海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:カッサーノ

    1: 久太郎 ★ 2020/10/17(土) 20:38:46.18 _USER9
    「午前4時に彼の部屋に入って…」

    10月17日に開催されるセリエAの第4節では、インテル対ミランのミラノ・ダービーが行われる。

    イタリア紙『Gazzetta dello Sport』は試合当日、両クラブでプレーしたアントニオ・カッサーノにインタビュー。元イタリア代表はその中で、インテル時代にチームメイトだった親友の名前も出した。

    カッサーノは2010-11シーズン途中にミランに移籍し、スクデット(優勝)を獲得。翌シーズンには試合後に心臓の問題が見つかり、緊急手術を受ける経験もしている。

    Gazzetta dello Sport紙にミランとインテルのどちらでより力を出せたか問われると、カッサーノは「ミランだね。素晴らしいスクデットとスーペルコッパを獲得できた」と答えた。

    「心臓に問題があったとき、死から助けてくれたこのクラブには一生感謝しなければいけない。(当時のオーナーだったシルビオ・)ベルルスコーニと(CEOのアドリアーノ・)ガッリアーニは息子のように扱ってくれた。ただ、ガッリアーニとは中国でひどいケンカをしたんだ。契約延長を望んだのだが、彼が先送りしたんだよ。それで放出を求め、インテルに移籍した」

    2012年のことだ。17歳の対戦時のゴールで一躍注目を集めたカッサーノにとっては、「子どものころからの夢がかなった」移籍だった。幹部だったピエロ・アウジリオ、マルコ・ブランカを、カッサーノは「兄」と表現している。

    次にカッサーノが名前を挙げたのが、日本でも仲の良さがたびたび話題となった長友佑都(現マルセイユ)だ。「ナガトモとはとてもウマがあった。今も連絡する」というカッサーノは、あるエピソードも明かした。

    「あるダービーの前、午前4時に彼の部屋に入ってね。アイマスクで寝ていたんだけど、コオロギみたいに飛び跳ねたよ(笑)」

    カッサーノがインテルでプレーしたのは1シーズンだけだった。それから7年以上が過ぎている。それでも連絡を取り合い続けるほど、長友との出会いは特別なものだったようだ。
    2020-10-17_21h52_47
    https://news.yahoo.co.jp/articles/32702a316be9c04c47a8f5aad02600c0c18dd990

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/04/08(水) 22:24:20.09
    元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノ氏がインタビューに応え、レアル・マドリード時代の思い出を語った。スペイン紙『マルカ』が8日に伝えている。

    カッサーノ氏はローマでの活躍ぶりを買われて2005年夏にレアル・マドリードへ移籍。しかしレアルでの2年間は体重管理に失敗するなど、満足な時間を過ごすことは出来なかった。2年目には恩師ファビオ・カペッロ監督(当時)が就任し、ブレイクの足がかりを掴んだかに見えたが、ロッカールームでカペッロ氏を侮辱してチームから追放された。

    当時を振り返ってカッサーノ氏は「『ドン​​・ファビオ』カペッロと一緒に戦うことができる、僕のベストシーズンの1つだった。僕は10キロ落として、82キロになった。シーズンの最初の2つのゲームで先発したけど、3試合目で彼は僕を先発から落としたから、腹を立てたんだ。カペッロには誤りたいね」と自身の行動を振り返った。

    また当時の同僚であるデイヴィッド・ベッカム氏については「ベッカムは素晴らしいサッカー選手だったが、何よりも彼は素晴らしい人間さ。世界中で知られているスターだったけど、謙虚であり続けていた」とコメント。また「僕は彼よりハンサムだった」とおどけてみせた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200408-01054745-soccerk-socc  
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/04/01(水) 06:34:23.27
     カッサーノ氏、マラドーナやロナウドを引き合いにメッシの凄さを強調
    no title

    元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノ氏が、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシについて、元同国代表FWディエゴ・マラドーナ氏を超えた史上最高のサッカー選手だと述べている。英紙「デイリー・メール」が伝えた。

    メッシとマラドーナ氏は、ともにアルゼンチンのレジェンドだ。マラドーナ氏は1986年メキシコ・ワールドカップ(W杯)で世界一の称号を手にしているのに対して、メッシはクラブと個人レベルでは数え切れないほどのタイトルを獲得してきたが、W杯制覇はいまだ果たせていない。

    しかし、カッサーノ氏はイタリア紙「コリエレ・デロ・スポルト」のインタビューで、「マラドーナは誰も見たことがないようなことを4年か5年続けてきた。しかし、メッシは同じことを15年もやってきている」とコメント。「彼は710ゴールと300アシストを記録している。彼がプレーすれば、1-0で試合が始まるようなものだ。“マラドーナ教”は、彼(マラドーナ)を凌駕する存在がいるということを受け入れなければならない」と続けた。

    2006年から08年まで所属したレアル・マドリード時代に、若き日のメッシと対戦した経験があるカッサーノ氏。元チームメイトで“怪物”の異名で知られた元ブラジル代表FWロナウドの逸話を明かしたうえで、メッシのほうが上だと主張している。

    「私たちはホームで0-1で負けていた。ロッカールームで監督がロニー(ロナウド)を下げ、ファン・ニステルローイを入れようとした。しかし、彼は監督に『ノー。もし15分間で2ゴールを決められなかったら交代してくれ』と言った。そして後半、15分間でロナウドが2点を決めて2-1と逆転したんだ。私はもしサッカーの神様がいるとしたら、それはロナウドだと思ったよ。だがその後、メッシは彼以上だと分かったんだ」

    カッサーノ氏はライバルだったにも関わらず、バルセロナ一筋で10回のリーグ制覇、6回のコパ・デル・レイ優勝、4回のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)制覇などに輝いた“アルゼンチンの魔法使い”に敬服。そして、メッシこそがサッカー史上最高の選手だと考えているようだ。

    4/1(水) 6:30配信 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200401-00254585-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/08/27(火) 21:59:04.44
    カッサーノがイカルディ嫁を前にして……
    “犬猿の仲”と目される二人がインテルの元主将の去就を巡って再び激論をかわした。

    事の発端は、元イタリア代表FWのアントニオ・カッサーノが、現地時間8月25日にイタリアの大手メディア『Media Set』のサッカー番組『Tiki Taka』へゲスト出演した際のコメントだった。古巣インテルに所属するアルゼンチン代表FWのマウロ・イカルディに対して、次のように言い放ったのだ。

    「数か月前に言ったことをもう一度言う。イカルディはラミレス(元・江蘇蘇寧)と同じ末路をたどり、ピッチに足を踏み入れることはないだろう。あいつは終わった。ピッチを見ることはもうないだろう。イカルディたちはユベントスからのオファーを待っているのだろうが、トリノには、ワンダ・ナラ(妻)と2人で歩いていくことになるだろう」

    この発言はイカルディの現状を腐したものである。26歳のアルゼンチン代表ストライカーは、昨シーズン途中にクラブと衝突。以来、主将を剥奪されただけでなく、チームの蚊帳の外に置かれ、アントニオ・コンテ新監督が就任した今シーズンも、背番号9を新加入のロメル・ルカクに譲るなど、完全に構想外となっている。

    当然、イカルディは新天地への移籍の噂が噴出。ナポリやローマが有力候補に挙げられたが、本人はユーベ移籍を希望しているとも報じられ、いまだ去就は不透明なままとなっている。

    歯に衣着せぬ発言をすることでも知られるカッサーノは、イカルディの動向を辛辣に皮肉ったわけだが、これに異を唱えたのが、同選手の代理人も務めている妻のワンダ・ナラだ。

    以前もカッサーノと同番組内で言い争いを展開していたワンダは、面と向かって、「彼の言っていることは事実じゃない。ちゃんと敬意を払って話をすべきだわ」と反論。さらに愛する夫マウロの現状を告白した。

    「あなたにマウロを馬鹿にすることなんてできない。マウロはインテルに100%残留したがっているわ。それは彼自身が下した結論であり、誰にも決断を強要されることはない。コンテはイカルディを使いたければ使えばいいのよ。彼はインテル以外のオファーをすべて拒否した。世界中の誰もが、拒否しないようなオファーも届いたけど、クラブのために『ノー』と言ったのよ」

    これにカッサーノが反論することはなかったようだが、このワンダの発言はクラブ幹部の逆鱗に触れた。現地時間8月26日に行なわれたセリエA開幕節のレッチェ戦後、インテルのジュゼッペ・マロッタCEOは強い不快感を露わにした。

    「あのワンダ・ナラの発言は、タイミングと方法の両面で、我々は少々苛立ちを覚えた。それと同時に私は、クラブの誰かがイカルディに対して、インテルに残るように言ったということも断固として否定できる。とくにスティーブン・チャン会長の下ではあり得ない話だ」

    マロッタCEOの態度を見る限り、イカルディにインテルでの居場所はないように感じられるが、果たして、サッカー界屈指のお騒がせ夫婦はどのような策を講じるのか。今後の動向からも目が離せない。
    2019-08-27_23h41_48
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190827-00063362-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/01/19(土) 10:54:48.48
    サッカー界きっての“問題児”として知られた男は、引退後も話題に事欠かない。

    現在36歳の元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノは、昨年8月に二転三転した末、「モチベーションの低下」を理由に現役引退を表明した。

    「バーリ(出身地)の宝石」とも呼ばれた彼は、ローマやレアル・マドリー、ミラン、インテルといった欧州のビッグクラブでファンタジー溢れるプレーを披露。全盛期に放った輝きは凄まじいものだった。

    その一方で、相次ぐ素行不良が目立った選手でもあった。オーバーウェイトで監督と衝突したり、行き過ぎた夜遊びがメディアに晒されることも、一度や二度ではなかった。

    その素行不良ぶりが、自らのポテンシャルを最大限に発揮するうえで障壁になったことを、本人も自覚している。カッサーノは、イタリア・メディア「Sky」のインタビューで、「俺はメッシのようにもなれた」と、自身のキャリアについて振り返っている。

    「俺はいくつかのビッグクラブでプレーした。幸運じゃなかったなどとは、言うことはできない。どんな大失敗しても、別のチャンスがあると分かっていたんだ。

    トッティが前に言っていたように、俺はできることの50パーセントしかやらなかった。時には雑なこともあったし、トレーニングも嫌いだった。もしも15年間、やるべきことをやっていれば、メッシのようになれたんだ」

    問題の言動を繰り返したことで、類まれなる才能を存分に発揮できないまま歳を重ねたカッサーノ。その我の強いキャラクターが、人々に愛されるゆえんでもあったのだが、彼がプロフェッショナルらしく私生活で自己管理を行なっていたら、本当にメッシのような偉大なクラッキになっていたのかもしれない
    2019-01-19_11h27_31
    1/16(水) 5:40 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190116-00010002-sdigestw-socc

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/14(日) 18:28:45.94 ID:CAP_USER9.net
    元イタリア代表のアントニオ・カッサーノ(36)が13日、現役引退することを自身のSNSで発表した。イタリア3部エンテッラの練習に8日から参加したばかりだったと、14日付の伊紙ガゼッタ・デロ・スポルトが報じた。

    加入してからわずか5日での電撃引退となった。カッサーノは「本当に全てが終わったことを決断する日がやってきた。もはやトレーニングを続けていくだけのメンタルを持っていないことに気づいた」とサッカー選手への意欲がなくなったことを明かした。さらに「サッカーでは情熱と才能が必要だが、特に強い意志が必要になってくる。けれど俺は今の所、他に優先したいものがある」と現役引退への理由も記した。

    ローマでの活躍が認められRマドリードへ移籍するなど輝かしい経歴を持つが、カペッロ監督との関係悪化や主審への侮辱で退場など問題を引き起こし、多くのクラブを転々とした。だが「サッカーは俺にこれまで素晴らしい人たちにめぐりあわせてくれたし、俺を貧困から救ってくれ、いい家庭を恵んでくれ、十分に楽しませてくれた。今でも試合を見ると、引きずり込まれる」と自身のサッカー人生を振り返った。

    また、やんちゃな性格から“悪童”とまで言われたことにも触れ「もし違った性格だったら、もっといいプレーができただろうし、より多くのものを勝ち取っていただろう。でも俺は信じられないくらい感動的な人生を送ったし、今では唯一大事に思っている家族や友人たちが私のそばにいる。悔恨の念は全くない」とコメント。現在はクリストファーとリオネル、2人の息子に恵まれ、家族にはメッシだけが父親より優れた選手だと話していたという。

    10/14(日) 17:04配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181014-00361778-nksports-socc

    写真

    続きを読む

    1:ほニーテール ★:2018/10/11(木) 21:12:37.96 ID:CAP_USER9.net
    元イタリア代表FWで現在セリエCエンテッラの練習に参加しているアントニオ・カッサーノ(36)が、現在のセリエAやイタリア代表に苦言を呈した。9日の伊紙ガゼッタ・デロ・スポルトが報じた。

    カッサーノは「今のセリエAはレベルの低い選手が多い」とばっさり。「私がサッカーを始めた頃、フィオレンティナは7番手だったが、ルイコスタ、バティストゥータ、エジモンドらがいた。今はユベントスだけが強力なチームになっている。ユベントスのロナウドとACミランのイグアインを除いて、あの頃のサッカーができる選手がいるだろうか」と続けた。

    またイタリア代表についても「私はビエリ、トッティ、デルピエロらと一緒にプレーしていた。時にはモンテッラ、キエーザ、ディナターレが代表に招集されないこともあった。今はセリエAで2戦連続出場して1ゴールすればもう代表に呼ばれる。その理由はただ1つ。強い選手がいないということだけだ」と手厳しかった。
    2018-10-11_21h48_28
    https://www.nikkansports.com/m/soccer/world/news/201810090000566_m.html?mode=all
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★:2018/08/04(土) 18:30:40.42 ID:CAP_USER9.net
    36歳のストライカーが現役続行宣言 「本当にプレーしたくてたまらない」

    フットボール界には類稀な技術とともに奔放な言動をする“悪童”が数多くいるが、その代表格と言えるのが元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノだ。昨夏にベローナ退団後、1年間実戦機会から遠ざかっているが、36歳となった今も現役続行する気満々で「コンディションも万全」なのだという。

    イタリアのテレビ局「スカイ・スポーツ」にインタビュー出演したカッサーノ。10代で台頭したローマを皮切りに、銀河系軍団のレアル・マドリード、サンプドリア、ACミラン、インテル、パルマと渡り歩いた末、昨夏ベローナに入団。しかしクラブの意向と合わず即退団し、現在は未所属となっている。それでも自らのトレーニングには自信満々のようだ。毎日12kmのラン、そしてテニスに励んでフィットネスを整えており、このように豪語している。

    「俺は本当にプレーしたくてたまらないんだって。
    フィジカル的に、素晴らしく良い肉体をしているぜ。体重は82キログラムだ。今までで一番良い感じだ!」

    カッサーノはレアル時代、夜遊びに耽りすぎてコンディションを落とし、マドリディスタからの批判に曝されたこともある。175センチの体格を考えると数字上は少々重めのようにも感じられるが、毎日体を動かして調子の良さを実感してようだ。さらに、こんな“カッサーノ節”も披露している。

    「俺の住んでるところ、もしくは家から1~2時間以内で通えるところでプレーしたいね。フィジカル、メンタル的に準備はできている。昨季こそスパークした姿を見せられなかったけど、今季俺に興味のあるチームがあれば、オファーを検討するぜ」

    数々のお騒がせぶりの一方で、足元のスキルは絶品であるのも確か。果たしてカッサーノに声をかけるクラブは現れるだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180804-00126306-soccermzw-socc
    8/4(土) 17:35配信

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/02/06(火) 06:34:04.78 ID:CAP_USER9.net
    元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノは、2017年7月にヴェローナと1年契約を結んだが、わずか1週間で退団を発表。その後撤回、再び退団・現役引退発表と問題児ぶりを発揮。最終的に契約解消となり、現役復帰に意欲を燃やしている。

    そんななか、35歳のベテランは、巨額の移籍金でスター選手を買い集める中国への移籍について、「愚かだ」と持論を展開した。イタリア紙「コリエレ・デラ・セーラ」が報じている。

    ローマ、レアル・マドリード、ACミラン、インテルと世界的ビッグクラブを渡り歩いたカッサーノ。イタリア代表でも2012年の欧州選手権で準優勝に貢献する実力者だったものの、体重増加問題や素行不良などでたびたび問題を起こしてきた。2017年にサンプドリア退団後は無所属の期間が続き、最後に契約したヴェローナでは二転三転の末に現役引退を発表したが、再び心変わりしている。

    「自分の数々の過ちの代償を払った。そういうものなんだ。まだ活躍できるかどうか、知りたい。100パーセント信頼してくれる会長、監督が必要なんだ。そうでなければ、引退したままだろうね。そんなクラブを見つけることができれば、自分の準備はできている。無償でサインしたっていい。俺はすでに十分なお金を稼いだからね」

    カッサーノは環境次第で現役復帰する意向で、契約条件にこだわりはないという。年俸ゼロでも構わないと話す反面、“あるリーグ”には行かないと断言している。

    「契約しようとしたチームの名前は忘れた」

    「中国行き? 愚かだね。誰もが自分のやりたいことをすればいいと思っている。しかし、中国に行くヤツはお金のために移籍したと認めるべきだよ。俺と契約しようとしたチームの名前なんて忘れてしまったけどね」

    潤沢な資金を使い、高額な移籍金と年俸で世界中から実力者を集めてきた中国リーグは、イタリア人とも関係が深い。広州恒大はマルチェロ・リッピやファビオ・カンナバーロが監督に就任し、FWアレッサンドロ・ディアマンティ、アルベルト・ジラルディーノらも在籍。山東魯能では元イタリア代表FWグラツィアーノ・ペッレがプレーしている。しかし、カッサーノは中国移籍に拒否反応を示し、オファーしてきたクラブ名すら忘れた、と振り返っている。

     記事によれば、現在は毎日トレーニングに勤しみ、週3回のテニスでコンディションを整えているという。

    「(テニスでは)いつも負けるけどね。俺はサッカーをするために生まれてきたんだよ」

    インテル時代は日本代表DF長友佑都を可愛がり、ガラタサライ移籍に際しては相談に乗った男が、再びピッチに戻る日は本当に訪れるのだろうか。

    2/5(月) 14:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180205-00010011-soccermzw-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/23(月) 23:39:13.16 ID:CAP_USER9.net
    現在無所属の元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノが、自身のキャリアを回想した。

    これまでローマやレアル・マドリード、ACミラン、インテルなど、数々のピッグクラブでプレイした経験があるカッサーノ。センスあふれるプレイで「天才」や「ファンタジスタ」と言われる一方で、素行が悪く「悪童」としても有名である。そして、今年1月にサンプドリアとの契約を解除して以来、無所属の状態が続いていたが、今夏にヴェローナへ加入。しかし、引退と引退撤回を繰り返したのちに、わずか17日で電撃退団していた。

    1年以上もピッチから遠ざかっており、事実上の引退ともささやかれているカッサーノだが、伊『Rai Sport』のインタビューに応じ、次のような言葉を口にしている。

    「オレは問題児だ。目を覚ますためにどんな気持ちを持てばいいかわからないんだ。オレは他の選手とは違う惑星でプレイできていたかもしれない。でも、練習が嫌いだったし、いつだってご飯が食べたかった。これが問題。オレが自分自身を台無しにしたんだ……。オレはレアルやインテル、ミランのような世界最高のクラブでプレイした。オレの肩に別の頭が乗っかっていたら、火星でプレイできていたと思うよ。メッシやネイマール、ほかのいくつかの選手のうようにね」

    これまでのキャリアを振り返るカッサーノだが、ローマの英雄フランチェスコ・トッティ氏との思い出も明かした。

    「トッティとオレはストリートでもよく遊んだよ。駐車場にある車の間とかでもボールの取り合いをしたものだ。現在は周りのものが整えられすぎて、iPodやテレビゲームだろ。この職業において、サッカーが趣味であってはいけない。情熱や喜びが必要だ」

    さらに、カルチョについても語っている。

    「イタリアは本当に低迷しているように見える。組織されていてもタレントがいない。セリエAの試合を見るのは非常に退屈だ。公園でサッカーをしている人たちを見る方がよっぽど面白いよ」

    タラレバは禁物だが、カッサーノにプロ意識があれば、もっと怪物のような選手になっていたかもしれない。

    2017年10月23日 23時0分 theWORLD
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13790547/

    写真

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ