海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:カカ

    1:豆次郎 ★:2017/10/12(木) 08:39:49.51 ID:CAP_USER9.net
    10/12(木) 8:27配信
    カカー、オーランド・シティ退団を発表…将来に関する言及はなし

    オーランド・シティに所属する元ブラジル代表MFカカーは、今シーズン終了後にチームを退団することを明らかにした。

    カカーは今シーズンでオーランド・シティとの契約を満了する。35歳とベテランになったカカーには引退の可能性も伝えられるが、将来についての言及はすることなく、契約を延長しない意向を示した。

    「皆が知っているとおり、今季で僕の契約は切れる。契約を延長しないという決断を下した」

    ミランでバロンドールを獲得した経験を持つカカーは、2014年からアメリカでプレー。2017年は22試合に出場した。

    「決断はフィジカルコンディションによるものではない」と、引退を否定するコメントも残したカカー。次なる新天地はどこになるのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171012-00000001-goal-socc
    続きを読む

    1:豆次郎 ★@\(^o^)/:2017/03/12(日) 12:54:43.74 ID:CAP_USER9.net
    北米メジャーリーグサッカー(MLS)のオーランド・シティに所属するブラジル代表MFカカーは、バルセロナの同代表FWネイマールに対して冗談交じりに“改名“を勧めている。ブラジル『レコルドTV』が10日に伝えた。

    ブラジル代表のエースであるネイマールはバルサでも活躍を続けており、サッカー界の歴史に残る大逆転劇となった先日のチャンピオンズリーグのパリ・サンジェルマン戦でも2ゴール1アシストなどで勝利に大きく貢献。近年のサッカー界ではバルサのFWリオネル・メッシとレアル・マドリーのFWクリスティアーノ・ロナウドが「世界最高の選手」の座を争ってきたと言えるが、ネイマールはその2人に続く存在となることが期待されている。

    「次の世界最高の選手になるのはネイマールだと思う。彼がバルセロナでやってきた全てのことを考えればね」とカカーもネイマールを称賛している。だが、そのためにはひとつ条件があるとも付け加えた。「名前を“レイマール(Reymar)“に変えれば、可能性はさらに大きくなると思う。勝利を手にしてきたブラジル人選手たちは、みんな名前が“R“で始まっているからだ」

    2002年日韓ワールドカップの優勝に大きく寄与して”3R”と呼ばれたリバウド、ロナウド、ロナウジーニョの3人や、その前の世代のロマーリオ、世界最高のサイドバックと言われたロベルト・カルロスなど、実際にブラジルは“R“から始まる数多くの名選手たちを生み出してきた。本名「リカルド」のカカー自身もそこに含めることができるかもしれない。

    ポルトガル語で王様を意味する「Rei」は「サッカーの王様」ことペレ氏につけられた呼び名でもある。実際にネイマールが提案に応じるかどうかはともかく、ブラジルの新たな“王様“にふさわしい名前ではあるかもしれない。

    https://www.footballchannel.jp/2017/03/12/post201577/

    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/22(日) 18:06:19.23 ID:CAP_USER9.net
    9a152b53-920a-401c-8eee-b01a5253a4fa
    ミランやレアル・マドリーでもプレーしたブラジル代表MFカカ。

    現在はMLSオーランド・シティFCに所属している彼が、ヨーロッパの選手たちにある忠告をしたと公式HPが伝えている。

    カカ(オーランド・シティMF)

    「時折ヨーロッパからやって来る選手がいて、彼らはここでは楽にやれるだろうと思っている。

    (MLSでのプレーは)チャレンジだよ。それを選手たちは理解しなければならない。簡単じゃない。

    ここに来た時、僕は『No、(MLSは)ハードだ』と言った。

    選手たちのパフォーマンス、フィジカルはかなりいいよ。

    僕らにとって本当に難しい。ヨーロッパのハイレベルでプレーすることに慣れているからね。

    ここに来た時、いい結果を得るためには同じように100%のパフォーマンスをしなければならないんだ」

    カカはMLSに来る際、ベッカムなどにアドバイスを貰っていたそう。“先輩”たちからは、全ての試合がフィジカルで困難なものだと伝えられていたという。

    http://qoly.jp/2017/01/22/kaka-warns-european-players-that-mls-is-not-easy-iks-1
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/12/25(日) 19:42:36.79 ID:CAP_USER9.net
    北米プロサッカーリーグ「メジャーリーグサッカー(MLS)」が発足してから20年。クラブ数は20へと倍増し、昨年はESPNやフォックス、ユニビジョンと年間9,000万ドルの大型放映権契約を締結した。クラブの平均的な資産価値も、2013年から80%増の1億8,500万ドルに達し、飛躍の時を迎えている。

    質の面でも、カカやピルロ、ジェラードをはじめとした名選手に加え、ジョビンコやブラッドリーといった20代の選手が戦いの場をMLSに移すなど、その存在感は高まりつつある。

    ※米プロサッカーリーグMLSの高年俸選手ランキングは、米国と欧州に拠点を置く、MLSや他国のプロリーグ、政府当局、広告スポンサー、専門家などへの取材に基づく。年収には、年俸のほか、ボーナスや広告収入が含まれている。MLSクラブ資産価値ランキングは、2015年シーズンの推定収入や営業利益、今後の事業計画を元に作成した。ランキングと基準の詳細は、Forbes.comでご覧いただけます。

    1. カカ(34)
    オーランド・シティSC / 元ブラジル代表 / 940万ドル
    ACミランやレアル・マドリードといった名門で活躍したセレソンの10番。今ではMLSの顔に。

    2. スティーブン・ジェラード(36)
    ロサンゼルス・ギャラクシー / 元イングランド代表 / 860万ドル
    英名門リバプールの元主将。アメリカへ舞台を移したものの、古巣復帰の噂も絶えない。

    3. セバスチャン・ジョビンコ(29)
    トロントFC / 元イタリア代表 / 830万ドル
    創造性豊かなプレーが売りの攻撃的MF。15年、イタリアの名門ユベントスからMLSに移籍。

    4. クリント・デンプシー(33)
    シアトル・サウンダーズ / アメリカ代表 / 820万ドル
    国民的人気を誇るアメリカ代表MF。大舞台に強く、W杯でも3大会連続で得点している。

    5. ティム・ハワード(37)
    コロラド・ラピッズ / アメリカ代表 / 800万ドル
    10年のW杯南ア大会でアメリカ代表のGKとして活躍。一躍、国民的スターになった。

    6. フランク・ランパード(38)
    ニューヨーク・シティFC / 元イングランド代表 / 800万ドル
    チェルシーの黄金時代を支えた名MF。マンチェスターシティを経て、現チームで活躍中。

    7. ダビド・ビジャ(34)
    ニューヨーク・シティFC / 元スペイン代表 / 790万ドル
    多彩な技術とゴールへの鋭い嗅覚を持つFW。スペイン代表の最多得点記録を持っている。

    8. マイケル・ブラッドリー(29)
    トロントFC / アメリカ代表 / 760万ドル
    ドイツやイタリアなど、欧州でのプレー経験が長い中盤のダイナモ。父は元米代表監督。

    9. アンドレア・ピルロ(37)
    ニューヨーク・シティFC / 元イタリア代表 / 740万ドル
    卓越したゲームメイキングでACミランやユベントスを支えたレジスタ(演出家)。

    10. ジョジー・アルティドール(26)
    トロントFC / アメリカ代表 / 640万ドル
    スペインやオランダのクラブを経て、15年にMLSへ復帰。年代別アメリカ代表を支えてきた。
    2016-12-25_21h14_41
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161225-00014641-forbes-spo
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/11/29(火) 00:36:28.61 ID:CAP_USER9.net
    MLSオーランド・シティでプレーする元ブラジル代表MFカカが退団を決断した。27日、米国メディア『Fox Sports』が報じている。

    カカは2014年6月、当時の所属先ミランと相互合意の上で契約解除。MLSのシーズン開幕までの半年間は古巣のサンパウロでプレーした。2015年にオーランドに加入すると、主将として活躍。オーランドとの契約は来年12月に満了となるが、『Fox Sports』のインタビューで自身の去就について語った。

    「今シーズンがオーランドで最後の年になる。将来? まだ何も分からない状態だが、サッカーには関わっていたい」

    「ブラジルに戻るとしたら、行き先はサンパウロ以外にない。別のチームでプレーするなんて考えられない」

    将来についてはまだ不透明だが、故郷のブラジルに戻った場合は、古巣サンパウロでのプレーを熱望しているようだ。
    2016-11-29_08h07_08
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161128-00000010-goal-socc
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/04/01(金) 23:15:52.87 ID:CAP_USER*.net
    レアルサポーターに苦言

    かつてレアル・マドリードでプレイしたブラジル人MFカカーが、同クラブサポーターにクリスティアーノ・ロナウドへ敬意を示すよう求めている。

    2009年におよそ130億円ともいわれる破格の移籍金でスペイン上陸を果たしたロナウドは、その後キャリア全盛期を迎え多くのタイトルをレアルにもたらしてきた。

    また2010年以降の5シーズンはすべて51ゴール以上を記録しており、“スランプ知らず”の日々を謳歌。今季のリーガでも現時点で28ゴールを決めているものの、試合毎にパフォーマンスのムラがあり、ブーイングを浴びることも少なくない。

    4年間にわたってレアルで共に過ごしたカカーは、サポーターの“高すぎる要求”に違和感を感じているようだ。米『bleacher report』がカカーのコメントを伝えている。

    「クリスティアーノはとても偉大なプレイヤーだ。それは彼の選手としてのクオリティ面だけを言っているんじゃなくて、レアル・マドリードというクラブにもたらしてきたものも含めての話さ。彼がレアルで達成してきた偉業にファンはもう少し敬意を示すべきだよ。僕はクリスティアーノへの口笛を聞くことがあるけど、彼にブーイングするのはふさわしくないね」

    いとも容易に得点を重ねてきたロナウドに対し、サポーターは“ゴール以上の何か”を求めているのだろう。ポルトガル人アタッカーが彼らの要求を完全に満たしたとき、サンチャゴ・ベルナベウには口笛よりも多くの拍手で満たされるはずだ。
    2016-04-02_09h27_02
    theWORLD(ザ・ワールド) 3月31日(木)20時10分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160331-00010015-theworld-socc
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1459520152/

     
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/11/02(月) 21:02:54.39 ID:???*.net
    元ブラジル代表で現在メジャーリーグサッカー(MLS)のオーランド・シティで活躍するカカが、自身のベストイレブンを発表した。31日、イタリア『トゥットメルカートウェブ』が報じている。

     ベストイレブンにはカカが活躍したミランとブラジル代表での同僚たちが多く選出されている。GKにはジダ、DF陣にはカフー、ネスタ、マルディーニとミランの選手たちを選んだ。左サイドバックにはロベルト・カルロスを選出している。

     中盤にはミラン時代の同僚であるピルロを選出。また、イニエスタとジダンを選んでいる。攻撃陣にはロナウジーニョ、ロナウドとミランとブラジル代表で同僚だった2選手を選び、最後の一人にはレアル・マドリーでコンビを組んだクリスティアーノ・ロナウドを挙げた。

     カカのベストイレブンは以下。

    GK:ジダ
    DF:カフー、ネスタ、マルディーニ、R・カルロス
    MF:ジダン、ピルロ、イニエスタ
    FW:ロナウジーニョ、ロナウド、C・ロナウド
    20151101_Kaka_Getty-560x373
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151101-00010020-footballc-socci
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1446465774/

     
    続きを読む


    2015-01-06_07h08_22
    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/01/06(火) 02:53:52.73 ID:???0.net
    オーランド・シティのブラジル代表MFカカがカロリーネ元夫人と復縁したことがわかった。2人がSNSを通じて、復縁したことを明らかにした。2005年12月に結婚した2人だが、昨年11月に9年間の結婚生活に終止符を打ったとして、離婚を発表。しかし一転して、離婚から約2か月後の12月末に『インスタグラム』で復縁を認めた。

    昨年7月にミランを退団し、オーランド・シティ(アメリカ)への移籍を果たしたカカだが、2014年12月末まではサンパウロ(ブラジル)でプレー。今年1月からはアメリカでプレーする。ブラジルメディア『UOL』などによると、元妻と2人の子供たちは、既にアメリカへ渡り、家族4人揃っての生活を再スタートさせているという。

    昨年11月3日に離婚を明らかにした2人。しかし12月19日に家族4人での写真を『インスタグラム』へ公開。その後も家族揃った写真を連投するなど、離婚後も仲睦まじい様子をみせていた。
    すると、12月30日にはカロリーネ元夫人がカカにキスされている写真を公開。「永遠に幸せ……2015年のフィーリング」と言葉も添えた。

    この投稿により、復縁したのかと注目が集まるなか、カロリーネ元夫人は12月31日に自身のSNSでカカについて「夫」と綴り、復縁を認めると、2人で結婚記念日(12月23日)を祝うデートをしていたことも明らかにした。この投稿には「再婚しました」とのタグがつけられていた。

    カカが19歳のとき、カロリーネ元夫人が14歳で交際を始め、3年間の交際の後、2005年12月23日に結婚した2人。5歳のルカくんと3歳のイザベラちゃんとともに、ブラジルの“完璧な夫婦”がアメリカで家族揃っての再スタートを切った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150106-00285133-gekisaka-socc
    ゲキサカ 1月6日(火)1時23分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150106-00285133-gekisaka-socc.view-000

    関連スレ

    【サッカー】カカが離婚 ・・・ 結婚まで純潔を守った2人でも
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1415088183/
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1420480432/


    続きを読む

    2014-11-04_17h22_58
     ブラジル代表MFカカがカロリーネ・セリコさんと離婚した。ブラジルのニュースメディア『UOLエスポルチ』が報じている。

     2人は2005年に結婚。サッカー界きっての純愛夫婦として知られていた。カロリーネさんが14歳の時に練習場でカカを見てから始まった恋。結婚まで2人が純潔を守ったことも話題となっていた。

     ワールドカップ、チャンピオンズリーグに優勝し、2007年にはバロンドールも受賞したカカ。一方のカロリーネさんは母親がディオールのブラジル支社幹部という裕福な家庭の出身で、現在はブラジルのNGOに食料を提供する非営利団体を運営している。そんな完璧とも言えるカップルの破局なだけに大きな波紋を呼びそうだ。
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ