海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:アギーレ監督

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/11/02(水) 11:18:38.13 ID:CAP_USER9.net
    【西部の4-4-2戦術アナライズ】

    アトレティコの躍進を受けて、復活の感がある4-4-2システム。ザッケローニ監督時代はその変形システムである4-2-3-1をベースにチームを作っていった。

    ザックジャパンが苦杯をなめさせられたブラジルW杯後、日本代表監督に就任したハビエル・アギーレ監督は、4-3-3でのチーム作りを進めたが、それまでの遺産を引き継ぎつつ新たな要素を加えることに成功していた。当時のサッカーを改めて振り返る。(文:西部謙司)

    代表監督経験者らしさ

    ブラジルワールドカップ後の新監督招聘の動きは早かった。就任決定までに時間がかかった4年前とは違い、すぐにハビエル・アギーレ監督に決まっている。以前から接触していたという。

    しかし、2015年アジアカップの準々決勝でUAEにPK戦で敗れた後、JFAは解任を発表。スペインでの試合買収に関与した疑いで告発されたからだ。短い期間なのではっきりしないことも多いが、アギーレ監督下の日本代表を振り返ってみたい。

    アギーレはクラブチームだけでなく、メキシコ代表監督歴が長い。前任のザッケローニはビッグクラブを率いた経験はあったが代表監督歴はなかった。

    ザッケローニはメンバーを固定したが、アギーレは新たな選手をテストすることから始まっている。就任時の状況が違うとはいえ、代表監督経験者らしさは出ていたと思う。

    クラブと代表の違いは、何と言っても起用できる選手の幅だ。クラブは30人ぐらいの選手層だが、代表の選考対象は絞り込んでも100人はくだらない。その中から60人ぐらいの候補を作り、さらに4年間で30人程度までに絞っていく。

    その間に成長する選手もいれば、ピークを過ぎてしまう人もいる。あまりメンバーは固定しすぎず、なるべく多くの選手をテストしていくのが典型的な代表の作り方だ。

    長期的だが断続的な代表の活動

    一方、代表チームには時間がない。監督の在任期間を4年と考えると長期なのだが、その間に活動できる日数はかなり限られている。しかも断続的。そのため、あまりチームを作り込みすぎてしまうのは危険なのだ。

    主力選手が起用できない事態になっても代役はいくらでもいるが、オーダーメイドの服のように出来上がっていると、新しい選手がフィットしにくい。

    メンバーが代わるとやり直しになりかねないわけだ。それでは継続性がないので、ただでさえ足りない時間の無駄になる。選手層の厚さという代表の特性も生かせない。

    そこで、代表はこういうサッカーをするというアナウンスはしっかりやらなければならない。

    誰が来ても、代表のプレーをイメージしやすくしておく。ただし、あまりメンバーは固定せず、連係も作り込みすぎない。

    オーダーメイドではなく、既製服のままでしばらく推移させる。ぴったりしつらえるのは最終段階に間に合えばいい。

    アギーレ監督のスタート段階は、そうした代表らしいものだった。中には、ちょっと難しいのではないかと思える人選もあった。

    あまり個々の選手を見極める時間もなかったのだろう。左利きのCBがほしいというような、監督側の条件を先行させていた。

    つづく
    201611021_aguirre_getty
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161102-00010009-footballc-socc&p=1
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/10/28(金) 18:09:25.26 ID:CAP_USER9.net
    ■メキシコ、スペインのメディアが報じる 現在はUAEのアル・ワフダを指揮
     
    ブラジル・ワールドカップ(W杯)終了直後に日本代表監督に就任しながらも、自身の八百長疑惑で契約解除となったハビエル・アギーレ氏は、母国メキシコ代表監督に再就任する方向で進んでいるようだ。スペインのサッカー情報サイト「90Min」が報じている。

    現在アギーレ氏はUAEのアル・ワフダの監督を務めているが、11月に開幕するロシアW杯北中米カリブ海最終予選に向けてメキシコサッカー協会がアギーレ氏の招聘を狙い、本人と数日中にメキシコ国内でコンタクトを取るのではないかと記されている。

    アギーレ氏はメキシコの「エル・ヴァスコ」紙の取材に対して、「まず私がUAEのクラブの監督であることは明確だ。私は契約を守る。だがもちろん、メキシコ代表監督として戻ってくることもあるだろう」と語っているという。

    かつてアギーレ氏は02年日韓W杯、10年南アフリカW杯で同国代表の指揮を執り、ともに決勝トーナメント進出に導いており、メキシコ協会側がその実績を買っているのは間違いない。本人も「彼らは長期的な組織を成長させている。私は01年に監督に就任し、9年後にもメキシコのフットボールを変えている。それと同じだ。6年が経っている」と乗り気な模様だ。

    ■大陸間プレーオフで日本と激突する可能性も
     
    アギーレ氏の動向は、太平洋を挟んだ日本にとっても100%無関係という話ではない。

    ロシアW杯予選のレギュレーションでは、アジア最終予選のグループ3位同士が地区プレーオフを戦い、その勝者が北中米カリブ海最終予選4位のチームと戦うことになる。

    中米の雄であるメキシコが4位に回る可能性は高くないとはいえ、近年W杯常連国となったアメリカ、2大会連続で本大会出場を果たし、リオ五輪ではベスト4に進出したホンジュラスなど、侮れない相手が多い。

    もしメキシコが苦戦を強いられて、日本も3位のまま終わると、大陸間プレーオフで“アギーレ・メヒコ”と激突する可能性もあり得る。それだけに北中米カリブ海最終予選の状況からも、目が離せなくなりそうだ。

    Football ZONE web 10/28(金) 17:39配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161028-00010012-soccermzw-socc

    写真


    ■最終予選】(2016年11月~2017年10月)
    ※6チームが総当たりのリーグ戦を行い、上位3チームが本大会出場。4位チームが大陸間プレーオフに進出

    1.メキシコ(0)0
    1.ホンジュラス(0)0
    1.コスタリカ(0)0
    1.パナマ(0)0
    1.アメリカ(0)0
    1.トリニダード・トバゴ(0)0

    http://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?181924-181924-fl
    続きを読む

    2015-02-04_15h48_21
    1: れいおφ ★@\(^o^)/ 2015/02/04(水) 15:06:33.98 ID:???*.net
    3日、サッカー日本代表のハビエル・アギーレ監督の解任された。解任発表を受けて、お笑い芸人たちが各々の意見を発信した。

    ペナルティのワッキーは自身のツイッターで「次の代表監督、日本人がいいな~ってゆうか毎回そう思ってるけどな~」とコメント。

    次長課長の河本準一は「惜しい人材をなくしたのでは? 指導はかなり良かったのに。残念。予選に向けて誰がやる? また、難しい。今度はしっかり調査が必要か…」と残念がった。

    また、グランジの遠山大輔は「アギーレ監督辞めましたけど、それを選んだ人は辞めないんですよね…いつもそうですよね…とほほ」と協会の対応に疑問を呈した。

    そして、サッカー日本代表・本田圭佑選手のものまねでブレイク中のじゅんいちダビッドソンは自身のブログで、「期待してたんで残念。ただ、切り替えて。次の展開に期待」と前向きな意見を綴った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150204-00000003-reallive-ent
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1423029993/

     
    続きを読む

    20150128163016-6b3e1
    1: 第四期次席φ ★@\(^o^)/ 2015/02/03(火) 17:04:53.51 ID:???*.net
    日本サッカー協会の大仁邦弥会長(70)は3日、都内の同協会で会見を開き、ハビエル・アギーレ日本代表監督(56)の解任を発表した。

     会見には同協会の三好豊法務委員長も同席した。

     アギーレ監督はスペイン1部リーグ・サラゴサ監督時代の2011年5月に、1部残留をかけたレバンテ戦で八百長に関わった疑惑が持たれていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150203-00000067-dal-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1422950693/

     
    続きを読む

    2015-01-25_23h50_48
     豪州で行われているサッカーのアジア杯で準々決勝敗退に終わった日本代表が25日、成田空港に帰国した。日本にとっては96年大会以来19年ぶりとなる8強止まりの屈辱となったが、八百長騒動の渦中にあるハビエル・アギーレ監督(56)は、今後への手応えを口にした。

     「チームの最終結果には悲しみを感じている」としつつ「このチームは4試合とも相手を上回った良いサッカーを見せていた。チームがこの戦いを続ければ、勝つ試合が敗戦よりも多くなるだろう。これで日本が死んだと思われてはいけません。しっかり生きていて、しっかり戦います」と、キッパリ。3月にはJリーグを視察し、若手選手発掘に力を入れることを明言。「Jリーグから今一度、若い選手を呼びたい。代表をリフレッシュさせたい」と話した。

     一方で、一向に収まる気配のない八百長騒動については「(告発の受理については)私もメディアで流れている情報しか知らない。私にも、私の弁護士にも正式には何も届いていない」と、日本協会と同じ見解を示した。
    続きを読む


    2015-01-24_19h36_49

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/01/24(土) 18:41:53.98 ID:???0.net
    サッカーにはこういうことがあるという典型のような試合だったね。

    1次リーグで危なげなく無失点で3連勝しながら、決勝トーナメントの初戦でUAEを相手に開始早々に油断して失点。何とか追いついても、守りを固める相手を攻めあぐねてPK戦で敗退。チャンスの数は多くても、ゴールにつなげられなくては勝てない。

    残念だけど、これが今の日本サッカーの現実なんだ。

    大陸別の大会で優勝を逃したという事実は重いよ。大仁会長はアギーレ監督を続投させる方針を示したようだけど、八百長疑惑うんぬんではなく、PK戦とはいえベスト4にも届かずに負けたのだから、普通の国なら当然解任だよ。

    攻撃陣は決定機を外しすぎたし、開始早々に失点したのは守備陣の油断というのを見れば、今回の敗戦の原因は選手にあるのも確か。だが、そういうチームにしたのもアギーレ監督。以前にも書かせてもらったが、練習を見ていて創造性を感じなかったし、選手に自由に考えさせるという指導法はやはり日本人には合わない。誰が今大会敗退の責任を取るのかといったら、やっぱり監督だと思う。

    結果が出なければ、その地位を追われるのがプロの世界。私もV川崎でゴールを取れなくなったらクビを言い渡された。アギーレ監督には八百長疑惑という悪いイメージもある。

    もっと言えば、ブラジルW杯の反省もなくここまでやってきた協会首脳、アギーレ監督を連れてきた人間も責任を取るべき。

    ロシアW杯で勝つために何が必要なのか。もう一度考え直すいい機会だ。

    ☆武田修宏:たけだ のぶひろ=1967年5月10日生まれ。静岡県出身。幼少期から「天才少年」と呼ばれたストライカー。
    名門・清水東(静岡)から86年に読売クラブ(現東京V)入り。ルーキーながら11得点を挙げ、リーグVに貢献し、MVPにも選出された。
    Jリーグ発足後はV川崎や磐田、京都、千葉などでプレー。00年には南米パラグアイのルケーニョに移籍。
    01年に東京Vに復帰し、同シーズンで現役引退した。Jリーグ通算は94得点。JSL時代も含めれば152得点を挙げた。
    87年に日本代表に選出。93年米国W杯アジア最終予選でドーハの悲劇を経験した。

    1月24日(土)16時14分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150124-00000026-tospoweb-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1422092513/

     
    続きを読む


    2015-01-23_22h44_15
    1: ゴアマガラ ★@\(^o^)/ 2015/01/23(金) 21:45:32.40 ID:???0.net
    日本代表は23日、アジア杯準々決勝でUAE代表と対戦し、1-1のまま突入したPK戦で敗れた。96年大会以来、5大会ぶりのベスト8敗退となった試合後、日本サッカー協会の大仁会長が報道陣の取材に応じ、ハビエル・アギーレ監督の去就に関し、「続投か?」と聞かれ、「そうです」と答えた。

    ベスト8という結果については「私は考えてない。技術委員会が分析すると思う」と指摘。「十分やってくれた。いいチームだった」と総括した。

     アギーレ監督が八百長疑惑で告発が受理されたとのスペイン報道があったことを受け、大会後に説明するとしていたことについては「受理が確認されてから説明すると言った。まだ確認されていない」と話すにとどまった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150123-00311571-gekisaka-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1422017132/

     
    続きを読む

    2015-01-23_10h57_19

    22日、アジアカップ準々決勝のUAE戦に向けて日本代表のハビエル・アギーレ監督と
    DF長友佑都が前日記者会見を行い、意気込みを語った。

    会見中、長友はワールドカップの質問に言葉を詰まらせる場面があった。

     続きを読む


    E382BBE383ABE788BA (1)
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/01/22(木) 11:24:42.92 ID:???0.net
    ブラジルW杯後の最初の大舞台となるアジア杯(オーストラリア)が開幕した。

    優勝すれば、貴重な強化の場となるコンフェデ杯(2017年)の出場権を得られるし、何より日本は前回王者だ。簡単なことではないけど、ノルマは優勝しかない。期待して見守りたいね。

    ただ、ひとつ気がかりなのは“ピッチ外”の雑音。そう、アギーレ監督の八百長問題だ。11年、スペインリーグ・サラゴサ監督時代の疑惑で、昨年の秋頃から大きな問題に発展するのではという噂が流れ始め、12月15日にはスペインの検察当局が裁判所に告発状を提出。

    それ以降はテレビのワイドショーまでが取り上げる騒動になり、結局、日本サッカー協会の原専務理事、アギーレ監督らが釈明の会見を行なった。

    海外メディアの関心も高く、日本代表がオーストラリア入りしてからも、アギーレ監督が八百長問題についての質問を受けている。アギーレ監督も選手たちも「試合に集中している」と口をそろえているけど、よけいな神経を使っているのは間違いない。

    今さら言っても仕方がないことだけど、なぜ協会は以前から八百長疑惑のささやかれていたアギーレをわざわざ監督に選んだのだろう。確か何年も前から監督要請のラブコールを送り続けていたはずだよね。その間に何も調査していなかったのかな。知らなかったでは済まされない話だよ。

    また、告発状が提出されて以降の対応も後手後手に回った。事態がどんどん大きくなって、社会的な問題に発展しているのに、なかなかトップが会見を行なわなかった。まるでマクドナルドみたいだ。告発された時点で、すぐに大仁(だいに)会長、原専務理事、アギーレ監督の3人がそろって会見を開くべきだった。

    アギーレ監督の進退に関して言えば、告発状が裁判所に受理されてしまった以上、たとえアジア杯で素晴らしい試合内容で優勝したとしても、多額の違約金が発生するとしても続投はあり得ない。速やかに解任の方向に動くべきだ。

    クロかどうかはっきりしない人間にジャッジを下すのはナンセンスという意見も聞こえてくるけど、僕はそうは思わない。

    なぜなら、すでに現段階でも日本サッカーは大きなイメージダウンを被(こうむ)っている。そして、裁判となれば、判決が出るまでに長い期間を要する。その間、アギーレは日本とスペインを何度も往復することになるはず。そういう立場の人間が落ち着いて仕事に取り組めるだろうか。

    また、裁判の日程は代表の試合日程とは重ならないといわれているけど、誰もそれを保証してくれるわけではない。もし大事なW杯予選の最中に召喚(しょうかん)を受けたらどうするのだろう。いちいち代行監督を立てるのかな。

    そもそも代表監督は、試合で采配を振る以外にも選手の視察、技術委員会との会議などやることはたくさんある。それらの仕事になんらかの差し障りが生じるのは避けられない。

    もちろん、任命責任も問われるべき。例えば、一般の会社で大きな損失を出した人は、左遷や減給といったなんらかの処分を受ける。それと同じこと。

    ミスをしたからといって、なんでもかんでもすぐにクビにしろとは言わないけど、なんらかのケジメはつけるべき。それができなければ、協会はますます世間の信頼を失うことになるよ。

    1月22日(木)11時0分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150122-00042275-playboyz-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1421893482/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ