海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ガラタサライ

    1: Egg ★ 2019/03/03(日) 19:39:38.39
    トルコ1部ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都(32)が、負傷により3日(日本時間4日)に行われるアウェーのエルズルムスポル戦の遠征メンバーから外れたと、3日付のトルコ・ミリエット紙が報じた。

    クラブ公式サイトは「後十字靱帯(じんたい)を損傷」と発表した。「中軽度の損傷」だという。左右どちらかは不明。

    2月24日のアクヒサル・ベレディエスポル戦では、相手との接触で左膝を負傷したが、フル出場。試合後に「膝に思いっきりタックルくらって、何とか気持ちで90分やりました」と話しており、

    チームドクターも「大きな負傷ではないだろう」との見解を示していた。

    2部の格下の相手となった同27日のトルコ杯準決勝第2戦はベンチから外れていた。【オルムシュ由香通信員】

    3/3(日) 18:36配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190303-03030772-nksports-socc

    写真
    2019-03-03_19h47_07
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/02/15(金) 07:55:38.27
    トルコのガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都が2月10日、スーペルリーガ第21節のトラブゾンスポル戦に先発フル出場を果たし、3-1での勝利に大きく貢献するも、よもやの“暴言疑惑”が浮上してしまった。

    チームの主力として順当にスタメンへ名を連ねた長友は前半42分、熱戦の最中にテンションが高まってしまったのか、自身へのファウルの判定を下した主審へ2度「F」で始まる「侮蔑のワード」を浴びせたとされるシーンの動画がSNS上で拡散され、現地トルコメディアもこの長友の暴言疑惑を大々的に報じている。

    「暴言シーンの映像を見る限り、長友の口は確かに“Fワード”を含む発音をしたようにも見えますが、もしも本当にそのワードを発していたとすれば、たとえ不甲斐ない自分自身に対する戒めの言葉だったと釈明しても、欧州では厳罰が下されてしまいます。

    現にトルコリーグでは2月9日に開催されたゲームでも、元スペイン代表FWロベルト・ソルダードが同様の暴言でレッドカードを受けて即退場を命じられています。トルコメディアも現地サポーターによる長友への怒りや処分を求める声などを紹介し、このままおとがめなしに終われば、他サポーターの長友への怒りが蓄積されることになるでしょうね」(スポーツライター)

    魂を込めて戦う“熱い選手”としての側面も併せ持つ長友だが、今後は平常心を保つことも意識していく必要がありそうだ。
    2019-02-15_08h57_12
    http://dailynewsonline.jp/article/1692838/
    2019.02.15 05:59 アサ芸プラス

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/02/11(月) 04:17:43.01
    ガラタサライのDF長友佑都は、10日に行われたトルコ1部リーグ第21節のトラブゾンスポル戦にフル出場した。1アシストを記録して勝利に貢献したが、一つの疑惑が浮上している。トルコ『SKOR』などが伝えた。

    トルコメディアで話題となっているのは、43分の場面。右サイドからのクロスが左サイドに流れたところに長友が追いついたシーンだ。相手との競り合いに勝ってボールを奪った長友だったが、主審はファウルの判定。相手ボールとなっている。

    このとき、長友は主審に向かって暴言を吐いたのではないかという疑惑がある。映像では、確かにいわゆるFワードを2度繰り返したように見えなくもない。これが事実であれば、長友はレッドカードの対象となるのではないかと話題だ。

    長友の暴言疑惑が大きく取り上げられているのには理由がある。

    トルコでは8日、フェネルバフチェのFWロベルト・ソルダードが同じ言葉を発したという理由で一発退場となったばかりだった。長友の発した言葉が暴言だったのであれば、同じ扱いになるはずではないかという指摘だ。

    【了】

    https://www.footballchannel.jp/2019/02/11/post309038/
    no title

    続きを読む

    1: れいおφ ★ 2018/12/02(日) 18:17:43.56 _USER9
    ついに気胸から戻ってきた日本代表DF長友佑都。
    彼が所属するガラタサライは今週末にベシクタシュとのダービーマッチを戦う。

    それを前にホームスタジアムでの練習を公開したのだが、なんと40,541人ものサポーターが大集結!ものすごい雰囲気になっていた。




    これには、長友も驚嘆していたようで、SNS上でこう綴っていた。

    長友佑都
    「試合前日の公開練習に4万人のファンが集まった。熱量が異次元。選手冥利に尽きる。」
    また、トルコ語での感謝も。

    長友以外の選手たちも燃えるようなスタンドの様子をSNSにアップしており、決戦を前に確かな後押しを受けたようだ。6位ベシクタシュ対3位ガラタサライの一戦は日本時間3日(月)午前2時にキックオフされる予定。

    https://qoly.jp/2018/12/02/galatasaray-40541-fans-iks-1

    画像
    no title

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/27(土) 05:38:26.02 ID:CAP_USER9.net
    CLシャルケ戦で緊急交代、診断の結果は肺気胸 現地紙は「2~3週間はプレーできない」



    ガラタサライの日本代表DF長友佑都は、現地時間24日に行われたCLグループステージ第3節の本拠地シャルケ戦(0-0)に左サイドバックとして先発出場。華麗なダブルタッチのドリブル動画がCL公式インスタグラムに取り上げられた一方、終盤に途中交代し、病院で肺気胸と診断された。トルコ紙「Milliyet」は「2~3日後に退院の見込みだが、2~3週間はプレーできない」と報じ、11月の代表戦出場が絶望視されている。

    【関連動画】「メッシか」と海外ファン称賛! ガラタサライDF長友佑都、華麗な“ダブルタッチ股抜き”

    シャルケ戦に出場した長友は圧巻のスキルを見せつけた。タッチライン際でパスを受け、相手のイタリア代表MFダニエル・カリジューリをダブルタッチで翻弄し、股抜きで抜き去るドリブルを披露。CL公式インスタグラムがこのプレーを取り上げ、「スキル・オブ・ザ・デイ」として動画も投稿し、ファンから称賛を浴びていた。

    だが後半37分、相手のクロスを長友がブロックした際にそのまま倒れ込み、途中交代するアクシデントに見舞われた。試合から一夜明け、クラブは気胸と診断結果を公式発表している。

    トルコ紙「Milliyet」は「ナガトモは大きな危険に晒されていたので、すぐさま病院に向かった。2~3日後に退院の見込みだが、2~3週間はプレーできない」と指摘。11月16日にベネズエラ戦、同20日にキルギス戦と日本代表の連戦を控えるなか、コンディション調整や経過観察を踏まえると、11月シリーズの出場は困難と見られている。

    来年1月にはアジアカップを控え、長友は不動の左サイドバックとして起用が予想されていた。しかし、今回のアクシデントで大会の出場も不透明な状況となっている。

    10/26(金) 22:37配信 FOOTBALL ZONE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181026-00143957-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:数の子 ★:2018/10/25(木) 22:37:11.58 ID:CAP_USER9.net
    ガラタサライは25日、前日24日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)で負傷交代した日本代表DF長友佑都が、肺気胸と診断されたことを発表した。全治については明かされていない。

    長友はホームで開催されたグループリーグ第3節のシャルケ戦(0-0)で先発出場。しかし、後半35分にMFダニエル・カリジウリのクロスをブロックした直後、胸を押さえて仰向けに倒れ込み、呼吸が苦しそうな様子を見せた。チームはすぐに長友を下げ、DFオメル・バイラムを投入。長友はその後、検査を受けるために病院へ向かったと伝えられていた。

    クラブ公式サイトによると、長友の診断結果は肺気胸。全治などの詳細は不明となっており、入院して治療する必要があるかどうかは今後明らかになるという。
    news_slider_257575_1

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181025-03564907-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/25(木) 20:19:47.34 ID:CAP_USER9.net
    海外サッカーのトルコ1部ガラタサライの日本代表DF長友佑都が24日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)1次リーグ・シャルケ(ドイツ)戦にスタメン出場。後半には途中交代となったが、試合中に演じた華麗な股抜きが大会公式の「本日のベストスキル」に選出された。動画付きで公開され、海外ファンに「ファンタジー溢れるプレー」「偉大なサムライだ」などと喝采を呼んでいる。



    【動画】「ファンタジー溢れるプレー!」と海外ファン恍惚! 欧州CLが「本日のベストスキル」に選出した長友の“魅惑の股抜き”の実際の瞬間



    無尽蔵のスタミナと突破力を武器とする長友な華麗なテクニックで見せた。欧州CLが脚光を浴びせたのは長友が左サイドライン際でボールを持った場面だ。素早くシャルケMFダニエル・カリジウリがチェックに来ると、背番号55が魅せた。左足でワントラップしたボールを右足にすぐに当て、相手と体をぶつけながら股の下を抜き、そのまま置き去りにしてみせたのだ。

    大会公式インスタグラムは「ナガトモがスターボールをトンネルに通し、スキル・オブ・ザ・デイに選出!」とつづり、実際のシーンを動画付きで公開。魅惑のテクニックに海外ファンが反響を寄せた。

    「ザ・ラストサムライ!」
    「素晴らしいプレー」
    「ファンタジー溢れるプレー」
    「とんでもない選手だ!」
    「なんてスキル」
    「とてもスマートなプレー」
    「偉大なサムライだ」
    「最も好きな日本人プレーヤー」
    「彼はレジェンド」

    コメントが殺到し、公開から3時間あまりで再生回数は35万回を突破。「スキル・オブ・ザ・デイ」には今季、パリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマールらも選ばれており、世界の名手に肩を並べた。

    試合は後半35分に相手のクロスボールが体に当たった直後に途中交代となり、試合は0-0で引き分け。それでも、長友が演じた華麗なテクニックは熱戦が繰り広げられたこの日の欧州CLでも際立っていた。

    10/25(木) 11:05配信
    2018-10-25_21h10_38
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181025-00041385-theanswer-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/11(木) 06:07:27.72 ID:CAP_USER9.net
    トルコ1部のガラタサライがレスターFW岡崎慎司(32)の獲得を考えていると、10日のトルコ紙ハベルトゥルク電子版が報じた。

    FWの補強を望むテリム監督が岡崎に着目、レスターと接触を始めているという。移籍金は200万ユーロ(約2億6000万円)以内と見込み、岡崎獲得のためにMFベルハンダを売却する予定とも伝えた。

    同クラブにはDF長友佑都(32)が所属、今夏にはドルトムントMF香川真司(29)の獲得も取りざたされた。

    10/11(木) 4:50配信
    2018-10-11_08h00_44
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181011-00358263-nksports-socc
    続きを読む

    1:数の子 ★:2018/09/23(日) 18:38:38.61 ID:CAP_USER9.net
    トルコの強豪ガラタサライが、フローニンゲンに所属する日本代表MF堂安律の獲得に興味を示しているようだ。トルコ『Turkiyegazetesi』が報じた。

    ガラタサライでは日本代表DF長友佑都がプレーしており、今シーズンはチャンピオンズリーグに出場している。ファティ・テリム監督は長友のパフォーマンス、そして皆の手本になる姿勢にとても満足しており、ガラタサライには現在「日本の風が吹き始めた」という。

    そこで白羽の矢が立ったのが堂安。昨シーズンは海外挑戦1年目でありながら、エールディヴィジで10ゴール3アシストを記録。一方で、今シーズンはここまでリーグ戦5試合全てにフル出場しながら、チームは1勝4敗と苦しい戦いが続いている。それでも、同メディアはトルコ代表のレジェンドであるMFの名前を出し、「中盤ならあらゆるところでプレーができる。エムレ・ベロゾールに似ている」と評価した。

    ドイツのレヴァークーゼンも興味を示しているとうわさされる堂安。時期は不明ながら、ステップアップのときはいずれ来ることとなりそうだ。
    2018-09-23_19h06_00
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180923-00000017-goal-socc
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/09/19(水) 06:12:26.65 ID:CAP_USER9.net
    長友7季ぶりCLで持ち味発揮、ガラタサライがロシア王者相手に3発快勝発進

    [9.18 欧州CL第1節 ガラタサライ3-0ロコモティフ・モスクワ]

    DF長友佑都の所属するガラタサライ(トルコ)は18日、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)グループDの第1節でロシア王者のロコモティフ・モスクワとホームで対戦し、3-0で勝利した。

    ガラタサライの先制点は前半9分、左サイドから中に切り込んだMFガリー・ロドリゲスが、エリア手前から右足で豪快に突き刺し、幸先よく試合を動かす。

    その後はロコモティフ・モスクワも盛り返してガラタサライは守勢に回る時間帯もあったが、後半22分、ゴール前左でFKを獲得すると、FWエレン・デルディヨクが直接決めて、勝利の可能性をグッと引き寄せた。

    インテルでプレーした11-12シーズン以来となる7季ぶりの欧州CL出場となる長友は、左SBで先発。後半9分にはスルーパスで抜け出してシュート。これは惜しくもオフサイドとなったが、同25分にはクロスボールをMFエムレ・アクババの頭にピタリと合わせるクロスを送るなど、持ち味を十分に発揮した。長友はフル出場だった。

    MFパパ・アリウヌ・ヌディアエが後半42分に退場となったガラタサライだが、同アディショナルタイムにカウンターからPKを獲得。途中出場のMFセルチュク・イナンが決めてダメを押した。同組のもう一試合、シャルケ(ドイツ)対ポルト(ポルトガル)は1-1の引き分けだったため、首位に立った。10月3日の第2節は、敵地でポルトとの対戦になる。
    2018-09-18_20h38_56
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180919-01936692-gekisaka-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ