海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:カリアリ

    2017-04-10_08h25_13

    1:ranran roo ★@\(^o^)/:2017/04/10(月) 02:32:58.21 ID:CAP_USER9.net
    スポニチアネックス 4/10(月) 2:07配信

    イタリア・セリエAで史上初めて北朝鮮選手がゴールを決めた。カリアリに所属する18歳のFWハン・クァンソンが9日、デビュー2戦目となったホームのトリノ戦で1―3の後半36分から出場。同50分に左クロスを頭で押し込み、プロ初ゴールを記録した。試合は2―3で敗れた。

    ハンは2日に、3―1で勝った敵地のパレルモ戦に後半41分から途中出場しプロデビュー。北朝鮮選手として初のセリエA出場を果たしていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170409-00000159-spnannex-socc
    続きを読む

    1:カイキニッショク ◆Q.7YV6dKqY カイキニッショク ★@\(^o^)/:2017/04/04(火) 01:46:41.72 ID:CAP_USER9.net
    北朝鮮人選手が欧州5大リーグで初めてピッチに立つ! 18歳FWがセリエAデビュー

    SOCCER DIGEST Web 4/3(月) 17:27配信

    イタリアのみならず、ヨーロッパの主要リーグにおける新たな歴史の始まりだ。現地時間4月2日、カリアリに所属する北朝鮮出身FWのハン・グァンソンがセリエAデビューを飾った。
     
    2014年に行なわれたU-16アジア選手権優勝メンバーで、2015年のU-17ワールドカップにも出場した18歳のハンは、オランダの名門アヤックスも狙っていた新星。カリアリにはトライアルを経て3月に加入した。
     
    加入当初はプリマベーラ(U-19)で練習していたハンだが、ユース年代の国際大会「ヴィアレッジョ・トーナメント」のパルマ戦で1ゴールを挙げるなど台頭し、カリアリのマッシモ・ラステッリ監督から3月19日に行なわれたラツィオ戦(29節)でトップチームに初招集されていた。
     
    そのラツィオ戦ではベンチを温めただけに終わったハンだが、4月2日のパレルモ戦ではチームが2-1とリードしていた86分にマルコ・サウとの交代でピッチに登場。セリエAデビューを飾ったのだ。
     
    イタリアでは昨シーズン、やはり北朝鮮出身MFのチェ・ソンヒョクがフィオレンティーナのユースに在籍したが、トップチームに昇格することなく、シーズン後に退団している。そのためハンは正真正銘、セリエAでプレーした初の北朝鮮人選手となった。
     
    ヨーロッパ全体を見回せば、北朝鮮人選手はロシアなどですでにプレーしている。だが、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などによると、スペイン、ドイツ、イングランド、イタリア、フランスの欧州主要5大リーグでピッチに立った北朝鮮人選手は、ハンが初という。
     
    イタリアはかつて、1966年ワールドカップで北朝鮮に敗れ、グループステージ敗退に追いやられるという屈辱を味わわされた過去を持つ。そんな「因縁」のあるイタリアの地でハンがデビューを果たしたのも、何かの運命かもしれない。
     
    18位のクロトーネに勝点18差をつけているカリアリは、すでに残留がほぼ確実。残り8試合でハンにさらなるチャンスが巡ってくるかに注目だ。
    2017-04-04_09h01_16
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170403-00024206-sdigestw-socc
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/12/16(水) 07:46:30.11 ID:CAP_USER*.net
    【インテル 3-0 カリアリ コッパ・イタリア 5回戦】

    コッパ・イタリア5回戦が現地時間の15日に行なわれ、日本時間DF長友佑都が所属するインテルはホームでカリアリと対戦した。

    長友は3試合ぶりに左サイドバックで先発出場を果たす。チームはステバン・ヨベティッチ、アデム・リャイッチ、マウロ・イカルディを温存し、4-4-2でカリアリに挑む。

    すると24分、インテルはFWパラシオのゴールで先制に成功する。左サイドからのクロスにボレーで合わせた。そのまま前半を1-0でリードして終えると、72分にMFブロゾビッチが技ありのミドルシュートで追加点を奪い、終了間際にはFWペリシッチもゴールを決めて3-0で快勝を収めた。

    長友は5試合ぶりのフル出場を果たしている。

    【得点者】
    24分 1-0 パラシオ(インテル)
    71分 2-0 ブロゾビッチ(インテル)
    81分 3-0 ペリシッチ(インテル)

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151216-00010004-footballc-socc
    フットボールチャンネル 12月16日(水)7時5分配信
    20151216_Nagatomo2_Getty-560x373
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151216-00010004-footballc-socc.view-000
    5試合ぶりフル出場を飾った長友
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1450219590/

     
    続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/03/22(日) 07:52:38.78 ID:???*.net
    GOAL 3月22日(日)6時45分配信

    'ミランが4戦ぶり白星も本田は…'

    21日に行われたセリエA第29節、ミラン対カリアリの一戦は、3-1でホームのミランが勝利した。MF本田圭佑は前節に続いて先発出場し、70分までプレー。好機を演出する場面もあったが、ボールロストも目立ち、交代時に観客からブーイングを浴びせられた。

    4試合ぶりの白星を目指すミランは、中盤にデ・ヨングが復帰。ボナヴェントゥーラが負傷で欠場し、ポーリがスタメンに名を連ねる。前線と守備陣は前節と同じ顔触れとなった。

    ウルトラスが観戦拒否を呼びかけ、スタジアムに空席が目立った一戦、ミランは立ち上がりが今ひとつ で、6分にはサウに決定機を許すが、シュートが枠をとらえず事なきを得る。

    ペースをつかめないミランだったが、21分に個人技から均衡を破った。本田のプレスからポーリが高めの位置でボールを奪い、左のメネスに展開。背番号7はワンステップでドンサーのマークを外すと、カーブのかかった見事な右足シュートをネットに沈めた。

    20分過ぎには本田が絡んでミランに追加点のチャンスが訪れる。23分、本田のFKからメクセスがオーバーヘッドを放ち、2分後には本田の大きなサイドチェンジからアントネッリがシュートに持ち込む。だが、いずれもカリアリ守備陣に阻まれた。

    その後も35分にファン・ヒンケル、40分に本田と、ペナルティーエリア外からのミドルシュートを見せたミランは、1-0のまま前半を終える。

    だが、後半立ち上がりにミランは失点。47分、前線で失ったボールからカウンターを許すと、メクセスがファリアスに簡単に抜かれ、1-1と追いつかれた。

    またも嫌な流れになりかけたミランだったが、メクセスがすぐさま汚名返上に成功する。失点から2分後、メネスのCKにメクセスが右足ボレーで合わせ、再びミランが2-1と勝ち越す。

    57分には前線で良い形をつくるが、シュートを狙おうとした本田のドリブルが流れ、DFに阻まれる。スタンドからはブーイングが飛んだ。

    試合がこう着してから迎えた70分、インザーギ監督は本田を下げ、チェルチを投入。ベンチに下がる本田には、スタンドから再び指笛が浴びせられた。

    前節フィオレンティーナ戦で本田とチェルチが交代した直後に失点し、流れを失ったミランは、この日も同じ交代の直後に冷や汗をかくことに。75分、ファリアスのアシストからジョアン・ペドロに決定機を許したが、シュートがクロスバーを叩いて救われる。

    するとその直後、ミランは判定にも恵まれた。速攻で抜け出したチェルチが、チェッピテッリに倒されると、ペナルティーエリアの外だったが、主審はPKとジャッジ。メネスがこれを決めて今季15点目とし、ミランは3-1とリードを広げた。

    2点差にしながらも、その後はカリアリの反撃に苦しんだミランだったが、失点には至らず。アディショナルタイムのカウンターからのチャンスこそ、パッツィーニやチェルチが決められず、4点目こそ奪えなかったが、逃げ切って4試合ぶりに白星を取り戻した。
    2015-03-22_11h17_01
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150322-00000033-goal-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1426981224/

     
    続きを読む

    [10.29 セリエA第29節 カリアリ1-1ミラン]

     セリエAは29日、第9節を各地で行った。日本代表MF本田圭佑の所属するミランは敵地でカリアリと対戦し、1-1で引き分けた。ミランは2戦連続ドロー。敗けなしは6戦に伸びた。
    2014-10-30_06h47_53
    詳しい試合内容は↓のリンク先で
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141030-00185182-gekisaka-socc
    続きを読む

    no title
    インテルは28日に行われたセリエA第5節カリアリ戦に1-4の敗戦を喫した。ワルテル・マッツァーリ監督は、選手たちのコンディションを見誤った自分の選手選択ミスが敗因だったとコメントしている。

    インテルは1-1で迎えた27分、DF長友佑都が2枚目のイエローカードを受けて退場。10人での戦いを強いられると、前半のうちに立て続けに3失点を喫し、前節まで最下位の相手にまさかの大敗を喫する結果に終わった。
    続きを読む


    1: ◆Grampus/xc @しばみみ ★@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 23:48:15.80 ID:???0.net BE:123479591-PLT(13001)
    キャプテン長友空回り…前半27分にレッドカードで退場処分
    ゲキサカ 9月28日(日)22時45分配信

    no title

    画像: Getty Images (ゲキサカ)

    [9.28 セリエA第5節 インテル-カリアリ]

     インテルの日本代表DF長友佑都が、イエローカード2枚で退場処分を受けた。

     インテルはホームでカリアリと対戦。長友は右MFで2試合ぶりの先発。今季初めてキャプテンマークを巻いてプレーした。

     しかし前半25分にイエローカードを受けると、同27分にはFWアンドレア・コッスを後ろから倒してしまい、2枚目のイエロー。長友にとっては2012年10月8日のミラノダービー以来の退場処分となってしまった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140928-00139590-gekisaka-socc

    インテル 1-4 カリアリ
    【インテル】
    オスバルド(前18)
    【カリアリ】
    サウ(前10)
    エクダル(前29)
    エクダル(前34)
    エクダル(前44)

    ※長友は主将で先発も前半27分に2枚目のイエローカード
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1411915695/


    続きを読む

    ↑このページのトップヘ