海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:イブラヒモビッチ

    882: U-名無しさん 2018/06/13(水) 14:29:58.94 ID:hkWFuIdL0
    イブラさん優しい。

    日本代表は2勝1分で16強入りとイブラヒモビッチが予想!!アジア勢唯一の決勝トーナメント進出?
    news_247004_1
    https://web.gekisaka.jp/news/detail/?247004-247004-fl
    イブラヒモビッチは各グループリーグのスコア、順位予想を行い、日本代表の2位通過を展望した。初戦のコロンビア戦は1-1のドロー、セネガル戦、ポーランド戦はいずれも1-0で日本の勝利を予想した。H組首位はコロンビア、2位に日本、3位はポーランド、4位はセネガルと続いている。

    続きを読む

    pcimage

    1:風吹けば名無し:2018/05/14(月) 11:51:30.76 ID:uwI0b7BUd.net
    他は無名の模様
    2:風吹けば名無し:2018/05/14(月) 11:51:46.06 ID:ukVYOf6Ka.net
    ラーション
    10:風吹けば名無し:2018/05/14(月) 11:53:03.97 ID:13uwfS6i0.net
    ググるからちょっと待ってろ
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/05/12(土) 13:25:44.23 ID:CAP_USER9.net
    MLSがリーグ所属選手のサラリーを発表した。バスティアン・シュバインシュタイガー、マイケル・ブラッドリー、ダビド・ビジャら、ヨーロッパで実績のある有名選手が上位を占めた一方で、3月からMLSに新天地を求めたズラタン・イブラヒモビッチは上位にランクインしなかった。トップ10は次のとおり。

    ■2018-2019MLSプレーヤー年俸トップ10

    1:バスティアン・シュバインシュタイガー(ドイツ/シカゴ・ファイアー)|610万ドル(約6億5800万円)

    2:マイケル・ブラッドリー(アメリカ/トロントFC)|600万ドル(約6億4800万円)

    3:ダビド・ビジャ(スペイン/ニューヨーク・シティFC)|561万ドル(約6億0600万円)

    4:セバスティアン・ジョビンコ(イタリア/トロントFC)|560万ドル(約6億0500万円)

    5:ジョジー・アルティドール(アメリカ/トロントFC)|500万ドル(約5億4000万円)

    6:カルロス・ベラ(メキシコ/ロサンゼルスFC)|450万ドル(約4億8600万円)

    7:ジオバニ・ドス・サントス(メキシコ/LAギャラクシー)|425万ドル(約4億5900万円)

    8:ディエゴ・ヴァレリ(アルゼンチン/ポートランド・ティンバーズ)|232万ドル(約2億5000万円)

    9:ホナタン・ドス・サントス(メキシコ/LAギャラクシー)|200万ドル(約2億1600万円)

    9:マキシ・モラレス(アルゼンチン/ニューヨーク・シティFC)|200万ドル(約2億1600万円)

    イブラヒモビッチはマンチェスター・ユナイテッド時代、年間2700万ドル(約29億円)ものサラリーを手にしていたとされる。しかし、MLSでは年俸に上限があるサラリーキャップ制度が設けられており、デジグネイティッド・プレーヤー・ルール」(特別指定選手制度)でその上限を超えた条件で選手を獲得することもできるが、LAギャラクシーはすでにその枠を使い切っていた。そのため「イブラヒモビッチは95パーセントの収入減を受け入れてMLSに移籍した」と一部メディアで報じられていた。

    イブラヒモビッチがLAギャラクシーで受け取っているサラリーは、150万ドル(約1億6200万円)と掲載されている。もちろん、年俸とは異なる収入はここに加算されていないが、マンチェスター・U時代に比べて、年俸は大幅ダウンとなっていたもよう。

    鳴り物入りでアメリカへ移籍したイブラヒモビッチだったが、年俸トップ10の条件からは程遠く、大幅なサラリー減を受け入れた上でのMLS参戦だったようだ。
    2018-05-12_13h51_03
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180512-00000006-goal-socc
    続きを読む

    2018-04-27_07h46_13

    1:Egg ★:2018/04/27(金) 00:12:44.59 ID:CAP_USER9.net
    スウェーデン協会は26日、同代表に復帰して6月開幕のW杯ロシア大会に出場する可能性が浮上していたFWズラタン・イブラヒモビッチ(36=米MLSロサンゼルス・ギャラクシー)について、W杯には出場しないと正式に発表した。

    スウェーデン代表のチームマネジャーであるリヒト氏が24日にイブラヒモビッチと会談。2016年に同代表から引退した元エースストライカーは「気持ちは変わっていない。ノーだ」と代表復帰を明確に否定したという。同協会は「そのためW杯メンバーの候補にはならない」と説明した。

    イブラヒモビッチは今月に自身のツイッターで「オレがW杯でプレーする可能性はスカイハイ(非常に高い)」とつぶやき、米テレビのトークショーで「オレのいないW杯はW杯じゃない。オレはW杯に行く」と話すなど、W杯出場を示唆して大きな注目を集めていた。

    4/26(木) 22:34配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180426-00000164-spnannex-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/22(日) 15:54:17.38 ID:CAP_USER9.net
    スウェーデン代表を率いるヤン・アンデルソン監督は元同代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチの2018 FIFA ワールドカップ・ロシアでの招集を否定しているようだ。21日、スウェーデンメディア『TV4』が同監督のコメントを伝えている。

    イブラヒモヴィッチは2016年に行われた欧州選手権フランス大会を最後に代表引退を明言。しかし、スウェーデン代表がW杯プレーオフでイタリア代表に勝利し本大会出場を決めると、同選手は自身のSNSを通じて代表復帰希望を匂わせる発言を度々している。

    これを受け、同選手の代表復帰がささやかれているが、アンデルソン監督はイブラヒモヴィッチのW杯メンバー入りについて次のようにコメントし完全否定している。

    「ズラタンや他の多くの選手はユーロ2016終了後に代表チームから離れると発言しているし、その発言をリスペクトしている。だからここにきてメディアの想像や最近のズラタン本人のコメントを考慮に入れたりはしないよ。私はこれまでに交わしてきた会話の内容やコメントを考慮している。今になって招集することは絶対にないよ」

    同選手は4月にマンチェスター・Uからメジャーリーグサッカーのロサンゼルス・ギャラクシーに移籍。デビュー戦で2ゴールを決めるなど負傷明けとは思えない輝きを取り戻している。

    しかし、同選手はオンライン賭博を行うBetherd社のアンバサダーに就任していることから、国際サッカー連盟の規定に抵触するためW杯に出場できない可能性も指摘されている。果たして、スウェーデンの“王様”はロシアの地に立つのだろうか注目が集まっている。

    4/22(日) 15:48配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180422-00746902-soccerk-socc

    写真


    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/20(金) 06:36:17.20 ID:CAP_USER9.net
    ・LAギャラクシー移籍で代表復帰は加速傾向!? 「俺はW杯に行く。それは間違いない」

    米MLS(メジャーリーグサッカー)のLAギャラクシーに移籍した元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが米人気番組に登場。「俺様のいないワールドカップはワールドカップじゃない」と“イブラ節”を炸裂させている。

    プレミアリーグの名門マンチェスター・ユナイテッドから、アメリカに拠点を移した“唯我独尊ストライカー”は相変わらずカリスマ性を発揮している。

    米人気テレビ番組「ジミー・キンメル・ライブ」にゲスト出演したイブラヒモビッチ。すでにスウェーデン代表から引退しているが、6月のロシア・ワールドカップ(W杯)出場に意欲を燃やしている。

    「俺はW杯に行く。それは間違いない。それ以上発言すると、自分を吊るし上げる人間もいるから、発言に気をつけないといけないな」

    そして、イブラヒモビッチは次のように言葉を続けた。

    「つまり言いたいことは、俺様のいないW杯はW杯にはならないだろうということだよ」

    唯一無二の才能を誇る百戦錬磨の男は、自身が不在のW杯はもはや4年に一度の祭典ではないと言い切っている。

    イブラヒモビッチ抜きで欧州予選を勝ち抜いたスウェーデン代表のヤン・アンデルソン監督は「私から彼に電話をかけることはない」と発言しているが、世界のサッカーファンは歯に衣着せぬ発言で物議を醸すカリスマFWの最後の大舞台を心待ちにしているかもしれない。

    4/19(木) 14:10配信 ZONE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180419-00010011-soccermzw-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/08(日) 21:18:50.79 ID:CAP_USER9.net
    写真


    エンゼルスの大谷翔平投手が6日(日本時間7日)、本拠地アスレチックス戦で3試合連続ホームランとなる今季3号を放った。1シーズンに先発投手として勝利&3戦連続アーチという1930年のベーブ・ルース以来となる快挙を果たした大谷はサッカー界のカリスマと並んで、「大金を捨ててLAにやってきた2人の新たなるスター」として、地元メディアから注目されている。

    8日(同9日)に本拠地初登板に臨む大谷。打者としては本拠地デビュー戦から3戦連発という長打力を見せつけている中、投手・大谷がついに地元ファンの前でベールを脱ぐことになる。「野球の神様」と呼ばれる元祖二刀流のベーブ・ルースと比較される大谷だが、米メディアは他競技のカリスマとも比較している。

    「LAにきた2人の新たなスターは、テーブルに置かれた大金を置きざりにしてきた。オオタニはMLB挑戦をあと2年待たなかったことで2億ドル(約214億円)を犠牲にした。ズラタンは中国からの1億ドル(約107億円)のオファーを拒否した」

    ツイッターでこう紹介したのは、地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」のディラン・ヘルナンデス記者だった。

    デビュー戦で2ゴールを決めたイブラヒモビッチ

    16年に締結された新労使協定で、25歳以下の米国外選手についてはポスティング費用を除き、契約金に上限が設けられている。23歳でメジャー挑戦となった大谷は25歳まで待てば、年俸総額200億円超えのメガオファーを手にすることができたはずだった。

    大金よりもメジャーという夢を選んだ大谷と並んで登場したのはサッカー界のスーパースター、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチだった。

    オランダ、イタリア、スペイン、フランス、イングランドで所属クラブにタイトルをもたらし続けた優勝請負人は、今年3月23日マンチェスター・ユナイテッドから米メジャーリーグサッカーの強豪LAギャラクシーに移籍。中国のクラブからの1億ドル(約107億円)超のオファーを受けながらも、ロサンゼルスに年棒150万ドル(約1億6000万円)で移籍してきたという。

    3月31日のデビュー戦ロサンゼルスFC戦で途中出場ながら、19分間で2ゴールを決めるなど、36歳にして実力健在ぶりを見せつけ、世界中の話題となったイブラヒモビッチ。

    メジャー初先発初勝利&3戦連続ホームランの衝撃デビューを果たした大谷。メガオファーを捨ててLAにやってきた2人のスーパースターは、スポーツ界で巨大な旋風を巻き起こしている。

    4/8(日) 20:07配信 フルカウント
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180408-00119330-fullcount-base
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/04/05(木) 19:22:25.97 ID:CAP_USER9.net
    チャンピオンズ・リーグ(CL)準々決勝の第1レグ、クリスチアーノ・ロナウドが64分に見せたオーバーヘッドによるゴールは、レアル・マドリーにとって勝負を決する貴重な追加点となっただけでなく、その美しさが世界中で大絶賛され、各国メディアには称賛の見出しが並んだ。
     
    対戦したユベントスからも、守護神ブッフォンが「ペレ、マラドーナに匹敵する」、CBバルザーリが「プレイステーションみたいなゴール」と賛辞を送られたほどのゴールは、もちろんマドリーの仲間たちからは大絶賛された。

    キャプテンのS・ラモスは、「記憶に残る素晴らしいゴール。この調子をシーズン終了まで持続してほしい」と、ゴールへの祝福とともに、好調な大エースへ期待と信頼の言葉を送った。
     
    対して、ジダン監督は「彼に嫉妬を覚える」、さらには「私のゴール(2001-02シーズンCL決勝の決勝ボレー)のほうが上」と……。もちろん、これは指揮官のジョークであり、「史上最高のゴールのひとつだ」と美弾を称えている。
     
    このように、誰も文句をつけようがない一撃だが、これに“ダメ出し”する選手が出現した。ズラタン・イブラヒモビッチだ。
     
    先月、マンチェスター・ユナイテッドとの契約を解除して米国MLSのLAギャラクシーに加入し、31日のロサンゼルスFC戦で後半途中出場から2ゴールを挙げてチームを逆転勝利に導くという衝撃のデビューを飾ったスウェーデン人ストライカーは、米国『ESPN』に対して、こう語った。
     
    「確かにナイスゴールだ。でも彼は、40メートルの距離からこのシュートにトライしないとね」
     
    これが何を言わんとしているかは、ファンならご存じだろう。
     
    2012年11月13日に行なわれた国際親善試合のスウェーデン対イングランド戦で、イブラヒモビッチは相手GKのクリアボールをペナルティーエリア右手前からのオーバーヘッドでゴールに流し込んだ。この驚愕の一撃は、同年の年間最優秀ゴール「プスカシュ賞」に輝いている。
     
    つまり、自分が決めたよりも長い距離でのオーバーヘッド弾でなければ認めない、それまでは「俺の方が上」ということだろう。
     
    33歳で驚異的な敏捷性と跳躍力、そしてテクニックを発揮して歴史に残る一撃を決めたC・ロナウドだが、36歳になっても衰えを感じさせないイブラヒモビッチからすれば、「まだまだだよ、若造」といったところか!?
    38248_ext_04_0
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180404-00038248-sdigestw-socc
    続きを読む

    2018-04-01_07h37_36

    1:動物園φ ★:2018/04/01(日) 06:37:38.41 ID:CAP_USER9.net
    LA Galaxy 4-3 Los Angeles FC

    0-1 5' Carlos Vela
    0-2 26' Carlos Vela
    0-3 48' Daniel Steres
    1-3 61' Sebastian Lletget

    71' Ibrahimovicが途中出場

    2-3 73' Chris Pontius
    3-3 77' Zlatan Ibrahimovic 

    動画 


    4-3 90' Zlatan Ibrahimovic  
    動画


    http://www.livescore.com/soccer/usa/mls/la-galaxy-vs-los-angeles-fc/1-2692693/
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/03/24(土) 14:04:33.37 ID:CAP_USER9.net
    アメリカMLS(メジャーリーグサッカー)のLAギャラクシーは23日、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(36)が加入することを発表した。

    これまで、オランダやイタリア、スペイン、フランスでリーグタイトルを獲得してきた“優勝請負人”は、2016年6月にマンチェスター・ユナイテッドに加入。16-17シーズンは公式戦46試合で28ゴールを記録したが、昨年4月に負った右膝前十字靭帯損傷により長期離脱を強いられ、新たなに1年契約を結んだにもかかわらず、今シーズンの出場はわずか7試合にとどまった。

    そして22日にユナイテッドはイブラヒモビッチとの契約解除を発表。かねてから報じられていた通り、アメリカ行きが決定した。なお、『ロサンゼルス・タイムズ』によると、イブラヒモビッチの年俸は150万ドル(約1億5700万円)程度だという。なお、ユナイテッドでは2600万ドル(約27億3000万円)を受け取っていたとみられている。

    LAギャラクシーには、かつて元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏やMFスティーブン・ジェラード氏、元アイルランド代表FWロビー・キーン氏らが所属。現在も、元イングランド代表DFアシュリー・コールやメキシコ代表MFジョバニ・ドス・サントス、MFジョナタン・ドス・サントスらが所属している。
    2018-03-24_16h08_37
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180324-01651882-gekisaka-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ