海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:イ・スンウ

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/29(金) 23:41:44.21 ID:CAP_USER9.net
    “韓国のメッシ”ことFWイ・スンウ(19)がセリエAベローナの入団会見を行った。クラブ公式サイトが伝えている。

    バルセロナ下部組織で過ごしたイ・スンウだが、未成年選手の移籍に関する違反があったとしてクラブが国際サッカー連盟(FIFA)から処分を受けた際に、18歳になるまでの2年以上、公式戦に出場できない期間があった。

    そしてユースの最上位まで昇格し、自国開催となったU-20W杯でも存在感を示したが、バルセロナBへの昇格が難しいことが伝えられたことから、8月末にベローナへの完全移籍に踏み切っていた。

    移籍後、イ・スンウは3試合連続でベンチスタートとなったが、24日に行われたラツィオ戦(0-3)に途中出場してセリエAデビューを飾った。韓国人選手がセリエAのピッチに立つのは、2000年から02年までペルージャでプレーした元韓国代表FWアン・ジョンファン以来で、15年ぶり2人目だった。

    「ここにいられることを嬉しく思います。デビューに関してはファンがとても歓迎してくれました。驚きましたが、とても嬉しかったです。バルセロナでの7年間は私の成長を助けてくれました。これから私自身が成功するためにはベローナでベストを尽くす必要があります。セリエAは世界でも有数のリーグです。DFが非常に強いですが、出来るだけチームに貢献したいです」

    ゲキサカ 9/29(金) 20:49配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170929-01644590-gekisaka-socc

    写真

    続きを読む

    1:ranran roo ★@\(^o^)/(★ 994f-x1n0):2017/06/30(金) 13:10:20.66 ID:CAP_USER9.net
    2017年06月24日(Sat)20時08分配信
    20170624_lee_getty
    バルセロナ下部組織所属のイ・スンウ【写真:Getty Images】

    バルセロナの下部組織に所属するU-20韓国代表FWイ・スンウは、現在所属するフベニールA(U-17~19相当)からバルセロナBに昇格できないとしてもクラブに残ることを望んでいるという。23日付のスペイン紙『ムンド・デポルティボ』が伝えている。

    “韓国のメッシ”とも呼ばれるイ・スンウは2011年からバルサの下部組織でプレー。だが、トップチームに次ぐカテゴリとなるバルサBへの昇格は難しくなったという見方が伝えられている。一方で、ドイツのボルシア・ドルトムントやシャルケなど強豪クラブからのオファーも届いているという。

    仮にバルサBに昇格できたとしても、その上のトップチームに昇格し、リオネル・メッシやネイマールら強力FW陣を相手に出場機会を得るのはさらに困難な道となる。トップレベルでの出場機会を得るためには、ドイツからのオファーに応じるのが近道となるかもしれない。

    だが本人の希望は、あくまでバルサで成長を続けることだと伝えられている。バルサBは現在セグンダB(3部)から2部への昇格に向けたプレーオフを戦っており、昇格が濃厚な状況。Bチームが2部昇格を果たした場合、その下にCチームを創設することが構想されている。

    イ・スンウはそのCチームでプレーすることになるとしてもバルサに残ることを望んでいる模様。「セグンダA(2部)が不可能ならセグンダB(3部)でも、トップレベルの選手になれるだけのクオリティーを持っていると示すことができると彼は確信している」と『ムンド』は伝えている。

    https://www.footballchannel.jp/2017/06/24/post218741/
    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/06/23(金) 20:57:01.40 ID:CAP_USER9.net
    6/22(木) 22:58配信

    ゲキサカ
    久保建英も他人事じゃない?バルサでプレー再開の韓国人FWが“不合格通知”か
    2017-06-23_22h05_09
    バルセロナの下部組織でプレーしてきたFWイ・スンウ(Getty Images)

    バルセロナのフベニールA(U-19)に所属するFWイ・スンウ(19)は、バルセロナB昇格することなくクラブを去るかもしれない。韓国『朝鮮日報』が『ムンド・デポルティボ』などスペインメディアの情報を基に伝えている。

    記事によると、イ・スンウは母国で開催されたU-20W杯に参加する前、クラブからバルセロナB昇格の不可通知を受けていた模様。グループリーグ第1節のギニア戦で1ゴール1アシスト、第2節アルゼンチン戦でも1ゴールを記録するなど、強いインパクトを残した“韓国のメッシ”だが、傷心の状態でのプレーを余儀なくされていたようだ。

    韓国『朝鮮日報』では、バルセロナの外国人選手獲得違反による制裁でイ・スンウが国際サッカー連盟(FIFA)から公式戦出場禁止の処分を受けたことがキャリアに影を落としたと指摘している。2016年1月6日に処分期間が終わり、バルセロナでのプレーを再開させたものの、首脳陣から出場停止前までのような高い評価を得ることはできなかったという。

    一方、イ・スンウと同様にバルセロナで公式戦出場停止処分が続いたFW久保建英(16)は2015年に帰国し、FC東京U-15むさしに加入。日本でも順調に才能を伸ばすと、U-20W杯のメンバーに飛び級で招集され、イ・スンウと同じ世界の大舞台を経験した。久保に関してはバルセロナがその動向を今も追いかけ、いずれは連れ戻そうとしているとたびたび報じられているが、仮に出戻りとなった場合、バルセロナでの“空白期間”が影響することはあるのだろうか。

    なお、去就が注目されるイ・スンウは、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントやDF内田篤人所属のシャルケなどへの移籍が報じられている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170622-01641146-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/06/21(水) 09:29:09.15 ID:CAP_USER9.net
    スペインメディア「イ・スンウはバルサB昇格の機会を得られなかった」
    2017-06-21 05:50

    ムンドデポルティボホームページ



    「コリアンメッシ」イ・スンウ(19)がスペインのバルセロナを自ら離れなければならない状況に直面した。バルセロナB(2軍)に昇格するチャンスを得られなかったのである。

    去る20日(韓国時間)、スペインのスポーツ紙ムンド・デポルティボは「バルセロナはイ・スンウに国際サッカー連盟(FIFA)から規律を受ける前のような印象を見い出せなかった」とし、「複数の欧州クラブがイ・スンウを迎え入れたいとするのとは異なり、バルセロナはイ・スンウ側に昇格の提案をしていなかった」と報道した。

    続いて「カルレス・アレニャ、マルク・ククレラのような同じ年齢の選手たちとは異なり、イ・スンウにはバルセロナプロ登録のための跳躍の機会が与えられなかった。フベニールAから昇格する機会(2軍昇格)を得られなかった」と伝えた。

    イ・スンウだけでなく、チャン・ギョルフイもバルセロナBへの昇格不可通知を受け、最近韓国に帰ってきた。

    このニュースに、バルセロナの事情に精通した複数の関係者たちも首を縦に振った。ある関係者は「イ・スンウはU20ワールドカップに出場する前に、既にバルセロナから2軍行き不可通知を受けていた」とし、「フベニールA(18歳以下のチーム)からバルセロナBに上がる選手たちは既にミーティングが終わった状態だ」と明らかにした。

    (中略)

    イ・スンウは今季序盤、フベニールAで良い姿を見せた。2軍に昇格するという強い意志がグラウンドで明らかに見えた。しかし前半とは異なり、後半にバルセロナ関係者の目を引き付けることができなかった。15試合に出場し1ゴールにとどまった。特に4月の欧州サッカー連盟(UEFA)ユースリーグ準決勝からフベニールAを導いたガブリ監督はイ・スンウを活用していなかった。事実上、バルセロナ2軍に上がる競争力を失ったと見なければならない。

    イ・スンウのバイアウト(クラブの同意なしに交渉を進めることができる最小移籍金)の金額も正す必要がある。

    イ・スンウのバイアウト金額は1200万ユーロ(約150億円)として知られている。しかし、イ・スンウの最終所属チームはフベニールAだ。フベニールAで最も高いバイアウト金額は300万ユーロ(約38億円)である。バルセロナBに上がってこそバイアウト金額が最小1200万ユーロまで上がる。「コリアンシャビ」ペク・スンホ(20)のバイアウト金額である。

    次に、イ・スンウの未来はどうなるのか。

    イ・スンウの契約期間は2018年6月までだ。複数の欧州チームからラブコールを受けているイ・スンウだ。しかし、バルセロナBへの昇格カードすら獲得できなかった選手に300万ユーロのバイアウトを支払う球団は現実的にないように見える。

    http://sports.news.nate.com/view/20170621n02909
    続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2017/06/02(金) 14:32:16.03 ID:CAP_USER9
    5/31(水) 14:30配信
    Football ZONE web

    久保とイ・スンウはともにベスト16で敗退【写真:Getty Images】

    戦にもつれ込む死闘の末にベネズエラに0-1で敗れた。一方、開催国の韓国もポルトガルに1-3で敗れて敗退が決まった。これを受けて、海外メディアでは“二人のメッシ”の敗退が話題になっている。

    「日本のメッシと韓国のメッシが今朝、U-20ワールドカップで敗退が決まった。本物のメッシは2005年に、この大会で優勝している」

    こうツイートしたのは、米紙「ロサンゼルス・タイムズ」のディラン・フェルナンデス記者。15歳で異例の“2世代飛び級”を果たして参戦したFW久保建英(FC東京U-18)と、バルセロナの下部組織Bチームでプレーする韓国のFWイ・スンウの敗退をこう伝えている。

    久保は2015年1月までバルセロナの下部組織に所属していたため、海外メディアでも「日本のメッシ」の異名で知られている。ベネズエラ戦では後半18分から途中出場を果たしたが、得意のドリブル突破はフィジカルに優れる相手に封じ込められた。試合後は茫然自失の表情で唇を噛んでいたが、今大会3試合出場で確かな才能を刻んだ。一方、19歳のイ・スンウは、今大会4試合出場で2得点を記録していた。

    バルセロナのスーパースター、リオネル・メッシは2005年オランダ大会にアルゼンチン代表の一員として参戦。チームを優勝に導いたメッシは6ゴールで得点王となり、MVPにも選出された。今大会で注目を集めた二人のメッシだが、本家ほどの活躍を見せることはできなかったと、海外メディアは指摘していた。
    2017-06-02_16h32_54
    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170531-00010009-soccermzw-socc

    続きを読む

    1:Reproduction Prohibited ★@\(^o^)/:2017/05/22(月) 17:18:24.39 ID:CAP_USER9.net
    19歳の“韓国のメッシ”「日本はライバルとは思わない」

    2017年5月21日、「韓国のメッシ」と呼ばれ、U-20韓国代表でバルセロナBのFWイ・スンウ(19)が、現在韓国で行われているU-20ワールドカップで、日本をライバルとみていないことを明らかにした。韓国・マイデイリーが伝えた。

    U-20韓国は20日、全州(チョンジュ)ワールドカップスタジアムで行われた同大会の初戦でギニアと対戦し3-0と快勝、イ・スンウはこの試合で1得点1アシストの活躍を見せた。好スタートを切った韓国は23日の第2戦でアルゼンチンと対戦する予定で、勝利した場合、ベスト16進出が確定する。

    イ・スンウは21日の練習後のインタビューで、取材陣に対し「南米は個人技に優れているため、しっかり対策をする必要がある。油断してはならない」とアルゼンチン戦への抱負を語った。

    一方で、日本が南アフリカとの初戦で2-1の勝利を収めたことについては「日本をライバルと思ったことはない。僕たちは目標に向かっていくだけで、日本がどうするかは重要ではない」と答え、「日本のメッシ」と呼ばれる久保建英についても「僕の競争相手ではない」と語り、自信をのぞかせた。

    この記事には韓国の主に男性ネットユーザーから1000を超えるコメントが集まっており、「年配の人にはイ・スンウは生意気に見えるだろうけど、サッカーには彼のように堂々と自信に満ちあふれた姿が、本人にとってもチームにとってもいい」「これは生意気な発言じゃなくて、事実。それだけの実力の裏付けがあるから言えること」などの支持票が目立つ。

    また、「15歳の久保と比べたらイ・スンウも恥ずかしいでしょ」「バルセロナの選手が日本を気にするわけがない」など、日本との比較に異議を唱える声もあり、「イ・スンウは久保くらいの時、50メートルのドリブルゴールを決めた」など、2014年のアジアサッカー連盟(AFC)U-16選手権の日韓戦で2ゴールを決めたイ・スンウの活躍に触れるコメントもあった。

    中には、「イ・スンウのコメントは、日本だけじゃなくてどのチームも気にせずに、これまで通りに頑張りたいっていう意図だと思うけど…」と、発言の真意への疑問も寄せられた。(翻訳・編集/松村)
    20170522-06595393
    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=178866&ph=0
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/04(水) 20:08:31.45 ID:CAP_USER9.net
    バルセロナU-18に所属するFWイ・スンウに移籍の可能性が浮上している。スペイン『スポルト』が報じた。

    今月6日に19歳の誕生日を迎えるイ・スンウは、契約では来季Bチームでプレーすることになっている。しかしながらクラブは方針を変え、ドイツかオランダへのレンタル放出を検討し始めているとされる。

    バルセロナの方針転換には理由がある。イ・スンウは今季ガブリ監督率いるユースで定位置を確保できていない。また、現在バルセロナのBチームはセグンダ(実質2部)への昇格争い真っ只中で、カテゴリーが上がればイ・スンウの出場機会はますます難しくなると考えられている。

    イ・スンウは、バルセロナが18歳未満の選手獲得・登録に関する規定に違反したとしてFIFAから処分を受けたために、3年近く試合に出場できない日々を過ごした。その代償として、ユース以上のカテゴリーでフィジカルの差が出ることが不安視されている。

    そこでバルセロナは来季イ・スンウがBチームであまりプレーできずに1年を過ごすより、他クラブで出場機会を積むことを希望しているようだ。選手側からはエールディビジやブンデスリーガの中堅クラブへの移籍が望まれているとみられ、試合に出ながらのフィジカルコンディション向上が期待されている。

    一方、バルセロナは現時点でイ・スンウを完全移籍で放出することを考慮に入れていない。イ・スンウがBチームの選手として契約すれば、契約解除金は300万ユーロから1200万ユーロに引き上げられる。だがクラブの意向はイ・スンウをレンタル移籍させ、市場価値アップと選手としての成長、一挙両得を目指すことにあるようだ。
    2017-01-04_21h11_26
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170104-00000016-goal-socc
    続きを読む

    AA1-e1423054642419
    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/01/06(水) 21:30:35.06 ID:CAP_USER*.net
    バルセロナの下部組織に所属する“韓国のメッシ”ことFWイ・スンウが6日、18歳の誕生日を迎えた。トップチームに選手登録が可能となったのである。2013年2月にクラブが18歳未満の選手の移籍に関する規定に反したとして、国際サッカー連盟(FIFA)から処分を受けて約3年。待ちに待った日を迎えた。

    補強禁止処分が4日に明けたバルセロナは、同日、全カテゴリー合わせて76名の選手を登録トップチームにも複数の選手が登録されていた。ただ、イ・スンウは18歳になっていなかったため、たった2日間であったが、誕生日を待つ必要があった。

    イ・スンウはチームに合流するため、滞在していた韓国からすでにバルセロナ入りしている。『スポーツソウル』によると、空港で取材に応じたイは、「僕にとって新しいスタートだ。早くいい状態に戻して、馴染めるように頑張りたい」と胸を躍らせた。

    また、同紙によると、イの契約は2014年に結んだ5年契約を継続する形で、トップチームとは3年半契約を結ぶ見込み。ただ違約金はこれまでの1200万ユーロ(15億円)から1700万ユーロ(21億6200万円)に再設定されるという。韓国史上最高の才能と呼び声高い18歳が、ついにトップチームに昇格する。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160106-01578187-gekisaka-socc
    ゲキサカ 1月6日(水)21時10分配信
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1452083435/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ