海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ウサイン・ボルト

    1:Egg ★:2018/11/14(水) 14:00:05.31 ID:CAP_USER9.net
    【サッカー情報局】

    サッカー担当記者:昨年8月に引退した陸上男子100メートルの世界記録保持者ウサイン・ボルト氏(32=ジャマイカ)が12日、都内で「シャンパーニュ・メゾン・マム」のイベントに参加し、今後もプロサッカー選手を目指していくことを宣言しました。

    デスク:8月からオーストラリア1部(Aリーグ)セントラルコーストの練習生となり、開幕前の親善試合に出場したよな。だけどクラブからの2年契約のオファーを拒否し、退団したんだろ?

    記者:それがですね。オファーを固辞した理由は条件面なんです。セントラルコーストは年俸15万ドル(約1700万円)でオファーしたんですけど、なんとボルト側は年俸300万ドル(約3億4000万円)を要求。それで交渉は決裂したそうです。

    デスク:サッカーは素人なのに要求額は超一流の3億超か。せっかく念願のプロ契約だったのに…。スターのプライドかもしれないけど、少し勘違いなんじゃないか。

    記者:いくら足が速くともボルトに年俸3億円を出すクラブはありませんよね。それでも「プロサッカー選手を目指していく」とか「オレに限界はない」などと言っていますから。引退後も世界中の話題を集めるための“ビジネス挑戦”だった可能性すら感じてますね。

    デスク:11日にはオーストラリアで今季2ゴール目を決めたMF本田圭佑(32)と会って「良い試合だったね」と握手を交わしたそうだけど、今後もプロを目指すのならJリーグで再チャレンジってどうかな。
    2018-11-14_15h00_39
    11/14(水) 11:07配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181114-00000011-tospoweb-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/11/12(月) 15:40:28.01 ID:CAP_USER9.net
    陸上男子100メートル、200メートルの世界記録保持者のウサイン・ボルト氏(32)が12日に来日し、都内で行われた「シャンパーニュ メゾン マム」のイベントに参加した。プロサッカー選手になる夢を引き続き目指すことを表明。「サッカーは続けている。たくさん学ぶことができた。集中しているし、原動力になっているし、情熱を持っている」と語った。

    8月からプロサッカー・オーストラリアAリーグのセントラルコーストに練習参加。プロ契約のオファーを受けたが、交渉がまとまらず、今月2日に退団が発表されていた。オーストラリアのメディアでは「違うチームで違うチャンスを得たい」と語っていたが、この日は「プロサッカー選手になる夢をこれからも目指す」と挑戦続行を改めて表明。これまでドイツ、ノルウェー、南アフリカ、オーストラリアで練習に参加してきたが、次にプレーする場所は未定。「また次の場所は決まっていない。チャンスを待っている。陸上と同様にサッカーでも世界に自分の実力を証明したい。自分に限界はない、何でもできると信じている」と自信を示した。

    前日11日にはオーストラリアで、MF本田圭佑(32)が所属するメルボルン・ビクトリー対セントラルコーストの試合を観戦。1ゴールを挙げた本田と試合後に対面し「いい試合だったね」と賞賛していた。

    11/12(月) 14:43配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181112-00000104-spnannex-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/11/06(火) 12:11:34.56 ID:CAP_USER9.net
    オーストラリアでの選手契約は合意に達しなかった元陸上五輪金メダリストのウサイン・ボルト氏だが、早くも同紙に興味を示すクラブが現れた。

    チリ2部のユニオン・サン・フェリペが獲得意思を示したと、5日にチリメディア『アラー・リブレ』が報じている。

    今年8月からAリーグ(オーストラリア1部)のセントラルコースト・マリナーズで練習に参加していたボルト氏は、クラブからプロ契約を提示された。

    しかし、提示された条件はボルト氏側の要求する300万豪ドル(約2億4000万円)には遠く及ばないものであり、クラブは契約合意に向けて第三者による資金協力を模索していた。それでも契約交渉は破談に終わり、マリナーズでの練習参加も終了したことでクラブを去っている。

    だがボルト氏は「別のチームで別のチャンスを得られることを願っている。今も代理人に色々とチャンスについての連絡が入っていると思うので、どういう方向に向かうのか見てみよう」と語り、プロサッカー選手になる夢を諦めていない。

    同メディアによると、今度はチリ2部のユニオン・サン・フェリペが獲得意思を示したという。

    ユニオン・サン・フェリペを率いるエドゥアルド・オリバレス監督は「クラブにとって興味深いプロジェクトだ。我々は答えを待っている。様々な知り合いを通じて、お互いに連絡を取り合っている」と、オファーの存在を明かし、「プロジェクトのためにいつでも資金調達できる。関心が低いプロジェクトなら難しいが、上手くいけば入手できる」とコメントしている。

    11/6(火) 12:00 フットボールチャンネル
    bolt_getty-560x373
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181106-00295957-footballc-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/11/04(日) 02:03:28.20 ID:CAP_USER9.net
    サッカーで実戦デビューを果たしたボルト氏(AP)
    陸上男子100メートル、200メートル世界記録保持者ウサイン・ボルト氏(32)が、プロサッカー選手になるという夢を、引き続き追い求める意向を示した。

    8月から練習参加していたオーストラリアAリーグのセントラルコーストではプロ契約に至らなかったことが2日に発表されていた。一夜明けた3日、オーストラリア紙ヘラルドサンのインタビューで「うまく行かなかったのは悲しいが、大きな経験を積めた。願わくば、違うチームで違うチャンスを得たいね。私の代理人に連絡が届いていると思う。まだ学んでいる途中だが、すごく成長できたしうまうなっていると感じている」と前向きに語った。

    2017年8月に陸陸上から引退したボルト氏は「長年の夢」というプロサッカー選手を目指し、プロチームの練習に参加。MF香川が所属するドイツ1部ドルトムントのほか、南アフリカ、ノルウェー、そして今回のオーストラリアと、すべてプロ契約には至らなかった。

    セントラルコーストからはオファーは受けたが、地元メディアによるとクラブから提示された年俸は15万豪州ドル(約1200万円)。ボルト氏側の要求する300万豪州ドル(約2億4000万円)とは大きな開きがあった。クラブはスポンサーを募ってオファー増額を試みたものの合意には至らなかった。

    11/3(土) 22:45配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181103-00000216-spnannex-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/11/02(金) 11:18:36.49 ID:CAP_USER9.net
    元陸上男子短距離のスター、ウサイン・ボルト氏のサッカー豪Aリーグのセントラルコースト・マリナーズにおけるトライアル期間が終了し、同クラブでプロサッカー選手になることを目指していた同氏の試みが終わりを迎えた。双方が2日に明かした。

    マリナーズはコメントを発表し、「本日、セントラルコースト・マリナーズとウサイン・ボルト氏の代理人を務めるリッキー・シムス氏は、ボルト氏のマリナーズにおける無期限の練習期間が終了したことを報告する。この決定は即時の効果を有する」と記した。

    2018年11月2日 10時42分 AFPBB News
    http://news.livedoor.com/article/detail/15535973/

    写真

    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★:2018/10/28(日) 09:05:19.75 ID:CAP_USER9.net
    プロサッカー選手としての契約を目指し、現在は豪州のセントラルコースト・マリナーズの練習生として活動しているウサイン・ボルト氏(元陸上競技短距離選手)が、元アイルランド代表FWアンディ・キーオより苦言を呈された。

    Aリーグのパース・グローリーに在籍中のキーオは、ボルト氏のサッカー選手としての能力を疑問視。また、同氏がプロ契約にあたり高額な給与を求めているという噂についても言及した。ニュージーランドメディア『stuff』が伝えている。

    「彼がサッカー選手として大成するのは難しいと感じているし、Aリーグでプレイするのも如何なものかと思う。少しだけ光るものを見せているけれど、プロフェッショナルとして生きていくには厳しいものがある。純粋にサッカー面で考えると、茶番劇だよ。彼のトラップはまるでトランポリンのようだからね」

    「Aリーグにはサラリーキャップ(給与規定)というものがあって、その基準に従って彼に給料を支払わなければならない。その給与に見合うだけの活躍が、彼にできるのだろうか。あと、彼はサッカー選手になるという夢を追っていると言いながら、その一方で高額なお金を求めていると各方面で伝えられている。(純粋に)夢を追いかけるだけなら高額なお金は必要ないだろう。彼自身の振る舞いは明らかに矛盾しているよ」

    12日に行われたマッカーサー・サウスウェスト・ユナイテッド戦(親善試合)で2ゴールを挙げるなど、鮮烈なパフォーマンスを披露しているボルト氏だが、現時点でプロ契約締結には至っていない。
    今後もサッカー選手としてのスキルを磨き、周囲の批判を一蹴することができるだろうか。
    beaa7_1638_d361dca7_a7c840c4
    http://news.livedoor.com/article/detail/15508718/
    2018年10月27日 21時19分 theWORLD
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/16(火) 12:06:34.57 ID:CAP_USER9.net
    オリンピックで8つの金メダルを獲得した陸上界のレジェンド、ウサイン・ボルト氏にヨーロッパのクラブからオファーが来ているという。英『フォー・フォー・トゥー』が16日に伝えた。

    陸上界のNo.1に登り詰めたボルト氏は、2017年に陸上選手としての現役を引退。現在は夢だったプロフットボール選手になるために努力を続け、オーストラリア・Aリーグのセントラル・コースト・マリナーズに練習生として参加している。

    12日に行われた練習試合で初先発を飾ると、持ち味のフィジカルとスピードで初ゴールを含む2得点を挙げた。世界中から注目を集める世界最速のフットボーラーとなったボルト氏だが、オーストラリアにおけるボルトの代理人によると、すでにUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)を目指すヨーロッパのクラブからオファーがあったという。

    同メディアは代理人が『ESPN』に対し、「ヨーロッパのクラブから、ボルトに対して2年契約のオファーがあった。欧州CLをめざす新しいオーナーが率いるところだ」と仄めかしたことを伝えている。一方で、現在練習生として所属するマリナーズのショーン・ミーレカンプCEOは、「まだ獲得するか時期尚早だ」とコメントを残している。
    2018-10-16_12h43_01
    10/16(火) 12:03配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181016-02957425-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/10/12(金) 19:51:57.94 ID:CAP_USER9.net
    10/12(金) 19:28配信
    ボルト氏、初先発で2ゴール!練習試合で大活躍、プロ契約へアピール

    8月からオーストラリアAリーグのセントラルコーストに練習生として参加している陸上男子100メートル、200メートルの世界記録保持者のウサイン・ボルト氏(32)が実戦初ゴールを含む2得点と活躍した。

    12日、地元選抜チーム・NSWユナイテッドとの練習試合に初先発。2―0で迎えた後半13分、快速を飛ばして相手DFに競り勝ちながらスルーパスを受けると、左足で豪快にゴール左隅に蹴り込んだ。記念すべき“プロ1号”。弓を引くようなおなじみの“ボルトポーズ”で歓喜した。

    後半23分には相手GKとDFが交錯してこぼれたボールを無人のゴールに蹴り込んで2点目。同30分に交代する際には、ファンからスタンディングオベーションを受けた。

    この試合に向けて「大きな試合になる。結果によってクラブが自分のキャリアの判断をするだろう」と話していたが、夢のプロ契約に向けて大きなアピールに成功した。
    20181012-00000132-spnannex-000-3-view
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181012-00000132-spnannex-socc

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/09/14(金) 22:25:44.10 ID:CAP_USER9.net
    サッカーW杯南アフリカ大会(2010 World Cup)でスペイン代表を優勝に導いたビセンテ・デル・ボスケ(Vicente del Bosque)氏は、陸上短距離の元世界王者で現在はサッカー選手としての挑戦を始めたウサイン・ボルト(Usain Bolt)氏の所属クラブに対し、DFとして試合に出すようアドバイスを送った。

    ジャマイカのスーパースターであるボルト氏は選手契約を目指し、豪Aリーグに所属するセントラルコースト・マリナーズ(Central Coast Mariners FC)の練習に無期限で参加する機会を与えられている。

    五輪で八つの金メダルを獲得したボルト氏は、先月行われた練習試合で念願のデビューを飾り、途中出場ではあったものの、自身が好む左ウイングのポジションに入ると20分間プレーした。

    ボルト氏は得点に迫ったもののすぐに疲れをみせると、まだコンディションが整っていないと認め、オーストラリアの解説者もプロ契約を結ぶ前にボルト氏にはやるべきことがまだまだあると話していた。

    欧州選手権2016(UEFA Euro 2016)でベスト16敗退となり、スペインでの指揮を8年で終えたデル・ボスケ氏は、たとえボルト氏が32歳であったとしてもサッカー選手になるという夢をかなえるのは可能だと述べた。

    デル・ボスケ氏は「鋭いカウンターアタックを持ち、攻撃に切り替わった際に空いているスペースに素早く飛び出していけるチームであればそうなる(ボルト氏が適合する)。もちろんありうる話だ」とオリンピック・チャンネル(Olympic Channel)に語った。

    また同氏は、100メートルの世界記録を持つボルト氏は前線よりもディフェンスでプレーした方が機能するのではないかと提案した。

    レアル・マドリード(Real Madrid)に欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League)での成功をもたらしたデル・ボスケ氏は「スペースがあれば彼は非常に素晴らしいサッカー選手になりうる」と話し、以下のように続けた。

    「彼は広いスペースをカバーするサイドバックになりうるが、それは状況にもよる。なぜならピッチの60、70メートルや100メートルをただカバーしていればいいというわけではないからだ」

    「何度も繰り返す必要があり、それには運動量も求められる。彼がそれを持っているのかどうかは分からないがね。それでも、彼はきっと準備ができているだろう」

    「サイドバックとして背中を観客やタッチラインの方に向けた状態でプレーさせることが、間違いなく彼の才能をもっとも引き出す方法だ」

    デル・ボスケ氏は、仮にボルト氏がサッカー選手として成功すれば、それはこれまでに彼が成し遂げてきたものと同様に素晴らしい功績になるはずだと考えている。

    「32歳でプロサッカー選手としてプレーし始めるなんて普通のことじゃないよ」とコメントし、以下のように続けた。

    「しかし彼は32年間の人生で多くのものを勝ち取ってきたからこそ、『サッカー選手になりたいな』と言う権利を手にしたんだ」

    AFPBB News2018年9月14日17時00分
    2018-09-14_23h26_36
    https://news.infoseek.co.jp/article/afpbb_3189607/
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ