海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:オーバメヤン

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/19(月) 19:57:29.51 ID:CAP_USER9.net
    今季イングランド・プレミアリーグを4位で終えたリバプールがボルシア・ドルトムントに所属するガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンの獲得に乗り出すようだ。仏紙『Le Parisen』が伝えた。

    今季全コンペティションにおいて40ゴール、5アシストを記録したオーバメヤンは、多くのクラブから獲得を熱望されており、イタリアのミランやフランスのパリ・サンジェルマンがその移籍先として最有力候補であった。

    特にパリ・サンジェルマンとの移籍交渉は一時は大詰めまで来ていたものの、現在は補強戦略上の理由で移籍は白紙状態にまでなっているともいわれており、不透明な状況だ。

    その一方で、来季3年ぶりに復帰するチャンピオンズリーグに向けて戦力アップを図りたいリバプールも、このドルトムントの快速FW獲得に照準を合わせているようだ。

    2013年から2015年の間の2年間オーバメヤンを指導したリバプールのユルゲン・クロップ監督が獲得を熱望しており、7000万ユーロ(約86億円)のオファーを提示する準備もできているという。

    ドルトムントで絶対的な信頼関係を築いた二人がリバプールの地で味方として再開することはあるのだろうか。

    6/19(月) 16:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170619-00217726-footballc-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/08(木) 18:43:12.01 ID:CAP_USER9.net
    ◆19歳FW譲渡を含め、移籍金を抑える条件が含まれる可能性も

    ドルトムントのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンはパリ・サンジェルマン(PSG)移籍で合意していると報じられるなか、独誌「シュポルト・ビルト」は4年契約、年俸1400万ユーロ(約17億円)、移籍金7000万ユーロ(約86億円)に達すると移籍の詳細を報じている。

    ドルトムントはエースの代役となるストライカーを求めていることもあり、PSGは19歳FWジャン=ケビン・オーガスティンの譲渡を含めて移籍金を多少抑えるという条件が含まれる可能性があるとレポートされている。

    さらに同誌はドルトムントの新戦力候補として、アルゼンチンの名門リーベル・プレートに所属するアルゼンチン代表FWルーカス・アラリオの名前も挙げている。2016年のクラブ・ワールドカップ準決勝でサンフレッチェ広島から決勝ゴールを奪った24歳のゴールゲッターは、今季28試合で13得点5アシストを記録。欧州クラブも注目を集める存在となっている。

    昨夏の主力大量流出に続き、今季はチーム最大の得点源を失うことになりそうなドルトムント。今季からペーター・ボス新体制がスタートするが、頼れるストライカーの確保が最優先の課題となりそうだ。

    フットボールゾーンウェブ編集部●文
    2017-06-08_19h39_01
    6/7(水) 16:26配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170607-00010012-soccermzw-socc
    続きを読む

    1: 動物園φ ★\(^o^)/ 2017/06/01(木) 18:11:09.26 ID:CAP_USER9
    6/1(木) 17:59配信
    2017-06-01_19h23_34
    オバメヤン(写真は2015年7月)

    ドルトムントFWオバメヤンのパリサンジェルマンへの移籍が確定かと、1日に独紙ビルトが報じた。

    ブンデスリーガ得点王ピエールエメリック・オバメヤンの移籍にまつわるうわさ話はますます過熱している。サン紙などのイングランドメディアによると、ドルトムントとパリサンジェルマンの間で合意に達したようだ。チームマネジャーのミヒャエル・ツォルクはルールナッハリヒテン紙に「今のところ我々のところにオフィシャルなオファーは世界のどこからも届いていない」とコメント。移籍金は7500万ユーロ(約93億8000万円)とされている。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170601-01833303-nksports-socc

    続きを読む

    no title

    334:名無しに人種はない@実況OK・\(^o^)/ 2017/05/29(月) 05:05:56.03 ID:ySiqG+xo0.net
    オバメのストーリーみてみ
    香川がパンツ出して潰れてるぞw
    337:名無しに人種はない@実況OK・\(^o^)/ 2017/05/29(月) 05:27:15.83 ID:nRDfQI530.net
    >>334
    ワロタww
    341:名無しに人種はない@実況OK・\(^o^)/ :2017/05/29(月) 06:21:00.96 ID:j57CH4yj0.net
    >>334
    本当だったw

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/05/26(金) 12:05:00.35 ID:CAP_USER9
    ドルトムントのエースFWピエール=エメリク・オーバメヤンは退団を希望し、新たなクラブへの移籍を求めているようだ。ドイツ紙『ビルト』が報じた。

    シーズンオフになるたびに、移籍がうわさされるオーバメヤンの去就についに動きがありそうだ。かねてより、「レアル・マドリーへの移籍が夢」と語ってきた快足FWは、すでにドルトムントに対して退団の許可を得ており、移籍することはほぼ確実となった。

    しかし、その行き先はまだ決まっていない。また、オーバメヤンの希望する“白い巨人”も手は挙げていないようで、現時点ではパリ・サンジェルマン、古巣でもあるミラン、中国の天津権健らが候補として伝えられている。ドルトムントは最低でも8000万ユーロ(約100億円)のオファーを提示してくるクラブとのみ交渉に応じる構えだという。

    さらに、ドルトムント側もオーバメヤンの後釜に関してすでに目星は付いている。『ビルト』によれば、サンプドリアのFWパトリック・シックを1500万ユーロ(約19億円)で獲得する準備ができているようだ。

    いずれにしろ、今夏の移籍市場で動きがあることは確実で、史上稀に見るビッグディールが成立する可能性は高いと言えるだろう。
    2017-05-26_13h11_06
    GOAL 5/26(金) 11:19配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170526-00000002-goal-socc

    続きを読む

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/05/18(木) 15:01:24.65 ID:CAP_USER9.net
    中国スーパーリーグ1部の天津権健は、チェルシーに所属するスペイン代表FWジエゴ・コスタ獲得を諦めて、ドルトムントでプレーするガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンの獲得に動くようだ。17日付のイギリス紙『メトロ』が伝えている。

    天津権健は今年の1月には、D・コスタをトップターゲットとして獲得に動いていたが、最新のレポートによるとオーバメヤンがトップターゲットになったようだ。同クラブは、オーバメヤンの獲得に6900万ポンド(約99億円)を準備していると報じられている。

    一方で、オーバメヤン自身はスペインに移り、レアル・マドリードへの移籍を夢見ていることを明らかにしている。また、他にも昨シーズンにはアーセナルからの関心があり、今夏にはマンチェスター・Uが獲得へ動く可能性があることが伝えられており、中国へ移籍する可能性は低いとも考えられている。

    しかし、天津権健は、ブラジル代表MFラミレスや同代表MFオスカルなどがチェルシーから中国に移籍した前例があることから、オーバメヤン獲得の可能性はあると考えているようだ。また、仮にオーバメヤンが中国に渡った場合、1年間で4300万ポンド(約61億円)もの大金を得る可能性があることも併せて伝えられている。

    オーバメヤンは今シーズン、これまで公式戦44試合に出場し、37得点5アシストをマークしている。27歳の同選手は、どのような決断を下すのか注目が集まる。
    2017-05-18_16h38_37
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170518-00588895-soccerk-socc
    続きを読む

    1:ぶーちゃんφ ★@\(^o^)/:2017/05/16(火) 23:29:41.81 ID:CAP_USER9.net
    ドルトムントFWピエール=エメリク・オーバメヤンに、中国の天津権健から”天文学的”な年俸のオファーが
    届けられたという。フランス『レキップ』『フランス・フットボール』が伝えている。

    ドルトムントとの契約を2020年までとしているオーバメヤンだが、今夏以降の去就が大きな話題となっている。最近ではパリサンジェルマン(PSG)やACミランがガボン代表FWの獲得に乗り出す可能性が報じられていたところだ。PSGには、ドルトムントに7000万ユーロ(約87億円)の移籍金、選手に対して1400万ユーロ(約17億円)の年俸を支払う準備があるとも伝えられていた。

    だが、今度はそういった移籍話を凌駕するオファーがオーバメヤンの元に届けられたのかもしれない。フランス複数メディアの報道によると、ファビオ・カンナバーロ監督が率いる天津権健は、オーバメヤンに年俸5000万ユーロ(約62億円)と破格の条件を提示したという。またドルトムントに対する移籍金は8000万ユーロ(99億円)を支払う構えだと報じた。

    現在27歳のオーバメヤンだが、すでに選手の周辺からは中国への移籍を説得する声も挙がっているとのこと。『フランス・フットボール』は、「オーバメヤンがこのようなキャリアを送る可能性は一見低いように見られる」と指摘しつつ、「このようなオファーを今後二度と受けるはずがないことも考えに入れるだろう」と実現の可能性も否定できないとの見解を述べている。

    なお現在、世界最高年俸のサッカー選手は上海申花に所属するFWカルロス・テベスとされ、その額は4000万ユーロ(約50億円)と伝えられる。オーバメヤンに対するオファーが事実であり、同選手が実際に中国に向かうことになれば、その年俸額を大きく超えることになる。
    2017-05-17_08h39_19
    サンスポ:
    http://www.sanspo.com/soccer/news/20170516/bun17051622270006-n1.html
    続きを読む

    1: 仙台焼肉 ★@\(^o^)/ 2017/04/27(木) 19:08:16.77 ID:CAP_USER9
    ドルトムントに所属するガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンが移籍を決断した可能性が浮上した。『ビルト』が報じている。

    ドルトムントのオーバメヤンは2016-17シーズン、公式戦41試合に出場し、35得点5アシストを記録。ブンデスリーガでは27ゴールを挙げ、得点ランキングのトップに立っている。26日に行われたDFBポカール準決勝でもバイエルン相手に2-2とする同点弾を決めるなど、エースとしてチームをけん引する存在だ。

    ドルトムントも容易に売却する意思はないが、移籍のうわさが絶えず、本人もレアル・マドリーでプレーするのが夢だと公言している。しかし、レアルからのオファーはなく、パリ・サンジェルマン(PSG)への移籍が濃厚であると見られている。

    『フランス・フットボール』によると、オーバメヤンの父親が1月にすでにPSGの幹部と最初の話し合いを行い、4月にもやり取りがあったことが報じられている。オーバメヤンのドルトムントにおける契約は2020年の夏までで、違約金は7000万ユーロ(約85億円)に設定されているようだ。
    2017-04-28_08h14_46
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170427-00000023-goal-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ