海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:エジル

    1:pathos ★@\(^o^)/ :2017/09/21(木) 17:30:47.86 ID:CAP_USER9.net
    17日に昨季王者チェルシーとアウェイで対戦したアーセナルはメスト・エジルが怪我で欠場、エースのアレクシス・サンチェスもベンチスタートだった。近年のアーセナルにおいてスーパースターだった2人がスタメンから外れることはマイナスなはずだが、意外にもアーセナルのサポーターの反応は良かった。

    特にターゲットになったのがエジルだ。エジルはアーセナルの中で最もテクニックのある選手の1人で、攻撃の質を大幅に高めてくれる。しかし英『Daily Mirror』によると、サポーターからはエジル不在の方が良い戦いをしているとの声が挙がっているようなのだ。

    チェルシー戦を見たサポーターからは、「アーセナルは非常に上手くやって勝ち点3に近づいた。なぜならエジルがピッチにいないからだ」、「誰もエジル不在に気付かなかった」、「エジル不在の方がチームはアグレッシブでエネルギッシュだ」といった声が挙がっており、エジルの代わりに右サイドに入ったアレックス・イウォビの方が走ってくれていたとの意見だ。

    英『sky SPORTS』によると、解説を務めるガリー・ネビル氏も「ヴェンゲルはタレントのネームバリューではなく選手の態度やハードワークでスタメンを選んだ。イウォビとウェルベックはリヴァプール戦でエジルとサンチェスがやらなかったことをやっていた」と語っている。エジルやサンチェスの方がアイディアは豊富だが、ハードワークの面でイウォビらの方を評価している。

    また同メディアのアンケートでも、「エジル抜きのアーセナルの方が良いか?」との問いにサポーターの63%がYesと答えている。サポーターはチェルシー戦の内容に一定の手ごたえを感じており、エジルにはやや逆風が吹いている。エジルの上手さは誰もが知るところなのだが、再びサポーターの信頼を取り戻せるか。
    GettyImages-844960508-1-min
    http://www.theworldmagazine.jp/20170918/01world/england/179951
    上昇傾向のアーセナルに渦巻く疑問――エジルは本当に必要か?
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170921-00030211-sdigestw-socc&p=3
    続きを読む

    1:pathos ★@\(^o^)/ :2017/09/07(木) 14:54:14.09 ID:CAP_USER9.net
    「エジルの守備面での貢献は何も無い。アウェイでの彼は単なるお荷物だ」 ジェラードの発言に同調

    またしても寡黙なアーティストはレジェンドからの叱責を受けることとなった。かつてバイエルン・ミュンヘンやボルシアMGで活躍した英雄シュテファン・エッフェンベルグ氏が、アーセナル司令塔の振る舞いを非難している。

    エマニュエル・プティ氏やイアン・ライト氏に続き、“ドイツの虎”もまたメスト・エジルのメンタリティーがお気に召さないようだ。エッフェンベルグ氏は、スティーブン・ジェラード氏による「エジルの守備面での貢献は何も無い。アウェイでの彼は単なるお荷物だ」との糾弾を援護射撃。「ジェラードの発言を否定することは不可能」だと述べ、『T-online』にてアーセナルMFへの説教をスタートさせた。

    「私はこれまでに何度もエジルの試合を見て、『もっとやれるはずだ』と怒ってきた。昨季のバイエルン・ミュンヘン戦でもそうだったね。彼はドイツにいる多くの人間を失望させたし、そこにはヨアヒム・レーブも含まれるよ。エジルはジェラードの言葉を真摯に受け入れ、理解しなければならない。10月には29歳になる。もう20歳じゃないんだ」

    エジルのメンタル面における課題が叫ばれるのは、もはや恒例行事となりつつある。なぜならその声はレアル・マドリード時代にも多く噴出しており、エッフェンベルグ氏にとっては我慢の限界だろう。

    「一体、何年待てばエジルは精神面での向上を遂げるんだ。皆、彼が改善することを期待してきたが、それは無意味だったね」

    多くの実績を上げてきた英雄が指摘する以上、エジルは何らかの答えを示す必要があるのかもしれない。
    c71d29ee03af14f984aaec491bdfe5ae
    http://www.theworldmagazine.jp
    続きを読む

    1:pathos ★@\(^o^)/:2017/09/04(月) 21:32:10.48 ID:CAP_USER9.net
    バルセロナはこの夏の移籍市場で、エースのFWリオネル・メッシの希望に沿わない選手2人の獲得を見送ったという。スペインメディア『ドン・バロン』が3日付で伝えている。

    その一人目は、レアル・ソシエダに所属するスペイン代表DFのイニゴ・マルティネス。メッシは同選手の加入が、友人であるハビエル・マスチェラーノのポジションを脅かすことになると考えて獲得に難色を示したとされている。メッシとともにアルゼンチン代表としてロシア・ワールドカップ出場を目指すためにも、マスチェラーノが出場機会を失うことは望まなかったという。

    続いてバルサは、アーセナルのドイツ代表MFメスト・エジルの獲得も検討したとのこと。だがメッシはエジルがチームにとって良い補強だとは思えないという考えをクラブに伝え、結局バルサは宿敵レアル・マドリーの「元10番」の獲得を見送ったとのことだ。

    バルサの補強にも強い影響力を持つとみられるメッシが獲得を望んでいたとされる選手は、パリ・サンジェルマンのアンヘル・ディ・マリアやユベントスのパウロ・ディバラ、リバプールのフィリッペ・コウチーニョなど。だがいずれの選手もバルサへの加入が実現することはなかった。
    20170904_ozil_getty
    フットボールチャンネル編集部
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170904-00229751-footballc-socc
    続きを読む

    1:数の子 ★@\(^o^)/:2017/08/22(火) 13:22:04.01 ID:CAP_USER9.net
    2017-08-22_15h36_52
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170822-00631208-soccerk-socc


    19日に行われたプレミアリーグ第2節のストーク戦の後、アーセナルのドイツ代表MFメスト・エジルをめぐるツイッター上でのアーセナルファンとストーク市警察のやり取りが話題となっている。20日付のドイツ紙『ビルト』が伝えた。

    第1節でレスターとの打ち合いを制し、開幕2連勝を狙って敵地に乗り込んだアーセナル。しかし、47分にストークに先制を許すと、猛攻に出たもののゴールを奪えずに0-1と完封負けを喫した。

    攻撃の軸として活躍が期待されたエジルも見せ場を作ることができず、試合を観戦した元イングランド代表MFのスティーヴン・ジェラード氏からは、「エジルは世界でトップクラスの才能を持っているが、それを十分に発揮しきれていない。アウェイゲームでの彼の存在はチームにとって負担になっている」と名指しで批判された。

    試合後にはアーセナルファンが、格下と目されたストークに負けたことを自虐的に表現し、ストーク市警察のアカウントに「強盗事件が発生しました」とツイート。すると同警察は「返信が遅れてしまって申し訳ないです。行方不明だった人を探していて、忙しかったのです。その行方不明者の苗字は“エジル”と言います。誰か、彼を見かけた方はいませんか」とジョークで返している。

    エジルの低調なパフォーマンスに対する皮肉が込められたストーク市警察の返信は、すでにリツイート数が1万件近くに達するなど大きな話題を呼んでいる。

    アーセナルの次節は、ホームでのリヴァプール戦。エジルは同試合で活躍を見せ、“名誉挽回”を果たすことができるだろうか。
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/07/07(金) 02:24:45.33 ID:CAP_USER9.net
    最高のひと時を過ごす

    完璧な容姿と抜群のスタイルが、メスト・エジルの視線を独占している。イングランドの名門アーセナルでイマジネーション豊かなフットボールを牽引する男は今、あまりにもホットな夏を過ごしているようだ。

    2016-17シーズンは32試合に先発出場し、ゴールやアシスト、そして巧みなゲームメイクをも担ってしまう魔術師エジルだが、現在は極上の美貌を誇るフィアンセ、アミーネ・グルゼさんと共に束の間の休暇を楽しんでいる。

    グルゼさんはそのあまりにも美しい顔立ちにより、2014年度のミス・トルコを受賞。現在はドイツ最高のフットボーラーを携え、世界中から羨望の眼差しを受け続けていることは言うまでもない。

    英紙『Daily Mail』はそんなセレブな2人がサマーバケーションを満喫中だと報じ、行き先は定かでないものの、“温暖な気候”のエリアへ赴き、英気を養っていると伝えた。

    エジル自身もSNS上に彼女とのセルフィーを掲載するなどし、ピッチ上ではなかなか見られない柔らかな笑顔をファンに届けると、「こんな美人は見たことがない」「とてつもない美人とカネ、他にエジルに必要なものはあるか?」などのコメントが寄せられている。

    所属するアーセナルとの契約満了が近づき、他クラブへの移籍も視野に入れているとされるエジル。もちろん彼がどこへ行こうとも、その隣には心強い“トルコNo.1”が付いており、その挑戦を大きく後押しすることになるだろう。

    2017年07月05日(水) 12時48分 THE WORLD
    http://www.theworldmagazine.jp/20170705/01world/england/139272

    写真




    【サッカー】<アーセナル>68億円+αでラカゼットの獲得を発表!クラブ史上最高額を更新
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1499296727/
    続きを読む

    1:THE FURYφ ★@\(^o^)/:2017/04/17(月) 17:36:44.96 ID:CAP_USER9.net
    イングランドのアーセナルでプレイするドイツ代表MFメスト・エジルが、中国から届いた巨額のオファーを断っていたと明かし、その経緯を説明している。

    アレクシス・サンチェスと共にアーセナルからの退団が連日のようにメディアを騒がせているエジル。多くのメガクラブが同選手に関心を示しているとされるが、極東から提示された1億ポンドもの破格オファーは代理人を通してすぐさま断ったと話している。英紙『THE Sun』がエジルの新たな自伝に記された内容を引用し、伝えた。

    「去年の夏に中国からとんでもなく馬鹿げたオファーが届いた。彼らは僕に5年間で総額1億ポンド(約135億円)支払う準備をしていたよ。僕の想像を遥かに超えるおとぎ話のような金額だ。それでも僕はこのオファーを拒絶するのに3分もかからなかったね」

    彼は135億円よりもアーセナルでのタイトル争いを選んだと話す。

    「代理人が僕に電話してきてそのオファーの存在を教えてくれた。僕はキャリアが終焉に近付くまではどこにも行かないと返事したんだ。アーセナルというクラブでタイトルを獲得したかったんだよ。中国がこの僕にいくら大金を積んだところで、僕はあそこでやる気はないね。絶対にあり得ない」
    2017-04-17_17h55_30
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170417-00010015-theworld-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/03/13(月) 17:57:34.70 ID:CAP_USER9.net
    アーセナルに所属するドイツ代表MFメスト・エジルがドイツ紙『ビルト』のインタビューに応え、同クラブでUEFAチャンピオンズリーグ(CL)を制覇することが目標だとコメントした。引用して12日付けのイギリス紙『メトロ』が報じている。

    エジルとアーセナルの契約は来シーズンで切れるため、同選手の去就に関しては様々な憶測が述べられてきた。現時点では延長の発表はなく、今夏の移籍も噂されている。

    しかしエジルはドイツ紙『ビルト』のインタビューで、「アスリートたるもの、決して満足することはない。いつか、アーセナルでチャンピオンズリーグを獲りたいんだ」とコメント。同クラブはすでに今シーズンのCLから敗退しており、契約を延長しない限り来シーズンがラストチャンスとなる。

    その新契約に向けた交渉に関してもエジルはコメントしており、「今もオープンだよ。アーセナルの首脳陣とも何度か話し合ったんだ」と延長に向け前向きな姿勢を示した。その上で「でも、僕は今のシーズンに集中したいと考えている。それは首脳陣も同じなんだ」と、シーズン終了まではプレーに専念する考えを明らかにしている。

    エジルは2013-14シーズンにレアル・マドリードから加入し、司令塔として躍動。クラブがプレミアリーグで2位となった昨シーズンには、歴代2位となる19アシストを記録してクラブ年間最優秀選手にも選出された。退団が報じられるチリ代表FWアレクシス・サンチェスとともに、その動向に注目が集まっている。
    2017-03-13_19h04_28
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170313-00562421-soccerk-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/11/09(水) 19:42:55.64 ID:CAP_USER9.net
    元プロサッカー選手で、現在はラジオなどに出演し、活躍しているジェイソン・カンディー氏は、アーセナルMFメスト・エジルへの評価が高すぎると話した。『フットボール・ファン・ゾーン』が伝えている。

    世界屈指のアシストキングとして知られるエジルは今シーズン、得点能力も開花させている。ここまで公式戦14試合で7ゴールを挙げ、チームの好調を支えている。しかし、カンディー氏はこの左利きのテクニシャンに対して、そこまで高い評価は与えていない。

    「軽はずみにものを言いたくはないけど、アーセナルのエジルはプレミアリーグで最も過大評価されている選手の一人だ。ファンは毎週、彼に興奮し、どれだけ素晴らしいかを僕に言ってくるんだ。しかし、彼はワールドクラスではない。ワールドクラスというのはルイス・スアレスのような選手だ。彼を基準としたらエジルを同列には語れないだろう」

    続けて、エジルが3日に行われたルドゴレツ戦で見事なスーパーゴールを挙げたことについても言及している。

    「僕らはエジルがルドゴレツ戦で美しいゴールを決めたために、彼に頭を下げなければならなかった。ただ、アーセナルはなぜブルガリアの“農民”に2-0でリードされていたんだ?」

    さらに、現役時代はチェルシーやトッテナムでプレーしたカンディー氏は「エジルはワールドクラスどころかクラブの中でも一番ではない。サンチェスのほうが重要な選手だし、エジルはチェルシーに行けばどのポジションでも出場できないだろう」と厳しい評価を下している。
    2016-11-09_21h58_48
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161109-00010001-goal-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/08/12(金) 20:13:37.14 ID:CAP_USER9.net
    アーセナルに所属するドイツ代表MFメスト・エジルが、古巣であるレアル・マドリードへの復帰を希望している模様だ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が12日に報じている。

    報道によると、エジルは2018年6月30日までアーセナルとの契約を残しているものの、同クラブとの契約を延長する前に他の選択肢を検討することを望んでいる模様。同選手が視野に入れているのは、2012-13シーズンまで所属したレアル・マドリードへの復帰だ。同メディアは、エジルがサンティアゴ・ベルナベウ(レアル・マドリードの本拠地)へ帰還する可能性を探っていると報じた。

    またドイツ紙『ビルト』によれば、エジルはレアル・マドリードで“やり残したこと”があると考えている模様。具体的な時期については言及されていないが、今後の選択肢としてレアル・マドリードへ復帰する可能性を考慮しているようだ。

    エジルは1988年生まれの27歳。2010年8月にブレーメンからレアル・マドリードへ移籍し、3シーズンに渡ってプレーした。加入2年目からは背番号「10」を着用し、在籍中にリーガ・エスパニョーラとコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)を各1回制している。2013年9月にアーセナルへ移籍。昨シーズンはプレミアリーグで35試合出場6ゴールを記録した。
    2016-08-12_21h24_48
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160812-00479061-soccerk-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/06/29(水) 16:00:55.85 ID:CAP_USER9.net
    『キャプテン翼』の大空翼が描かれているシンガード(すねあて)を愛用していることで知られているドイツ代表MFメスト・エジル。

    ドイツ誌『シュポルト・ビルト』では先週、"エジルのコミックス秘話"と題した記事を掲載。そこには、エジルが“大空翼デザイン"シンガードの画像を記者に見せている様子が伝えられ、大空翼とは日本のアニメの主人公であることが説明されている。

    そのシンガードについて、エジルは「これは(2014年)ワールドカップ後にアーセナルに戻ったときにつくってもらった」と説明。また、「当時まだアーセナルでプレーしていたポルディ(現ガラタサライFWルーカス・ポドルスキ)の仲間がこういうのを手配してくれるんだ」とも明かしている。

    さらに『シュポルト・ビルト』の記者でありエジルの取材を担当したクリスティアン・ファルク氏は後日、自身のブログでエジルの『キャプテン翼』愛にまつわる裏話を"暴露"。同選手との取材について「最初の話題はいつもキャプテン翼だ」と明かした。

    過去にもサッカー界の歴代の10番に関する話題になった際、エジルは大空翼を挙げ「子供の頃、いつも日本のアニメ番組『キャプテン翼』を観ていたんだ。彼はプレーメーカーで10番を着ていたよ」と語ったという。その理由から自身もユース時代は常に背番号10を選んでいたとも明かしたそうだ。

    レアル・マドリーでは加入2年目の2011-12シーズンから10番のユニフォームに袖を通したエジル。現在所属しているアーセナル(11番)やドイツ代表(8番)では、大空翼と同じ背番号をつけていないが、いつの日か憧れの存在に再び近づくことになるのだろうか?
    2016-06-29arsenalozil_dgmdebxv42cv19gazedusfcx3
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160629-00000014-goal-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ