海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:イグアイン

    1:イコ ★@\(^o^)/:2016/12/26(月) 17:09:59.15 ID:CAP_USER9.net
    ユヴェントスFWゴンサロ・イグアインが、史上最高のFWとして元ブラジル代表FWのロナウド氏の名を挙げている。

    イタリア『プレミアム・スポルト』とのインタビューに応じたイグアインは、セリエAでプレーした数々の名ストライカーの名を挙げながら、それでもロナウド氏こそがナンバー・ワンであるとの見解を示した。

    「子供の頃もイタリアのフットボールは見ていた。トレゼゲ、バティストゥータ、クレスポ、モンテッラといった偉大なストライカーがこのリーグでプレーしていたね。だけど、僕にとって史上最高のFWはロナウドだ」

    「ルイス・スアレスも高いレベルにあるし、リヴァプール時代からさらに進化した。レヴァンドフスキ、アグエロもとても強靭なストライカーだね。ただ、僕が最も好んでいるのは、笑ってしまうようなゴールを決める選手なんだ」

    イグアインは一方で、FWパウロ・ディバラとバルセロナFWリオネル・メッシの比較を求められ、次のようにコメントしている。

    「ディバラとメッシはとても似ている。ただディバラは23歳とまだ若いし、その未来は彼次第だ。最高の選手となるすべての要素を備えているが、強靭なメンタルも必要だね」

    「凄まじいスピードでこのレベルにまで到達した彼だが、それを長い間維持することは簡単じゃない。これから浮き沈みがあるだろうし、常に安定を図るように気をつけなくてはならない。称賛、批判のどちらにも耳を傾けることなくね」
    ronaldo-da-lima-real-madrid_1hx9aggimb3od1ppxh9ae1y9qk
    http://www.goal.com/jp/news/1867/1/2016/12/26/30849202/1
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/07/27(水) 19:33:55.37 ID:CAP_USER9.net
    ローマFWフランチェスコ・トッティは、アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインがナポリからユヴェントスに移籍したことを快く思っていないようだ。

    昨季セリエAで66年ぶりに最多得点記録を更新したイグアインは、この夏ユヴェントスへの移籍がずっと噂されていた。ナポリのレジェンドであるマラドーナ氏や同市の市長が痛烈な批判を浴びせるなか、最終的にはユヴェントスが9000万ユーロ(約100億円)を支払うことで取引が成立している。

    トッティはイグアインの移籍を受け、巨額の資金により移籍が成立する時代を嘆いている。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』がコメントを伝えた。

    「今日、サッカー選手はまるで流浪の身だ。自分の心に従うのではなく、お金についていく。おそらく、そこには違いがある」

    「自分の心に従う選手は多くない。僕がお金のことだけを考えていたら、10年前にローマを去っていただろう。僕にとって大事なのは情熱なんだ。お金じゃない。常にローマの色を愛し、そのユニフォームを着ていたいと思っている」

    ローマの象徴としてクラブを支えてきたトッティは、イグアインの決断に苦言を呈している。

    「ファンは楽しむためにスタジアムに行く。チームに忠誠を誓う選手を見るためにね。裏切られるなんてことは期待していない。イグアインがナポリからユヴェントスに移籍したのは完全な失敗だよ」
    2016-07-27_20h27_45
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160727-00000015-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/07/27(水) 06:13:45.65 ID:CAP_USER9.net
    ユベントスは26日、ナポリに所属するアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン(28)を獲得したことを発表した。
    移籍金は9000万ユーロ(約103億6000万円)で2年分割での支払いとなる。また契約期間は4年で『フットボール・イタリア』によれば年俸は800万ユーロ(約9億2000万円)と報じられている。

    イグアインに関しては、今月14日にイタリアメディアがユベントス移籍の合意を報道。23日には、メディカルチェックを通過したと報道され、移籍発表は間近に迫っていると伝えられていた。

    ユース時代を過ごしたリーベル・プレートでデビューしたイグアインは、2007年にレアル・マドリー移籍。マドリーで7シーズン過ごした後は、2013年の夏に4000万ユーロと伝えられる移籍金でナポリに加入した。

    ナポリでは、146試合で91得点を記録。2013-14シーズンにコッパ・イタリア制覇に貢献し、昨シーズンはセリエAで36ゴールの新記録を樹立してリーグ得点王に輝いた。

    ユベントスは今夏、MFミラレム・ピャニッチ、DFダニエウ・アウベス、DFメディ・ベナティア、MFマルコ・プヤカを補強しており、イグアインは5人目の新戦力となった。

    超WORLDサッカー!2016.07.27 02:10 Wed
    http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=246826

    写真 ゴンサロ・イグアイン
    pcimage (1)
    http://web.ultra-soccer.jp/news/pcimage?image_id=8371
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/07/25(月) 08:42:02.15 ID:CAP_USER9.net
    セリエAで6連覇を目指すユベントスが、ナポリから昨季得点王のアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン(28)を獲得することで合意したと24日付のイタリア主要各紙が報じた。

    ガゼッタ・デロ・スポルト紙によると、移籍金は9470万ユーロ(約111億円)でマンチェスターU移籍が決定的と伝えられるフランス代表MFポグバの移籍金1億2500万ユーロ(約146億円)から捻出する見込み。またナポリはエースの穴埋めにACミランからコロンビア代表FWバッカの獲得を狙っているという。
    2016-07-25_08h59_07
    スポニチアネックス 7月25日 6時35分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160725-00000015-spnannex-socc
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/07/24(日) 15:39:53.24 ID:CAP_USER9.net
    禁断の移籍が迫るゴンサロ・イグアインに対して、ナポリファンの怒りが爆発しているようだ。

    現地時間の23日、イタリアメディアが一斉にゴンサロ・イグアインのユベントス移籍が決定的となったことを報じている。ユベントスがイグアインの契約解除金9473万6000ユーロ(約110億1000万円)を支払い、選手とも年棒750万ユーロ(約8億円)で2020年までの4年契約を結ぶことで合意したようだ。

    セリエA優勝争いを戦うライバルへの移籍というだけでなく宿敵であるユベントスへの移籍ということで、ナポリファンの怒りが爆発している。早速、ファンはイタリア各局テレビ局の前で抗議運動を展開しており、SNS上にはイグアインに対する強烈な批判が溢れた。

    ナポリファンの中には既にイグアインのユニフォームを破り捨てている者や、イグアインの名前が入ったグッズを壁に張り付けている者、またユニフォームを便器に捨てている者も現れている。また、2004年に公開されたイエス・キリストの処刑を描いたアメリカ映画『パッション』の処刑シーンにイグアインの顔を埋め込んだ動画まで登場した。

    今季、悲願のチャンピオンズリーグ(CL)制覇のため、なりふり構わず大型補強を続けているユベントス。しかしながら、一番の目玉補強となるであろうイグアインの移籍にはナポリファンにとって大きな反感を買いそうだ。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160724-00010008-footballc-socc
    フットボールチャンネル 7月24日(日)12時30分配信



    http://www.nikkansports.com/soccer/world/italy/data/ranking/
    セリエA 得点ランキング
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/07/15(金) 13:09:17.91 ID:CAP_USER9.net
    ユヴェントスがナポリに所属するアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインの獲得に迫っているという。14日、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』など複数メディアが報じている。

    セリエAを5連覇中のユヴェントスは、スペイン代表FWアルバロ・モラタが今夏の移籍市場でレアル・マドリードへ復帰したこともあり、前線の補強を目指している。そして、昨シーズンのセリエAで36ゴールを挙げ、66年ぶりにリーグ記録を更新したイグアインの獲得に動き出したようだ。

    同紙によると、ユヴェントスはすでにイグアインと年俸750万ユーロ(約8億8000万円)の4年契約で個人合意に至っており、さらにナポリが求める移籍金9450万ユーロ(約110億円)を支払う用意ができている模様。同選手に対してはアーセナルが6000万ユーロ(約70億円)にフランス代表FWオリヴィエ・ジルーを加えたオファーを検討していたようだが、ユヴェントスが獲得に近づいていると報じられている。

    なお、ナポリはユヴェントスに所属するアルゼンチン代表MFロベルト・ペレイラの獲得を望んでおり、両クラブはすでに交渉を行っている。同紙はこれが偶然ではないとし、ユヴェントスがペレイラ(市場評価額は1800万ユーロ=約21億円)を譲渡することでイグアインの獲得に必要な移籍金を引き下げようと画策していると伝えている。また、イタリア紙『トゥットスポルト』などによると、ペレイラのほか、イタリア代表DFダニエレ・ルガーニ、同MFステファノ・ストゥラーロ、同FWシモーネ・ザザの3人もトレード要員の候補に浮上しているようだ。

    イグアインについて、ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長は「売却不可能な選手」だと主張しているが、同選手の弟で代理人を務めるニコラス・イグアイン氏が、「我々は率直に言って、契約延長を望んでいない」と契約延長拒否ともとれる発言をしたことで、今夏の退団が有力視されている。
    2016-07-15_14h41_11
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160715-00468462-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/07/12(火) 23:50:41.27 ID:CAP_USER9.net
    アーセナルが、ナポリFWゴンサロ・イグアイン獲得に本腰を入れ始めている。だがナポリに同選手を安売りする意思はなさそうだ。

    イグアインは昨季セリエAで36得点をマーク。セリエAの年間最多得点記録を66年ぶりに更新した。

    この活躍がビッグクラブの関心を引き付けたのは言うまでもない。最近ではアトレティコ・マドリーからの関心が取りざたされたが、今度はアーセナルがイグアイン獲得に動きを見せているという。

    アーセナルはアルゼンチン代表FW獲得に、移籍金6000万ユーロを準備しているようだ。それに加え、FWオリヴィエ・ジルーを譲渡する構えだとされる。ジルーは昨季プレミアリーグで16得点を記録。2500万ユーロ程度の市場価値があると言われている選手だ。

    しかしながら、このオファーはナポリを納得させるものではないかもしれない。

    ナポリとイグアインの契約には9470万ユーロ(約111億2300万円)の契約解除金が設定されており、アウレリオ・デ・ラウレンティス会長はこの契約解除金を満たさないオファーを断る姿勢を示している。
    2016-07-13_08h42_52
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160712-00000022-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/06/19(日) 10:09:26.39 ID:CAP_USER9.net
    【スコア】
    アルゼンチン代表 4-1 ベネズエラ代表

    【得点者】
    1-0 8分 ゴンサロ・イグアイン(アルゼンチン代表)
    2-0 27分 ゴンサロ・イグアイン(アルゼンチン代表)
    3-0 60分 リオネル・メッシ(アルゼンチン代表)
    3-1 70分 サロモン・ロンドン(ベネズエラ代表)
    4-1 71分 エリク・ラメラ(アルゼンチン代表)

    ゲキサカ
    http://web.gekisaka.jp/live/detail/?2569-2569-lv

    超WORLDサッカー
    http://web.ultra-soccer.jp/match/score?mid=26930&tmid=1

    コパ・アメリカ センテナリオ USA 2016の準々決勝が18日に行われ、アルゼンチン代表とベネズエラ代表が対戦した。

    アルゼンチンはグループステージで唯一の3連勝を飾り、盤石の体制で決勝トーナメントに進出した。一方、ベネズエラは強豪ウルグアイを押し退け、2位でグループステージを突破した。

    アルゼンチンはこの試合で初めてFWリオネル・メッシを先発で起用。ニコラス・ガイタン、ゴンサロ・イグアインとともに前線を形成する。一方、ベネズエラはエースのサロモン・ロンドンとホセフ・マルティネスが2トップを組んだ。

    試合は開始早々に動く。8分、アルゼンチンは右サイドでメッシがボールを受けると、左足で浮き球のパスを前線へ入れる。これをエリア内右に走りこんだイグアインが右足でハーフボレーシュート。ボールはゴール左下に決まり、アルゼンチンがいきなりリードを手にした。

    続く27分、ベネズエラに致命的なミスが起きる。最終ラインでパスを回すと、アルキメデス・フィゲラが中途半端なバックパスをGKダニ・エルナンデスへ送る。これをイグアインがカットすると、そのままGKをかわして無人のゴールにボールを流し込んだ。アルゼンチンがリードを2点に広げた。

    ベネズエラは苦しい展開となったが、勇気を持って猛攻を仕掛ける。35分、フィゲラが高い位置でハビエル・マスチェラーノからボールを奪うと、ロンドンが左足シュート。しかし、ここはGKセルヒオ・ロメロがセーブ。得点を許さない。さらに39分、右CKを獲得すると、アレハンドロ・ゲラのクロスからロンドンがヘディングで合わせた。しかし、ここは惜しくも左ポストを直撃。ゴールにつながらなかった。

    ここでベネズエラに決定的なチャンスが訪れる。43分、右サイドのロンドンから折り返しのボールが入ると、GKロメロがJ・マルティネスを倒し、ベネズエラにPKが与えられた。キッカーはルイス・セイハス。ここでチップキックを選択したが、GKロメロは一歩も動かず、正面でキャッチされてしまった。このまま2-0でアルゼンチンがリードしてハーフタイムを迎える。

    1点を返したいベネズエラは、後半立ち上がりの55分にセイハスを下げてフアンピを投入する。しかし、次の得点を奪ったのはアルゼンチンだった。60分、ガイタンが中盤でボールをカットすると、メッシに預けて左サイドへ走りこむ。メッシがエリア左のガイタンへパスを出すと、再び折り返しを受けたメッシがゴール中央に決め、決定的な3点目を奪った。メッシにとってはアルゼンチン代表通算54得点目となり、ガブリエル・バティストゥータ氏が持つ最多得点記録に並んだ。

    ベネズエラは70分、左サイドのゲラが上げた右足クロスをロンドンが頭でわずかにコースを変え、ようやく1点を返した。しかし、直後の71分にアルゼンチンがキックオフから攻撃を仕掛け、最後は途中出場のエリク・ラメラがゴール。再びリードを3点に戻した。このまま4-1でアルゼンチンがベネズエラを下し、準決勝に駒を進めた。

    アルゼンチンは21日に行われる準決勝で、開催国のアメリカと対戦する。
    2016-06-19_10h20_15
    SOCCER KING 6月19日 10時1分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160619-00457873-soccerk-socc

    ◇大会公式
    http://www.ca2016.com

    ◇スカパーオンデマンド
    http://vod.skyperfectv.co.jp/feature/copa2016/

    ◇スカパー
    http://soccer.skyperfectv.co.jp/copaamerica/schedule/

    メッシがバティストゥータに並び、イグアインはスーパーゴール アルゼンチンが快勝で準決勝へ
    GOAL 6月19日 10時0分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160619-00000002-goal-socc

    [コパ・アメリカ]メッシ先発復帰で“完全体”アルゼンチンが4発完勝で4強へ
    ゲキサカ 6月19日 10時0分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160619-01628440-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/05/21(土) 18:19:56.15 ID:CAP_USER9.net
    チェルシーが、ナポリに所属するアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインの獲得に向けて交渉の場を設けたようだ。イギリスメディア『Squawka』が20日付で伝えている。

    来シーズンからチェルシーの指揮を取ることが決まっているアントニオ・コンテ監督(現イタリア代表指揮官)が望む補強の1人目は、ナポリのエースストライカーかもしれない。同監督は、今シーズンのセリエAで36ゴールを挙げてリーグ記録を樹立したイグアインの獲得を強く望み、チェルシー首脳陣も大金を投じる構えがある模様だ。

    チェルシーは先週、ナポリとイグアインの移籍金交渉の場を設けたと報じられている。チェルシー側はイグアインを移籍金4500万ポンド(約71億9000万円)で獲得したい意向だが、ナポリ側は移籍金6500万ポンド(約103億8000万円)を要求しているという。

    しかし、チェルシーのオーナーを務めるロマン・アブラモヴィッチ氏はイグアイン獲得のための資金投入には金額制限を設けないとしており、ナポリが提示する額を言い値で払う準備がある模様。イグアインのチェルシー移籍が実現する場合、アルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア(現パリ・サンジェルマン/レアル・マドリードからマンチェスター・Uへの移籍時)の移籍金5970万ポンド(約95億4000万円)を超えて、プレミアリーグ史上最高額の移籍金となる見込みだ。

    また、チェルシーはエヴァートンに所属するベルギー代表FWロメル・ルカクや、ユヴェントスに所属するスペイン代表FWアルバロ・モラタにも関心を抱いているようだ。今シーズンは期待外れのパフォーマンスに終わったスペイン代表FWジエゴ・コスタは、アトレティコ・マドリードに移籍金4000万ポンド(約63億9000万円)で売却する予定だという。
    2016-05-21_19h30_15
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160521-00444970-soccerk-socc
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 18:28:54.00 ID:CAP_USER*.net
    現在フリーのジョゼ・モウリーニョ氏(53)が先週、近しい友人とオファーが届いているといわれているパリサンジェルマンに、来季はマンチェスターUの監督に就任すると伝えた。16日付の英紙ミラーの電子版が報じた。

    同氏はナポリのアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン(28)を獲得を目指している。同選手は、今季リーグ戦30ゴールを挙げており、ナポリは9500万ポンド(約151億円)の値段をつけているという。また、ベンフィカの若手MFレナト・サンチェス(18)もターゲットになっていると報じた。

    マンチェスターUを指揮しているファンハール監督は、FA杯で準々決勝に進出したが、優勝したとしても監督を続投できないと報じられている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160417-00000114-nksports-socc

    写真
    no title
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1460885334/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ