海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:なでしこジャパン

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/13(金) 17:58:16.59 ID:CAP_USER9.net
    日本サッカー協会(JFA)は13日、日本女子代表(なでしこジャパン)候補メンバー29名を発表した。MF阪口夢穂やDF鮫島彩、DF熊谷紗希ら既存メンバーに加え、MF長谷川唯やFW籾木結花といった昨年のU-20女子W杯に出場したメンバーら4人を初招集した。

    DF京川舞やMF猶本光といった若手選手も多数招集され、なでしこジャパンの高倉麻子監督が話していた「本当の意味でのサバイバル」が始まることになりそうだ。

    同メンバーは20日から24日まで都内で合宿を行う予定でいる。

    ▽監督
    高倉麻子

    ▽コーチ
    大部由美

    ▽GKコーチ
    大橋昭好

    ▽フィジカルコーチ
    広瀬 統一

    ■選手
    ▽GK
    山根恵里奈(千葉L)
    池田咲紀子(浦和L)
    山下杏也加(日テレ)
    平尾知佳(浦和L)

    ▽DF
    鮫島彩(I神戸)
    有吉佐織(日テレ)
    川村優理(仙台L)
    熊谷紗希(リヨン)
    國澤志乃(長野L)
    京川舞(I神戸)
    高木ひかり(ノジマ)
    ※北川ひかる(浦和L)
    ※市瀬菜々(仙台L)

    ▽MF
    上尾野辺めぐみ(新潟L)
    阪口夢穂(日テレ)
    宇津木瑠美(シアトル・レイン)
    中島依美(I神戸)
    杉田亜未(伊賀)
    佐々木繭(仙台L)
    猶本光(浦和L)
    中里優(日テレ)
    ※長谷川唯(日テレ)

    ▽FW
    有町紗央里(仙台L)
    菅澤優衣香(千葉L)
    千葉園子(ASハリマアルビオン)
    横山久美(長野L)
    田中美南(日テレ)
    増矢理花(I神戸)
    ※籾木結花(日テレ)
    2017-01-13_20h05_59
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170113-01635841-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/06/03(金) 12:34:39.09 ID:CAP_USER9.net
    no title
    【スコア】
    アメリカ女子代表 3-3 なでしこジャパン

    【得点者】
    0-1 14分 岩渕真奈(なでしこジャパン)
    0-2 22分 大儀見(永里)優季(なでしこジャパン)
    1-2 27分 アレックス・モーガン(アメリカ女子代表)
    2-2 64分 アレックス・モーガン(アメリカ女子代表)
    3-2 89分 リンジー・ホラン(アメリカ女子代表)
    3-3 90+3分 横山由依(なでしこジャパン)

    アメリカ
    ソロ;サウアーブラン、オハラ、クリンゲンバーグ(74分クリーガー)、ジョンストン、ピュー、ブライアン(61分ホラン)、ロング、モーガン、ダン(61分プレス)、ヒース(84分メウィス)

    日本
    山下杏也加;有吉佐織、村松智子、熊谷紗希■、佐々木繭(81分中里優)、宇津木瑠美(46分川村優理)、中島依美、阪口夢穂、千葉園子(62分増矢理花)、大儀見優季■■■(57分)、岩渕真奈(56分横山久美)

    http://www.foxsports.com/soccer/boxscore?id=26754

    ■[ 第2戦 ] 6/6(月) 2:00? フジテレビ
    NEXT 6/5(日) 13:00キックオフ(現地時間)
    アメリカ女子代表 VS なでしこジャパン(日本女子代表)

    http://www.jfa.jp/nadeshikojapan/20160602/tv.html#pankz

    >>2以降につづく
    続きを読む

    1:シャチ ★@\(^o^)/:2016/05/09(月) 10:20:05.42 ID:CAP_USER9.net
    スポーツ報知 5月9日(月)10時2分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160508-00000274-sph-socc
    なでしこ期待の美人GKが、デビューへの階段を上っている。なでしこリーグ・INAC神戸は、GKスタンボー華(17)=JFAアカデミー福島=を4月に特別指定選手として登録した。米国人の父と日本人の母を持つ175センチの長身GKは、リーグ戦6試合連続でベンチ入り。なでしこの未来を担う17歳が、猛練習の日々を過ごしている。

    緑のピッチにまばゆい笑顔を輝かせた。特別指定選手のINAC神戸GKスタンボーは、胸に手を当て自己紹介。「スタンボー華と言います。よろしくお願いします」。明るいスマイルが印象的なチーム最年少の17歳。「ちょっとずつ、慣れてきた。かわいがってもらっています」と充実した毎日を振り返った。

    川澄、大野ら代表選手がずらりと並ぶチームの練習に参加して1か月以上が経過した。「ついて行くのに必死。その中でも上を目指していく」。あどけない笑顔の奥にあるのは、熱い闘争心。ミニゲームでは声を張り上げ指示を出し、175センチの長身で相手にプレッシャーをかける。「反射神経はあると思う」。1対1の場面で強さを発揮し、持ち味を猛アピールしながら成長中だ。

    若手主体で臨む6月からのカップ戦で出場が期待され、リーグ最終戦(10月23日)の登録期間内に結果を残せば正式加入の見通し。「『いらない』ってなるのだけは避けたい。負けないようにしたい」。学校のある静岡に拠点を置くため、クラブの練習に参加するのは主に木曜日以降。チーム内で「ぶっ飛んでいる」と言われるほど底抜けに明るい性格の“週末ヒロイン”は、神戸市内の練習場で懸命に汗を流している。

    昨年5月に糖尿病などを患っていた父バノンさんが、帰らぬ人に。「もっと早く安定して代表に入っていたら…。後悔している」。13年にU―16、15年にU―19の日本代表候補に入ったが、継続して日の丸を背負うことはできず。「今でも時々悲しくなる。それでも、前を向いていかないと」。なでしこで花を咲かせる姿を天国の父に届けたい―。つぶらで大きな瞳には、数年後に代表の
    ゴールマウスを守る自分が映っている。(浜田 洋平)

    ★生まれとサイズ 1998年12月24日、東京・昭島市生まれ。17歳。175センチ、68キロ。
    右利き。血液型AB。

    ★サッカー歴 兄の影響で小1から「拝島第二小FC」でサッカーを始め、ポジションはGK。中1からJFAアカデミー福島(静岡)に所属。2013年にU―16、15年にU―19の日本代表候補に選出。16年4月にINAC神戸の特別指定選手として登録。
     
    ★ニックネーム スタンボー、ボーちゃん、おはな。「スタンボー」はドイツ系の姓。
     
    ★天然キャラ 芝をぬらすためにピッチに水をまくよう指示を受け、飲料用のドリンクをまこうとした。
     
    ★女優・能年玲奈似!? ネット上で似ていると話題になったが、本人は否定。「言われて悪い気はしないけど、似てないです。学校の男子にも『絶対ない』って言われた。似てると聞いた人が私を見てガッカリすると、申し訳ない」
     
    ★英語力 米国人の父の影響で相手の話す内容は理解できるが、話せない。
     
    ★家族 母、兄、妹。
     
    ◆特別指定選手制度 選手として最も成長するユース年代に、組織や連盟等の垣根を越え、個人の能力に応じた環境を提供することを目的とする制度。日本女子サッカーリーグに加盟していないチームに所属する各年代の日本女子代表選手、またはそれに準ずるレベルの選手の中から、日本サッカー協会女子委員会が指定。所属チーム登録のまま、リーグ加盟チームで活動し、試合出場することができる。

    画像 INAC神戸のGK・スタンボー華

    続きを読む

    1: 備長炭Z ★@\(^o^)/ 2016/04/09(土) 14:00:18.58 ID:CAP_USER*.net
    no title
    アメリカvsなでしこのチケット、わずか10分で完売に

    アメリカ女子代表と日本女子代表との親善試合のチケットが、わずか10分でソールドアウトになったと『foxsports』が伝えている。



     この試合は6月2日にコロラドで行われる予定。デンバーにあるディックス・スポーティング・グッズ・パークの18,000席分がわずか10分間で全て売り切れになったとのこと。



    立見席が1,000席追加されたそうだが、それでも全く足りなかったとされている(計19,000人分が即売れ?)。それほどまでに、昨年のW杯王者であるアメリカ女子代表は国内で人気を集めているようだ。

    また、アメリカとなでしこは近年ライバル関係を形成してきたことから、これほどの注目が集まっても驚きではないと伝えられている。

    デンバーはMLSコロラド・ラピッズの本拠地。同チームは強豪とはいえないが、ティム・ハワード(合流は7月以降)とジャーメイン・ジョーンズというビッグネームを獲得したこともあり、サッカー熱が高まりつつあるようだ。

    なでしこは先月リオ五輪のアジア最終予選で敗退し、佐々木則夫監督が退任。まだ後任は発表されていないが、この試合が新体制の初陣になるものと見られている。

    Qoly 2016/04/09 07:50 編集部
    http://qoly.jp/2016/04/09/uswnt-vs-japan-sells-out-in-just-10-minutes

    なでしこジャパン(日本女子代表) 6月2日にアメリカ・コロラドでアメリカ女子代表と対戦|日本サッカー協会
    http://www.jfa.jp/nadeshikojapan/news/00009336/
    国際親善試合
    アメリカ女子代表 対 なでしこジャパン(日本女子代表)
    試合日時:2016年6月2日(木) 19:00キックオフ(現地時間)
    開催地:アメリカ コロラド州 コマースシティー / Dick’s Sporting Goods Park
    ※試合のテレビ放送および遠征スケジュール等は、決定次第改めてお知らせいたします。


    日本とコロラド州の時差・現地時間 LOCALTIME.JP
    http://www.localtime.jp/usstates/colorado/
    >日本とコロラド州の時差は-16時間
    >サマータイム期間中の時差は-15時間
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1460178018/

     
    続きを読む

    f268288e-5650-4543-81e7-1e42704ead06
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 15:16:10.68 ID:CAP_USER*.net
    なでしこジャパンの佐々木則夫監督(57)が18日、東京・本郷のJFAハウスで退任会見に臨んだ。

    冒頭「女子の指導者として11年、監督として9年、これまで選手たち、協会とともに世界を目指して仕事ができたことを誇りに思います。最終的にはリオ五輪出場という結果は出せませんでしたが、充実した11年間でした。

    サッカーの指導者としてこういう経験ができて、自分にとって宝物です。今後どんな道に進むか分からないが、プラスになると確信して、新しいステージに向けて頑張りたい」と話した。

    同席した日本協会大仁会長は「今回は残念でしたが、それまでの戦績はすばらしいものがありました。11年のW杯で優勝、ロンドン五輪、カナダW杯で準優勝。

    今回の成績でその功績が色あせるものではない。

    なでしこスタイルを確立し、最近はそれを世界がまねしてきている。女子のサッカーを佐々木監督が変えたと思っている。

    日本をまねて各国が進歩してきたことで、今回の予選がこういう結果になったとも言える。功績は大きなもの。しばらく休んでいただけるか分かりませんが、感謝申し上げたい」と話した。

    日刊スポーツ 3月18日(金)14時30分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160318-00000083-nksports-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1458281770/

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/03/10(木) 06:58:38.36 ID:CAP_USER*.net
    元なでしこジャパン主将の澤穂希さん(37)が、政界の道を断って女子サッカー界の発展に貢献することが9日、分かった。

    昨年末に自民党からの出馬要請を辞退していたことが判明。なでしこジャパンの次期監督に、旧知のU-20(20歳以下)女子日本代表・高倉麻子監督(47)が就いた場合、指導者として支える考えがあることも明らかになった。

    新婚生活との兼ね合いも考慮しながら、20年東京五輪に向けた日本の復権を目指す。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160310-00000004-nksports-socc
    日刊スポーツ 3月10日(木)6時10分配信

    no title
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1457560718/

     
    続きを読む

    news_184714_1
    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2016/03/09(水) 21:28:24.58 ID:CAP_USER*.net
    リオ五輪女子アジア最終予選

    3/9金鳥スタ 19:35 KICK OFF 第5節

    日本 1-0 北朝鮮

    得点者
    [日]岩渕真奈(80分)

    左サイドの有吉が縦パスでスイッチを入れ、PA内左で受けた横山がすぐ後ろの宮間へ落とす。
    宮間がダイレクトで左足のクロスを送ると、ファーサイドの岩渕がヘディングでゴール右に押し込み、日本が先制に成功

    http://web.gekisaka.jp/news/detail/?184714-184714-fl
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1457526504/

     
    続きを読む



    201603030003-spnavi_2016030300012_view
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/03/09(水) 16:13:37.60 ID:CAP_USER*.net
    【前園真聖「ゾノの焦点」】リオ五輪予選の戦いぶりを見ると、なでしこジャパンの再構築にはかなり大胆な改革が必要ではないでしょうか。 

     大会前にも触れましたが、2011年ドイツ女子W杯優勝以降、現在まで日本の主力メンバーに大きな変更はありません。結果、イレブンのまとまりがあった一方で、戦い方はマンネリ化。チームとしての伸びしろがありませんでした。

    逆に他国はフレッシュな選手が加入し、勢いも十分。この差が五輪予選で勝てなかった要因と考えています。 

     だからこそ、チーム再強化には4年後を見据えた戦略が欠かせません。まずは世代交代を実現させるため、完全にフラットな状態から再始動するべきです。

    これまでのように実績十分の主力選手がチームに居座っていては、若返りは不可能。あえて25歳以下などの制限を設けた若手中心のチーム編成が求められます。 

     なぜ極端な策が必要かといえば、女子の場合、所属クラブで世界と戦う機会が少ないからです。男子と違って、常に外国勢と対戦するナショナルチームでしか国際経験を積めません。そこで女子代表に若手を積極登用し、世界と競わせる。その過程で飛躍的な成長を遂げる次世代の選手が出てくるはずです。 

     アジア強豪国との差を埋めるには、すぐにでも取り組まないと、なでしこジャパンの再建は間に合わないでしょう。(元日本代表MF)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160309-00000043-tospoweb-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1457507617/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/03/09(水) 09:55:07.77 ID:CAP_USER*.net
    リオデジャネイロ五輪出場を逃したなでしこジャパンは9日、アジア最終予選最終戦で北朝鮮と対戦する。

    8日に堺市内で最後の練習を実施した佐々木則夫監督(57)はベストメンバーで勝利にこだわる姿勢を強調した。今大会後に退任する指揮官とともに代表引退を示唆する選手もおり一時代を築いた佐々木ジャパンはついに区切りを迎える。

     春の穏やかな陽気とは裏腹に、指揮官も選手も胸中は揺れていた。今大会限りで退任する佐々木監督が指揮を執る最終戦。リオデジャネイロ五輪出場権を逃したことでこのメンバーで戦うのは最後となる。全てを理解した上で佐々木監督は譲れない一点を強調した。

     「勝つというスタート(メンバー)でいく。結果的に消化試合だが、代表として戦うことをかみしめ勝負にこだわる。勝たないと皆さんもウダウダ言うし…」

     最後は笑いながら皮肉を口にしつつ、必勝を期した。選手も異論はない。守備ラインを統率してきたDF岩清水は「今まで長い間やってきたメンバーとは最後になる。自分もこの大会…」と何かを言いかけ、のみ込んだ。 

    そして「それは分からないが最後、笑顔で終われたらと思う」と代表引退を覚悟しているかのように語った。ベトナム戦後、今後の代表活動について「今言うことではない」と踏み込まなかった宮間はこの日、「目の前の試合に全力を尽くすだけ。今、できるのは目の前の1試合を全力で勝つこと」と誓った。

     澤穂希さんでさえ、「代表引退」を自ら口にしなかった。なでしこのメンバーには「代表は監督が決めること。自分から引退を決めるものではない」との思いがある。ただ、同じ失敗は許されない19年W杯フランス大会、20年東京五輪へ向け、大幅な刷新が予想される。ベテラン選手にとっては実質的な代表引退試合となる可能性は高い。

     佐々木監督の初陣は08年2月の東アジア選手権。相手はくしくも北朝鮮だった。「逆転勝ち(3―2)でスタートした。学んだことはいろいろある」。栄光も屈辱も味わった佐々木ジャパン。最後を勝利で締めくくり、次の体制へバトンタッチする。
    2016-03-09_10h56_47
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160308-00000154-spnannex-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1457484907/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/03/08(火) 12:28:22.84 ID:CAP_USER*.net
    女子リオデジャネイロ五輪アジア最終予選:日本6-1ベトナム>◇7日◇金鳥スタ

    <凋落なでしこ(上)>

     女子日本代表なでしこジャパンが、リオデジャネイロ五輪アジア最終予選で敗退し、4大会連続の五輪出場を逃した。ベトナムを6-1で下して意地の初勝利を挙げたが、出場2枠がオーストラリアと中国で確定。女子が五輪出場を逃すのは00年シドニー大会以来16年ぶりとなった。

    昨季限りで現役引退した澤穂希さん(37)を大黒柱に、11年W杯ドイツ大会で初優勝するなど栄光の時代を築いたなでしこに何が起きたのか。「凋落なでしこ」と題し、衰退の理由を3回連載で探る。

    思えば、あの時から敗退の予兆はあった。昨年末、監督の佐々木の耳に澤引退の一報が舞い込んだ。「リオ五輪で勇退」という臆測もあり、思わず漏らした。「誤算。リオに連れていくつもりだった」。迎えた最終予選。

    「ポスト澤」として昨年のW杯カナダ大会でブレークした宇津木(モンペリエ)は体調不良で選外。川村も中国戦で痛恨のバックパスミスを犯した。

    プレー以上に大きかったのは、精神的支柱が抜けた穴だった。澤は、主将の宮間と若手選手の間を埋められる無二の存在。間はピッチ上の指揮官として、時に佐々木の要求すら突き返すほど気が強く、自分にも他人にもスキを与えない。

    ある若手は苦笑いする。「厳しすぎ。みんな萎縮しちゃって、何も宮間さんには言えませんよ」。反対に、宮間からすれば「甘すぎる」となる。溝は深かった。

    そこで潤滑油として働いていたのが澤だった。11年W杯優勝を契機に宮間へ主将を引き継いだ後、自宅に招いて手料理を振る舞い「私がみんなとの間に入るから。あやは好きなように引っ張って」と背中に手を回した。

    15年W杯ではベンチからチーム全体を見渡し、練習でサブ組から激しく突き上げた。佐々木と負傷離脱寸前だった岩渕の話し合いも取り持ち、正確な意思疎通にも一役買っていた。

    その存在を失ってから初めての大会。澤から10番を受け継いだ大儀見は気負いすぎたのか、連日、取材エリアでチームメートへの苦言を呈するようになった。4日中国戦に敗れた後は「ピッチに立つ以前の問題」と泣き、怒りの矛先を仲間に向けた。

    ところが、これらの手厳しい言葉はチーム内で1度も発していなかった。ある選手は、いつも報道を通じて伝わる大儀見の批判に首をかしげる。「話す場所が違うでしょ」と。

    FIFA年間女子最優秀選手賞に、W杯MVPと得点王。「苦しい時は私の背中を見て」とまで言ったレジェンドは代えの利かない存在だった。澤がいないところでは、ミスした選手に陰で詰め寄る選手も出てきたという。「みんなの前で謝罪してよ。気が済まないから」。頂点からの、必然の瓦解(がかい)だった。

    シドニー五輪に出場できず、絶対に逃せないアテネ五輪の最終予選。澤は手術が必要なほどの右膝負傷を押して強行出場した。ストレスでじんましんが出ながらも体を張り、2大会ぶりの五輪に導いた。そこから続いた出場が途絶え、露呈した「澤ロス」の深刻さ。

    次の世界大会は19年W杯フランス大会。3年半後に克服できるのか、極めて難しい宿題が残された。(敬称略)
    2016-03-08_14h57_19
    日刊スポーツ 3月8日(火)10時1分配信 【木下淳、鎌田直秀】
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160308-00000034-nksports-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1457407702/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ