海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:キングカズ

    1:みつを ★:2018/01/02(火) 21:58:55.30 ID:CAP_USER9.net
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180102/k10011277321000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_026

    1月2日 11時53分
    サッカーJリーグの現役最年長でことし51歳になる「カズ」こと三浦知良選手がふるさとの静岡市で新年最初のサッカーを楽しみました。

    三浦選手はお正月にふるさとの静岡市で、子どものころに所属していたクラブチームの子どもたちなどと新年最初のサッカーを楽しむのが恒例となっています。2日は早朝から地元の小学校のグラウンドで、ふだんの背番号と同じ「11」番をつけてOBチームの一員として中学生と対戦しました。

    Jリーグの現役最年長でJ2の横浜FCに所属する三浦選手は、今シーズンの開幕翌日となる来月26日に、51歳の誕生日を迎えます。三浦選手は得意のボールをまたぐフェイントを見せたり、ゴールを決めたりしてプレーを楽しんでいました。

    三浦選手は51歳となるシーズンに向けて「チームの勝利に貢献できるよう1分1秒を大事にしたい」と意欲を見せていました。また、6月に開幕するワールドカップロシア大会については「ワールドカップは自分にとって大きな夢。少しでもそのレベルに近づけるよう頑張りたい」と話していました。

    三浦選手は今月、グアムで自主トレーニングを行い、来月25日の開幕戦に備えるということです。

    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/03(日) 18:55:20.99 ID:CAP_USER9.net
    セードルフ、ドログバ、プジョルら錚々たるメンバーも食事会に同席

    2018年6月に開幕するロシア・ワールドカップ(W杯)の組み合わせ抽選会が現地時間1日にロシアの首都モスクワで行われ、6大会連続出場の日本はポーランド、セネガル、コロンビアと同じグループHに入った。FIFA(国際サッカー連盟)から招待状を受けていた横浜FCの元日本代表FW三浦知良は、抽選会と晩餐会に出席。元ブラジル代表FWロナウジーニョが自身のSNSに写真を投稿し、ともに食事する様子を公開している。

    “カズ”の実績と知名度は世界的にも認められた。FIFAから招待状を受けたカズは、抽選会の会場となるロシアのモスクワに赴き、日本の顔役として盛り上げに一役買った。抽選会では元アルゼンチン代表MFディエゴ・マラドーナ、元ブラジル代表DFカフー、元イングランド代表FWギャリー・リネカーら豪華メンバーが出席。晩餐会と抽選会に出席したカズは、世界的名手らと楽しい一時を楽しんだようだ。

    ロナウジーニョが公式インスタグラムに“レジェンド食事会”の写真を公開。1点の写真とともに、「Kazuyoshi Miura」の名前を記している。アップ主のロナウジーニョをはじめ、ACミランやレアル・マドリードで活躍した元オランダ代表MFクラレンス・セードルフ、14年ブラジルW杯で日本の前に立ちはだかった元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバ(米2部フェニックス・ライジング)、バルセロナ一筋で活躍した元スペイン代表DFカルレス・プジョルなど錚々たるメンバーが出席した。

    黄色のニット帽をかぶったカズはロナウジーニョの正面に座り、世界のレジェンドらにも劣らぬ存在感を発揮。ブラジルやイタリアでもプレー経験があるカズにとって言葉の壁もなく、旧交を温めたようだ。

    12/3(日) 15:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171203-00010012-soccermzw-socc

    写真


    https://www.instagram.com/p/BcK9gY6nxM7/
    続きを読む

    1:プエルトリコ ★@\(^o^)/:2017/07/15(土) 22:24:17.74 ID:CAP_USER9.net
    J2横浜FCの三浦知良(50)が15日、日本代表FW本田圭佑が移籍したパチューカがあるメキシコのサッカーについて思い出を語った。ブラジル・サントス時代に遠征で首都のメキシコシティーを訪れたことがあるという。パチューカとは対戦しなかったが、そこで経験したメキシコならではの思い出を振り返った。

    カズの記憶によると、サントスとプロ契約をした86年。遠征し、「そこのクラブチームとやったことがあるんですけど、強かったという思い出がありますね。個人の力もありましたし、相手はパチューカじゃなかったですけど、1部のクラブチームで、引き分けだった」と、実力のあるチームと対戦したと振り返った。

    当時19歳のカズは途中出場だったというが、その時に印象深い体験をした。「途中から出て鼻血が出たのを覚えています。高地にやられて、息が続かなかった」。厳しい環境である一方で、サポーターも熱狂的で、「すごい歓迎されましたし、お客さんの熱狂もすごかったです」と振り返った。

    本田へは「(86年当時の)その時もメキシコのサッカーは国民的なスポーツですから、そこの一番いいクラブでやるわけですから、やりがいがあるんじゃないですか」とエールを送ったカズ。「メキシコリーグを多分、本田選手のおかげで見られると思うので楽しみにしています」と笑顔だった。

    この日は左膝痛から復帰し、3カ月ぶりにベンチ入りを果たした。出場こそなかったが、チームは岐阜に1-0で勝利し、連敗を4で止めたことに笑顔だった。
    2017-07-16_08h17_16
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170715-00000117-dal-socc
    続きを読む


    2017-06-24_14h40_51
    2017-06-24_14h40_33
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/22(木) 13:39:10.65 ID:CAP_USER9.net
    「今年の4月に、三浦りさ子さんが13年間住んでいたところから引っ越ししたそうです。
    カズさんとは子どもの通学を理由に長らく別居していたので、これを機に同居するかと思いきや、カズさんの住むところから2キロほどの場所に移ったみたいですよ」(芸能プロ関係者)

    走り出すりさ子

    “キングカズ”ことサッカー選手の三浦知良と、ファッション雑誌のモデルとしても活躍するりさ子夫妻をめぐる、気になる話が飛び込んできた。

    '93年に結婚したふたりは、'97年に長男、その4年後に次男と子宝にも恵まれたが、そのころから夫婦の関係に変化が。

    「国内外のさまざまなチームに移籍したカズさんは、どうしても家族と離れがちでした。'05年7月に横浜FCへ移籍したのですが、家族はすでに子どもが入学した小学校の近くに引っ越していました。
    カズさんがそこからでは横浜に通いにくいので、別々に住むことに決めたそうです」(スポーツ紙記者)

    以来、10年以上続いてきた別居状態。そのためか、カズの浮気が噂されたり離婚説もたびたび流れたりしたが、

    「長男は大学生に、次男は中学生になりました。子育ても落ち着いてきたため、りさ子さんは引っ越すことにしたみたいですね。でも、いまだに別居は続けているみたいですよ」(前出・芸能プロ関係者)

    いわば“仮面別居”生活。それを続ける理由は何なのか。
    りさ子を直撃した。6月中旬の午後、車で帰ってきたところに声をかけたが、無言で足早にマンションの中に。翌日、改めて車で帰ってきたところを再直撃した。

    赤いブラウスにジーンズという服装で、手にはトートバッグ。さすがは現役モデルとあって、そのスタイルは年齢を感じさせない。

    ─最近、お引っ越しされたことに関してお話をお聞きしたいのですが。

    「なんなんですか。やめてください」

    ようやく口を開いてくれたものの、取材拒否。ものすごいスピードでマンションの中へ走っていってしまった。

    そこでその翌日、今度はカズに話を聞くことに。午後1時過ぎ、都内のマンションから専属トレーナーと一緒に出てきたカズは、赤いTシャツに黒色の短パン姿で、サングラスをかけていた。

    ─りさ子さんと同居されることは考えていらっしゃらないのでしょうか?

    「基本的に俺は、サッカー以外の質問には答えないし、言わないよ」と、冷静に宣言。しかし、こちらの質問が根本的に間違っていると指摘してきた。

    >>2以降につづく

    週刊女性PRIME 6/21(水) 4:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170621-00009930-jprime-ent

    写真

    続きを読む

    1:たんぽぽ ★@\(^o^)/:2017/06/18(日) 10:33:06.42 ID:CAP_USER9.net
    2017-06-18_13h42_25
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170618-00000084-spnannex-ent

    スポニチアネックス

    ◇第9回AKB48選抜総選挙(2017年6月17日 沖縄県内)

    【記者の目】史上初の「無観客」開票は例年の景色を一変させた。指原の3連覇も渡辺の卒業発表もどよめきは起きなかった。ファンの大歓声でスピーチが消されることもない。客席に座ったメンバーとスタッフの拍手がよく聞こえた。

    いつもとは違う雰囲気の中で、いつもと変わらないメンバーもいた。「最後の1期生」峯岸みなみ(24)だ。昨年17位で今回は19位で順位を落とした。自分の前にスピーチした須藤凜々花が衝撃の結婚発表。その直後に「何を言っても記事にならない」と切り返して、動揺するメンバーを笑わせた。経験がものを言った瞬間に見えた。

    2013年1月の恋愛スキャンダルで研究生に降格、丸刈りになった騒動によって人気が急降下。21人在籍した同期は自身以外はもういない。「アイドル史上、ここまで恥をさらしたメンバーはいなかった」と振り返る。だからこそ唯一の1期生として、AKBの象徴である総選挙で戦い続ける意味は理解できる。

    不出馬という選択肢もある。けれども峯岸は「来年は選抜に入りたい」と壇上で参加を表明した。実は周囲に「キング・カズのようになりたい」と明かしている。50歳になった今も現役を続ける三浦知良選手のように存在感を放っていってほしい。
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/03/13(月) 08:11:30.91 ID:CAP_USER9.net
    カズのゴールが世界でも話題となっている。横浜FCのFW三浦知良は、12日に行われた明治安田生命J2リーグ第3節のザスパクサツ群馬戦で今季初ゴールを決めて、自身の持つJリーグ最年長得点記録を50歳14日に塗り替えた。

    スペイン紙『マルカ』は「カズ・ミウラ、Jリーグで初めて50歳以上のスコアラーに」とのタイトルで、「“キング・カズ”が群馬戦の40分にゴールを決めて1-0の勝利に貢献」などと紹介。「日本で偉大なるサッカーのレジェンド、ミウラは60歳までプロとして現役でプレーを続ける意向を明言している」と伝えた。

    イギリス紙『ガーディアン』は「カズヨシ・ミウラが50歳で得点し、サー・スタンリー・マシューズの記録を破る」との見出しで報道。初代バロンドール受賞者であるイングランドの伝説的FWスタンリー・マシューズ氏について「1965年に50歳5日というプロ最年長得点記録を樹立していた」と説明した上で、「ミウラが50歳14日という新たな記録を打ち立てた」と伝えた。

    また、カズがプレー経験のあるイタリアでは、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙が「不死身のミウラ、Jリーグ記録の50歳14日でゴール!」との見出しで伝えた。『コリエレ・デッロ・スポルト』は、1994-95シーズンにプレーしたジェノア時代の写真とともに、「ミウラ、歴史的なゴールで最年長スコアラーに」とのタイトルで報じている。
    news_slider_211271_1
    SOCCER KING 3/13(月) 6:58
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170313-00562126-soccerk-socc

    明治安田J2第3節最終日(12日、横浜FC1-0群馬、ニッパ)J2横浜FCの元日本代表FW三浦知良(50)が、ホーム群馬戦で決勝点となる今季初ゴールを挙げ、1-0の勝利に貢献した。

    海外メディアもキングカズのゴールを大きく報じた。AFP通信は「キングカズが偉業を成し遂げた」と報道。50歳の現役プロ選手の得点への関心は高い。英国紙サン(電子版)は得点シーンの写真を掲載し、「キングカズがJリーグ史上最年長得点を挙げた」と特集。ドイツやニュージーランドのメディアも速報した。

    サンケイスポーツ 3/13(月) 7:00配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170313-00000006-sanspo-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/03/12(日) 16:57:17.91 ID:CAP_USER9.net
    ■横浜FC 1-0 ザスパクサツ群馬 [ニッパツ三ツ沢球技場]

    [横]三浦知良(40分)

    http://www.jleague.jp/sp/match/j2/2017/031209/livetxt/#live

    キングが魅せた!50歳カズがJ史上最年長ゴール記録更新!横浜FCは群馬に完封勝利

    ゲキサカ 3/12(日) 16:54配信

    コメント

    キングが魅せた!50歳カズがJ史上最年長ゴール記録更新!横浜FCは群馬に完封勝利

    カズのゴールを守りきった横浜FCが勝利した(J.LEAGUE PHOTOS)拡大写真

    [3.12 J2第3節 横浜FC1-0群馬 ニッパツ]

    J2の第3節が12日に各地で行われた。横浜FCはホームでザスパクサツ群馬と対戦。前半39分に50歳FW三浦知良が決めたゴールを守りきり、1-0で勝利。開幕から3戦負けなし(2勝1分)と無敗を守った。3試合連続で先発したカズは今季初ゴールで、自身の持つJ史上最年長得点記録を50歳14日に更新した。

    横浜FCは前節から先発は変わらず。50歳FW三浦知良が開幕戦から3試合連続の先発出場。最年長出場記録を50歳14日に伸ばした。またユース所属で2種登録されたばかりの16歳GK大内一生が第2GKとしてベンチ入りした。

    対する群馬は前節から先発を3人変更。前節・湘南戦(1-3)で初ゴールを決めた大卒ルーキーMF高井和馬がベンチ外となったほか、DF舩津徹也とMF松下裕樹がベンチスタート。代わりにDF一柳夢吾、MF小林竜樹、MF岡庭裕貴が先発した。
     
    5バックで守る群馬は守備に追われる時間が続き、前半の決定機は一度だけ。前半11分、DF川岸祐輔のロングフィードに右サイドのMF小林竜樹が反応。トラップが大きくなり、DF田所諒にクリアされるが、これを拾ったMF岡庭裕貴がPA手前右から豪快にミドルシュート。これはポスト右上角を叩いた。

    対する横浜FCは前半10分、GK高丘陽平のライナー性のボールからMF中里崇宏を経由し、左サイドのMF野村直輝へ。折り返しにFWイバが合わせようとするが決め切れない。同30分にはカズがシザースから縦へ左サイドを突破し、折り返す。PA内のイバが落としたボールは相手にクリアされるが、こぼれを拾ったMF佐藤謙介が左足シュート。これはクロスバー上へ大きく外れた。

    それでも前半39分に“歴史的な瞬間”はやってきた。田所の左クロスからPA内正面のイバがダイレクトでシュート。GK清水慶記に弾かれたが、詰めていたのはキングだった。左足で押し込み、ゴールネットを揺らした。昨年8月7日に敵地で行われたC大阪戦(3-2)以来、217日ぶりのJ通算163得点目。50歳14日となるカズの史上最年長弾、今季初ゴールで横浜FCが先制した。カズはベンチ前で“カズダンス”を見せると、仲間とともに歓喜した。前半を1-0で折り返す。

    迎えた後半は互いに得点は生まれない。後半13分には互いに交代カードを切る。横浜FCは先制点のカズに代わって、FW津田知宏。群馬はFW岡田翔平に代えて、MF石田雅俊。殊勲の50歳にはスタンドから惜しみない拍手が送られ、キングは左手を挙げてこれに応えていた。

    横浜FCは後半24分、PA手前右からのFKを中里が直接狙う。枠を捉えていたがGK清水の好セーブに阻まれた。同29分にはMFジョン・チュングンの右クロスをファーサイドの野村が落とし、最後は途中出場の津田が狙うもポスト左へ外れていった。追加点は生まれない。

    群馬は後半20分にMF鈴木崇文に代わり、FWイ・ガンウ。同32分には最後の交代枠を使い、FW出岡大輝を送る。横浜FCは後半37分にジョンに代わって、永田拓也。同40分には前線で身体を張り続けたイバに代えて、FW大久保哲哉を入れた。試合はそのまま終了。カズのゴールを守りぬいた横浜FCが1-0で群馬を下した。
    news_slider_211271_1
    ゲキサカ 3/12(日) 16:54配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170312-01637686-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:Boo ★@\(^o^)/:2017/03/12(日) 15:49:48.66 ID:CAP_USER9.net
    <明治安田生命J2:横浜FC-群馬>◇12日◇ニッパツ

    50歳14日のJ2横浜FCのFWカズ(三浦知良)が3試合連続でスタメンに名を連ね、自身の持つ最年長出場記録を更新。前半40分に今季初得点を挙げ、自身の最年長得点記録を更新し史上初の50歳ゴールを挙げた。
    2017-03-12_15h59_21
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170312-01791213-nksports-socc
    続きを読む

    2017-02-26_17h07_18

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/26(日) 16:30:13.85 ID:CAP_USER9.net
    J2横浜FCの元日本代表FW三浦知良(50)が26日、J2開幕戦の松本戦(ニッパ)に先発出場し、初の50歳Jリーガーが誕生した。

    FWイバと2トップを組み、前戦で躍動し、前半16分、MF野村直樹(25)の先制ゴールを呼び込んだ。後半12分に右足で今季初シュートを放ったが、GK正面。ゴールはならず、同20分に交代した。

    超満員のスタジアムに拍手をしながらピッチを出た“知命”プレーヤーに対し、敵味方双方のサポーターはスタンディングオベーションで祝福。日本だけでなく、世界から200人以上の報道陣が集結した三ツ沢は、まさに“カズ劇場”と化した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170226-00000545-sanspo-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ