海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:インゴルシュタット

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/02/19(日) 01:31:40.48 ID:CAP_USER9.net
    GettyImages-642598032
    長谷部が痛恨のPK失敗…チームは降格圏インゴルシュタットに黒星で連敗

    サッカーキング編集部
    サッカー総合情報サイト

    ブンデスリーガ第21節が18日に行われ、日本代表MF長谷部誠所属のフランクフルトとインゴルシュタットが対戦した。

    前節、レヴァークーゼンに完敗し、公式戦の連勝が3でストップしたフランクフルト。現在リーグ3位につけているが、首位バイエルン、2位ライプツィヒに食らいついていくために連敗は避けたいところ。降格圏17位のインゴルシュタット戦には、長谷部がリーグ15試合連続となる先発出場。リベロではなく、ボランチとして起用された。

    試合開始から攻勢を仕掛けたのはインゴルシュタット。3分にFKからマシュー・レッキーがヘディングシュートを放つと、10分にはマルクス・ズットナーが左足でミドル。しかしいずれも得点には至らなかった。

    対するフランクフルトは22分、左サイドでFKを獲得すると、長谷部がキッカーを務める。しかしボールはニアサイドでカットされた。

    26分、均衡が破れる。インゴルシュタットは右CKをダリオ・レスカーノが頭ですらすと、ファーサイドへ流れたロマン・ブレジェリーが右足インサイドでミート。ボールはゴール右隅へ突き刺さった。

    https://www.soccer-king.jp/news/world/ger/20170219/553478.html
    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/02/05(日) 01:35:44.54 ID:CAP_USER9.net
    電光石火の一撃でヘルタが2017年初勝利
    theWORLD(ザ・ワールド)?2/5(日) 1:27配信

    ヘルタ、連敗ストップで2017年初勝利

    日本代表FW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンは4日、ブンデスリーガ第19節でインゴルシュタットをホームへ迎え入れた。ウィンターブレイクが明けて以降、2連敗中のヘルタ。トレーニング中に左足首を負傷し、一時は欠場も噂されていたが、今節は原口が4試合ぶりにスタメン復帰することとなった。

    試合は、開始1分に早くもスコアが動く。緩急をつけたドリブルでサロモン・カルーが左サイドを突破し、ペナルティエリア内へ侵入すると、中央へグラウンダーで折り返す。これを走り込んでいた原口が落ち着いてゴールへ流し込み、ヘルタがブンデスリーガ今季最速ゴールで先制に成功。原口にとっては、待望の今季初ゴールとなった。

    その後は、先制したヘルタがリスクを冒さず、ボールをしっかり回すことで落ち着いた試合展開。そのため、両チームなかなかチャンスを作れず、ただただ時間だけが過ぎていく。前半終了間際にインゴルシュタットがセットプレイやサイド攻撃からシュートまで持っていくが、ゴールネットを揺らすまでには至らず。ヘルタが1点リードしてハーフタイムを迎えている。

    後半に入ると、両チーム一進一退の攻防を見せるが、なかなか決定機を活かせない。そして、なんとか同点に追いつきたいインゴルシュタットが猛攻を仕掛け、徐々にペースを握るが、ヘルタがなんとか耐えて試合終了。1-0でホームのヘルタがインゴルシュタットを撃破し、2017年初勝利を挙げた。なお、先制ゴールを挙げた原口はフル出場を果たしている。
    2017-02-05_01h50_20
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170205-00010000-theworld-socc
    2:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/02/05(日) 01:35:56.40 ID:CAP_USER9.net
    [スターティングメンバー]
    ヘルタ:ヤルシュテイン、ペカリーク、ラングカンプ、ブルックス、ミッテルシュテート、ルステンベルガー、ダリダ、原口、ストッカー(→シーバー 63)、カルー(→エスヴァイン 79)、イビセビッチ(→トルナライア 90+1)

    インゴルシュタット:ハンセン、マティプ、ロジェール(→キッテル 66)、ブルジェリ、ハテルギョナイ、クリスティアンセン(→ヒンテルゼーア 66)、モラレス、ズットナー、グロス、ユング(→ライペルツ 76)、レズカノ

    [スコア]
    ヘルタ 1-0 インゴルシュタット

    [得点者]
    ヘルタ:原口(1)
    続きを読む

    ヘルタ・ベルリンに所属する日本代表MF原口元気が、4日に行われたブンデスリーガ第19節のインゴルシュタット戦で得点を決めた。

    昨年12月17日に開催された第15節・ライプツィヒ戦以来の先発出場となった原口は試合開始早々の1分、サロモン・カルーが左サイドから入れたクロスにダイレクトで合わせてゴールに流し込んだ。

    原口はこれが今シーズン初ゴール。久々のスタメンで見事に結果を残した
    2017-02-05_00h11_20
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170204-00549315-soccerk-socc
     
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/25(水) 17:43:46.89 ID:CAP_USER9.net
    バイエルン・ミュンヘンのカール・ハインツ・ルンメニゲCEOが約束を守り、ブンデスリーガで降格圏に沈むチームへプレゼントを贈っている。

    ブンデスリーガで今シーズン、台風の目となっているのが昇格組のRBライプツィヒだ。開幕から10試合以上に渡り、無敗をキープし、優勝候補のバイエルンを抑えてリーグ前半戦で首位を走っていた。

    そんなライプツィヒを止めたのが、当時最下位に沈んでいたインゴルシュタットだ。12月10日に行われたブンデスリーガ第14節で、インゴルシュタットは前半に挙げたゴールを守りきり、初黒星をつけている。この日を境にバイエルンは“定位置”である首位を取り戻し、ルンメニゲCEOはインゴルシュタットへの感謝を述べつつ、バイエルン地方の名産物であるソーセージのプレゼントを約束していた。

    そして24日、ルンメニゲ氏は実際にインゴルシュタットのオフィスを訪れ、80人分の白ソーセージとプレッツェルを贈っている。この出来事にインゴルシュタットも感謝を示し、公式ツイッターで「約束のソーセージをありがとう」と、更新している。

    いまだブンデスリーガでは17位と降格圏に沈むインゴルシュタットだが、首位からの贈り物で、ここから巻き返すことはできるのだろうか。
    2017-01-25_20h30_46
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170125-00000014-goal-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/12/11(日) 02:23:56.39 ID:CAP_USER9.net
    指揮官の古巣にまさかの0-1敗戦 シュート13本が全て空砲に終わる

    ブンデスリーガ初参戦ながら無敗で首位を走っていたRBライプツィヒが第14節でついに初黒星を喫した。快進撃を止めたのはラルフ・ハッセンヒュッテル監督の古巣で、最下位に沈んでいたインゴルシュタットという意外な結果だった。

    第2節で昨季2位のドルトムントを撃破するなど、創設7年目でブンデスリーガに初参したライプツィヒは13節まで10勝3分、勝ち点33で王者バイエルン・ミュンヘンを抑えて首位に立っていた。

    現地時間10日に行われた第14節の相手は、ここまでわずか1勝(3分9敗)で最下位に沈むインゴルシュタットだった。ライプツィヒを指揮するハッセンシュッテル監督にとっては昨季まで指揮を執った古巣対戦となった。

    前半12分にDFロジャーがゴールを奪い、ホームのインゴルシュタットが先制。総得点リーグ2位タイ(29得点)の攻撃力が自慢のライプツィヒだったが、この日は放ったシュート13本は全てが空砲に終わった。最下位チームに0-1と完封負けを喫し、意外な結果で無敗記録は「13」でストップ。さらに、同日にヴォルフスブルクを5-0で下したバイエルンにかわされ、2位に転落した。
    2016-12-11_08h04_16
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161211-00010001-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/10/23(日) 00:25:35.38 ID:CAP_USER9.net
    ブンデスリーガ第8節が22日に行われ、インゴルシュタットと日本代表MF香川真司が所属するドルトムントが対戦した。香川はリーグ戦では開幕戦以来7試合ぶり、公式戦としてはチャンピオンズリーグ(CL)のスポルティング戦に続いての先発出場となった。

    現在5位のドルトムントは、第6節でレヴァークーゼンに敗れると、前節はヘルタ・ベルリンと引き分け、2試合勝ちなしとなっている。CLでは好調を維持しているため、その勢いをリーグ戦につなげたい。一方、インゴルシュタットはここまで1分け6敗の最下位。今節はホームでリーグ戦初勝利を目指す。

    この試合で先制したのはホームのインゴルシュタット。6分、右サイドでFKのチャンスを得ると、マルクス・ズットナーが左足でクロスを供給。ゴール前のアルモグ・コーヘンがこれを蹴り込み、リードを奪った。

    さらに24分、インゴルシュタットが先制点と同じような位置でFKを獲得。再びズットナーが左足でクロスを入れると、ニアのダリオ・レスカーノがヘディングシュート。これがファーサイドのネットを揺らし、インゴルシュタットが追加点を挙げた。

    リードを許したドルトムントは、ゴンサロ・カストロらがシュートチャンスを作ったものの、なかなか決定機にはつながらない。39分にはエリア手前でFKを獲得すると、ピエール・エメリク・オーバメヤンが無回転シュートで狙ったが、ここは惜しくも枠の上に外れてしまった。このまま2-0でインゴルシュタットがリードしてハーフタイムを迎える。

    ドルトムントは後半開始からパク・チュホを下げてクリスチャン・プリシッチを投入する。すると勢いを取り戻したドルトムントがインゴルシュタットを敵陣に押し込み、一方的に攻め込む時間が続く。58分にG・カストロを下げてマリオ・ゲッツェを投入すると、59分にスコアが動く。左サイドのウスマン・デンベレがクロスを入れると、オーバメヤンがヘディングシュートを決めて1点差に詰め寄った。

    インゴルシュタットは一転して苦しい状況に追い込まれたかに思われたが、すぐに反撃に出る。60分、モーリッツ・ハートマンが右サイドを走るフロレント・ハデルギョナイへタテパス。ハデルギョナイの折り返しをレスカーノがゴール左下に蹴り込み、再び2点差に突き放した。

    再びリードを広げられたドルトムント。69分にデンベレがドリブルで持ち上がると、右サイドのプリシッチへパスを送る。プリシッチが中央に入れたボールを最後はアドリアン・ラモスがダイレクトシュートで決め、ドルトムントが再び1点差とした。直後の73分、ドルトムントは香川を下げてフェリックス・パスラックを投入する。

    ドルトムントは終盤に猛攻を仕掛けると、左サイドのパスラックが上げたクロスから、最後はプリシッチがヘディングシュートを決める。これでドルトムントが同点に追いついた。さらに逆転を狙って攻撃を続けたが、最後まで勝ち越しゴールを奪うことはできず、3-3のドローに終わった。ドルトムントはなんとかドローに持ち込んだが、3試合未勝利。一方、インゴルシュタットも今シーズン初勝利を土壇場で逃す格好となった。

    【スコア】
    インゴルシュタット 3-3 ドルトムント

    【得点者】
    1-0 6分 アルモグ・コーヘン(インゴルシュタット)
    2-0 24分 ダリオ・レスカーノ(インゴルシュタット)
    2-1 59分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
    3-1 60分 ダリオ・レスカーノ(インゴルシュタット)
    3-2 69分 アドリアン・ラモス(ドルトムント)
    3-3 90+1分 クリスチャン・プリシッチ(ドルトムント)
    2016-10-23_00h48_19
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161023-00506538-soccerk-socc
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 01:29:22.62 ID:CAP_USER*.net
    ブンデスリーガ第19節が30日に行われ、日本代表MF香川真司の所属するドルトムントとインゴルシュタットが対戦した。

    2位のドルトムントは前節、ボルシアMGに3-1で勝利し、シーズン後半戦白星スタートを飾った。今節は、昇格組の10位インゴルシュタットをホームに迎えて、リーグ戦2連勝を狙う。前節、胃腸炎にかかった影響で今シーズン初めて出番がなかった香川は、トップ下で今節のスタメンに名を連ね、後半戦初出場となった。一方でMFイルカイ・ギュンドアンとFWマルコ・ロイスが感染症のため欠場。MFマティアス・ギンターがMFユリアン・ヴァイグルとボランチで、FWアドリアン・ラモスがFWピエール・エメリク・オーバメヤンと2トップでコンビを組む。

    開始前には、2015年度のアフリカ最優秀選手賞を受賞したオーバメヤンのセレモニーも行われた。

    雨の中でキックオフを迎えた試合は、ドルトムントがボールを支配して主導権を握るが、なかなか攻撃の糸口を掴めず、膠着状態が続く。29分、インゴルシュタットは、 GKラマザン・エズカンのゴールキックからダリオ・レスカーノがDFラインを抜け出し、そのまま相手GKロマン・ビュルキもかわす。ゴールが無人となり、決定的なピンチを迎えたドルトムントだったが、戻ったマッツ・フンメルスがレスカーノに詰める寄ると、最後はウカシュ・ピシュチェクが頭でクリアし、難を逃れた。

    逆にドルトムントは35分、左サイドのエリック・ドゥルムからのクロスに、中央のオーバメヤンが右足のジャンピングボレーで合わせるが、シュートはGKエズカンに阻まれる。そのこぼれ球を、ラモスが頭で押し込もうとするが、枠を捉えられなかった。43分には香川が左サイドから精度の高いクロスを供給。ファーサイドに流れたオーバメヤンがフリーでヘディングシュートを放つが、相手DFにブロックされた。前半はスコアレスで折り返す。

    後半に入ってドルトムントは、トーマス・トゥヘル監督が立ち上がりに動く。55分、ヴァイグルと香川を下げて、モリッツ・ライトナーとゴンサロ・カストロを投入した。65分、エリア内右に抜け出したライトナーが鋭い折り返し。ゴール前にオーバメヤンが飛び出すが、目の前でGKエズカンにキャッチされた。するとその直後、最終ラインでキープしたフンメルスがレスカーノに詰められてバックパス。浮き球のボールはGKビュルキの頭上を越えてゴールに吸い込まれる。ドルトムントがオウンゴールで先制を許したかに思われたが、レスカーノのフンメルスに対するファールの判定で、ノーゴールとなった。

    嫌なムードになったドルトムントは68分、左CKからヘンリク・ムヒタリアンのボールに、中央のフンメルスがヘディングで流すが、シュートは枠の右に外れる。その直後、トーマス・トゥヘル監督は思い切った采配に出る。なかなかゴールを奪えない状況で、ラモスに代えて17歳のMFクリスチャン・プリシッチをピッチに送り出した。

    77分、ドルトムントがついに均衡を破る。右サイドのピシュチェクがピンポイントのクロスを供給。中央のオーバメヤンが頭で合わせて、ゴール右隅に沈めた。オーバメヤンは得点ランクトップのリーグ戦19ゴール目。するとエースの勢いは止まらない。85分、カストロのスルーパスでエリア内左に抜け出したオーバメヤンが、左足を振り抜いてゴール右隅に決めた。オーバメヤンは19試合出場で20ゴールの大台に乗せた。

    試合はこのままタイムアップ。ドルトムントは苦戦したものの、2-0で勝利を収め、2連勝となった。

    ドルトムントは次節、2月6日にアウェーで同代表FW原口元気の所属するヘルタ・ベルリンと対戦。インゴルシュタットは同日にアウクスブルクをホームに迎える。

    【スコア】
    ドルトムント 2-0 インゴルシュタット

    【得点者】
    1-0 77分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
    2-0 85分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
    2016-01-31_02h08_40
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160131-00396882-soccerk-socc
    SOCCER KING 1月31日(日)1時20分配信

    http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2016/ger/ger-10787000.html
    試合スコア
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1454171362/

    続きを読む

    CZ-LZ4DW0AA4tUD
    続きを読む

    2015-08-23_20h59_02



    続きを読む

    2014-02-15_08h16_42


    ドイツ・ブンデスリーガ2部第21節のインゴルシュタット対1860ミュンヘン戦が14日行われ、ホームのインゴルシュタットが2-0で勝利を収めた。1860ミュンヘンFW大迫勇也はフル出場したが、ゴールを奪うことはできなかった。

    デビュー戦となった前節フォルトゥナ・デュッセルドルフ戦でいきなりのゴールを記録し、期待と注目が高まっていた大迫。この試合も2トップの一角で先発し、90分間プレーしたが、2試合連続ゴールはならなかった。

    試合は前半21分に先制したホームのインゴルシュタットが、終盤にももう1点を加えて2-0で勝利。1860ミュンヘンはリーグ再開から2試合でまだ白星がない。

    1860ミュンヘンの順位は9位で変わらず。他の結果次第では上位チームに差を広げられてしまうかもしれない。次節はホームにパダーボルンを迎えての試合となる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140215-00000034-goal-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ