海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:カッサーノ

    1:Egg ★:2018/02/06(火) 06:34:04.78 ID:CAP_USER9.net
    元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノは、2017年7月にヴェローナと1年契約を結んだが、わずか1週間で退団を発表。その後撤回、再び退団・現役引退発表と問題児ぶりを発揮。最終的に契約解消となり、現役復帰に意欲を燃やしている。

    そんななか、35歳のベテランは、巨額の移籍金でスター選手を買い集める中国への移籍について、「愚かだ」と持論を展開した。イタリア紙「コリエレ・デラ・セーラ」が報じている。

    ローマ、レアル・マドリード、ACミラン、インテルと世界的ビッグクラブを渡り歩いたカッサーノ。イタリア代表でも2012年の欧州選手権で準優勝に貢献する実力者だったものの、体重増加問題や素行不良などでたびたび問題を起こしてきた。2017年にサンプドリア退団後は無所属の期間が続き、最後に契約したヴェローナでは二転三転の末に現役引退を発表したが、再び心変わりしている。

    「自分の数々の過ちの代償を払った。そういうものなんだ。まだ活躍できるかどうか、知りたい。100パーセント信頼してくれる会長、監督が必要なんだ。そうでなければ、引退したままだろうね。そんなクラブを見つけることができれば、自分の準備はできている。無償でサインしたっていい。俺はすでに十分なお金を稼いだからね」

    カッサーノは環境次第で現役復帰する意向で、契約条件にこだわりはないという。年俸ゼロでも構わないと話す反面、“あるリーグ”には行かないと断言している。

    「契約しようとしたチームの名前は忘れた」

    「中国行き? 愚かだね。誰もが自分のやりたいことをすればいいと思っている。しかし、中国に行くヤツはお金のために移籍したと認めるべきだよ。俺と契約しようとしたチームの名前なんて忘れてしまったけどね」

    潤沢な資金を使い、高額な移籍金と年俸で世界中から実力者を集めてきた中国リーグは、イタリア人とも関係が深い。広州恒大はマルチェロ・リッピやファビオ・カンナバーロが監督に就任し、FWアレッサンドロ・ディアマンティ、アルベルト・ジラルディーノらも在籍。山東魯能では元イタリア代表FWグラツィアーノ・ペッレがプレーしている。しかし、カッサーノは中国移籍に拒否反応を示し、オファーしてきたクラブ名すら忘れた、と振り返っている。

     記事によれば、現在は毎日トレーニングに勤しみ、週3回のテニスでコンディションを整えているという。

    「(テニスでは)いつも負けるけどね。俺はサッカーをするために生まれてきたんだよ」

    インテル時代は日本代表DF長友佑都を可愛がり、ガラタサライ移籍に際しては相談に乗った男が、再びピッチに戻る日は本当に訪れるのだろうか。

    2/5(月) 14:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180205-00010011-soccermzw-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/23(月) 23:39:13.16 ID:CAP_USER9.net
    現在無所属の元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノが、自身のキャリアを回想した。

    これまでローマやレアル・マドリード、ACミラン、インテルなど、数々のピッグクラブでプレイした経験があるカッサーノ。センスあふれるプレイで「天才」や「ファンタジスタ」と言われる一方で、素行が悪く「悪童」としても有名である。そして、今年1月にサンプドリアとの契約を解除して以来、無所属の状態が続いていたが、今夏にヴェローナへ加入。しかし、引退と引退撤回を繰り返したのちに、わずか17日で電撃退団していた。

    1年以上もピッチから遠ざかっており、事実上の引退ともささやかれているカッサーノだが、伊『Rai Sport』のインタビューに応じ、次のような言葉を口にしている。

    「オレは問題児だ。目を覚ますためにどんな気持ちを持てばいいかわからないんだ。オレは他の選手とは違う惑星でプレイできていたかもしれない。でも、練習が嫌いだったし、いつだってご飯が食べたかった。これが問題。オレが自分自身を台無しにしたんだ……。オレはレアルやインテル、ミランのような世界最高のクラブでプレイした。オレの肩に別の頭が乗っかっていたら、火星でプレイできていたと思うよ。メッシやネイマール、ほかのいくつかの選手のうようにね」

    これまでのキャリアを振り返るカッサーノだが、ローマの英雄フランチェスコ・トッティ氏との思い出も明かした。

    「トッティとオレはストリートでもよく遊んだよ。駐車場にある車の間とかでもボールの取り合いをしたものだ。現在は周りのものが整えられすぎて、iPodやテレビゲームだろ。この職業において、サッカーが趣味であってはいけない。情熱や喜びが必要だ」

    さらに、カルチョについても語っている。

    「イタリアは本当に低迷しているように見える。組織されていてもタレントがいない。セリエAの試合を見るのは非常に退屈だ。公園でサッカーをしている人たちを見る方がよっぽど面白いよ」

    タラレバは禁物だが、カッサーノにプロ意識があれば、もっと怪物のような選手になっていたかもしれない。

    2017年10月23日 23時0分 theWORLD
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13790547/

    写真

    続きを読む

    1:trick ★@\(^o^)/:2017/08/01(火) 06:48:03.18 ID:CAP_USER9.net
    20170724_cassano_getty-1
    お騒がせカッサーノ、やっぱり現役引退否定。「辞めるなんて一度も言ってない」 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170731-00224329-footballc-socc

    7/31(月) 21:29配信

    元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノが、現役継続の意思を明言した。伊紙『ラ・スタンパ』のインタビューで語っている。


    フリートランスファーだったカッサーノは、今月10日にエラス・ヴェローナと契約した。しかし、8日後に現役引退の話題が出ると撤回を繰り返した末、24日に現役引退を宣言。27日にヴェローナとの契約を解除した。

    だが、一部で報じられていたとおり、カッサーノはまだスパイクを脱ぐつもりがないようだ。同選手は「人生は選択の連続で、考え直すことなんて世界で何億回も起きている。ただ、サッカー選手がそれをすると、いろいろと言われてしまう。それがカッサーノとなれば、クレイジーと言われてしまうんだ」とコメント。「人生で何度も良くないことをしてきた。でも、愚かじゃない。いつだって筋は通してきた」と述べている。

    すぐにヴェローナが自分の環境ではないと悟ったカッサーノ。契約解除にかんするクラブとの話し合いでは、「引退するとは一度も言わなかった。違うことが書かれたけど、それが真実だ」とのこと。「だからヴェローナは、ほかのクラブに加入した場合の違約金を設定してきたんだ」と明かしている。

    「僕を必要とする人は、僕に連絡しなければいけない。僕に代理人はいないよ。リミット? 9月だ。そうでなければ家にいるよ」とカッサーノ。35歳のお騒がせ男に声をかけるクラブは現れるだろうか。
    続きを読む

    1:pathos ★@\(^o^)/:2017/07/25(火) 03:44:11.71 ID:CAP_USER9.net
    わずか2週間で契約→引退→撤回→退団→引退…。

    サッカー界きっての“お騒がせ男”、アントニオ・カッサーノがまたもやらかした。なんとヴェロ―ナと契約後の2週間で、二度目の引退宣言をしたのだ。
     
    元イタリア代表FWのファンタジスタは昨シーズン、サンプドリア首脳陣と揉めて構想外に。今年1月に契約解除して無所属となり、16-17シーズンは公式戦で1試合もプレーしなかった。
     
    国内外の様々なクラブからのオファーが報じられる中、7月10日には昇格組のヴェローナと1年契約。サンプドリア時代の盟友ジャンパオロ・パッツィーニとの黄金コンビ復活に期待がかかった。
     
    すると、そのわずか8日後の18日、ホームシックを理由に引退を仄めかす。しかし、同日の会見では、「俺はヴェローナに残る。たしかに今朝はメンタルが弱くなっていた。でも、カミさんがこう言ってくれたんだ。『私も子供たちも、あなたがプレーするのを見ないわけにはいかないのよ』ってな」と、引退をまさかの即日撤回した。
     
    これで一件落着かと思われたが、そう簡単にはいかないのがカッサーノだ。再びモチベーションを失い、退団を直訴したようだ。現地時間24日、ヴェローナのマウリツィオ・セッティ会長がこうコメントした。『ANSA』が伝えている。
     
    「カッサーノはフィジカル的にも技術的にも素晴らしい状態にある。でも、頭が正常じゃないんだ。彼はヴェローナを去る。喋ったと思えば黙り込んだり、精神的に不安定なんだ。チームにいると穏やかになれないようだ。残念だよ」
     
    カッサーノは妻カロリーナ・マルチャリスのツイッターを通じて、「引退はしない。ヴェローナで続けないだけ」とコメント。しかしその直後、同じアカウントで声明文が公開された。
     
    「カロリーナが間違っていた。考えた末に俺は決めた。アントニオ・カッサーノはもうサッカーをしない。セッティ会長、フスティSD、ペッキア監督、選手、ファン、ヴェローナの街に謝罪したい。35歳の俺にとって、優先順位は妻と子供(2人の息子)の傍にいることだ」
     
    その愛する家族はジェノバに住んでいる。1週間前の引退宣言→撤回という流れを考えると、またもや決断を覆す可能性も捨てきれないだろう。同地に本拠を置く古豪ジェノアへ移籍するのではないかと報じる現地メディアもある。
     
    類稀な創造性と技術を併せ持ち、ローマ、レアル・マドリー、ミラン、インテルと数々のビッグクラブを渡り歩いたものの、各所で幾多のトラブルを起こしてきたカッサーノ。はたして、お騒がせ男の行く末やいかに……。
    2017-07-25_07h54_11
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170725-00028090-sdigestw-socc
    続きを読む

    1:pathos ★@\(^o^)/:2017/07/19(水) 02:32:34.88 ID:CAP_USER9.net
    セリエAのエラス・ヴェローナに所属する元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノは、一旦は現役引退を決意したものの、再び考え直したとしてプレー続行を宣言した。伊メディア『スカイ・スポーツ』などが伝えている。

    カッサーノは今年1月にサンプドリアを退団してフリーになっていたが、今月10日にヴェローナへの加入が発表された。だが現地時間18日には、加入からわずか8日での退団と現役引退を決意した模様だとイタリア複数メディアが一斉に報じた。

    18日午後に記者会見を開いたカッサーノは、その席でヴェローナ退団と引退を表明するものと予想されていた。だがその席で同選手が告げたのは、引退を考え直したというプレー続行宣言だった。

    「プレーを続けたいと思っている。心が弱くなった瞬間があったが、この賭けに勝ちたいと思っているんだ。今朝には(引退を)決断していたが、それから話し合いをして考え直した」とカッサーノ。一旦は引退を決めたものの、家族やヴェローナ監督、会長らとの相談により考えを変えたとのことだ。
    20170718_antonio_getty
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170718-00222578-footballc-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/05(日) 17:54:16.87 ID:CAP_USER9.net
    サンプドリアとの契約を解除し、現在は未所属の元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノが、かつてのレアル・マドリード移籍を後悔しているようだ。スペイン紙『マルカ』が4日付で伝えている。

    カッサーノは2006年1月に、当時所属していたローマからレアル・マドリードへと完全移籍。しかし、同クラブではおよそ1年半の在籍でリーグ戦19試合出場2得点と散々な成績に終わり、2007年8月にサンプドリアへレンタル移籍となった。

    同紙は、レアル・マドリード移籍を振り返るカッサーノのコメントを伝えている。その伝えるところによると、同選手は「自分の中での最大の間違いは、レアル・マドリードでの1年半だ。あらゆることをして自らを破滅させてしまったからね。あれは大きな後悔だよ」と当時を回顧。さらに、同選手は「あの時、僕は何の規則も持たないことが好きだったし、母親がマドリードでの生活に幸せを感じていなかったから、イタリアに帰りたかったんだ」と続け、スペインに馴染めなかったことを認めた。

    また、カッサーノは、ローマ退団時に元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティからチームに留まるよう声を掛けられていたことを明らかにしている。

    「もしトッティがくれたアドバイスのうちの10%でも聞き入れていたら、全然違うキャリアを送っていたかもしれないね。僕とローマは契約更新に向けて動いていた。そして、トッティはこういった。『覚えておけ、多少稼ぎが少なくても、世界のどこかに行くよりもここにいる方が幸せだ』とね。結局僕はマドリードに行ったけれど、1年半で再び退団した」

    「もしトッティのアドバイスに従っていたら、ひょっとしたら10年から15年もローマにいたかもしれない。僕は彼のアドバイスを聞いておくべきだった。だけど、僕はいつも通り自分の頭の直感で移籍したんだ」と同選手は話し、トッティからの助言に耳を傾けなかったことを悔いている。

    イタリア復帰後はサンプドリアやミラン、インテル、パルマといったクラブで結果を出し続けた同選手も、現在は所属先を探している状況。現役引退の可能性も報じられているカッサーノだが、もうひと花を咲かせることができるだろうか。
    2017-02-05_18h35_04
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170205-00549367-soccerk-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/31(火) 17:15:03.09 ID:CAP_USER9.net
    元イタリア代表のFWアントニオ・カッサーノがイタリアのテレビ番組『ティキ・タカ』に出演し、改めて現役続行を希望した。

    カッサーノは昨夏、所属していたサンプドリアのマッシモ・フェレロ会長と不和から、チームの構想から外れ、25日に双方の合意の下、契約を解除していた。現在はフリーとなり、新天地を求めてアピールを続けている。

    「家族は別として、オレにはサッカーしかないから、まだプレーしたいし、楽しみたい。もし面白そうなオファーが届いたら、喜んで受け入れたい」

    また今冬の移籍市場で世間を騒がせた中国クラブからの爆買いオファーがあったことを認めている。

    「中国からオファーがあった。だけどオレにとってのサッカーはヨーロッパなんだ。サッカーの素晴らしい所は、強い相手と向かい合い競う事で、お金ではない。プロジェクトに共感したなどと言って、現実はお金目当てで中国に行くようなタイプとはオレは違う」

    なおカッサーノ本人は、妻であるカロリーナ・マルチャリスさんの出身地ジェノヴァでの生活が気に入っており、移籍先としてはジェノヴァ近郊に拠点を置くセリエBヴィルトゥス・エンテッラへの移籍を希望しているとされる。
    2017-01-31_19h54_38
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170131-00000020-goal-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/03(火) 17:33:10.97 ID:CAP_USER9.net
    インテルに所属する日本代表のDF長友佑都が今冬、サンプドリアへレンタルされる可能性があると、イタリア紙『イル・セーコロXIX』が報じている。

    1月中にサイドバックの補強を目指すサンプドリアは、レギア・ワルシャワで右サイドバックが本職のDFバルトシュ・ベレシンスキとほぼ合意に達している。

    しかし、所属するMFヤコポ・サーラのケガのほか、DFドドーとDFペドロ・ペレイラの移籍が間近となり、手薄となったサイドバックの選手をさらに1名、レンタルで補強することになるという。

    候補に挙げられているのが、インテルの長友とDFダヴィデ・サントン、DFマルコ・アンドレオッリ、そしてボローニャのDFイブラヒマ・エムバイェだという。

    しかし長友については、本人がインテル残留を希望していると伝えられており、今後の動向は注目されるところだ。

    なおサンプドリアには、長友の元同僚であるFWアントニオ・カッサーノが所属しているが、クラブとの確執からチームに残留するかどうかは不透明となっている。
    2017-01-04_07h43_00
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170103-00000004-goal-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/11/22(火) 16:42:51.56 ID:CAP_USER9.net
    長友佑都の友人関係に再び注目が集まっている。

    先日、ガラタサライに所属するオランダ代表MFヴェスレイ・スナイデルのインタビューがイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』で公開された。その中で元チームメートの長友に言及する一幕があった。「彼(長友)はすごい人間だよ」「実際、日本人にとってイタリアで長年生活するのは難しいことだ。まったく別の世界からやって来たわけだし、もちろん最初は言葉なんて話せなかった」「(そんな中で)ユウトは長いことインテルにいるよね」と称賛していた。

    長友と言えば“コミュ力の高さ”が有名だ。持ち前の明るいキャラクターを活かしてチームに溶け込み、数々の大物と交友関係を築いてきた。

    例えばハビエル・サネッティとの関係は有名だろう。現役時代にインテルでつけていた背番号4が永久欠番となり、現在はクラブの副会長を務めているレジェンドの一人だ。長友とは“お辞儀パフォーマンス”を披露し、ピッチ内外で互いへのリスペクトを事あるごとに口にしてきた。今年4月に行われた契約延長会見でもサネッティは「ユウトはプロフェッショナルな選手だ。一人の人間として彼を祝福したい」と、会長と選手という関係を越えて喜びを語っていた。

    “悪童”たちとの仲の良さも有名だ。アントニオ・カッサーノは2012年にインテルに加入した際、入団会見で「僕は楽しむためにも来たんだ。長友のためにね。彼はお気に入りなんだ(笑)」と口にしていた。その後、親友となった2人は、今でも固い絆で結ばれている。

    今年2月のインテル対サンプドリア戦で再会を果たした際、長友が試合後にTwitterで「今日はチームの勝利と親友カッサーノに会えて最高の一日だった。試合後ずっと話してたけど、また一緒にプレーしたいと盛り上がった」「悪童とかいろいろ言われるけど、純粋な心を持った良いやつなんだよね」とつぶやいていたことからも明らかだろう。

    そしてマルコ・マテラッツィとの関係性も見逃せない。「ユウトが大好き」と公言してはばからない元イタリア代表DFは今年来日した際、長友とミランの本田圭佑とともに3人で撮った写真をインスタグラムで公開し、ファンを喜ばせた。

    以上のように長友は各国を代表するプレーヤー、クラブのレジェンドであり副会長、様々な悪童たちと良好な関係を築いている。海外で日本人プレーヤーが成功するために最も必要な要素としてコミュニケーション能力の高さが挙げられるが、イタリアの名門で長年プレーし、人々から愛される理由の一つが“コミュ力の高さ”であることは間違いなさそうだ。
    2016-11-22_21h44_07
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161122-00000005-goal-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/10/13(木) 20:18:58.38 ID:CAP_USER9.net
    ローマFWフランチェスコ・トッティが、トップデビューしてから24年間を過ごした同クラブで最も理解し合えていた選手について触れている。

    16歳でプロデビューを飾ったトッティは、その後もローマ一筋でプレーを続けてきた。先日40歳になった同選手は、これまで764試合出場306得点と驚異的な数字を残している。

    まさに「生けるレジェンド」となっているトッティだが、そんなストライカーが今までプレーした中で最良のコンビネーションを見せられたと感じる選手はいたのだろうか。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』で質問を受けたトッティは、次のように答えた。

    「技術の面でなら、(アントニオ・)カッサーノだ。彼とはピッチ内でもよく話し合っていた。どんな時でも簡単に理解し合えていたよ」
    2016-10-14_08h15_43
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161013-00000019-goal-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ