海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:エルシャーラウィ

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/04/05(火) 22:15:20.71 ID:CAP_USER*.net
    今季初の逆転負けに落ち込むミランの幹部は、他クラブの試合結果を見て悔やんでいるかもしれない。かつてミランのユニフォームを着た多くの選手たちが、週末の試合でゴールを決めたからだ。イタリア『メディアセット』が報じている。

    ミランは3日のアタランタ戦で、今季初の逆転負けを喫した。7位サッスオーロに勝ち点1差と迫られ、シニシャ・ミハイロビッチ監督は強制合宿を行うと決定。シルヴィオ・ベルルスコーニ名誉会長が、シーズン終了を待たずに指揮官を解任するとの報道も浮上している。

    ローマFWステファン・エル・シャーラウィの好調を悔やむミランファンの声は少なくない。3日のローマダービーでも、エル・シャーラウィは先制点を挙げ、4-1の快勝に貢献した。エル・シャーラウィはローマ移籍後、リーグ戦9試合で6得点をマークしている。

    1月にジェノアへレンタルで手放したMFスソも、3日のフロジノーネ戦でハットトリックの大活躍。ジェノアを4-0の勝利に導いた。イタリアでは、サッスオーロDFフランチェスコ・アチェルビやキエーヴォMFヴァルテル・ビルサもネットを揺らしている。

    国内だけではない。チェルシーでのデビュー戦で1ゴールを挙げ、3得点に絡む活躍を見せたFWアレシャンドレ・パトも、元ミランの一人。イングランドでは、スウォンジー・シティFWアルベルト・パロスキもストーク・シティ戦でチームに勝ち点1をもたらす同点弾を挙げている。

    ボルシア・ドルトムントFWピエール=エメリク・オーバメヤンも、ミランのユースに在籍していた。今では欧州のビッグクラブが関心を寄せるストライカーに成長した彼も、2日のブレーメン戦で先制点をマークしている。

    フランスでは、パリ・サンジェルマンFWズラタン・イブラヒモビッチがハットトリックを達成し、今季30得点の大台を突破。スペインでも、アトレティコ・マドリーFWフェルナンド・トーレスがベティス戦で先制点を挙げ、5-1の大勝のきっかけをつくった。オランダでも、PSVのMFマルコ・ファン・ヒンケルが2ゴールを挙げている。

    大西洋を渡ってアメリカ大陸でも、元ミラン選手が活躍している。オーランド・シティMFカカーは、ポートランド・ティンバース戦で1ゴール2アシスト。アトレティコ・ミネイロFWロビーニョも、ハットトリックで7発大勝に貢献した。

    もちろん、先週末の結果だけで、ミラン上層部の補強戦略が間違えていたと断じることはできない。だが、元選手たちの躍動ぶりに、ほぞをかむ思いなのではないだろうか。
    2016-04-06_07h13_05
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160405-00000006-goal-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1459862120/

     
    続きを読む


    E382A8E383A
    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2014/12/30(火) 23:16:29.87 ID:???0.net
    ACミラン(イタリア)はイタリア代表FWステファン・エルシャラウィ(22)を放出リストにあげている。英紙「デイリー・エクスプレス」が30日、報じた。

    ミランはエルシャラウィの放出先としてアーセナル、マンチェスターU、リバプール(すべてイングランド)を考えており、移籍金1150万ポンド(約21億4000万円)で売却するとしている。
    「センセーショナルなオファーがこなければ、1月にミランを去ることはない」と関係者は話すが、果たしてどうなるだろうか。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141230-00000168-sph-socc
    最終更新:12月30日(火)23時4分
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1419948989/


    続きを読む


    2014-12-12_15h11_17
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/12/12(金) 14:08:03.68 ID:???0.net
    本田と指揮官の戦術にも影響!?

    ACミランのイタリア代表FWステファン・エルシャーラウィが、ドルトムントの同代表FWチロ・インモービレとトレードされる可能性が急浮上した。イタリア一般紙「コリエレ・デラセーラ」が報じた。

    ミランの若き至宝と期待される22歳のエルシャーラウィは、12-13シーズンに16得点を記録したが、昨季は負傷の影響で棒に振った。

    今季はフィリッポ・インザーギ新監督の下で左ウイングに固定されているが、ここまでリーグ1得点にとどまっている。ドルトムントは、潜在能力を高く評価するエルシャーラウィの代理人と会談済み。代理人はエルシャーラウィを主力として起用する確約を求めているという。

    一方、ミランはチェルシーから2年間の期限付き移籍で獲得したFWフェルナンド・トーレスがこれまで1得点と不調。1月のマーケットで前線の強化に乗り出している。

    昨季トリノでセリエA得点王となったインモービレは今季、日本代表MF香川真司のプレーするドルトムントに1900万ユーロの移籍金で加入した。だが、リーグ戦での先発は4試合のみで出場機会が限定されており、ここまで2得点とチームにフィットしきれていない。ミランは獲得の可能性を模索し、未来の主軸としてアンタッチャブルな存在だったエルシャーラウィとのトレードを検討しているという。

    インザーギ監督は日本代表FW本田圭佑、元フランス代表FWジェレミー・メネズ、エルシャーラウィの3人を主力としてほぼ固定してきた。右サイドの本田との連係も徐々に向上していただけに、スピードスター放出となれば、カウンター攻撃の切れ味にも影響が出そうだ。

    12月12日(金)12時23分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141212-00010002-soccermzw-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1418360883/


    続きを読む

    ↑このページのトップヘ