海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:アンチェロッティ

    1:Egg ★ :2017/10/24(火) 19:14:59.13 ID:CAP_USER9.net
    中国スーパーリーグの広州恒大は、次期監督にカルロ・アンチェロッティ氏を招へいするようだ。広東省の共産党公式メディアである『Nanfang Daily』が伝えた。

    前週末、ルイス・フェリペ・スコラーリ監督の元、7シーズン連続となるリーグ優勝を達成した広州恒大。しかし、スコラーリ監督の契約は今季限りとなっており、後任選びが注目されていた。

    『Nanfang Daily』によると、来月頭のシーズン終了後、広州恒大は即座に新指揮官を発表するという。1週間の休暇の後、新しいトレーニングを新監督が担当することになると伝えている。

    そして「予想外のことが起こらなければ、新監督はイタリア人の(カルロ)アンチェロッティになるだろう。彼との契約は、広州恒大と(同郷のマルチャロ・リッピが監督を務める)中国代表チームとの連携を円滑にしてくれる」と報じた。

    9月にバイエルン・ミュンヘンを解任され、フリーとなっていたアンチェロッティ氏。古巣ミランなど数々のビッグクラブが招へいを狙っていたと報じられていたが、経験豊富なイタリア人指揮官の新天地は、中国になるようだ。

    10/24(火) 18:13配信 goal
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171024-00010002-goal-socc

    写真

    続きを読む

    fa0beb12-9ba2-4c7a-c522-122c5fda1a8f

    1:数の子 ★@\(^o^)/:2017/09/30(土) 19:08:38.20 ID:CAP_USER9.net
    ブンデスリーガ王者の監督がシーズン序盤で解任されたことはサッカー界に衝撃をもたらした。しかし、実はそこには5人の選手との亀裂があったという。果たしてバイエルンに潜んでいた「5人の敵」とはいったい誰なのか、30日にスペイン『マルカ』が明かしている。

    (1)アリエン・ロッベン
    ロッベンがアンチェロッティ氏と波長が合っていないことを疑う者はいないだろう。共に仕事をした期間を通して両者は何度も意見が一致していなかった。また、同選手の意見はチーム内で多くの支持を得ていた。

    (2)フランク・リベリー
    リベリーはアンチェロッティ氏が行ったローテーションの弊害を被ったうちの一人である。ロッベン同様、同選手は頻繁にベンチ入りし、そして先発出場しても早々と交代させられていた。

    (3)トーマス・ミュラー
    ミュラーはアンチェロッティ体制における最大の犠牲者の一人であり、同選手の評価が下がってしまう結果となってしまった。ミュラーはファン・ハール時代やペップ・グアルディオラ時代には輝きを放っていたということもあってか、「何がしたいのかわからない」とアンチェロッティ氏を批判していた。
     
    (4)ジェローム・ボアテング
    完敗したチャンピオンズリーグの対パリ・サンジェルマン戦後にアンチェロッティ氏はボアテングを使わなかったことに対して悔いはないと説明していた。同氏の下であまり出場機会を得ることができなかった同選手も敵のうちの一人である。
     
    (5)マッツ・フンメルスorロベルト・レバンドフスキorキングスレイ・コマン
    5人目の「敵」は明らかになっていないものの、上記の3名のうちの一人ではないかと推測されている。ドイツ紙『キッカー』はアンチェロッティ氏とこの3人の関係は悪化していたと明かしていた。
    https://japan.football-tribe.com/2017/09/30/14114/
    続きを読む

    1:数の子 ★@\(^o^)/:2017/09/28(木) 23:07:40.46 ID:CAP_USER9.net
    バイエルン・ミュンヘンは27日、「カルロ・アンチェロッティ監督との契約を解除した」と公式発表した。

    昨年夏にジョゼップ・グアルディオラ監督の後任としてバイエルン・ミュンヘンにやってきたアンチェロッティ。

    初年度からブンデスリーガ優勝を果たすなど結果を残したものの、昨年末からはやや調子を落とし、今季はチーム内での内紛も囁かれていた。

    バイエルン・ミュンヘンはこの解任の理由をチャンピオンズリーグでの不調としており、先日のパリ・サンジェルマン戦における大敗などを分析した結果であるとのこと。

    なお、ダヴィデ・アンチェロッティ、ジョヴァンニ・マウリ、ミーノ・フルコ、フランチェスコ・マウリらコーチ陣も同時にバイエルンを去ることとなる。

    暫定的にアシスタントであったウィリー・サニョル氏がチームの指揮を引き継ぎ、日曜日のヘルタ戦は彼がベンチに座ることになるようだ。
    fa0beb12-9ba2-4c7a-c522-122c5fda1a8f
    http://qoly.jp/2017/09/28/bayern-ssacked-ancelotti-kgn-1
    続きを読む

    1:数の子 ★@\(^o^)/:2017/09/28(木) 21:16:10.67 ID:CAP_USER9.net
    バイエルン・ミュンヘンは、早ければ28日にカルロ・アンチェロッティ監督を解任する可能性があるという。ドイツ『ビルト』など複数メディアが報じた。

    バイエルンは28日、チャンピオンズリーグ・グループB第2節でパリ・サンジェルマンに完敗。相手DFダニエウ・アウベス、FWエディンソン・カバーニ、ネイマールに得点を許して敵地で0-3と屈した。

    この状況を前に、バイエルン幹部はアンチェロッティ監督の解任を考慮している模様だ。後任には、昨季までボルシア・ドルトムントを率いていたトーマス・トゥヘル氏が挙げられているとされる。
    2017-09-28_22h32_48
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170928-00000020-goal-socc
    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/04/30(日) 11:40:30.05 ID:CAP_USER9.net
    2017年4月30日 7時40分

    Football ZONE web
    ドイツ王者バイエルンが480億円の大補強計画 衝撃の札束攻勢で狙うワールドクラス3人とは
    2017-04-30_13h41_55
    アンチェロッティ監督はグリーズマン、ヴェラッティ、ムバッペの獲得リクエスト

    ドイツ王者バイエルン・ミュンヘンが、来季に向けて超巨額補強を展開しようとしているという。カルロ・アンチェロッティ監督の母国イタリアの「コリエレ・デロ・スポルト」紙が報じている。

    同紙によると、バイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲ会長はアンチェロッティ監督と補強ポイントに関する会合を持ち、そのリクエストにゴーサインを出したという。その対象は、現在のサッカー界でもトップクラスの高額移籍金が必要な3人だ。

    リストアップされたのは、アトレチコ・マドリードのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン、パリ・サンジェルマンのイタリア代表MFマルコ・ヴェラッティ、さらにモナコで急成長を遂げている18歳新鋭のフランス代表FWキリアン・ムバッペだという。

    ルンメニゲ会長は、その3人の補強候補に対して総額4億ユーロ(約480億円)の予算を承諾。移籍金のみでなく年俸交渉分も含まれると見込まれるものの、一人当たり160億円の予算になる。グリーズマンに関しては、移籍金が1億ユーロ(120億円)必要な選手という評判だが、金銭的な予算だけで言えば十分にクリアできるレベルだ。

    欧州王者奪還へ、移籍市場で話題集めるか

    バイエルンはアンチェロッティ監督の下でブンデスリーガ優勝に近づいているものの、ドイツ杯では日本代表MF香川真司が所属するボルシア・ドルトムントの前に準決勝で敗退。UEFAチャンピオンズリーグも、レアル・マドリードと激突した準々決勝で敗退した。

    ドイツの絶対王者、そして欧州王者の奪還を目指すバイエルンは、衝撃の札束攻勢を展開する準備を着々と進めている。日本円にして500億円近い大補強計画は、移籍市場で話題を集めることになりそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170430-00010006-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/06(金) 02:23:32.73 ID:CAP_USER9.net
    バイエルン・ミュンヘンのドイツ代表FWトーマス・ミュラーは、昨季まで4シーズン連続で公式戦20ゴール以上を記録し、チームの絶対的エースとして君臨していたが、カルロ・アンチェロッティ新監督が就任した今季前半戦のブンデスリーガでは13試合出場でわずか1ゴールと、不振に喘いでいる。

    バイエルンOBのローター・マテウス氏は後半戦で、ミュラーがベンチ要員になると警告を発している。ドイツ地元誌「シュポルト・ビルト」が報じている。

    「先発イレブンに自分の場所を探すことは、後半戦トーマス・ミュラーにとっては容易なことではないだろう。カルロ・アンチェロッティのチームに、彼の本当の居場所はない」

    1984年から88年、インテル移籍を経て92年から2000年まで通算12シーズンにわたってバイエルンでプレー。1990年イタリア・ワールドカップで西ドイツ(現ドイツ)の優勝に大きく貢献した闘将は、現在のバイエルンの象徴的存在であるアタッカーにさらなる冷たい風が吹きつけることを予告している。

    ミュラーは昨夏の欧州選手権にドイツ代表の一員として出場したが、まさかの無得点に終わった。そして今季就任したアンチェロッティ監督の導入した4-2-3-1システムでは中央にスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラが入り、右ウイングにオランダ代表FWアリエン・ロッベンが入る試合が多い。

    「サンチェスが大きく出場時間を伸ばす」

    「右ウイングではアリエン・ロッベンがより強力な選手だ。4-2-3-1システムでセカンドストライカーの居場所はない」

    ミュラーは受難の日々を迎えることになるという。

    「あの(トップ下)ポジションにはチアゴが入ると思う。彼は前半戦、力強かった。彼はミュラーよりも多様性がある。レナト・サンチェスは後半戦、大きく出場時間を伸ばすと確信している」とマテウス氏は続けた。

    2021年夏まで契約を残すミュラーは、マテウス氏の言葉通りに受難の後半戦を送ることになるのだろうか。
    2017-01-06_07h55_47
    Football ZONE web 1/5(木) 21:20配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170105-00010026-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/03(火) 22:08:19.91 ID:CAP_USER9.net
    ここ数年、イタリア人監督が欧州各国で数多くの成功を収めている。

    今シーズンではプレミアリーグのチェルシー就任1年目、アントニオ・コンテ監督が13連勝で首位をキープ。昨シーズン、夢のリーグ優勝を果たしたレスターのクラウディオ・ラニエリ監督に続くイタリア人監督のプレミア連覇も視界に入ってきた。

    これについて77歳の大御所、ジョバンニ・トラパットーニ氏は「決してサプライズではない」と言い切る。「アントニオはユヴェントスでタイトルを勝ち得た。監督としてセリエBも経験し、そしてイタリア代表でのキャリアを経て満を持してプレミアに挑んでいる。つまり実践的な指導者としての体験があるということだ」と評価した。

    そして忘れてはならないのが、現在ブンデスリーガに挑戦しているバイエルンのカルロ・アンチェロッティ監督だ。セリエAではミランでスクデットやチャンピオンズリーグ(CL)、コッパ・イタリアを獲得し、国外へ挑戦。2010年にはチェルシーでプレミアリーグ優勝、また2014年はレアル・マドリードでCLを制すと、クラブワールドカップも勝ち取り世界一となった。2013年にはパリ・サンジェルマンでチームをフランス王者に導いている。

    トラパットーニ氏は確信している。「イタリア、イングランド、フランス、スペインを制覇した。次にドイツ王者になるのは疑いもない。彼自身がそれぞれの国での経験を生かしながら、選手時代のMFとしての基本方針を貫いているからだ。それらが助けとなっている」。アンチェロッティ監督が出身国イタリアに加えて、スペイン、イングランドにフランス、そしてドイツとヨーロッパの主力リーグを指導者として制覇する日もそう遠くはないだろう。

    またマンチェスター・Cを優勝に導いたロベルト・マンチーニ氏、ロシアのゼニトで名をあげたルチアーノ・スパレッティ監督(現ローマ)もいる。アジアでは、日本代表監督だったアルベルト・ザッケローニ氏がなじみ深い。またマルチェロ・リッピ中国代表監督は広州恒大からアジアに名を馳せた。

    イタリアサッカーはCL出場枠が3に減ったまま、国別の競争力としては低迷している。しかし、指導者を送り出すという点においては、今後、もっと注目されてもいいはずだ。ユヴェントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督も来シーズンのプレミアリーグ行きが報じられている。プレーヤーだけではなく、そんなイタリア人指導者の動向にも注目していきたい。
    2017-01-04_07h14_01
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170103-00535717-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/06/30(木) 15:03:11.73 ID:CAP_USER9.net
    ◆限られた戦力で魅力的なスタイルを実現する男

    現在世界で最も優れた指揮官は誰なのか。近年ではジョゼップ・グアルディオラ、ジョゼ・モウリーニョ、カルロ・アンチェロッティ、ディエゴ・シメオネといったあたりだろうか。しかし、伊『Calciomercato』はこの4人でもイタリア代表を率いるアントニオ・コンテには敵わないと断言している。

    同メディアがコンテを世界最高の指揮官と考える理由は、その選手層にある。コンテはイタリアを率いてスペイン代表を2-0で破ったが、選手層の豪華さではスペインやイングランド、ベルギー、ドイツ、フランスらの方が上だろう。

    今回のEURO2016に臨むイタリア代表は史上最弱との見方さえあった。しかしコンテは常に適切な11人をピッチに送り出し、確かな結果を残している。特にスペイン戦では決して守り切るわけではなく、巧みなパスワークで試合を支配していた。

    グアルディオラ、アンチェロッティの2人も名将だが、同メディアは彼らが率いたチームはスター選手が所属するチームばかりだと主張しており、弱者の立場で結果を残していないことがコンテとの明確な差だと伝えている。

    モウリーニョもポルトでチャンピオンズリーグ優勝を果たすなど印象的な結果を残しているが、同メディアはコンテに比べてモウリーニョのサッカーは魅力的ではないと指摘。スペイン相手にゲームを支配したコンテの方が実力は上と捉えている。

    最後に残ったのはシメオネだが、シメオネのサッカーは少しコンテと似ている部分がある。選手たちは献身的に走り、激しくファイトする。このあたりはコンテの求めていることと同じだ。

    しかし同メディアは、コンテの作るチームはシメオネのチームほど守備的ではないと主張しており、徹底的に守備を固めるシメオネよりコンテの方が魅力的との意見だ。

    限られた戦力で結果を出し、なおかつ見る者を魅了する面白いスタイルで戦う。この両方を実現しているコンテはまさに現在世界最高の指揮官なのかもしれない。
    2016-06-30_17h23_55
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160630-00010005-theworld-socc
    続きを読む

    2016-05-12_19h01_03
    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/05/12(木) 18:08:06.81 ID:CAP_USER9.net
    バイエルン・ミュンヘンのドイツ代表MFマリオ・ゲッツェは、来季からバイエルン・ミュンヘンを率いるカルロ・アンチェロッティ氏の構想には入っていないようだ。ドイツ紙「南ドイツ新聞」によれば、ゲッツェはすでに新監督と直接電話で会談し、来季の立場が保証されていないと伝えられたという。

    15年にレアル・マドリード監督を解任されて以来、2シーズンぶりの現場復帰が決まっているアンチェロッティ氏だが、すでにバイエルンで大きな影響力を示しているようだ。

    10日に獲得が発表されたばかりのポルトガル代表MFレナト・サンチェスについても、クラブに獲得を要求していた逸材だという。さらに、イタリア人指揮官はゲッツェに対して、レギュラーとしてプレーしたいのであれば移籍すべきとの旨を伝えたという。

    アンチェロッティ氏の構想内で、攻撃のセンターラインに入るのは前線がポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキとドイツ代表FWトーマス・ミュラー、セントラルMFがスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラ、チリ代表MFアルトゥーロ・ビダルといった選手たち。ゲッツェの序列は彼らより下になるため、レギュラーの保証はないという。

    2017年でバイエルンとの契約満了を迎えるゲッツェは、ジョゼップ・グアルディオラ監督の下でファーストチョイスではなかったのに続き、すでに新体制での立場も危うくなっている。

    23歳の小柄なアタッカーには、恩師ユルゲン・クロップ監督率いるリバプールや古巣ドルトムントが興味を示していると伝えられている。14年ブラジル・ワールドカップでは決勝アルゼンチン戦でドイツを優勝に導くゴールを決めた男が、ブンデス王者のなかで苦境に立たされている。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160512-00010011-soccermzw-socc
    続きを読む

    1: 1級神2種非限定φ ★@\(^o^)/ 2015/12/20(日) 20:40:39.50 ID:CAP_USER*.net
    バイエルン・ミュンヘンは今季限りで退任するジュゼップ・グアルディオラ監督の後任、レアル・マドリード前監督のカルロ・アンチェロッティ氏を来季招聘することを決定した。クラブが公式サイトで正式に発表した。

    クラブとの契約が2016年6月末までとなっていたグアルディオラ監督について、カール・ハインツ・ルンメニゲCEOも契約延長もに自信をのぞかせていたが、3年契約が満了となるスペイン人の名将の慰留は叶わなかった。「グアルディオラが我々にもたらしてくれたもの感謝し、近年の成功を祝福したい」 とCEOはスペイン人指揮官の功績を称えた。

    ペップはバイエルンですでに2度のリーグ優勝をはじめ、DFBポカール、UEFAスーパーカップ、FIFAクラブワールドカップをそれぞれ一度制している。今季も前半戦を終えてリーグ首位、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)でもグループ首位でベスト16進出を果たすなど、順調な歩みを続けている。

    プレミアリーグ挑戦がうわさされているが、来季以降の去就については未だ決まっていない。

    後任は14年にレアルで“デシマ(10回目のCL優勝)”を成し遂げたイタリアの名将、アンチェロッティ氏となる。3年契約に合意したと伝えられている。ミランやチェルシー、パリ・サンジェルマンでリーグタイトルを獲得した指揮官は、これがイタリア、イングランド、フランス、スペインに次ぐ5カ国目の指揮となる。

    スペインの名将からイタリアの名将へ。バイエルンで超豪華な監督交代が実現した。
    GettyImages-486282689
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151220-00010022-soccermzw-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1450611639/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ