海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:キングカズ

    1:砂漠のマスカレード ★:2018/09/27(木) 07:04:15.64 ID:CAP_USER9.net
    貴乃花親方と交流の深い横浜CのFW三浦は「(関脇時代の)貴花田の頃からよく一緒に食事に出掛けたね。当時から『相撲界を変えていきたい』と話していた」と振り返った。

    今後について「あれだけの人だから相撲界に携わり続けてほしいし、彼にしかできないことがある」と期待を寄せ、「ちょっと気分をリフレッシュする意味でも、久しぶりに食事でも誘おうかな」と話していた。
    2018-09-27_11h36_27
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180927-00000040-sph-socc
    9/27(木) 6:12配信
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/07/21(土) 00:13:03.93 ID:CAP_USER9.net
    永遠のサッカー少年同志、香川真司とも熱いサッカートーク。
    [深戸進路,ねとらぼ]2018年7月20日

    タレントの三浦りさ子さんが7月20日にブログを更新。夫でプロサッカー選手の“キングカズ”こと三浦知良選手に誘われ、ロシア杯で日本代表のキャプテンを務めた長谷部誠選手、元日本代表DFの内田篤人選手との食事会に参加したことを報告しています。

    「イケメン&イクメンなお二方 素敵でした!」と両選手の印象をつづり、日本サッカー界のスターが集まった食事会の様子を報告した三浦さん。現役選手として“生ける伝説”を体現しているキングカズが、長きに渡って日本代表を支えてきた長谷部選手、シャルケ時代には日本人初のチャンピオンズリーグベスト4という偉業を成し遂げた内田選手の肩に手を回したファン胸熱の1枚などをアップしており、「貴重な話を沢山聞けて楽しかったです! まー8割主人が喋ってましたが」と当日のこぼれ話も明かしていました。カズの話とか無限に聞きたい……。

    さらに三浦さんは、「先日主人が香川さんからワールドカップのコロンビア戦のユニフォームをいただき、物凄く喜んで帰ってきました」とキングカズとW杯帰りの香川真司選手の2ショットもアップ。「ロシアワールドカップの話や未来のサッカーの話などで盛り上がったそうです!」と報告を受けたことも明かしており、こちらでも永遠のサッカー少年同士で熱く語り合ったようです。2人の会話も聞きたすぎる……!
    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/spv/1807/20/news093.html

    l_fsfigkazuhaseuti01
    l_fsfigkazuhaseuti02
    l_fsfigkazuhaseuti03
    続きを読む

    1:サイカイへのショートカット ★:2018/06/29(金) 17:20:40.22 ID:CAP_USER9.net
    カズ、終盤の戦いに持論「大きな日本の財産になる」
    6/29(金) 14:23配信 日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/soccer/russia2018/news/201806290000537.html

    練習に励む横浜FCのFWカズ



    横浜FCのFWカズ(三浦知良、51)が、ワールドカップ(W杯)ロシア大会で日本代表が決勝トーナメント進出を決め一夜明けた29日、横浜市内の練習場で取材に応じ「3試合の結果が、決勝トーナメント進出の大きな目標を達成につながったと思う。ベスト16を突破することがもっと大事。これでまた、さらに引き締めていい準備して挑んでくれると思います」と期待した。

    ポーランド戦の終盤は、日本はフェアプレーポイント(FPP)での16強進出を意識し、失点と警告を避ける戦いに切り換え、最終ラインでボールを回し続けた。1失点で踏みとどまり、結果、決勝トーナメント進出を決めた。93年、ロスタイムにイラクに追いつかれ、W杯切符を逃したドーハの悲劇を知るカズは「ドーハとは状況が違う」とした上で、こう持論を述べた。

    カズ サッカーは5秒、10秒あれば1点入りますからね。セネガルが点を取った瞬間、日本は点を取らないといけない状況になる。その中で、(ポーランドが)来なければ回すという勝負にかけた。コロンビア戦もそうでしたけど、2-1になって自分たちが余裕を持ってボールを回すサッカーができた。

    その積み重ねで、ああいう時間の過ごし方ができたのでは。なかなかできる経験ではない。監督、スタッフ、スタンドの観客、テレビで見ていた人もみんなそういう経験をした。大きな日本の財産になるんじゃないですかね。勝ちに本当にこだわったやり方。いろんな選択があるなかで、あそこまでの選択があの瞬間できたなと。すごいと思いますね。

    第3戦で先発メンバーを6人入れ替え、さらに勝ちにこだわった戦術を貫いた西野朗監督の勝負師としての姿に、カズは「苦しいけど楽しいと思いますよ。あれがしびれるんでしょうね。西野さんがずっとやってきた経験があるんでしょうね」と敬意を表した。

    決勝トーナメント1回戦はベルギーと対戦する。カズは「次のベスト16に勝ってベスト8には進んでもらいたい。これも希望ですが、ブラジルとベスト8で戦ってほしい」と期待を寄せる。カズは、MF長谷部誠、DF吉田麻也、MF香川真司らと、毎年、食事会を開いており「ベスト16だと例年規模で。ベスト8だと倍ぐらい。ベスト4だともっと。トップまでいったら東京を貸し切るぐらいいきたい」と、祝勝会のイメージをふくらませていた。
    続きを読む

    1:3倍理論 ★:2018/06/18(月) 14:59:29.53 ID:CAP_USER9.net
    横浜FCのFWカズ(三浦知良、51)が18日、国際サッカー連盟(FIFA)の招待で「日本-コロンビア」(日本時間19日午後9時キックオフ)を現地観戦することになり、ロシアへと出発した。

    前日17日はアウェーでの岡山戦にベンチ入り。夜に帰京し、深夜の「ドイツ-メキシコ」「ブラジル-スイス」の試合をテレビ観戦。そしてこの日に出国した。強豪のドイツ、アルゼンチン、ブラジルが白星を逃したが、カズは「僕が見始めた74年の大会からずっとそうだからね。82年のイタリアもアルゼンチンも苦しんだし。初戦でそうなるのは僕自身は驚きではない」と冷静に話し「日本も十分、チャンスがあると思います」と期待を寄せた。

    日本代表の注目選手に親交が深いMF香川真司を挙げ「得点に絡んでいってほしいですね。それが勝利に直結するからね」と話した。香川には「今から(ロシアに)行く」と既にメールで知らせているという。カズは5月に3回、香川と会い「ピッチ内外で主導権を握ってほしい」とキングのメンタルを注入していた。カズの前で香川が輝けば、日本も勝利に近づくはずだ。
    2018-06-18_17h50_13
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180618-00242690-nksports-socc
    続きを読む

    1:3倍理論 ★:2018/06/13(水) 21:58:36.93 ID:CAP_USER9.net
    東野幸治(50)がMCを務める日本テレビ「1周回って知らない話」(水曜後7・00)が13日に放送され、「日本を変えた選手ベスト5」を発表。そこには日本サッカー史を変えた、誰もが納得の偉大な5人の名前が並んだ。

    番組ではJリーグOBや新聞記者、指導者など、サーカーの有識者50名にアンケートを依頼。それぞれ「日本を変えた選手」と選考理由を挙げてもらい、票数の多かった5人をランキング形式で発表した。

    まず、第5位にはジュビロ磐田・中村俊輔(39)がランクイン。世界に誇るフリーキックの名手として、多くの票を集めた。

    第4位は1968年・メキシコ五輪で銅メダル獲得の立役者となった釜本邦茂氏(74)。日本代表で75得点を挙げており、現在もなお歴代最多得点記録を保持している。

    第3位は横浜FC・“カズ”こと三浦知良(51)が入った。50歳を越えたいまも現役を続ける、まさにレジェンドというべき存在だ。

    第2位に入ったのは中田英寿氏(41)。選考理由は、世界最高峰の舞台であったイタリア・セリエAで活躍し、日本人が通用することを知らしめたことが挙げられた。

    名だたる英雄が並ぶ中、第1位を獲得したのは澤穂希さん(39)。11年ワールドカップで優勝、12年五輪で準優勝の立役者となり、11年にはアジア人で初となるバロンドール(FIFA最優秀選手賞)を獲得した澤さんが、文句なしの頂点に輝いた。

    日本代表で共に戦った丸山桂里奈さん(35)は、澤さんについて「チームの柱。『私の背中を見てプレーして』とみんなに言って、(その通りに)みんながついていくという感じだった。一番に嫌なことも全部自分でやるタイプなので、(みんな納得して)それについて行った」とコメント。澤さんの実績と人柄に触れ、出演者たちは誰もがうなずくばかりだった。
    2018-06-13_23h41_41
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180613-00000164-spnannex-ent
    続きを読む

    1:pathos ★ :2018/06/02(土) 17:33:42.72 ID:CAP_USER9.net
    タレントの三浦りさ子さんが2日に自身のオフィシャルブログ(https://ameblo.jp/miura-risako/)を更新し、夫のFW三浦知良(横浜FC)が5月31日の日本代表メンバー23人の発表を受け、「また俺は落選だ!」と語ったことを明かした。

    カズは日本が初めて出場した1998年フランスW杯で、開幕直前のスイス合宿中に22人の最終メンバーから落選。当時監督だった岡田武史氏の「外れるのはカズ、三浦カズ」というコメントはあまりにも有名だ。

    りさ子さんは「あっという間に6月ですね!」と題したブログで「先日、日本代表選手メンバー23人が発表されていましたね!」と切り出し、「主人もまた俺は落選だ!と冗談で言っていましたが、日本代表をテレビの前から一生懸命応援したいと思います!」と、カズの自虐ネタを紹介しつつ日本にエールを送っている。

    また、「今日から代表はワールドカップに向けて旅立つみたいですが、忙しい中一昨日香川選手が家に遊びに来てくれました!」と、メンバー発表当日にMF香川真司の訪問があったことを報告。「以前、主人に香川選手と歳も離れているのに なんでそんなに気が合うのか聞いてみたことがあり、そうしたら、自分にとってはヤンチャな弟みたいに感じると」と、2人の間柄も説明した。

    ブログの最後にはカズと香川が肩を組んだ2ショット写真を掲載し、「四年に一度のワールドカップ、悔いのないよう思いっきり頑張ってきて欲しいです!」と締めくくっている。
    2018-06-02_18h02_02
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180602-01654547-gekisaka-socc
    続きを読む

    GettyImages-622870012-800x533

    1:Egg ★:2018/05/16(水) 18:17:48.84 ID:CAP_USER9.net
    1993年5月15日のプロサッカー・Jリーグ創設日から25年の節目を迎えた15日、キング・カズこと元日本代表FW三浦知良(51=J2横浜FC)が日本サッカー界の未来を大胆予想した。

    V川崎(現J2東京V)所属時に横浜Mと記念すべき“プロ開幕戦”を戦ってから25年がたったが「いよいよ始まったなという感じもなかったかな。(自身は)プロ8年目で26歳だったし、92年にはナビスコカップ(現ルヴァンカップ)もやっていたからね」と淡々と振り返った。

    プロ化に伴う日本サッカーの進化については「代表には力を入れていた。これまで勝てなかったアジア相手に勝てるようになり、90年代の前半から躍進したんじゃないかな。ただ25年やっても、ブラジルも25年間で進化し突き放されている。世界も努力しているから」と、いまだ世界トップとの距離は縮まっていないという。

    果たして日本サッカーはどうなっていくのか。カズは「日本がW杯で優勝する可能性はあると思うけど、バロンドール(世界最優秀選手賞)を取る日本選手をつくるのは難しい」と断言。そのうえで「チームなら(リオネル)メッシ(30=バルセロナ)を抑えることもできる。実際に日本はアルゼンチンに勝ったこともあるけど、バロンドールは個人だから。欧州で年間40、50点取らなければいけないし、メッシやネイマール(26=パリ・サンジェルマン)を生み出すのはW杯を勝つよりも難しいね」との見解を示した。

    それでもカズは「いつかはバロンドールを取る日本選手が出てくることを期待しているよ」。Jリーグを含め日本サッカーは、さらなる精進が必要かもしれない。

    東スポ 5/16(水) 16:45配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180516-00000020-tospoweb-socc
    続きを読む

    GettyImages-652349888-800x600

    1:名無し募集中。。。:2018/03/11(日) 20:15:37.05 ID:0.net
    普通の50歳はカズみたいに走れないの?
    2:名無し募集中。。。:2018/03/11(日) 20:16:01.03 ID:0.net
    常識じゃ考えられない
    7:名無し募集中。。。:2018/03/11(日) 20:21:46.46 ID:0.net
    ジャンプの葛西がライバル
    続きを読む

    1:たんぽぽ ★ :2018/02/27(火) 17:04:37.34 ID:CAP_USER9.net


    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180227/k10011344881000.html

    カズ51歳の誕生日「日本代表入り目指す」と意気込み
    2月27日 16時13分

    サッカーJ2、横浜FCの三浦知良選手が26日、51歳の誕生日を迎え、「何年先まで選手を続けるかわからないが目の前の試合を精いっぱいやるだけだ。ことしはワールドカップもありモチベーションは上がっている」と意気込みなどを話しました。

    サッカー元日本代表で「カズ」の愛称で親しまれる横浜FCの三浦選手は、Jリーグの現役最年長選手で「リーグ戦でゴールを決めた最年長のプロサッカー選手」として今月、ギネス世界記録にも認定されました。

    26日、51歳の誕生日を迎えた三浦選手は、27日午前、横浜市内で行われたチームの練習に参加しセットプレーの確認やミニゲームをして調整しました。

    練習が終わると、チームメートたちがクラッカーを鳴らしながら「ハッピーバースデー」を歌って誕生日を祝いました。このあと、三浦選手はこの日のために用意したという黄色のスーツに着替えて登場し、報道陣から花束とケーキを贈られました。

    そして、意気込みなどを聞かれると「ことしJリーグは25周年を迎えるが、開幕元年から携わっている責任を感じる。それと同時に、息子と同世代の選手たちと一緒にグラウンドに立てていることはうれしい」と笑顔を見せました。

    そして、「何年先まで選手を続けるかわからないが目の前の試合を精いっぱいやるだけだ。ことしはワールドカップもありモチベーションは上がっている。自分も日本代表入りを目指し、ドリブルで5人抜きをしてマラドーナやメッシを驚かせたい」と話していました。
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/02/26(月) 21:37:56.02 ID:CAP_USER9.net
    元イタリア代表のFWアレッサンドロ・デル・ピエロ(43)は26日、自身のツイッター(@delpieroale)や自身の日本語版公式ブログ(http://www.alessandrodelpiero.jp/)を更新。横浜FC所属FW三浦知良の51歳の誕生日を祝うメッセージを送った。

    デル・ピエロは「あれから一年が経ったけれど、あなたはまだここにいる」とカズを称賛。「自分自身を打ち負かす事を決意し、ピッチ上で新たなシーズンを迎え、またギネス記録の新たな一ページを更新するであろう」と、2017年3月12日に決めた50歳14日でのゴールが『リーグ戦で得点を決めた最年長のプロサッカー選手』としてギネス世界記録を更新したことを引き合いに、さらなる活躍を願った。

    さらに、51歳を迎えたカズに対し、「50歳でゴールを決めた。51歳でもゴールを決めて、おそらく80歳になってもゴールを決めてくれるだろう!」と応援メッセージを伝えている。

    2/26(月) 19:28配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180226-01650963-gekisaka-socc

    写真
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ