海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:ガンバ大阪

    no title

    1:Egg ★:2018/03/14(水) 21:59:00.59 ID:CAP_USER9.net
    [3.14 ルヴァン杯グループリーグ第2節]

    ◆長崎 2‐1 湘南 [トランスコスモススタジアム長崎]3,738人
    https://www.jleague.jp/match/leaguecup/2018/031407/live/#live

    [長]新里涼(6分)、中村慶太(88分)
    [湘]齊藤未月(4分)

    └長崎、待ちに待ったJ1昇格後初勝利!! 今季初黒星の湘南は16歳MFがトップデビュー
    https://web.gekisaka.jp/news/detail/?239724-239724-fl

    ◆甲府 1‐0 清水 [中銀スタ]4,585人
    https://www.jleague.jp/match/leaguecup/2018/031404/live/#live

    [甲]森晃太(30分)

    └甲府にラッキーボーイ出現?20歳FW森晃太、前節のプロ初弾から2戦連発! 清水との“富士山ダービー”勝利の立役者に
    https://web.gekisaka.jp/news/detail/?239732-239732-fl

    ◆札幌 0‐1 磐田 [札幌ドーム]6,398人
    https://www.jleague.jp/match/leaguecup/2018/031403/live/#live

    [磐]松浦拓弥(58分)

    └小川航基10か月ぶり復帰の磐田、松浦のルヴァン杯5年ぶり弾で初白星! 札幌はトンネル抜け出せず
    https://web.gekisaka.jp/news/detail/?239727-239727-fl

    ◆FC東京 1‐0 新潟 [味の素スタジアム]7,439人
    https://www.jleague.jp/match/leaguecup/2018/031401/recap/#live

    [F]久保建英(76分)

    └久保建英の大会最年少ゴールが決勝点!FC東京今季初勝利!ルーキー3人揃い踏みの新潟破る
    https://web.gekisaka.jp/news/detail/?239728-239728-fl

    ◆広島 2‐1 名古屋 [エディオンスタジアム広島]7,777人
    https://www.jleague.jp/match/leaguecup/2018/031406/live/#live

    [広]渡大生(56分)、ティーラシン(65分)
    [名]深堀隼平(77分)

    └広島“控え組”でも問題なく強し、公式戦5連勝!渡&ティーラシン弾で名古屋に勝利
    https://web.gekisaka.jp/news/detail/?239738-239738-fl

    ◆浦和 1‐4 G大阪 [埼玉スタジアム2002]21,897人
    https://www.jleague.jp/match/leaguecup/2018/031405/live/

    [浦]武富孝介(79分)
    [G]ファン・ウィジョ(10分)、長沢駿2(41分、54分)、中村敬斗(87分)

    └17歳FW中村敬斗が初ゴール!! G大阪、4発快勝でクルピ体制初白星…浦和はホームで完敗
    https://web.gekisaka.jp/news/detail/?239734-239734-fl

    ◆横浜FM 0‐0 仙台 [ニッパツ三ツ沢球技場]6,391人
    https://www.jleague.jp/match/leaguecup/2018/031402/live/#live

    └板倉退場も…仙台、GK川浪が好セーブ連発!吉尾躍動の横浜FMとスコアレスドロー
    https://web.gekisaka.jp/news/detail/?239736-239736-fl

    ◆鳥栖 0‐2 神戸 [ベストアメニティスタジアム]5,118人
    https://www.jleague.jp/match/leaguecup/2018/031408/live/#live

    [神]渡邉千真(4分)、大槻周平(90分)

    ■順位表
    https://www.jleague.jp/standings/leaguecup/
    続きを読む

    1:首しめ坂 ★:2018/03/11(日) 08:03:23.51 ID:CAP_USER9.net
    G大阪3連敗…18チーム制で初の単独最下位 社長自虐「苦ピー」
    明治安田生命J1第3節 G大阪0-2川崎F ( 2018年3月10日 等々力 )

    不名誉な記録が、また一つ増えてしまった。G大阪は敵地で川崎Fに0―2完敗。リーグ開幕3連敗で、05年にJ1・18チーム制になって以降で初の単独最下位となった。

    「ここまでガンバらしさが出せないのは想像していなかった」。いつもはポジティブなクルピ監督もさすがに頭を抱える。FW中村とMF井出が今季初先発。若手の奮起に賭けるも、シュートは後半ロスタイムに放った2本のみだった。

    セホーン体制時だった12年は公式戦開幕5連敗を喫した時点で解任。クルピ体制では公式戦4連敗となった。山内社長は「苦ピー」と自虐的な冗談を飛ばしながら「12年とは違う。当時の話を聞くと、チーム一丸ではなかった。選手もクルピさんのサッカーの考えに信頼を置いている」と体制の支持を明言した。
    2018-03-11_08h28_49
    https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/03/11/kiji/20180310s00002179473000c.html
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/03/10(土) 23:35:29.80 ID:CAP_USER9.net
    2014年に三冠の偉業を成し遂げたJ1ガンバ大阪が、昨季から大不振に陥っている。10日に行われたJ1第3節の敵地川崎フロンターレ戦で0-2と敗れて開幕からリーグ3連敗を喫したが、昨年9月のルヴァン杯準々決勝第2戦のヴィッセル神戸戦(2-0)以来、今節も含めると驚愕の公式戦17試合未勝利と苦戦が続く。開幕3連敗はクラブ史上二度目で、J2に降格した2012年以来と暗雲が漂っている。

    今季のG大阪は、5シーズン率いた長谷川健太監督(現FC東京監督)が退任し、かつてセレッソ大阪を率いたレヴィー・クルピ監督を招聘。新たな船出を切るも、リーグ開幕戦で昇格組の名古屋グランパスに2-3で敗れると、続く第2節の鹿島アントラーズ戦も0-1と敗戦。ルヴァン杯のグループステージ初戦ではメンバーを落としたサンフレッチェ広島に0-4と完敗し、今節の川崎戦も0-2の黒星となった。

    リーグ開幕3連敗はクラブ史上二度目で、J2に初降格した2012年以来。当時はブラジル人のセホーン監督、ヘッドコーチの呂比須ワグナーという二頭体制でスタートを切ったが、リーグ戦でクラブ初の開幕3連敗を喫し、その間のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)も2連敗で公式戦5連敗となり、セホーン体制は終焉を迎えた。

    その後、現役時代に“ミスター・ガンバ”と呼ばれた松波正信監督が立て直しを図ったが、一度狂った歯車はなかなか元に戻らず、12年シーズンは失意のJ2初降格という憂き目に遭っている。

    長谷川監督率いるFC東京戦が進退をかけた一戦になる可能性も?

    クラブ史上初のブラジル人監督を招聘したセホーン体制は早期に崩壊したが、同じくブラジル人指揮官のクルピ体制でも苦戦を強いられており、ファンの間では不安が日に日に膨らんでいる。

    また、長谷川監督が率いていた昨季からの不振も尾を引いているようだ。昨年9月3日のルヴァン杯準々決勝第2戦の神戸戦で2-0と勝利したのを最後に、10日の川崎戦まで公式戦17試合未勝利となり、半年間も白星から見放されている。

    2014年には長谷川監督の下、Jリーグ、ナビスコカップ(現ルヴァン杯)、天皇杯と国内3大タイトルを獲得して猛威を振るった関西の雄。今季は“攻撃サッカー”を掲げているが、ここまで公式戦3試合で2得点に止まっている。

    今月は14日にルヴァン杯グループステージ第2節の敵地・浦和レッズ戦、18日にJ1第4節の本拠地・柏レイソル戦と続く。さらに31日のJ1第5節では、昨季までG大阪で指揮を執った長谷川監督率いるFC東京戦と敵地で対戦する。このまま不振が続けば、新体制の進退に関わってきそうだ。

    つづく

    3/10(土) 17:50配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180310-00010018-soccermzw-socc

    写真 
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/03/10(土) 07:50:31.88 ID:CAP_USER9.net
    G大阪の大物ルーキー・FW中村敬斗(17)が、10日の川崎戦(等々力)でプロ初先発する可能性が浮上した。

    9日、チームは大阪・吹田市内で調整し、0―4で大敗した7日のルヴァン杯・広島戦で左膝を痛めた日本代表MF倉田は欠場が決定。代わって先発する見込みとなり「結果を残したい。年齢はまったく関係ない」と表情を引き締めた。

    今季公式戦3連敗、昨季から16戦未勝利とチーム状況は最悪。日本代表MF今野は右足首痛による離脱中で倉田まで不在に。それでもレヴィー・クルピ監督(65)は「他の選手にとってはチャンスがきたということ。チャンスが嫌いな選手はいないでしょう」と、苦境での若手抜てきを恐れない姿勢をみせた。

    公式戦3試合とも途中出場している中村は、サイドMFとして起用される見込み。昨季のJ王者に対し「まずは守備を第一に考えたい」。攻撃力が魅力の17歳だが、まずはチームの今季初勝利のために守備でも体を張る。(金川 誉)

    3/10(土) 7:13配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180310-00000033-sph-socc

    写真


    続きを読む

    1:Egg ★:2018/03/09(金) 05:11:54.24 ID:CAP_USER9.net
    ガンバ大阪MF泉沢仁(26)が、ラジオパーソナリティーでタレントの山田真以(32)と結婚したことが8日、分かった。大宮時代にクラブ応援番組のリポーターを務めていた山田と知り合い、G大阪移籍後も愛を育んでいた。山田が2月に番組を卒業して大阪に引っ越し同居。文化放送「走れ!歌謡曲」の火曜を担当しているため、週に1度は上京する生活だ。山田は萩本欽一の「萩本企画」所属で、欽ちゃんにも結婚を報告し「いい時に、いい人に、いい話だ。よかったね」と祝福されたという。

    サッカーが2人の愛を深めた。山田は日本協会公認の指導者資格であるD級ライセンスを取得するほどのサッカー好きで、取材を通して話すうちに意気投合。遠距離恋愛中も仕事の合間を縫って大阪へ足を運び、初めての移籍で奮闘する泉沢を支えた。「仁くん」「真以ちゃん」と呼び合い、婚約指輪は高級宝飾ブランドのティファニー製だという。

    泉沢は移籍初年度だった昨季、独特のリズムで生み出すドリブルを武器に21試合出場で2得点。古巣の大宮戦でゴールするなど活躍した。今年のJ1開幕戦は途中出場ながら存在感を発揮。よき伴侶を得たことで、攻撃のキーマンとしてさらなる飛躍が期待される。

    ◆泉沢仁(いずみさわ・じん)1991年(平3)12月17日、千葉・浦安市生まれ。新潟ユースから阪南大に進学。13年のユニバーシアードロシア大会で3位。14年に大宮に入団し、17年にG大阪へ移籍。J1通算68試合5得点。165センチ、63キロ。

    ◆山田真以(やまだ・まい)1985年(昭60)4月5日、三重県生まれ。13年3月にNACK5「SPORTS SPECIAL」で大宮のスタジアムリポーターに就任し、今年2月まで続けた。趣味は水泳、シンクロ、新体操。162センチ、43キロ。

    3/9(金) 5:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180309-00144869-nksports-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/03/07(水) 23:10:52.05 ID:CAP_USER9.net
    7日に開幕した2018JリーグYBCルヴァンカップ、サンフレッチェ広島をホームに迎えたガンバ大阪は0-4と大敗を喫した。これで開幕から公式戦3連敗、昨季から数えて公式戦16試合勝利なしと白星がいまだ遠い。

    開始9分、工藤壮人に先制点を奪われると、25分、31分と立て続けに柴﨑晃誠に得点を許した。トップ下のポジションで先発出場した遠藤保仁は「あまりにも相手をフリーにさせすぎ。あと2点くらい取られてもおかしくなかった」と振り返った。

    後半開始から2枚替えで状況の打開を図ったが、63分に再び工藤にゴールネットを揺らされ万事休す。試合終了後にはサポーターからブーイングが飛んだ。

    この試合、G大阪は遠藤や倉田秋らレギュラー組が大半を占めた一方、広島はここまであまり出場機会のない選手たちを起用。広島を率いる城福浩監督が「試合に飢えていた選手たちが躍動してくれた」と言うように、レギュラー奪取に燃える広島の選手たちの積極果敢なプレーに対して、受け身のプレーが続いてしまった。

    遠藤は「モチベーションに関しては人それぞれ。ただ、公式戦である以上は負けられないし、どんな試合であっても勝ち行く姿勢を見せないといけない」と語り、「チームとしてどういう状況であれ、前を向いて戦っていく」と切り替えを強調した。

    3/7(水) 22:22配信
    2018-03-08_11h54_44
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180307-00725126-soccerk-socc
    続きを読む

    1:サイカイへのショートカット ★:2018/03/08(木) 02:05:33.06 ID:CAP_USER9.net
    ガンバ大阪、U-20ブラジル代表大型ボランチをレンタルで獲得!昨季はクルピの下でプレー
    3/8(木) 0:37配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180308-00000035-goal-socc

    G大阪がブラジル人大型ボランチを補強(C)Getty Images



    ガンバ大阪は7日、ブラジルのサントスFCよりMFマテウス・ジェズスが期限付き移籍で加入することを発表した。移籍期間は2018年12月31日までとなる。

    現在20歳のジェズスは、187cm・80kgの恵まれた体格で、ポジションは主にボランチを務める。利き足は左足で、2016年にはブラジルU-20代表にも選出されている。 ジェズスは2017シーズンにサントスでレヴィー・クルピ監督に指導を受けており、G大阪はクルピ監督の教え子を迎え入れる形となった。

    クルピ新体制で2018シーズンを迎えたG大阪は現在公式戦3連敗中。7日に行われたJリーグYBCルヴァンカップ グループステージ第1節でもサンフレッチェ広島に0-4で大敗。昨季から合わせると公式戦16試合で勝ちがない状況。アンダー世代のブラジル代表に選出された若き大型ボランチがチームの救世主となるのか、注目だ。
    続きを読む

    1:3倍理論 ★:2018/03/04(日) 18:29:32.91 ID:CAP_USER9.net
    後半頭から投入されたのは、中村が戦力として計算されている証

    [J1リーグ2節]鹿島1-0G大阪/3月3日/カシマ

    76分だった。長沢駿とのワンツーで抜け出した17歳中村敬斗は右足を一閃。コンパクトな振りからニアサイドに放たれたショットはゴールに吸い込まれるかと思われたが、惜しくもポストを叩いた。劣勢に立たされていたG大阪は鹿島戦最大のチャンスを逸すると、その2分後に金崎夢生に決勝点を献上。直前に中村が決めていれば、結果は逆になっていた可能性があっただけに悔やまれる場面だった。
     
    「アントラーズのディフェンスはレベルの高い相手だった。そのなかでワンシーンを作れたのは自信になる。でも、それを決められなかったことが間違いなく今日の負けにつながったと思う」
     
    試合後、中村は好機を逃したことについて反省の弁を述べた。ただ、シュートに関しては状況を踏まえて狙ったと明かす。「ファーに打ってもいいかなと思ったけど、どっちも空いていた。少しファーのほうからディフェンスの昌子さんが来ていたので、足に当たったら嫌だなと思ったので、ニアを狙った」と本人が言うように、日本代表の昌子源が寄せに来ていたなかで瞬時に状況を把握。その冷静な判断力に並みの17歳ではないことを感じさせた。
     
    クルピ監督から大きな期待を掛けられ、名古屋との開幕戦に途中出場を果たすとさっそく得点に絡んだ。鹿島戦も途中からピッチに立って強烈なインパクトを残した。

    【鹿島 1-0 G大阪 PHOTO】エース金崎の値千金のゴールで鹿島が勝利

    「若い選手ではありますが、公式戦でどれだけできるのか。練習では当然見ていますが、公式戦でのパフォーマンスを見て今後も起用できる選手なのかどうなのか、そういったところを見たいと思いました」と試合後に指揮官は語ったが、少なくともこの日の起用法を見れば経験を積ませるためではないのは明らか。0-0で迎えた後半頭から投入された事実は、戦力として計算が立つからこその使われ方だ。
     
    本人も“お客さん”として扱われる気などさらさらない。
    「使ってもらえるのは嬉しいけど、それと同時に結果を残さないといけない。新人というよりもチームの一員としての扱いをされているので」
     
    ルーキーとは思えない言葉を残したことからもプロとしての覚悟が垣間見える。
     
    チーム状態が本調子ではなく、攻撃のコンビネーションが上手く機能しているとはいえない。それでも、17歳のストライカーにとっては大きなチャンス。熾烈な環境で揉まれ続けることで成長スピードはさらに上がっていく。少なくとも、開幕2連敗の青黒軍団で違いを見せた数少ないプレーヤーだ。
    36470_ext_04_0
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180304-00036470-sdigestw-socc
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/03/03(土) 18:07:11.34 ID:CAP_USER9.net
    鹿島 1-0 G大阪

    得点者
    78' 金崎 夢生

    スタジアム:県立カシマサッカースタジアム
    観客数:24,545人


    神戸 2-4 清水

    得点者
    13' クリスラン(清水)
    26' 北川 航也(清水)
    32' 田中 順也(神戸)
    69' チョンウヨン(神戸)
    72' 立田 悠悟(清水)
    82' 金子 翔太(清水)


    スタジアム:ノエビアスタジアム神戸
    観客数:24,058人

    https://www.jleague.jp/


    鹿島、金崎V弾でホーム開幕戦制す!!開幕連敗のG大阪は半年間勝利なし…
    2018-03-03_18h44_46
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180303-01651093-gekisaka-socc


    クリスランの初弾皮切りに清水が大量4発!!神戸との打ち合い制し今季初白星
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180303-01651094-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/02/28(水) 22:05:53.16 ID:CAP_USER9.net
    ガンバ大阪のチームキャプテン、遠藤保仁。
    クラブのYouTubeチャンネルで提案したある内容が話題だ。

    こちらはシーズン開幕前に公開された「フェアプレーメッセージ」。その後半、遠藤はパナソニックスタジアム吹田で惜しいシーンがあった際、「あ~」ではなく「ウー」という声を出すようサポーターに提案したのだ。

    シュートが外れたり選手がミスをしたりした際、「あ~」というため息が漏れがちな日本人。しかし、海外では言語の違いからか「ウー」という声が出るのが一般的であり、プレーしている立場からするとそちらの方が奮起しようという気持ちになるという。

    遠藤はこの提言を2016年あたりからメディアなどで語っているが、改めてサポーターに伝えたのだ。

    先週末に行われた名古屋グランパスとのJ1開幕戦でも、このVTRがスタジアムで流れていた(04:06から)。サポーターとしても、遠藤という絶対的な存在に提案されることで意識も大きく変わってくるはず。スタジアム環境の向上を目指す上で、他のクラブにとってもいろいろと参考になりそうな提案である。

    2018年2月28日 19時0分 Qoly
    http://news.livedoor.com/article/detail/14367546/

    動画



    【スタジアム密着レポート】2018年2月24日 J1リーグ 第1節 名古屋グランパス

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ