海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:アザール

    1:朝一から閉店までφ ★:2018/10/12(金) 09:12:37.60 ID:CAP_USER9.net
    ▽チェルシーのベルギー代表FWエデン・アザール(27)が、去就に関する質問に応じた。スペイン『マルカ』が伝えている。

    ▽今夏、レアル・マドリーへの移籍が騒がれたもののチェルシーに残留したアザール。シーズンが始まると去就報道は徐々に沈下していったが、先日にマドリーへの憧れを公然と口にしたことで再び紙面を賑わせている。

    ▽UEFAネーションズリーグ(UNL)に臨むベルギー代表に選出されたアザールは、記者会見の場で「来年1月の移籍を望むか」と尋ねられ、まずは否定した。

    「ノー」

    ▽しかし、「バロンドールへの欲がスペイン行き希望に繋がるのではないか」と指摘されると、その野望を認めている。

    「そうかもね。それ(バロンドール)が僕が行きたがる理由だ」

    ▽また、「あなたが世界最高のフットボーラーなのでは? 」という問いかけに対しては、肯定しつつも更なる上昇を求めていると語った。

    「イエス。だけど、フットボールでは常に向上が可能だ。もっとゴールやアシストを増やすことでね」

    ▽ベルギーは、12日にUNLスイス代表戦に、16日に国際親善試合オランダ代表戦に臨む。

    [2018年10月12日(金)8:55]
    pcimage
    http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=330816
    続きを読む

    1:アルテミス@ ★:2018/10/09(火) 17:40:22.44 ID:CAP_USER9.net
    チェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールは頭を悩ませている。チェルシーと新たな契約を結ぶのか、それとも「夢」であったレアル・マドリーへの移籍を決断するのかと――。

    今夏、チェルシーからレアルへの移籍報道が絶えなかったアザールだが、12-13シーズンからプレーするチェルシーへの残留を決断。在籍7年目のシーズンとなった今季は第8節を終えたプレミアリーグで7得点を奪うなど、好調を維持している。20年6月に契約満了を迎えるため、契約延長の可能性はあるとしつつも明言は避けている。

    「『今、新しい契約を結んでいるところだ』とは言えないけど、これから契約延長をしないと断言もできない。もちろん自分にとって良い決断をしたいけど、チェルシーにとっても良い決断をしたいんだ。チェルシーは僕にすべてを与えてくれたからね」

    チェルシーへの愛を示す一方で、レアルへの移籍は「夢」だとも語った。

    「レアル・マドリーは世界で最高のクラブだ。今でもそう言うのは、僕は嘘を言いたくないから。レアル・マドリーに行くのは小さい頃からの夢だった」

    「少し時間を置きたい。毎日この件について話したくないんだ。それほど時間もないしね。だけど、この件について話す時期はくるよ」。果たして、揺れるアザールが下す決断とは、チェルシー残留か、それともレアル移籍なのだろうか。
    2018-10-09_19h27_16
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181009-02593492-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:アルテミス@ ★:2018/09/29(土) 10:55:01.08 ID:CAP_USER9.net
    チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールは、自身のゴールパフォーマンスについて言及した。イギリス誌『FourFourTwo』が29日に報じている。

    26日、チェルシーはカラバオ・カップでリヴァプールと対戦。この試合で決勝弾を決めたアザールは、ひざから滑り込むゴールパフォーマンスを見せた。しかし、アザールはこのゴールパフォーマンス時の痛さを「ひざが燃えるようだ」と表現。同選手はこの場面を、映像で見ながら次のように振り返った。

    「このスライディングしているパフォーマンスを見てくれ。まるでひざが燃えているみたいなんだ! これはやめなければならないね。もうこれ以上このゴールパフォーマンスはやらないよ」

    ひざからのスライディングを封印宣言したアザール。今後のゴールパフォーマンスに注目していきたい。
    2018-09-29_11h42_54
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180929-00839813-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/09/29(土) 01:47:44.32 ID:CAP_USER9.net
    リバプール戦で圧倒的な個人技を見せつけたアザール 同僚MFバークリーが太鼓判

    チェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールは現地時間26日のリーグカップ3回戦でリバプール相手に圧倒的な個人技を見せて決勝ゴールを奪った。今季公式戦7試合6ゴールと驚異的な活躍を見せる「背番号10」を同僚選手も「世界一」だと称えている。英紙「テレグラフ」が報じた。

    【動画】超絶タッチで相手を翻弄! 絶好調のベルギー代表MFアザール、圧巻のハットトリック達成

    アザールはリバプールとの一戦で後半11分からピッチに立つと、1-1で迎えた同40分に右サイドをドリブルで切り裂き、強烈なシュートでゴールネットを揺らした。

    開幕からトップフォームを維持し、圧巻の個人技を披露したアザールを“世界一“に推す声も上がっている。同僚のイングランド代表MFロス・バークリーは、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)やアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)と比較したうえで、“自己中心的”ではないアザールこそナンバーワンだと手放しで称賛する。

    「比較すると、ロナウドとメッシのほうがエデンより利己的かもしれない。彼は利己的な選手ではない。二つのアシストでチームが勝利してもハッピーだ。ゴールも増え、日々良くなっている。リバプール戦で彼がやってのけたプレーは、正直言ってトレーニングで毎回やっている。だから驚きはないよ。現時点で彼は世界最高の選手だ。僕はそう信じている」

    メッシやロナウドに並ぶ実力者という評価を得ているアザール。二人の壁に阻まれて、バロンドールなど個人賞の獲得はまだない。この調子を維持し、名実ともに世界最高の称号を手にすることができるだろうか。

    写真
    2018-09-29_03h23_34
    9/28(金) 15:10 フットボールZONE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180928-00138049-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:数の子 ★:2018/09/26(水) 20:15:38.58 ID:CAP_USER9.net
    ▽バイエルンはチェルシーのベルギー代表MFエデン・アザール(27)の獲得を画策しているようだ。スペイン『Fichajes.net』が伝えた。▽記事によると、バイエルンは元オランダ代表FWアリエン・ロッベン(34)と元フランス代表FWフランク・リベリ(35)に代わる新たなスターの獲得を検討しており、白羽の矢を立てたのがアザールだ。

    ▽今夏にレアル・マドリー移籍が騒がれたアザールは、現在ではチェルシーとの2022年までの契約延長が目前まで迫っている模様。しかし、獲得を狙うバイエルンが契約延長を阻む考えを示しており、継続して追いかけているマドリーのほかに、バルセロナも注視しているという。とはいえ、チェルシーの契約更新を妨げるのは難しいだろう、とも推測されている

    ▽リール下部組織のアザールは、2007年にプロデビューを飾ると、2010-11、11-12シーズンと2シーズン連続でリーグ・アン年間MVPを受賞。この活躍を受け、2012年に、チェルシー入りを果たした。加入後は公式戦通算307試合に出場し、94ゴール78アシストを記録。ロシア・ワールドカップ(W杯)でベルギー代表を3位に導いた後に突入した今シーズンも、プレミアリーグ6試合で5ゴール2アシストとチームの攻撃の要として活躍している。
    pcimage
    http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=329004
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/08/27(月) 20:18:37.88 ID:CAP_USER9.net
    かつてリバプールなどで指揮のスーネス氏 アザールに不足しているものを分析



    チェルシーのベルギー代表FWエデン・
    アザールは今夏、レアル・マドリードに移籍すれば、ユベントスへ去ったポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの穴を埋められると目されたが、最終的にチェルシー残留で落ち着いた。

    これまでバロンドール候補に名前が挙がりながら、一度もトップ8以内にランクインしたことはないことについて、アザール本人は“無欲”が理由と語っている。英紙「サンデー・エクスプレス」が伝えた。

    アザールは昨季、プレミアリーグで12得点4アシストを記録。ここ4年で3度バロンドール候補に選ばれている。かつてプレミアリーグでプレーし、リバプールやサウサンプトンなどで指揮した経験もあるグレアム・スーネス氏は英紙「タイムズ」で、アザールにはバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシやロナウドと競えるような実力があると述べている。

    「アザールは、リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドと同じタイプの選手だ。彼らに近い能力がある。素晴らしいドリブラーであり、笑顔でプレーする。驚くほど素早く方向を変えることができて、彼を止めるのは非常に難しい」

    その一方で、同氏は2大スターとの違いも指摘。「実力はあるが、品格は異なる。彼(アザール)の性格がバロンドール獲得を妨げているのかもしれない。試合では目立ったり、目立たなかったり。これが二人(メッシとロナウド)との違いだろう」と見解を示した。

    当の本人はどう感じているのだろうか。アザールは自身がバロンドールを手にできないことについて、「今のサッカーで、もしバロンドールを受賞したり、得点王になりたければ、利己的にならなきゃいけないと思う。でも僕は全くそういう人間じゃない」と語った。

    自分の結果を優先する多少の強引さがアザールに不足していると見ているスーネス氏。アザール本人もその点を否定していないが、念願のバロンドール獲得のためにどこまで結果に貪欲になれるかがポイントと言えそうだ。

    8/27(月) 16:50配信 フットボールZONE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180827-00131257-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/08/27(月) 02:03:28.78 ID:CAP_USER9.net
    武藤嘉紀は途中出場
    プレミアリーグ第3節、ニューカッスル・ユナイテッド対チェルシーが26日にセント・ジェームズ・パークで開催された。

    武藤嘉紀が所属するニューカッスルと開幕2連勝中のチェルシーが激突した。武藤は開幕2試合と同様にベンチスタート。一方、チェルシーのサッリ監督は、3-2で勝利した前節のアーセナル戦からバークリーとウィリアンに代えてコバチッチとアザールを起用する2点を変更した。

    試合は立ち上がりからチェルシーが押し気味に進める。なかなかチャンスを創出できないチェルシーだが、24分にはエースが個人技からゴールに迫る。バイタルエリアでドリブルを仕掛けたアザールがペナルティアーク左付近でシュート。これは惜しくも枠の右にはずれた。

    ハーフタイムにかけてもチェルシーがペースを掌握する。すると、立て続けにペドロがゴールに近づく。まずは35分、ボックス右で仕掛けると、カットインから左足でシュート。ファーサイドを狙ったが、これはゴール左にはずれる。さらに直後には正面でアザールのパスをダイレクトで叩いたが、今度はGKの正面を突いた。

    ゴールレスで迎えた後半もチェルシーがニューカッスルを押し込む。ジョルジーニョのパス出しからペドロとアザールの仕掛けを軸に攻めるチェルシーだが、ニューカッスルも集中した守備で応戦し、得点を許さない。

    状況を打開したいチェルシーのサッリ監督は65分にモラタに代えてジルー、そして69分にはペドロを下げてウィリアンを投入する。そのチェルシーは72分、正面のロングレンジでリュディガーが右足を一閃。強烈なシュートがゴールに飛んだが、左のクロスバーを叩いた。

    それでもチェルシーは、76分についに先行する。ボックス左で仕掛けたマルコス・アロンソがシェアーに倒されてPKを獲得。このチャンスでキッカーを務めたアザールが冷静にゴール左にシュートを突き刺し、チェルシーがリードを手にした。

    一方、ニューカッスルのベニテス監督は78分に武藤を投入。すると83分、ゴールキックから右サイドのイェドリンがクロスを入れると、ニアサイドに走りこんだホセルがヘッド。このシュートがゴール右上に突き刺さり、ニューカッスルが同点に追いついた。

    しかし、再びチェルシーが勝ち越しに成功する。87分、左サイドのFKでキッカーを務めたウィリアンのクロスをボックス右のジルーがマイナスに折り返す。最後はマルコス・アロンソのシュート性のボールにゴール前で反応したイェドリンがオウンゴールを喫してしまい、チェルシーがスコアを1-2とした。

    結局、試合はそのまま終了。チェルシーが開幕3連勝を記録した一方、ニューカッスルはリーグ戦未勝利となっている。

    ■試合結果
    ニューカッスル・ユナイテッド 1-2 チェルシー

    ■得点者
    ニューカッスル:ホセル(83分)
    チェルシー:アザール(76分)、OG(87分)
    2018-08-27_09h42_22
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180827-00010002-goal-socc
    続きを読む

    1:サイカイへのショートカット ★:2018/08/12(日) 20:23:56.38 ID:CAP_USER9.net
    レアルがアザール獲得へチェルシーに296億提示へ
    2018年8月12日18時24分 日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/m/soccer/world/news/201808120000719_m.html

    レアル・マドリードがチェルシーMFエデン・アザール(27)の獲得に向けて移籍金2億ポンド(約296億円)を提示する予定だと、12日に英紙エクスプレスが報じた。退団したロナルドの代わる存在として求めている。

    一方、チェルシーのサリ監督は同選手がチェルシーに残留すると強調していた。


    E・アザール
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/07/30(月) 12:58:36.47 ID:CAP_USER9.net
    今夏のレアル・マドリー移籍が取りざたされているチェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールだが、移籍は実現しそうにない。『Yahoo Sport UK』が報じた。

    かねてより相思相愛であることが伝えられてきたレアル・マドリーとアザール。今夏もレアル・マドリーはアザールをターゲットにしていることが広く報じられているが、チェルシーは莫大なオファーがない限り、エースを手放すことはないようだ。

    報道によれば、チェルシーはアザールの移籍金額を史上最高移籍金となる2億ポンド(約290億円)以上に設定。レアル・マドリーのジュレン・ロペテギ監督はアザールを高く評価しているものの、クラブは同選手への「関心を終えた」とのことだ。

    なお、スペイン紙『アス』によれば、今シーズンからレアル・マドリーを率いるロペテギ監督は、スペイン代表MFイスコを中心としたチームを形成する方針だとのことだ。

    7/30(月) 11:00配信
    2018-07-30_14h01_41
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180730-00000003-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/07/15(日) 06:05:46.82 ID:CAP_USER9.net
    現地時間14日に行われたロシアワールドカップ3位決定戦でイングランドに勝利したあと、ベルギーのMFエデン・アザールがチェルシーからの移籍をほのめかした。英『デイリー・ミラー』が伝えている。

    ベルギーの10番を背負うアザールは、イングランド戦でも活躍し、国際サッカー連盟(FIFA)の選ぶマン・オブ・ザ・マッチに選出された。

    同選手は試合後、「チェルシーで6年間を過ごしたあと、違うものを見つけるときがきたのかもしれない」と語ったそうだ。

    アザールは以前からレアル・マドリーへの移籍が噂になっている。FWクリスティアーノ・ロナウドのユベントス行きが決まった今、その噂はさらに盛り上がっているところだ。

    アザールは「ワールドカップが終わって、僕は残るか移籍するかを決めることができる。最終的にはチェルシーが何を望むかだね。僕の望む行き先は知っているはずだよ」と話している。

    『ミラー』は、マンチェスター・シティもアザールの獲得に興味を持っているが、選手の希望はレアル・マドリーだとみている。また、チェルシーとしても国内のライバルに主力を譲ることはしないという見方だ。

    イングランド戦でも圧倒的な存在感を示したアザール。レアル・マドリーへの移籍が動き出すのだろうか。

    フットボールチャンネル7/15(日) 3:40
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180715-00281550-footballc-socc

    写真
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ