海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:アデミウソン

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/10/10(月) 22:54:51.63 ID:CAP_USER9.net
    ▽サンパウロFCとガンバ大阪が、元U-23ブラジル代表FWアデミウソン(22)の売却で合意したようだ。ブラジル『esporte』が報じている。

    ▽サンパウロの下部組織で育ったアデミウソンは、2012年にトップチームに昇格。さらにU-17、U-20、U-21ブラジル代表として10番を背負い活躍をすると、欧州のクラブからも興味を抱かれていた。

    ▽2015年2月に横浜F・マリノスへレンタル移籍すると、明治安田生命J1リーグで33試合に出場し8得点を記録。今シーズンからはガンバ大阪へとレンタル移籍し、ここまで26試合に出場し7得点を記録していた。

    ▽『esporte』によると、サンパウロからG大阪への売却価格は300万ドル(約3億1000万円)で、G大阪は保有権の60%を獲得するとのこと。残りの40%はサンパウロが保有することとなる。

    なお、今後の移籍によって得る利益は、サンパウロ側も得ることができるとのことだ。

    超ワールドサッカー / 2016年10月10日 22時15分
    http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=255020

    写真
    pcimage (2)
    続きを読む


    ade-sc-n-140425084-ogp_0
    1: 失恋レストラソ ★@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 02:39:53.12 ID:CAP_USER*.net
    G大阪が昨季、横浜FMでプレーしたブラジル人FWアデミウソン(21)を獲得することが決定的となった。3日までに分かった。G大阪の複数の幹部が、交渉を認めている
     
    (詳細の内容については、4日首都圏、5日関西版発売のエル・ゴラッソ本紙を御覧下さい)

    By BLOGOLA編集部 on 2016/01/04


    ◆BLOGOLA
    http://blogola.jp/62539
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1451842793/

     
    続きを読む

    2015-04-25_20h44_03
    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/04/25(土) 19:58:13.72 ID:???*.net
    [4.25 J1第1ステージ第7節 横浜FM3-0湘南 日産ス]

     待望の初ゴールを決めた横浜F・マリノスのFWアデミウソンは、指で眼鏡をつくるようにした独特のポーズでゴールを祝った。「もともとは、プライベートで家族や友人とふざけてやっていました。サンパウロで初めてゴールを決めたときにやって、それからずっとゴールパフォーマンスとしてやってきました。これから、もっともっとやる回数を増やしていきたいですし、そのためにもっともっとゴールを決めて、周りの人にもマネしてもらえたらと思います」と、来日初ゴールを喜んだ。

    見事なゴールだった。左サイドでFW齋藤学がドリブルで仕掛け、アデミウソンが引いてつくり出した中央のスペースにMF兵藤慎剛が走り込む。落としたボールをアデミウソンがダイレクトで叩いた。アウトサイドキックで放たれたボールは、GK秋元陽太から逃げるようにゴールへ決まった。

    「兵藤選手が良いボールを落としてくれて、自分としては真っ直ぐボールに入っていきました。体の向きを変えて得意な形に持って行きたかったのですが、時間もなかったので、ボールに突っ込んだ形で、そのままシュートを打ちました。少し難しかったですが、正面から入ってアウトサイドにかかるように蹴りました。そういうシュートもGKには難しいボールになるかなと思いましたし、結果的に入ったので、そのまま打って良かったです」

    第2節のF東京戦(0-0)で初めて先発出場してから、5試合連続ノーゴールだった。6試合目にしての初ゴールについては「時間がかかりましたね」と言い「自分としても決めたかった中でチャンスがあっても決められませんでした。今日やっと決められたので、時間がかかるのはここまでにして、これから先はチャンスのたびにチームのためにゴールを決められたらと思います」と、安堵した様子だった。

    ブラジルの世代別代表で10番を着ける逸材も、「まったく違うサッカー」と、ブラジルと日本のサッカーの違いに戸惑いがあることを明かす。それでも、「ブラジル人の多くは、日本のサッカーが劣っているという見方があると思いますが、僕はそう思いません。ここに来てみたら、レベルが上、下ではなくて、まったく違うサッカーをやっている。一言で言うと、日本はダイナミックなサッカー。だからこそ、パススピードが必要だし、ボールを受けて、次の判断を早くしないといけない。その中で細かいことをやらないといけないので、すごく自分にとって勉強になっています」と、異なる環境に来て成長できている手応えを語った。

    ゲキサカ 4月25日(土)19時11分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150425-00471170-gekisaka-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1429959493/

     
    続きを読む

    1: ゴアマガラ ★@\(^o^)/ 2015/04/24(金) 17:39:24.31 ID:???*.net
    横浜F・マリノスは24日、明治安田生命J1リーグ1stステージ第7節・湘南ベルマーレ戦に向けて前日練習を行った。

     ホーム通算600点まであと1ゴールとなっている横浜FM。FWアデミウソンは「まずはチームが勝つことが大事」と話すも、「チャンスがあって取れたら嬉しい」と意欲を見せた。

     大きな期待を背負って加入したものの、ここまでノーゴールが続いている。本人のキャリアでも「レギュラーとして出ているチームでこれだけ決められないのは初めて」だという。

     だが、彼はゴールだけを目標にしているわけではない。自身の考えを説明する。

    「例えば自分のことしか考えずにプレーしていたら、もしかしたらゴールを決めていたかもしれない。でもそれはチームに悪影響を与える」

     中村俊輔、ラフィーニャといった攻撃の選手も復帰し、今節も途中出場する可能性が高い。アデミウソンは2人への信頼を示し、特に中村に対しては「日本のクラッキ」と称賛した。

     現在11位と出遅れた横浜FM。アデミウソンは加入後初ゴールを挙げ、チームを勝利に導くことができるだろうか。
    2015-04-24_20h22_20
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150424-00010019-footballc-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1429864764/

     
    続きを読む


    2015-03-16_18h13_06
    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/03/16(月) 17:05:02.18 ID:???*.net
    どうも、「ロマーリオ2世」という触れ込みはしっくりこない。

    横浜FMに加入し、14日のFC東京戦でJデビューしたアデミウソンのことだ。

    U-17時代から世代別ブラジル代表に名を連ね、来年のリオ五輪でも中心選手と目されているアデミウソン。18歳にして名門サンパウロFCでデビューを飾り、U-21ブラジル代表でも10番を背負うなど、将来の世界的ビッグネームと成りうる存在だ。ちなみに今回の移籍はマンチェスター・シティを傘下に置く「シティ・フットボール・グループ」が横浜FMと提携していることもあって加入が決まったと言われている。

    横浜FMはシーズン開幕前に、最前線のファーストチョイスと目されたラフィーニャが負傷。開幕戦では本来サイドアタッカーの齋藤学が1トップを務めるなど、選手の配置に苦心している。そんな状況を打破する得点源として期待を寄せられるからこそ「ロマーリオ2世」というニックネームを謳うメディアもあったのだろう。

    チーム合流から1週間も経たずに見せた、実力の片鱗。

    そんな状況で、チーム合流から1週間も経たずに迎えたFC東京戦。

    アデミウソンはいきなりスタメンに名を連ねたが、結局無得点に終わった。

    「あれは……ちょっと忘れたいくらいなんですけど、次の試合ではしっかりとチャンスを残してゴールを決めたいと思います」

    そう言って本人は苦笑していたが、この試合でも、実力の片鱗をうかがわせるプレーはあった。しかも高い個人能力で局面打開をするというより、周囲とのコンビネーションでチャンスを作ろうとしたプレーだった。

    そのスタイルをたとえるならば、ロマーリオでもなく、ネイマールでもない。

    むしろセレソンで言うと、コンダクター役を担うオスカル、といった趣なのだ。

    アデミウソンの非凡さを示すふたつのプレー。

    2つのプレーを例に挙げる。

    まずは、前半20分のこと。

    ペナルティエリア外側やや左でボールを受けたアデミウソンが、左サイドに流れた兵藤慎剛の勢いを殺さない絶妙なタイミングのパスを通す。兵藤のクロスは右に流れたものの、再びそのボールを拾った小林祐三の動きを予見するかのように、アデミウソンはゴール中央へと走り込む。相手DFに寄せられて体勢を崩しながら放ったシュートは、ゴール右隅をついていた。アデミウソンは攻撃の起点からフィニッシュまで、幅広く関与したのだ。

    続いては、55分のこと。ペナルティエリアやや外から兵藤が地を這うミドルシュートを放ち、GK権田修一が間一髪弾き出した決定機だ。

    兵藤へのラストパスは左サイドにいた藤本淳吾が送ったものだったが、その藤本がフリーになる状況を作ったのは、アデミウソンのダイレクトパスだった。さらにこのパスに、藤本が蹴りやすいように絶妙なスピンがかかっていたことも見逃せない。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150316-00822898-number-socc
    Number Web 3月16日(月)16時31分配信
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1426493102/

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/03/04(水) 12:46:37.10 ID:???*.net
    横浜F・マリノスは4日、サンパウロから期限付きで加入が決まったFWアデミウソンの背番号が「39」に決まったと発表した。

    アデミウソンはブラジル世代別代表で10番を背負う、王国期待の若手選手の1人。欧州ビッグクラブも注目し続けているが、今季は横浜FMでのプレーを決断した。

    21歳FWは、クラブ公式サイトで、以下のようなコメントを発表した

    「F・マリノスのようなビッグクラブと契約ができて幸せです。F・マリノスが関心を持ってくれたという今回の話を代理人から聞いた時は、とても嬉しく思いました。

    正直、自国からとても遠いことやブラジルと全てが違う場所に行くという事は、自分にとってとても大きな変化ですが、移籍に関してはチャレンジすることを即決しました。

    さっそく横浜のことを知りたくて日本でプレーしている友人に聞いたら、みんなが横浜のこともF・マリノスのこともとても良く言っていました。

    今年F・マリノスが掲げている目標を成し遂げられるよう力になりたいと思っていますし、ぜひタイトルを取ってみんなで幸せになれることを願っています」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150304-00369759-gekisaka-socc
    ゲキサカ 3月4日(水)12時32分配信
    2015-03-04_16h30_39
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150304-00369759-gekisaka-socc.view-000
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1425440797/

     
    続きを読む

    yokohamafm_news_ademilson_20150226
    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/03/02(月) 00:56:59.92 ID:???*.net
    ポテンシャルは間違いなく本物

    開幕を約1週間後に控えた2月28日、横浜が新外国籍選手の獲得を発表した。新戦力の名はアデミウソン。ブラジルの名門サンパウロ育ちの21歳のストライカーだ。

    各年代のブラジル代表にも選ばれてきた期待の逸材。そのプレースタイルや将来性についてレポートする。

    ――◆――◆――

    カカやオスカール、ルーカス・モウラら世界屈指のタレントを輩出してきたサンパウロ。そんな王国屈指の名門の下部組織で這い上がってきた男が、アデミウソンだ。

    11歳からサンパウロの下部組織で育ち、U-17ブラジル代表のエースとして、11年のU-17ワールドカップで大会得点王を獲得。裏への鋭い抜け出しや、長短の正確なシュートなど若き日のロマーリオに似たプレースタイルから、“ノヴォ・ロマーリオ(新しいロマーリオ)”と称された逸材は、その後もU-20ブラジル代表でもプレー。自国開催となる来年のリオデジャネイロ五輪を目指すU-21代表にも招集されている。

    代理人の政治力でU-17代表の肩書きを得るが、その後鳴かず飛ばずの選手も珍しくないなか、アデミウソンは順調に世代別代表でステップアップしてきた。もっとも、前線に新旧のブラジル代表クラスが揃うサンパウロでは12年のトップチーム昇格後、一年を通じてフルにレギュラーとして稼働できずにいた。

    昨年のコパ・リベルタドーレスではクラブ史上最年少ゴールをマーク。12年には背番号11を与えられるなどクラブ側の期待度は高かったが、課題は若さゆえのムラっ気だ。ひとたび決定機を外すと空回りする悪癖があり、サンパウロでは3シーズンで公式戦114試合に出場し15得点。今季も1月に行なわれた開幕前の親善試合には出場しているが、1月末におたふく風邪に感染するなど、コンディション調整に失敗した。

    しかもサンパウロの今季の前線にはアレシャンドレ・パトやルイス・ファビアーノ、アラン・カルデッキの代表経験者やミシェウ・バストス、さらには2月に獲得したアルゼンチン代表のセントゥリオンがいることから、アデミウソンは苦しい立場に立たされていた。2月27日の会見でムリシー・ラマーリョ監督は「アデミウソンは出番を確保できない状態が続いていた。試合に出続けて成長するという意味では、彼にとってレンタル移籍は良い機会」と説明。サンパウロ側も、初の国外クラブでのプレーは、アデミウソンが課題を克服するために恰好の場だと考えていたようだ。

    肝心のプレースタイルは、抜群のスピードと当たり負けしないフィジカルを活かした突破力、ミドルレンジからも鋭く射抜くシュート力が持ち味だ。周囲から活かされるタイプのフィニッシャーなだけに、比較的Jリーグへのフィットは速いだろう。「世代別代表の背番号10」という見出しがスポーツ紙によってひとり歩きしているが、プレースタイルは完全にFW。1.5列目でのプレーも可能だ。

    サンパウロのサポーターからは“マキニーニャ(小さなマシーン)”の愛称で親しまれてきた俊英のポテンシャルは間違いなく本物。メンタル面の課題と、Jリーグのテンポに馴染めば、新天地でゴールマシーンとしてフル稼働しうるだろう。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150301-00010010-sdigestw-socc
    SOCCER DIGEST Web 3月1日(日)15時57分配信
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1425225419/

     
    続きを読む


    yokohamafm_news_ademilson_20150226
    1: casillas ★@\(^o^)/ 2015/02/28(土) 10:23:58.40 ID:???*.net
    横浜Mが、ブラジルU―21代表FWアデミウソン(21)=サンパウロ=の獲得に動いていることが27日、分かった。

    ブラジルのスポーツサイト「グローボ・エスポルテ」が報じた。ロマリオ2世との呼び声が高く、過去にはACミランやRマドリードも獲得に興味を示した逸材だ。

     獲得交渉は、横浜Mが昨年業務提携契約を結んだマンチェスターCなどの運営母体シティフットボールグループが行っている。獲得が決まれば横浜Mにレンタル移籍させるという流れで、将来の欧州移籍を見据えて出場機会に恵まれない南米の金の卵に日本で経験を積ませる狙いがある。移籍金は750万ユーロ(約10億円)とされている。
     
     横浜Mは外国人枠3枠のうち1つを残しており、獲得に支障はない。昨季得点数リーグ13位だった攻撃陣の起爆剤として期待される。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150227-00000261-sph-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1425086638/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ