海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:キャプテン翼

    1:あちゃこ ★:2018/02/03(土) 23:48:01.25 ID:CAP_USER9.net
    高橋陽一原作によるテレビアニメ「キャプテン翼」のオープニングテーマが、ジャニーズWESTの楽曲「スタートダッシュ!」に決定した。

    これは本日2月3日に兵庫・神戸ワールド記念ホールにて開催された「ジャニーズWEST LIVE TOUR 2018 WESTival」のMC中に発表されたもの。メンバーの濱田崇裕は「観ていたアニメに僕たちの楽曲が起用されるなんて光栄です!」とコメントしている。

    4月よりテレビ東京ほかにてスタートする新作アニメ「キャプテン翼」は、天才サッカー少年・大空翼が、若林源三、日向小次郎らライバルたちとの戦いを通し、1人のサッカ ープレイヤーとして成長していく姿を描く作品。大空翼役を三瓶由布子、若林源三役を鈴村健一、岬太郎役を福原綾香、石崎了役を田村睦心、日向小次郎役を佐藤拓也、ロベルト本郷役を小西克幸が務める。また監督は加藤敏幸、アニメーション制作はデイヴィッドプロダクションが担当。

    原作は1980年代に週刊少年ジャンプ(集英社)で連載され、世界中にブームを巻き起こし、複数回にわたりアニメや映画が制作されてきた。なお原作はその後も続編が制作され、現在グランドジャンプ(集英社)にてシリーズ最新作「キャプテン翼 ライジングサン」が発表されている。

    ※濱田崇裕の「濱」は異体字が正式表記。

    テレビアニメ「キャプテン翼」
    スタッフ
    監督:加藤敏幸
    シリーズ構成:冨岡淳広
    キャラクターデザイン・総作画監督:渡辺はじめ
    音楽:松尾早人
    音響監督:岩浪美和
    アニメーション制作:デイヴィッドプロダクション

    キャスト
    大空翼:三瓶由布子
    若林源三:鈴村健一
    岬太郎:福原綾香
    石崎了:田村睦心
    日向小次郎:佐藤拓也
    ロベルト本郷:小西克幸

    (c)高橋陽一/集英社・2018キャプテン翼製作委員会

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180203-00000060-nataliec-ent

    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/01/30(火) 19:27:42.75 ID:CAP_USER9.net
    1/30(火) 19:07配信
    キャプテン翼の作者、高橋陽一がスペインを訪問…イニエスタ、乾と対面

    人気サッカー漫画キャプテン翼の作者、高橋陽一さんが1月24日から29日までスペインを訪問。滞在中、現地で4試合を観戦した。

    25日、コパ・デル・レイ準々決勝第2戦のバルセロナ対エスパニョールのバルセロナ・ダービーを楽しむと、翌26日にバルセロナのアンドレス・イニエスタと対面。高橋さんからイニエスタに、キャプテン翼のキャラクター、大空翼と岬太郎の原画が手渡された。

    同日、2013年にオープンしたビルバオ市の新スタジアム「サン・マメス」を訪問。アスレティック・ビルバオとエイバルによるバスク・ダービーを、VIP席で観戦した。試合後、エイバルで活躍する乾貴士から試合ユニフォーム、エイバルのアマイア・ゴロスティサ会長から「Captain Tsubasa(キャプテン翼)」と記されたユニフォームが贈られた。

    ホームのアスレティック・ビルバオのホセ・ウルティア会長は、スタジアムで最高峰の席を用意するとともに「Takahashi(高橋)」とマーキングした背番号10のシャツをプレゼント。同日、ゴールを決めたFWアリツ・アドゥリスを始めとしたアスレティック・ビルバオの選手らと記念撮影する場面もあった。

    再びバルセロナに戻ると、27日に2部のバルセロナB対グラナダを、28日にバルセロナ対アラベスを見守り旅を終えた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180130-00709038-soccerk-socc

    続きを読む

    1:サイカイへのショートカット ★:2018/01/19(金) 16:24:47.94 ID:CAP_USER9.net
    「キャプテン翼」が世界で愛されすぎ! メッシのバルサ入団にも一役?
    2018.1.19 16:00 AERA dot.
    https://dot.asahi.com/dot/2018011900020.html?page=1

    世界ナンバーワンプレーヤーとも言われるリオネル・メッシも「キャプテン翼」のファン(写真:Getty images)



    人気サッカー漫画の「キャプテン翼」が、今年の4月からテレビ東京系で新たにアニメ放送されることが発表されている。1981年に週刊少年ジャンプで連載がスタートした作品はサッカー界に大きな影響を与え、サッカー人口の増加に大きく寄与してきた。

    しかし、その影響は日本だけにとどまっているものではない。現地で読みやすい人名の「オリベル」などとアレンジされながら世界各国で“活躍”する大空翼は、世界に名だたるサッカー選手たちをも虜にしてきた。

    Jリーグでプレーする選手では、昨年にヴィッセル神戸のルーカス・ポドルスキが登場キャラクターである翼くんと日向小次郎のイラストが入ったスパイクを着用していたことが話題を呼んだ。このように日本での人気にとどまらないことについて、日本代表の主将を務める長谷部誠はドイツ移籍後に「誰もがキャプテン翼を知っていて驚いた」と話したことがある。ここでは、そうした名手たちが過去にコメントしたことのあるエピソードを紹介してみたい。

    翼くんには多くの「必殺シュート」があるが、そのひとつが「オーバーヘッドキック」だろう。天高くジャンプした翼くんは、空中で1回転するような勢いでボールを捉えると、地面にたたきつけるような強烈なシュートを放つ。元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティも、そのオーバーヘッドに魅了されたひとりだ。しかし、イタリア代表での合宿中にオーバーヘッドを連発していたトッティは、当時のキャプテンであるパオロ・マルディーニに苦言を呈されてしまう。その言葉は「翼くんのマネをしているんじゃない」というものだったという。

    また、同時期にイタリア代表で活躍したアレッサンドロ・デルピエロもまた熱心なファンとして知られる。デルピエロは「日向小次郎が好きなんだ」と、小学生時代からのライバルであるストライカーの名前を挙げると、「だから、僕は子供のころに半袖をまくってプレーしていたんだよ」と、ユニフォームの着こなしでそのシンパシーを示していたのだそうだ。

    >>2以降に続きます。
    続きを読む

    1:カイキニッショク :2018/01/02(火) 23:47:39.90 ID:CAP_USER9.net
    【高校選手権】青森山田のWエースがキャプテン翼の“ツインシュート”再現「正直触ってたが…」

    1/2(火) 18:58配信

    THE ANSWER

    第96回全国高校サッカー選手権は2日、各地で2回戦が行われ、前回王者・青森山田(青森)はフクダ電子アリーナで草津東(滋賀)に5-0と大勝を収めた。

    青森山田は、J1ヴィッセル神戸への加入が内定しているMF郷家友太(3年)、J2モンテディオ山形への加入が内定しているFW中村駿太の“二枚看板”が大会の注目ポイントにも挙げられている。2回戦からの登場となったダブルエースは、草津東戦で「キャプテン翼」さながらの“ツインシュート”を炸裂させ、
    スポットライトを浴びた。

    3-0で迎えた後半20分、ペナルティーエリア内で相手を背負いながらボールを受けた中村は、ワンタッチでゴール前にボールを流し、自らもすかさず反転。ややトラップが大きくなってしまったため、左足を伸ばしたスライディングシュートを選択した。

    同時に左サイドから走り込んできた郷家にとっては、中村のトラップが絶妙な“スルーパス”として足元に転がり込んできたため、狙い澄まして右足を振り下ろした。

    中村と郷家によるシュートのタイミングが見事に重なり、両選手から同時に打たれたシュートは、まるで世界で大人気の漫画「キャプテン翼」の主人公・大空翼と岬太郎が披露した“ツインシュート”を実写化したように、豪快にチーム4点目となる追加点を生んだ。

    郷家は自らの3点目を中村に“譲る”形に…「ゴールはあげようかなと思って」

    郷家がガッツポーズをしながら後ろを振り返ると、そこには郷家以上に喜びを爆発させている中村の姿があった。

    「正直、触ってたんですけどね。(中村)駿太がだいぶ喜んでたんで、ゴールはあげようかなと思って。どっちも触って一緒に打った感じだったんですけど、譲りました」

    公式記録上は中村のゴール。仮にすでに2点を挙げていた郷家のゴールと認定されていれば、初戦でいきなりハットトリックを達成することになっていたが、1トップを担うストライカーへの配慮を示したその器には、すでにJリーガーとしての風格が漂っていた。

    最終的には郷家、中村ともに2得点とダブルエースが揃い踏み。青森山田の黒田剛監督は「今大会はどこもエース格が点を取っているし、うちは中村と郷家が取ってくれたということで、チームに勢いをつけてくれた」と牽引する両選手を労った。

    得点シーン以外でもピッチで大きな違いを生み出していた郷家と中村は、青森山田の連覇達成の鍵を握る主役であることに間違いないだろう。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180102-00010008-theanswer-socc

    続きを読む

    1:ラッコ ★ :2017/12/15(金) 04:16:17.59 ID:CAP_USER9.net
    【FIFAクラブワールドカップ】
    スペインメディア、アルジャジーラGKを「まるで若林君」と形容...レアル戦は「小説のような試合」

    ■アルジャジーラに辛勝したレアル・マドリー

    レアル・マドリーは13日のクラブ・ワールドカップ(W杯)準決勝でアルジャジーラに2-1と勝利した。だがスペインメディアは苦戦を強いられたマドリーを容赦なく叩いている。

    大勝していてもおかしくなかった。それが『マルカ』をはじめ、スペインメディアの見解だ。
    マドリーは36本のシュートを浴びせ、そのうち4本がポストを叩き、CKを19本獲得して、2ゴールしか生み出せなかったのである。

    『マルカ』のヘスス・サンチェス記者は「ゴールラッシュできたのに、決定機という決定機を逸し続けた。相手GKを英雄に仕立て上げた。
    謙虚なライバルを目前にして、守備の脆弱さを見せた。忘れるべき90分だ。最後は(ガレス・)ベイルに救われた」とマドリーをこき下ろしている。

    一方、マルコス・ロペス記者は『マルカ』のコラムでアルジャジーラGKアリ・ハセイフを漫画「キャプテン翼」のGK若林源三になぞらえている。

    「小説のような試合を終え、アリ・ハセイフは疲労困憊だろう。彼のセーブは、まるで若林君のようだった。レアル・マドリー相手に、短時間であれだけ何本もシュートをセーブしたGKは過去にいない」

    Goal.com 2017.12.14 22:26
    http://www.goal.com

    ■「FIFAクラブW杯 UAE 2017」の放送予定
    【M7】2017/12/16(土)22:54~25:25 日テレ系 3決 アルジャジーラ×本田パチューカ
    【M8】2017/12/16(土)25:35~28:00 日テレ系 決勝 グレミオ(世界一1回)×レアル・マドリード(世界一5回) ※延長あり(ゲスト:明石家さんま)
    【特別番組】2017/12/17(日)15:00-15:55 日テレ系 さんま&手越も大興奮!世界一の○○全部見せますSP
    http://www.ntv.co.jp/fcwc/program/



    画像:『キャプテン翼』アニメ化決定記者発表会に出席した(左から)武井壮、北澤豪、高橋陽一氏(原作者)、三瓶由布子、鈴村健一(3/8枚)


    続きを読む

    1:あちゃこ ★:2017/12/13(水) 12:19:07.04 ID:CAP_USER9.net
    高橋陽一「キャプテン翼」の新作アニメが制作されることが、本日12月13日に行われた記者発表会で明らかになった。

    「キャプテン翼」は天才サッカー少年・大空翼が、若林源三、日向小次郎らライバルたちとの戦いを通し、1人のサッカ ープレイヤーとして成長していく姿を描くサッカーマンガ。1980年代に週刊少年ジャンプ(集英社)で連載され、世界中にブームを巻き起こし、複数回にわたりアニメや映画が制作されてきた。なお原作はその後も続編が制作され、現在グランドジャンプ(集英社)にてシリーズ最新作「キャプテン翼 ライジングサン」が発表されている。

    新作アニメでは大空翼役を三瓶由布子、若林源三役を前回アニメ化された際にも同キャラクターを演じた鈴村健一が担当。また岬太郎役に福原綾香、石崎了役に田村睦心、日向小次郎役に佐藤拓也、ロベルト本郷役に小西克幸がキャスティングされた。監督は「レベルE」「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」の加藤敏幸、アニメーション制作はデイヴィッドプロダクションが手がけ、原作の最初から物語を描いていく。放送開始は2018年4月を予定。コミックナタリーでは高橋や三瓶、鈴村が登壇した本日の会見の模様を追ってレポートする。

    アニメ化の発表に合わせ、翼と若林を描いたビジュアルやPVもお披露目に。また「キャプテン翼」の情報を総合的に扱うポータルサイト「ボールはともだち.com」も本日オープンした。

    テレビアニメ「キャプテン翼」
    スタッフ
    監督:加藤敏幸
    シリーズ構成:冨岡淳広
    キャラクターデザイン・総作画監督:渡辺はじめ
    音楽:松尾早人
    音響監督:岩浪美和
    アニメーション制作:デイヴィッドプロダクション

    キャスト
    大空翼:三瓶由布子
    若林源三:鈴村健一
    岬太郎:福原綾香
    石崎了:田村睦心
    日向小次郎:佐藤拓也
    ロベルト本郷:小西克幸

    (c)高橋陽一/集英社 (c)高橋陽一/集英社・2018キャプテン翼製作委員会

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171213-00000029-nataliec-ent
    続きを読む

    o0704096013763868831

    1:風吹けば名無し:2017/12/12(火) 09:56:47.16 ID:lVyM90o6d.net
    1(中)少年疾駆
    2(二)マイスター
    3(右)ライトウイング
    4(投)キャプテン翼
    5(捕)ホイッスル
    6(遊)シューダン
    7(三)ナンバー10
    8(左)オレゴラッソ
    9(一)東京湾
    続きを読む

    045_05

    1:風吹けば名無し:2017/10/27(金) 04:07:13.98 ID:2QCe5KRY0.net
    普通にキャプテン翼なんか?
    2:風吹けば名無し:2017/10/27(金) 04:07:49.32 ID:47ZYZ/gY0.net
    シュート
    3:風吹けば名無し:2017/10/27(金) 04:08:11.85 ID:O6obNIE+0.net
    シューダン
    続きを読む

    2c087d3866db4c516e9d33850eb69948

    1:名無しさん@そうだ選挙に行こう! Go to vote!:2017/10/22(日) 19:07:34.754 ID:aMjGE58O0VOTE.net
    なんで
    3:名無しさん@そうだ選挙に行こう! Go to vote!:2017/10/22(日) 19:08:07.605 ID:0+nTIYld0VOTE.net
    キャプ翼
    4:名無しさん@そうだ選挙に行こう! Go to vote!:2017/10/22(日) 19:08:23.831 ID:CK/Ml+Xr0VOTE.net
    キャプテン翼とかイナイレくらいやってくれないと
    続きを読む

    1:仙台焼肉 ★:2017/10/05(木) 14:17:50.47 ID:CAP_USER9.net
    164cmの小柄な日本人アタッカーが、欧州最西端のリーグを沸かせている。

    今夏にFC東京からポルトガル1部のポルティモネンセにローン移籍した中島翔哉は、9月8日のプリメイラ・リーガ第5節のベンフィカとのアウェー戦に先発。リーグ戦デビューを飾ると、リーガ4連覇中の絶対王者を相手に躍動した。前半から何度もドリブル突破を仕掛けて目の肥えたファンを驚かせ、後半には元ポルトガル代表SBアンドレ・アウメイダからボールを奪い、ファブリシオの先制点をお膳立てした。

    その試合は最終的に1-2の逆転負けを喫したが、翌節のフェイレンセ戦では勝利の立役者になった。この試合でも左ウイングで先発すると、12分にボックス内でパスを受けて左足で先制弾。さらにその7分後には、エリア内へのパスに走り込み、今度は右足で合わせて追加点を挙げた。

    各試合のデータを独自の理論的なアルゴリズムで解析し、バイアスのない採点を行なっているポルトガルのウェブサイト『GoalPoint.pt』は、この日の中島を8.5と高評価。第6節のベストイレブンに選出されただけでなく、スポルティングのブルーノ・フェルナンデス(7.7)や、ベンフィカのジョナス(7.6)、ポルトのダニーロ・ペレイラ(7.5)といった一線級の選手たちを抑えて、同節の最優秀選手となった。

    さらに第7節では、2度の欧州制覇の実績を持つ名門・ポルトの本拠地でも輝きを放った。3点を先行された後の36分、逆襲からボックス際でパスを受けると、相手DFフェリペをかわした後、右足のアウトサイドのシュートで名手イケル・カシージャスを相手にゴール。完全に流れがポルトに傾いていたなかでの見事な一撃だった。

    第5節から第8節までの4試合で3得点。しかも、そのうち2つは、ベンフィカとポルトとのアウェー戦である。欧州初挑戦の23歳の記録としては、「見事」のひと言に尽きる。

    当然、現地での評価も急騰しており、多くのメディアから数々の賞賛を浴びている。『ラジオ・ラナセンサ』のレポーターは「毎試合、高いクオリティーとマジカルなスキル、傑出した決定力を見せている。キャプテン翼のような選手だ」と、日本が誇るサッカー漫画の主人公を引き合いに出した。また、『PortuGOAL.net』は、今季序盤戦で特筆すべき選手のひとりに中島を選び、「リーガで1試合に2得点を奪った初めての日本人選手。翔哉は極めて特別な才能を持っているようだ」と綴っている。

    メディアだけでなく、ポルティモネンセを率いるビトール・オリベイラ監督は、「速さはもちろん、強さもあり、1対1に絶対の自信を持っている。視野も広く、パスやシュートの能力も高い」と称えている。加入からひと月ほどしか経っていないが、早くも「今季終了後の買取オプションが行使されるはずだ」という報道も流れた。

    『GoalPoint.pt』を立ち上げたジャーナリストのペドロ・ゴンサウベス氏は、中島がこれほどの注目を集めているのは、数字はもちろん、ポルトガルの中小クラブに似つかわしくない存在だからだという。
    2017-10-05_15h32_47
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ