海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:カタール

    1:みつを ★@\(^o^)/:2017/05/19(金) 17:06:16.90 ID:CAP_USER9.net
    http://www.afpbb.com/articles/-/3128790?act=all

    【5月19日 AFP】カタールの首都ドーハ(Doha)で19日、2022年のサッカーW杯(2022 World Cup)で会場となるスタジアム第1号がお披露目される。冷房完備の「ハリーファ国際スタジアム(Khalifa International Stadium)」だ。

    1976年に建設された同スタジアムは、W杯招致に当たって改修が行われ、最大4万人収容の施設に生まれ変わった。新設された冷房システムは、1キロ程離れた施設からパイプを通してスタジアムに冷水を送り、この水で冷やした風を約500か所の送風口から噴き出す仕組みで、客席の気温を23度に保つ。

    冷房システムを監督するカタール大学(Qatar University)のサウド・ガニ(Saud Ghani)教授は、「冷房完備の開放型スタジアムは世界に類を見ない」と述べ、世界初の設備だとたたえた。他の冷房設備と比べて最大40%のエネルギー節約になるという。

    ただ、皮肉なことに2022年W杯の開催時期は冬季の11月~12月に変更されたため、観戦客がこの冷房システムを体感する機会はないかもしれない。(c)AFP/David HARDING

    2017/05/19 14:09(ドーハ/カタール)

    公開されたカタール・ドーハの「ハリーファ国際スタジアム」(2017年5月18日撮影)。(c)AFP/KARIM JAAFAR

    続きを読む

    2015-01-10_16h42_50
    AFCアジアカップのグループC、UAE対カタールの試合が11日行われた。

     UAEはオマール・アブドゥラフマン、カタールはハルファン・イブラヒムと、攻撃のカギを握る10番が揃ってスタメンとなった。

     8分、UAEはアーメド・ハリルが持ち込みPA内で倒れるも笛は鳴らない。

     立ち上がり、UAEが相手ゴール前まで侵入する場面もあったが、カタールも対応。互いにボールを持った時はしっかりビルドアップしながら攻め手を探っており、入りとしては悪くない。

     そんな中、先にゴールを奪ったのはカタール。22分、裏へ抜け出したムンタリのシュートはGKがストップ。しかし、こぼれに反応したハルファンが、GKの頭上を越えるシュートを決めてスコアを動かした。

     それでもUAEも劣勢ではなくゴールの可能性はあった。すると37分、右サイドからのクロスをアーメド・ハリルが頭で合わせる。相手にブロックされるも跳ね返りを自ら押し込み同点。試合を振り出しに戻した。

     51分、UAEが逆転に成功する。PA左角でFKを得る。アーメド・ハリルが右足で入れると誰も触らないまま、ボールはゴールへ吸い込まれていった。流れを掴んだUAEは57分にもFKからGKが弾いた所をアリ・マブフートが詰めて3-1とした。

     追いかけるカタールは63分、先制点を決めたハルファンに代えてイスマイル・モハメドを投入する。試合終盤にはゴールへ迫る場面もあったが決めきれない。

     すると89分、UAEはカウンターからO・アブドゥラフマンが持ち込むとマブフートとふたりで崩しすと最後はマフブートが決めて4-1。

     UAEは先制こそ許したが、その後4点を奪って初戦を勝利で飾った。
    続きを読む

    1 :大梃子φ ★ 2013/10/02(水) 21:02:57.66 ID:???0
    7a2ade3a897c56aef73b1aa7a08b8b02


    22年W杯でFIFA理事会 冬開催、先送りの観測も

    【ロンドン共同】
     国際サッカー連盟(FIFA)は3、4日にスイスのチューリヒで開く理事会で、
    2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会の開催時期変更を討議する。
    気温40度を超える6、7月を避けて冬にする案が有力だが変更には複雑な利害が絡む上に、
    FIFAへの不信感は強く、結論は先送りとの観測が出ている。
     22年は冬季五輪の開催年にあたる。欧州各国リーグの多くが冬季中断に入る
    1、2月に合わせれば、W杯と五輪が重なる事態となる。
     国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は、FIFAのブラッター会長と
    この問題を話し合いことを明かした。

    http://www.47news.jp/smp/CN/201310/CN2013100201001917.html

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ