海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ウサイン・ボルト

    1:Egg ★:2018/01/17(水) 00:32:13.74 ID:CAP_USER9.net
    1月14日放送の『土田晃之日曜のへそ』(ニッポン放送系)にて、お笑い芸人の土田晃之が、陸上五輪金メダリストのウサイン・ボルトのサッカー挑戦について、疑問を呈していた。

    昨年の夏頃から、ドイツの強豪チーム・ドルトムントへの入団が噂されてきたボルト。今年に入ってから、ドルトムントの入団テストを受けることが報じられている。

    「ウサイン・ボルトがドルトムントの入団テストを受ける。ちょっと、なんでしょうね……半分は『舐めんなよ』と思いながら」

    部活でのサッカー経験はないものの、Jリーグ創設当時から浦和レッズサポーターだと語ったこともある土田だけに、思うところもあるようだ。

    しかし、その一方で期待の気持ちも露わにしていた。

    「たしかに、ジャマイカのユニフォームは黄色で、ドルトムントも黄色だから、見たいっちゃ見たいけどね」

    さらに、スポーツ選手が別の競技に挑戦するケースについて言及。

    「(マイケル)ジョーダンがね、バスケを1回抜けて、野球でメジャーリーグ行く、AAA(土田の勘違いで、正しくはAA)で(プレーした)っていうのがあったけど」

    バスケットボール界のスーパースター、元NBA選手のマイケルジョーダンは、1993年の一度目のNBA引退後に、メジャーリーグのシカゴ・ホワイトソックスのキャンプに参加。そして、マイナー契約を果たして傘下AA級チームのバーミンガムでプレーし、外野手として127試合に出場した過去がある。

    昨年末には、このジョーダンの野球への挑戦が映画化されるという話も報道された。手がけるのは、俳優でプロデューサーのウィル・スミスの映画制作事務所とのこと。

    ボルトのサッカー挑戦は無謀という土田の意見にも一理あるが、ジョーダンの例を見ると、あながち不可能とも言えないだろう。イエローカラーのユニフォームに袖を通すボルトを、再び見ることができるのだろうか。

    1/16(火) 20:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180116-00010004-flash-ent

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/08(月) 14:03:23.98 ID:CAP_USER9.net
    人類最速男がドルトムントの練習参加へ 「彼らが僕のことを良いと言えば…」
     
    人類史上最速の男は、ついに本格的にサッカー界に転身を果たすのか。昨年限りで現役生活に別れを告げた陸上のウサイン・ボルトは、「3月にドルトムントのトライアルを受ける」と日本のMF香川真司も所属するドイツの強豪の練習に参加すると明かした。英紙「エクスプレス」が報じている。

    昨年8月の世界陸上ロンドン大会を最後にトラック競技から引退したボルトは、マンチェスター・ユナイテッドへの憧れを公言し、かねてからサッカー選手転向を示唆。プーマ社とスポンサー契約を結んでいるというつながりがあったドルトムントの練習参加は、以前から再三伝えられてきた。

    記事によれば、「怪我はもう良くなった。完璧な状態に戻った」と世界陸上で負ったハムストリングの負傷が完治したと明かし、改めて今春にドルトムントの練習参加を明言したという。

    「3月にドルトムントのトライアルを受ける。そこでキャリアのことを決めるよ。彼らが僕のことを良いと言えば、少しトレーニングが必要になる」

    「最も大きな夢の一つはユナイテッドと契約」
     
    さらに、ボルトは「僕の最も大きな夢の一つは、マンチェスター・ユナイテッドと契約することだ。もしドルトムントが十分に良いと言ってくれたら、さらにハードなトレーニングに励む」と、さらなるステップアップのビジョンも明かした。

    「チャンスはあると思う。サッカーの試合はたくさん見ているし、理解もして、そしてプレーしている」プロサッカー選手としてのセカンドキャリアに自信をのぞかせるボルト。人類史上最速の“ライトニングボルト”の野望は実現するのだろうか。

    1/8(月) 9:30配信 ZONE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180108-00010002-soccermzw-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/06(水) 07:01:04.40 ID:CAP_USER9.net
    今季J1で悲願の初優勝を飾った川崎フロンターレに、“人類最速の男”ウサイン・ボルトからも祝福のメッセージが届いた。クラブが公式ツイッターで明らかにし、ボルト氏から届いた動画を公開している。

    陸上の男子100メートル・200メートルの世界記録保持者であり、オリンピックで通算8個の金メダルを獲得したボルトは、今年8月の世界陸上を最後に現役を引退。その後、9月6日にスポンサー関連の繋がりがある川崎Fの練習場を突然訪問したことがあった。

    その川崎Fがリーグ優勝を成し遂げたことで、ボルトからもビデオレターで祝福のメッセージが届けられた。「川崎フロンターレのみなさん、リーグ優勝おめでとうございます! ついにやり遂げましたね。先日皆さんと一緒に過ごしたから僕の喜びも大きいよ。繰り返すけど、タイトル獲得おめでとう! 絶対やり遂げると僕は信じてたよ。祝福するよ。本当におめでとう!」とボルトはコメントしている。

    これまでリーグで2位が3回、カップ戦準優勝が5回など“シルバーコレクター”と呼ばれ続けてきた川崎F。今季J1では鹿島アントラーズに2ポイントリードされた状況で最終節を迎えたが、大宮アルディージャに5-0の大勝を飾り、鹿島がジュビロ磐田と引き分けに終わったことで逆転優勝に成功した。
    20171205_bolt_getty-560x373
    12/5(火) 22:48配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171205-00244985-footballc-socc

    動画
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/24(火) 13:20:56.49 ID:CAP_USER9.net
    今年8月の世界陸上ロンドン大会を最後に、陸上界のスーパースターであるウサイン・ボルト氏は現役を引退した。同氏にとって、サッカー選手への転身は捨て切れない夢の一つのようだ。23日付のドイツ紙『ビルト』が伝えている。

    22日に行われたF1アメリカグランプリの観戦に訪れたボルト氏は、報道陣の取材に応じた際、今後のプランについて尋ねられると、「サッカー選手になるのは僕の個人的な目標の一つだ。他人がそれについてどう言うかなんて気にしていないよ。サッカー選手として本当にやっていけるのか試してみたいんだ」とコメント。以前からたびたび公言してきたサッカー選手への転身をまだ諦めていないことを明かした。

    日本代表MF香川真司も所属するドルトムントの練習に参加し、サッカー選手としての可能性を探るというのが、今のボルト氏にとって最も可能性の高い選択肢かもしれない。というのも、ボルト氏も個人契約を結んでいるプーマがドルトムントのメインスポンサーでもあることから、クラブ首脳陣が昨シーズン中にも同氏の練習参加の可能性を示唆していたからだ。

    また、『ビルト』の取材に対して、ドルトムントのハンス・ヨアヒム・ヴァツケCEOも、「我々の言葉は依然として有効だ。来週プーマの幹部と会うことになっているが、ウサインのことも議題の中に入っている」とコメント。近日中に練習参加が一気に具体化する可能性もありそうだが、果たして人類最速の男の夢は叶うのだろうか。

    サッカーキング 10/24(火) 8:29配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171024-00659800-soccerk-socc

    写真
    続きを読む

    1:風吹けば名無し:2017/10/23(月) 14:39:51.93 ID:UHuVUvs80.net
    [オースティン(米テキサス州) 22日 ロイター] -
    8個の五輪金メダルを獲得し、今年8月の陸上世界選手権を最後に現役を引退したウサイン・ボルト氏(31)が、サッカー選手としてキャリアをスタートさせることを真剣に考えていると明かした。ボルト氏は、サッカー選手になることが子供の頃からの夢だったと明かし「私にとって、個人的な目標だ。自分自身に嘘をつきたくない。これは私の夢であり、人生の新たな一章である」と述べた。

    現在、ハムストリングのケガで療養中の同氏は「2週間以内にはトレーニングを再開できるし、状態も戻るだろう」と話し、大ファンであるマンチェスター・ユナイテッド(マンU)元監督のアレックス・ファーガソン氏に自身の夢について語った際には「それなら、体調を万全にするんだ。どこまでやれるか見てみよう」と言われたことを明かした。

    さらに、ボルト氏は「ジャマイカ代表チームには、難なく入れると思う。今の代表はそこまで良いとは言えない」との見解も示した。来年のワールドカップ(W杯)出場を逃したジャマイカは現在、国際サッカー連盟(FIFA)世界ランキングで59位。また、「国際陸連(IAAF)とともに陸上競技を後押しし、私が残したようなレベルが維持できるように応援していくつもりだ」としたが、コーチになるかについては「絶対にあり得ない」と否定した。
    2017-10-23_17h12_01
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171023-00000043-reut-spo
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/16(水) 22:36:19.69 ID:CAP_USER9.net
    陸上男子短距離のスター選手で、世界選手権を最後に、現役を退いたウサイン・ボルト(30=ジャマイカ)が、サッカーのイングランド2部で入団テストを受ける可能性が浮上した。

    15日に英紙サンが報じたもので、イングランド2部バートンのロビンソン会長が、ボルトの入団テストについて「私はオファーするつもりだし、監督もそのつもりだ。足が速いからね!」と明言した。ボルトがオファーを受けるかは不明だが、同会長は「間違いなく我々に興味を示してくれるだろう」と自信をのぞかせた。

    ボルトはプレミアリーグの名門マンチェスター・ユナイテッドの熱狂的サポーターで有名。2月にドイツ紙ビルトのインタビューで「色々な人々、チームからサッカーへの誘いがある。検討段階でどうなるか分からないが、いずれかのレベルでも、自分がどれだけうまいのか見てみたい。サッカーはいつも友人とプレーしている。本格的に練習すれば、かなりうまくなるはず。世界最高の選手になるのは無理だが、ルーニー(イングランド代表FW、現エバートン)と同じくらいのレベルになるかもしれないよ」と、陸上引退後のプロサッカー挑戦に意欲を示していた。

    欧州メディアでは、日本代表MF香川が所属するドルトムント(ドイツ)の練習参加、9月にマンチェスターUのOBによる慈善試合に出場する可能性が報じられている。

    8/16(水) 22:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170816-00000163-spnannex-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/15(火) 10:51:31.29 ID:CAP_USER9.net
    陸上の世界選手権(ロンドン)でラストランとなった人類最速男、ウサイン・ボルト(ジャマイカ)がプロフットボール界転向を希望し、愛情を示してきたイングランド・プレミアリーグの名門、マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドマッチに登場する可能性が高まっている。英地元紙「ザ・サン」が報じた。

    ついに、現役最後の時を迎えた陸上界のトップスター。第二の人生は、スタジアムのトラックの内側のフィールドに舞台を移すかもしれない。

    世界選手権の400メートルリレー決勝でジャマイカの最終走者として登場し、左太ももの痙攣で途中棄権という壮絶なラストランを終えた男は、引退会見に登場。記事では、次なる野望をこう語ったという。

    「自分は常に話しているが、自分はフットボールをプレーしたい。なぜなら自分の得意分野だからだ。しかし、現時点ではハムストリングに張りが出てしまっているので、あまりに気にしないようにしている」

    なかでも、イングランドで再び全力疾走を見せる可能性が浮上している。

    関係者証言「何が何でもプレーしたがっている」…ドルトムントで練習参加も発表

    また、記事によると、9月2日にオールド・トラフォードで行われるマンチェスター・ユナイテッドのチャリティマッチにボルトが登場する予定だという。

    ユナイテッドのレジェンド・ライアン。ギグス氏、ポール・スコールズ氏という黄金時代を築いた伝説の名手とともに、ピッチに立つ可能性が高まっており、条件は左太ももの完治だという。

    さらに、関係者の証言も紹介している。

    「これは彼の長年の夢だった。怪我さえ治れば何が何でもプレーしたがっている」

    日本代表MF香川真司の所属するドルトムントで練習参加することも発表されているボルト。トラックを沸かせてきた陸上界の英雄は、フットボーラーとしての第二の人生を歩むのだろうか。

    8/15(火) 9:36配信 theanswer
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170815-00010000-theanswer-spo

    写真
    2017-08-15_17h27_57
    続きを読む

    1:豆次郎 ★@\(^o^)/:2017/08/12(土) 00:42:35.80 ID:CAP_USER9.net
    2017.08.11 10:30

    8月13日までイギリスのロンドンで開催される世界陸上をもって、引退すると公言している短距離陸上選手のウサイン・ボルトは、男子100メートル走で9秒95の3位になり、有終の美を飾ることはできなかった。そのボルトが会見で口にした言葉が話題になっている。

    「サッカー選手への転向の話が出ました。この話の出どころはスペインのサッカー専門誌です。ボルトがあるイベントのあとで同誌の取材に応じ、『わたしには(サッカーの)素質がある』というニュアンスのことを話しています。ボルトはイングランドプレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドのファンであることも公言しており、『将来はマンチェスター入りする』と発言したこともあります。その専門誌に掲載されたコメントもジョークだと思ったら、会見で本気だと反論したのです」(体協詰め記者)

    この話が信ぴょう性を帯びてきたのは、ほかにも理由がある。ボルトが入団先として、日本代表の香川真司が所属するドイツのボルシア・ドルトムントを挙げたためだ。ボルトが契約するスポーツメーカーの『PUMA』は、ドルトムントとも提携している。世界陸上の舞台裏では、その『PUMA』社が仲介役になるという話も噂されていた。

    「今回の世界陸上ですが、日本は通常以上のスタッフを帯同させています。東京五輪を見据え、選手の調整はもちろん、大会運営についていろいろとリサーチするためです。日本のスタッフはボルトに東京五輪まで陸上競技を続けてほしいと思っており、交渉の余地も探っていました」(関係者)

    世界一の快足を生かしたドリブルをサッカーで見ることは叶うだろうか。

    https://myjitsu.jp/archives/28309

    続きを読む

    1:ニライカナイφ ★@\(^o^)/:2017/08/04(金) 15:11:21.98 ID:CAP_USER9.net
    陸上男子短距離のスター、ウサイン・ボルト(30)=ジャマイカ=が世界陸上(4日開幕)を前にした1日、開催地のロンドンで会見。

    引退後、日本代表MF香川真司の所属するサッカードイツ1部ドルトムントの練習に参加したり、俳優に挑戦する可能性について言及した。
    一問一答は次の通り。

    --引退レースの自信

    「100%の自信がある。自分は伝説。引退レースの記事は『誰も勝てない、誰も止められない』だね」

    --4月に友人の陸上選手が事故死した影響

    「彼ほど身近な存在を失うことはなかった。3週間ほど練習から離れた。周囲から彼は僕のレースを楽しみにしているはずだと諭され、前向きになれた」

    --自分の世界記録が破られる可能性は

    「いつか自分の子供に『ほら、俺がまだ一番だ』と自慢したい。破られないことを願う」

    --100メートルで負けたら引退撤回もあるか

    「それはあり得ない。自分が本命ではないって?それはあなたが書いていること」

    --サッカーは

    「間違いなく検討する。引退後は何をやるか決まっていない。俳優かも」
    2017-08-04_20h04_51
    http://www.zakzak.co.jp/spo/news/170803/spo1708030003-n1.html
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/02(水) 14:38:07.20 ID:CAP_USER9.net
    “世界最速の男”ウサイン・ボルトが、フットボール選手に転向する可能性があることが分かった。

    100mと200mの世界新記録を保持し、オリンピックで合計8個の金メダルを獲得した30歳のボルトは、ロンドン行われる世界陸上を最後に陸上選手としてのキャリアに終止符を打つことを表明。以前からフットボールの大ファンであることを公言していた同選手は、プロフットボーラーとして新たなキャリアをスタートさせる可能性があるようだ。

    ボルトの代理人を務めるリッキー・シムス氏は、『デイリースター』で「ウサインは30歳で2020年のオリンピックに向けてレースを続ける可能性はあるが、成し遂げられることは全て成し遂げてしまった。彼には数えきれないほどのチャンスがあり、次のチャプターに進む準備をしている」と陸上界から引退することは決定的だと語った。

    続けて「彼はいつもフットボールの話をして、チャンスがあればフットボーラーとしてプレーしたいと言っていた。実際に12のクラブからトライアルに関するオファーが届いている。名前を挙げるつもりはないが、彼は一先ずドルトムントに行く。プーマのCEOがボルシア・ドルトムントの理事を務めていて、彼は我々の友人だ。そこで彼らと一緒に練習するかもしれない」と実際にオファーを受け取ったと言及。

    さらに、同氏は「30歳のスプリンターがブンデスリーガやプレミアリーグでプレーできるかって? 現実的には難しいだろう。でも半年から9カ月、彼らとともにトレーニングを積めば、リーグ1やリーグ2でならプレーできると思っている。でも彼がどのぐらい本気で考えているのか私にはわからない。しかしどのような形であれ、フットボールをプレーする彼の姿が見られるかもしれない」とフットボーラーに転向する可能性を示唆している。
    2017-08-02_15h05_29
    8/2(水) 12:03配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170802-00000003-goal-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ