海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:エイバル

    1: 豆次郎 ★ 2019/08/04(日) 09:22:38.25
    8/4(日) 9:20配信
    エイバル乾が“復帰後初ゴール” 慣れ親しんだ戦術での一撃を現地評価「主役となった」

    デュッセルドルフとの練習試合でサイドハーフに入ると前半20分に同点ゴールを奪取

    今シーズン、リーガ・エスパニョーラのエイバルに復帰した日本代表MF乾貴士が、早速プレシーズンのトレーニングマッチで結果を残している。現地時間3日に行われたデュッセルドルフとの試合に先発出場し、前半20分に“復帰後初ゴール”を決めた。現地メディアである「エル・ディアリオ・バスコ」でもそのプレーぶりが伝えられている。

    昨季ベティスで出場機会に恵まれず、アラベスへと期限付き移籍した乾。3シーズンにわたって所属したエイバルに戻り、恩師とも言えるホセ・ルイス・メンディバル監督の下で再スタートを切っている。デュッセルドルフ戦では2列目のサイドハーフを任された。

    「ペドロ・レオンと日本人アタッカー、イヌイがそのポジションにおける主役となった」と2シーズン前までのシステムを踏襲したことに触れつつ、0-1と1点ビハインドの状況で迎えた前半20分のゴールシーンについて触れている。

    「ボールを持ち、ゲーム的にも支配して試合を作り直した。ペドロ・レオンが切れ込んで最後のエリアに入り込んだ後、こぼれ球をイヌイが詰め切った」

    エイバルは得意とするカウンターではなく、相手の陣形を左右に揺さぶるポゼッションから右サイドをえぐり、最後は乾がゴールを仕留めた。そのプレーぶりについて評価している。撃ち合いになった試合は結局2-3で敗れたものの、乾が早速結果を残したのは自身にとって、そしてエイバルにとっても大きな収穫だったのは間違いない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190804-00208472-soccermzw-socc
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/07/24(水) 23:02:44.57

    no title


    7月24日、ラ・リーガ1部のエイバルは日本代表MF乾貴士(31歳)の獲得を発表した。退団から1年で古巣に復帰することになった。

    契約は2022年6月までの3年間で、スペイン紙『AS』によると、移籍金は100万~200万ユーロ(1億2500万~2億5000万円)になるという。

    15年夏にフランクフルトからエイバルに加入した乾は、3シーズンに渡って主力としてプレー。18年夏にベティスへ移籍したが、キケ・セティエン監督の下で出番に恵まれず、今年の1月からはアラベスにレンタルされていた。

    そのアラベスへの完全移籍も取り沙汰されたが、選んだのは恩師ホセ・ルイス・メンディリバルが指揮を執る古巣への帰還だった。

    乾は所属事務所を通じて、次のようにコメントを発表している。

     
    「今日再び、エイバルに完全移籍することになりました!一度離れたクラブから、評価をしてもらいすごい嬉しいですし、また大好きな監督やチームメイトと刺激のある毎日を過ごせることに、今は本当にワクワクしています。エイバルを離れた一年間で得た経験をチームに還元し、新たな気持ちでより一層高みを目指して行きたいと思います。

    ラ・リーガ5シーズン目も、まずは自分自身がサッカーを思いっきり楽しみ、応援してくれる皆さんにも楽しんで貰えるよう頑張ります!最後に、この1年過ごした、ベティスとアラベスに感謝したいです!両クラブとも忘れがたい大事な経験でした。ありがとうございました!」

    勝手知ったエイバルで本来の輝きを取り戻せるか。日本屈指のドリブラーの新たな挑戦が始まる。

    7/24(水) 22:37 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190724-00061870-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/03/09(土) 22:53:52.46
    乾が2試合連続ゴールでメンディソローサのファンを魅了

    ラ・リーガ・サンタンデール第27節アラべス対エイバルの一戦が現地時間9日(土)13:00(日本時間21:00)からエスタディオ・デ・メンディソローサで開催され、1-1で引き分けた。

    元日本代表MFの乾貴士が2試合連続ゴールを決め、メンディソローサのファンを魅了した。

    前節のビジャレアル戦で今季初ゴールとなる決勝点を記録した乾は、この試合でも右サイドハーフで先発起用され、フル出場を果たした。また、この試合は乾にとって昨シーズンまで所属したエイバルとの古巣対戦となった。

    注目の乾の最初の見せ場は26分、ペナルティボックス内でパスを受け、得意な角度からシュートを放ったが相手DFにブロックされた。

    38分には、乾同様古巣対戦のアラべスFWボルハ・バストンがボックス内で強烈なシュートを放つがGKがセーブした。

    前半をスコアレスで折り返した両チームは、乾が49分に見せ場を作る。コーナーキックのサインプレーでボールを受けた乾は、右足を振り抜くがボールはわずかに枠を外れた。

    そして乾がホームスタジアムのファンの前で輝きを放つ。58分、相手CKからのロングカウンターからジョニーのスルーパスを受けた乾が、巧みなキックフェイントでキーパーを欺き先制点をもたらした。(1-0)乾の2試合連続ゴールはメンディソローサでの初ゴールとなった。

    失点を喫したエイバルは、バルセロナからローン移籍中のマルク・ククレジャを投入し攻勢を強める。リーガ4位のボール保持率を誇るエイバルは、71分にオレジャーナの折り返し途中出場のマルク・カルドナが決めて同点に追いついた。(1-1)
    エイバル監督のホセ・ルイス・メンディリバルの采配が的中した。

    試合はこのまま1-1で終了し、今季ホームのメンディソローサでは6勝5分1敗と無類の強さを見せるアラべスだがCLの出場権獲得に向け足踏みとなった。

    (文:SPORT)
    2019-03-09_23h05_52
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190309-00010016-sportes-socc

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/09/11(火) 12:11:09.09 ID:CAP_USER9.net
    今夏に新天地ベティスに活躍の場を移した乾貴士。開幕したラ・リーガで3試合連続出場を果たし、得点にこそ絡んでいないものの及第点以上の働きを見せている。
     
    そんな日本代表MFの前所属クラブが、言わずと知れたエイバルだ。2015年夏にわずか30万ユーロ(約3900万円)の移籍金でフランクフルトから移籍。丸3年でリーグ戦89試合に出場して11得点・10アシストを記録し、攻撃の急先鋒として活躍した。そのエイバルが、新たな日本人選手を物色中だという。地元紙『Estadio Deportivo』が報じている。
     
    「エイバルはタカシ・イヌイの恩恵を多分に授かった。彼はアジア市場でバスク地方およびエイバルの知名度向上に寄与し、イヌイの母国である日本では、バルセロナ、レアル・マドリーに次いで3番目に人気のあるスペイン・クラブとなったのだ。一枚70ユーロ(約9100円)のイヌイ・シャツは飛ぶように売れ、常にクラブ内で一番の利益を生んでいた。現在はベティスがその影響の大きさを実感しているだろう」

    さらに同紙は、現在もエイバルでスポーツディレクターを務めるフラン・ガラガルサのこんなコメントを引用している。
     
    「我々にとって、日本人選手の存在はピッチ内外で大きな意味を持っていた。イヌイの退団が決まってから、実は別の日本人フットボーラーを本気で獲りにいっていたんだ。残念ながら金銭面で折り合わずに断念したけどね。そこに加えて選手自体が、海外より国内でプレーすることを望んでいたようだ。いずれにせよ、諦めてはいない。今後もリクリートを続けるつもりだ」
     
    今夏のマーケットでは釣り上げられなかったが、冬には“ハポネス”がエイバルの地を踏むかもしれない。おそらくはJリーグクラブから、かつ日本代表に選ばれている選手だとすれば──。今後も動向をチェックしておく必要がありそうだ。

    9/11(火) 5:11 サッカーダイジェスト
    2018-09-11_13h11_01
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180911-00047006-sdigestw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/07/03(火) 19:45:13.27 ID:CAP_USER9.net
    サッカースペイン1部リーグ・エイバルのメンディリバル監督が、これまで3年間に渡って指揮してきたMF乾貴士について言及。来季からベティスでプレーする乾について「3年一緒にやっているが引き続きスペイン語はほとんど分からない」とコミュニケーションの面で問題があるとした。

    スペインのサッカー誌で語ったもの。メンディリバル監督は、乾について「技術的にフェノメノ(怪物)で、サイドアタッカーのポジションでは最高の選手」と大絶賛した。

    一方で、意思疎通が必要な場面では苦労したという。試合中に「もっと厚かましくプレーしろ!」と怒鳴ったが、乾は微笑みを返した。改めて監督が何を要求したか問いただしたところ、右サイドへ回るようにと誤解していたことが判明。チームメートが別の表現で指示を伝えたことで、ようやく理解したという。

    メンディリバル監督は「チームメートがお祝いなどで、バーベキューをするときにも乾はほとんど姿を見せなかった」としている。

    7/3(火) 19:13配信
    2018-07-03_20h36_46
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180703-00000114-dal-socc
    続きを読む


    43651_1112_999f8de7e16c6d983e6ab419040ac347

    1:Egg ★:2018/05/29(火) 06:31:26.64 ID:CAP_USER9.net
    スペインのスポーツ紙ムンド・デポルティボ(電子版)は、同国1部リーグのエイバルが今季限りで退団を表明した日本代表MF乾貴士に代わる日本選手獲得を目指していると報じた。

    候補には同MF香川真司、同FW岡崎慎司、同MF本田圭佑らの名前が挙がっているという。

    エイバルのゴロスティサ会長は会見で「乾のユニホームは選手の中で一番よく売れた」と好調な経営維持のため日本選手獲得の意向を明示。乾は同国のベティスへの移籍が報じられている。

    2018.5.29 05:01
    http://www.sanspo.com/soccer/news/20180529/spa18052905010002-n1.html
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/05/13(日) 09:26:33.62 ID:CAP_USER9.net
    5/13(日) 8:45配信
    乾、本拠最終戦で決勝点演出「宝物になると思う」

    <スペインリーグ:エイバル1-0ラスパルマス>◇12日◇エイバル

    MF乾貴士がエイバルのホーム最終戦で決勝点を演出し、ホームのサポーターに別れを告げた。

    前半5分、左サイドでこぼれ球を拾った乾が右足で鋭いグラウンダーのスルーパスをゴール前へ送ると、走り込んだFWオレジャナが反転しながら相手DFとGKをかわしラストパス。これをFWシャルレスが押し込んだ。「ぱっと見たらファビアン(オレジャナ)が中に入って来ていたので、そこにいいタイミングで出せました。いい長さで、思った通りのいいボールが出せたので。あとはうまくやってくれたんで、よかった」。エイバルはこの1点を守り抜いた。

    この日がエイバルのホームラストゲームとなった。「終わってみれば悲しいっていうより、楽しかった思い出が多かった。この3年間、このスタジアムでこのサポーター、この監督、このチームメートに恵まれたことっていうのはすごく自分にとって大きいこと。ここでできたことは多分、一生忘れないと思いますし、宝物になると思う。また違うステージには行きますけど、ここでやってきたことをまた違うところでもやれればいいかなと思っています」。

    試合後はバックスタンドから「INUI乾ありがとう」と日本語で書かれた横断幕をもらい、お返しにスパイクをプレゼント。チームメートからは胴上げされた。「逃げてたんですけどね、最初は。でも最後にバレて。でもやっぱり嬉しい。こういうことをやってもらえるとは思っていなかった」。

    20日の最終節はアウェーでのアトレチコ・マドリード戦。「しっかり最後も勝ちたい。マドリードまで来てくれるサポーターがいる。毎回アウェーでも遠くまで来てくれるサポーターがいる。そのサポーターに勝利を届けたい」と有終の美を誓った。

    乾は「せっかく海外に来ているなら、ましては自分がやりたかったスペインに来たのなら、ひとつのチームで終わるのは自分の中でもったいない」とエイバルを去り、新天地でチャレンジする決断を表明している。(山本孔一通信員)
    2018-05-13_14h14_56
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180513-00207151-nksports-socc
    続きを読む

    1:サイカイへのショートカット ★:2018/05/05(土) 21:56:44.14 ID:CAP_USER9.net
    乾貴士が1ゴール1アシスト!エイバルはEL出場権を争うジローナに快勝/リーガ第36節
    5/5(土) 21:51配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180505-00000029-goal-socc

    乾/Getty Images



    ■リーガ第36節 ジローナ 1-4 エイバル

    ジローナ:アダイ(54分)

    エイバル:キケ(9分、37分)、ジョルダン(80分)、乾(89分)

    5日にリーガ・エスパニョーラ第36節が行われ、エイバルは敵地モンティリビでジローナと対戦した。エイバルMF乾貴士は先発してフル出場している。

    ヨーロッパリーグ出場権獲得を争っているジローナとエイバル。直近7試合で獲得した勝ち点がわずか5ポイントというジローナに対して、エイバルは前節今季上位に食い込んでいるバレンシアに引き分けるなど調子を上げている。

    試合は9分に早々とスコアが動く。モヒカの中途半端なバックパスがルーズボールになり、中盤で乾とボルハ・ガルシアが競り合う。これを拾ったダニ・ガルシアがキケにラストパス。キケが左足のインサイドでシュートを流し込んだ。乾が体を張り、先制点の起点となる。

    失点を喫したジローナは猛攻に出る。22分、CKからフアンぺがヘディングで折り返し、ストゥアニが飛び込んだが、わずかに合わない。25分には、ポルトゥのスルーパスを受けたグラネイがペナルティーエリア内に入るも、シュートは右に外れた。

    エイバルは37分に追加点を奪取する。コテが蹴ったCKに、キケがヘディングを叩く。キケのこの試合2点目で、エイバルがジローナを突き放した。

    前半だけで2点のリードを奪ったエイバルだが、ジローナが54分に反撃の狼煙を上げる。CKからのサインプレーで、ボルハ・ガルシアのパスを受けたアダイが右足を振り抜き、ネットを揺らした。

    58分には、左サイドで乾が仕掛けてペナルティーエリア内でアダイに倒される。だが、主審の笛は鳴らず。PK奪取には至らない。

    それでもエイバルは80分に3点目を奪う。乾が中盤で相手選手に倒され、ファールをもらう。乾は素早いリスタートでジョルダンにパスを送り、ジョルダンがGKボノとの1対1を制してダメ押しのゴールを決めた。

    ここで試合は終わらない。仕上げを担当したのは乾だ。乾は89分、バイタルエリアで相手DFを背負ったキケから落としのパスを受け、コントロールしてから右足を振り抜く。GKボノを破り、エイバルに4点目をもたらした。

    エイバルはアウェーで快勝した。この結果エイバルは10位に、ジローナは9位に位置している。
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/30(月) 09:47:44.79 ID:CAP_USER9.net
    <スペインリーグ:バレンシア0-0エイバル>◇29日◇バレンシア

    MF乾貴士がエイバルを退団することを試合後に明言した。アウェーでのバレンシア戦に3試合ぶりに先発。左サイドで切れのあるプレーを見せ、後半には股抜きでペナルティーエリア内に進入してスタンドをどよめかせ、後半39分に退いた。

    スコアレスドローに終わったが、「勝ち点をとれたことはプラスにとらえて考えていいと思う」と前向きにとらえた。個人の出来については「体調崩してからは初の試合だったので最初のほうは体が重かったけど、徐々に良くなっていった。そんなに悪くなかったんじゃないかと思っている」と手応えを感じている様子だった。

    残りは3試合となったが「エイバルではこれがラストの3試合になる。終わりが迫ってくるというのは悲しいですけど、残り3試合をしっかりとやりきって少しでもいい結果を残したいなと思っている」とシーズン終了後に退団することを明言。「(13日の)ラスパルマス戦、ホームのサポーターの前でいいプレーを見せたい」と誓った。

    「どこのチームに行くかはまだ今はいえない。でも、自分のエイバルでの挑戦というのは今シーズンで終わりと自分自身で決めた。違うところで自分自身をまだまだレベルアップしたいと考えている。
    もう30歳になるけど、それでも30歳を超えてからレベルアップしてる選手達をいっぱい見てきた。自分もそういう風になりたいですし、そういう道を今回は選びました。

    エイバルで成長出来ないと言ったらそれは違う。エイバルでも十分に成長できた。ここでも成長できたと思っているけども、せっかくスペインに来て、海外でこうやってやれている。その中で1チームで終わるというのももったいないかなと思っている。難しい挑戦になるとは思うけどしっかり準備してやっていきたい」。エイバルを去り、新天地での挑戦にいたる胸の内をこう明かした。

    乾は野洲から07年に横浜F・マリノスに加入。08年からセレッソ大阪でプレーし、11年8月にドイツ2部のボーフム移籍。12年にはフランクフルトへ移籍し、15年からエイバルでプレーしていた。(山本孔一通信員)

    4/30(月) 7:45配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180430-00194314-nksports-socc

    写真
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/03/29(木) 20:37:55.21 ID:CAP_USER9.net
    ベティスは、やはりエイバルMF乾貴士獲得に迫っているようだ。スペイン複数メディアが伝えた。

    スペイン『アス』は、ベティスが来季に向けて乾とエスパニョールGKパウ・ロペスの獲得を決めたと報道。次のターゲットとして、レアル・ソシエダMFセルヒオ・カナレスを狙っていると報じた。スペイン『ABCセビージャ』も、『アス』同様すでにベティスが乾とパウ・ロペスを確保したと報じ、カナレス獲得に動いていると伝えている。

    乾は今季終了時にエイバルとの契約が満了する。エイバルは2年の契約延長オファーを準備していたようだが、乾はここまでのところ書類にサインしていない。そこにベティスが現れ、スペインの2クラブが乾争奪戦を繰り広げることになった。

    ベティスは3年契約に加え、フリーで獲得できる乾に高年俸を用意しているという。エイバルで定位置を確保している乾だが、直近のリーガエスパニョーラ第29節レバンテ戦では、移籍報道の影響か先発から外された。

    乾は2015年夏にフランクフルトからエイバルに加入した。今季リーガで28試合に出場して4得点を記録している。
    2018-03-30_00h17_38
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180329-00000036-goal-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ