海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:イニエスタ

    1: Egg ★ 2019/08/11(日) 07:34:19.24
    イニエスタが大分DF岩田と小競り合い、一触即発シーンに海外注目

    no title


    ヴィッセル神戸は17日のJ1リーグ第23節、敵地での大分トリニータ戦で1-1と引き分けた。この試合で神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタがヒートアップし、大分DFと小突いて一触即発の場面が起き、海外メディアも「見たことがない!」「緊張の瞬間」と決定的瞬間を伝えている。

    スコアが動いたのは前半32分だった。敵陣でイニエスタがドリブルを仕掛け、相手2人を抜き去ってペナルティーエリア手前まで侵入したところで横パス。これを受けたFW古橋亨梧が巧みな反転から豪快に右足を振り抜き、ネットを揺らして神戸が先制に成功した。

    ところが後半3分、自陣でボールを奪われた神戸は守備を崩され、最後は相手FWオナイウ阿道に被弾。1-1のまま終盤に突入したなか、後半41分にピッチに緊張が走った。大分DF岩田智輝が右サイドでボールをキープした際、イニエスタが素早くチェック。岩田の背後からボールに触ろうとするも、相手の足をキックする形となり、岩田はそのままピッチに倒れ込んだ。

    足を蹴られた岩田はボールを抱え込むように倒れ、直後に立ち上がろうとした時、イニエスタが続けてチェック。これに怒りを露わにした岩田が詰め寄るとイニエスタも反応し、左手を突き出して岩田を小突き、両者が顔を突き合わせて一触即発のムードが漂った。

    すぐさま主審が仲裁に入って事態は収束したが、海外メディアがこのシーンに注目。米スポーツ専門局「ESPN」の番組「Balon Dividido」公式ツイッターは「見たことがない!」と記し、驚きとともにイニエスタの振る舞いを伝えている。また同局の番組「ESPN FC」公式ツイッターは「緊張の瞬間! イニエスタが日本で強烈キックをし、相手と対峙した。エル・セレブロ(頭脳/イニエスタの愛称)に何があったのか?」と報じた。

    試合は結局1-1のまま終了。神戸はリーグ戦2試合連続ドロー、5試合未勝利(2分3敗)の15位と苦戦が続く。キャプテンマークを巻いたイニエスタの憤怒シーンはチームの苦境を物語るものとなってしまったようだ。

    8/11(日) 7:01配信 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190811-00209901-soccermzw-socc

    続きを読む

    RTS2CPK1-w1280

    1: 風吹けば名無し 2019/08/02(金) 02:07:23.61
    すごいのか?

    3: 風吹けば名無し 2019/08/02(金) 02:08:08.39
    バルサのスタメンってだけじゃない
    ピークは世界一上手い選手

    6: 風吹けば名無し 2019/08/02(金) 02:08:36.90
    >>3
    メッシでは?

    12: 風吹けば名無し 2019/08/02(金) 02:13:13.19
    >>6
    メッシはトータルで世界一
    上手さならイニエスタ

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/08/03(土) 14:26:03.47
    金曜ナイターで行なわれたJ1リーグ第21節、ヴィッセル神戸対ガンバ大阪の一戦。ホームチームは0-2とリードされながらも終盤に怒涛の反撃を見せ、2-2のドローでゲームを終えた。

    【動画】名手イニエスタがPK失敗! そのあとの“トラップ&ボレー”が実に美しく…

    形勢を一気にひっくり返す口火となったのが、79分の1点目だ。神戸はPKを獲得し、キッカーは名手アンドレス・イニエスタ。狙い澄ましたショットは、日本代表GK東口順昭のファインセーブに遭ってしまう。だが、その跳ね返りの浮き球が目の前に現出すると、イニエスタは慌てることなく冷静に右足でトラップし、そのまま左足のハーフボレーでゴールに叩き込んだのだ。

    まるでスローモーションを見ているかのような美技。Jリーグやクラブ公式のSNSには絶賛の声が相次いだが、イニエスタの母国スペインでも同じ現象が起きている。

    スペイン全国紙『AS』がこのシーンを動画付きで紹介。「名手が驚くほどクールに、ミスを歓喜に変えた」と評すると、投稿欄にはファンから称賛のメッセージが続々と寄せられている。

    「なんと美しい! わざとPKを外したんじゃないか?」
    「いかにも彼らしい圧巻のプレーだ」
    「イニエスタがPKをミスするのを初めて見たよ。そのあとが……お見事!」
    「真のクラック(名手)にして、生粋のエンターテナーだね」
    「まさにマエストロ。何度でも観たいゴールだ」
    「これぞ、“ザ・イニエスタ”と形容すべきプレー」

    などなど、反響が後を絶たない。

    勝利こそ逃したものの、なんとか4連敗の危機を回避した神戸。酷暑のなかでも90分間を悠然と走り抜けたイニエスタを旗印に、ここからの巻き返しに期待がかかる

    8/3(土) 6:13配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190803-00010001-sdigestw-socc
    no title

    続きを読む

    1: 幻の右 ★ 2019/07/28(日) 18:11:07.75
    [Rakuten CUP]ヴィッセル神戸0-2バルセロナ/7月27日/ノエビアスタジアム神戸

    「バルサ化」を掲げる神戸が、“本家”の胸を借りたこの試合で、もっとも注目を浴びたのは、もちろん神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタだ。

    下部組織時代を含めて22年間に渡って在籍した“心のクラブ”と初めて対戦した35歳の名手は、元同僚たちの虚を衝く好パスを連発。劣勢のチームの中で、やはり違いを見せつけた。

    試合前、プレー以外に関心を集めていたのが、「イニエスタが誰とユニホームを交換するのか」だ。

    数日前に、スペイン紙『AS』のハビエル・ミゲル記者が直撃したところ、「いま言えるのは、3人からリクエストが来ているってこと。誰にするかは……まだ言えないな」と、はぐらかしていた。

    そのイニエスタは前半45分のみのプレーで交代。記者席から見る限り、試合後に誰かとユニホームを交換している様子は見られなかった。

    ミックスゾーンで記者に取材に対応したイニエスタは、「誰とユニホームを交換しましたか?」という問いにこう答えた。
     
    「バルサのほとんど全ての選手からユニホームをもらった。ヴィッセルのチームメイトのためにね。あとでみんなに配るつもりだ。幸運にも、僕はバルサで長年プレーした。神戸の選手にとっても、一生の想い出に残る1日にしてもらいたいと思ってね。そのためにリュックを持ってきた。もらったのは全部で20枚ぐらいかな」

    残念ながら、イニエスタのシャツを誰に渡したかは明言しなかった。ただ、神戸の選手のためにここまで粋な計らいをする男だ。少なくともリクエストがあった3人の分は、用意していたのではないだろうか……。

    取材・文●江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)
    協力●下村正幸

    7/28(日) 17:53
    2019-07-28_18h44_16
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190728-00062064-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/07/26(金) 06:55:51.69
    7/26(金) 6:25配信
    イニエスタ「久保建英は世界で最も才能のある1人」ラ・マシアの後輩に賛辞

    ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、バルセロナ下部組織の後輩であり、現レアル・マドリーの日本代表MF久保建英について言及した。

    イニエスタは25日、スペイン人記者の前で久保について語っており、その言葉をスペインメディア『AS』『ムンド・デポルティボ』などの現地メディアが大きく伝えている。

    久保が今夏、レアル・マドリーに加わったことについて問われると「昨シーズン、対戦相手(横浜FMに在籍)としてプレーしたから知っているよ。久保には素晴らしい未来が待っているんじゃないかな。今、世界で最も才能のあるプレーヤーの1人だと思う。彼がビッグクラブに加わったことについて驚きはないよ」とコメント。

    イニエスタと同じくバルセロナ下部組織出身でありながら、久保が18歳になるとともにライバルチームであるレアル・マドリー入りを決断したことについては「(正しい決断だったのか)時間が経てば分かるさ。バルセロナが彼を強く望んでいなかったのか、それともバルセロナの想定通りにいかなかったのか、それはよく分からないけど」と続けた。

    一方で27日にはイニエスタが所属するヴィッセル神戸とバルセロナの一戦が控えており、バルセロナ入りを果たした日本代表MF安部裕葵についても言及。イニエスタは「実は彼のことはあまり知らないんだよ。対戦したことがなくてね(>>2019年5月12日の神戸vs鹿島戦で対戦している)。だけど、とてもスピードがあって技巧にも優れたプレーヤーだと聞いているよ」と語っている。

    そして愛するチームであるバルセロナと、対戦相手として相まみえることについては「特別な経験になると思う。もちろん公式戦とはちょっと違うけど、今までにない奇妙な感覚になることは間違いないだろう」と発言。

    記者から“誰かとユニフォームを交換するのか?”と問われると、イニエスタは「ああ、3人から交換のお願いを受けているよ。誰と交換するか、現時点で言えないけどね」と述べている。

    神戸vsバルセロナの一戦はノエビアスタジアム神戸で、27日18時キックオフとなる。
    2019-07-26_08h53_36
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190726-00010002-goal-socc

    続きを読む

    86e5dab3-b600-4441-82dd-f28adb0cd6ad

    1: 久太郎 ★ 2019/06/30(日) 19:59:07.06
    神戸 5-3 名古屋
    [得点者]
    27'ダビド ビジャ    (神戸)
    58'和泉 竜司      (名古屋)
    63'アンドレス イニエスタ(神戸)
    66'宮原 和也      (名古屋)
    69'アンドレス イニエスタ(神戸) PK
    77'中谷 進之介     (名古屋)
    80'ダビド ビジャ    (神戸) PK
    87'小川 慶治朗     (神戸)

    スタジアム:ノエビアスタジアム神戸
    入場者数:22,123人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2019/063001/livetxt/#live

    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/06/15(土) 20:50:36.94
    6/15(土) 20:32配信
    神戸イニエスタ、リーグ4試合ぶりの復帰戦で今季初ゴール! 右足一閃でニアサイド破る

    6試合ぶりに先発出場のイニエスタが華麗なミドル弾で先制点をマーク

    ヴィッセル神戸は15日、J1リーグ第15節で首位のFC東京とアウェーで対戦。この一戦でリーグ戦4試合ぶりの出場を果たした元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、後半4分に鮮やかなミドルシュートを突き刺し、先制点を奪った。

    負傷によりリーグ戦出場は第11節鹿島アントラーズ戦(0-1)以来4試合ぶり、スタメンだと第9節の川崎フロンターレ戦(1-2)以来6試合ぶりの出場となったイニエスタは、前半5分に2人に囲まれながらも華麗なステップで抜き去り、同9分にはアウトサイドでのスルーパスから元スペイン代表FWダビド・ビジャの決定機を生み出すなど、復帰戦とは思えないキレのある動きを見せていた。

    そして0-0で迎えた後半4分、右サイドのDF西大伍のクロスがファーサイドに流れると、ペナルティーエリア内で構えていたイニエスタがボールを受け、フリーの状態で右足を振り抜くと、鋭い弾道のコントロールシュートがゴール左隅に突き刺さり、チームに先制点をもたらした。

    復帰戦で今季リーグ戦初ゴールを決めたイニエスタ。首位のFC東京相手に、13位に沈むチームを奮い立たせる貴重なゴールを奪った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190615-00196354-soccermzw-socc
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/06/04(火) 23:19:31.04
    神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(34)が一時帰国していることが分かった。

    2日間のオフが明け、3日から大阪府内で短期合宿が始まり、この日に34歳の誕生日を迎えた背番号10は不在。原因不明の発熱などで自宅療養が続いていた中、母国の病院で精密検査を受けるため、すでに離日したという。

    吉田監督は「何回か高熱やノドの痛みが出ていて、ちゃんとした検査を日本だけじゃなく自分の国でもやるということになった」と説明。週明けの練習には戻る予定になっているという。

    練習を重ねるだけでなく、コミュニケーションを深める目的もある3日間の大阪合宿。初日は元スペイン代表MFイニエスタや腰痛を訴えたGK吉丸、MF三原、安井、FW古橋らが別メニュー調整だった。

    6/4(火) 21:18配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190604-00000176-spnannex-socc

    ヴィッセル神戸は4日、リーグ中断を利用したミニ・キャンプを大阪・J-GREEN堺でスタートさせ、練習を公開した。

    「VIP」トリオのうち、FWルーカス・ポドルスキ(34)、MFアンドレス・イニエスタ(35)は今季、欠場がちで、この日もポドルスキの姿はなかったがイニエスタは参加。ただ、イニエスタは別メニューでの調整となった。

    イニエスタは5月12日の鹿島アントラーズ戦に途中出場して以来、リーグ戦3試合連続で欠場が続いている。

    吉田孝行監督(42)はイニエスタの現状について「(練習に合流できるかは)来週になってみないとわからない」と、復帰の見通しが立っていないことを明かした。

    6/4(火) 22:44配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190604-06041111-nksports-socc

    写真
    no title


    no title

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ