海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:アーセナル

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/03/21(火) 19:11:40.31 ID:CAP_USER9.net
    今季限りでアーセナルとの契約が切れるアーセン・ベンゲル監督(67)は、フランス1部パリサンジェルマンから2年契約のオファーを受け取ったと、21日付の英紙サンが報じた。

    パリサンジェルマンは今夏、エメリ監督に代わって、ベンゲル監督を指名したいと考えているようだ。ベンゲル監督は、ウェストブロミッジ戦で1-3と敗れた後に「自分の去就は決めた」と意味深な発言をしていた。

    アーセナルの幹部らは、ベンゲル監督の去就は自ら決めるべきだと考えを持っているという。パリサンジェルマンのオーナーは、エメリ監督の下、失望したシーズンを送っているが、ベンゲル監督なら向上させてくれると信じていると報じた。

    また、ベンゲル監督は、近日中に幹部らと面会をして、自身の去就に関して話すとみられている。
    2017-03-21_21h44_16
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170321-01795692-nksports-socc
    続きを読む

    2017-03-19_01h45_33

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/03/18(土) 23:26:20.54 ID:CAP_USER9.net
    3/18 12:30K.O.(日本時間21:30)

    ウェスト・ブロムウィッチ 3-1 アーセナル

    12' 1-0 ドーソン
    15' 1-1 A・サンチェス
    55' 2-1 ロブソン・カヌ
    75' 3-1 ドーソン

    http://www.fuoriclasse2.com/cgi-bin/g.cgi?engpl&1617&170318#289
    http://www.livescore.com/soccer/england/premier-league/west-bromwich-albion-vs-arsenal/1-2252470/

    順位表
    http://www.livescore.com/soccer/england/premier-league/
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/03/14(火) 09:03:00.92 ID:CAP_USER9.net
    アーセナルのドイツ代表MFメスト・エジルが、チームを率いるアーセン・ヴェンゲル監督に関する意外な習慣を独紙『ビルト』で明かした。

    今季でアーセナル就任21シーズン目となるヴェンゲル監督だが、プレミアリーグに来る前はJリーグの名古屋グランパスを率いていた。

    フランスのモナコを率いていたのち、1995年に名古屋の監督に就任すると、同年の天皇杯でサンフレッチェ広島を下してクラブ史上初の主要タイトルを獲得。翌年のゼロックススーパーカップでも横浜マリノス(当時)に勝利している。

    日本ではおよそ1年半を過ごしており、それが影響しているのか、エジルはアーセナルで習慣化されている“日本流”について明かしている。

    「僕たちはフロントで外用シューズを脱いで、ソックスで入らないといけない。僕たちの監督は日本で指導していた。だから、この伝統を一緒に持ち込んだんだろうね」

    ヴェンゲル監督はアーセナルとの契約が今季末までとなっており、いまだ契約延長の合意はない。チャンピオンズリーグではバイエルン・ミュンヘンに2試合合計スコア2-10で大敗を喫し、7年連続のベスト16敗退となったことで、ファンはヴェンゲル監督の契約延長を反対するデモ行動を起こす事態に発展している。
    20170313_wenger_gettty-560x373
    フットボールチャンネル 3/14(火) 7:40
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170314-00010006-footballc-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/03/13(月) 17:57:34.70 ID:CAP_USER9.net
    アーセナルに所属するドイツ代表MFメスト・エジルがドイツ紙『ビルト』のインタビューに応え、同クラブでUEFAチャンピオンズリーグ(CL)を制覇することが目標だとコメントした。引用して12日付けのイギリス紙『メトロ』が報じている。

    エジルとアーセナルの契約は来シーズンで切れるため、同選手の去就に関しては様々な憶測が述べられてきた。現時点では延長の発表はなく、今夏の移籍も噂されている。

    しかしエジルはドイツ紙『ビルト』のインタビューで、「アスリートたるもの、決して満足することはない。いつか、アーセナルでチャンピオンズリーグを獲りたいんだ」とコメント。同クラブはすでに今シーズンのCLから敗退しており、契約を延長しない限り来シーズンがラストチャンスとなる。

    その新契約に向けた交渉に関してもエジルはコメントしており、「今もオープンだよ。アーセナルの首脳陣とも何度か話し合ったんだ」と延長に向け前向きな姿勢を示した。その上で「でも、僕は今のシーズンに集中したいと考えている。それは首脳陣も同じなんだ」と、シーズン終了まではプレーに専念する考えを明らかにしている。

    エジルは2013-14シーズンにレアル・マドリードから加入し、司令塔として躍動。クラブがプレミアリーグで2位となった昨シーズンには、歴代2位となる19アシストを記録してクラブ年間最優秀選手にも選出された。退団が報じられるチリ代表FWアレクシス・サンチェスとともに、その動向に注目が集まっている。
    2017-03-13_19h04_28
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170313-00562421-soccerk-socc
    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/03/12(日) 11:49:51.43 ID:CAP_USER9.net
    AFP=時事 3/12(日) 11:44配信

    イングランドFAカップ準々決勝、アーセナル対リンカーン・シティ。戦況を見守るアーセナルのアーセン・ベンゲル監督(2017年3月11日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

    【AFP=時事】イングランドFAカップ(FA Cup 2016-17)は11日、準々決勝が行われ、アーセナル(Arsenal)は5-0で5部リンカーン・シティ(Lincoln City)を一蹴。契約延長がまだ決まらないなかで、批判をいったん封じ込める勝利を収めたアーセン・ベンゲル(Arsene Wenger)監督は、改めて留任を希望したものの、具体的にいつまで残るかについては明言しなかった。

    ベンゲル体制に不満を抱くアーセナルのファンは、指揮官の退任を求める抗議活動を行っており、7日の欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League 2016-17)でバイエルン・ミュンヘン(Bayern Munich)に屈辱的な大敗を喫したこともあって、本拠地エミレーツ・スタジアム(Emirates Stadium)ではその勢いがさらに強まっていた。

    ベンゲル監督は「私自身に関する質問が最近多くなっているが、私の話ばかりするのはもうやめにしよう。私はこれまでも全力でこのクラブに尽くす姿勢を示してきたし、ここにいる間はその姿勢が変わることはない」と語った。

    「それはいつまでかって?今はわからない。クラブへの強い忠誠は見せてきたし、私はここにいたい。いつも通り、自分の仕事に集中している。仕事の評価はほかの人に任せる」

    「みんなあれこれとしゃべるが、だからといって話す内容が真実とは限らない。われわれはそういったことと付き合いながら、ピッチで結果を残さなくてはならない。話したい人は話せばいいし、われわれは自分の力を見せるだけだ」

    「問題があれば解決に取り組む。私は負けず嫌いだし、これまでも問題の解決には力を入れてきた。そして大きさの差はあれ、問題はいつだって発生する」 【翻訳編集】 AFPBB News
    2017-03-12_13h36_13
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170312-00000011-jij_afp-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/03/09(木) 22:09:23.53 ID:CAP_USER9.net
    5b4ae333-01b3-4ec9-9b8d-0f32ebabe877
    9日、アーセナルは公式サイト上で公式声明を発表した。

    この声明は、契約が今季限りとなっているアーセン・ヴェンゲル監督に関するもの。

    アーセナルはCLでバイエルンに完敗するなどファンの間からヴェンゲル解任論が出ており、チェアマンを務めるサー・チップス・ケスウィックの名で声明が発表された。

    その内容は以下の通り。

    サー・チップス・ケスウィック(アーセナルチェアマン)

    「我々は、現在クラブに向けられている注目の目をしっかりと把握しており、その議論についても理解している。

    ファンのそれぞれに個人的な意見を持つ資格があることは尊重するが、我々は長期的な利益を確保しながら、これからもこの偉大なサッカークラブを経営していかなければならない。

    アーセン(ヴェンゲル監督)はシーズン終了まで契約が残っている。どんな決断も我々によって相互に行われ、適切な時に正しい手段で伝えられることになる」

    ヴェンゲル監督の去就については今後に決定がなされるという。動向に注目だ。

    http://qoly.jp/2017/03/09/arsenal-official-statement-on-arsene-wenger-kwm-1
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/03/08(水) 15:19:15.45 ID:CAP_USER9.net
    [3.7 欧州CL決勝トーナメント1回戦第2戦 アーセナル1-5バイエルン]

    アーセナルは7日、ホームで戦ったUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)決勝トーナメント1回戦の第2戦のバイエルン戦に1-5で敗れた。敵地での第1戦も1-5で敗れていたアーセナルは、屈辱的な大敗で大会を去ることになった。

    7季連続16強敗退。20年を超えるアーセン・ベンゲル体制の交代を推す声の増長も避けられそうはない。試合後の会見で、67歳の名将ははイライラが抑えきれない様子で、公然と審判批判を繰り返している。『スカイ』がコメントを伝えた。

    「私たちはバイエルンにプレッシャーを与えていたが、残念な結果に終わってしまった。1-0のときのあれは100%、ウォルコットに対するPKだ。後半は審判が試合を壊してしまった。その後は、とてもむずかしい状況になった。だがいずれにせよ、今日の審判はとてもバイエルンの力になっていた」

    「(ロベルト・)レワンドフスキについては、PKだけじゃなく、オフサイドでもあった。しかもなぜかこちらがレッドカードをもらうってしまった。あれで完璧に終わった。まとめると、バイエルンは良いチームではあった。だが今日に関しては、審判の後半戦における判断に、彼らは感謝しなければならない。そういう他ないだろう」

    「私は怒っているし、あの場面ではフラストレーションを感じた。私たちはすでにむずかしい立場に立たされていたのに、さらにあれで厳しくなってしまったからね。起こったことを考えれば、まったくもって説明がつかないし、スキャンダルなことだよ」

    「私たちは冷静に受け止めなければならないし、私も立ち上がらなければならない。多くの批判を浴びることになるだろうが、私の心は変わらない。この試合では、正しい判断が行われなかった。私たちのプレーはとても良かったと感じている。ただ審判に台無しにされてしまった。試合を壊したのは審判だ。まったくもってあの審判は無責任だよ」

    去就問題は当然騒がしくなる。最後のCLになるのかという質問も飛ぶが、指揮官は次のように突き放している。

    「分らない。君たちは見出しになる発言を引き出そうとしているのだろうが、私が語るのはサッカーだ。私の将来ではない」
    2017-03-08_15h51_04
    ゲキサカ 3/8(水) 12:04配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170308-01637551-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:豆次郎 ★@\(^o^)/:2017/03/08(水) 06:48:04.85 ID:CAP_USER9.net
    チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグが7日に行われ、アーセナルとバイエルンが対戦した。

    第1戦は敵地で1-5の敗戦を喫したアーセナル。7シーズン連続のベスト16敗退がちらつくが、4点差をひっくり返しての逆転に向け、アーセン・ヴェンゲル監督も「攻めてゴールを奪いにいくだけ」と意気込む。先発メンバーにはGKダビド・オスピナ、アーロン・ラムジー、セオ・ウォルコット、オリヴィエ・ジルー、アレクシス・サンチェスらが名を連ねた。

    一方、第1戦で圧倒的なアドバンテージを手にしたバイエルン。だが、カルロ・アンチェロッティ監督は「クオリティーを見せつけて勝ちたい」とあくまでも連勝で6シーズン連続の準々決勝を目指す。GKマヌエル・ノイアー、マッツ・フンメルス、チアゴ、アリエン・ロッベン、ロベルト・レヴァンドフスキらが先発出場となった。

    試合は4ゴール以上を必要とるすアーセナルが主導権を握る一方で、バイエルンはカウンターから虎視眈々とゴールを狙う。均衡が破れたのは20分、アーセナルが先制した。右サイドでパスを受けたウォルコットがドリブルで相手DFラインを切り裂き、エリア内右に突破。そのままフリーで右足を振り抜き、強烈なシュートでゴールネットを揺らした。

    勢いに乗るアーセナルは34分にも、シュコドラン・ムスタフィのスルーパスから、ウォルコットが再びエリア内右に抜け出して右足シュートを放つが、これはわずかに枠を捉えられなかった。バイエルンの最大のチャンスは38分、ロッベンが右サイドから中央に切り込んで浮き球スルーパスを供給。ゴール前に抜け出したレヴァンドフスキが、後方からのボールに右足ダイレクトボレーで合わせるが、ゴール左に外れた。

    45分、エリア手前右でFKを得たアーセナルは、サンチェスが直接狙うが、これはGKノイアーにキャッチされた。前半はこのままアーセナルの1点リードで折り返す。

    後半に入って53分、アーセナルはローラン・コシェルニーがゴール前に抜け出したレヴァンドフスキを倒してPKを献上。コシェルニーはイエローカードを受けた後、抗議していた流れでレッドカードも提示され、一発退場となった。

    バイエルンは55分、このPKをレヴァンドフスキがGKの逆を突いてゴール右隅に沈めた。同点かつ数的有利となったバイエルンが攻勢に出ると68分、高い位置でボールを奪うと、ロッベンがエリア内へ抜け出し、フリーで左足シュートを決めて、勝ち越しに成功した。

    流れを変えたいアーセナルは72分、ラムジー、ジルー、サンチェスを下げてフランシス・コクラン、メスト・エジル、ルーカス・ペレスを送り出す。

    だが、バイエルンの勢いは止められない。78分、カウンターから途中出場のドウグラス・コスタがエリア手前右から左足シュート決めて3点目。さらに80分にはシャビ・アロンソが高い位置でボールをカットし、前線へラストパス。これをアルトゥーロ・ビダルが飛び出したGKを見て冷静にループシュートを沈めた。

    さらに85分には、途中出場のレナト・サンチェスが前線へスルーパスを供給。コスタがエリア内左へ抜け出し、GKの目の前で横パス。並走していたビダルが無人のゴールに流し込んでリードを4点に広げた。

    試合はこのままタイムアップ。アーセナルは主将コシェルニーの退場が響き、2試合連続となる1-5の完敗で7シーズン連続のベスト16敗退となった。バイエルンが2試合合計10-2とし、6シーズン連続の準々決勝を果たした。

    【スコア】
    アーセナル 1-5(2試合合計:2-10) バイエルン

    【得点者】
    1-0 20分 セオ・ウォルコット(アーセナル)
    1-1 55分 ロベルト・レヴァンドフスキ(PK)(バイエルン)
    1-2 68分 アリエン・ロッベン(バイエルン)
    1-3 78分 ドウグラス・コスタ(バイエルン)
    1-4 80分 アルトゥーロ・ビダル(バイエルン)
    1-5 85分 アルトゥーロ・ビダル(バイエルン)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170308-00560154-soccerk-socc

    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/03/06(月) 19:07:27.08 ID:CAP_USER9.net
    アーセナルのエースのチリ代表FWアレクシス・サンチェス(28)が、クラブに退団する意思を伝えたという。6日付の英紙サンが報じた。

    同選手はベンゲル監督との口論後、練習を途中で放棄したことにより、5日に行われたリバプール戦(1-3で敗戦)ではベンチスタートだったという。サンチェスの態度に怒ったチームメートたちとも小競り合いとなり、監督と選手たちとの控室での関係は崩壊したと報じた。

    また同選手は、今夏にアーセナルを退団する意思を明白にしたとのこと。チームメートたちも、サンチェスの態度にいら立ち、自分勝手な選手だと思い始めているという。さらに、ほとんど選手が同監督がサンチェスをベンチスタートにさせた処分に賛成しているという。
    2017-03-06_19h41_04
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170306-01788511-nksports-socc
    続きを読む


    【スコア】
    リヴァプール 3-1 アーセナル

    【得点者】
    1-0 9分 ロベルト・フィルミーノ(リヴァプール)
    2-0 40分 サディオ・マネ(リヴァプール)
    2-1 57分 ダニー・ウェルベック(アーセナル)
    3-1 90+1分 ジョルジニオ・ワイナルドゥム(リヴァプール)
    2017-03-05_09h15_46

    SOCCER KING
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ