海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:インザーギ

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/04/20(木) 12:47:01.86 ID:CAP_USER9.net
    試合の大部分では消えているのに、一瞬の隙を突いてゴールを急襲する。レアル・マドリードFWクリスティアーノ・ロナウドはそうした選手に変化してきている。若い頃のような観衆を沸かせるドリブルを見せることは少なくなったが、ゴール前で抜群の嗅覚から得点を量産。その姿はまるでミランなどで活躍したFWフィリッポ・インザーギ氏を思わせるところがある。

    そのロナウドは18日のバイエルン戦でもハットトリックを達成しており、これにはマンチェスター・ユナイテッドでチームメイトだったガリー・ネビル氏も脱帽している。英『sky SPORTS』によると、同氏はロナウドがライバルのバルセロナFWリオネル・メッシより長くキャリアを続けられるタイプの選手だと主張し、ロナウドの変化についてコメントしている。

    「彼はメッシより長くプレイするだろうし、多くの得点を決めると思う。そして最後にとんでもないことをするだろうね。彼は点取り屋になっていて、よりボックスの中にいる。我々はこれまでも選手の変化を見てきた。ライアン・ギグスはウイングからセントラルMFになった。今我々はロナウドがセンターフォワードになるところを見ているんだ。彼は常に上下動できないことを理解している。1対1でかわせないことも理解している。彼は点取り屋になり、スペースへの侵入者になるね」

    年齢に合わせてプレイスタイルを変化させていくことができれば、キャリアを長く続けることも可能だ。ロナウドの場合はドリブル以外にも遠い距離からでもシュートを打てるパワー、エリア内でのヘディングなど得意な武器が他にもある。1タッチの技術も実に正確で、何ともセンターフォワードらしい。この変化はメッシにはできないものだろう。ロナウドはインザーギ系の選手としてどこまでトップレベルを維持するのか。
    2017-04-20_15h26_25
    theWORLD(ザ・ワールド) 4/20(木) 12:40
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170420-00010013-theworld-socc
    続きを読む


    filippoinzaghi-cropped_wziqog0e8a6t1d9aifpof43ne
    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/06/04(木) 22:29:54.29 ID:???*.net
    日本代表FW本田圭佑(28)が所属するACミランのガリアーニ副会長が4日、フィリッポ・インザギ監督に解任を通達したと、4日付のミランニュースが報じた。

    同副会長は、インザギ監督に直接会って解任を伝えたという。チームは今季のリーグ戦を10位で終え、2季連続で欧州リーグ出場権を逃していた。

    後任にはサンプドリアを退任したミハイロビッチ監督の就任が濃厚となっている。

    日刊スポーツ 6月4日(木)22時10分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150604-00000111-nksports-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1433424594/

     
    続きを読む


    2015-05-25_20h36_58
    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/05/25(月) 12:12:22.15 ID:???*.net
    ミランは24日、セリエA第37節でトリノと対戦し、ホームで3-0と勝利した。フィリッポ・インザーギ監督は試合後、続投を望んでいると強調し、ミランを高みに戻すことができると話している。

    FWステファン・エル・シャーラウィの2ゴールと、FWジャンパオロ・パッツィーニのセリエA通算100ゴールとなるPKで3得点を挙げたミランは、約3カ月ぶりとなる無失点での勝利でホーム最終戦を終えた。

    インザーギ監督は試合後、活躍したエル・シャーラウィらが戦列を長く離れたことへの悔しさを口にしている。イタリア『スカイ・スポーツ』でのコメントを複数メディアが伝えた。

    「悔しいのは、選手たちを起用できなかったことだ。エル・シャーラウィのような選手が6、7カ月といなければ、その穴を埋めるのは難しい。(リッカルド・)モントリーヴォについても同じことが言える。逆に満足しているのは、これだけの困難でも、私が常にチームを掌握できたということだ」

    シルヴィオ・ベルルスコーニ名誉会長は、レアル・マドリーがカルロ・アンチェロッティ監督を解任すれば、同監督がミランに戻ると話している。だが、インザーギ監督はあくまでも続投を希望した。

    「私は残りたい。契約がある。そうじゃないと言われるまでは続けるよ。時間を与えられれば、私はミランをミランがいるべき場所に戻すことができると確信している。私は何も言われていない。仕事を続けるように言われていた。すべてがダメだったわけではないと思う」

    「補強は必要だが、ミランを高いところに戻すための土台はあるんだ。仕事をすることで、そこに戻れると思っている。そして、このチームは今、良い仕事をしているんだ。こういう難しいシーズンなら、ほかの監督が話題になるのは当然だろう。クラブが検討する。だが、私にはまだやれることがたくさんある。それをやれるように願っているよ。私の心にはこの赤と黒のカラーがあるからだ」

    GOAL 5月25日(月)9時45分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150525-00000003-goal-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1432523542/

     
    続きを読む

    2015-03-07_09h29_43
    ミランは7日、セリエA第26節でエラス・ヴェローナと対戦する。MF本田圭佑はやはりベンチスタートと予想されているようだ。フィリッポ・インザーギ監督は同選手が決して文句を言わないとも述べている。

    前節キエーヴォ戦でMFリッカルド・モントリーヴォとMFナイジェル・デ・ヨングが負傷したミラン。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』と『コッリエレ・デッロ・スポルト』によると、フィリッポ・インザーギ監督は4-3-3にシステムを戻すとみられている。

    守備ではDFアレックスが筋肉疲労のため、招集外となっており、復帰したDFガブリエル・パレッタがDFサルヴァトーレ・ボケッティとコンビを組むようだ。

    中盤はMFアンドレア・ポーリとMFジャコモ・ボナヴェントゥーラがインサイドハーフに入るとみられる。もう一人はMFサリー・ムンタリかMFマルコ・ファン・ヒンケルと予想された。

    前線の3トップは、右にMFアレッシオ・チェルチ、左にMFジェレミー・メネス、中央にFWマッティア・デストロの予想。この場合、本田は3試合連続のベンチスタートとなる。

    その本田について、インザーギ監督は前日会見で次のように述べている。クラブの公式ウェブサイトが伝えた。

    「本田はすでにたくさんのゴールを決めてきた。最近の試合ではあまりプレーしていないが、さらに良いトレーニングをしてきたよ。みんなが彼のことを称賛している。決して文句を言わないからだ。プレーしないときは、文句を言うのではなく、どうやってさらにうまくやるのかを考えている」
    続きを読む

    461082386-620x455
    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/01/25(日) 23:39:10.20 ID:???0.net
    進退を懸けて臨むラツィオ戦

    ACミランのフィリッポ・インザーギ監督が、24日の敵地ラツィオ戦で1-3で敗れ、解任危機に立たされていることを認めたと、イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じた。

    ミランは元フランス代表ジェレミー・メネズのゴールで先制したが、ラツィオに反撃を受けて逆転負けを喫した。記事では「インザーギ監督は今リスクを迎えた」とし、1941年以来となる一月リーグ戦で勝ち星のない極度の不振から指揮官が就任わずか8カ月での更迭危機に立たされていると伝えられている。監督自身も試合後に去就問題について、「イエス、火曜日の試合は決定的な試合。問題が僕なら、辞任する。だが、このまま前進する」と語っている。

    さらに、記事では「試合後、ロッカールームでミーティングを開いた。クラブは心配している。周りを見始めている…イタリア杯の結果に監督の運命はかかっている」とも報じている。

    そのため、インザーギ監督は、27日のラツィオとのイタリア杯では進退を懸けて臨むことになるようだ。アジアカップで準々決勝UAE戦で敗れ、チームに合流予定の日本代表MF本田圭佑にとっては右ウイングで起用し続けてくれた恩師に報いる最大のチャンスとなりそうだ。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150125-00010005-soccermzw-socc
    Soccer Magazine ZONE web 1月25日(日)20時2分配信
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1422196750/

     
    続きを読む



    693902_heroa
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/12/14(日) 10:53:03.31 ID:???0.net
    公式会見で完璧な受け答えを見せたインザーギ監督

    ACミランのフィリッポ・インザーギ監督がここ7試合でゴールから遠ざかっている日本代表FW本田圭佑に対する地元メディアからの辛辣な質問に、完璧な対応を見せた。

    練習場ミラネッロで行われた公式会見で、インザーギ監督は前節ジェノア戦で精彩を欠いた本田に関する厳しい質問を受けた。

    「本田、侍の刀はさびついていないか?」

    開幕7試合で6得点2アシストと活躍した本田はそこからペースダウンしている。地元記者は切れ味抜群だった背番号10の決定力の低下を切れ味が鈍った刀にたとえた。

    そこで指揮官は「メッテルチ ウン ポ ディ オーリオ ヴァ!(ちょっとオイルをかけてくれよ)」とニヤリ。本田の不振という“さび”にオイルを要求するというジョークで切り返した後、

    「ノー、本田はいいコンディションだよ。毎週よく練習に励んでいる。先発か途中出場かは様子をみよう。スパダ!(刀)」と語った。

    前節ジェノア戦では直前の発熱によりコンディション不良だったが、現在は復調しているという。ナポリ戦で本田のベンチスタートを予想するメディアもあるが、先発するかどうかは明言を避けていた。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141213-00010006-soccermzw-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1418521983/


    続きを読む

    454429824-500x320
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/10/29(水) 22:27:12.13 ID:???0.net
    ミランは29日、セリエA第9節でカリアリと対戦する。

    フィリッポ・インザーギ監督は前日会見で、メンバー変更の可能性があると語った。だが、MF本田圭佑は先発出場すると見られている。

    前節フィオレンティーナ戦で1-1と引き分け、連勝が2で止まったミラン。白星奪還が求められる一戦を前に、インザーギ監督は「メンバー変更? あるかもね」と語った。

    イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』や『コッリエレ・デッロ・スポルト』などが伝えている。

    ミランはGKディエゴ・ロペスとGKクリスティアン・アッビアーティのポジション争いや、DFアディル・ラミ、MFジャコモ・ボナヴェントゥーラの起用などが注目されている。

    また、シルヴィオ・ベルルスコーニ名誉会長はFWフェルナンド・トーレスの起用を望んでいると言われるが、インザーギ監督はこう話している。

    「まだ決めていないが、F・トーレスはここ5試合で4試合に出場している。会長とは常に話しているよ。試合の前も、ハーフタイムもね。今も1時間前に話したところだ。会長は我々に満足している。彼はリーダーであり、常に熱意を伝えてくれるよ」

    「会長がペナルティーエリア内でプレーする選手を好むのは知っている。だが、会長は我々の攻撃面でのプレーに満足してくれているよ。明日からペナルティーエリア内の選手を使ってプレーするとは限らない」

    だが、『ガゼッタ』や『コッリエレ』は、F・トーレスが先発すると予想している。本田やFWステファン・エル・シャーラウィと3トップを形成するとの見方だ。

    10月29日(水)10時30分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141029-00000002-goal-socc

    28:45 / 試合会場:スタディオ・サンテリア 見どころ
    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10634798

    サッカーch
    http://wc2014.2ch.net/livefoot/
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1414589232/


    続きを読む


    b32dd090
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/10/27(月) 21:01:06.90 ID:???0.net
    7試合6ゴールと、セリエAで大ブレイクを果たした本田。そこにはコンディションを戻した本人の努力に加え、今シーズンから就任したフィリッポ・インザーギ監督の影響がある。

    ガッリアーニ副会長はこう語っていた。「右サイドから中へ絞らせ、本田に左足を使わせて“逆足”でゴールを意識させる。こういう発想の出来たインザーギの手腕によるところはもちろん大きい。本田自身も、いままでこういうプレイはして来なかっただろう」。

    現役時代、感覚にまかせて点を取っていたようなプレースタイルからは、監督という姿が正直想像しにくかった。しかし現役をいきなり辞めて監督業に身を投じた前任のクラレンス・セードルフと違い、彼はサッカー指導者として確かな研鑽を積んでいたのである。

    「インザーギが指導者向けのサッカークリニックをやる。よかったら取材に来ないか」13年4月、ミランの広報スタッフの一人からそんな誘いを受けて、ミラノ市の南にあるミランの育成組織の練習場を訪れた。17歳以下の少年たちは郊外にあるミラネッロではなく、ここで技を磨くわけだが、6面のコートに試合が開催出来るスタンド付きのメイングラウンドも備えた豪勢な施設だ。

    そのメイングラウンドでは、当時監督業1年目としてジュニアユース年代の選手たちを指導していたインザーギが、スタンドに集まったアマチュアレベルのサッカー指導者に対し熱弁を振るっていた。

    「サッカーチームの指導はスタッフで行う仕事。自分は現役時代の経験をベースに、プロとしての心構えを伝えていける指導者になれたらと思っている」そう語っていた彼だが、披露していた練習にはすでに彼なりのポリシーがしっかりと現れていた。

    「サッカーはゴールを意識しなければ意味はない」FW出身者らしいコンセプトを掲げて練習を立案。ウォーミングアップ目的のパスゲームにもゴールを設け、ポジションごとの戦術練習では特にFWの動きをきめ細かく指導していた。

    選手間の距離や、1人が引いて中盤からパスを引き出せば、残り2人が縦をアタックするといった動きの連動を丁寧に教え込む。さらにその後の11対11でも、サポートに入る選手の距離感やパスの回し方などを事細かく指導していた。

    システムは[4-3-3]。2タッチ以下でパスを回し、サイドから組み立て、3トップには連動を重視した攻撃を指示する。振り返れば、現在のミランに通じる戦術パターンは、当時から温められていたということだ。

    その1シーズン目はブロックリーグ1位でプレーオフ進出を果たす。その業績が評価されたインザーギは翌シーズン、プリマベーラ(ユース年代)の監督に内部昇格。1月にアレグリ監督が解任された時には後任の候補として名前が挙がり、当時低迷中だったサッスオーロの監督就任まで要請されるが、インザーギを指導者として大事に育てたかったミランはこの両方を拒否。そしてインザーギは、若手の登竜門とされるビアレッジョ国際ユース大会でチームを優勝へと導いた。

    そうしたところにシーズン終了後、トップチームへの昇格話が舞い込む。選手との関係が悪化したセードルフを切り、その後任としてクラブは満を持してインザーギにチームを任せる。黄金時代の姿を知るサポーターが熱狂した一方で懐疑的な見方も存在し、「補強もろくに出来ないフロントが打った批判回避の策だ」と冷ややかな反応をする記者も多かった。

    >>2以降につづく

    http://www.sponichi.co.jp/soccer/yomimono/column/kaigai/kiji/K20141024009155130.html
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1414411266/


    続きを読む

    no title
    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2014/10/20(月) 06:16:46.26 ID:???0.net
    2発の本田にピッポ監督「すべてが称賛に値する」

    14/10/20 06:11

    [10.19 セリエA第7節 ベローナ1-3ミラン]

     日本代表MF本田圭佑の所属するミランは19日、敵地でベローナと対戦し、3-1で勝利した。ミランは前半21分にオウンゴールで先制すると、同27分には本田が2試合連続ゴールを記録。同11分にも本田が移籍後初となる1試合2得点を決めて勝利を決定づけた。

     後半11分にこの日2点目を決めた本田はそのままベンチの方へ向かう。フィリッポ・インザーギ監督の祝福を受けると満面の笑みを浮かべた。公式サイトによると、試合後、フィリッポ・インザーギ監督は「今季最高のゲームだったと思う。非常に満足している」と上機嫌。2ゴールを奪った本田については、「ホンダはほとんどゴール前でミスをしない。そして賢くゲームを作ることが出来る。彼のすべてが称賛に値する」と手放しで称えた。

    http://web.gekisaka.jp/news/detail/?149750-149750-fl
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1413753406/


    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/07/26(土) 10:54:23.79 ID:???0.net
    「本田はレギュラーになれるか? (それを言うには)まだ早いね。本来のポジションではないところで今日はプレーさせた。とにかく本田を起用することは考えている」

    0-3で完敗した試合後、細身の黒のスーツに身を包んだ指揮官はそう話し、先発起用について明言を避けた。

    カナダ・トロントのBMOフィールドで行われたオリンピアコス戦でチーム合流わずか3日目の本田を、インザーギ監督はエムベイェ・ニアンとの交代で投入。4-3-3システムの3トップの右で起用した。昨季、クラレンス・セードルフ前監督も4-2-3-1システムの右攻撃的MFで使い続けた。

    本田は昨季とほぼ同じポジションだったが、短い時間の中で特別なインパクトを残せなかった。

    インザーギ監督は就任会見で、3トップの右か3ボランチの左での本田の起用を示唆していたが、右ウイングについては「本来のポジションではない」と話したことから、適性がないと感じたのだろうか。

    チーム関係者は本田の合流時期とコンディションの理由からギネス杯後に行われる8月6日のメキシコ強豪チーバス戦での起用を想定していたが、前倒しで右ウイングでの適性テストを受けた。

    27日のギネス杯2戦目マンチェスターシティ戦で「背番号10」を右ウイングで追試するのか、それとも、早々にウイング本田に見切りをつけて左ボランチでの適性を探るのか。インザーギ監督の采配に注目が集まる。

    http://www.soccermagazine-zone.com/archives/2243

    no title


    【サッカー】インザーギ監督「本田を使ったのは人数が少なかったからだ。リスクは分かっていた。」
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1406276579/
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1406339663/


    続きを読む

    ↑このページのトップヘ