海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:アビスパ福岡

    1: Egg ★ 2018/12/30(日) 19:42:34.05 _USER9
    アビスパ福岡は30日、レガネスからスペイン人GKジョン・セランテスを獲得したと発表した。

    現在29歳のセランテスは、地元クラブのバラカルドCFでトップチームデビューを飾って以降、スペインの複数クラブを渡り歩いた。

    2014年にCDルーゴからレガネスへレンタル移籍。翌年完全移籍を果たすと、2015ー16シーズンにはリーグ戦全42試合に出場してクラブの史上初となる1部昇格に大きく貢献した。

    その後ケガの影響もあり正GKの座を失ったが、リーガ・エスパニョーラでも通算14試合に出場している。

    セランテスはクラブの公式サイト上で以下のようにコメントを発表。意気込みを語っている。

    「アビスパ福岡が与えてくれたこの機会に、私はとても幸せで感謝しています。日本は本当に私を惹きつける国であり、そして今回、私がアビスパ福岡の野心的なプロジェクトを聞き、これに参加することができ幸運に感じています。できるだけ早くアビスパ福岡に適応し、アビスパ福岡に関係する皆さんが私を獲得して良かったと思えるようハードワークしていきます」

    12/30(日) 19:37配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181230-00883947-soccerk-socc

    写真
    no title


    セランテス 選手 CDレガネスより完全移籍加入のお知らせ
    https://www.avispa.co.jp/news/post-21816

    ■経 歴
    2008-2009 バラカルドCF(スペインセグンダB)
    2008-2009 SDデウスト(スペインセグンダB、期限付移籍)
    2009-2010 バラカルドCF(スペインセグンダB)
    2010-2011 バラカルドCF(スペインセグンダB)
    2011-2012 アスレチックビルバオⅡ(スペインセグンダB)
    2012-2013 アスレチックビルバオⅡ(スペインセグンダB)
    2013-2014 バラカルドCF(スペインセグンダB、期限付移籍)
    2014-2015 CDルーゴ(スペインセグンダ)
    2014-2015 CDレガネス(スペインセグンダ、期限付移籍)
    2015-2016 CDレガネス(スペインセグンダ)
    2016-2017 CDレガネス(スペインリーガエスパニョーラ)
    2017-2018 CDレガネス(スペインリーガエスパニョーラ)
    2018-    CDレガネス(スペインリーガエスパニョーラ)
    通算出場試合数:182試合

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/15(土) 21:05:30.15 _USER9
    J2アビスパ福岡のホームゲームに今季から福岡のチアダンスチーム「RFC」が登場した。サポーターのチャント(応援歌)に合わせて華やかなダンスを披露し、スタジアムに新たな魅力を加えた。

    中心メンバーのKANA(カナ)さん(25)は自身のインスタグラムのフォロワーが福岡のみならず、台湾、香港などにも広がり、約1万8000人に達した“半端ないチア”。インターネットで資金を募るクラウドファンディングでは200万円以上を集めてテレビでも話題の「アジアの舞姫」だ。

    【別カット写真(4枚)】「美人すぎるチア」RFCのKANAさん
    https://www.nishinippon.co.jp/nsp/photo/show/341407/

    ■九産大九州高出身
    RFCが初めてアビスパのホームゲームに登場したのは9月1日の大分戦。この日に合わせ、サポーターと事前に打ち合わせたKANAさんはチャントに合わせたダンスを何曲も振り付け、本番に臨んだ。試合は後半ロスタイムのゴールで1-0の劇的勝利。「サッカーの応援は、サポーターさんの歌がないと、あの勢いはつかないし、会場の雰囲気は盛り上がらない。サポーターさんの力って、すごいと感じました」とKANAさんも大興奮の一日となった。

    KANAさんはJリーグで有名なG大阪チアダンスチームを学ぶためにG大阪のホーム、パナソニックスタジアム吹田で試合を観戦し、サッカー流の応援を学ぶなど研究に余念がない。レベスタではその後、大宮戦、ホーム最終戦の熊本戦にも登場し、いずれも福岡が白星を収めた。

    福岡マラソンでの応援や、さまざまなイベントで華麗なダンスを披露するKANAさんは3歳からダンスを始め、強豪の九産大九州高チアリーディング部で高校時代を過ごした。卒業後、一時は社会人として働いていたが、人を笑顔にできるチアダンスの魅力を再発見し、RFCに入った。

    ■子供たち200人指導
    加入5年目で現在は「RFCジュニア」や「アビスパ福岡チアリーダーズ・ジュニア」の子供たち約200人を教える講師も務めている。「元気や明るさを皆さんに届けたい。そのために自分ももっとパフォーマンスを向上させたい」と真っすぐにチアダンスに取り組む。

    ■「美人すぎるチア」としてTBS系の「林先生が驚く初耳学!」でも紹介

    そんな舞姫の人気が一気にアジアに広がったのは昨年末だった。活動を知ってもらおうと、クラウドファンディングを行い、出資者にリターンとして写真集を配る仕組みを作ると、目標の200万円を超え、約270万円もの資金が集まった。ネット上で全世界に広がったキュートな笑顔。インスタグラムのフォロワー数は約1万8000人で、そのフォロワー分布で福岡市に次いで多いのは台北市(台湾)で、以下、香港、高雄市(同)と続くという。一躍注目を集め、「美人すぎるチア」としてTBS系の「林先生が驚く初耳学!」でも紹介された。

    KANAさんには夢がある。「チアの力で福岡からエールを送り、みんなをハッピーな気持ちにしてその場をもっと明るくしたい。私たちが九州のパワースポットと言われるようになるように頑張りたい」と瞳を輝かせた。

    12/14(金) 10:19配信 西スポ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181214-00010000-nishispo-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/14(金) 18:19:37.90 _USER9
    J2福岡は14日、来季の監督にレアル・マドリード(スペイン)元助監督で、イタリア人のファビオ・ペッキア氏(45)が就任すると発表した。年明けに来日する予定。

    ペッキア氏はクラブを通じ「新しい冒険について、非常にわくわくしています。日本のサッカーの成長は著しく、その証拠に今年行われたワールドカップでは素晴らしい結果を残しました。日本の文化を知ることで人間的にも、指導者としても成長できる機会を与えてくれたアビスパ福岡に感謝いたします」とコメントした。

    ペッキア氏は現役時代、イタリア・セリエAのユベントスで1997~98年シーズンにリーグ優勝を経験。引退後はナポリ(イタリア)やレアル・マドリードなどで助監督を務め、2016~17年シーズンにはセリエBのベローナ(イタリア)の監督としてセリエAへと昇格させた。

    今季の福岡は7位でJ1参入プレーオフ進出を逃し井原正巳監督(51)が退任。クラブは井原氏が築いた堅守をベースにしつつ攻撃力を高めるチームづくりを掲げ、後任を探していた。

    鈴木健仁強化部長は「主導権を持った組織的かつ攻撃的なサッカーと、堅守を兼ね備えた戦い方をチームに植えつけ、勝者のメンタリティーでJ2優勝、J1昇格に導いてくれる人物と考えています」とコメントした。

    12/14(金) 17:58 西日本スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181214-00010012-nishispo-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/01(日) 18:33:47.50 ID:CAP_USER9.net
    [4.1 J2第7節 福岡2-1栃木 レベスタ]

    ベテランとして軽率なプレーとなってしまった。アビスパ福岡のDF岩下敬輔はホームで迎えたJ2第7節・栃木SC戦に先発出場。前半に栃木MF夛田凌輔を挑発して一発退場に追い込んだが、その後に自身も2枚目のイエローカードを受けて退場を命じられた。

    問題のシーンは2-0の前半17分。福岡の左CK時のポジション争いで夛田が倒れると、岩下が乗っかるように夛田の右足を踏みつける。夛田がこれを振り払って岩下が転ぶと、主審は夛田にレッドカードを提示。岩下はイエローカードを受けた。

    数的優位となった福岡だったが、前半21分に岩下が空中戦の競り合いで無理にDF服部康平を後ろから押し倒し、PKを献上。岩下はこの判定に対する抗議で2度目の警告を受け、退場を命じられる。試合状況を考えれば、軽率といえる守備対応とその後の振る舞いとなってしまった。

    福岡は栃木FW大黒将志がPKを外して難を逃れるが、前半33分に服部に1点を返されて2-1。しかし、その後の反撃を許さず、1点差のまま逃げ切った。

    4/1(日) 15:40配信 ゲキサカ
    2018-04-01_20h59_04
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180401-01652175-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:THE FURYφ ★ :2018/03/13(火) 21:12:20.05 ID:CAP_USER9.net
    「売れ残ったら正直困ります(笑)」――。アビスパ福岡は13日、17日に行われる第4節甲府戦で販売する限定Tシャツのデザインを発表した。背面にはFW森本貴幸が描いた衝撃的な絵がプリントされている。

    クラブの公式サイトによると、2月に行われたキックオフフェスタの一幕がデザインのポイント。GK神山竜一、FW松田力、DF實藤友紀、MFユ・インスが『ふ・く・お・か』の4文字で作文をつくり、それをもとに森本が描いたという。

    前面に描かれている文面によると、作文は「普段から」(神山)、「クレイジーな森くんが」(松田)、「『おしりからボール』を描くのは」(實藤)、「カンタンデス!」(ユ・インス)だった模様。背面にはその通りのイラストが独特のタッチで描かれている。

    同日、公式サイトやSNSでデザインを発表した。冒頭のコメントは公式インスタグラム(@avispaf)でのもの。公式サイトでは「着用すればメンタルも強くなる!そしてきっと癖になる!一皮むけたあなたに出会えること間違いなしです」と述べられている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180313-01651454-gekisaka-socc

    画像

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/07(日) 10:46:47.77 ID:CAP_USER9.net
    J2福岡は7日、川崎Fから元日本代表FW森本貴幸(29)を完全移籍で獲得したと発表した。

    川崎市出身の森本は東京Vジュニアユースに所属していた04年3月13日の磐田戦(ヤマハ)に、当時史上最年少の15歳10カ月6日で出場し、Jリーグデビュー。06年にはイタリア・セリエAのカターニアへ移籍し、イタリアでの7シーズンで104試合19得点の成績を残した。

    13年8月にJ2千葉で7年ぶりにJリーグ復帰。16年から川崎Fに加入し、17年はリーグ11試合で3得点だった。日本代表としては08年北京五輪、10年ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会を経験している。

    森本は両クラブを通じてコメントを発表。川崎Fを通じては「2年間、お世話になりました。大好きな街、川崎に戻ってきてプレーすることが出来て良かったです。自分自身の成長の為に新しいチャレンジに挑みます。またいつか、川崎に戻ってきたいと思います。これからもよろしくお願いします」とメッセージ。

    新天地となる福岡を通じては「今シーズンより、川崎フロンターレから加入することになりました森本貴幸です。これまで培ってきた全てのものを出し、アビスパ福岡のJ1昇格に貢献できるように頑張っていきたいと思います。宜しくお願いします」とした。

    1/7(日) 10:38配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180107-00000106-spnannex-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/06(土) 06:54:02.72 ID:CAP_USER9.net
    J2アビスパ福岡のDF冨安健洋(19)がベルギー1部シントトロイデンに移籍することで大筋合意したことが5日、分かった。近く正式に契約が結ばれる。

    2020年東京五輪世代の主力として期待される冨安について、クラブはJ1昇格に不可欠な戦力として慰留に努めた。

    だが、福岡の下部組織出身選手として初の五輪、ワールドカップ(W杯)出場を見据える若い才能の活躍の場を世界に広げることがクラブの未来にもつながると判断。億単位の移籍金で送り出すことを決断したもようだ。

    福岡が生んだ“最高傑作”の固い意思を尊重した。昨季、J2では規格外のパフォーマンスでリーグ最少タイ36失点の守備を支えた冨安には海外クラブのほか、J1の強豪も獲得に興味を示した。クラブは下部組織出身の冨安の強い海外志向を受けて熟考を重ね、活躍の場を海外に広げることが本人とクラブの未来のためのベストな選択だと判断。移籍金が発生する本格的な海外移籍はクラブ初とみられる。

    シントトロイデンは、昨秋に日本のネット関連会社「DMM.com」が100%株式を取得。クラブの象徴となり得る日本人の若手有望株の調査を進め、高い能力と伸びしろを持つ冨安を選んだ。欧州のクラブがJ1やフル代表でほぼ実績のない日本人プレーヤーを億単位の移籍金をかけてまで獲得に動くのは、異例と言える。

    福岡のクラブ史に刻まれる移籍を果たす冨安は、これまでも数々の記録を残してきた。中学から福岡の下部組織に入り、高校2年だった2015年にトップチームの公式戦出場が可能となる2種登録をされ、同年の天皇杯でクラブ史上最年少の公式戦出場を果たした。16年に高校3年でプロ契約を結ぶと、同年7月には17歳8カ月8日でクラブのJ1最年少出場。そのままレギュラーに定着した。

    「アジアの壁」と呼ばれた元日本代表DFの井原正巳監督らによる指導と、チーム一と誰もが認める練習量で、大器はさらに成長。身長188センチの恵まれた体格を生かした守備だけではなく、ボランチも務めた足元の技術や百戦錬磨のFWも駆け引きで封じるクレバーさも持つセンターバックになった 。

    今年もJ1自動昇格圏の2位以上を目指す福岡にとって中心選手の移籍は痛い。それでもクラブの進化のために勇気ある一歩を踏み出した。

    ◆シントトロイデンVV 1924年に創設されたベルギー1部のプロサッカークラブ。ホームタウンはベルギー東部のシントトロイデン市。同国1部と2部の昇降格を繰り返し、2015~16年シーズンに1部へ復帰。同シーズンには小野裕二(J1鳥栖)もプレーした。17~18年シーズンは21試合を終えて16チーム中6位。昨年11月に日本のネット関連会社「DMM.com」が経営権を取得した。

    ◆冨安健洋(とみやす・たけひろ)1998年11月5日生まれ。福岡市出身。三筑キッカーズから福岡U-15(15歳以下)を経て同U-18へ。2015年の高校2年時にトップチームに2種登録され、同年10月14日の天皇杯3回戦・町田戦で公式戦デビュー。翌16年にトップチームに正式に昇格し、J1リーグ戦10試合出場。昨年はJ2で35試合に出場し、3月19日の熊本戦でプロ初得点。昨年5、6月のU-20W杯では日本の16強入りに貢献した。188センチ、78キロ。

    2018年01月06日 06時00分西日本新聞
    https://www.nishinippon.co.jp/sp/nsp/avispa/article/384521/

    写真


    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/31(日) 16:28:49.38 ID:CAP_USER9.net
    アビスパ福岡は31日、ブラジルのシャペコエンセから32歳のFWトゥーリオ・デ・メロを完全移籍で獲得した。

    トゥーリオは今シーズン、ブラジル1部リーグで24試合出場7ゴールをマーク。カップ戦でも9試合2得点を記録しており、1シーズンで33試合9ゴールを奪っていた。クラブの公式ホームページでトゥーリオは以下のようにコメントした。

    「アビスパでプレーすることになり本当に幸せです。アビスパのユニホームに袖を通し、自分にできる全てを捧げることができる喜びを感じています。一日も早く仲間たちと一緒にピッチに立ち、目標達成に向けて戦いたいです」


    12/31(日) 16:21配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171231-00693084-soccerk-socc

    写真
    続きを読む


    0211logo1

    1:シャチ ★ :2017/12/03(日) 21:46:00.39 ID:CAP_USER9.net
    人気声優の田村ゆかりが3日、自身のツイッターを更新。J1昇格プレーオフ(PO)敗退が決まり、降格から1年でのJ1復帰を逃したサッカーJ2のアビスパ福岡にエールを送った。

    田村は「今のオフサイドじゃなあおよおおあああおおお」「オフサイド…オフサイドオフサイドオフサイドオフサイドオフサイド…」などとツイートしながら熱心に観戦。試合後は「あー悔しい…悔しい悔しい悔しい!!仕事再開してくる」とつぶやいた。

    そして、その後は心を落ち着けて再びツイートを再開。「今年もたくさんの夢をありがとう。悔しい時もあったけどでもやっぱり楽しかったよ。出会えたたくさんの人にもありがとう。来年も応援させてね。どこにいてもアビスパ福岡が大好きだよ。

    ちょっとずつちょっとずつ前に進んでこう!」とつづると、さらにツイッターを更新し「勝たなきゃダメだったんだ。勝負だから。ここ一番だから。でも最後まで諦めずに走ってた選手にはありがとうを伝えたい。拍手を送りたい。見守ってたチームの皆さんやサポさんや関わってたみんなに。見えないとこでも支えて力になってた人は沢山いる。諦めない。来年も」と熱くエールを送った。

    田村は「魔法少女リリカルなのは」の高町なのは役、「NARUTO」のテンテン役などで知られる人気声優。大のアビスパサポーターとして知られ、昨季5年ぶりにJ1昇格を果たしながら1年でのJ2降格が決まると「来季も応援するよ!俺たちは君と生きる!」とツイート。今年11月5日には明治安田生命J2リーグ第40節・湘南戦(レベスタ)にスペシャルゲストとして来場し、「田村ゆかり×アビスパ福岡」コラボタオル製作などで協力していた。

    今季の福岡は4位でJ1昇格PO出場を果たし、準決勝では5位の東京Vに1―0で勝利。この日行われた決勝では3位の名古屋と0―0で引き分けに終わり、年間順位上位の名古屋がJ1昇格を決めた。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171203-00000164-spnannex-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ