海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:アーセナル

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/23(月) 11:58:10.22 ID:CAP_USER9.net
    プレミアリーグ第22節が21日と22日に各地で行われた。

    首位に立つチェルシーはハルをホームに迎えた。先発復帰を果たしたFWジエゴ・コスタの先制ゴールなどで2-0と勝利を収め、2連勝で2位以下との勝ち点差を広げた。

    チェルシーを勝ち点差「7」で追う2位リヴァプールは、スウォンジーと対戦。2点を先行される苦しい展開だったが、FWロベルト・フィルミーノの2ゴールで試合を振り出しに戻す。しかしながら、74分に再びリードを許し、そのまま2-3で敗れた。

    3位トッテナムは5位マンチェスター・Cとの上位対決。スコアレスで迎えた後半、MFレロイ・ザネ、MFケヴィン・デ・ブライネの得点でマンチェスター・Cが2点をリードする。しかしながら、トッテナムがそこからMFデレ・アリ、FWソン・フンミンのゴールで追いつき、ドローに終わった。

    4位アーセナルは、後半アディショナルタイム8分のFWアレクシス・サンチェスの劇的な決勝点でバーンリー勝利し、2位に浮上。6位マンチェスター・UはFWウェイン・ルーニーが後半アディショナルタイムに直接フリーキックを沈め、ストークと引き分けに持ち込んだ。

    また、今節は日本人対決も実現し、日本代表DF吉田麻也所属のサウサンプトンと同FW岡崎慎司所属のレスターが対戦。ともに先発出場を果たした試合は、サウサンプトンが3-0と完勝を収めた。

    プレミアリーグ第22節の結果は以下のとおり。

    ■プレミアリーグ第22節結果
    リヴァプール 2-3 スウォンジー
    ボーンマス 2-2 ワトフォード
    クリスタル・パレス 0-1 エヴァートン
    ミドルスブラ 1-3 ウェストハム
    ストーク 1-1 マンチェスター・U
    ウェスト・ブロムウィッチ 2-0 サンダーランド
    マンチェスター・C 2-2 トッテナム
    サウサンプトン 3-0 レスター
    アーセナル 2-1 バーンリー
    チェルシー 2-0 ハル

    ■プレミアリーグ第22節順位表
    1位 チェルシー(勝ち点55/得失点32)
    2位 アーセナル(勝ち点47/得失点27)
    3位 トッテナム(勝ち点46/得失点29)
    4位 リヴァプール(勝ち点45/得失点24)
    ==========CL==========
    5位 マンチェスター・C(勝ち点43/得失点15)
    ==========EL==========
    6位 マンチェスター・U(勝ち点41/得失点12)
    7位 エヴァートン(勝ち点36/得失点10)
    8位 ウェスト・ブロムウィッチ(勝ち点32/得失点2)
    9位 ストーク(勝ち点28/得失点-6)
    10位 ウェストハム(勝ち点28/得失点-7)
    11位 サウサンプトン(勝ち点27/得失点-4)
    12位 ボーンマス(勝ち点26/得失点-7)
    13位 バーンリー(勝ち点26/得失点-9)
    14位 ワトフォード(勝ち点24/得失点-13)
    15位 レスター(勝ち点21/得失点-13)
    16位 ミドルスブラ(勝ち点20/得失点-7)
    17位 スウォンジー(勝ち点18/得失点-25)
    ==========降格==========
    18位 クリスタル・パレス(勝ち点16/得失点-11)
    19位 ハル(勝ち点16/得失点-27)
    20位 サンダーランド(勝ち点15/得失点-22)
    2017-01-23_14h38_13
    SOCCER KING 1/23(月) 7:45配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170123-00544691-soccerk-socc
    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/01/23(月) 01:26:37.54 ID:CAP_USER9.net
    アーセナル 2-1 バーンリー

    59' 1-0 ムスタフィ
    65' ジャカ(アーセナル) 退場
    94' 1-1 グレイ PK
    98' 2-1 アレクシス・サンチェス PK



    http://www.livescore.com/soccer/england/premier-league/arsenal-vs-burnley/1-2252392/
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/20(金) 12:45:23.50 ID:CAP_USER9.net
    ロンドンで行われたプーマの新作スパイク『エヴォパワー VIGOR 1』の発表イベントに参加したアーセナルのフランス代表FWオリビエ・ジルと元チェコ代表GKペトル・チェフが、今季50歳のシーズンを迎えるカズことFW三浦知良への敬意を語った。

    横浜FCはカズの代名詞である背番号11にかけて、1月11日11時11分に今季の契約更新を発表した。奇しくも今季のJ2開幕日でもある2月26日に50歳の誕生日を迎えるカズの存在は、世界中のメディアも注目。GKイケル・カシージャス(ポルト)はツイッターで賛辞を送っていた。

    アーセナルを代表する2選手も感銘を受けている様子。チェフは「50歳まで現役でプレーすることは素晴らしいこと。先週、彼が49歳で契約延長をしたという話を聞いて驚いたし、彼は体調管理から練習までサッカーにすべてを尽くしている。素晴らしい話だ」と絶賛すると、「僕があと5年プレーできるかどうかは分からないけど、無理だとも言い切れない。自分が100%できると思えばプレーしたい」と自身のキャリアに重ね合わせた。

    また以前にも「ストライカーとして長くプレーするのは難しいことなんだ。本当に尊敬するよ」と話していたジルも「信じられないくらいすごいことだ」と改めて称賛。「僕は40歳、45歳、50歳というような年齢までプレーする選手をすごく尊敬している。彼の今後を応援したいし、今後もプレーし続けてほしい」とエールを送った。

    そしてジルは「僕がグルノーブルにいた時に何人かの日本人選手と一緒にプレーしたのを覚えている」と話し始めると、自らFW大黒将志(京都)やFW伊藤翔(横浜FM)の名前を列挙した。さらに「それと左ウインガーの……名前が思い出せない。すごくいい選手だったんだけど…」と報道陣へ逆質問。

    時間が来たためその場を離れようとしたが、唐突にこちらを振り返り「ウメ!」と大声をあげる。2007年にグルノーブルでチームメイトだったMF梅崎司(浦和)にたどり着き、喉のつまりが取れたかのような安堵感に浸っていた。

    なお日本での『エヴォパワー VIGOR 1』の発売は、2月24日よりプーマオンラインストア、プーマストア、プーマ取り扱いの店舗で予定。現在は予約を受け付けている。
    2017-01-20_14h08_36
    ゲキサカ 1/20(金) 8:00配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170120-01636044-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/20(金) 00:14:30.74 ID:CAP_USER9.net
    アーセナルの名将アーセン・ベンゲル監督(67)が「オフサイド廃止」に反対した。

    国際サッカー連盟(FIFA)技術部門の責任者で、元オランダ代表FWのファンバステン氏が18日に、規則改定の試案を披露。90分の試合後に延長戦を行わず、選手がゴール前25メートルからドリブルしてGKと8秒の間に1対1で対決するペナルティーシュートアウトの導入、オフサイド廃止、前後半制から4クオーター制への変更、10分間の一時退場(シンビン)を命じるオレンジカードの導入、選手の公式戦出場を年間60試合程度に制限することなどの改革案を挙げた。

    ベンゲル監督は19日の会見で「規則改訂そのものが重要ではなく、(サッカーの)改善こそが目標。一時退場など議論に値するものもあるが、オフサイド廃止は興味深いものではない」と語った。オフサイド廃止に反対する理由について「オフサイドは、チームスポーツの大きな特性である一体感を必要とする。また、知性を使えるルールでもある」と説明。「守備側が攻撃側を苦しめれば、攻撃側が新たな解決策を生み出す。それに対し、また守備側が対応する。このようにしてサッカーは進化してきた」。オランダ代表のトータルフットボール、ACミランのゾーンプレスのように、“革命”はピッチ内で生み出されるものであって、ルール改正によって行われるものではないとの見解を示した。
    2017-01-20_08h02_39
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170119-00000138-spnannex-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/10(火) 12:03:17.31 ID:CAP_USER9.net
    アーセナルほどのビッグクラブにもなれば、レンタル移籍させられている若手選手も多い。そこで結果を出せばアーセナルに戻ることができ、彼らはレンタル先で自身の能力を示そうと必死になっている。昨夏サンフレッチェ広島からアーセナルに移籍し、そこからシュツットガルトにレンタル移籍している日本代表FW浅野拓磨もその1人だ。

    浅野はシュツットガルトでウイングとして試合に出場しており、得点にも絡んでいる。では、来季浅野はアーセナルに戻れるのだろうか。

    英『Football London』はアーセナルからレンタル移籍している選手を特集しており、アーセナルでプレイするにふさわしい選手がいるかを検証している。そこで浅野は高い評価を得ているのだ。

    同メディアは浅野を「速く、エクセレントなドリブラー」と紹介しており、シュツットガルトでクオリティを見せていると評価されている。また、最前線でもサイドでも能力を発揮できるとの評価で、このまま成長できれば来季アーセナルに戻るチャンスはあると伝えられている。

    さらに印象的なのが同メディアのおこなったアンケート調査だ。来季アーセナルでビッグインパクトを残せる選手は誰かとの問いで、浅野はボーンマスにレンタル移籍しているMFジャック・ウィルシャーと並んでトップとなる34%の票を集めている。シュツットガルトで見せているパフォーマンスが評価されている証だろう。

    現在のアーセナルではアレクシス・サ ンチェス、オリヴィエ・ジルーらハイレベルな選手が前線に構えているが、浅野はここに割って入れるか。
    2017-01-10_12h52_02
    theWORLD(ザ・ワールド) 1/10(火) 11:50配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170110-00010006-theworld-socc
    続きを読む

    1:pathos ★@\(^o^)/:2016/12/27(火) 23:29:31.33 ID:CAP_USER9.net
    18日に行われたプレミアリーグ第17節のマンチェスター・C戦の開始前、アーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェスが交わした会話の内容が話題になっているようだ。25日付のイギリス紙『サン』が報じている。

    マンチェスター・Cの選手たちは、14日に行われたプレミアリーグ第16節のワトフォード戦でじん帯を負傷したドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンにエールを贈るため、入場の際に同選手のユニフォームを着用した。すると、ピッチに向かう通路で整列していたマンチェスター・Cのチリ代表GKクラウディオ・ブラボのところへサンチェスがやって来て、以下のようなやり取りを交わしたという。

    ・サンチェス「何かあったの?これ、誰?」
    ・ブラボ「彼はひざを怪我してしまったんだ」
    ・サンチェス「8番って誰なの?」
    ・ブラボ「ギュンドアンだよ」
    ・サンチェス「ユースの選手?」
    ・ブラボ「違うよ。彼はドイツ代表でもプレーしている選手だよ」
    ・サンチェス「はは、俺は何も知らないんだなあ」

    なんと、サンチェスはギュンドアンのことを全く知らなかった模様。ギュンドアンは今夏の移籍市場でドルトムントからマンチェスター・Cに加入したばかりとはいえ、サンチェスの無知ぶりに地元ファンは驚きを隠せなかったようだ。

    ちなみに、2014年11月27日のチャンピオンズリーグ(CL)グループステージでアーセナルとドルトムントが対戦した際、両者はともに先発フル出場を果たしており、同じピッチ上で顔を合わせている。

    (記事/Footmedia)

    2016-12-28_00h44_37
    ニュースサイトで読む: http://mainichi.jp/articles/20161227/sck/00m/050/016000c#csidxb6f78e59afda473ab798be87a66719a
    続きを読む

    【マンチェスター・シティ 2-1 アーセナル プレミアリーグ第17節】

    現地時間18日にプレミアリーグ第17節の試合が行われ、アーセナルはアウェイでマンチェスター・シティと対戦。アーセナルは、セオ・ウォルコットのゴールで先制するも逆転され、シティに1-2で敗戦を喫した。

    前節のエバートン戦でリーグ戦15試合ぶりの敗戦を喫した3位のアーセナル。一方今節は、1ポイント差で4位につけるマンチェスター・シティとの上位対決となった。

    アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は、前節のスタメンからオックスレイド=チェンバレンのみをイウォビに代えてこの試合に挑んだ。

     一方、シティの指揮官のジョゼップ・グアルディオラ監督は、ギュンドアンが膝の十字靭帯の負傷したことを受けて4-2-3-1の布陣から4-5-1の布陣へ変更。中盤には右からサネ、トゥーレ、フェルナンド、シルバ、スターリングが並び、ワントップにデ・ブライネを置いた。

    開始して5分、サンチェスの縦パスに抜け出したウォルコットが冷静に右足でゴールに流し込み、開始早々アーセナルが先制に成功する。一方その2分後には、シティも反撃に出る。左サイドからのクロスにスターリングが頭から飛び込んだが、シュートは僅かに枠を逸れた。

    1点のビハインドを負って前半を折り返したシティだが、後半の立ち上がりに試合を振り出しに戻すことに成功する。47分にシルバの後方からの浮き球の縦パスに抜け出したサネがエリア内から左足で押し込んで同点に追いついた。

    すると65分、ヴェンゲル監督は最初のカードを切る。イウォビに代えてオックスレイド=チェンバレンを投入した。

    そして迎えた71分、シティが右サイドに展開すると、ボールを受けたスターリングがエリア内に切り込みながら左足を振りぬき、逆転に成功。結局これが決勝点となり、アーセナルは1-2でシティに敗れた。この結果、2試合連続で逆転負けを喫したアーセナルはシティに順位で追い抜かれ、4位に順位を落としている。

    【得点者】
    5分 0-1 T・ウォルコット(アーセナル)
    47分 1-1 L・サネ(マンチェスター・シティ)
    71分 2-1 R・スターリング(マンチェスター・シティ)
    20161219_arsenal_getty
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161219-00010002-footballc-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/13(火) 12:59:11.20 ID:CAP_USER9.net
    またバイエルンと

    今季こそは2位ではなく首位でグループを通過したぞと手応えを感じていたアーセナルサポーターも多かったはずだ。

    今季のグループステージでは最終節でPSGがルドゴレツ相手に躓いたこともあり、アーセナルがグループを首位で通過することに成功したのだが、決勝トーナメント1回戦では再びバイエルンと対戦することになってしまった。

    アーセナルは2012-13シーズンの決勝トーナメント1回戦、続く2013-14シーズンも1回戦で、昨季はグループステージでバイエルンと対戦している。本来両チームの対戦は好カードなのだが、どこか見慣れてしまった感がある。今回もバイエルンと対戦することになり、アーセナルサポーターからは怒りの声も出ている。

    英『METRO』によると、サポーターはあまりにもバイエルンと激突する回数が多いことを怪しんでおり、UEFAが抽選を操作しているのではないかと疑っている。

    「UCLの抽選は110%仕組まれている!どうやってまたバイエルンを引くんだ?」「もはやこれはジョークだ!UEFAは仕組んでる。毎年アーセナルとバイエルンがやるようにだ。でたらめだ」「バルサは毎回PSGと、アーセナルは常にバイエルンと。仕組んでると思う」

    アーセナルに次ぐ2位でグループAを通過したPSGは、こちらも見慣れたバルサとの対戦が決定している。アーセナルは頑張って首位通過を果たしたが、これでは首位だろうと2位だろうと例年と変わらない。

    アーセナルサポーターは操作されていると不満を口にしているが、アーセナルは今回こそバイエルンの壁を打ち破れるか。

    theWORLD(ザ・ワールド) 12/13(火) 8:00配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161213-00010003-theworld-socc

    写真
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/12/08(木) 16:42:31.57 ID:CAP_USER9.net
    チェルシーがアーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェスの獲得を狙っていると、イギリス紙『サン』が8日付で報じている。

    同紙によると、アーセナルとの契約延長交渉が難航していると報じられる同選手にチェルシーが狙いを定めた模様。スペイン代表FWジエゴ・コスタの相棒として迎え入れたいようだ。両選手ともに今シーズンのリーグ戦で11ゴールを挙げ、得点ランキングのトップに立っている。移籍が実現すればリーグでも屈指の強力なホットラインになるのは間違いない。

    多くのビッグクラブがその去就に注目しているサンチェス。ともにロンドンを拠点とし、プレミアリーグの覇権を争うライバルチーム間での移籍は果たして成立するのだろうか。
    2016-12-08_18h51_24
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161208-00524898-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/08(木) 09:34:51.81 ID:CAP_USER9.net
    高額年俸選手の放出に該当する本田 来年1月に新天地を求める状況に変わりなし

    ACミランの日本代表FW本田圭佑は、冬の移籍市場での放出可能性が高いと報じられているが、具体的な移籍先としてプレミアリーグのチーム名も挙がり始めている。イタリアメディア「Il sussidiario」では、強豪アーセナルなどの名前も浮上しているようだ。

    FWカルロス・バッカにはセビージャやパリ・サンジェルマンが獲得に動いているとされ、FWルイス・アドリアーノに対してはロシアと中国のクラブが触手を伸ばしているものの、本人はブンデスリーガからのオファーを待っている模様だ。

    そして本田は、プレミアリーグの強豪アーセナル、エバートン、ウェストハムが獲得に興味を示していると報じられた。ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督から半ば構想外とされている本田だが、来年1月に新天地を求める可能性が高い状況に変わりはないようだ。

    いずれにせよ、中国資本によるミランの株式取得が来年3月まで延期になったことを受けて、冬の移籍市場で資金調達のために高額移籍金を得られる選手の売却、もしくは高額年俸選手の放出が現実味を帯びている。契約が残り半年となるうえに、後者(高額年俸選手の放出)に該当する本田は厳しい立場に置かれている
    2016-12-08_10h06_41
    Football ZONE web 12/8(木) 7:40配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161208-00010001-soccermzw-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ