海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:エイバル

    1:久太郎 ★:2018/03/29(木) 20:37:55.21 ID:CAP_USER9.net
    ベティスは、やはりエイバルMF乾貴士獲得に迫っているようだ。スペイン複数メディアが伝えた。

    スペイン『アス』は、ベティスが来季に向けて乾とエスパニョールGKパウ・ロペスの獲得を決めたと報道。次のターゲットとして、レアル・ソシエダMFセルヒオ・カナレスを狙っていると報じた。スペイン『ABCセビージャ』も、『アス』同様すでにベティスが乾とパウ・ロペスを確保したと報じ、カナレス獲得に動いていると伝えている。

    乾は今季終了時にエイバルとの契約が満了する。エイバルは2年の契約延長オファーを準備していたようだが、乾はここまでのところ書類にサインしていない。そこにベティスが現れ、スペインの2クラブが乾争奪戦を繰り広げることになった。

    ベティスは3年契約に加え、フリーで獲得できる乾に高年俸を用意しているという。エイバルで定位置を確保している乾だが、直近のリーガエスパニョーラ第29節レバンテ戦では、移籍報道の影響か先発から外された。

    乾は2015年夏にフランクフルトからエイバルに加入した。今季リーガで28試合に出場して4得点を記録している。
    2018-03-30_00h17_38
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180329-00000036-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/03/17(土) 22:55:02.75 ID:CAP_USER9.net
    スペイン1部リーグ・エイバルの日本代表MF乾貴士が、ベティスへの移籍騒動の影響で今節先発メンバーから外された可能性があると同国セルビアのスポーツ紙エスタディオ・デポルティボなどが17日までに報じた。

    同紙などによると、乾が契約延長しない旨を通告したことなどベティス移籍が事実上決定したとされる状況を、エイバルのメンディリバル監督が考慮した。乾は常時先発出場していたが、16日のレバンテ戦はベンチスタート。後半13分からの途中出場にとどまり、エイバルは1-2で敗戦した。

    エイバルは乾の移籍報道に不快感を見せており、ベティスへの移籍が浮上しているMFダニ・ガルシアにも同様の“制裁”が下される可能性があるとしている。

    3/17(土) 18:53配信
    2018-03-17_23h24_53
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180317-00000125-dal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/03/15(木) 18:58:49.02 ID:CAP_USER9.net
    日本サッカー協会は15日、今月ベルギーに遠征してマリ代表(23日)、ウクライナ代表(27日)と国際親善試合を行う日本代表メンバー26人を発表した。

    チームを率いるバヒド・ハリルホジッチ監督(65)は今季ポルトガルリーグで9得点7アシストと活躍しているFW中島翔哉(23=ポルティモネンセ)を初選出。FW本田圭佑(31=パチューカ)が昨年8、9月のワールドカップ(W杯)アジア最終予選以来半年ぶりとなる代表復帰を果たす一方で、MF乾貴士(29=エイバル)は招集されなかった。

    17試合連続スタメンを果たすなどコンスタントにスペイン1部リーグで試合に出場し続けている乾の招集外について指揮官は「原口、中島を彼の代わりに呼んだ」と説明。その後、乾は自身のツイッターを更新し、「代表は外れたけど、今日も楽しんで行きましょー(^^)」と笑顔の顔文字入りで前向きにつづった。

    3/15(木) 18:53配信 スポニチ 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180315-00000137-spnannex-soc

    写真 
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/03/11(日) 00:05:19.40 ID:CAP_USER9.net
    10日のリーガエスパニョーラ第29節、エイバルは本拠地イプルーアでのレアル・マドリー戦を1-2で落とした。先発出場を果たし、87分まで出場したMF乾貴士は、スペイン『アス』よりそのプレーを評価されている。

    エイバルの絶対的主力である乾は、この試合でも同チームの攻撃を牽引する活躍を披露。『アス』はエイバルの選手たちの個別評価で、日本人MFについて次のように評している。

    「日本人ついて、物申すことはほぼない。的を得た攻撃を見せ、ペナルティーエリア付近のドリブルは目がくらむ凄さだった。そのクオリティーに鑑みれば、おそらく自分自身でゴールを狙うことが欠けているのかもしれない。相手守備陣にめまいを起こさせた」

    その一方で、スペイン『マルカ』による乾の採点(3点満点)は低め。エイバルの採点ではGKマルコ・ドミトロビッチが3点、また2点の選手も6人いたが、乾はほか4選手と並び1点を付けられている。76分にはペナルティーエリア内フリーでヘディングシュートを外す場面もあったが、そうした決定機逸も加味されたのもしれない。

    3/10(土) 23:48配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180310-00010003-goal-socc

    写真 

    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/03/10(土) 23:01:51.11 ID:CAP_USER9.net
    ■リーガエスパニョーラ第29節 エイバル 1-2 レアル・マドリー

    エイバル:ラミス(51分)

    レアル・マドリー:クリスティアーノ・ロナウド(34分、84分)

    10日のリーガエスパニョーラ第29節、イプルーアでのエイバル対レアル・マドリーは1-2でレアル・マドリーの勝利に終わった。エイバルMF乾貴士は87分までプレーしている。

    スペインでは13時キックオフと、日本でも見やすい時間に開催されたこの試合。立ち上がりからペースを握ったのはエイバルだった。ホームチームはイプルーアの狭いピッチで、得意のハイプレスを仕掛けてレアル・マドリーを自陣に押し込み、乾を交えて波状攻撃を仕掛ける。

    エイバルは開始直後の1分、乾がグラウンダーのクロスに体勢を崩しながら合わせようとするが、これはボールに触れられない。また4分には乾のクロスにキケが合わせたものの、これは枠の上へと外れた。エイバルはさらに19分、乾のヒールパスからキケがミドルシュートを放ったが、これはGKケイロール・ナバスの好守に阻まれている。

    自分たちのペースで試合を進めていくエイバル。しかしながら34分、レアル・マドリーがその流れに反して、わずか4タッチで先制点を獲得した。モドリッチがアルビージャのパスをカットすると、右足アウトサイドで浮き球のパスを出し、これに反応したC・ロナウドが最終ラインを突破。CR7は胸トラップでボールをコントロールしてからペナルティーエリア内左に侵入し、右足のシュートでニアサイドを破っている。C・ロナウドは今季リーガ17点目、公式戦ここ10試合では16得点目と好調を維持している。

    レアル・マドリーに個の力を見せつけられ、冷水を浴びせられた格好のエイバルだったが、51分にはCKから同点に追いつくことに成功。ペドロ・レオンのクロスから、ラミスがヘディングシュートを突き刺した。エイバルはその後、レアル・マドリーの攻勢にさらされながらもさらなる失点を許さず、速攻を中心として勝ち越し弾を狙っていく。左サイドハーフとして出場した乾は、より前めにポジションを取りながら、エイバルの攻撃の起点となった。

    エイバルのメンディリバル監督は66分、負傷したラミスとの交代でオリベイラを投入。一方、前半に負傷したヴァランをナチョに代えていたジダン監督は、71分にクロース&イスコをルーカス・バスケス&ベンゼマと代え、交代枠を使い切った。

    エイバルは76分、乾が決定機を迎えた。ペナルティーエリア内でエスカランテが頭で落としたボールに、フリーとなっていた日本人MFが詰める。ヘディングシュートでゴールを狙ったが、バウンドするボールにうまく合わせられず、枠を捉えることはかなわなかった。そしてその8分後、逆にレアル・マドリーがゴールを獲得。カルバハルのクロスをC・ロナウドが頭で押し込み、ここ10試合の得点数を17とした。メンディリバル監督は87分に乾を下げ、チャルレスを投入する。

    エイバルは後半アディショナルタイムもあきらめることなく攻め続けたが、レアル・マドリーに1点リードを維持されたまま試合終了のホイッスルを迎えている。3位レアル・マドリーは、リーガでは2連勝。2試合勝利なしのエイバルは暫定で8位に位置している。
    2018-03-10_23h05_19
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180310-00000029-goal-socc
    続きを読む

    1:3倍理論 ★:2018/03/09(金) 23:48:54.37 ID:CAP_USER9.net
    リーガ第28節、乾貴士が所属するエイバルはホームでレアル・マドリーを迎え撃つ。

    この一戦を前にかつてレアルでもプレーした元スペイン代表MFシャビ・アロンソが乾について語ったぞ!

    乾をよく知っているというアロンソ。「能力が高く、他の選手にはないものがある」とも述べ、讃えていた。これは本人にとっても嬉しいはず…。

    これまでレアルと7度対戦してまだ勝ったことがないエイバル。ホームのイプルーアでのジャイキリに期待したい。試合は日本時間10日(土)21時キックオフ。
    aa72b6a2-3c5c-7a22-023f-014d6e47f90e
    http://qoly.jp/2018/03/09/ep-xabi-alonso-on-inui-iks-1
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/03/07(水) 22:57:23.66 ID:CAP_USER9.net
    エイバルMF乾貴士に、ベティスが関心を示しているようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。

    現在リーガエスパニョーラで10位に位置しているベティス。キケ・セティエン監督は2018-19シーズンに向け、左MFに乾を据えるため獲得を検討しているという。

    乾は今季限りでエイバルとの契約が満了する。現在、エイバルは乾の代理人と交渉を続けており、2年の契約延長をオファーしているといわれているが、まだ合意には至っていない。

    乾にはベティスのほか、エスパニョールや、アメリカのMLSの複数クラブが関心を寄せているとされる。これらのクラブは乾が契約延長にサインするまで、獲得の可能性を模索するとみられている。
    2018-03-07_23h28_17
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180307-00010010-goal-socc
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/03/04(日) 05:10:19.79 ID:CAP_USER9.net
    乾貴士が先発復帰の一戦でゴール!エイバルは10人になったデポルを崩せずドロー/リーガ第27節

    リーガ第27節 デポルティボ 1-1 エイバル

    デポルティボ:オウンゴール(33分)

    エイバル:乾(11分)

    3日にリーガエスパニョーラ第27節が行われ、エイバルは敵地リアソールでデポルティボと対戦した。エイバルMF乾貴士は先発して73分までプレーしている。

    前節セルタ戦でスタメン落ちを経験した乾。エイバルも0-2と敗れたが、6位ビジャレアルと勝ち点3差で7位につけており、まだヨーロッパリーグ出場権獲得は十分可能な状況だ。

    左MFで先発に復帰した乾だが、序盤から攻勢を強めたのはデポルティボだった。3分、ルーカス・ペレスのグラウンダーのクロスに、アンドーネが右足を合わせる。ここはGKディミトロビッチが好守で防ぐ。6分にはアンドーネのクロスからL・ペレスがヘディングを叩くも、再びエイバル守護神が立ちはだかった。

    スコアが動いたのは11分。劣勢に立たされていたエイバルが先制した。右サイドのオレジャーナのアーリークロスがデポルティボのディフェンスラインとGKコバルの間を抜け、ファーサイドで乾が左足を合わせてネットを揺らした。乾の今季リーガ4点目で、エイバルがリードを奪う。

    しかし、エイバルは27分にアシストを記録したオレジャーナが足を痛める。ペドロ・レオンが交代でピッチに入った。

    決定機を逸し続けたデポルティボだが、32分に同点弾を叩き込む。アドリアンのクロスに、アンドーネがヘディング。シュートはポストに当たってGKディミトロビッチのキャッチミスを誘い、ゴール枠内に転がった。

    タイスコアになった試合は39分に再び動く。バックパスの処理を誤ったGKコバルがボールを奪ったジョルダンを倒し、レッドカードで退場に。セードルフ監督はチョラクに代えて、GKルベンを投入する。

    エイバルは58分、CKからクリアボールを拾った乾が、右足で鋭いシュートを放つ。これはGKルベンがファインセーブで防いだ。

    メンディリバル監督は60分にディオプに代えてキケ・ガルシアを、73分に乾に代えてイバン・アレホをピッチに送り込む。

    猛攻を仕掛けたエイバルだが、最後までデポルティボ守備陣を崩しきれなかった。エイバルは暫定で、勝ち点39で8位に位置。デポルティボは勝ち点19で19位に位置している。
    2018-03-04_07h57_14
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180304-00000040-goal-socc
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/02/27(火) 12:44:07.36 ID:CAP_USER9.net
    乾貴士、エイバルと2年の契約延長に合意か…チーム3番目の年俸受け取るとの報道

    スペインのスポーツ紙『マルカ』は、日本代表MF乾貴士とエイバルの契約延長交渉が合意に至ったことを報じた。

    エイバルが乾との契約延長交渉に取り組んできたことは周知の事実となっているが、『マルカ』は両者が1年の延長オプション付きの2年契約で合意に至ったことを伝えた。乾の年俸はMFペドロ・レオン、FWセルジ・エンリッチに次ぐ、チーム3番目の額になる模様。

    同紙曰く、エイバルとの契約が今季限りで切れるはずだった乾に対しては、メジャー・リーグ・サッカー(MLS)の複数のクラブが興味を示していたという。しかし乾は金銭面よりも、スペインでプレーし続けることを重視し、そうした興味に耳を傾けることはしなかったそうだ。

    またエイバルは、純粋にスポーツ面での成果を評価して乾との契約延長を目指したようだが、その一方で日本代表MFのマーケティング面での重要性も意識している様子。と言うのも同クラブはアジアで、乾の影響によってレアル・マドリー&バルセロナに次ぐ3番目の視聴者数を確保しているとのことだ。

    エイバルはそのことを踏まえ、大きな注目を集めるであろう3月11日のレアル・マドリー戦を前に、乾の契約延長をアナウンスすることを検討しているとみられる。

    『マルカ』はこのニュースを「エイバルの来季に向けた最初の補強選手はすでにホームにいて、日本語を話す。イプルーア(エイバル本拠地)の左サイドは、乾のテリトリーであり続ける」との文章で締めている。
    2018-02-27_14h54_29
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180227-00000006-goal-socc
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/02/24(土) 22:56:07.59 ID:CAP_USER9.net
    エイバル、ゴール奪えず2連敗…乾貴士は先発出場もチャンス決めれず

    リーガ・エスパニョーラ第25節が行われ、乾貴士が所属するエイバルがセルタと対戦した。乾は左サイドで先発出場を果たした。

    セルタに先に決定的なチャンスを作られる。30分、ペナルティエリア内に入ってきたイアゴ・アスパスが浮き玉のスルーパスを受けると、ダイレクトで後ろに折り返す。このボールを受けたピオネ・シストにダイレクトシュートを放たれるも、大きく枠を外れてピンチを脱した。

    さらに39分、自陣を深く抉られ、弾道の高いクロスを折り返される。強烈なダイレクトボレーを打たれたが、GKがしっかりキャッチして先制点を許さない。

    45分には乾にビッグチャンスが訪れた。敵陣左サイドでボールを持った乾が、味方に預けて中央にポジションを取る。そこへピンポイントのクロスが入ってくるものの、右足で放ったシュートは惜しくもバーの上を越えていった。

    後半に入りセルタにチャンスを掴まれた。56分、右サイドを深く抉られると、グラウンダーのクロスをアスパスに決められ、先制点を奪われた。

    その後、さらに1点を奪われたエイバルは、最終スコア0-2で敗戦した。次節は28日、ホームでビジャレアルと対戦する。

    【スコア】
    セルタ 2-0 エイバル

    【得点者】
    1-0 56分 イアゴ・アスパス(セルタ)
    2-0 79分 マキシ・ゴメス(セルタ)
    2018-02-24_23h46_50
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180224-00720414-soccerk-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ