海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: Jリーグ

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/04/09(火) 14:51:50.47
    ジュビロ磐田が湘南に勝って、ようやく今シーズン初勝利を挙げた。

    13位に順位を上げたが、まだ低空飛行を続けているチームと同様、最近、さっぱり名前が聞こえてこなくなった選手がいる。

    大久保嘉人だ。

    湘南戦もスタメン出場したが、ゴールを奪えず、今季は6試合を終えてまだ得点がない。大久保は、もう終わってしまったのだろうか――。

    川崎フロンターレ時代の大久保は、まさに無双だった。

    中村憲剛、小林悠、レナトら質の高い選手が周囲におり、大久保はフィニッシャーの役割を果たすことでゴールを量産。前所属した神戸では26試合で4得点('12年)だったのが、'13年に川崎に移籍してからは33試合26得点で得点王を獲得。

    その後も大久保は点取り屋としての自信と凄みを見せつけ、3年連続得点王になった。'14年にはブラジルW杯に出場する日本代表にもサプライズで滑り込んだ。

    名波監督のラブコールで磐田へ。

    その後、'17年にFC東京に移籍し、'18年川崎に戻るも途中出場が増え、居場所がなくなった。「やめ時かなぁ」とそんなことも考えていたという。同年6月、名波浩監督から熱烈なラブコールを受け、磐田に移籍。しかし、チームではなかなか周囲の選手と連動した動きができず孤立し、苦しんだ。

    「ボールが欲しい時に、そのタイミングで出してくれるチームって、フロンターレ以外にないなって感じたよ。ここでフロンターレのサッカーを求めているわけじゃないけど、苦しくなると蹴ってばっかりだからさ。それじゃ攻撃にならんでしょと思うことが多かった」

    大久保は基本的にセンターFWに置かれていたが、ボールが出てこないので中盤に下がってプレーをしていた。それでは、なかなかゴールは奪えない。実際、昨年は17試合で3得点に終わっている。

    下がってボールを受ける大久保。

    今シーズンも川崎時代のようにゴールを奪うことに専念ができない。

    湘南戦はセンターFWにアダイウトンを置いたが、もともとワントップの選手ではない。川又堅碁が負傷離脱中で致し方ない部分はあるが、ボールが収まらないので攻撃がハマらない。この日は前から攻めてくる湘南相手にカウンターを狙っていたが、それも前になかなか繋がらない。

    攻め手が見つからない中、業を煮やしたシャドーの大久保が下がってきてボールを持ち、時間を作り、組み立てる。周囲の選手は、安心したかのようにようやく動き出す。

    もちろんゴールを狙っていないわけではない。

    サイドからの崩しになれば、スルスルとボックス内にポジションを取る。ボールが来ればシュートを打てるという絶好のポジションにもいる。しかし、なかなかボールが出てこない。味方がミスしてボールを奪われると自陣まで戻り、必死になって体をぶつけ、足を絡めて取り返そうとする。

    2-0で湘南に勝った後、服部年宏強化本部長はボソッとつぶやいた。

    「嘉人が、いちばん存在感あるわ」

    点を取った選手ではなく、服部はあえて大久保の名前を挙げた。

    存在感――。

    なんとなく耳あたりのいい言葉だが、それが逆に点取り屋としての“大久保嘉人”を稀薄にしている。本来は、大久保が点を取ることがチームの勝利のために必要なことであり、求められていることだ。

    だが、チームはフィニッシュの前の段階で四苦八苦している。
    2019-04-09_21h02_03
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190409-00838924-number-socc
    4/9(火) 11:01配信

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/04/09(火) 17:16:29.63
    レフェリングに関する疑問やルールを分かりやすく解説し、審判についての理解や関心を深めてもらうことを目的とする動画コンテンツ「Jリーグジャッジリプレイ」が9日、DAZNで先行配信され、Jリーグの原博実副理事長(60)が出演。SNS上などで「不可解な判定が多い」と物議をかもした6日の明治安田生命J1リーグ第6節・松本―神戸戦(サンアル)を担当した審判団を「ナイスジャッジ賞」と称賛した。

    番組で取り上げたのはJ1第6節のうち3つのシーンで、そのうちの2つがこの試合から。最後にピックアップされたのが神戸が0―2と2点を追う後半27分、セットプレーの場面で、FW田中順也(31)が右CKからインスイングで入れたボールをゴール正面でフリーになったFWウェリントン(31)がヘディングシュートし、ボールがネットを揺らすもその直前に他の選手がファウルを取られてノーゴールとなったシーンだった。

    芸能界屈指のJリーグ通であるタレントの平畠啓史(50)も「僕も正直なんのファウルか分からなかった」と話す中、原副理事長は「これは…大崎のファウルだね」と神戸DF大崎玲央(27)のファウルと断言。CKのファーサイドにいた大崎が、ウェリントンがフリーになる前に自分のマークしていた選手とウェリントンについていた松本DF飯田真輝(33)、その前にいるDF橋内優也(31)に対して「うまくつぶれているけど、よく見ると引っ張っているような感じがある」とし「レフェリーはウェリントンがヘディングする前にファウルって笛を吹いている。実際よく見てみると、これはファウルを取られてもしょうがないなと僕は思いました」と続けた。

    元国際審判員で日本サッカー協会審判委員の上川徹氏(55)は「僕も最初見た時に皆さんと同じように何が起きたか分からなかったです」とした上で、担当審判に電話で「どういう判断をしたんだ?」と確認したところ「ウェリントン選手をフリーにするために大崎選手が飯田選手を押さえにいっている」と答えが返ってきたと明かした。

    そして原副理事長は、大崎が相手選手のユニホームを手で引っ張っているのが映像にハッキリ残っていることを指摘した上で「あそこらへんでぶっ潰してウェリントンをフリーにするっていう動きをしている」と分析。「レフェリーはよく見ていたと思います」とし、「素晴らしいです、これは」と続けた。

    ゴール正面でウェリントンがここまでフリーな状態になるのは「普通じゃない。何かある」とした上川氏は、大崎がボールから目を離している時間帯があったと指摘した上で「そういう動きは見ます。ボールを見ないで相手競技者を見ていたりっていう選手がいる時はだいたいブロックに入るな、とか」と審判側からの視点を紹介した。

    ここで、原副理事長は「ヘタ!もうちょっとうまくやらないと」と大崎の動きにダメ出し。「ボールに関与しているように見せないと。それがないからレフェリーにも分かりやすい」と続けた。

    最終的な総括として、原副理事長は「ナイスジャッジ賞だね、これは」と審判団を賞賛。番組MCの桑原学アナウンサーが「すごく僕が言いたいのは、ここまで議論して、話して、よく見ないと(分からない難しいジャッジ)。これが逆の印象になって日本のレフェリーはレベルが低いみたいなことを広められてしまうことがすごく残念だな、と」とまとめていた。

    4/9(火) 16:30配信 スポニチ
    2019-04-09_18h01_33
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190409-00000127-spnannex-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/04/09(火) 11:52:33.43
    サガン鳥栖が8日、クラブ公式ツイッター(@saganofficial17)を更新し、『CHIEF RAP OFFICER(CRO)』を務めるDOTAMA氏のコメントを紹介している。同氏は「サガン鳥栖を信じているから、今回は厳しい事を言わせてください」とし、チームに対する想いを正直に語った。

    鳥栖は今季から就任したバルセロナ出身のルイス・カレーラス監督の下、ボール保持して攻める新たなスタイルに取り組んでいる。しかし前節終了時点で、開幕3連敗を含む1勝1分4敗の勝ち点4で17位に低迷。直近のアウェー仙台戦では、478本のパス数と59.4%のポゼッションを記録しながらシュート数で相手を下回り、0-3の完敗を喫した。

    今年1月にJリーグ史上初のラッパーとして鳥栖の一員となり、チームをラップで応援してきたDOTAMA氏も、現在の状況に頭を抱えているようだ。ツイッターで「サガン鳥栖を信じているから、今回は厳しい事を言わせてください」と前置きし、動画で次のように述べている。

    「(仙台戦で)なんで負けたんだよ。最下位は逃れたものの、今日の試合は酷すぎる。また振り出しじゃねぇかよ。パス本数約470本、ボール支配率約60%。一見、素晴らしい数字に見えますが、結果は0-3で惨敗」

    「CROを解任されるのを覚悟で言わせてください。サッカーはパスだけでは勝てないッ!点を取らなければ意味がないんです!」

    次節のリーグ戦でホームに迎える相手は、2年連続でJ1王者に輝いている川崎F。DOTAMA氏は「今日のような試合をしていてはフルボッコにされるのは確実です。もうこれ以上サガン鳥栖が負けるのは見たくない。だから私はサガン鳥栖の勝利を心から信じております。強敵に立ち向かう意思を見せて欲しい。点を取るんだッ!点をッ!」とチームを叱咤激励している。

    そして最後に「勝利への願いを込めたフリースタイルで締めたいと思います」とし、ラップで「監督のミス?選手のミス?そんな事でしたくねぇディス!飲ませてくれよ勝利の美酒!点を取れ、点をッ!」と締めくくった。フォロワーからは「よく言った」「おっしゃる通り」といった好意的なコメントが多く寄せられている。

    4/9(火) 11:41配信 ゲキサカ
    2019-04-09_13h52_12
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190409-43465739-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/04/09(火) 09:28:15.60
     リーグ3連覇を目指す川崎がもたつている。

    5日の第6節・C大阪戦(等々力)も1-1のドロー。ホームにもかかわらず前半22分に相手に先制され、後半開始早々の4分にFW知念のゴールで追いついたものの、「追いつきはするが、勝ちきれない」(川崎・鬼木達監督)という今季のパターンをなぞっただけだった。

    今季の白星は第5節の松本戦で挙げたひとつだけ(4分1敗)。このペースで進めば、リーグ連覇しているクラブがJ2降格圏内に突入してもおかしくない。

    接戦で勝ちきれない理由のひとつが、チームの大黒柱のMF中村憲剛(38)の起用法。

    接戦になってもシーズン全体をトータルで考え、超ベテランには90分フル出場を求めないのが鬼木流。この試合も同点で迎えた勝負どころの残り10分で、中村を25歳のMF長谷川と代えた。

    「もどかしさもありますが、オレは進化する過程と思っています」と中村は前を向いた。

    せっかくの強力助っ人も使い切れていない。2012年ロンドン五輪得点王のFWレアンドロ・ダミアンはブラジル代表歴もある、まだ29歳の脂ののりきったストライカーだ。「監督の起用方針になんら不満はない」と本人は優等生発言だが、この試合でも先発を外れ、残り2分でようやくピッチに登場した。

    「前半にチームがプレースピードをあげすぎてしまった」と鬼木監督は振り返る。

    サッカー日本代表・森保一監督(50)も広島監督時代、12、13年シーズンでリーグ連覇を飾ったが、「監督にとってJリーグはとっても難しいリーグですよ。優勝しても、次のシーズンでJ2落ちの可能性が十分ある。それだけ実力が拮抗しています」と首をすぐめる。その森保監督もJリーグ連覇のあとの14年シーズンは8位と低迷してしまった。

    一方で観客動員は好調。今節でホーム4試合目を消化したが、全試合2万人を突破。これだけ勝てなくてもなお、サポーターからブーイングは一切あがらない。ひょっとするとサポーターの優しさも、毎年のように川崎が開幕ダッシュにもたつく一因なのかもしれない。

    2019年4月8日 17時15分
    2019-04-09_10h41_49
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16285337/

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/04/09(火) 05:56:55.00
    TBSの特番「平成スポーツあったなぁ大賞」が7日放送され、元サッカー日本代表FW三浦知良(52=J2横浜FC)がVTR出演。「今だったら絶対に言わない」と26年前のあの試合でハーフタイムに自身が思わず口にした発言を悔やんだ。

    平成のスポーツで思わず「あったなぁ」と言ってしまう名場面、珍場面を貴重な映像とともに振り返る同番組。

    中学、高校、大学と10年に渡るサッカー経験があり、Jリーグでボールボーイのアルバイトをしたこともあるという俳優の向井理(37)が紹介したのは、日本悲願のワールドカップ(W杯)初出場を目前で逃した平成5年(1993年)の“ドーハの悲劇”だった。

    1993年10月28日にカタールの首都ドーハで行われたW杯アジア最終予選・日本―イラク戦。カズのゴールで先制した日本は2―1で迎えた後半ロスタイムに同点ゴールを決められ、あと一歩のところからまさかの予選敗退が決定した。「ゴンさんがすごい叫びながら崩れていく瞬間っていうのは一生忘れられない。それだけ自分としてもショックだった」。向井は、ベンチから崩れ落ちていくFW中山雅史(51=J3沼津)の姿をそう回想した。

    これを受け、VTR出演したカズは「後悔っていう言葉を使いたくないんですけど」と前置きした上で「『これでW杯行けるんじゃないか』って言ってた気がする」とハーフタイムを告白。カズがゴールを決めた試合はそれまで1次予選から全勝で「自分が点を入れて負けるっていうのはほとんどなかった」とし、「『これでW杯行けるんじゃないか』って言ってた気がするんです。あの時からもう後半に向かう中でみんなおかしかったんじゃないかって。今だったら絶対に言わないことです、ハーフタイムに。2―0で勝ってても3―0で勝ってても。そこでオフトが『シャラップ!』って言ってるんですよ、みんなに。『ちょっと静かにしろ』って」と当時日本代表を率いていたハンス・オフト監督の名前も出して後悔を語った。

    また、スタジオ出演した中山は試合中にスタンドから空き缶の投げ入れがあって試合が中断したことによりロスタイムが長くなった可能性があるとし「あれがなかったら、もしかしたら…っていうのもあるんですよ」と告白。それ以来「缶ジュースを飲んでもちゃんとごみ箱に捨てます」と話していた。

    4/7(日) 21:50配信 スポニチ
    2019-04-09_09h09_23
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190407-00000252-spnannex-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/04/09(火) 06:28:50.28
    6日の松本戦を前半で途中交代した神戸の元スペイン代表FWダビド・ビジャ(37)が8日、次節の広島戦(14日・ノエスタ)を欠場する可能性が出てきた。

    クラブ関係者は「きょう病院に行っている。次節の出場? それはまだ分からない。
    病院での結果と明日の状態を見てから」と説明。ビジャは前々節のG大阪戦(3月30日)でも右足の内転筋に違和感を訴え、後半途中にピッチを退いた。

    同関係者によると、今回も同じ箇所とみられ「1試合休んで、以降はずっと出られるようであれば無理させるところではないと思う」と、次節の起用には慎重だった。
    2019-04-09_08h53_34
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190408-00000333-sph-socc
    4/9(火) 6:13配信

    続きを読む

    urawa

    1: Egg ★ 2019/04/08(月) 20:22:11.84
    埼玉県警は8日、昨年12月にサッカー天皇杯全日本選手権決勝があった埼玉スタジアム(さいたま市)周辺でみだりに発炎筒をたいたとして、道交法違反(禁止行為)の疑いで、さいたま市南区の会社員(29)ら、いずれもJリーグ浦和レッズの男性サポーター3人を書類送検した。県警によると、スポーツ観戦に絡む発炎筒の使用を同容疑で摘発するのは全国初。

    レッズの選手が乗ったバスの出入り口付近でたかれた。大勢のサポーターが詰め掛けバスは一時立ち往生した。大会運営関係者が警備の警察官に相談。県警は他にも発炎筒を使ったサポーターがいたとみて調べている。

    書類送検容疑は昨年12月9日、埼玉スタジアム正面出入り口付近の市道で、正当な理由なく発炎筒を使った疑い。2人は容疑を認め「選手の気持ちを高めることができると思った」などと供述。1人は「よく覚えていない」と話している。

    県警交通指導課の桜木直行次席は「県内ではラグビーワールドカップや東京五輪・パラリンピックの開催が予定されている。危険行為の取り締まりを強化し、安全を確保したい」と話した。

    2019年04月08日 15:46スポニチ
    https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2019/04/08/kiji/20190408s00002011197000c.html

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/04/07(日) 20:30:20.62
    日本人GKが伸び悩むなか韓国代表クラスの守護神が多くプレー J1の9クラブに在籍
     
    9、7、2。なんの数字かというとGKの話。全18クラブで構成されるJ1リーグに、韓国人GKがいるクラブは半分の9つもある。日本人GKのみが7つで、韓国人以外の外国籍GKのいるクラブが2つだ。

    J1には韓国代表クラスのGKがずらりと並ぶ。キム・スンギュ(ヴィッセル神戸)、ク・ソンユン(北海道コンサドーレ札幌)、チョン・ソンリョン(川崎フロンターレ)、クォン・スンテ(鹿島アントラーズ)、キム・ジンヒョン(セレッソ大阪)がプレーしている。横浜F・マリノスの朴一圭は日本育ちだが、韓国籍GKとしてカウントした。ほかにキム・ミノ(サガン鳥栖)、ムン・キョンゴン(大分トリニータ)、ゴ・ドンミン(松本山雅FC)で計9人。

    それにしても多い。ちなみに韓国以外の外国籍GKはランゲラック(名古屋グランパス)とカミンスキー(ジュビロ磐田)。外国人GKの中で韓国籍は圧倒的に多い。

    2009年からC大阪で活躍するキム・ジンヒョンらの影響もあるが、Kリーグが1999年から外国人GKの所属、出場を禁止したルールが大きいようだ。韓国は自国GKの育成に成功した一方で、同様のルールがある中国には移籍できず、ヨーロッパへの移籍はかなりハードルが高い。それで優秀なGKが、日本に流れ込んできたという経緯がある。

    GKの補強は即効性がある。優れたGKは失点になるはずのシュートを防いでくれる。個人の力でチーム力を上げてくれる。だから外国人GKの補強は日本に限らず、ヨーロッパの強豪クラブの多くも外国人GKだ。

    だからといって自国のGKが育たないわけでもなく、例えば1990年代のポルトガルは外国人GKが目立っていたが、ビトール・バイーアやキム・シルバ、リカルド・ペレイラといった名手も生み出していて、ポルトガル代表のGKが弱点という事態にはなっていなかった。

    かつてGK王国だったイングランドも、今ではビッグクラブのGKは軒並み外国人選手になった。しかし2018年ロシア・ワールドカップでは、若手のジョーダン・ピックフォード(エバートン)が活躍している。外国人GKが増えると必然的に自国GKの層が薄くなるとはいえ、代表チームのGKに相応しい選手がいなくなることもないようだ。

    控えGKに外国人枠を使うのは贅沢だが…
     
    韓国代表の正GKであるキム・スンギュがいるにもかかわらず、神戸のゴールは第4節の清水エスパルス戦(1-1)から前川黛也が守るようになった。アンドレス・イニエスタ、セルジ・サンペール、ダビド・ビジャ、ルーカス・ポドルスキ、ダンクレーを起用すると外国人出場枠の5枠を使い切ってしまうからだ。

    前川は足下の技術が高く、神戸のプレースタイルに合っているということもあるだろう。横浜FM、鳥栖、松本、大分も韓国人GKはいるが日本人がレギュラーだ。控えGKに外国人枠を使うのは贅沢な感じもするが、登録が無制限になった影響はあるだろう。

    隣国とはいえ、1つの国が特定ポジションの供給源になっているJリーグは、世界的にも珍しいケースだと思う。今後もこの傾向は続くのか、GK以外のポジションでも似たような現象が起きるのか、逆に日本人選手がどこかの国のリーグで数多くプレーするようになるのか。

    すでにブンデスリーガには日本人選手が多いが、それには奥寺康彦から始まった日独のつながりという歴史があった。Jリーグの各クラブがインターナショナルな関係を築かなければならない時代はすでに到来していると見るべきだろう。

    4/7(日) 20:10配信 FOOTBALL ZONE WEB
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190407-00181453-soccermzw-socc&p=1

    写真
    no title
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/04/07(日) 18:05:12.23
    日本代表森保一監督(50)が7日、ホームのアビスパ福岡戦で先発したJ2横浜FCのFWカズ(三浦知良、52)に尊敬の念を示した。

    この日、J2愛媛-岐阜を視察した同監督は試合後に取材対応。自身が持つJリーグ最年長出場記録を52歳1カ月12日に更新したカズに対して「ほんと良く動けるなって思いますよ、驚きと尊敬です。私より2つ上の先輩が、まだ現役でいると思うのは自分のことを考えるとすごいなと思います」と驚嘆した。

    森保監督自身も、金曜日から鹿島-名古屋、札幌-大分、愛媛-岐阜と3日間とも日帰りで視察行脚。移動だけでも大変だが「いい試合見られるというところで試合会場に足を運ばせていただいている」と謙虚だった。

    この日は東京五輪世代の愛媛MF神谷とMF長沼を視察。愛媛の先制点は長沼のクロスからで、神谷は2点目を絶妙なパスでアシスト。2-0の勝利に導いた2人については「東京五輪世代の選手がチームの中で積極性を持ってプレーしている、チャレンジしている姿勢を見られて良かった」と満足そうにし、会場を後にした。
    2019-04-07_19h56_01
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190407-04070675-nksports-socc
    4/7(日) 17:59配信

    https://www.nikkansports.com/soccer/jleague/j2/score/2019/2019040707.html
    試合スコア
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/04/07(日) 01:13:33.23
    <明治安田生命J1:札幌1-2大分>◇第6節◇6日◇札幌ド

    シンデレラボーイの躍進が止まらない。大分トリニータが北海道コンサドーレ札幌を2-1で下した。
    FW藤本憲明(29)が今季6点目を決め、リーグ単独最多に躍り出た。

    日本代表の森保一監督(50)が視察する中、前半2分に先制点を奪い、チームを4位に浮上させる勝利に貢献した。

    世代別代表経験がなく、JFLからJ1まで上り詰めた苦労人のサクセスストーリーに、続きを期待させる1発となった。

       ◇   ◇   ◇   

    藤本の“持ってる”ぶりは、この日も発揮された。試合開始間もなくだった。
    右クロスをファーサイドのMF星がゴール前へ折り返した。「めちゃめちゃいいパスが来て、合わせるだけだった」と話す左足シュート。

    1分12秒で奪った今季6点目で、対戦した札幌MFアンデルソン・ロペスと並んでいた得点ランキングで、単独首位に立った。

    前半26分には、藤本に送られたパスをクリアしようとした相手のオウンゴールを誘い、勝利を決する2点目を引き出した。

    視察した日本代表の森保監督は「6点取ってて、クロスの入り方、カウンターになった時の準備、相手が嫌がる動きだしができる選手だと思った」とうなずいた。

    「日本代表の経験がない選手、苦労して結果を出した選手には、そういうチャンスを与えたいと思う」とも言い、世代別代表の経験もない29歳が、日の丸を背負う可能性にも触れた。

    そんな指揮官の期待をよそに、本人はマイペースを貫く。視察にも今後の代表入りにも、無関心の姿勢だ。「代表入ったことあったら意識するかもしれないけど、入ったことないので。入ったらラッキーって感じで」とおどけた。

    近大卒業後にプレーしたJFLから各カテゴリーを経て、今季J1へステップアップしたばかり。得点王も「目指したことない。1試合1点取ることの方が重要」。昇格チームのエースは、まだまだ高みへ羽ばたくはずだ。

    https://www.nikkansports.com/soccer/news/201904060001078.html
    [2019年4月6日20時27分]

    no title

    no title


    https://www.nikkansports.com/soccer/jleague/j1/data/ranking/
    得点ランキング

    https://www.nikkansports.com/soccer/jleague/j1/score/2019/2019040601.html
    試合スコア

    https://www.youtube.com/watch?v=4AwVy23_RlA


    【公式】ゴール動画:藤本 憲明(大分)2分 北海道コンサドーレ札幌vs大分トリニータ 明治安田生命J1リーグ 第6節 2019/4/6

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ