海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:エジル

    1: Egg ★ 2019/12/19(木) 12:24:17.73
    アーセナルに所属する元ドイツ代表MFメスト・エジルが、サッカーゲーム『ウイニングイレブン2020』の中国国内版から削除されたようだ。イギリスメディア『BBC』が18日に報じた。

    敬虔なイスラム教徒であるエジルは、13日に自身のインスタグラムを更新し、新疆ウイグル自治区の現状について言及。中国政府と同国国内のイスラム教徒に対し批判的な見解を示し、中国国営放送『CCTV』がアーセナル対マンチェスター・C戦の放送を中止するなど大きな反発を招く事態となっていた。

    『BBC』によると、中国国内からのエジルへの批判の声は止まず、『ウイニングイレブン2020』を含む少なくとも3つのゲームタイトルからエジルのデータが削除されたという。

    中国で『ウイニングイレブン』シリーズを販売する網易(ネットイース)は以下のように声明を発表し、エジルを厳しく批判した。

    「エジル選手の投稿は非常に極端で偏った見方によるものだ。そしてそれは、中国のファンの気持ちを傷つけ、愛と平和のスポーツ精神を踏みにじった。我が社はこれを決して許容しない」

    『BBC』によれば、中国政府は国内でウイグル人イスラム教徒を弾圧していることを一貫して否定しており、「彼らは暴力的な宗教的過激主義者であり、それを是正するために『職業訓練センター』で教育を受けている」と主張しているという。

    12/19(木) 12:12配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191219-01010821-soccerk-socc

    no title

    続きを読む

    67784_ext_04_0

    1: 豆次郎 ★ 2019/12/15(日) 18:51:14.33
    12/15(日) 18:43配信
    産経新聞

    【北京=西見由章】サッカー、イングランド・プレミアリーグの強豪アーセナルに所属するメスト・エジル選手が、中国の新疆(しんきょう)ウイグル自治区での少数民族弾圧を自身のSNSで批判し、中国のサッカーファンが「主権の侵害だ」などと反発を強めている。国営中央テレビ(CCTV)は16日未明に放送予定だったアーセナルの試合中継を別の試合に差し替えた。

    エジル選手は13日にツイッターやインスタグラムにメッセージを投稿。中国国内で「コーランが焼かれ、モスクは閉鎖され、宗教学者は次々に殺されている」などと当局によるイスラム教徒への迫害を非難した。「東トルキスタン共和国」として同自治区の独立を目指す運動の旗も掲示した。エジル氏はトルコ系の元ドイツ代表MFで、自身もイスラム教徒だ。

    中国国内の反発を受けてアーセナルは14日、中国版ツイッター微博で「エジル個人の観点であり、アーセナルは政治には関わらない原則を堅持する」との声明を発表。だがファンからは「エジルを追放するまで試合は見ない」などと不満の声が上がっている。中国サッカー協会も一部メディアに「極めて大きな憤りと失望」を表明した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191215-00000532-san-cn

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/07/26(金) 14:46:18.17
    現地時間25日、アーセナルのドイツ代表MFメスト・エジルとボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表DFセアド・コラシナツが北ロンドンの路上で乗車中、ナイフを持った車強盗に襲撃された。『BBC』など複数メディアが伝えている。

    事件が起きたのはロンドン北部ゴールダーズ・グリーン地区で、エジルが運転していた車がバイク集団に囲まれ、2人組に襲われた。ここで、勇敢な振る舞いを見せたのが同乗していたコラシナツだった。武装した犯人2人組はともに刃物を持っていたが、助手席から飛び降りたコラシナツは素手で立ち向かった。

    犯人が逃走したこともあり、幸いコラシナツとエジルに怪我はなかった。コラシナツが犯人に立ち向かい、撃退した姿は防犯カメラの映像におさめられ、SNSで拡散されている。コラシナツの格闘中にエジルは車を出し、そのまま近くのトルコ料理店に逃げ込んだ。2人組はまだ逮捕されていないという。
    2019-07-26_15h02_08
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190726-43469686-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: みつを ★ 2019/05/20(月) 22:06:30.36
    2019-05-20_23h10_50
    https://www.afpbb.com/articles/-/3225855?act=all


    エジルがトルコ大統領の夕食会参加、過去に母国ドイツで批判も
    2019年5月20日 16:06 
    発信地:アンカラ/トルコ [ トルコ 中東・北アフリカ ドイツ ヨーロッパ ]

    【5月20日 AFP】サッカー元ドイツ代表のメスト・エジル(Mesut Ozil)が18日夜、トルコのレジェプ・タイップ・エルドアン(Recep Tayyip Erdogan)大統領との夕食会に出席した。エジルは過去にもエルドアン大統領と面会したことが問題視されてたびたび物議を醸しており、再び批判の的になりかねない事態となっている。

    イングランド・プレミアリーグのアーセナル(Arsenal)に所属するエジルはこの日、トルコ・イスタンブールのドルマバフチェ宮殿(Dolmabahce Palace)で行われたイフタールの夕食会に参加した。イフタールとは、イスラム教の断食月「ラマダン(Ramadan)」の日没後の食事のこと。

    トルコメディアで報じられた写真では、エジルがエルドアン大統領の両横を婚約者のアミネ・ギュルシェ(Amine Gulse)さんと挟む形で座り、笑みを浮かべる姿が確認された。

    別の写真では、エジルと元ミス・トルコのギュルシェさんがエルドアン大統領と同じ部屋で座っている写真が捉えられている。またこの場には、トルコ大統領府通信局のファフレッティン・アルトゥン(Fahrettin Altun)局長も同席していた。

    トルコにルーツを持つエジルは3月、夏に予定している結婚式にエルドアン大統領を招待したことを受け、批判を浴びた。エジルは昨年にも大統領と写真を撮影したことで物議を醸し、その時はドイツ国内で人種差別の被害に遭っている。

    2018年5月にエルドアン大統領と面会して以降、ドイツへの忠誠心を疑問視されたエジルは、昨年のW杯ロシア大会(2018 World Cup)で惨敗した後に代表チームを引退。ドイツサッカー連盟(DFB)の中で人種差別があったと訴えたが、連盟側は否定していた。(c)AFP

    続きを読む

    1: pathos ★ 2018/12/29(土) 16:01:32.14 _USER9
    プティ氏も30歳レフティーの現状に厳しい評価 「世界屈指のエジルはどこへ行ったんだ」

    アーセナルの元ドイツ代表MFメスト・エジルは、2018年ラストゲームとなる現地時間29日の敵地リバプール戦の遠征メンバーから外れた。低調なパフォーマンスが続き、批判にさらされている司令塔に対し、クラブOBでもある元フランス代表MFエマニュエル・プティ氏も「この2年間は幽霊だ」などと苦言を呈した。英紙「デイリー・エクスプレス」が報じている。

    エジルは試合前日の練習には参加していたようだが、膝の痛みを訴えたために遠征メンバーから外れたと報じられている。前節のブライトン戦(1-1)では前半のみの出場でベンチに下がり、ウナイ・エメリ監督は「戦術的な理由」としていた。

    このところの低調なパフォーマンスと出場機会の減少から、冬の移籍市場で新天地を求めるのではという報道が盛んになっているエジル。首位リバプールとの大一番は負傷欠場のようだが、去就に関わる憶測がさらに加速する材料となりそうだ。

    同紙では、元フランス代表MFプティ氏のエジルに対するコメントを紹介。同氏は「私はエジルの大ファン」と語る一方で、「しかし、この2年間は幽霊だ」と近年は求められているプレーができていないと厳しい評価を与えている。

    「いくつものアシストやゴールを重ね、世界でも屈指の選手だったエジルはどこへ行ったんだ。私は彼がピッチ上での欲望を失っているように思うよ」

    セリエAインテルやトルコのバシャクシェヒルといったクラブへの移籍が噂されるエジル。30歳のレフティーはアーセナルで本来の輝きを取り戻すことができるのか。それとも、このままチームを去ることになってしまうのだろうか。
    2018-12-29_16h30_52
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181229-00157804-soccermzw-socc

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/11/14(水) 15:47:29.47 ID:CAP_USER9.net
    アーセナルに所属する元ドイツ代表MFメスト・エジルがアジアからの“クレイジーオファー”を断っていたことを代理人が明かした。英『フォー・フォー・トゥー』が伝えている。

    エジルは今年2月、アーセナルと2021年までの3年間にわたる延長契約を結んだが、交渉が難航していた期間に記録的な額のオファーを受けていたことが明らかになった。

    代理人のエルクト・ソグト氏によると、エジルはアジアのクラブから週給100万ポンド(約1億4800万円)というオファーを断っていたという。同氏は「アジアから巨額のオファーがあった。クレイジーなオファーだった」とスタンダード・スポーツに語った。

    しかし、エジルにとって金額は重要ではなかったようだ。代理人は「もちろん金額は重要な決め手のひとつとなるが、サッカーの能力も契約交渉をする上で外せない条件だ」と説明。

    エジルがオファーを断った理由としては、「他のクラブと契約することは自由だったが、メストはクラブを愛している。彼は『ここが僕の家だ。ここにいたい」と言ったんだ」と、クラブへの愛情が強かったことを明かした。
    2018-11-14_16h46_55
    11/14(水) 15:01配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181114-05256292-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/11/08(木) 23:23:26.97 ID:CAP_USER9.net
    アーセナルのMFメスト・エジルは誹謗中傷をする人間に対して、ある考えを持っていると明かした。

    現在30歳の司令塔はドイツ代表としてブラジル・ワールドカップで優勝を果たし、所属するアーセナルでも毎年チームをけん引する活躍を見せている。そんなエジルだが、スポンサーやメディア、ファンの一部から人種差別的な扱いをされていると度々訴えてきた。そのような声に対し「興味がない」と『デイリーメール』のインタビューで語った。

    「僕のことを好きな人もいる。そして僕のことを嫌いな人がいることは知っている。人生においてこれは事実なんだ。僕にとっては身内の言葉が最も重要だよ。外にいる人間が何を言おうが関係ないね。それが僕に影響を与えることはない」

    「もし監督や身内の人間が『メスト、君はこれをしなければならない』と言えば、僕は話を聞く。その通りに動くよ。だけど他の誰かが何を言っても聞かないね。なんの影響もない」

    「個人的には、今うまくいっているよ。だけど最も大事なことはチームがうまくいっているかどうかだ。どの監督もそれぞれの戦略や哲学を持っている。僕たちはそれに順応することができる」

    プレミアリーグで5位につけているアーセナルは、今週末に11位のウォルバーハンプトン・ワンダラーズとホームで対戦する

    11/8(木) 22:00配信 
    2018-11-09_08h32_10
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181108-00010008-goal-socc
    続きを読む

    1:3倍理論 ★:2018/07/24(火) 20:08:46.01 ID:CAP_USER9.net
    仲間からはエジルへの感謝や賛同がの声が寄せられている

    ドイツ代表からの引退を発表したMFメスト・エジルに対して、ジェローム・ボアテングや、ユリアン・ドラクスラーなどがコメントを寄せている。英公共放送『BBC』、独老舗のスポーツ誌『kicker』など複数のメディアが報じた。

    エジルは22日、自身のSNSでドイツ代表からの引退を発表。その背景には、ロシア・ワールドカップ開幕前、政治的弾圧などで国際的に批判を浴びているトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領と写真を撮り、自身のルーツを前面に押し出したことが批判の対象になったと明かしていた。

    エジルに対する反応は様々だ。

    代表で共にロシア・ワールドカップを戦ったドラクスラーは、自身のSNSを更新している。

    「ブラザー、メスト。君のテクニックやサッカースタイルが、僕のような選手でもドイツ代表に選ばれる扉を開いてくれた。あなたがドイツとドイツ・サッカーのためにしてくれたことすべてに感謝している。どうか自分を誇ってほしい」とメッセージを送った。
     一方、ボアテングは「君は私の友人だ、ブラザー」とだけ、ツイッターに投稿。エジルが所属するアーセナルの同僚、エクトル・ベジェリンは「ピッチの上で、国のために多くのことを行なう誰かが、無礼に扱われているのが現実だ。彼の行動は、そういった人々のためのものだ」と、エジルの声明を全面的に支持する声を上げている。

    そしてドイツとトルコ、両政府関係者も声を挙げている。

    ドイツのアンゲラ・メルケル首相は、「エジル選手はドイツに貢献してきた選手であり、その選択を尊重します」と、スポークスマンを通じてコメントした。

    対してトルコ大統領のスポークスマンは、「非常に熟練した選手は、エルドアン大統領との会合について、合理的な説明を提供したはずだ。彼がこの声明を出すように“強いられた”と感じている」と、暗にドイツ側をけん制している。

    トルコ側はほかにも、アブドゥルハミット・グール司法長官が「エジルはファシズムのウイルスに向かい最も美しいゴールを決めた」と称賛。メフメット・カサポグル青少年大臣は、「我々の兄弟であるエジル選手が名誉ある立場を維持していることを、心から敬っている」と語った。

    一方で、エジルに対する批判的な意見も根強い。

    ドイツ全国紙の『Bild』は、「エジルとその仲間ギュンドアンは、トルコの最高責任者と笑顔で会いながらも、ドイツ代表としてプレーする。ドイツとトルコ双方の価値観に反した行ないをしている」と批判した。

    さらにバイエルンのウリ・ヘーネス会長は、「騒動が終わったことをうれしく思う。エジルはここ数年、ひどいプレーばっかりだったろう。活躍していたのは14年のW杯前じゃないか」と一蹴している。

    国内外で賛否が渦巻く混沌とした状況のなか、ドイツ紙『Die Welt』は、ドイツ代表のユニホームを着用することは「移民という背景を持つ若者のためのロールモデルだ」と提言している。

    「ドイツは、若者の将来への期待を明確にするべきだ。文化を行き来するすべての選手が実現できるかどうかを、決定しなければならない。ドイツのパスポートで他国のジャージを着用する人々を受け入れているのだから、責任があるだろう」と言及した。

    エジルの発信に端を発した今回の騒動。今後のヨアヒム・レーブ代表監督の発言やドイツ・サッカー連盟(DFB)の対応にも注目が集まりそうだ。
    2018-07-24_21h47_33
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180724-00044480-sdigestw-socc&p=2
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/07/23(月) 23:12:04.51 ID:CAP_USER9.net
    バイエルン・ミュンヘンのウリ・ヘーネス会長は、先日ドイツ代表からの引退を発表したメスト・エジルを酷評している。ドイツ誌『シュポルト・ビルト』がコメントを伝えた。

    エジルは22日、自身のツイッター上でドイツ代表からの引退を発表。その背景にはロシア・ワールドカップ開幕前に、人権問題などで国際的に批判の浴びているトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領と写真を撮ったことに対する自身への批判があると明かしていた。

    ドイツ代表として長く活躍してきたエジルだが、バイエルンの会長が掛けたのは労いの言葉ではなく、辛辣なものだった。

    「悪夢が終わってくれて嬉しいよ。彼はここ数年間はクソみたいなプレーをしていた」

    そして問題の写真を引用し、「彼が最後に優勝したのは2014年だ。そして今はこの写真の後ろに隠れている」と引退の言い訳にしているだけだと主張。さらには、アーセナルMFのフォロワーが偽アカウントであるかのような根拠不明なコメントも残している。

    「彼の3500万人のフォロワー(もちろん、実際の世界には存在していないが)は『エジルはピッチ上では素晴らしいプレーをしていた』と言っているが、エジルは数年間、代表チームで何もしていない」

    7/23(月) 17:38配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180723-00000022-goal-socc

    写真


    続きを読む

    1:Egg ★:2018/07/23(月) 09:12:12.05 ID:CAP_USER9.net
    アーセナルに所属するMFメスト・エジルがドイツ代表からの引退を表明した。エジルはツイッター(@MesutOzil1088)に3部構成した長文を投稿。人種差別への失望や怒りの告発とともに発表している。

    エジルは2009年にA代表デビュー。通算92試合に出場して23得点を決めた。ただエジルも出場した今夏のロシアW杯で、ドイツは屈辱のグループリーグ最下位での敗退。エジルにはW杯前にあった“エルドアン写真問題”に関する国内での論争が再燃していた。

    ツイッターでエジルはまず、その批判が強まっているW杯前にロンドンでトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領と写真を撮り、SNSにアップしたことを弁明。ドイツメディアの間では、人権問題などで批判される同大統領の政権を支持していると受け取られていた。エジルはトルコ系の移民の三世。

    そして第2部ではそのメディアを批判。「メディアが幾度となく、僕が2つの国のルーツをもつことについて悪意をもって伝えている。そしてたった1枚の写真を、ドイツ代表全体のW杯の失態理由のようにしている」。さらにその不満は一部スポンサーにも飛び火している。

    最後の第3部ではドイツサッカー連盟(DFB)のラインハルト・グリンデル会長を痛烈批判。

    「会長は僕が一度ちゃんと説明しないといけないとの旨を話した。チームの不甲斐ない成績を僕の責任にしてね。もう彼の無能さによるスケープゴートになるのはこりごりだ」

    「僕はあなたの行動に失望しているが、驚きはない。なぜなら2004年にあなたが国会議員だったころに『多重国籍は夢物語の虚像だ』と言っていた。そして二重国籍法案に反対票を投じた。それは決して許されないし、忘れることはない」

    そしてエジルは「もうドイツ代表のユニフォームを着ることは出来ないし、望まれているとも感じない。2009年のAマッチデビューからこれまでのことが忘れ去られたかのようだ。僕はこれまで、ドイツ代表のユニフォームに誇りと感激を感じながらプレーしてきた。でも今は違う。この判断はとても難しいものだ」と失望を語った。

    7/23(月) 7:35配信 ゲキサカ
    2018-07-23_10h05_25
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180723-01656465-gekisaka-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ