海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:カタルーニャ

    1:pathos ★@\(^o^)/:2017/09/23(土) 14:18:28.30 ID:CAP_USER9.net
    [マドリード/バルセロナ 21日 ロイター] - スペイン北東部カタルーニャ自治州のプチデモン首相は21日、スペインからの独立を問う住民投票を予定通りに10月1日に決行すると表明した。

    同首相はテレビ放映された演説で、「住民投票が確実に実施されるようわれわれは緊急時の対策を用意している」と表明。「国民党(PP)が主導する政権の傲慢(ごうまん)さや権力乱用に閉口している大多数の住民の支持を得ているため、住民投票を決行する」と述べた。

    憲法裁判所は今月、住民投票は違憲とするラホイ首相の訴えを受けて住民投票実施法を一時停止、投票が違憲かどうかを判断する時間を判事に与えた。

    スペイン警察は20日、カタルーニャ自治州政府の複数の官庁を捜索、同自治州の経済担当閣外相など複数の高官を逮捕した。これに反発した多くの市民はバルセロナで21日、2日連続で抗議活動を行った。

    ラホイ首相は20日、同自治州政府に対する一連の措置について、裁判所の判断に基づくものと説明、州政府に対し住民投票を撤回するよう求めた。

    世論調査によると、カタルーニャでは市民の40%程度が独立を支持し、大半が独立を問う住民投票の実施を求めている。

    プチデモン首相は、住民投票に最低投票率は設定しておらず、賛成票が反対を上回れば48時間以内に独立を宣言すると述べた。

    中央政府の報道官は、カタルーニャでの抗議活動は小規模グループによって組織されたもので、市民の一般的な考え方を反映したものではないと述べた。

    *内容を追加しました。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170922-00000008-reut-eurp

    カタルーニャ独立がサッカーに与える影響 バルセロナの立場、その後の道のりは?

    バルセロナはフランスリーグに参加する可能性も検討している。パリ・サンジェルマンやモナコ、オリンピック・リヨン、オリンピック・マルセイユらが争うリーグ・アンにバルセロナが加われば、スペクタクルなコンペティションとなる可能性はある。

    問題は、バルセロナはモナコとは異なる状況にあることだ。モナコはUEFAに加盟しておらず、独自の国内リーグも代表チームも持っていないため、スムーズにフランスリーグへの参入が認められた。だがカタルーニャには代表チームも独自のリーグも存在する。
    2017-09-23_17h30_41
    https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201709220001-spnavi?p=2
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/01/12(火) 07:52:49.85 ID:CAP_USER*.net
    バルセロナが、カタルーニャ自治州のスペインからの分離独立を支持する意思を正式に表明した。

    昨年9月の州議会選で、アルトゥール・マス首相率いる独立賛成派ジュンツ・パル・シが過半数の議席を獲得したカタルーニャ自治州。だが同選挙で10議席を獲得した極左系CUPとの連立交渉が決裂し、新政権を発足できない状況となっていた。

    それから3カ月が経過し、今月9日までに新政権が発足できない場合に再選挙を実施することになっていたが、マス首相が同日にCUPの要求に沿う形で退陣を表明。そして翌日の自治州議会で、ジローナ市のカルレス・プチデモン市長の首相就任が承認された。これによってCUPが新政権発足に合意し、18カ月以内にスペイン独立の動きが本格化することになった。

    この政治的な動きに反応したのが、バルセロナだ。カタルーニャの象徴とされながらも、ここまでクラブとしては独立運動について言及してこなかったが、プチデモン市長の首相就任を受けて、ついに独立支持を表明。『ツイッター』を通じて、次のようなメッセージを伝えている。

    「プチデモン首相に祝福を。今日から始まる我々の国、カタルーニャの歴史的、熱狂的な時代において、あなた方が成果を収めることを願います」

    バルセロナの表明はスペインサッカー界に大きな衝撃を与え、スペイン・プロリーグ機構ラ・リーガのハビエル・テバス会長も声を荒げた。チューリッヒで行われたFIFAバロンドール授賞式に参加した同会長は、スペイン『アス』とのインタビューを通じてバルセロナに抗議をしている。

    「私には認めることができない。スペインを分裂させようとしている、カルレス・プチデモンを祝福するなど、もってのほかだよ。そのメッセージは常識を逸したものだ」

    テバス会長はまた、実際にカタルーニャ州がスペインから分離独立する場合、「どのようなことがあっても」バルセロナがリーガエスパニョーラから離れなければならないことを強調している。
    2016-01-12_09h37_33
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160112-00000043-goal-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1452552769/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ