海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:アタランタ

    1: 久太郎 ★ 2020/08/13(木) 06:01:03.76 _USER9
    アタランタ 1-2 PSG
    [得点者]
    マリオ・パサリッチ     (前半27分)アタランタ
    マルキーニョス       (後半45分)PSG
    マキシム・シュポ・モティング(後半48分)PSG

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20110816

    8: 久太郎 ★ 2020/08/13(木) 06:02:24.32 _USER9
    >>1
    パリSGが終了間際3分間で奇跡の大逆転4強進出! CL初出場アタランタは無念の準々決勝敗退に

    [8.12 欧州CL準々決勝 アタランタ1-2パリSG]

    UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は12日に準々決勝を行い、アタランタ(イタリア)とパリSG(フランス)が対戦。パリSGが終盤3分間で2得点を挙げ、2ー1で大逆転。18日の準決勝に駒を進めた。

    初出場のアタランタは決勝トーナメント1回戦で2試合合計8得点を挙げ、バレンシアを撃破。セリエA最強の攻撃力で欧州の舞台を駆け上がるも、今大会5得点のFWヨシプ・イリチッチが欠場となり、不安要素も残る。3-4-1-2の布陣を敷き、トップ下にFWアレハンドロ・ゴメスを配置。2トップにはFWドゥバン・サパタとMFマリオ・パシャリッチを起用している。

    一方、パリSGは1994-95シーズン以来の欧州CLベスト4を狙う。しかし怪我を抱えるFWキリアン・ムバッペはベンチスタートで、MFアンヘル・ディ・マリアは出場停止。MFマルコ・ベッラッティは負傷のため欠場となった。しかしエースのFWネイマールは健在。4-3-3の布陣で、3トップはネイマール、FWマウロ・イカルディ、MFパブロ・サラビアが並んだ。

    開始早々から互いに攻撃力を見せつける。アタランタはA・ゴメスがチャンスを作ると、直後にはパリSGもネイマールがカウンターでゴールに迫った。鋭いプレスから多少強引にでも攻撃を仕掛けるアタランタに、そのプレスをかいくぐりカウンターを狙うパリSG。前半11分に均衡が崩れる。

    アタランタはサパタが縦パスを収め、PAライン上でDFプレスネル・キンペンベと交錯する。ボールがPA右にこぼれたところをパシャリッチが左足ダイレクト。GKケイラー・ナバスの手をよけるように綺麗な弧を描き、ゴール左隅に突き刺さった。アタランタが待望の先制点で試合を有利に運んでいく。

    引き続き鋭いマンツーマンで守備を仕掛けるアタランタに対し、パリSGはかわしながらチャンスを作る。前半28分にはネイマールが左サイドからカットイン。PA手前にボールを運んで右足シュートを放つが、わずかにゴール左に逸れた。

    前半を1-0で折り返したアタランタは後半15分、A・ゴメスとDFベラト・ジムシティに代えて、DFホセ・ルイス・パロミーノとMFルスラン・マリノフスキーを投入。一方、パリSGはサラビアを下げ、同点に追いつくべくムバッペをピッチに送り出した。

    アタランタはボールの収めどころであるA・ゴメスがいなくなり、さらにイエローカードを受けているジムシティを下げたものの、引き続き4人に警告が出ている状況。後半25分にはパシャリッチに代えてMFルイス・ムリエルを投入する。

    追いつきたいパリSGは後半27分にGKケイラー・ナバスがもも裏を痛める様子を見せるも、プレー続行。一方、エレーラとMFイドリッサ・ゲイェに代えてMFユリアン・ドラクスラーとMFレアンドロ・パレデスを送り出す。直後にはムバッペがドリブルでPA左に入り込み、左足シュート。さらに31分にはネイマールもPA左からシュートを放ち、少しずつ決定機を増やしていった。

    パリSGは後半34分にナバスに代えてGKセルヒオ・リコを、イカルディに代えてFWエリック・マキシム・シュポ・モティングを投入し、カードを使い切る。直後にはムバッペがゴールに迫るが、DFマッティア・カルダーラのスライディングブロックに阻まれた。

    アタランタも後半37分にDFロビン・ゴセンスとサパタを下げ、DFティモシー・カスターニュと欧州CL初出場の19歳MFヤコポ・ダ・リーバを入れ、カードを使い切る。残り10分で逃げ切りを図りたいが、MFレモ・フロイラーが負傷。苦しい状況で戦い抜くことになってしまう。

    そして試合は動き出す。後半45分、パリSGはシュポ・モティングのクロスをネイマールがゴール前に折り返し、最後はMFマルキーニョスが右足ワンタッチで流し込む。さらに3分後、ネイマールがPA左にパスを出し、ムバッペが中央に折り返す。シュポ・モティングが押し込む、たった3分間で試合をひっくり返した。

    試合はそのまま終了し、パリSGが2-1で勝利。最後まで諦めなかったフランス王者が、奇跡の4強進出を成し遂げた。
    2020-08-13_09h20_10
    https://news.yahoo.co.jp/articles/150b1e46225b94f69efb0d3f117d4be86db62b10

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/03/06(金) 12:19:01.80
    ユヴェントスのアンドレア・アニェッリ会長が5日、ロンドンで行われたFTビジネス・オブ・フットボール・サミットに出席した際にアタランタなどについて見解を示した。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が伝えている。

    セリエA9連覇を目指す王者ユヴェントスを束ねるアニェッリ会長は、イベントの席において、チャンピオンズリーグ(CL)に言及。ヨーロッパ最強チームを決定する大会への出場権について持論を展開した。今シーズンは、セリエAの昨年の順位に基づき、ユヴェントスのほか2位ナポリ、3位アタランタ、4位インテルが出場したが、ジャン・ピエロ・ガスペリーニ率いる地方のクラブであるアタランタが奇跡的な快進撃で出場権を獲得したことを議論すべきだと主張した。

    「偉大な国にいるというだけで、自動的に出場できることに関してだけは議論する余地があると考える。アタランタの功績には大きなリスペクトを抱いているが、国際舞台における歴史はなく、ただスポーツ面で素晴らしいパフォーマンスを示してヨーロッパ最高峰の大会へ出場することができた。これは正しいことなのだろうか、それとも違うのだろうか?」

    アタランタが出場権を得た一方、近年、CLの常連だったローマは6位に沈み、出場を逃した。ユヴェントス会長は、これによるクラブ財政への影響を危惧し、救済するべきだと主張した。

    「一方でローマについて考える。近年、イタリアのランキングをキープするのに貢献してくれたチームだが、1年間酷いシーズンを送ったために出場権を逃した。これにより財政的な面でも影響を受けることになる。投資や経費を保護していく必要もあるのではないだろうか」
    2020-03-06_13h01_31
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200306-00010008-goal-socc

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/02/26(水) 13:53:43.15
    チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、アタランタ対バレンシアの試合が現地時間19日に行われ、アタランタが4-1の勝利をおさめた。この試合を観るためにイタリアを訪れていたバレンシアファン4人に新型コロナウイルスに感染した疑いがあるようだ。25日に伊メディア『フットボールイタリア』が報じている。

    中国・武漢を発生源とする新型コロナウイルスは世界中に拡大しイタリアでは犠牲者が出ていた。欧州の中でイタリアは最も感染者が多く、特にアタランタが本拠地を置くベルガモのロンバルディア州は感染者が多発している。なお、試合はロンバルディア州のミラノにあるサン・シーロで行われていた。

    同メディアによると、バレンシアファン4人が新型コロナウイルスの兆候を見せているとのこと。現時点で新型コロナウイルスと断定されていないものの、自宅に留まるよう命じられているという。最近になってセリエAの試合が延期、または無観客試合になることが決定したが、アタランタ対バレンシアの試合はそういった対策が本格化する前に行われていた。
    2020-2-26_valencia_getty-560x373
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200226-00364429-footballc-socc

    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/02/23(金) 07:03:11.00 ID:CAP_USER9.net
    香川真司は3試合連続欠場。ドルトムントは伏兵の同点弾でベスト16進出決定

    【アタランタ 1-1 (2試合合計3-4) ボルシア・ドルトムント ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦2ndレグ】

    ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦2ndレグが現地時間22日に行われ、ボルシア・ドルトムントはアタランタと対戦し1-1で引き分けた。2試合合計で4-3としベスト16進出を決めた。ドルトムントの日本代表のMF香川真司は欠場した。

    試合は開始11分、アタランタが左CKのチャンスを得るとファーサイドでトロイが合わせ先制点を挙げる。その後もアタランタはドルトムントゴールに襲い掛かり31分にはローンがペナルティーエリア内でフリーの状況からシュートを打つもこれはビュルキが好セーブで防ぐ。なかなかチャンスを作れないドルトムントは33分にシュールレのパスからゲッツェがゴールを決めたかと思われたがオフサイドと判定され同点ゴールとはならなかった。

    同点ゴールが欲しいドルトムントは59分にロイスを投入し攻撃的に出ると81分にシュールレがペナルティーエリア内でフリーの状況からシュートを打つもGKの正面に蹴ってしまい得点ならず。しかし83分にロイスのシュートをGKが弾きこぼれ球をシュメルツァーが押し込み同点に追いつく。

    このまま試合は終了、ドルトムントは1-1で引き分けたものの1stレグとの合計で4-3と勝利しベスト16進出を決めた。

    【得点者】
    11分 1-0 トロイ(アタランタ)
    83分 1-1 シュメルツァー(ドルトムント)
    20180223_dortmund_getty-560x373
    https://www.footballchannel.jp/2018/02/23/post257592/
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/26(木) 12:40:22.04 ID:CAP_USER9.net
    ミランに所属する日本代表のMF本田圭佑について、アタランタが獲得に興味を示していると、イタリアラジオ局『ラディオ・スポルティーヴァ』が報じている。

    本田は現在、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督率いる若手主体のミランにおいて、出場機会を確保することができず、ベンチを温める日々が続いている。

    今冬の移籍市場において、同ポジションを争うことになるFWジェラール・デウロフェウも新たに加入し、厳しい立場となっている。

    ミランとの契約は今年6月末までとなっているものの、今月末までの移籍期間中にミラノを去る可能性がある。これまで、MLSや中国スーパーリーグへの移籍の噂が報じられてきたが、セリエAのアタランタが興味を示し、ダメ元ながらミランにレンタル移籍での獲得を提案したとみられる。

    アタランタはミラノから北東に50キロほどのベルガモに本拠地を置いている。今シーズンは、ジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督の下、リーグ戦で6位と好位置につけ、若手を中心に快進撃を続けている。
    2017-01-26_14h51_31
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170126-00000007-goal-socc
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 00:07:41.67 ID:CAP_USER*.net
    [4.3 セリエA第31節 アタランタ2-1ミラン]

    0 - 1  05' ルイス・アドリアーノ(PK)
    1 - 1  44' ピニージャ '  
    2 - 1  62' A・ゴメス

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10788901

    3日に行われたセリエA第31節、アタランタ対ミランの一戦は、2-1でホームのアタランタが勝利を収めた。ミランMF本田圭佑は負傷で欠場している。

    3試合白星がないミランは、本田不在で右サイドハーフに事前の報道どおり、デ・シリオを起用。キックオフ前には、亡くなったチェーザレ・マルディーニ氏を追悼する黙とうが行われた。

    立ち上がりの4分、ミランはいきなりPKを手にする。CKのボールをバッカが競ると、これがステンダルドのハンドを誘う。ルイス・アドリアーノが確実に決め、幸先の良いスタートを切った。

    だが、残留に向けて連勝を狙うアタランタも反撃。7分にはピニジャの反転クロスにゴメスが頭で合わせるが、ボールはポストの横へとそれる。

    なかなか決定機こそつくれないものの、ゴメスとピニジャの前線がミランに脅威を与えたアタランタは、44分にゴメスが中央突破からチャンスを手にするが、シュートはアントネッリのブロックに阻まれてしまう。

    だが、アタランタはこれで得たCKから試合を振り出しに戻した。ミラン守備陣が跳ね返して浮いたボールを、マジエッロが頭でつなぐと、ピニジャが見事なバイシクルでネットを揺らす。

    後半に入ってもアタランタの勢いは続き、ミハイロビッチ監督は58分、L・アドリアーノに代えてバロテッリを投入する。

    しかし、次の1点を手にしたのはアタランタだった。63分、左からのクロスをクルティッチが頭で落とし、拾ったデ・ローンのスルーパスから、ゴメスが追加点を奪う。

    逆転されたミランは、デ・シリオを下げてメネスを投入。直後にそのメネスがバロテッリのパスからシュートを放つと、72分にバロテッリのFKからバッカのヘッド、3分後にバロテッリの直接FKと、ゴールに迫るものの同点に追いつくには至らない。

    結局、ミランはそのままアタランタに逃げ切られ、4試合白星なし。7位サッスオーロとの勝ち点差が1に縮まった。

    GOAL 4月3日(日)23時58分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160404-00000031-goal-socc

    ゲキサカ 4月3日(日)23時58分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160403-01626070-gekisaka-socc

    写真
    no title
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1459696061/

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/11/08(日) 06:43:00.98 ID:???*.net
    【ミラン 0-0 アタランタ セリエA 第12節】

    イタリア・セリエA第12節が現地時間の7日に行なわれ、日本代表FW本田圭佑が所属するミランはホームでアタランタと対戦した。

    移籍志願が報じられた本田は20歳のFWニアンに先発の場を奪われベンチスタートとなった。両チームのスターティングメンバーは以下。

    【ミラン:4-3-3】
    GK:ドンナルンマ
    DF:デ・シリオ、メクセス、ロマニョーリ、アントネッリ
    MF:クツカ、モントリーボ、ポーリ
    FW:チェルチ、バッカ、ニアン

    【アタランタ:4-3-3】
    GK:スポルティエッロ
    DF:ライモンディ、トロイ、パレッタ、ドラーメ
    MF:グラッシ、デ・ルーン、チガリーニ
    FW:モラレス、ピニージャ、ゴメス

    立ち上がりが安定しないミランはアタランタに攻め込まれる展開が続く。しかし、19分にアタランタがアクシデントに見舞われる。ドラーメが負傷によりベッリーニと交代を強いられる。

    すると、ここから徐々にミランが押し返す。21分にはニアンのパスからバッカが抜けだしてシュートを放つも、なんとかDFがブロックした。続く38分にはニアンがドリブルで突破すると右足を力強く振りぬく。しかし、ここはスポルティエッロ好セーブ。そのまま前半はスコアレスドローで終了する。

    後半もアタランタが攻め立てる時間帯が続く。56分にはエリア内でA・ゴメスが倒れるも、これはシミュレーションの判定。PKにはならず。63分には16歳のGKドンナルンマが魅せる。ヘディングを素晴らしい反応で防ぐと、直後にもモラレスとの1対1を阻んだ。さらに69分にもグラッシのシュートを素晴らしい反応で弾く。

    GKドンナルンマの活躍でなんとか無失点に抑えるミランは、72分にニアンに替えて本田を投入する。試合終了間際にバッカ、本田、ポーリとつなぎ最後はチェルチが抜けだすも、このシュートは惜しくもサイドネット。最後までドンナルンマが立ちはだかったミランは0-0で勝点1を拾った。
    20151107_Donna_Getty-560x373
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151108-00010007-footballc-socc
    フットボールチャンネル 11月8日(日)6時41分配信
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1446932580/

     
    続きを読む

    2015-01-19_07h49_22
    1: クリス ★@\(^o^)/ 2015/01/19(月) 01:07:54.95 ID:???0.net
    結果 ACミラン0-1アタランタ
    得点 ジェルマン・デニス(前半33分)

    18日に行われたセリエA第19節、ミラン対アタランタの一戦は、1-0でアウェーのアタランタが勝利した。

    ミランはデ・シリオが負傷した左サイドでボネーラを先発に起用。ボナヴェントゥーラを中盤に置き、前線はチェルチ、メネス、エル・シャーラウィでスタートした。

    前節でトリノと引き分け、3試合白星がないミランは、立ち上がりの4分にクロスの跳ね返りからボナヴェントゥーラがダイレクトシュートでGKスポルティエッロを脅かす。14分にもカウンターからボナヴェントゥーラ、チェルチ、最後はメネスと渡ってシュート。枠をとらえなかったが、白星奪還に向けて先制点を目指した。

    だが、19分にはペナルティーアークからデニスにシュートを許す。ここはクロスバーに救われたが、ミランは徐々にアタランタに苦しんでいく。

    それでも30分、ミランはエル・シャーラウィが単独で突破してチャンスメーク。ペナルティーエリア左の深い位置から鋭いクロスを入れ、スポルティエッロに弾かれたボールをボナヴェントゥーラがシュートしたが、これも枠に飛ばない。

    すると33分、アタランタが均衡を破る。中盤で奪ったボールから、最後はモラレスがデニスにアシスト。ミラン守備陣の緩さを突き、中央を破ったデニスが、冷静に右足のアウトサイドで先制点を奪った。

    ミランはさらに36分、ボネーラが負傷で交代。アルメロ投入でカードを1枚切ることとなる。嫌な流れのミランは、アディショナルタイムのメネスのFKもポストの横にそれ、ビハインドを背負ったまま前半を終えた。

    インザーギ監督は後半開始からチェルチを諦めてパッツィーニを投入。生粋のセンターフォワードを入れ、カウンターからの失点のリスクを冒しつつ、負けられないミランは前に出る。だが、なかなかアタランタの壁を破ることができず。76分にはアルメロのクロスにエル・シャーラウィが頭で合わせるが、ボールはクロスバーを越えた。

    インザーギ監督は77分、最後のカードでモントリーヴォを下げ、ニアンを投入。アタッカーを増やして同点弾を狙う。だがその3分後、タッチライン際に来たボールを蹴り飛ばした指揮官は、主審に退席を命じられた。

    そのほか、サンプドリアは敵地でパルマに2-0と勝利し、ラツィオを抜いて4位に浮上。フィオレンティーナはババカルのアディショナルタイム弾で、キエーヴォにアウェーで2-1と勝利した。

    ジェノア対サッスオーロは3-3で、ウディネーゼ対カリアリは2-2でドロー。トリノは新加入のマキシ・ロペスの決勝点で、チェゼーナにアウェーで3-2と競り勝った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150119-00000036-goal-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1421597274/

     
    続きを読む


    BncHCcFIIAAgwoM
    2014-05-13_18h01_33
    アタランタ対ミランの試合でミランのコンスタン&デ・ヨングの近くに観客席から
    バナナが投げ込まれました。

    しかし写真ではバナナだけじゃなくデ・ヨングの足元近くにナイフのような物も確認できます。
    もしこれが本当に観客席から投げ込まれたナイフであれば恐ろしい行為ですね。





    続きを読む

    BnWpw_LCcAI3fiI
    <セリエA:アタランタ2-1ACミラン>◇11日◇ベルガモ

    日本代表MF本田圭佑(27)が所属するACミラン-アタランタ戦の後半にスタンドからバナナが投げ込まれた。

    本田は前半だけで退いており、右サイドバックのDFコンスタンを狙って投げ込まれたようにもみえた。

    試合はアタランタのホームゲーム。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140511-00000135-nksports-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ