海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:インテル

    1: 久太郎 ★ 2019/03/18(月) 10:13:20.27
    インテルが激闘“ミラノダービー”制して3位浮上!食い下がるミランを振り切る/セリエA第28節

    セリエAは17日に第28節が行われ、ミランとインテルが対戦した。

    それぞれ1ポイント差で3位、4位と、熾烈なチャンピオンズリーグ出場権争いの中で迎えたミラノ・ダービー。リーグ戦5連勝と絶好調の3位ミランは、絶対エースのピョンテク他、スソやロマニョーリなど現状のベストメンバーを起用した。

    対する4位インテルは、注目のイカルディはベンチ外に。1トップにはL・マルティネスが入り、ペリシッチやシュクリニアル、主将ハンダノヴィッチらが先発している。

    試合はいきなり動く。3分、相手ボックス内でのパス交換から、最後はL・マルティネスの頭での落としにベシーノが飛び込みネットを揺らした。開始早々、インテルがリードを手にする。

    その後はダービーらしく激しい展開が続く。両者ともにチャンスを迎えるシーンもあったが、追加点は生まれず。前半はインテルが1点をリードして折り返す。

    後半立ち上がり、インテルはボックス左からガリアルディーニが右足を振り抜くが、ドンナルンマが弾き出す。リードしているインテルが良い入りを見せると、51分に追加点。ショートCKからポリターノがクロスを送ると、頭1つ抜け出したデ・フライがヘッドで叩き込んだ。後半開始早々に貴重な追加点を手にする。

    2点ビハインドとなったミランだが、すぐさま1点を返す。57分、ゴール正面遠い位置で獲得したFKでチャルハノールがクロスを送ると、競り勝ったバカヨコがヘッドでネットを揺らした。負けられないミランも必死に食らいつく。

    しかし67分、インテルはドリブルで仕掛けたポリターノがボックス内で倒されてPKを獲得。キッカーのL・マルティネスは落ち着いて沈め、再び2点差とする。それでも、ミランも必死に食らいつく。3人目の選手交代を終えた直後の71分、CKの場面で混戦の中からこぼれたボールをムサッキオが押し込んだ。再び1点差に詰め寄る。

    ミランは、終盤にコンティが危険なタックルで一度レッドカードを受けたが、ビデオ判定の結果イエローカードに。最後まで諦めずに戦いビッグチャンスを作ったものの、反撃はここまで。リードを守りきったインテルが3-2で白熱の一戦を制した。

    この結果、インテルが勝ち点を53に伸ばして3位に浮上。連勝が5でストップしたミランは、最大のライバルにかわされて4位に転落している。

    ■試合結果
    ミラン 2-3 インテル

    ■得点者
    ミラン:バカヨコ(57分)、ムサッキオ(71分)
    インテル:ベシーノ(3分)、デ・フライ(51分)、L・マルティネス(67分)
    2019-03-18_18h03_20
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190318-00010005-goal-socc

    続きを読む

    1: pathos ★ 2019/03/12(火) 15:57:28.02
    元インテル会長のマッシモ・モラッティ氏が、イタリア紙『コリエレ・デラ・セーラ』のインタビューに応じ、FWズラタン・イブラヒモヴィッチらにまつわる過去のエピソードを明かした。

    2013年まで長年にわたってインテル会長を務めてきたモラッティ氏は、在任期間を振り返る中で、元スウェーデン代表FWとのやり取りを明かした。イブラヒモヴィッチは2006年から2009年にかけてインテルで活躍すると、2009年夏にバルセロナへ移籍した。だがその翌年、スウェーデン人FWはインテルのライバルクラブであるミランへ加入した。

    「バルセロナからミランへ移籍したとき、ズラタンから私に連絡があった。交渉が開始したことを打ち明けてくれて、私は本当に嬉しかった。もし私が対抗してオファーを出せば、減額のオファーでもインテルを選ぶと言ってくれた」

    ■イブラとカンビアッソのアピール合戦
    また元インテル会長は、イブラヒモヴィッチと元アルゼンチン代表エステバン・カンビアッソ氏の不和を明かしている。お互いに相手の退団を希望していたとモラッティ氏は指摘する。

    「イブラはかなり遠回しに話を切り出していたが、私に対して何か切実な願いを伝えようとしているのが見て取れた。『ほら、言ってごらん』と促すと、『チームはカンビアッソがいなくても大丈夫だったのではないか…』と言うんだ。私は、『カンビアッソ?』と目をぎょろつかせてしまったよ」

    「その数日後、カンビアッソも本部へやって来た。エステバンも遠回しに話を始めて数分間が経った。私が『ほら、言ってごらん』と言うと、カンビアッソは、『チームはイブラヒモヴィッチがいなくても大丈夫だったのではないか…』と私に訴えたんだ」

    ■門外不出だったイニエスタ
    最後にモラッティ氏は、実現できずに終わった夢を明かしている。現在はヴィッセル神戸でプレーするMFアンドレス・イニエスタの獲得を狙っていたことを明かした。

    「彼に関しては即刻、頑なに閉ざされてしまった。選手の方ではない。彼にはたどり着けすらしなかったからね。バルセロナの首脳陣と面会した。我々には財力もあったのだが…。いろんな選手について話をしてきたが、“イニエスタ”の名前を出した途端に態度が急激に変わった。どんなオファーを出したとしても無駄だったろう。絶対に彼を売らなかっただろうからね」
    2019-03-12_16h30_34
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190312-00010011-goal-socc

    続きを読む

    1: pathos ★ 2019/02/13(水) 16:40:17.14
    昨年、インテルのチーフ・スポーツ・ディレクターのピエロ・アウジーリョは、こう打ち明けた。

    「コウチーニョを売りに出したことを、インテルは20年に渡って最大の後悔とするだろう」

    しかし、これは事実ではなくなるかもしれない。

    MFニコロ・ザニオーロは、フランチェスコ・トッティ以来の、セリエAで3得点を挙げた最年少選手となった。

    その彼をローマに450万ユーロで売ったのは、インテルだった。

    「6カ月はかかるだろうと思っていた。だが、彼はすでにトップでプレーできる状態にある」

    18年のU-19欧州選手権で準優勝したイタリア代表を鼓舞するザニオーロを見た誰もが、彼がフル代表でも活躍できると思ったことだろう。

    事実、ロベルト・マンチーニ監督は、このティーンエイジャーがローマでデビューする前に、イタリアのフル代表に招集している。

    その後、ローマのエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督は、ザニオーロのデビューの舞台をチャンピオンズリーグに選んだ。相手はレアル・マドリー。場所はサンティアゴ・ベルナベウ。彼は大舞台で堂々たるプレーを見せ、監督はその冷静さを高く評価した。

    しかし、ビルトゥス・エンテッラのスポーツ・ディレクターであるマッテオ・スペルビは、ザニオーロの自信に満ちたプレーに何の驚きも感じなかったという。

    「あれが彼の素晴らしい才能の一つだ。不安になってプレーできないなんてことはないからね」

    彼を逃してしまったクラブは、インテルだけではない。父親のイゴールによると、16年にフィオレンティーナが彼を放出したのは、「身長が足りない」からだったという。

    ザニオーロ自身は「新しい選手が来るから」と言われた後、クラブと同意に至っただけだったという。失望していることを認めた一方、古巣に強烈な言葉も贈っている。

    「もう終わりだとがっかりしたかって? 確かに。だって9年もいたのに、ひどい扱いをされたんだからね。でも、それが彼らの選択だった。僕と入れ替わりに入った選手たちが僕より優れていたかどうか、見てみればいい」

    苦々しい気分だったことは明らかだが、ザニオーロは前を向いて、新しいチームに向かった。若者は、今や自分を捨てたフィオレンティーナとインテルが間違ったことを証明するという、決意を原動力にしている。

    彼のゴール数を見ただけでも、結果は確かに明白だ。

    事実、サッスオーロ戦でのザニオーロの、力の抜けたチップによるシュート以上にクールなゴールが、今シーズンの残りの試合で見られるとは思いがたい。とんでもないフェイントでアンドレア・コンシーリとジャン・マルコ・フェラーリに尻もちをつかせて置き去りにした後の、見事なゴールだった。

    トリノ戦では、エリア内で倒されながらボールをコントロールしようとする姿に、ザニオーロのテクニックと革新性が見てとれた。その後、素早く身体を回転させ、得意な左足でゴールネットの天井部分にボールを叩きこんだのだった。

    そうした卓越した技の披露を見れば、昨年夏のワールドカップのグループステージ敗退からいまだ立ち直っていないイタリア代表に、ザニオーロを入れるべきだという浮ついた話が花開くのも、驚くべきことではない。

    アズーリは新たなスターを求めている。若くて才能があり、タフなザニオーロはまさにうってつけだ。

    「私に言わせれば、彼は才能とエネルギーを兼ね備えたミッドフィルダーであり、スティーブン・ジェラードやフランク・ランパードのようだ」

    そう賛辞を惜しまないのはインテル・プリマベーラの元監督ステファノ・ベッキである。一方、ザニオーロの父は息子を、体格においてもポジションにおいても、カカに似ていると思っているが、「息子は(ハビエル)パストーレに似ている。パストーレは怪物だが、ニコロはまだまだ先が長い」と冷静に話す。

    もっとも現在、ローマの司令塔としてファーストチョイスされているのはザニオーロであり、パストーレの方はベンチを温めざるをえなくなっている。

    今やイタリア中が、ザニオーロがスーパースターへの道を歩み続けることを希望しており、今週のチャンピオンズリーグのベスト16のポルトとの試合で活躍することを望んでいる。

    もっとも、アウジーリョとインテルの関係者全員は違うかもしれない。

    ローマにとってトッティがそうだったように、ネラッズーロが、イタリアで最もエキサイティングなティーンエイジャーを譲ってしまった痛手から立ち直るには、しばらく時間がかかることだろう。
    news_265978_1
    https://web.gekisaka.jp/news/detail/?265978-265978-fl

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/01/10(木) 18:27:54.14
    サッカーイタリア1部インテル・ミラノのキャプテンであるFWマウロ・イカルディ(25)が8日の練習を欠席したことで、クラブは最高で10万ユーロ(約1250万円)の罰金を科すことにした。10日のガゼッタ・デロ・スポルトなどイタリアの主要スポーツ紙が報じた。

    イカルディは故郷アルゼンチンでの休暇を終えイタリアに戻るはずだったが、悪天候のため飛行機が遅延した。そのためクラブに連絡を取ったところ「11時集合だが17時まで待つ」と返事を得た。しかし結局、イカルディはその日、練習場に現れることはなかった。

    そしてこの莫大な罰金処分に代理人でもあるワンダ・ナラ夫人は激怒。

    「クラブとの契約更新は遠のいた。彼はスペインの2つのビッグ・クラブ、イングランド、フランスのそれぞれ1クラブと最高の関係を築いている」と、インテルからの移籍をちらつかせた。

    1/10(木) 18:19配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190110-00000114-dal-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 数の子 ★ 2019/01/05(土) 14:19:03.03 _USER9
    アトレティコ・マドリーに所属するウルグアイ代表CBのディエゴ・ゴディンの争奪戦を、インテルが制したようだ。現地時間1月4日、『スカイ・スポーツ』の移籍専門記者であるジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が伝えている。
     
    2010年に加入したアトレティコで長く守備の要に君臨するゴディンだが、今シーズン限りで契約が満了。本人にアトレティコと契約延長する意思はなく、ミラン、ユベントス、マンチェスター・Uなどが移籍金ゼロでの夏の獲得を狙っていたが、来シーズンからのインテル加入で基本合意したようだ。
     
    契約満了まで半年を切った選手は、現所属クラブに断りなく新たなクラブと事前契約を結べる。そのルールを使ってインテルとゴディンは2年契約+1年オプションで合意。早ければ来週にはメディカルチェックを実施し、来シーズンからの契約書にサインするという。
     
    現在のインテルCB陣は、ミラン・シュクリニアル、ステファン・デフライ、ミランダ、アンドレス・ラノッキアという4枚体制。ただ、来シーズンに向けては、バルセロナなどが狙うシュクリニアルに高額売却の可能性があり、ミランダも出番増を求めて移籍を志願する可能性が高い。
     
    今年3月に33歳を迎え、やや衰えが目立ってきたとはいえ、いまだ世界トップレベルのCBであるゴディンの加入は、インテルにとって心強いだろう。
     
    ちなみに、昨年12月にインテルのスポーツ部門CEOとなったジュゼッペ・マロッタは、ユベントスCEO時代にアンドレス・ピルロ、ポール・ポグバ、フェルナンド・ジョレンテ、パトリス・エブラ、ダニエウ・アウベス、エムレ・ジャンなど同じく移籍金ゼロの実力者をフリートランスファーで獲得した敏腕。新天地インテルでもさっそく手腕を発揮した格好だ。
    2019-01-05_15h40_54
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190105-00052333-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: アルテミス@ ★ 2018/12/28(金) 22:21:11.73 _USER9
    イタリア・セリエA、インテル(Inter Milan)の本拠地サン・シーロ・スタジアム(San Siro stadium)で行われた26日のナポリ(SSC Napoli)戦の前に起きたサポーター同士の衝突で、車にひかれたインテルファン1人が27日に亡くなった。

    ミラノ(Milan)警察の署長は報道陣に対し、鎖やハンマーを持った約100人のインテルファンがナポリサポーターのミニバスに襲い掛かるという「卑劣かつ阻止することは絶対に不可能だった」とされる事件で、ナポリファン4人が負傷したことを明らかにした。

    この混乱の後、インテルファンのダニエレ・ベラルディネッリ(Daniele Belardinelli)さん(35)が車にひかれ、近くの病院に搬送されて手術を受けたが死亡。
    署長によると、事件の様子が撮影された携帯電話の映像では、車はナポリファンを乗せたミニバスではなく、黒いスポーツ用多目的車(SUV)と見られているほか、今回の暴動ではインテルファン3人が逮捕されたことも明らかになった。

    インテルが1-0でナポリを下した問題の一戦では、ナポリの選手2人が退場処分となった。また、ナポリはセネガル人DFのカリドゥ・クリバリ(Kalidou Koulibaly)が何度もモンキーチャント(猿の鳴きまね)を浴びせられ、試合の中断を求める場面があり、こうした人種差別的行為でもゲームは台無しになった。

    イタリアのマッテオ・サルビーニ(Matteo Salvini)内相は、今回の事件を受けて「サッカーの試合で人が死んではならない」と述べ、来年1月にファン団体に呼びかけて話し合いの場を持つ意向を示した。
    2018-12-28_22h56_13
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181228-00000009-jij_afp-socc

    続きを読む

    1: shake it off ★ 2018/12/28(金) 17:34:53.56 _USER9
    奇抜なモヒカンへアーと全身に施したタトゥー。インテルに所属するラジャ・ナインゴランは周囲から完全に浮いた存在である。

    その風貌、その言動、その考え方から彼は、これまでピッチ内外で幾度となく辛辣な扱いを受けてきた。だが、同時にそんなナインゴランの特異性こそが、彼に自由を与えてもいることも事実だった。

     『フランス・フットボール』誌11月27日発売号ではヴァレンティン・パウルッツィ記者が、セリエAでも独自の個性が際立つナインゴランの素顔に迫っている。

     監修:田村修一

    「人としてノーマルな人生を歩みたい」

     ――ロシアワールドカップのベルギー代表に招集されずに、あなたは国際舞台からの引退を余儀なくされました。表向きはそうなっていますが、現実には(代表から排除されたのは)あなた自身の不良を連想させるスタイルと大きな関係があると思いますか? 

     「それこそが僕に押された烙印だ。僕はただ人としてノーマルな人生を歩みたいだけで、自分をサッカー選手や公人と位置づけているわけではない。たしかに危険な場所にも足を踏み入れているけど、ごく普通の生活を求めているだけなんだ。

     僕はプロサッカー選手になれる僥倖に恵まれた。

     でもサッカー選手のステイタスにこだわってはいない。

     家にお手伝いさんがいるわけじゃないし、自分でスーパーに買い物にも行く。ビールも飲むし煙草も吹かす。何も気にしてはいない。昔ながらの職業についている人たちは煙草を吸うのに、どうしてサッカー選手は駄目なんだ? 生活は生活、ピッチはピッチ。別のものだろう」

     ――そうかも知れませんが、サッカー選手は模範を示す必要もあるのではないですか? 

     「いったいどれほどの選手が喫煙してるか知っているか? どうして吸うのを隠さなければならないのか? 真実を隠すべきではないし、選手も普通の生活を送っていることをハッキリと示すべきだろう。喫煙を隠す人間はきっと他のことも隠している。それは僕のやり方じゃない」

    「最悪の過去が人間を強くすることも」

     ――それではベルギーという国とあなたの関係はどうなのでしょうか? 

     「僕は自分がここまで辿ってきた道のりに誇りを持っている。僕が正直で真っ直ぐな人間であるといえるならば、その起源は僕の子供時代にまで遡る。

     大変な時代だった。

     本当に酷いことがたくさんあって、説明するのは簡単じゃない。

     でもそんな最悪の過去が、人間を強くすることもあるだろう。子供たちに模範を示すためにも、今の僕は過ちを犯すことはできない」

     ――あなたはインドネシアの血を引いています(父親がインドネシア出身)が、名前以外に何が自分の中にあると思いますか? 

     「あまり多くはないね。その点は否定しない。たしかに外観はアジア系ではあるけれども、僕自身はインドネシアの文化の中では育たなかった。とはいえ自分の出自には誇りを持っている。そうでなければとっくに名前を変えているよ。

     父親との関係は今も難しいとはいえ、両親はあくまでも両親だ。あるときインドネシアに彼らを訪ねた。もう一度可能性を探りたかったからだが、残念ながらうまくはいかなかった」

    「ドラッグの売買や窃盗で、いかがわしい……」

     ――では100%ベルギー人であると感じていますか? 

     「アントワープの人間だという意識は強い。歴史のあるとても素晴らしい街だ。

     その中でも僕はリンケルーフェルの出身だ。様々な国からの移民が仲良く暮らしている地区だ。

     ドラッグの売買や窃盗で、いかがわしい収入を得ていた人たちもたくさんいた。そんな生活をしたくはなかったから、僕は地域のプロジェクトに最年少で参加した。

     サッカーをやりたければ、まず宿題を片づけなければならない。つまりプロになるためには、学業をこなす以外に道はない。そんな子供たちの力になりたいと心から願っている」

    「自分の限界を置かないようにしている」
    2018-12-28_18h38_46
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181228-00832970-number-socc&p=3

    続きを読む


    2018-11-18_19h56_59

    1:Egg ★:2018/11/18(日) 12:49:30.49 ID:CAP_USER9.net
    セネガルサッカー協会は、FWケイタ・バルデ(23)を同国代表招集の際に所属先であるインテルミラノへのメールアドレスを間違えて送ったため、招集できなかったと、16日付の伊紙ガゼッタ・デロ・スポルトが報じた。

    同協会は、間違いに気づいて再送したものの、インテルミラノ側から遅すぎるとしてケイタの招集を断られたという。同国代表のシセ監督は「我々のミスであることは明らかだが、インテル側も、もう少し協力してくれても良かったのではないかと思う」とコメント。自分たちに非があることを認めながらも、クラブの対応に疑問を投げかけた。

    過去にも選手が遅れて合流するケースもあったと主張。「他のクラブの会長たちとは、度々連絡を取り合って選手たちが1日遅れで代表合宿にやってくることで合意することもある」と話した。

    11/16(金) 18:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181116-00394070-nksports-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ