海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ガラタサライ

    1:サイカイへのショートカット ★:2018/07/15(日) 00:27:43.12 ID:CAP_USER9.net
    長友所属のガラタサライが香川と接触 「初コンタクトを取った」と現地メディア報道
    7/14(土) 19:59配信 Football ZONE web
    https://www.football-zone.net/archives/121849
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180714-00121849-soccermzw-socc

    ガラタサライが香川と接触か



    ■今年3月にも獲得の噂が流れるなか、クラブと香川側が接触したとの報道が浮上

    ドルトムントの日本代表MF香川真司は、トルコ1部の強豪ガラタサライへの移籍の可能性が浮上している。地元メディアではDF長友佑都に続く「二人目のサムライ」として注目されているが、トルコのスポーツ専門サイト「Sporx」はガラタサライと香川が初コンタクトを取ったと報じている。

    ガラタサライは今年1月に期限付き移籍でインテルからDF長友佑都を獲得。その活躍が認められ、6月に2年契約で完全移籍を果たした。そして、長友に続く新たな日本人選手として、香川獲得の準備を進めていると報じられている。

    ガラタサライは昨夏にモロッコ代表MFユネス・ベルアンダを獲得するも、クラブが期待したほどのパフォーマンスではなく、中盤の補強が検討されている模様。そこで“二人目のサムライ”として香川に白羽の矢が立った。

    ガラタサライは今年3月にも香川獲得を狙っていると報じられていたなか、記事では「ドルトムントの日本人スター、シンジ・カガワと初コンタクトを取った」と言及している。

    西野ジャパンを牽引した二人が、初めてクラブシーンで共演することになるのだろうか。


    続きを読む

    1:サイカイへのショートカット ★:2018/07/13(金) 21:31:06.65 ID:CAP_USER9.net
    香川真司にガラタサライ興味「2人目のサムライ」
    2018年7月13日19時55分 日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/soccer/world/news/201807130000770.html

    香川真司



    トルコ1部リーグのガラタサライがドルトムントからMF香川真司(29)を獲得しようとしていると、13日にトルコ紙ミリエット電子版が報じた。今年1月に長友佑都をメンバーとして迎えたガラタサライは、日本からの関心を集めた。そこで「2人目のサムライ」にサインをさせるべく準備中だと伝えた。

    ガラタサライが香川の獲得を狙うという話は3月にも持ち上がっていた。
    続きを読む

    1:3倍理論 ★:2018/06/14(木) 00:43:44.39 ID:CAP_USER9.net
    インテルからガラタサライ(トルコ)への完全移籍を目指す長友佑都について、13日のトルコ紙ミリエットは完全移籍にメドがついたと報じている。移籍金は280万ユーロ(約5億8500万円)という。

    これを受けてか、インテルニュースはトルコ側の情報として「インテルは450万ユーロを要求したが、長友がガラタサライに残りたいという意思を受け、280万ユーロで合意した」と伝えている。
    2018-06-14_08h33_21
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180614-00237902-nksports-socc
    続きを読む

    1:pathos ★ :2018/06/02(土) 18:51:50.46 ID:CAP_USER9.net
    日本代表DF長友佑都のガラタサライ完全移籍の可能性が高まっている中、2日付のガゼッタ・デロ・スポルトが長友の完全移籍金を300万ユーロ(約3億8300万円)とはじき出した。

    それによると、イタリア1部リーグ、インテル・ミラノの経済バランスがフェアプレーであると指し示すため、今月末までUEFAに4500万ユーロ(約57億4500万円)の資金が必要。そのためペリシッチなど5人の選手を売却するとしている。

    長友は2011年1月、チェゼーナからインテルに移籍した際、移籍金は650万ユーロ(約8億3000万円)だったが、今回の完全移籍では300万ユーロの相場だとみられると同紙は報じている。
    2018-06-03_08h10_53
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180602-00000092-dal-socc
    続きを読む

    1:3倍理論 ★:2018/05/28(月) 19:57:28.25 ID:CAP_USER9.net
    トルコのガラタサライに移籍して半年間にも満たないが、DF長友佑都は爆発的な人気を誇っているようだ。SNSにメッセージが投稿されると、すぐさまトルコ語などでのリアクションが殺到。各国で戦う日本代表選手の中でも異彩を放っている。

    長友は27日、自身の公式インスタグラム(@yutonagatomo55)に1枚の画像を投稿。トレーニングを終えたDF槙野智章、DF吉田麻也、MF香川真司との4人が写されている。約1日が経ったいま、『いいね』の数は約12万件、コメントは約5300件を数えている。

    同じ画像を槙野と吉田も投稿しているが、それぞれ『いいね』が約33000件と約14000件、コメント数が約120件と約70件。大きく異なる数字となっている。なお、長友に寄せられたメッセージの大半は「ガラタサライに戻ってきて」というもの。インテルからのローン移籍中の“日本男児”を失いたくない気持ちが示されているようだ。
    news_245845_1
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180528-01654349-gekisaka-socc
    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/05/22(火) 21:13:50.89 ID:CAP_USER9
    インテルミラノからトルコ1部ガラタサライに期限付き移籍している日本代表DF長友佑都(31)は、自身のツイッターで、ガラタサライへの感謝をつづり「心をこめて、ありがとう」とトルコ語で記した。

    現状での契約ではこの後、インテルミラノへ復帰することになっている。リーグ優勝という最高の形でシーズンを終えた長友は、ガラタサライのクラブ、サポーターに感謝の思いを2つ記した。

    1つ目は「来た当初から、自分のことを暖かく向かえてくれた、監督、スタッフ、チームのみんなに感謝しています。こんなに小さな、ただの日本人のサッカー選手なんかに、温かい拍手と声援をくれた、ガラタサライサポーターのみんなにも、心からお礼をいいたいです」。

    2つ目は「信じられない経験をさせていただいた。胸が張り裂けるような、愛情をもらった。“信頼”という言葉の本当の意味を学んだ。将来のことは、どうなるか分からないけど、これからの人生は、ガラタサライのファンの1人であることは、絶対変わらないだろう。心をこめて、ありがとう」。

    長友にとって、ただ単に感謝を記しただけかも知れない。だが、ガラタサライと契約を延長しない可能性があるだけに、惜別のメッセージにも感じるツイッターとなっている。

    日刊スポーツ 5/22(火) 19:01配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180522-00216778-nksports-socc

    写真
    20180522-00216778-nksports-000-view
    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2018/05/21(月) 08:51:50.72 ID:CAP_USER9
    ガラタサライの日本代表DF長友佑都が、ホームスタジアムで行われた優勝セレモニーで『侍パフォーマンス』を披露した。

    ガラタサライは19日に敵地で行ったギョズテペ戦に1-0で勝利。3年ぶり21回目のトルコ1部制覇を飾った。

    一夜明けの20日、ホームスタジアムで優勝セレモニーが行われた。選手一人ひとりが紹介され、ビクトリーロードを通って登場。日の丸をマントのように結んで登場した長友は、刀を持って切りつけるようなポーズをとり、ノリノリで侍パフォーマンスを披露した。

    長友はツイッター(@YutoNagatomo5)で、現地の中継映像を紹介。現地実況は「サムライ、ナガトモ!」と興奮気味に伝え、スタジアムの観衆も大歓声を挙げている。
    2018-05-21_09h11_40
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180521-01654058-gekisaka-socc

    動画

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2018/05/20(日) 23:00:51.69 ID:CAP_USER9
    日本代表DF長友佑都が、1月の決断が「大正解だった」と振り返った。自身のツイッターに記している。

    インテルでコンスタントにプレーできないシーズンが続いていた長友は、今年1月に移籍を決断。トルコのガラタサライにレンタルで加入すると、すぐにレギュラーに定着した。

    そして現地時間19日、リーグ戦最終節で勝利を収めて優勝が決定。長友にとっては、キャリアで初めてのリーグ優勝となった。

    優勝から一夜明けて長友はツイッターを更新。「ガラタサライに来る決断は正解ではなく、大正解だった。サッカー選手としての誇りと、自信を与えてくれた。決断を正解にするかどうかは日々のプロセスで決まる」と記した。

    愛するインテルを離れるという苦汁の決断を下したことで、大きな成功を手にした長友。最高の状態でロシアワールドカップに臨むことができそうだ。
    20180520_nagatomo_getty-560x373
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180520-00270166-footballc-socc

    続きを読む

    2018-05-20_09h26_07

    130: 名無しさん@恐縮です 2018/05/20(日) 07:41:40.72 ID:8jJjCX1B0
    監督の記者会見に乱入する長友。馴染みすぎw

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/05/20(日) 05:52:25.21 ID:CAP_USER9
    まさに有終の美! 鋭いクサビのパスで決勝PKを呼び込む

    現地時間の5月19日、トルコ・シュペルリギは最終節を迎え、敵地でのギュズテペ戦を1-0でモノにしたガラタサライが3シーズンぶり21回目のリーグ優勝を飾った。
     
    日本代表DFの長友佑都は1月末の入団から15戦連続のスタメン出場。序盤からエネルギッシュに左サイドを上下動し、引き分けでも戴冠が決まる大一番で存在を示した。
     
    ハイライトが訪れたのは77分だ。左サイドから中央へ軽く持ち出した長友は、ペナルティーエリア内のFWバフェティンビ・ゴミスに鋭いクサビのパスを送る。このボールを巧みに処理して前に抜け出そうとしたエースが倒され、ガラタサライはPKを獲得。ゴメス自身がこれを豪快に蹴り込み、決勝点とした。


    【動画】長友佑都が15戦連続スタメンで決勝PKを導く絶妙パス!&優勝決定で歓喜の輪!


     
     
    FC東京、チェゼーナ、インテル、そしてガラタサライと渡り歩いてきたプロキャリアにおいて、長友がリーグタイトルを獲得するのは今回が初だ。2017-18シーズンを戦った日本代表の海外組でも唯一のリーグ制覇達成者となった。
     
    インテルからのレンタル期間は今シーズンいっぱいで満了となる。クラブ側も長友も買い取りでの完全移籍を希望しており、まだ金銭面で折り合いが付いていないが、両クラブともロシア・ワールドカップの開幕までには結論を出したい考えだ。
     
    日本代表への合流を前に“自身初”の栄誉を手にした長友。最高の景気づけとなったはずだ。

    サッカーダイジェスト 5/20(日) 3:13
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180520-00040652-sdigestw-socc
     
    写真
    20180520-00040652-sdigestw-000-7-view
    20180520-00270049-footballc-000-1-view

    ・長友佑都が移籍後初のタイトル! ガラタサライ、3年ぶり21回目のリーグ優勝

    【スコア】

    ギュズテペ 0-1 ガラタサライ

    【得点者】
    66分 0-1 ゴミス(ガラタサライ)

    フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180520-00270049-footballc-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ