海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ウサイン・ボルト

    1:Egg ★:2018/10/16(火) 12:06:34.57 ID:CAP_USER9.net
    オリンピックで8つの金メダルを獲得した陸上界のレジェンド、ウサイン・ボルト氏にヨーロッパのクラブからオファーが来ているという。英『フォー・フォー・トゥー』が16日に伝えた。

    陸上界のNo.1に登り詰めたボルト氏は、2017年に陸上選手としての現役を引退。現在は夢だったプロフットボール選手になるために努力を続け、オーストラリア・Aリーグのセントラル・コースト・マリナーズに練習生として参加している。

    12日に行われた練習試合で初先発を飾ると、持ち味のフィジカルとスピードで初ゴールを含む2得点を挙げた。世界中から注目を集める世界最速のフットボーラーとなったボルト氏だが、オーストラリアにおけるボルトの代理人によると、すでにUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)を目指すヨーロッパのクラブからオファーがあったという。

    同メディアは代理人が『ESPN』に対し、「ヨーロッパのクラブから、ボルトに対して2年契約のオファーがあった。欧州CLをめざす新しいオーナーが率いるところだ」と仄めかしたことを伝えている。一方で、現在練習生として所属するマリナーズのショーン・ミーレカンプCEOは、「まだ獲得するか時期尚早だ」とコメントを残している。
    2018-10-16_12h43_01
    10/16(火) 12:03配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181016-02957425-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/10/12(金) 19:51:57.94 ID:CAP_USER9.net
    10/12(金) 19:28配信
    ボルト氏、初先発で2ゴール!練習試合で大活躍、プロ契約へアピール

    8月からオーストラリアAリーグのセントラルコーストに練習生として参加している陸上男子100メートル、200メートルの世界記録保持者のウサイン・ボルト氏(32)が実戦初ゴールを含む2得点と活躍した。

    12日、地元選抜チーム・NSWユナイテッドとの練習試合に初先発。2―0で迎えた後半13分、快速を飛ばして相手DFに競り勝ちながらスルーパスを受けると、左足で豪快にゴール左隅に蹴り込んだ。記念すべき“プロ1号”。弓を引くようなおなじみの“ボルトポーズ”で歓喜した。

    後半23分には相手GKとDFが交錯してこぼれたボールを無人のゴールに蹴り込んで2点目。同30分に交代する際には、ファンからスタンディングオベーションを受けた。

    この試合に向けて「大きな試合になる。結果によってクラブが自分のキャリアの判断をするだろう」と話していたが、夢のプロ契約に向けて大きなアピールに成功した。
    20181012-00000132-spnannex-000-3-view
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181012-00000132-spnannex-socc

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/09/14(金) 22:25:44.10 ID:CAP_USER9.net
    サッカーW杯南アフリカ大会(2010 World Cup)でスペイン代表を優勝に導いたビセンテ・デル・ボスケ(Vicente del Bosque)氏は、陸上短距離の元世界王者で現在はサッカー選手としての挑戦を始めたウサイン・ボルト(Usain Bolt)氏の所属クラブに対し、DFとして試合に出すようアドバイスを送った。

    ジャマイカのスーパースターであるボルト氏は選手契約を目指し、豪Aリーグに所属するセントラルコースト・マリナーズ(Central Coast Mariners FC)の練習に無期限で参加する機会を与えられている。

    五輪で八つの金メダルを獲得したボルト氏は、先月行われた練習試合で念願のデビューを飾り、途中出場ではあったものの、自身が好む左ウイングのポジションに入ると20分間プレーした。

    ボルト氏は得点に迫ったもののすぐに疲れをみせると、まだコンディションが整っていないと認め、オーストラリアの解説者もプロ契約を結ぶ前にボルト氏にはやるべきことがまだまだあると話していた。

    欧州選手権2016(UEFA Euro 2016)でベスト16敗退となり、スペインでの指揮を8年で終えたデル・ボスケ氏は、たとえボルト氏が32歳であったとしてもサッカー選手になるという夢をかなえるのは可能だと述べた。

    デル・ボスケ氏は「鋭いカウンターアタックを持ち、攻撃に切り替わった際に空いているスペースに素早く飛び出していけるチームであればそうなる(ボルト氏が適合する)。もちろんありうる話だ」とオリンピック・チャンネル(Olympic Channel)に語った。

    また同氏は、100メートルの世界記録を持つボルト氏は前線よりもディフェンスでプレーした方が機能するのではないかと提案した。

    レアル・マドリード(Real Madrid)に欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League)での成功をもたらしたデル・ボスケ氏は「スペースがあれば彼は非常に素晴らしいサッカー選手になりうる」と話し、以下のように続けた。

    「彼は広いスペースをカバーするサイドバックになりうるが、それは状況にもよる。なぜならピッチの60、70メートルや100メートルをただカバーしていればいいというわけではないからだ」

    「何度も繰り返す必要があり、それには運動量も求められる。彼がそれを持っているのかどうかは分からないがね。それでも、彼はきっと準備ができているだろう」

    「サイドバックとして背中を観客やタッチラインの方に向けた状態でプレーさせることが、間違いなく彼の才能をもっとも引き出す方法だ」

    デル・ボスケ氏は、仮にボルト氏がサッカー選手として成功すれば、それはこれまでに彼が成し遂げてきたものと同様に素晴らしい功績になるはずだと考えている。

    「32歳でプロサッカー選手としてプレーし始めるなんて普通のことじゃないよ」とコメントし、以下のように続けた。

    「しかし彼は32年間の人生で多くのものを勝ち取ってきたからこそ、『サッカー選手になりたいな』と言う権利を手にしたんだ」

    AFPBB News2018年9月14日17時00分
    2018-09-14_23h26_36
    https://news.infoseek.co.jp/article/afpbb_3189607/
    続きを読む

    1:真実は一つ ★:2018/09/09(日) 17:27:56.38 ID:CAP_USER9.net
    サッカー豪Aリーグのセントラルコースト・マリナーズ(Central Coast Mariners FC)は8日、チームの練習に参加している元陸上男子短距離の王者ウサイン・ボルト(Usain Bolt)氏が「以前からの予定」のため同国を離れ、トレーニングを中断したと明かした。

    プロサッカー選手という子どもの頃からの夢を追い続けているボルト氏は先月、マリナーズの練習に参加するためにシドニーから75キロメートル北部のゴスフォード(Gosford)入りした。

    32歳のボルト氏は3週間マリナーズで練習を重ね、8月下旬にはプレシーズンゲームに20分間出場した。

    マリナーズは「ウサイン・ボルト氏は以前からの予定のため9月9日日曜日にシドニーをたつ」と発表している。クラブはボルト氏の行き先を明らかにしていないが、シドニーのデーリー・テレグラフ(Daily Telegraph)氏は、イベントに参加するため同氏がフランスに向かったと伝えている。

    練習に参加して以来、体調面に問題を抱えている世界最速記録を持つボルト氏は8月、Aリーグが開幕する10月中旬までに準備を万全にしたいと話していた。
    2018-09-09_20h55_37
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180909-00000022-jij_afp-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/09/01(土) 12:28:20.24 ID:CAP_USER9.net
    サッカーデビュー戦、触ればゴールのチャンスをフイに…決定的瞬間の動画に反響

    陸上男子100メートル、200メートル世界記録保持者のウサイン・ボルトが31日、豪州でサッカー選手デビューした。Aリーグの練習生として参加したクラブのプレシーズンマッチに途中出場。最大の見せ場は後半アディショナルタイム。右サイドからのクロスにフリーで飛び込んだが、あと30センチ届かず。その瞬間を米メディアが動画付きで公開し、詰め切れなかった“人類最速男”に「ちょっとスピードが足りなかった」と解説者から辛辣なジョークが飛んでいる。

    【動画】“人類最速の足”が30cm届かず! 解説者は「スピードが足りなかった」…スポーツセンターが公開したボルトの“痛恨の決定機逸”の実際の瞬間



    “人類最速男”の足でも届かなかった。セントラルコーストの練習生として挑んだセントラルコースト選抜とのプレシーズンマッチ。後半26分にピッチに立つと、最大の見せ場は後半アディショナルタイムに訪れた。ペナルティーエリアの裏のスペースを突いた味方が右サイドからクロスを供給。これに中央からフリーで走り込んでいたのはボルトだった。

    背番号95は猛然と10メートルほどダッシュし、クロスに反応。あとは触ればゴール間違いなし。そして、左足を出した次の瞬間だった。懸命に伸ばした足は届かず、ボールは無情にも通過。左サイドへ抜けていった。盛り上がったスタジアムは一転してため息に包まれ、ボルトも苦笑いを浮かべ、悔しさをにじませていた。結局、デビュー戦は無得点だった。

    米スポーツ専門局「ESPN」の番組「スポーツセンター」公式ツイッターは“届かなかった30センチ”の決定的瞬間を動画付きで公開。映像では実況が「わずかに届きませんでした。惜しい瞬間でした」と言うと、解説者は「ちょっとスピードが足りませんでしたね」とジョークを飛ばす場面も。目の当たりにした海外ファンからも続々と反響を呼んでいた。

    「2014年のスピードがこのボールには必要だった…」の声も

    「2014年時のスピードがこのボールに対しては必要だった…」
    「マルチスポーツ選手になるということは、私たちの想像以上に難しいことだ」
    「ロナウドのユベントスデビュー戦の時のようだ」
    「彼ならできるよ」
    「惜しい!」
    「パスが良かったら、話は別だったかもしれない」
    「上達するよ…」
    「ポテンシャルはある」
    「フットワークが良くなれば、彼は大丈夫だ」

    このように声が相次ぎ、一方で「ちょっと場違いかな」「びっくりするくらいにサッカーは不得意」「フットボールは足の速さじゃない。彼にボルトが2014年のスピードであったとしてもだ」と手厳しい声もあった。いずれにしてもこんなに大きな話題を呼ぶのは注目度の裏返し。異なる競技で、ここからどんな活躍を見せるのか。世界が見守っている。

    9/1(土) 10:08配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180901-00035251-theanswer-socc

    写真

    続きを読む

    1:ほニーテール ★:2018/09/01(土) 01:01:00.53 ID:CAP_USER9.net
    オーストラリアAリーグのセントラルコーストに練習生として参加している陸上男子100メートル、200メートルの世界記録保持者のウサイン・ボルト氏(32)が実戦デビューを果たした。

    「間違いなく緊張する。失敗もするだろうが頑張る」と話していたボルト氏は31日、地元のアマチュア選抜チームとの練習試合で後半10分過ぎからアップを開始。6―0の同27分に背番号95のユニホームを着て、約1万人の観客から大歓声を浴びながらピッチに入った。主に前線の左サイドでプレー。積極的にゴール前にも顔を出したが、無得点に終わった。後半ロスタイムに快足を飛ばしてゴール前に詰めたが、右折り返しにわずかに届かず、直後に左足で初シュートを放ったが相手DFに阻まれた。

    ボルト氏は試合直後に地元テレビで「良かった。予想通りだった。観客が自分のモチベーションを上げてくれた。体の状態は良くなっていると思う。チャンスを与えてくれたクラブに感謝したい。プロサッカーのピッチに本当に立てたのは、素晴らしい瞬間だ」と感激を語った。ただ、アマチュア選手相手に1対1でボールを持っても見せ場はつくれず、快足もほとんど発揮できなかった。また、サッカーでは禁止されているネックレスを付けたままプレーし、途中で外してもらう場面もあった。

    昨年に陸上から引退したボルト氏は、21日から期限をもうけずに練習参加。10月のリーグ開幕に向けプロ契約を目指している。これまでにMF香川が所属するドイツ1部ドルトムントのほか、ノルウェー、南アフリカのクラブでも練習に参加したが、プロ契約には至らなかった。
    2018-09-01_08h23_02
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180831-00000154-spnannex-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/08/18(土) 16:05:56.52 ID:CAP_USER9.net
    “人類史上最速の男”ウサイン・ボルト氏が、トライアルのためオーストラリアに入国した。

    ロンドン五輪とリオデジャネイロ五輪の陸上競技で100m、200m、4×100mリレーの3冠を2大会連続で達成したボルト氏。100mと200mの世界記録保持者でもある同選手は、2017年にロンドンで行われた世界陸上を最後に現役引退し、その後に様々なサッカークラブの練習に参加している。

    そしてこの度、オーストラリア・Aリーグのセントラル・コースト・マリナーズが公式サイト上でボルト氏がシドニーに到着したことを発表。ボルト氏は火曜日から同クラブのトレーニングに参加し、プロ契約締結へのアピールを目指すことになった。

    ボルト氏は今回の挑戦について、「これは俺にとっての大きな機会だ。セントラル・コースト・マリナーズは素晴らしいチャンスをくれた。ベストを尽くす」とコメント。さらに、いつまでセントラル・コースト・マリナーズにとどまるかと尋ねられると、「永遠にいるよ」と冗談に交じりに話し、以下のように続けた。

    「自分自身をプッシュしていく計画がある。ハードワークして、全力で進みたい。本当だ。俺はフットボーラーになりたいんだ。俺が何をできるか示す機会をマリナーズが与えてくれた。それは分かっている」

    なお、Aリーグには今夏、本田圭佑がメルボルン・ヴィクトリーに加入。ボルトが正式にセントラル・コースト・マリナーズ入りすれば、“サッカー選手”としてピッチ上で本田と相まみえる姿を見ることができる可能性がある。

    8/18(土) 15:41配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180818-00000008-goal-socc

    写真

    続きを読む

    1:サイカイへのショートカット ★:2018/07/19(木) 00:02:16.75 ID:CAP_USER9.net
    陸上引退ボルト氏サッカー選手?
    豪チームと入団交渉
    2018/7/18 17:39
    ©一般社団法人共同通信社
    https://this.kiji.is/392230391162618977

    現役時代のウサイン・ボルト氏



    【シドニー共同】サッカーのオーストラリアAリーグ、セントラルコーストは、陸上男子100メートル、200メートルの世界記録保持者で昨年引退したウサイン・ボルト氏(31)と入団交渉していると18日までに公式サイトで発表した。

    ボルト氏は大のサッカーファンで知られ、常々「第二の人生は長年の夢だったサッカー選手に挑戦したい」と話していた。今年3月にはドイツ1部リーグ・ドルトムントの練習に参加した。

    セントラルコーストは「契約は保証されていない」としつつ「ボルト氏の燃えるような野望に、クラブがどのような役割を果たすことができるか、交渉を続けている」とコメントした。
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/03/26(月) 12:53:51.69 ID:CAP_USER9.net
    MF香川真司(29)の所属するドイツ1部ドルトムントの練習に初参加した陸上男子100メートルの世界記録保持者、ウサイン・ボルト氏(31=ジャマイカ)はプロサッカー選手になれるか

    昨年8月に現役を引退したボルト氏は、かねてサッカー好きを公言し、マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)の熱狂的なファンとして知られる。23日にチームと約1時間のトレーニングを行い、スピードとともに技術力を猛アピール。ミニゲームでもゴールを決めたという。香川は負傷で不参加のため“共演”できなかった。

    今回の練習参加は入団テストともいわれる中、ドルトムントのペーター・シュテーガー監督(51)は地元メディアに対し「彼には才能があると思うが、より高いレベルでプレーしたいのであれば、やるべきことがたくさんあるのは明らかだ」とコメントし、否定的な見解を示したという。

    3/26(月) 11:30配信 東京スポーツ
    2018-03-26_15h10_10
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180326-00000014-tospoweb-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/03/24(土) 12:40:15.03 ID:CAP_USER9.net
    華麗な股抜きに豪快ヘッダー、さらにはPKゴールも!

    ファンもメディアもドルトムントの練習場に殺到! ボルトはその期待に応え、自慢の左足で妙技を披露した。

    ビッグスターの到来に沸き返ったのが、ドイツの強豪ボルシア・ドルトムントだ。現地時間3月23日、当初の予告通りに現地入りしたのが、陸上100メートルの世界保持者であるウサイン・ボルトだ。
     
    昨年8月の世界陸上で引退して以降、常に口にしてきた夢が、サッカー選手としてのプロ契約。これまでJリーグの川崎フロンターレや南アフリカのマメロディ・サンダウンズの練習などに飛び入り参加してきたが、今回は同じスポンサードを受けるプーマ社の計らいもあって、ドルトムントでの“入団テスト”が実現した。

    【動画】英雄ボルトが妙技を連発! ドルトムントでの一日を追った密着映像はこちら

     
    とはいえ、そこはイベント的要素がやはり強いか。クラブはブンデスリーガとも連携して事前から大々的にプロモーションを試み、当日は朝から夕方までアトラクションが盛りだくさん。練習場には数多くのギャラリーが駆け付け、取材に訪れたテレビカメラの数も尋常ではない。リアルタイムで一挙手一投足がレポートされ、ドルトムントのみならずドイツ中がジャマイカの英雄の来訪を歓迎したのだ。

    チビッ子ファンやジュニアチームの選手たちとも触れ合ったボルトは、さっそくユースチームとのミニゲームに登場。華麗な股抜きや豪快ヘッドに加え、自慢の左足で冷静にPKを決めるなど、図抜けた身体能力とともに好アピールを展開した。ボール回しのロンドでもテクニックがあるところを見せつけ、トップチームでも紅白戦もソツなくこなす。練習をチェックしたペーター・シュテーガー監督を喜ばせている。
     
    数多の動画を投稿したドルトムントおよびブンデスの公式ツイッターには、ファンからに書き込みが殺到した。「普通に左足、ヤバくね?」「(ミチ・)バチュアイのサブでどうだ?即戦力だよ!」「ここまで巧いとは思わなかった」と好意的な意見が多く、なかには「見たかった走りのシーンが全然ないな」「どれだけ速いのかはよく分からなかった」「動くが重く感じる」など、少しばかり不満の声も上がっていた。
     
    ボルトは「最高のもてなしをしてもらって、選手たちも本当にナイスガイばかり。この機会をくれたドルトムントに感謝したい。素晴らしい一日を過ごせたよ」と喜びを表現。対面を果たしたマリオ・ゲッツェは「ウサインはグッドプレーヤーだ。僕たち(トップの選手)とも違和感なくやれていたしね。ひとつの驚きではあったよ」と話し、笑みを浮かべた。

    3/24(土) 6:02配信 サッカーダイジェスト
    2018-03-24_12h57_20
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180324-00037621-sdigestw-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ