海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    カテゴリ: Jリーグ

    1: Egg ★ 2019/01/19(土) 01:25:15.47
    サッカーのJ1神戸は17日、元日本代表DF伊野波(33)の退団を発表した。神戸は伊野波について「契約満了に伴い、2019シーズンの契約を更新しないことが決まりました」と報告。伊野波は「ヴィッセル神戸のファン、サポーターの皆さま、応援いただきありがとうございました」と短い談話を出した。

    2014年W杯ブラジル大会日本代表DFでもあった伊野波は実業家X氏とともに、08年の北京五輪代表MF梶山陽平氏(33=現J1FC東京普及部コーチ)と一般男性の2人から東京地裁へ民事提訴され、係争中であることが昨年12月14日発行の本紙報道で明らかになった。

    梶山氏と一般男性は、X氏が運用する投資を伊野波から勧められて始めたが全額を消失したとして、梶山氏は2750万円、一般男性は9350万円の支払いを伊野波とX氏に求めた訴訟が昨年12月4日から始まっていた。元代表DFが五輪代表MFに訴えられる前代未聞の法廷バトルだ。

    神戸の新シーズンの始動日である17日に伊野波の契約満了が発表され、ネット上は「このタイミングで退団って」「投資トラブルが要因かな」などとざわついた。伊野波の退団と投資トラブルの関連性は不明だが、コンプライアンスに厳しいご時世だけに、神戸が問題視した可能性はある。

    この裁判では動きがあった。関係者への取材を総合すると、梶山氏は提訴を取り下げ、一般男性のみが伊野波、X氏と係争中の構図になったという。もともと訴訟の提起を主導したのは、梶山氏ではなく被害額が大きかった一般男性だったとされる。昨年12月の本紙報道で投資トラブルが明るみに出て、驚いた梶山氏は“伊野波もX氏に利用された面はある”と翻意して原告から降りたと考えられる。

    とはいえ、伊野波が抱える裁判はまだ続く。投資トラブルの代償は小さくなかった。

    1/18(金) 16:51配信 東京スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00000040-tospoweb-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/01/19(土) 01:55:43.03
    スペイン人FWイサーク・クエンカのサガン鳥栖加入はほぼ間違いないようだ。同選手が自身のSNSではっきりとしたメッセージを発している。バルセロナの下部組織出身で現在はスペイン2部のレウスに所属しているクエンカは、この数日、鳥栖への移籍が話題になっていた。

    スペイン『ムンドデポルティボ』は18日、「27歳のクエンカは金曜日にサインをした」と報道。契約期間は3年間で、1年の延長オプションがついているとのことだ。まだ公式発表はないが、クエンカの『インスタグラム』をのぞくと、プロフィール画像がサガン鳥栖のエンブレムになっている。どうやら正式な発表は近そうだ。

    1/19(土) 1:48配信 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190119-00305583-footballc-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/01/17(木) 12:54:30.71
    ヴィッセル神戸は17日、元日本代表DF伊野波雅彦と2019シーズンの契約を更新しないことを発表した。

    伊野波は宮崎県出身の33歳。2006年に阪南大学からFC東京に加入すると、鹿島アントラーズ、ハイデュク・スプリト(クロアチア)、ジュビロ磐田を経て、2016年に神戸に加入した。2018シーズンの明治安田生命J1リーグでは10試合に出場。日本代表としては21試合に出場して1得点を記録している。

    伊野波は神戸を通じて「ヴィッセル神戸のファン、サポーターの皆さま、応援いただきありがとうございました」とコメントを残した。
    2019-01-17_13h30_06
    1/17(木) 11:37配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190117-00010002-goal-socc

    続きを読む

    20150115-028(クラブエンブレム)

    1: Egg ★ 2019/01/16(水) 23:31:53.53
    元バルセロナでレウスのFWイサック・クエンカ(27)が、J1サガン鳥栖でプレーすることを決めたとスペイン紙ASが報じた。

    鳥栖の監督に就任したルイス・カレーラス氏とは10-11年シーズンにプレーしたサバデル時代に師弟関係だったという。

    1/16(水) 22:13配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190116-00449186-nksports-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/01/16(水) 17:22:39.81
    J1の浦和は16日、さいたま市内で2019シーズン加入記者会見を行い、C大阪から移籍したFW杉本健勇(26)ら8選手を紹介。杉本は「リーグとACL2つとれるように頑張りたい」と目標を掲げた。

    赤いユニホームに袖を通し、「国内で移籍するなら浦和レッズだと勝手ながら思っていました。うれしいです」と感想を語った杉本。「競争が激しいのはもちろん分かっている。自分のないものを持っている選手からも吸収して、いいものを盗みながら成長したい」と覚悟を語った。

    背番号は好きなヨハン・クライフにあやかった「14」。浦和では昨季限りで引退したMF平川忠亮(39)=今季からユースコーチ=が17年間背負っていた番号とあって、平川に電話であいさつしたことを明かした。

    「レジェンドの番号。自分が活躍しないと、この番号の価値は下がってしまう。平川さんの魂を引き継いで頑張りたいと思います」と気を引き締めた。

    FWとして期待されるのは得点力。「具体的な数字は決めたくない。だけど、Jリーグ、ACL、ルヴァンも天皇杯も取るためには、圧倒的な得点力が必要。そこには必ず貢献したい」と約束した。

    また、この日発表された新加入選手の背番号は、DF鈴木大輔=4、DF山中亮輔=6、MF汰木(ゆるき)康也=24、DF岩武克弥=28、GK石井僚=32、MF池高暢希=33、DF大城蛍=34

    http://news.livedoor.com/article/detail/15880549/
    2019年1月16日 15時34分 デイリースポーツ

    no title

    浦和に新加入した(左から)MF汰木、DF岩武、DF山中、DF鈴木、FW杉本、DF大城、MF池高、GK石井

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/01/16(水) 13:45:50.65
    J1横浜F・マリノスは16日、神戸で昨季プレーしたDFティーラトン(23)を期限付きで獲得することが内定したと発表した。メディカルチェックを経て問題なければ正式契約となる。

    ティーラトンはクラブを通じ「(加入に)非常にうれしい気持ちでいっぱいです。クラブの勝利のために、日々のトレーニングから自分自身のベストを尽くしていきたいと思います」とコメントした。

    タイ1部ムアントンに所属するティーラトンは現在、タイ代表としてアジア杯に参加している。国際Aマッチ58試合出場、5得点。
    2019-01-16_18h20_50
    1/16(水) 12:56配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190116-00448355-nksports-socc

    続きを読む

    jubilo

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/01/16(水) 06:50:26.19
    J1磐田がルクセンブルク代表FWジェルソン・ロドリゲス(23)=シェリフ=を獲得することが15日、濃厚になった。

    入団が決まれば同国籍のJリーガーは初。主戦場は右ウィングだがサイドバックもでき、攻守にわたって献身的なプレーが持ち味という。188センチの長身での空中戦とドリブル突破にも期待がかかる。昨年はモルドバのシェリフで欧州CL予選にも出場。磐田は昨季リーグで下から2番目の35得点だけにゴール増の起爆剤となる。

    ◆ジェルソン・ロドリゲス 1995年6月20日生まれ。23歳。FW。
    ルクセンブルクでプロ生活を始め、昨年からモルドバのシェリフでプレー。同代表デビューは17年ロシアW杯欧州予選・フランス戦。同代表通算13試合無得点。188センチ、82キロ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00000299-sph-socc
    1/16(水) 5:12配信

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/01/15(火) 19:55:18.93
    楽天株式会社は15日、ヴィッセル神戸に所属する元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキと4年間にわたるパートナーシップ契約を締結したことを発表した。

    ポドルスキは今後、楽天のグローバル・ブランドアンバサダーとしても活躍することが決まった。パートナーシップ契約は、ドイツを中心に、Eコマース事業、独自コンテンツの配信、メッセージングアプリ「Rakuten Viber(楽天バイバー)」の活用、ポドルスキ選手が自国ドイツで行っているチャリティー活動の支援など、様々な分野を網羅することとなる。

    パートナーシップ契約締結を受けて、楽天の代表取締役会長兼社長を務める三木谷浩史氏が公式HPでコメントを発表した。

    「ルーカスはまさに、日本のサッカーに変革をもたらしてくれた選手です。日本に住んでプレーするには勇気が必要だったと思いますが、ルーカスが先陣を切ってくれたおかげで、多くのトップクラスのサッカー選手が日本に来るようになったのではないでしょうか。

    彼の勇気ある決断と、ヴィッセル神戸への継続的な貢献には本当に感謝しています。ルーカスとパートナーシップを組み、彼に楽天のブランドアンバサダーという新たな役割を担ってもらえることが楽しみでなりません。

    イノベーションへの情熱と、若い才能をエンパワーメントしたいという私たちに共通する想いは、この取り組みを特別なものにするでしょう」

    また、ポドルスキも以下のようにコメントを発表している。

    「楽天とのパートナーシップは、現在サッカーをプレーしている日本と、母国であるドイツを結び付けるものであり、私にとって大きな意味があります。三木谷社長が楽天で築き上げてきたことや、追求しているビジョンに感銘を受けるとともに、そこに関わっていけることを光栄に思います」

    1/15(火) 17:03配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00892858-soccerk-socc

    写真
    no title
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ