海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:なでしこ

    1:shake it off ★:2018/08/10(金) 09:20:59.37 ID:CAP_USER9.net
    日本サッカー協会が、20年東京五輪以降になでしこリーグをプロ化する計画を立てていることが9日、分かった。先月26日の理事会で女子担当の佐々木則夫理事(60)が約30分間をかけて提案した。森保体制を承認する大事な会議だったが、監督承認の2倍以上の時間を女子のプロ化協議に割いた。各理事の反応も前向きで、21年か22年の実現に向けて第1歩を踏み出した。

    低迷するなでしこの復活へ、日本協会が動きだした。田嶋会長から、なでしこの活性化を命じられた女子委員会を中心に「プロ化」の改革がスタートした。その第1歩が理事会でのプレゼンだった。なでしこ前監督の佐々木理事がパワーポイントなどを用いて、プロ化への必要性を訴えた。

    佐々木理事は「プロへの移行時期は東京五輪の後のタイミングがいいと思う。(説明を受けた)各理事も理解を示してくれていると感じた」と話した。佐々木理事は21年移行を主張し、女子委員会などは、準備期間を十分に設けて22年移行を計画していることから、今後、時期の調整など、プロ化に向けた話し合いが繰り返される見込みだ。

    アマチュアリーグのなでしこリーグは、女子代表が11年W杯ドイツ大会で優勝したことで、飛躍的に発展した。10年に平均観客数912人から、11年は2796人と市場規模が拡大。それぞれのチームにスポンサーが付き、リーグを応援する会社も増えた。わずかだがプロ契約を結ぶ選手もいる。しかし昨季は1000人を切る節があるなど、徐々に低迷している状況だ。

    この打開策はプロ化しかないと判断した。地域密着で地元企業やファンの後押しを受け、個々がプロ選手としての自覚を持つことで、競技レベルが向上できれば、再び注目されると期待しているようだ。女子サッカーの活性化は、サッカー文化の定着にもつながるだけに、今後本腰を入れて協議を重ねていく。
    2018-08-10_10h40_27
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180810-00294780-nksports-socc
    続きを読む

    1:金魚 ★:2018/03/06(火) 18:23:47.53 ID:CAP_USER9.net
    元サッカー女子日本代表で、タレントの丸山桂里奈(34)が、2日深夜放送の「坂上忍と○○の彼女」(日本テレビ系)にゲスト出演。過去の恋人の職業や、自身が“攻め”気質であることを暴かれた。

    テレビなどで自身の恋愛についてあけすけに語っている丸山は、この日も“絶舌調”。今は「彼氏はいない」としながらも、職場恋愛の話題になると「例えばJリーガーの方と付き合っていて…」と自ら切り出し、

    「その人が私の試合を見にくると、“何点決めるね”とか言って頑張れる。なので、私は付き合っていた方が頑張れるタイプ」と明かした。

    するとMCの坂上忍はすかさず、「そのJリーガーはさ、“今日、桂里奈が来てくれたから、2点取るね”とか言うと、本当に取るの?」と質問。

    丸山が「取ります」と即答すると、「ということは(元彼は)FWだ」と“名推理”を展開した。

    さらに坂上が「やっぱりFW同士の方がいいの?」とツッコむと、丸山は「いいと思いますね。お互いに攻め合って、攻めるのが合致する」と“迷解説”。坂上は「あなたがしゃべると全部、下ネタに聞こえる」と苦笑した。

    丸山は恋愛でのアプローチの仕方も公開。それは手紙を書くことで、「カッコいいので、今度食事に行ってください」などとしたためるという。

    しかし、以前は「料理ができない。掃除もしない。顔もそんなによくない」男性とも交際していたとか。理由は相手が「サッカーの代理人だった」から。あまりに赤裸々な告白に、坂上も「誰も聞いてない」とあきれた。

    番組終盤、丸山は好きな男性のタイプに「面白い人」を挙げた。坂上が「芸人さんと付き合っていたときは面白かった?」とまたもや誘導尋問すると、丸山は「面白かったですね」と簡単に引っかかり、「坂上さん、本当ダメですって!」と大困惑。同じくゲストのいとうあさこ(47)が「えー?誰?超知りたい!最初の文字だけでも」とせがむも、正体が売れっ子なのか、丸山は「これは絶対ダメです!」とかたくなに拒んでいた
    2018-03-06_21h05_06
    https://www.zakzak.co.jp/ent/news/180305/ent1803055796-n1.html?ownedref=genretop_not%20set_newsTop
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/20(火) 23:49:02.92 ID:CAP_USER9.net
    サッカーの元日本女子代表FW丸山 桂里奈(34)が20日、日本テレビ系「踊る!さんま御殿!!」(火曜後7・56)にゲスト出演。元日本代表にもかかわらず、オフサイドを理解していなかったと告白した。

    番組ではゲストが「インテリ軍団」と「ノットインテリ軍団」に分かれ、司会のタレント、明石家さんま(61)とトークを展開。後者として登場した丸山は、「我ながらおバカ過ぎてイヤになった事」との話題で、「サッカーのルールでオフサイドってあるんですけど、それがずっと理解できなくて…」とまさかの告白を行った。

    代表戦で「ペナルティーエリア外からのフリーキックでポストのところに立っていた」とのエピソードを紹介。続けて「夜のミーティングでとんでもないことをした人がいると言われ、ビデオに映されてすごい怒られた」と明かした。

    丸山は当時を振り返り、「キーパーに指をさされた気がする。私は気配を消してそこに(ポスト)行ったのに、『なんでここに(ボールが)来なかったんだろう』と思いながらプレーしていた」と語った。

    2017年6月20日 22時11分 サンケイスポーツ
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13229860/

    写真
    続きを読む

    1:あちゃこ ★@\(^o^)/:2016/12/07(水) 19:49:37.52 ID:CAP_USER9.net
    日刊スポーツ 12/7(水) 19:10配信

    女子日本代表候補が7日、静岡市内で、高校サッカーの名門、静岡学園と練習試合(30分×3本)を行い、0-12で敗れた。

    練習試合とはいえ、男子高校生相手に2桁失点で完敗するのは珍しいこと。相手のスピードとパワーに圧倒され、ほとんど攻撃できないまま時間だけが経過した。

    高倉麻子監督(48)は「静学だったので、つないで来ると想像していたが荒いというか…パワーがあって速いサッカーできたので対応が難しくなった。(結果は)残念ですが、男子の力を借りて勉強できる」と前を向いていた。
    2016-12-07_21h16_46
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161207-01748750-nksports-socc
    続きを読む

    2015-10-14_17h50_28
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ