海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ガンバ大阪

    1: Egg ★ 2019/07/20(土) 22:47:01.88
    ガンバ大阪FW宇佐美貴史が国内復帰戦でいきなり結果を出した。しかし、当人は自身の出来にまだまだ納得がいっていないようだ。

    デュッセルドルフからG大阪に完全移籍で復帰した宇佐美は、20日の明治安田生命J1リーグ名古屋グランパス戦で早速スタメン入り。試合は、開始早々の4分に先制点を奪われ、直後にアデミウソンの得点で一度は同点に追いついたものの、前半終了間際に再びリードを奪われる苦しい展開となった。しかし、そのまま試合が終了するかに思われた後半アディショナルタイムに宇佐美が値千金の同点ゴールを頭で沈め、貴重な勝ち点1を手にしている。

    試合後、復帰戦でのゴールについて宇佐美は「予想外でした」と驚きつつも、「1つ目のゴールがスムーズに出たのは、個人的には今後に向けた明るい材料」であると喜びを口にする。

    一方、デュッセルドルフでのシーズンは5月初めに終了しており、この試合は久々の公式戦。「実戦は3カ月ぶりでしたし、暑さも相まって最初はキツかった」ために特に前半は動きが重かったことを悔やんだ。

    さらに、試合を振り返って「まだまだだな」と感じたともこぼす。「『もう1つ先にパスをつなげていたな』とか、『そのパスがもう少しスムーズに通っていたら』というシーン」があったため、「僕がそこ(チャンスメイク)でしっかりとしたクオリティを示すこと」が重要だと考えているとのこと。それでも、ゴールへの貪欲さも失ってはおらず、様々な反省点が思い浮かんでいるようだ。

    「僕自身がガツガツと結果を求めてやっていくというよりも、そういうところ(チャンスメイク)に取り組んでいく方が、たぶんガンバにとってすごくプラスになると思う」

    「そういうプレーをしながらでも、後ろから上がっていってゴールを決めるということはしなければいけない。今日はなかなかできなかったけど、裏を狙う動きもしなければいけない」

    また、3年ぶりのJリーグに対する印象を問われると、「暑かったです(笑)」とドイツとの気候の違いを挙げる。さらに、主導権を握る重要度が高いリーグだと以下のように主張した。

    「(暑さで)想像を絶するほどスローなテンポになるのは仕方ないなと思いましたし、どれだけ自分たちの時間を大事にできるか。それと、夏場の戦い方と冬場の戦い方はガラっと変わる。そういった中でもしっかりやっていかないといけないし、途中からでも自分たちがボールを持つ時間帯をどれだけ作れるか」

    G大阪は次節、8月2日にヴィッセル神戸とアウェーで対戦。MFアンドレス・イニエスタやFWダビド・ビジャら世界的名手を擁するスター軍団相手に、帰ってきたG大阪のエースはどのような“クオリティ”を示してくれるのだろうか。

    7/20(土) 22:38配信 GOAL
    no title
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190720-00010040-goal-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/07/20(土) 13:35:26.25
    異例だった田中の移籍。そこに熱意はあったのか

    no title

    ガンバ大阪は今夏、ここまでに6人の選手を放出した。

    DFオ・ジェソクがFC東京へ、MF田中達也が大分トリニータへ、FWファン・ウィジョがフランス1部のボルドーへ、MF中村敬斗がオランダ1部のトゥベンテへ、MF藤本淳吾がJ2の京都サンガへ、そして、MF今野泰幸がジュビロ磐田へと新天地を求めた。

    今シーズンは序盤戦でJ2降格圏にも沈んだものの、5月18日のセレッソ大阪戦に勝利してからは4勝3分け1敗。それ以前の11試合が2勝2分け7敗だったことを考えると、明らかにチームの結果は上向いている。では、なぜここまで夏の選手流出が激しいのか。ガンバの番記者として、取材に基づいた事実と私見も交え、読み解いてみたい。

    まず第一に、欧州へとステップアップするファン・ウィジョ、中村の移籍は避けられなかった。クラブは昨季、16ゴールを決める活躍をみせてJ1残留に大きく貢献したエースのウィジョを今季もチームにとどめるため、Jリーグを含めた欧州以外のクラブへの移籍には莫大な違約金を設定した。一方、かねてからウィジョが希望していた欧州クラブからオファーが来た場合は、推定2億円という現実的な違約金を設定。その結果、今夏に本人が希望した欧州からのオファーが届き、送り出すしかなかった。

    さらに2018年に複数クラブとの争奪戦の末に獲得した中村も、欧州クラブからオファーがあった際には送り出す、という条件があったと聞く。近年、若いタレントを獲得する際にはこういった事例が多い。クラブがそれだけ有望な選手を獲得し、育てたことも事実だ。

    続いてオ・ジェソクは、昨季までの4バックから3バックへと布陣変更したことで出場機会が激減していた。藤本も若手の台頭で出場機会を失っていたことで、移籍を決断した。

    異例だったのは、わずか半年でガンバを去った田中だ。今季熊本から加入すると、シーズン序盤戦こそ出場機会に恵まれなかったが、6月29日の松本山雅戦では右ウイングバックで先発し、アシストもマークするなど持ち味を発揮しはじめていた。田中は最後の挨拶のためにクラブハウスを訪れた際、移籍の理由を「一番は(大分の)熱意です」と話した。つまり、ガンバは必要戦力をチームにとどめるという熱意で、大分に劣ったことになる。

    7/19(金) 15:54 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190719-00010006-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/07/17(水) 06:36:52.69
    7/17(水) 4:00配信
    ガンバ大阪の元日本代表MF今野泰幸(36)が、ジュビロ磐田に移籍することが16日、決定的となった。関係者によると既に交渉は大筋合意に至っており、近日中にもクラブから正式発表される見込み。

    今野はセンターバックもこなす万能型MFで、10年南アフリカ、14年ブラジル大会とW杯に2度出場した。12年から在籍したG大阪でも、チームの中心として活躍。14年には、3冠達成に大きく貢献した。しかし、今季は開幕から19試合を終えてリーグ戦の出場は10試合。チームが若手主体の起用に切り替えたこともあり、直近の3試合はベンチからも外れていた。

    現在リーグ16位に低迷する磐田は、元日本代表のMF中村がJ2横浜FCに完全移籍。ピッチ内外で頼れるベテランの加入は、J1残留に向けて大きなプラスになりそうだ。
    2019-07-17_09h55_07
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190717-07161361-nksports-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/07/14(日) 19:54:33.12
    ガンバ大阪は14日、韓国代表FWファン・ウィジョ(26)がリーグ・アンのボルドーに完全移籍することを発表した。

    2017年6月に城南FCから完全移籍で加入したファン・ウィジョは、昨季リーグ戦27試合で16得点を記録。今季はここまで19試合で4ゴールを挙げていた。また、韓国代表として27試合8ゴールを記録しており、2018年にインドネシアで行われたアジア大会ではオーバーエイジとして出場し、大会9得点を挙げて得点王に輝き、チームを優勝に導いた。

    クラブを通じてファン・ウィジョは「韓国人という立場でしたが、たくさんの方が応援をしてくださって本当に感謝しています。サポーターの方々には深い愛情で見守っていただいたので、その分しっかりとスタジアムでもお返し出来たのではないかと思っています。ガンバはこの順位にいるクラブではないので、これから順位を上げてくれることを期待しています。本当に2年間有難うございました」と感謝の言葉を述べた。

    7/14(日) 18:23配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190714-43469254-gekisaka-socc

    no title

    続きを読む

    1: 名無しさん@恐縮です 2019/07/08(月) 18:35:20.14
    ガンバ大阪は8日、DF藤春廣輝が検査の結果、左足趾骨折と診断されたと発表した。足趾とは足の指部分。6月29日の松本戦で負傷したという。

    藤春は今年4月にも左鎖骨骨折で全治約10週間と診断された。後半30分から出場した松本戦は10試合ぶりのリーグ復帰戦だった。

    7/8(月) 15:29配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190708-43469050-gekisaka-socc

    no title

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/07/05(金) 05:36:19.82
    7/5(金) 5:00配信
    G大阪・中村敬、フローニンゲンからオファー 東京五輪へ堂安の道

    G大阪のU―20代表MF中村敬斗(18)に、オランダ1部フローニンゲンから獲得の申し入れが届いたことが4日、分かった。3日に行われた天皇杯2回戦のJ3讃岐戦をフローニンゲン関係者が視察。今後は詳細な条件面を提示し、交渉を進めていく。

    中村は今季公式戦16試合出場7得点5アシスト。U―20W杯では“ジョーカー”として全4試合に出場した。6月15日のリーグ磐田戦からスタメン定着。松本戦では1アシストをマークし、7―1で圧勝した讃岐戦ではプロ入り後初のハットトリックを達成した。力強いドリブル突破と正確なシュート技術は世代トップクラスの実力を誇り、欧州でも高い評価を受けている。

    フローニンゲンには日本代表MF堂安律(21)とMF板倉滉(22)が所属しており、堂安は2シーズンでリーグ59試合出場14得点7アシスト。ロコモティフ・モスクワ(ロシア)やサウサンプトン(イングランド)などが獲得に動いており、今夏のステップアップが濃厚となっている。中村には“ネクスト堂安”として期待されている。

    伸び盛りの18歳に対し、G大阪は必要戦力として慰留に努める方針。今夏、東京五輪世代ではMF久保建英(18=前FC東京)がレアル・マドリード、DF菅原由勢(19=前名古屋)がAZアルクマールへ移籍、、鹿島MF安部裕葵(20)はバルセロナから正式オファーを受けている。果たして中村も海を渡るのか。今後の交渉に注目が集まる。

    ▽FCフローニンゲン 1971年創設。クラブカラーは緑と白で1部リーグ優勝1回(1980年)、国内カップ戦は1回(14~15年)。18~19年シーズンは8位。元オランダ代表MFロッベン(前バイエルンM)やウルグアイ代表FWスアレス(現バルセロナ)も過去に在籍した。本拠地ユーロボルフスタジアムは2万2579人収容。

    ◆中村 敬斗(なかむら・けいと)2000年(平12)7月28日生まれ、千葉県我孫子市出身の18歳。三菱養和ユースに所属した17年にU―17W杯出場。1次リーグ初戦ホンジュラス戦の3得点を含む4得点を挙げた。高校2年生ながらJ複数クラブからオファーが届き、18年にG大阪に入団。同年2月24日のリーグ開幕名古屋戦でプロデビュー。11月24日の長崎戦でJ1リーグ初得点。1メートル80、75キロ。右利き。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190705-00000009-spnannex-socc
    no title
    続きを読む

    1: れいおφ ★ 2019/07/01(月) 11:51:13.25
    元ボランチがFW抜擢で公式戦12得点!! ガンバが育てた強気な21歳は、東京五輪招集もあり得るか?
    6/30(日) 14:41配信

    食野亮太郎という選手をご存知だろうか?

    今季公式戦12得点(J1リーグ3得点、J3リーグ8得点、ルヴァン杯1得点)とゴールを量産しているG大阪下部組織育ちの21歳、ポジションはFWの選手である。
     
    U―22代表が参加したトゥーロン国際大会、久保建英(レアル・マドリー)や三好康児(横浜)ら若手中心で構成されたコパ・アメリカのどちらも未招集。
    それどころか過去のアンダー世代の代表にも一度も選出されたことがない。
    それは食野が希有なキャリアを歩んできたことと無関係ではないだろう。
     
    同学年には日本代表の堂安律(フローニンヘン)がいる。そのなかで食野はボランチとしてG大阪ユースに昇格。そして高校2年時に攻撃的MFにポジションを上げ、プロ1年目の18年にはトップ下も経験した。純粋なFWとしてプレーするのは、実は今季が初めて。通常、プロの扉を叩く選手は前線のポジションからスタートするが、徐々にポジションを上げていく選手は滅多にいない。
    「最初は“んんっ?“という感じだった」

    それは何気ないひと言が始まりだった。1、2月に行われた沖縄キャンプ。食野はわずか6人だけの“居残り組“に組み込まれた。その練習のなかで今季からU―23チームの指揮官に就任した森下仁志監督から「よしっ、今年はFWをやろう」と言われた。突然のコンバート。驚きを隠せなかったが熱のこもった指導、そして練習試合で結果を残していくことで「自信がついて、楽しさが沸いてきた」(食野)。自らもマンチェスター・シティの選手のプレーを研究する貪欲さも成長を加速させた。
     
    精神面での開き直りも今季のブレイクを後押しした。昨年も4月の時点でトップチーム出場のチャンスを得たが、チーム状況が芳しくなく遠慮してしまう部分があった。だが、今年は「恐れずにやろう」と自らに言い聞かせた。そしてJ3リーグでゴールし続けることで、進んでいる道が間違えていないことを確信した。だからこそ周囲が“ボールを持ちすぎ”“強引だ”と感じたとしても局面を打開してシュートを打つスタンスは変えない。鳥栖戦でのJ1初得点、湘南戦での劇的なロスタイム決勝弾。その強気すぎる姿勢はJ1リーグの舞台でも通用することを証明した。
     
    「全然タイプが違うし、馬力、速さ、献身的な守備。良い選手なのは分かっていたし、代表に呼ばれるのも当然だなと率直に思った」この日対戦した松本山雅の日本代表FW前田大然を見て、食野は素直に感嘆した。そして同時に言う。「まだ東京五輪も意識していない。でも、さらに上にいくためには追いつき追い越さないといけない存在」

    FW歴は1年にも満たない。経験不足なのは当たり前。松本戦のように研究された時のプレーの引き出しに課題があるのは事実だ。そして伸びシロが多分に残されているのも、また事実だ。「違う色を出さないと生き残っていけない。ゴール前で集中させてもらえるのは性格的にも合っている」

    結果に反映されなければ叩かれやすいスタイルだ。だが、東京五輪世代のFW陣を見渡しても前田も上田綺世(法政大)も小川航基(磐田)も、そしてオーバーエイジ枠で加わってくるかもしれない大迫勇也(ブレーメン)も持ち合わせていない武器を有している。上手さと怖さが同居するFW。そのスタイルでJリーグを突き抜けたならば……。いつか、こう言われる日が来るかもしれない。
     
    食野亮太郎という選手をまさか知らないのか?
    2019-07-01_12h04_35
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190630-00060787-sdigestw-socc

    vs鳥栖 第11節2019/5/11
    https://www.youtube.com/watch?v=zlDNf28E9E0


    vs湘南 第16節2019/6/22
    https://www.youtube.com/watch?v=-VJvN3G0rdU


    プレー集 2018-2019
    https://www.youtube.com/watch?v=7RMP1HqbNq4


    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/06/25(火) 18:46:12.85
    G大阪に完全移籍で復帰した元日本代表FW宇佐美貴史(27)が25日、吹田市内で行われた練習に合流し、その後、移籍会見に臨んだ。2度の欧州挑戦を経て、2度目の古巣復帰。ドイツではインパクトを残しきれず「2度目もダメだったというのが、清々しいぐらい自分の中である」と振り返った。

    欧州で成功するイメージを持って挑んだ中での挫折。「(自分の)価値を上げて帰ってきたかったのが本音」と明かしつつも、サポーターからはSNSなどを通じてG大阪復帰を願う声が届いていた。

    「そこ(価値を上げられなかった)の歯がゆさはありますけど、ダイレクトにも(復帰を願う声を)伝えてもらった。そこは感謝しかない。この感謝を結果で返す中で、強いガンバを(サポーターに)届けてあげられるようにしたい」

    背番号は33に決定。プロ1年目に身につけた背番号を背負い、初心に戻って育成組織から育ったクラブで再出発を図る。

    スポニチ 6/25(火) 18:19配信
    2019-06-25_19h24_01
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190625-00000172-spnannex-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ