海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:イニエスタ

    1:砂漠のマスカレード ★:2018/10/25(木) 06:45:09.72 ID:CAP_USER9.net
    「彼のユニホームは僕の宝物のひとつ」

    現地時間10月24日、チャンピオンズ・リーグ第3節が開催され、ボルシア・ドルトムントは敵地でアトレティコ・マドリーと対戦。香川真司は残念ながらドルトムントの登録メンバーから外れた。
     
    その試合当日、スペインの全国スポーツ紙『Marca』に登場したのがほかでもない、日本が誇るプレーメーカーだ。

    「欧州で自己を確立した日本人選手は数える程度しかいないが、シンジ・カガワはいまだトップシーンで活躍している。

    マンチェスター・ユナイテッド時代はさておき、ボルシア・ドルトムントでは輝きを放ってきた」と紹介。「そんな彼が通訳を交えて我々の質問に応えてくれた」と綴り、インタビュー記事を掲載している。
     
    質問は主にスペインの選手やスタイル、そしてアトレティコに関するもので占められた。香川は「アトレティコは本当に守備の強いチームで、僕たち(ドルトムント)にとっては大きな挑戦になります。

    確かなクオリティーがあって、勝ち方を知り尽くしている」と称え、「これまでもいまも、たくさんのスペイン人選手とプレーしてきました。

    彼らのキャラクターと創造性が僕は大好きです。技術と創造性を学ぼうとするとき、日本ではシャビやアンドレス・イニエスタが手本となっていますしね。

    スペイン・サッカーは日本に大きな影響を与えていて、僕も若い頃はあなたたちのサッカーをよく観て学びました」と答えた。

    さらに、「お気に入りのスペイン人選手はいる?」と訊かれると、そこから一気に“イニエスタ愛”があふれ出すのだ。
     
    「イニエスタは、ずっと僕のアイドルですからね。彼とプレーする日を夢見ていました。ユナイテッド時代に対戦する機会に恵まれて、ユニホームを交換してもらったんですよ。

    あれはいまでも僕の宝物のひとつです。いま、彼は僕の母国で、しかも僕が生まれた神戸という街でプレーしている。

    それは本当に嬉しいことで、誇りに感じています。

    日本のサッカーに多大な影響を与えてくれると思うし、誰もが彼をリスペクトし、誰もが彼のようにプレーしたいと夢見ているんです」

    「いつかラ・リーガでもプレーしてみたいですね」

    加えて香川は「今年のバロンドールはアントワーヌ・グリエーズマンで決まりか?」という質問に対して、「はい、受賞に値すると思いますよ。ワールドカップを獲ってゴールをたくさん決めていますから」と回答。

    そしてドルトムントの僚友であるスペイン代表FW、パコ・アルカセルについて「ブンデスリーガの得点王になれるか?」と問われると、

    「才能に疑いはない。シュート練習でも10本撃てば8本は決めていますよ。

    もちろんこのペースで点を続けたら欧州の得点王になれますけど、まだシーズンは始まったばかり。様子を見てみましょう」と返答した。
     
    気になるには将来的な展望だ。ラ・リーガのクラブへの移籍は考えているのか。

    香川は「こないだのオフにもバルセロナに旅行で行って、食べ物も人々も気候などなにもかもが愛すべきものでした」と語り、「スペインは素晴らしい国。いつかラ・リーガでもプレーしてみたいですね」と素直に想いを明かしている。
     
    やや難解な質問にもスラスラと答え続けたシンジ・カガワ。スペイン指折りのギガメディア紙上で、軽やかに舞った。
    2018-10-25_08h57_59
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181025-00049295-sdigestw-socc
    10/25(木) 5:08配信
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/24(水) 12:59:22.27 ID:CAP_USER9.net
    J1ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、Jリーグでのプレーぶりが逐一スペインをはじめとした世界各国で報じられるなど、世界的スーパースターとしていまだに注目を集める。そんななかで現地時間22日に生まれ故郷のアルバセテ市がイニエスタの銅像建築計画を発表。スペイン紙「マルカ」では市長がその理由を明かしている。

    卓越したゲームメーク能力が認められ、10代前半でバルサの下部組織に入団したイニエスタ。その後のバルサでの活躍ぶりはもちろん、2010年の南アフリカ・ワールドカップ(W杯)決勝戦でスペインをW杯初王者に導く決勝ゴールを決めたイニエスタに対して故郷の人々は大きなリスペクトを抱いている。

    それもあって発案されたイニエスタ銅像。同市の市長であるマヌエル・ソラーノ氏はこのように理由を説明している。

    「イニエスタは謙虚さ、慎み深さ、努力する姿勢など、アルバセテの社会を象徴するような価値を表現してくれたからだ」

    バルサ時代、そして日本での来日以降も試合やイベントなどで見せているイニエスタの内面性を称えている。これに感謝しているのは父親のホセ・アントニオ・イニエスタさんだ。

    「(建築を計画した)ソリス財団とアルバセテ市議会からの素晴らしい詳細に感謝しています。彼はこの地域のアンバサダー的存在で、素晴らしい人間の所作です。これに興奮を覚え、ただただありがとうと言いたいです」

    生まれ故郷の人から敬拝されるイニエスタ。活躍の場を遠く離れた日本に移していても、その愛情はいまだ大きなもののようだ。

    10/24(水) 12:41配信
    2018-10-24_14h39_03
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181024-00143410-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:nita ★:2018/10/23(火) 07:50:35.91 ID:CAP_USER9.net
    10/23(火) 7:30配信
    神戸新聞NEXT

    J1神戸が、攻めの営業を仕掛けている。2019年シーズンのファンクラブ会員の募集と年間シートの販売を始め、ファンクラブでは5万円と高額の「ゴールドコース」を新設。年間シートの各座席も軒並み値上げした。元スペイン代表イニエスタの群を抜く集客力が引き続き期待でき、課題だった客単価の低さを解消する好機ととらえているからだ。

    今年7月のイニエスタ合流後、ホーム戦のチケットは7試合連続で完売と好景気に沸く。白星から2カ月間遠ざかっている状況でも、本拠地ノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)は常に2万5千人前後で埋まり、加入前の平均1万7170人から飛躍的に観客が増えた。アウェー戦でも売り切れが続出している。

    神戸は無料招待も多く、チケット販売による収益の低さが長年の問題だった。昨季のクラブ決算によると、神戸の入場料収入は5億1400万円。リーグ戦の入場者数で割ると1人当たり1655円で、J118チームで最も少ない。入場料収入トップを走る浦和は4千円を超え、同じ関西のG大阪は3068円、C大阪も2353円と神戸を上回る。

    イニエスタとは複数年契約で、来季も動員が見込める中、打ち出したのがファンクラブの高額コース設定と年間シートの値上げだった。

    レギュラーコース3千円に対し、5万円としたゴールドコースは特典を充実させた。「超先行販売」として時期を問わず、いつでもチケットを購入できるようにし、好きな選手のレプリカユニホームや特注のリュックサックなども付けた。

    年間シートは、今季の価格から5万1千円値上げしたヴィッセルシート(メインスタンド最前列)の17万円を最高に、サポーター席(大人)も4千円上げて3万7千円とした。

    その一環で22歳以下を対象とした低価格帯の年間シートがなくなり、一部サポーターが反発したが、1チームの年間支出額に相当するイニエスタの年俸約30億円を少しでも回収しなければいけない背景もある。健全経営に向け、神戸の森井誠之事業本部長は「入場料収入の5億円を10億円オーバーぐらいにもっていかないといけない」と強気だ。(有島弘記)
    2018-10-23_08h18_12
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181023-00000003-kobenext-l28
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/22(月) 16:14:46.81 ID:CAP_USER9.net
    アシックスとの契約会見で、スパイクをかたわらに置いて質問に答える神戸イニエスタ(撮影・林敏行)

    ヴィッセル神戸MFアンドレス・イニエスタ(34)が22日、アシックスとアドバイザリースタッフ契約を結んだと発表し、都内の同社で会見を開いた。契約は1日から。

    イニエスタは、20日の川崎フロンターレ戦に3-5で逆転負けして、J1で12位に沈む神戸の現状について「今、チームは難しい状況にありますが、残りの4つの決勝を勝ち抜いて、今、この道を進んでいけば、チームとして改善して良くなると確信している」と、リーグ戦の残り4試合を決勝戦のつもりで戦う意気込みを口にした。

    その上で「道をみんなで歩んで行って…選手1人1人も向上していってほしい。僕は1人では何も出来ない。チームが僕を必要しているように、僕もチームのことを必要としている。その意味で、みんなで改善、向上していって、いいチームを作っていきたいと考えています」と周囲の選手の向上を求めた。

    一方で、イニエスタは「日本に来て、挑戦に取り組んでいく。それに対し、多大な努力をされている三木谷浩史会長に感謝を述べるとともに、日本での挑戦はヴィッセルをトップチームに育てることを目指すために来ている」と、神戸をトップクラブに育てるという使命感を熱く訴えた。「それに向けて、アシックスファミリーに入ったことは、達成へのモチベーションになる。これからも頑張っていきます」と語った。

    神戸のブランドスポンサーを務め、イニエスタと契約したアシックスの尾山基会長は「テクノロジーを生かし、革新的な製品開発を進めるとともに、神戸が掲げるアジアナンバーワンのクラブになるという壮大な目標をサポートする。アジア、アセアン、世界に、アシックスフットボールの名を広め、世界のサッカー市場に果敢にチャレンジしたい」とイニエスタが掲げる、神戸をトップクラブにしたいという熱い思いをサポートしていく考えを強調した。【村上幸将】

    10/22(月) 15:09配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181022-00369571-nksports-socc

    写真

    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★:2018/10/22(月) 17:43:16.13 ID:CAP_USER9.net
    J1神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、日本のスポーツメーカーのアシックスとアドバイザリー契約を結んだことが22日、発表された。都内で行われた会見では、プライベートでは日本を知るため、神戸の町だけではなく京都や大阪、奈良も巡っていると明かした。

    プライベートでどこを訪れているか、質問に「今、神戸という町をよく知ろうと、毎日出かけたり、いろんなレストランに行ったり、大阪、奈良、京都ににも行きましたが、これからも素晴らしいところに行きたい」と優しい口調で答えた。

    神戸加入会見でも日本の文化に適応することを重視していたイニエスタは、「僕個人にとっても家族にとっても素晴らしい時間になっています。日本食は今まで食べてきたものとは違うものですけど、試してみたり、文化に適応していって、楽しんでいきたいと思っています」と語った。

    来日から約3カ月がたち、印象に残っていることは「ヴィッセルのホームで挙げたファーストゴールになるかなと思います。これからもこのような特別な経験がたくさん残るようにしたい」と、8月11日に磐田から決めた来日初得点を挙げた。

    ポドルスキからのパスをペナルティーエリア内で受けながらターン。相手選手をかわし、GKも抜き去って決める芸術的なゴールだった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181022-00000070-dal-socc
    10/22(月) 14:47配信







    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★:2018/10/21(日) 04:22:03.88 ID:CAP_USER9.net
    一時3-1とリードした神戸だが… 後半20分に同点に追いつかれてイニエスタも不満

    ヴィッセル神戸が20日のJ1第30節川崎フロンターレ戦で3-5と敗れた。後半20分、川崎の元日本代表MF齋藤学に華麗なドリブル弾を叩き込まれて3-3に追いつかれた際、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが怒りを露わ。DAZN公式ツイッターが公開したゴール動画に、その様子が収められている。

    前半13分に失点した神戸だが、同15分にオウンゴールで追いつくと、同28分にFW古橋亨梧、同35分にMF三田啓貴の一撃で一気に突き放した。ところが同43分に被弾すると、後半20分には齋藤にドリブルで局面を打開され、3-3に追いつかれた。

    守備に戻っていたイニエスタもゴールに吸い込まれるシュートを眺め、その直後に両膝を折るように腰を落とし、両手を大きく振る仕草で怒りを露わにしている。失点の場面で神戸側の人数は足りており、軽々と突破される守備に不満を示すかのような感情的な行為となった。

    イニエスタのジェスチャーが物語るように、不安を抱える神戸の守備組織はそこから一気に瓦解し、さらに2失点。最終的に3-5で敗れ、リーグ戦7試合未勝利(1分6敗)と泥沼の状態に陥っている。

    現在、神戸は勝ち点37でリーグ12位ながら、プレーオフ圏の16位柏レイソルとわずか勝ち点4差。残り4試合は名古屋グランパス、サガン鳥栖、清水エスパルス、ベガルタ仙台と対戦する。苦境が続くなか、イニエスタを中心にJ1残留を果たせるだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181020-00142802-soccermzw-socc
    10/20(土) 22:05配信


    後半20分、同点に追いつかれてイニエスタも怒りを露わに



    【公式】ゴール動画:齋藤 学(川崎F)65分 川崎フロンターレvsヴィッセル神戸 明治安田生命J1リーグ 第30節 2018/10/20
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/17(水) 22:32:03.60 ID:CAP_USER9.net
    J1神戸のMFアンドレス・イニエスタ(34)が17日、神戸市内で報道各社の合同インタビューに応じた。チームのことから神戸での生活に至るまで、余すことなく思いを語った。以下、インタビュー3。

      ◇  ◇

    (2から続く)-ヴィッセルからなかなか日本代表が出ない。もし個人名を挙げるとしたら、それに近い選手はいるか。

    「個人名を挙げるのは難しい。代表というのは選ばれた人たち、レベルの高い選手が選ばれる。うちのチームから将来的に、一緒にやっている仲間から代表に行く選手が出てくれば、うちのチームはレベルが高い選手がいることを証明することになる。ただ、最終的に決めるのは日本代表監督。個人としては、それが起きることを願っている。私としては一緒にプレーしている仲間がベストプレーヤー。ただ決めるのは私ではなく日本代表監督」

    -ヴィッセルでプレーして、神戸に住んでみて、この街のサッカーの温度や、熱を高めるには何が必要か。

    「すでにホームスタジアムでプレーした感覚から、ヴィッセルのサポーターはいいサポーターだと感じている。熱を高めるために親近感をもってもらうこと。いい仕事をしていると感じてもらうことが大事。これはどんどんよくなると確信している。サポーターの熱はいいものだと感じている」

    -プロのキャリアで、これだけ負けているのは経験のないことでは。どう思って乗り越えようとしているのか。

    「あまり比較をするのは好きではない。特に今、大きな変化があるときに単純に比較はできない。このクラブに来ると決断したとき、誰も楽な挑戦になると思っていなかった。もちろん個人として負けることは好きじゃないが、このような状況に置かれた時は、より自分の責任だったり、モチベーションという意味でチームに貢献しないといけないという気持ちは、より強く芽生える。この状況を打開するために、よりよくプレーするしかない。サッカーにおいても人生においてもずっと楽なことは絶対にない。必ず浮き沈みはあるので、いかに状況を打開するかが大事」

    -郷家や藤谷ら、若い選手が間近で見て何かを得ようとしている。若い選手にどのような印象があるか。

    「印象はすごくポジティブなもの。タレントもある。これからの伸びしろもあると感じている。大事なのは、彼らがピッチの中で成長を続けられるように、自分のサッカーを展開できるように、経験のある選手がサポートしていくこと。彼らはこのチームの現在であり、将来でもある。これから必ず伸びていくと確信している」

    -あらためて日本サッカーの将来性についてどう思うか。

    「前から日本のサッカー、選手は見ていて、楽しい選手が多い。よく走って俊敏な選手がそろっている。日本サッカーとしても、今回のW杯で証明したように、ベルギーに最後負けたが、日本サッカーのポテンシャルは世界にも証明できていると思う。これから、日本サッカーは必ず伸びていく。その道中にある」(終わり)

    10/17(水) 21:01配信
    2018-10-18_13h16_07
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181017-00000137-dal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/17(水) 14:25:32.89 ID:CAP_USER9.net
    神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)が17日、神戸市内のクラブハウスで合同インタビューに応じた。

    国内外のメディア29社約80人が集結。来日から約3か月、自身のインスタグラムで神戸での生活をたびたびアップしており「みなさんの歓迎に自分としても家族としても感謝しています。家族とも日々、日本の生活や日本の文化に適応していっている。日本にいる期間ができるだけ素晴らしく楽しいものになるようにしたい」と笑顔を交えながら話した。

    神戸市内でお気に入りの場所については「三宮や市内を散歩したり、(自身のユニホームのデザイン仕様になっている)花時計も通ったりしたし、神戸は素晴らしい街。家族としてもここでの生活を楽しんでいきたい」と話し「オススメの場所があれば教えてくだされば…」とお出かけスポットを募集した。

    古巣のバルセロナが来夏にアジアツアーを行うと発表した。楽天がバルセロナの胸スポンサーを務めていることから、神戸と対戦する可能性がある。「実現したらとても素晴らしい時間になる。どうなるか見てみたい。個人としてだけでなく、日本のファンのためにも、素晴らしい選手のいるバルサが来ることはまたとないチャンス。実現すればいいなと思います」と胸を躍らせた。

    合同インタビューの終了時間が来た際、広報が「質問はあと1問で…」と言うと「あと2~3問、いいですよ」と答え、報道陣に“神対応”を見せた。20日に川崎戦(等々力)を控えるが、リージョ新監督のもと「練習でしていることを試合でも実現できるようにしたい。順位表がひとつでも高い位置でシーズンを終えられるようにしたいね」と意気込んだ。

    2018年10月17日13時29分 スポーツ報知https://www.hochi.co.jp/soccer/national/20181017-OHT1T50066.html

    写真
    2018-10-17_15h11_23


    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/15(月) 12:47:53.27 ID:CAP_USER9.net
    「楽」「アンドレス イニエスタ」と漢字&カタカナで記したサインが話題に

    サッカーJ1神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタがインスタグラムを更新した。色紙に日本語で記したレアなサインを公開し、ファンに「俺より文字上手い」「字が可愛すぎます」「このサイン欲しい」などとコメントが殺到。15万に迫る「いいね!」がつくなど、大反響を呼んでいる。

    イニエスタはボールではなく、ペンを持たせても才能を発揮できるようだ。14日にインスタグラムを更新。掲載したのは1枚の画像だった。

    映されているのは1枚の色紙。その右寄りに大きく記されているのは「楽」という1文字だった。一画一画、大きく丁寧に記された文字。その左側には「アンドレス イニエスタ」と縦書きで、こちらも丁寧に書かれている。“達筆”と言ってもいいだろう。右下にはイニエスタの本来のサインが記されている。

    ファンからは「日本語で書いてくれて感謝感激」「お上手です」「俺より文字上手い」「字が可愛すぎます」「このサイン欲しい」「かっこいいサインとのギャップ」と好評を博していた。

    スペイン代表としてW杯優勝という偉大なキャリアを誇りながらJリーグにやってきて、サッカーとともに未知の文化を「楽」しみ、理解しようとする姿勢が背番号8を支えているのだろう。


    10/15(月) 9:12配信
    no title
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181015-00040253-theanswer-socc
    8:Egg ★:2018/10/15(月) 12:50:38.46 ID:CAP_USER9.net
    >>1

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ