海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ぺぺ

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/26(木) 11:29:22.39 ID:CAP_USER9.net
    3e63eb52-046e-49f6-8d3a-271ef7c64327

    『Cadena COPE』は25日、「レアル・マドリーのポルトガル代表DFペペは、中国超級リーグの河北華夏幸福へ移籍することに合意した」と報じた。

    今季限りでレアル・マドリーとの契約が満了になるペペ。まだ33歳である彼には多くのクラブが関心を寄せており、チェルシーやマンチェスター・ユナイテッドも獲得に動いていると伝えられている。

    しかし、それと同時に話題となっていたのが中国超級リーグ移籍という噂である。大きな給与が提示されていると報じられており、その去就が注目されていた。

    そして今回の報告によれば、ペペはかつてレアル・マドリーの指揮官であったマヌエル・ペジェグリーニ監督が率いている河北華夏幸福への加入に合意したという。

    その給与については週24万8000ポンド(およそ3510万円)で、年俸に直せばおよそ18億2000万円という破格のものだ。

    ペペの代理人であるジョルジュ・メンデスは、レアル・マドリーに対して2年の契約延長を求めていた。

    しかしペペが抱えている怪我の問題などを考え、クラブはそれを1年に抑えたいという意向だったとのことで、選手側との交渉は上手く進まなかったようだ。

    http://qoly.jp/2017/01/26/pepe-agreed-to-join-hebei-fortune-kgn-1
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/12/26(月) 18:24:39.67 ID:CAP_USER9.net
    レアル・マドリードに所属するポルトガル代表DFペペが、中国クラブに移籍する可能性があるようだ。26日付のスペイン紙『マルカ』が報じている。

    現在33歳のペペは、2007年夏に5年契約を締結してポルトからレアル・マドリードへ加入。これまでに同クラブで公式戦300試合以上に出場し、チャンピオンズリーグ制覇とリーガ・エスパニョーラ制覇を2度ずつ経験するなど、数々のタイトル獲得に貢献してきた。

    今シーズン限りでレアル・マドリードとの契約満了を迎えるペペ。年内に交渉がまとまらなければ、2017年1月1日から他のクラブとの交渉が自由となる。同紙によると、中国クラブからいくつかのオファーが届いており、年俸は今の倍額を準備しているクラブもあるようだ。

    今月23日には、アジア市場最高額となる推定6000万ポンド(約86億円5000万円)の移籍金で上海上港がチェルシーからブラジル代表MFオスカルを獲得するなど、昨今の移籍市場を賑わせる中国クラブ。今冬、さらなる“爆買い”が起きることになるのだろうか。
    2016-12-27_08h27_06
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161226-00531406-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/05/31(火) 22:28:47.66 ID:CAP_USER9.net
    レアル・マドリードが11度目の欧州王座に輝いたUEFAチャンピオンズリーグ決勝は、対戦相手のアトレチコ・マドリードも含めた壮絶な死闘となった。

    その中で“大根役者”ぶりを2度も見せたレアルのポルトガル代表DFペペが、大バッシングを受けている。特に英高級紙「ガーディアン」は、「もはや“ペペ・ルール”を制定すべき時だ」とのタイトルで酷評している。

    ペペは後半、相手DFフェリペ・ルイスと口論した後に顔面を押さえて倒れこみ、延長後半終了間際にもアトレチコMFヤニック・カラスコとペナルティーエリア内でもつれ合った際、カラスコの手が当たったように見せかけて顔面を押さえてうずくまった。

    もちろん、これは完全な演技で、マーク・クラッテンバーグ主審はあきれた表情で舌をぺろぺろと出して“立て”と指示。白熱のミラノ決戦が白けかけた。

    こうした行動に、元イングランド代表FWギャリー・リネカー氏が「なんてクソ野郎なんだ!」とツイートするなど、全世界で罵倒の嵐が渦巻いている。

    ペペは過去にもバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの手を踏み潰すなど、悪行の限りを尽くしてきた。それだけに今回の大根役者ぶりに、批判の声はさらに高まる格好となった。

    同紙は決勝で見せた2つの演技について、「ペペの偉大な行為」と皮肉たっぷりに表現しつつ、大袈裟で傍若無人な振る舞いとこき下ろした。「今シーズンのペペは32試合で7枚ものイエローカードを受けている」と相変わらずのラフプレーぶりを指摘しつつ、次のように提言している。

    「ペペのふざけた態度は木炭並みの“クロ”」

    「ただ、このような極悪非道な振る舞いに対策するための新たな機会となるかもしれない。シミュレーションを行った選手に対してイエローカードを提示する機会は、明らかに機能していなかった。そういった意味でCL決勝は大きな欠陥を示した」

    後半開始直後にペペがFWフェルナンド・トーレスを倒してPKを献上した場面に関しては「グレーの部分」としつつも、「ペペのふざけた態度については木炭並みの“クロ”だ。彼は退場処分を下される必要があった」と、2度にわたる欺きを断罪した。

    かつての名選手だけでなく、メディアからも糾弾されている大悪人ペペ。CL制覇を手土産にポルトガル代表としてEUROに臨むことになるが、欧州サッカーの祭典でも再び愚行を犯すかもしれない。
    2016-06-01_10h11_13
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160531-00010016-soccermzw-socc

    ■動画
    http://m.sports.yahoo.co.jp/video/player/103609
    続きを読む


    2014-12-12_18h09_26
    1: エタ沈φ ★@\(^o^)/ 2014/12/12(金) 16:01:25.76 ID:???0.net
    SOCCER KING 12月12日 15時31分配信

     レアル・マドリードに所属するポルトガル代表DFペペが、恵まれない家庭に約9000キロにも及ぶ食料を寄付していたことが明らかになった。11日付のスペイン紙『アス』など各紙が報じている。

     ペペは、持ち前の激しい守備でレアル・マドリードを支える世界屈指のセンターバックでありながら、相手選手への踏みつけ行為など、数々の問題を起こしたことでも知られている。しかし、そんな同選手の心優しい一面が判明した。

     同紙によると、ペペは自身の住むマドリード近郊のラス・ロサスの住民、200世帯に対し、合計で約9000キロもの食料を配布したという。もちろん、その費用はペペのポケットマネーから支払われたという。

     悪童ペペ・サンタによるささやかながら、心温まるプレゼントにより、ラス・ロサスの住民たちは幸せなクリスマスを過ごすことが出来ると伝えられている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141212-00258210-soccerk-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1418367685/


    続きを読む

    [10.25 リーガ・エスパニョーラ第9節 R・マドリー3-1バルセロナ]

     リーガ・エスパニョーラは25日、第9節が開催され、サンチャゴ・ベルナベウではレアル・マドリーとバルセロナが激突するクラシコが行われた。FWネイ マールの得点で先制を許したレアルだが、FWクリスティアーノ・ロナウドのゴールで追い付く。後半に入るとDFペペ、FWカリム・ベンゼマにゴールが生ま れ、レアルが3-1の逆転勝利を収めた。
    2014-10-26_02h55_51
    詳しい試合内容は↓のリンク先で
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141026-00179049-gekisaka-socc
    続きを読む

    2014-07-31_09h06_08
    29日にアメリカで行われたギネスインターナショナルチャンピオンズカップ、ローマ対レアル・マドリーの一戦で、試合前に両チームの選手が揉める一幕があった。

    ローマMFセイドゥ・ケイタは、ツイッターで次のように説明している。

    「1:ペペはレアル対バルセロナの試合で自分をサルと呼んだ。2:僕は彼と握手しなかった。3:彼は僕に唾を吐いた。僕は彼にペットボトルを投げつけた」

    ケイタは「自分の振る舞いを申し訳なく思っている」と、謝罪のコメントでツイートを締めくくった。彼が言及している「レアル対バルサ」は、2012年1月22日のクラシコのことだ。

    ケイタはその後、一夜明けて再びツイート。次のようにコメントしている。

    「自分をサルと呼ぶ人間にあいさつしない権利はあると思う。それに彼は僕に唾も吐いた。受け入れることは不可能だ」
    http://news.livedoor.com/article/detail/9097996/
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ