベーションアップが大切なんですね」

    選手の心に火をつける。なかなか簡単ではないだろう。

    文 一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
    https://www.j-cast.com/tv/2019/04/10354864.html

    続きを読む

    1: シコリアン ★ 2019/04/13(土) 21:48:01.12
    ■2万5000人にしたほうが満足度も利益も極大化できる

    鈴木:どうかなあ。許可してくれるかなあ。でも、スタジアムとは別のところでは、今でもある程度自由にできていて、病院をやったりフィットネスをやったりしています。それから今、温浴施設を造っているんだけど、僕らはそこまで投資しないとお客さんのニーズに応えられないんですね。

    実は、これからやりたいのは、スタジアムのキャパシティを大幅に落としたいということ。僕は今の4万人のキャパシティは非現実的だと思っていて、2万5000人まで落としたいのです。

    中原:それはいい考えですね。人口減少社会に対応した戦略として、これからの時代にマッチしていると思います。

    鈴木:そうそう。もうワールドカップはやったし、今度はオリンピックもやるし、世界の大会を開催するっていう1つの目的はもう果たしたから、ワールドカップやオリンピックを開催するキャパシティをずっと維持しなくてもいいと思っています。そのうえで、鹿島アントラーズが最大利益を得るための形を考えていく必要があります。

    中原:そのとおりですね(笑)。

    全文はこちらで
    2019-04-13_22h39_42
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190413-00268836-toyo-bus_all

    続きを読む

    86e5dab3-b600-4441-82dd-f28adb0cd6ad

    1: 久太郎 ★ 2019/04/13(土) 20:59:00.57
    横浜FM 1-1 名古屋
    [得点者]
    08'ジョー        (名古屋)PK
    20'マルコス ジュニオール(横浜FM)

    スタジアム:日産スタジアム
    入場者数:22,667人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2019/041302/live/#live



    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/

    続きを読む

    86e5dab3-b600-4441-82dd-f28adb0cd6ad

    1: 久太郎 ★ 2019/04/13(土) 16:55:48.50
    C大阪 0-1 札幌
    [得点者]
    80'進藤 亮佑(札幌)

    スタジアム:ヤンマースタジアム長居
    入場者数:15,125人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2019/041301/live/#live

    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/

    続きを読む

    uYiqj89vSSa3gJo1534827005_1534827024-min

    1: 風吹けば名無し 2019/04/13(土) 06:15:45.47
    なんでや

    3: 風吹けば名無し 2019/04/13(土) 06:16:03.04
    小物やから

    試合中すぐ切れてる 小物

    14: 風吹けば名無し 2019/04/13(土) 06:18:25.60
    オラつくから

    27: 風吹けば名無し 2019/04/13(土) 06:22:32.27
    ピッチの外では意外といじられキャラなんやけどな

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/04/11(木) 19:02:59.23
    平成はサッカーの時代だった。

    ……と大上段に書き出したのは、もちろん改元が迫っているからだ。

    史上最高値に沸き立つ東証の手締めの映像、「私らが悪いんであって、社員は悪くありませんから」と涙ながらに叫ぶ社長の記者会見。そんな平成を象徴するシーンをテレビで目にするたびに、その認識は強くなる。

    「バブル」とその「崩壊」から始まった時代だった。「失われた20年」を過ごした30年間だった。

    そんな時代にあって、数少ないサクセスストーリーを演じたのが、サッカーだった。

    「もし1年遅かったらJリーグは……」

    日経平均株価が3万8915円の史上最高値を記録したのは平成元年(1989年)の大納会である。世界の企業ランキング(時価総額)トップ20社のうち14社を日本企業が占め、三菱地所がロックフェラーセンターを、ソニーがコロンビア映画を買収。(いさかかヒンシュクを買いながらではあったが)ジャパン・マネーはまさしく世界を席巻していた。

    平成の幕開け、日本は紛れもなく絶頂にいたのだった。

    このときJリーグはまだ存在していない。しかし、(以前にも書いたが)日本リーグ活性化委員会で「スペシャルリーグ」構想が立案されたのがこの平成元年。まだアマチュアリズムが強かった当時、「プロ」という言葉を巧みに伏せながら、それでもプロリーグ設立へと動き始めたのは、小渕恵三官房長官が「平成」の額を掲げた2カ月後のことである。

    このタイミングで踏み出すことができた背景にあったのは、もちろん活況な日本経済だ。活性化委員会の委員長を務めた小倉純二(後にサッカー協会会長)が「もし1年遅かったらJリーグは誕生しなかったかもしれない」と語ったことがあるが、企業の業績がよく、自治体の税収も豊かだったこの時期だったからこそ、プロ化というギャンブルに打って出ることができた。

    バブル期だからできたW杯招致。

    プロリーグだけではない。この平成元年、日本サッカーはもう一つ、大胆な挑戦を始めている。「ワールドカップ招致」である。

    この時点ではサッカー協会内のごく一部による小さな招致活動。それでもFIFAに乗り込み、立候補の意思表示をしたのだ。

    言うまでもなく、このとき日本代表はまだワールドカップに出場したことがない。それどころか川淵三郎(当時日本リーグ総務主事)が「競技力ない、人気ない、スタジアムない」と自虐的な表現でしばしば振り返っていた通り、「出場」はおろか、「開催」など夢のまた夢という立場である。

    にもかかわらず、そんな無謀な意思表示をFIFAは極めて好意的に受け止めた。なぜなら当時、大会スポンサーの半数近くを日本企業が占めていたからだ。

    付け加えれば、国内でも愛知県の刈谷市をはじめ20都市が開催都市となることに前向きな姿勢を示している。スタジアム建設が必要にもかかわらず、だ。

    やはりバブル期だったからこそである。

    4/11(木) 17:01配信 ナンバー
    2019-04-11_20h40_55
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190411-00838937-number-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/04/11(木) 16:44:14.57
    Jリーグでは今季、YBCルヴァンカップのプライムステージ(準々決勝以降)の全試合とJ1参入プレーオフの決定戦でVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の導入が決まっている。

    これまでも様々な大会で実施テストや試験導入が行われてきたVARについて、Jリーグは11日にメディア向けの説明会を行った。

    そこではロシアワールドカップやAFCアジアカップなどでも導入されてきたVARについて、改めて介入の基準や運用方法などが説明され、実機によるデモンストレーションも公開された。実際にピッチ上の主審とVARがやり取りする中で使用される用語や、臨場感あるコミュニケーションも再現され、メディアがモニターなどを操作して体験できる時間も設けられた。

    説明会には、サッカーの競技規則の策定や改正などを司る国際サッカー評議会(IFAB)からテクニカルディレクターを務めるデイビッド・エラリー氏も出席。かつてプレミアリーグなどで活躍した名審判でもある同氏は「VARを用いることで、非常に重要な判定の正確性は99%となっている」と欧州などで導入が進む最新テクノロジーの有用性を強調し、映像も交えながらVARの仕組みを解説した。

    実際、すでにVARが導入されているセリエAでは、その初年度に悪質なシミュレーションが約40%減り、イエローカードの枚数も10%以上削減に成功するなど、よりフェアなプレーが増えているという。エラリー氏はこうしたデータも示しながら、VARが主審の判定をサポートすることによる効果も説明していた。

    VARは「あくまで予備の目を担うもの」で「最終的な判定を下すものではない」ため、その意識がしっかりと浸透すれば主審がテクノロジーによる助言に頼りすぎることもないとエラリー氏は見ている。介入の基準は「PKか否か」「ゴールがノーゴールか」「一発レッドカードか、そうでないか」「人違い」の4つのみ。イエローカードや単なるファウル、またはスローインなどはVARの介入・助言対象にならない。

    重要な判定を、より正しく下すためにVARが活用されることで、ピッチ上のプレーのみならず審判たちへの好影響もありそうだ。エラリー氏は「私も多くの間違いを犯した」と自らの経験も踏まえた上で、「レフェリングに関するスキャンダラスな事象は、どうしてもメディアの見出しに載りがちだが、そういったことも減って主審への必要以上のプレッシャーも軽減される」と語っていた。

    JリーグとしてはVARのリーグ戦などでの本格導入も、前向きに検討していく方針だという。まずはルヴァンカップやJ1参入プレーオフの最大14試合で、実際にどのような効果を発揮するか注目が集まりそうだ。

    4/11(木) 16:23配信
    20190411_var_funaki-560x373
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190411-00317345-footballc-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/04/11(木) 06:03:05.39
    神戸の三浦淳寛SD(44)がリーグ松本戦(6日、サンアル)でのジャッジについて、あらためて不快感を示した。

    9日にダゾーンで放送された「Jリーグジャッジリプレイ」で、原博実Jリーグ副理事長(60)がFWウェリントンのゴールシーンの際にファウルを取られたDF大崎に対して「ヘタ!もうちょっとうまくやらないと」などと発言。「原さんはすごく良い人だし、個人的にも好きな人」と前置きしつつも「大崎を始め、選手は命がけで戦っている。もうちょっと言葉を選んで欲しい。あの言葉は本人含め、クラブ関係者は良い気分はしないですよね」と寂しそうな表情を浮かべた。

    この1戦は微妙な判定が続き、1―2で敗戦。元スペイン代表MFイニエスタはイライラを隠せず、三木谷浩史会長も早期のVAR(ビデオアシスタントレフェリー)の導入を唱えるなど、各方面で物議を醸していた。そんな判定に納得していない中での原副理事長の発言だっただけに、三浦SDはチームを代表して意見した。

    4/11(木) 5:45配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190411-00000111-spnannex-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    emb

    1: Egg ★ 2019/04/10(水) 09:28:48.36
    FC東京は10日、ルヴァン杯1次リーグ第3節の鳥栖戦(秩父宮)に臨む。1964年東京五輪の準決勝以来、55年ぶりにラグビーの聖地で行われるサッカーの試合。

    長谷川健太監督は9日、取材に応じて「(ピッチが)どんな感じか全く分からないが、しっかり戦えるメンバーを組んでいきたい」。ピッチコンディション維持のため事前に会場で練習できず、ぶっつけ本番となる。 (東京都内)

    4/10(水) 8:52配信 サンスポ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190410-00000507-sanspo-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ