海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:オーバメヤン

    news_241877_1

    1: 風吹けば名無し 2020/04/25(土) 03:17:32.26 ID:UIOw00Z70
    2019年→プレミア9位の雑魚クラブに所属してるのに得点ランキング2位
    2018年→プレミア5位の雑魚クラブに所属してるのに得点王



    ダントツで世界ナンバーワンFWやろ

    2: 風吹けば名無し 2020/04/25(土) 03:17:49.21 ID:UIOw00Z70
    ベンゼマが同じことできますか?と

    3: 風吹けば名無し 2020/04/25(土) 03:17:53.16
    オジャパメン

    続きを読む

    1: 伝説の田中c ★ 2020/03/01(日) 21:43:33.79
    アーセナルに所属するガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンが、今シーズン限りでクラブを離れるかもしれない。イギリスメディア『エクスプレス』が3月1日に報じている。

    オーバメヤンとアーセナルの現行契約は2021年6月で満了となるが、現時点で新契約は締結されていない。アーセナルとしては今季のプレミアリーグで25試合に出場し17ゴールを挙げている同選手の慰留に動きたいが、高額な年俸がネックとなっている模様だ。オーバメヤン自身もチャンピオンズリーグ(CL)出場を希望していることから、今季クラブが同大会の出場権を獲得できなければ移籍を決断すると報じられている。

    今季のプレミアリーグで暫定10位(第27節終了時点)と沈んでいるアーセナルにとって、EL優勝はCL出場権を獲得する絶好の機会だった。しかし、クラブは2月27日に行われたヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグでオリンピアコスに延長戦の末1-2で敗北。合計スコアを2-2とされ、アウェイゴール差で敗退が決まっていた。来季のCL出場権獲得が厳しくなった今、オーバメヤンの退団が現実味を帯びてきている。

    オーバメヤンの獲得に関心を持っているのがバルセロナとインテルだ。新たなストライカー探しに奮闘しているバルセロナは、安定したCL出場権と同大会での実績を持っていることから、オーバメヤンの獲得に自信を示しているという。一方、インテルに関しては“10番”を背負っているアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスのバルセロナ行きが噂されている。同選手の後釜として、オーバメヤンに注目している模様だ。

    果たして、“ガナーズ”のキャプテンを務めているオーバメヤンは今季限りでクラブを去ることとなるのだろうか。今後の動向に注目が集まっている。
    2020-03-01_22h20_33
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200301-01041674-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/02/06(木) 20:24:20.14
    リーガ・エスパニョーラのバルセロナは、アーセナルに所属するガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンの獲得を諦めていないようだ。英メディア『ミラー』などが現地時間5日に報じた。

    バルセロナではウルグアイ代表FWルイス・スアレスが負傷離脱中。バレンシアFWロドリゴ・モレノやアヤックスFWドゥシャン・タディッチなどの獲得が噂されたが、結局スアレス代役を獲得せず、今冬の移籍市場を終えた。

    バルセロナはオーバメヤン獲得を目指していたが、冬にオファーを準備できなかった。だが、今夏の獲得を諦めていないようだ。

    スペイン『スポルト』でバルセロナのスポーツディレクター(SD)を務めるエリック・アビダル氏はオーバメヤンについて「彼を知っている。彼は興味深いプロフィールを持っている。彼は重要な選手でチームで決定力がある」と話した。

    また、アビダル氏は補強について「9番が来ることは必然だ。必要である。我々はスアレスが強くなって帰ってくることを知っている。だが、夏にトッププレーヤーを連れてこなくてはいけない。(オリビエ)ジルー、(フェルナンド)ジョレンテ、オーバメヤンがリストに入っている。だが、いくつかの理由により、我々は冬にサインしないことを決めた」と明かしている。

    果たして、バルセロナは今夏にセンターフォワードを獲得することができるのだろうか。
    2020.1.16.Aubameyang_Getty-560x373
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200206-00361346-footballc-socc
    2/6(木) 17:30配信

    続きを読む


    2020-01-21_00h51_36

    1: 風吹けば名無し 2020/01/19(日) 03:00:37.35
    どっちが勝つ?

    2: 風吹けば名無し 2020/01/19(日) 03:01:20.43
    ナネガミオチョソ

    6: 風吹けば名無し 2020/01/19(日) 03:03:36.30
    >>2
    それはオジャパメン

    続きを読む

    1: 伝説の田中c ★ 2019/11/08(金) 20:50:19.24
    スペイン王者バルセロナが、次期エース候補としてアーセナルのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンの獲得レースに参加すると、英紙「デイリー・ミラー」が報じている。来年1月にも獲得に動く可能性があるようだ。

    アーセナルがUEFAチャンピオンズリーグ出場から遠ざかっている影響もあり、移籍の可能性が噂されているオーバメヤン。その動向に関心を寄せているのがバルセロナだという。直近の公式戦2試合で1分1敗に終わるなど、このところ不調のバルセロナとしても攻撃陣のテコ入れの必要性が浮かび上がっているようだ。

    スペインテレビ「エル・チリンギート」によれば、オーバメヤンは30歳とベテランの域に達しているが、トップフォームに戻るのに苦しんでいる32歳のウルグアイ代表FWルイス・スアレスにいずれとって代わる存在としてバルセロナが獲得を狙っているという。今夏加入したフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンもチームに完全にフィットしているとは言えない状況で、1月の移籍市場で新たに動きを見せる可能性があると指摘されている。

    オーバメヤンはファンへの暴言騒動でキャプテンを剥奪されたスイス代表MFグラニト・ジャカに代わって新キャプテンに任命されたばかりだが、アーセナルは同選手が退団を望む場合には他チームからのオファーを聞き入れる約束になっているという。ブンデスリーガとプレミアリーグの両方で得点王を獲得している韋駄天FWは、CL出場のためにスペインへ渡ることになるのだろうか。
    2019-11-08_22h24_14
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191108-00227829-soccermzw-socc

    続きを読む

    2019-05-15_22h48_26

    1: 風吹けば名無し 2019/05/13(月) 06:10:09.88
    ええんか

    2: 風吹けば名無し 2019/05/13(月) 06:11:07.15
    あのチームで取るのは凄いと思うで

    3: 風吹けば名無し 2019/05/13(月) 06:11:41.06
    22ゴールだっけ

    5: 風吹けば名無し 2019/05/13(月) 06:17:53.35
    3人いて草

    続きを読む

    1:風吹けば名無し:2018/03/07(水) 13:08:46.05 ID:zmKQLhpE0.net
    なんやこの弱いチームは…
    mig
    続きを読む

    1:数の子 ★:2018/03/02(金) 16:25:27.23 ID:CAP_USER9.net
    アーセナルに所属するガボン代表のFWピエール=エメリク・オーバメヤンが移籍について語っている。英メディア『スカイスポーツ』が報じている。

    オーバメヤンは今冬の移籍市場でボルシア・ドルトムントから5600万ポンド(約86億円)の移籍金でアーセナルに加入した。同メディアでオーバメヤンは「アーセナルが唯一正しいオファーをくれたクラブだった。そのオファーはとても嬉しかった。とても伝統のある素晴らしいクラブだからね」と話している。

    続けて「自分自身にとって次のステップが必要だった。アーセナルはドルトムントに比べると大きいクラブだしキャリアにとっても次の一歩を進まないといけないと思った。中国やアメリカを考える前に欧州でもっと多くのタイトルを獲得したかった」と移籍の真相を語った。

    サポーターから期待も大きいがこれまで公式戦3試合に出場し1得点と本来の力を発揮しきれていないオーバメヤン。加入3試合でチームも1勝2敗となかなか調子が上がってこない。「現在は難しい時期だ。しかし我々はビッグクラブとの対戦が多かった。今はハードワークをして次の試合の準備をしなければならない」とプレミアリーグへの適応の難しさを吐露している。
    20180208_Aubameyang_getty-560x373
    https://www.footballchannel.jp/2018/03/02/post258653/
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/31(水) 20:31:44.68 ID:CAP_USER9.net
    アーセナルは31日、ドルトムントからガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンを獲得したことをクラブ公式サイトで発表した。なお、ホームページでは明らかになっていないものの、イギリスメディア『BBC』によると、移籍金はクラブ史上最高金額の5600万ポンド(約86億3000万円)と報道されている。

    現在28歳のオーバメヤンはミランの下部組織出身で、レンタル移籍でフランス各クラブを渡り歩き、2012年1月にサンテティエンヌに完全移籍した。2013年夏からはドルトムントに加入し、2016-17シーズンには31ゴールでブンデスリーガ得点王に輝き、DFBポカール優勝にも貢献。今シーズンは公式戦24試合に出場し、21ゴールを挙げ、ドルトムントでは通算213試合出場、141ゴールを記録している。

    また、ガボン代表としては2009年5月にデビューを飾り、通算49試合出場19ゴールをマーク。2015年にはアフリカ最優秀選手賞を受賞した。

    1/31(水) 20:17配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180131-00703820-soccerk-socc

    写真

    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/01/29(月) 09:20:46.03 ID:CAP_USER9.net
    1/29(月) 8:01配信
    アーセナルとドルトムントがオーバメヤン移籍で合意…ジルーは含まれず移籍金85億円

    アーセナルとドルトムントが、FWピエール=エメリク・オーバメヤンの移籍でついに合意に至ったようだ。

    ドルトムントの“黒歴史”を暴く!史上最低の獲得選手とは?ワースト31名を一挙公開

    アーセナルとオーバメヤンはすでに個人合意をしていると伝えられていたが、これまで移籍金のオファー額がドルトムントを納得させることができていなかった。これまで2度オファーを送っていたが、いずれもドルトムントは拒否し、6500万~7000万ユーロ(約88億~95億円)でない限り取引に応じない構えであることを示していた。

    そして、ドイツ誌『キッカー』によると、アーセナルは6300万ユーロ(約85億円)のオファーを提示し、ついにドルトムントは折れる形で合意に至ったようだ。また、取引に含まれると見られていたFWオリヴィエ・ジルーはチェルシーに行くことが濃厚となり、ドルトムント行きは消滅したという。

    オーバメヤン流出が決定的となったドルトムントは、元ケルンのFWアンソニー・モデストの獲得に3000万ユーロ(約40億5000万円)を準備していると伝えられる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180129-00000038-goal-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ