海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:キングカズ

    1: Egg ★ 2018/12/26(水) 18:13:21.80 _USER9
    サッカー元日本代表FW三浦知良(51)=横浜C=の妻で、タレントの三浦りさ子(50)が26日までに自身のブログを更新。次男・孝太さん(16)の初顔出しショットを披露し、「イケメン」と反響を呼んでいる。

    りさ子は「我が家はイブから次男が合宿でいないので、前日に姉二人の家族、両親達と皆でクリスマス会しました 今年の家族写真!」と明かし、カズと長男・良太さん(21)、孝太さんとの家族写真を公開。「いつも 次男は、目隠ししているのですが、いい加減俺だけ顔隠すのやめて!と文句を言われ もう16歳だからいいかな」と孝太さんの顔も披露した。

    りさ子は「か弱くもないし…逆にゴツい 家族で写真に収まってくれるだけでもありがたいとよく言われるのですが、大きくなるとそんなものですか?」とつづり、「我が家は、とにかくよく喋る家族です!!主人筆頭に負けないくらい次男も喋るし、長男も次男ほどではなくても よく話します

    次男の話は、まだ子供過ぎて突っ込まずにはいられないので疲れるけど、長男の話は、大人になったな~と聞いてて嬉しいです」と成長を実感していた。

    この投稿には「お子さん二人共、美男美女の御両親だけあってイケメンですね」「体格も立派でカッコよくてアイドルみたい」「弟君の可愛い事!!」「良太君の優しいお顔とはまた違って、次男らしい、男らしいお顔」「二男さんもカッコいい」などの声が寄せられていた。

    12/26(水) 12:55配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181226-00000050-sph-ent

    写真
    no title

    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★:2018/11/17(土) 19:04:41.82 ID:CAP_USER9.net
    明治安田生命J2リーグの今季最終節となる第42節の試合が17日に行われた。横浜FCのカズことFW三浦知良は最終節の試合でベンチ入りしたが、出場はせずにシーズンを終えた。

    前節時点で4位の横浜FCは、上位チームの結果次第ではあるが優勝と自動昇格の可能性も残していた。アウェイでヴァンフォーレ甲府と対戦した試合には齋藤功佑のゴールによる1-0で勝利を収めたが、2位以内には手が届かず、3位でJ1参入プレーオフへ進むことになった。

    カズはこの試合でベンチには入ったが出場なし。今季のリーグ戦は9試合に出場して無得点で終えた。リーグ戦を無得点で終えたのは2014年以来4年ぶりであり、先発出場が一度もなかったのも同じく2014年以来だ。

    11月4日に行われた第40節の大分トリニータ戦に後半アディショナルタイムから交代出場したのがカズの今季リーグ戦最後の出場となった。この出場によりJリーグの最年長出場記録を「51歳251日」にまで更新している。

    横浜FCは12月2日にJ1参入プレーオフの2回戦、勝利した場合には同8日にJ1昇格をかけた決定戦を戦う。横浜FCとともにカズが2007年以来12年ぶりのJ1復帰を果たすかどうかも注目される。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15610419/
    2018年11月17日 16時56分 フットボールチャンネル

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/11/10(土) 06:12:05.75 ID:CAP_USER9.net
    J2横浜FCのFW三浦知良(51)が9日、52歳で迎える来季も現役を続行することを明言した。練習後、来季について問われ「もちろん、続けるよ。辞めてどうすんの?」と“キング節”で即答。既に年末年始に恒例のグアム島での自主トレも計画済みだ。

    偉大なる親友の後押しがあった。6日、セリエA時代から親交深い元イタリア代表FWで94年W杯米国大会準優勝のロベルト・バッジオ氏と再会した。

    「現役を続けろ、俺は続けたくても膝が悪くてできなかった。苦しい時は俺を思い出せ。俺が背中を押す、と言ってくれた」とカズ。

    別れ際まで何度も言われ、胸が熱くなったという。イタリアの英雄バッジオ氏とは同い年。以前から同氏が来日するとカズは「ウエルカムシャンパン」と花束を宿泊先に贈るほどの仲だ。今回は長男・良太さんのフットサル仲間のつながりからプライベートでの再会が実現した。カズは「バッジオの魂で頑張るよ」と目を輝かせた。

    10日はホーム岡山戦。現在4位で自動昇格(2位以内)は十分射程圏、勝てばJ1昇格プレーオフ進出圏内(6位以内)がまず確定する。「まずは明日の試合に集中したい」。52歳でJ1の舞台へ――。バッジオ氏の魂を胸に、キングがピッチに立つ。

    11/10(土) 5:33配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181110-00000013-spnannex-socc

    写真
    20181110-00000013-spnannex-000-view
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/11/08(木) 01:23:18.06 ID:CAP_USER9.net
    横浜FCのMF三浦知良がイタリアサッカー界のレジェンド、ロベルト・バッジョ氏と日本で再会した。三浦の妻・りさ子さんが7日、自身のブログ(https://ameblo.jp/miura-risako/)で明かしている。

    ブログによると、カズとバッジョ氏の再会のきっかけは長男の良太氏。「良太のフットサル仲間からの繋がりで、ロベルトバッジオ氏が日本に来るらしいけどお父さんに会いたがってるらしいよ!との会話から、主人も、俺も会いたいな!でプライベートで会う事が実現に」と日本での再会が実現したという。

    りさ子さん自身もバッジョ氏のファンだったようで、カズがセリエAに挑戦していた当時のことについて、「ユベントス対ジェノバの試合の時にカズはいるか?とロッカールームに訪ねて来てくれた!と喜んでいた主人を思い出します」と2人の出会いを明かしている。

    また、「25年も経ってるのにイタリア語が出てくる主人!凄い!私なんて、翻訳機でやっと思い出すくらいなのに…」といまだにイタリア語が話せるというカズの新たなエピソードも。2人が肩を組んでいる写真やりさ子さんも含めた写真などを掲載し、仲睦まじい様子を伝えている。

    カズとバッジョはともに1967年2月生まれの51歳。現役を続けるカズに対し、バッジョは熱いメッセージを残している。

    「現役を続ける事は大変で苦しい時もあるだろうが、そんな時は俺の事を思い出してくれ、俺は続けたくても膝がダメで続けられなかった、今でもプレーしたいよ!だから後ろから俺がカズの背中を力強く押してるから!」

    11/7(水) 14:36配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181107-04596036-gekisaka-socc

    写真

    続きを読む

    1:pathos ★ :2018/11/05(月) 11:59:06.17 ID:CAP_USER9.net
    日本代表の森保一監督(50)が4日のJ2横浜FC―大分戦を視察し、ともに“ドーハの悲劇”を経験したカズこと元日本代表FW三浦知良(51=横浜FC)と約7年ぶりに再会した。

    2011年8月の「日伊レジェンドマッチ」以来の対面に「『カズさんのことも見ています』と話した。東京五輪はオーバーエージ枠もある」と招集の可能性を示唆。後半アディショナルタイムに途中出場したカズは「アピールしたい」とヤル気満々で、日の丸への意欲は衰え知らずだ。
    2018-11-05_13h09_57
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181105-00000009-tospoweb-socc
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/11/03(土) 08:03:13.68 ID:CAP_USER9.net
    11/3(土) 7:43配信
    森保監督がドーハの戦友・51歳現役のカズを視察

    日本代表の森保一監督(50)が明日4日にドーハの悲劇の戦友、FWカズの横浜FC-大分トリニータ(ニッパツ)を視察することが2日、決まった。ともに94年ワールドカップ米国大会出場をかけたドーハでのイラク戦を戦った間柄。代表監督就任後、横浜FC戦の視察は初。代表監督と51歳の現役選手として対面する可能性が高い。


    2日は湘南ベルマーレ-清水エスパルス(BMWス)を視察し、今日3日にはACL決勝第1戦の鹿島アントラーズ-ペルセポリス(カシマ)に足を運ぶ。また、11月の日本代表の国際親善試合2試合のメンバー発表は7日で、U-21(21歳以下)日本代表メンバー発表も同時に行うことも決定。兼任監督ならではの異例ダブル発表となる。
    2018-11-03_08h17_35
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181103-00380812-nksports-socc
    続きを読む

    GettyImages-652349888

    1:以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/10/23(火) 17:41:07.070 ID:FDoKKXqn0.net
    Jリーグ限定の選手でしょ?
    2:以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/10/23(火) 17:41:40.951 ID:dd/ZLa+Y0.net
    カズのプロデビューはブラジルだぞ
    それも名門サントス
    3:以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/10/23(火) 17:42:09.300 ID:+2DMxWNo0.net
    ブラジルやイタリアやクロアチアやオーストラリアでもプレーしたよ
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★:2018/09/27(木) 07:04:15.64 ID:CAP_USER9.net
    貴乃花親方と交流の深い横浜CのFW三浦は「(関脇時代の)貴花田の頃からよく一緒に食事に出掛けたね。当時から『相撲界を変えていきたい』と話していた」と振り返った。

    今後について「あれだけの人だから相撲界に携わり続けてほしいし、彼にしかできないことがある」と期待を寄せ、「ちょっと気分をリフレッシュする意味でも、久しぶりに食事でも誘おうかな」と話していた。
    2018-09-27_11h36_27
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180927-00000040-sph-socc
    9/27(木) 6:12配信
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/07/21(土) 00:13:03.93 ID:CAP_USER9.net
    永遠のサッカー少年同志、香川真司とも熱いサッカートーク。
    [深戸進路,ねとらぼ]2018年7月20日

    タレントの三浦りさ子さんが7月20日にブログを更新。夫でプロサッカー選手の“キングカズ”こと三浦知良選手に誘われ、ロシア杯で日本代表のキャプテンを務めた長谷部誠選手、元日本代表DFの内田篤人選手との食事会に参加したことを報告しています。

    「イケメン&イクメンなお二方 素敵でした!」と両選手の印象をつづり、日本サッカー界のスターが集まった食事会の様子を報告した三浦さん。現役選手として“生ける伝説”を体現しているキングカズが、長きに渡って日本代表を支えてきた長谷部選手、シャルケ時代には日本人初のチャンピオンズリーグベスト4という偉業を成し遂げた内田選手の肩に手を回したファン胸熱の1枚などをアップしており、「貴重な話を沢山聞けて楽しかったです! まー8割主人が喋ってましたが」と当日のこぼれ話も明かしていました。カズの話とか無限に聞きたい……。

    さらに三浦さんは、「先日主人が香川さんからワールドカップのコロンビア戦のユニフォームをいただき、物凄く喜んで帰ってきました」とキングカズとW杯帰りの香川真司選手の2ショットもアップ。「ロシアワールドカップの話や未来のサッカーの話などで盛り上がったそうです!」と報告を受けたことも明かしており、こちらでも永遠のサッカー少年同士で熱く語り合ったようです。2人の会話も聞きたすぎる……!
    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/spv/1807/20/news093.html

    l_fsfigkazuhaseuti01
    l_fsfigkazuhaseuti02
    l_fsfigkazuhaseuti03
    続きを読む

    1:サイカイへのショートカット ★:2018/06/29(金) 17:20:40.22 ID:CAP_USER9.net
    カズ、終盤の戦いに持論「大きな日本の財産になる」
    6/29(金) 14:23配信 日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/soccer/russia2018/news/201806290000537.html

    練習に励む横浜FCのFWカズ



    横浜FCのFWカズ(三浦知良、51)が、ワールドカップ(W杯)ロシア大会で日本代表が決勝トーナメント進出を決め一夜明けた29日、横浜市内の練習場で取材に応じ「3試合の結果が、決勝トーナメント進出の大きな目標を達成につながったと思う。ベスト16を突破することがもっと大事。これでまた、さらに引き締めていい準備して挑んでくれると思います」と期待した。

    ポーランド戦の終盤は、日本はフェアプレーポイント(FPP)での16強進出を意識し、失点と警告を避ける戦いに切り換え、最終ラインでボールを回し続けた。1失点で踏みとどまり、結果、決勝トーナメント進出を決めた。93年、ロスタイムにイラクに追いつかれ、W杯切符を逃したドーハの悲劇を知るカズは「ドーハとは状況が違う」とした上で、こう持論を述べた。

    カズ サッカーは5秒、10秒あれば1点入りますからね。セネガルが点を取った瞬間、日本は点を取らないといけない状況になる。その中で、(ポーランドが)来なければ回すという勝負にかけた。コロンビア戦もそうでしたけど、2-1になって自分たちが余裕を持ってボールを回すサッカーができた。

    その積み重ねで、ああいう時間の過ごし方ができたのでは。なかなかできる経験ではない。監督、スタッフ、スタンドの観客、テレビで見ていた人もみんなそういう経験をした。大きな日本の財産になるんじゃないですかね。勝ちに本当にこだわったやり方。いろんな選択があるなかで、あそこまでの選択があの瞬間できたなと。すごいと思いますね。

    第3戦で先発メンバーを6人入れ替え、さらに勝ちにこだわった戦術を貫いた西野朗監督の勝負師としての姿に、カズは「苦しいけど楽しいと思いますよ。あれがしびれるんでしょうね。西野さんがずっとやってきた経験があるんでしょうね」と敬意を表した。

    決勝トーナメント1回戦はベルギーと対戦する。カズは「次のベスト16に勝ってベスト8には進んでもらいたい。これも希望ですが、ブラジルとベスト8で戦ってほしい」と期待を寄せる。カズは、MF長谷部誠、DF吉田麻也、MF香川真司らと、毎年、食事会を開いており「ベスト16だと例年規模で。ベスト8だと倍ぐらい。ベスト4だともっと。トップまでいったら東京を貸し切るぐらいいきたい」と、祝勝会のイメージをふくらませていた。
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ